コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

軟式社会人野球

近藤産興−菊水化学工業 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県西部大会決勝戦)

6月27日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた天皇賜杯愛知県西部大会の決勝戦、近藤産興−菊水化学工業の観戦記です。
お互いに投手陣が苦しい中での決勝戦。ロースコアでの勝負となりました。

近藤産興
000001000|1 H5 E0
10010010X|3 H7 E1
菊水化学工業

近藤産興
鬼頭(11)、加藤(10)、高橋(19)−松前
菊水化学工業
小松(11)、澤田(18)−小塚

投手成績
近藤産興
鬼頭 4回 57球 被安打3 四死球2 三振4 失点2
加藤 2回0/3 38球 被安打3 四球1 三振0 失点1
高橋 2回 18球 被安打1 四球0 三振0 失点0

菊水化学工業
小松 5回1/3 69球 被安打4 四死球3 三振1 失点1
澤田 3回2/3 49球 被安打1 四球1 三振3 失点0

(出場選手)
近藤産興
8上戸(1) 3水野(3) 4余合(6)→6→4 9日比野(99) D平田(9)→7→1高橋(19) 2松前(55) 5大西(26) 6加藤(10)→1→6 7森口(0)→4→7
菊水化学工業
6江川(6) 4速水(0) 8田中(9) 2小塚(10) D渡邉(7)→3高木(3) 7冨依(1) 3中村(32) 5菱田(26) 9望(4)→H濱田(5)→9鈴木(8)

(試合経過)
1回裏、2死3塁からパスボールで1点。菊水化学工業が先制。1−0
4回裏、1死3塁から5番渡邉がタイムリー。2−0
5回裏、ピッチャー交代、加藤。
6回表、1死1,2塁から5番平田がタイムリー。ここでピッチャー交代、澤田。2−1
7回裏、代打濱田がソロホームラン。ここでピッチャー交代、高橋。3−1
9回表、2死1,3塁と攻めるも1番上戸が倒れ試合終了。
菊水化学工業が優勝。天皇賜杯本戦出場を決めました。

総評

菊水化学工業は初回に死球のランナーを3塁に置いて相手パスボールで先制。労せず1点を取れたことでかなり試合としては楽になりました。
4回裏も先頭の田中選手がヒットのあと、すかさず盗塁。中飛で進塁して1死3塁を作って、5番渡邉選手の軽打がセンター前に落ちてタイムリーに。いい形で追加点を取れます。
ただ、前の試合で2イニング投げた小松投手がそのまま連投する形で先発。前日も6イニング投げているので当然疲れもあったと思いますが、抜け球も多くやや苦しい投球。それでも5回まではしっかりと0点で抑え、6回に1点を失ったところで降板となりましたが、こちらも前の試合で8イニング投げていた澤田投手がリリーフでしっかりと抑えてリードを保ち、代打濱田選手のホームランを呼び込んだ。
やはりこの2人の投手で前日からの31イニングを投げ切ったのが一番大きな勝因ですよね。お疲れ様でした。
そして7回裏に代打ホームランを放った濱田選手。前日の大森石油戦でも叩きで打点を挙げ、準決勝でも決勝点を叩きにて挙げ、この決勝戦では試合を決定付けるソロホームラン。全て代打での打点というのがすごいですね。実質3打席で3試合を決めた男。こういう勝負強い打者が控えているのは大きいです。
全国大会へ挑むにあたり、やはり打線の奮起は必要。投手も2人では勝ち上がるたびに苦しくなると思うので、もう1人2人、信頼できる投手を用意したいですね。
近藤産興も序盤からチャンスはありましたし、最後も粘りを見せました。ただ、この試合では長打が出なかったですし、走塁で2試合の中で甘い部分が見て取れた。そこに上位チームとの差を感じた印象です。
鬼頭投手は先発で試合を作りましたし、野手である加藤選手も投手としてマウンドに上がり、ある程度抑えた。可知投手、中野投手不在という苦しい投手事情の中、投手陣は頑張ったと思います。守備でもノーエラーでしたし、持てる力は出し切った印象。少ないチャンスを生かせる術を身に付けたいですね。
菊水化学工業も愛知代表として、前回出場時のベスト8を越えられる成績を期待したいです。優勝おめでとうございました。

ピックアップ選手等はこちら


菊水化学工業−イスコジャパン 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県西部大会)

6月27日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた準決勝の第2試合、菊水化学工業−イスコジャパンの観戦記です。
新春で出ているチーム同士の対戦。1点を争う試合になりました。

菊水化学工業
0000000001|1 H2 E1
0000000000|0 H4 E0
イスコジャパン

菊水化学工業
澤田、小松−小塚、望
イスコジャパン
伊藤、岩本−長嶋

投手成績
菊水化学工業
澤田 8回 90球 被安打3 四球0 三振5 失点0
小松 2回 34球 被安打1 四球0 三振1 失点0

イスコジャパン
伊藤 7回2/3 96球 被安打1 四死球7 三振4 失点0
岩本 2回1/3 37球 被安打1 死球2 三振2 失点1

(出場選手)
菊水化学工業
6江川(6) 4速水(0) 8田中(9) 2小塚(10)→H濱田(5)→3中村(32) D渡邉(7) 7冨依(1) 3高木(3)→9 5菱田(26) 9望(4)→2
イスコジャパン
4平(6) 6村田(1) 2長嶋(22) 3小川(5) 8吉田(3) 7山崎(9)→7新垣(4) 9林(24) D谷口(26)→H近藤(10)→D 5尾野(2)

(試合経過)
1回表、1死から連続四球で1,2塁となるも、4番5番が倒れ0点。
1回裏、1番平、2番村田の連打で1,2塁となるも、3番4番5番が倒れ0点。
2回表、2死2塁から連続四死球で2死満塁。2番速水が三振に倒れ0点。
2回裏、先頭の6番山崎が2ベース。7番林の3ゴロで2塁ランナーは進めず。8番9番が倒れ0点。
8回表、2死1,2塁でピッチャー交代、岩本。5番渡邉死球で満塁。6番冨依が1飛に倒れ0点。
9回裏、ピッチャー交代、小松。
10回表、1死1塁から3番田中がエンタイトル2ベース。1死2,3塁から代打濱田が叩きを決めて1点。菊水化学工業がようやく均衡を破る。1−0
10回裏、先頭の吉田がエラーで出塁。送って1死2塁となるも、7番林が投飛。8番近藤が見逃し三振に倒れ試合終了。
菊水化学工業が1点勝負を制し、決勝戦進出を決めました。

総評

1回、2回は上の試合経過もあるようにお互いにチャンスを作るも得点ならず、という展開。すぐに試合が動くかと思ったのですが、3回からお互いのピッチャーが立ち直り、0行進が続く試合となりました。
菊水化学工業は四死球のランナーは出していたものの、7回までノーヒットという展開。8回2死から3番の田中選手がようやく初ヒットを2ベースで放ち、4番小塚選手の四球で伊藤投手をマウンドから引きずり下ろし、岩本投手が上がり、2死満塁まで行くも得点ならず。結局9回まで0点。
イスコジャパンも1回2回のチャンスを生かせず、3回から8回はランナーすら出せずに0点。9回裏は先頭バッターを出すも、送りバント失敗。暴投で2塁に進めるも3番4番が倒れ0点。延長戦へ。
10回表に1死1塁からの3番田中選手のエンタイトル2ベースは、スタンドに入らなければ1塁ランナーは返ってこれたという打球。まだイスコジャパンにツキがあるかと思いましたが、ここで4番小塚選手に変えてまで代打に出した濱田選手が前日の試合に続ききっちりと叩きを決めて先制。
この虎の子の1点を小松投手が抑えて勝利となりました。
菊水化学工業は澤田投手、小松投手の2人しか投げさせられる投手がいなかったそうで、小松投手は出来れば使いたくなかったそうですが、前日からの連戦で厳しい中なんとか勝利。
3番の田中選手も不振だったのが、1本出て、10回には大きな2ベースを打ってくれた。叩きを代打で決めた濱田選手を含め総力戦でこの試合をものにした菊水化学工業は見事でした。
イスコジャパンは序盤何とかしたかった。9回裏、10回裏も先頭バッターは出たんですけどね・・・。なかなか軟式だと送った形では点に出来ないことが多いので、どこかでギャンブルは必要。仕掛けられなかった分、1点が遠かった試合でした。

ピックアップ選手等はこちら


近藤産興−パナソニックインダストリー春日井 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県西部大会)

6月27日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた準決勝の第1試合、近藤産興−パナソニックインダストリー春日井の観戦記です。
どちらも近年新春を外れて巻き返しを図りたいチーム同士。どんな試合になるか注目して観戦しました。

近藤産興
100002000|3 H8 E0
000100010|2 H5 E1
パナソニックインダストリー春日井

近藤産興
河合(16)、高橋(19)−竹馬
パナソニックインダストリー春日井
東郷(13)、荒井(19)−仙石

投手成績
近藤産興
河合 7回0/3 118球 被安打4 四球6 三振2 失点2
高橋 2回 21球 被安打1 四球0 三振0 失点0

パナソニックインダストリー春日井
東郷 7回 103球 被安打8 死球1 三振2 失点3(自責点2)
荒井 2回 26球 被安打0 四死球2 三振2 失点0

(出場選手)
近藤産興
8上戸(1) 3水野(3) 4余合(6) 9日比野(99) D平田(9) 2竹馬(2) 5大西(26) 6加藤(10) 7森口(0)
パナソニックインダストリー春日井
4柴山(2) 8赤野(10) 6山守(6) 9川良(9) 5加藤(5) D東郷(13) 7山田(8) 3井戸(14) 2仙石(1)

(試合経過)
1回表、2死1,2塁から5番平田がタイムリー2ベース。近藤産興が先制。1−0
4回裏、2死満塁から7番山田が押し出し四球。1−1
6回表、1死1,2塁から6番竹馬がタイムリー2ベース。7番大西がタイムリー。近藤産興が2点勝ち越し。3−1
8回表、ピッチャー交代、荒井。
8回裏、無死1塁でピッチャー交代、高橋。1死2,3塁から7番山田の2ゴロの間に1点。3−2
近藤産興が競り勝って決勝戦進出を決めました。

総評

お互いに新春選抜リーグ戦にかつては出ていたが、近年外されたチーム同士の対戦。
そんな低迷したところから、今大会では上位に進出。特にパナソニックインダストリー春日井は会社名も変わり、選手も一時期のギリギリの人数での戦いをしていた頃に比べると新人も入ってかなり戦力もUP。復活を印象付けるにはこれ以上ない舞台でしたが、試合としては一歩及ばずという形になりました。
打線がやはりあと1本が出ず。4回裏は無死満塁のチャンスから2死の後に押し出しで1点は取れたものの同点どまり。6回裏も2死満塁のチャンスでしたが生かせず。8回裏も1死2,3塁から内野ゴロの間に1点は取ったものの、同点に追いつけず。
タイムリーが1本出ていれば違ったとは思いますが・・・。近藤産興のルーキーの河合投手をなかなか捕まえられないまま、高橋投手との継投で逃げ切りを許しました。
東郷投手、荒井投手はある程度持ち味は出した印象。6回表の失点はエラーも絡んでいましたが、やはり打線が援護したかったですね。
近藤産興は要所で長打が出て、上手く加点出来ました。チャンスは3度。そのうち2度生かした形なので効率よく勝利した印象ですね。
河合投手はこういう公式戦では初先発だったそうですが、7回を1失点。ランナーを出しながらも粘りの投球が光った印象。可知投手というエースが不在だったとのことで、そのピンチを救った河合投手はまさに救世主となりました。

ピックアップ選手等はこちら


小林クリエイト−三京アムコ 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県東部大会決勝戦)

6月25日に刈谷球場で行われた小林クリエイト−三京アムコの決勝戦の観戦記です。
三京アムコが初の全国大会の切符をつかむか、小林クリエイトが連覇を果たすか。注目の決勝戦を観戦しました。

小林クリエイト
020010100|4 H7 E2
101100000|3 H4 E0
三京アムコ

小林クリエイト
田村(26)、飯田(18)、田中(17)−宮城
三京アムコ
南出(18)、山本(12)、横井(20)−井口

投手成績
小林クリエイト
田村 3回 43球 被安打3 四球1 三振0 失点2
飯田 4回 57球 被安打1 四球1 三振3 失点1
田中 2回 27球 被安打0 四球0 三振1 失点0

三京アムコ
南出 5回 90球 被安打5 四球2 三振2 失点3
山本 3回0/3 53球 被安打2 四球2 三振2 失点1
横井 1回 12球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
小林クリエイト
7都筑(0)→7都嶋(2) 4川西(4) D牛島(58) 5杉本(25) 8浜崎(9) 9大西(24) 2宮城(10) 6葛西(1) 3宮野(8)
三京アムコ
7鶴田(8) 6平戸(10) 3藤澤(7) D藤江(9) 4牛島(1) 5吉野(6) 9佐藤(2)→H小柳津(22) 2井口(26) 8後藤(23)

(試合経過)
1回裏、1死2,3塁から4番藤江の遊ゴロの間に1点。三京アムコが先制。1−0
2回表、1死1塁から6番大西がタイムリー3ベース。更に1死1,3塁から8番葛西が叩いた打球がピッチャーを越えてタイムリー内野安打に。小林クリエイトがすかさず逆転。2−1
3回裏、無死3塁から1番鶴田がタイムリー。2−2の同点。
4回裏、ピッチャー交代、飯田。無死1,3塁から6番吉野が犠牲フライ。三京アムコが勝ち越し。3−2
5回表、1死2塁から2番川西がタイムリー2ベース。小林クリエイトが再び同点に追いつく。3−3
6回表、ピッチャー交代、山本。
7回表、1死2塁から1番都筑がサードの後ろに落ちるタイムリー2ベース。小林クリエイトが再逆転。4−3
8回裏、ピッチャー交代、田中。
9回表、無死1塁でピッチャー交代、横井。
小林クリエイトがシーソーゲームを制し、連覇達成。2年連続で天皇杯出場を決めました。

総評

中盤まではシーソーゲームで同点。ただ、やや三京アムコ有利かと思って見ていました。
裏の攻撃ということもありますし、急速に力をつけてきたチームの勢いが勝るかな、と。ただ、その勢いを止めたのが小林クリエイトの飯田投手。今日の第1試合で3イニングを投げて、そこからかなり時間が経ってからの再登板。本来の投球ではなかったと思いますし、たまに抜けてくるまっすぐがあったのですが、それが上手く作用して三京アムコ打線は狙いづらかった印象。
そして7回表に都筑選手の勝ち越しタイムリー2ベース。決していい当たりではなかったですが、3塁後方に落ちてタイムリーに。気持ちで小林クリエイトが上回った印象でした。
三京アムコはこの試合では井口捕手を起用したのですが、4度盗塁を企画されて1つも刺せず。結局2度の盗塁を得点に結びつけられてしまいました。リード面等理由はあったのでしょうが、バッテリーでなんとかしたかったですね。
投手陣は準決勝で2イニング投げた南出投手がそのままマウンドへ上がり、5回を3失点。山本投手も3回を1失点とまずまずの投球をしていました。こちらは責められない。
打線が小林クリエイト先発の田村投手の間にもう1,2点取れていれば、というところ。小林クリエイトの小杉監督も田村投手の投球で何とか序盤をしのいでくれたのが大きかったとおっしゃっていました。
小林クリエイトはこれで2年連続の天皇杯出場。昨年はベスト8でしたが、今年はそれ以上、優勝を目指すと力強い言葉。
頑張ってきてほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら


イスコジャパンー中央発條 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県西部大会)

6月25日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第1試合、イスコジャパン−中央発條の観戦記です。先発投手が好投して接戦となりました。

イスコジャパン
002000000|2 H5 E0
000100000|1 H2 E1
中央発條

イスコジャパン
伊藤(20)、岩本(18)−長嶋
中央発條
嶽野(15)、稲熊(20)、梶野(22)−辻野

投手成績
イスコジャパン
伊藤 7回 94球 被安打2 四死球2 三振4 失点0
岩本 2回 28球 被安打0 四球0 三振2 失点0

中央発條
嶽野 7回 90球 被安打5 四球2 三振5 失点2(自責点1)
稲熊 1回 8球 被安打0 四球0 三振0 失点0
梶野 1回 10球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
イスコジャパン
4平(6) 6村田(1) 2長嶋(22) 3小川(5) 7林(24) 8吉田(3) D近藤(10) 9朝倉(7) 5尾野(2)
中央発條
8外岡(2) 4高橋(5)→H大石(3) 3村西(9) 7山本(1) 5大月(7) D橋詰(13) 9降旗(23) 2辻野(10) 6田中(0)

(試合経過)
3回表、1死2,3塁から3番長嶋が2点タイムリー。イスコジャパンが先制。2−0
4回裏、1死1,3塁から5番大月のところでエンドランが1ゴロになり1点。2−1
8回表、ピッチャー交代、稲熊。
8回裏、ピッチャー交代、岩本。
9回表、ピッチャー交代、梶野。
イスコジャパンが競り勝ちました。

総評

ランナーとしてはイスコジャパンの方が多く出していたのですが、大きなチャンスはお互いに1回ずつ。
ここでエラーも絡んで2点を取ったイスコジャパンが、1点でとどまった中央発條に競り勝ったという試合でした。
イスコジャパンは先発の伊藤投手が好投。さすがエースというピッチングでした。4回裏のピンチもエンドラン1ゴロの1点で踏みとどまり、7回裏に1死2塁というピンチで強い投ゴロを上手くさばいて、2塁ランナーが飛び出したところを挟んでアウトに。エースとして7回1失点と役割を果たしました。
リリーフで新人の岩本投手が好投。こちらは矢場とんブースターズから加入した投手。2回をパーフェクトで抑え、イスコジャパンにとっては大きな戦力補強になりそうです。
打線もそんなに状態は悪くなさそうなので、ここから投打がどうかみ合うかがカギになりそう。
中央発條は嶽野投手が好投。ランナーを出しながらもしっかりと粘る投球が出来ていました。
3回の2点はエラー絡み。それさえなければ複数点は避けられたでしょうから痛い2失点になってしまいました。
ただ打線が2安打では厳しい。伊藤投手がよかったので仕方ない部分はありますが、やはり上位に勝つにはもうちょっと打てるようになりたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


三京アムコー東郷製作所 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県東部大会)

6月24日に刈谷球場で行われた第2試合、三京アムコー東郷製作所の観戦記です。
去年から急速に成長をしている三京アムコが東郷製作所相手にどういう試合を見せるか、注目して観戦しました。

三京アムコ
020000001|3 H6 E1
000000000|0 H3 E3
東郷製作所

三京アムコ
南出(18)、山本(12)−小柳津
東郷製作所
久保田(11)、寺澤(19)−池上

投手成績
三京アムコ
南出 6回 78球 被安打2 四球1 三振2 失点0
山本 3回 38球 被安打1 四球0 三振3 失点0

東郷製作所
久保田 7回 108球 被安打5 四球2 三振2 失点2
寺澤 2回 32球 被安打1 四死球2 三振1 失点1(自責点0)

(出場選手)
三京アムコ
7鶴田(8)→9 6平戸(10) 3藤澤(7) D藤江(9) 4牛島(1) 9佐藤(2)→8松山侑(3) 5吉野(6) 2小柳津(22) 8後藤(23)→7
東郷製作所
8近藤生(7) 2池上(20) 6飯田(5) 5野瀬(9) 9手崎(10) 3牧山(22) D久保田(11) 7山口(18) 4近藤柊(4)

(試合経過)
2回表、1死2,3塁から8番小柳津が上手く叩いて、ピッチャー後方の高いバウンドの当たりをショートも上手く取れずに2点タイムリーに。三京アムコが2点を先制。2−0
4回裏、1死2,3塁から4番野瀬が11球粘って四球。5番手崎が投ゴロで1−2−3のダブルプレー。得点ならず。
7回裏、ピッチャー交代、山本。
8回表、ピッチャー交代、寺澤。
9回表、2死3塁から2番平戸のところで三走の後藤がホームスチールを決めて1点。3−0
三京アムコが快勝。

総評

三京アムコの強さが目立った試合でした。
2回表は先頭の牛島選手がヒットで出塁すると、6番佐藤選手が上手く転がして相手のミスを誘い無死1,2塁。そこから送りバントをきっちり決めて1死2,3塁。8番小柳津選手も上手く叩いて、これが相手のミスも絡んで2点タイムリーに。このイニングが象徴的でしたが、叩きを上手くチームとして使えるようになってきているんですよね。それこそ和合病院のように。
まだまだあの域には及んでいないとは思いますが、点を取るべきところではしっかりと取る。ランナー出ないところでは淡々と試合を進める。選手の質が高いうえにこれが出来るようになってくると、愛知の強豪チームにとっては脅威以外の何物でもないですよね。
あとは全国という実績を作れるか。そこも注目となります。
2番手で投げた山本投手が好リリーフ。こういう投手が出てくると投手のやりくりも楽になってきますよね。
東郷製作所としては久保田投手がしっかりと試合を作りました。失点にはミスが絡んでいる事。あとは唯一のチャンス(4回裏)で点を取れなかったこと。これらが敗因となりました。
4回裏は1死2,3塁で三京アムコはセカンドショートが下がっていたので、転がせば1点でした。ここで野瀬選手は粘って四球でしたが・・・。それがゲッツーにつながったのは流れとはいえ厳しかった。手崎選手も2ボールナッシングからの打撃としては中途半端に。当てれば1点、と思うと難しくなってしまうのかもですね。
ただ、試合としては三京アムコが快勝。東郷製作所としては完敗という内容でした。三京アムコはどんどん強くなって、以前から新春に出ているチームもなかなか勝てない存在になってきましたね。

ピックアップ選手等はこちら


豊田鉄工−GTRニッセイ 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県東部大会)

6月24日に刈谷球場で行われた豊田鉄工−GTRニッセイの観戦記です。
今年好調のGTRニッセイに対し、新春から流れが良くない豊田鉄工がどういう試合を見せるか、注目して観戦しました。

豊田鉄工
000000000|0 H4 E0
00010110X|3 H7 E1
GTRニッセイ

豊田鉄工
釜谷(23)、伊藤(20)、長谷川(15)−山本
GTRニッセイ
中島(15)、縄田(18)−大野

投手成績
豊田鉄工
釜谷 6回 76球 被安打5 四球1 三振1 失点2
伊藤 1回 33球 被安打1 四球2 三振3 失点1
長谷川 1回 13球 被安打1 四球1 三振0 失点0

GTRニッセイ
中島 8回 94球 被安打4 四球2 三振4 失点0
縄田 1回 10球 被安打0 四球0 三振1 失点0


(出場選手)
豊田鉄工
9清水(2) 8森亮(51) 4田口(8) 3名古路(5) 6村田(6) 7工藤(7)→H小川(25) D小島(9) 2山本(22) 5安食(0)
GTRニッセイ
9原田(10) D田中(12) 5大平(4) 3濱元(3) 7高木(13) 4倉地(7) 8廣田(2) 6鈴木(6) 2大野(22)

(試合経過)
4回裏、1死から4番濱元が特大のソロホームラン。GTRニッセイが先制。1−0
6回裏、2死2塁から5番高木がタイムリー2ベース。2−0
7回裏、ピッチャー交代、伊藤。2死2塁から1番原田がタイムリー。3−0
8回裏、ピッチャー交代、長谷川。
9回表、ピッチャー交代、縄田。
GTRニッセイが快勝。準決勝進出を決めました。

総評

GTRニッセイが快勝。3回までは豊田鉄工の釜谷投手、GTRニッセイの中島投手が持ち味を発揮して0−0。
4回裏に1死から濱元選手が見事なホームランを放ち、GTRニッセイが先制。
6回裏に2死2塁から5番高木選手にもタイムリー2ベースが出てかなりGTRニッセイとしては楽になり、7回裏には原田選手にもタイムリーが出て、3−0となります。
中島投手はボールは走っていたものの、4度先頭バッターを出す場面がありました。しかし、何とか叩きでチャンスを広げようとする豊田鉄工打線を上手く手玉に取ってチャンスを広げさせず、8回を4安打無失点投球。最後は縄田投手につないで快勝となりました。
豊田鉄工もランナーは出す場面もあったのですが、ゲッツーもあってややちぐはぐな感じ。チーム状態の良しあしがはっきりでた試合となりました。
釜谷投手も今年から豊田鉄工に加わった好投手ですが、長打を防ぎたい状況で長打を打たれた。新春からチームの流れが悪い状態が続いている印象。若手がスタメンに多く出ているので、こういう経験を次に生かしていきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


豊田自動織機−ニデック 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県東部大会)

6月20日に刈谷球場で行われた豊田自動織機−ニデックの観戦記です。
勝てばベスト4進出となる試合。ニデックペースで試合が進みました。

豊田自動織機
0000012|3 H5 E3
105220X|10 H7 E0
ニデック

豊田自動織機
小島(47)、子迫(18)−神谷
ニデック
春田(16)、大竹(13)−水谷

投手成績
豊田自動織機
小島 2回2/3 68球 被安打5 四球3 三振0 失点6(自責点5)
子迫 3回1/3 72球 被安打2 四死球7 三振3 失点4

ニデック
春田 6回 93球 被安打3 四死球5 三振5 失点1
大竹 1回 26球 被安打2 四球1 三振2 失点2(自責点0)


(出場選手)
豊田自動織機
9貞廣(14) 6平野(0) 3萬部(1) 2神谷(3) 5天野(5) D高須(26) 7宮下(9) 4戸嶋(4) 8島本(22)
ニデック
8竹内(7) 5加藤(5) 2水谷(23)→2籾山(24) 3土井(25) D濱(8) 6越智(10) 9泉(2)→H房野(6)→9 4山下(22) 7杉本(12)

(試合経過)
1回裏、1死2塁から二走の竹内が3盗を仕掛け、キャッチャーからの送球が逸れる間に生還。ニデックが先制。1−0
3回裏、2死2塁から4番土井がタイムリー3ベース。5番濱が2ランホームラン。更に2死1塁から7番泉が2ランホームラン。ここでピッチャー交代、子迫。6−0
4回裏、2死から5連続四球で2点。8−0
5回裏、1死3塁から1番竹内が上手く叩いて、投ゴロ内野安打の間に1点。1死2,3塁から3番水谷の叩きの間に1点。10−0
6回表、無死1,3塁から4番神谷の投ゴロの間に1点。10−1
7回表、ピッチャー交代、大竹。2死満塁から4番神谷の左飛を落球し2者生還。5番天野を抑えてコールド成立。10−3でニデックが勝ちました。

総評

ニデックが快勝。3回裏は2死走者なしから長打が4本集まり、2ランが2本もあって5点。ここで勝負はついた形になりました。
ニデックは打線の状態が良く、結構長打が出ています。投手陣はやや不安があるのですが、それをカバーしようという形で点を取りに行く攻撃が出来ている印象。今後は一線級の投手陣が相手になると思いますが、そこでもどれだけ打てるかがカギになりそうです。
投手陣は春田投手がランナーを出しながらも粘って6回1失点。ただ、四死球のランナーが多かったのは反省。大竹投手は前回大会で、同じようなコールド圏内からの登板で逃げ切りを失敗した経験があり、同じようなシチュエーションでのマウンドでした。いきなり四球とヒットでランナーを出して苦しむも、2死満塁までこぎつけ、左飛で終わったと思ったところでレフトが落球し2失点。嫌な雰囲気でしたが、何とか最後打ち取って逃げ切りに成功。こういう経験をプラスにしていきたいですね。
豊田自動織機は先発の小島投手が3回につかまり厳しい展開に。子迫投手は4回2死無走者からボールがばらつきだし、5連続四球。スピードはあるのですが・・・。そんなに打たれずの失点だったのがもったいない。
両投手とも高卒ルーキー。彼らの成長が今後のカギになりそうです。

ピックアップ選手等はこちら


小林クリエイトー南豊田病院 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県東部大会)

6月20日に刈谷球場で行われた第2試合、小林クリエイト−南豊田病院の観戦記です。
小林クリエイトは初戦がフタバ産業との大一番。これを制しての2回戦。ちょっと難しさもあった印象です。

小林クリエイト
030000002|5 H8 E2
010010000|2 H7 E3
南豊田病院

小林クリエイト
田中(17)、飯田(18)−宮城
南豊田病院
土本(17)、鈴本(11)−登根

投手成績
小林クリエイト
田中 6回 78球 被安打5 四球1 三振3 失点2
飯田 3回 39球 被安打2 四球0 三振5 失点0

南豊田病院
土本 6回 95球 被安打5 四球1 三振3 失点3(自責点0)
鈴本 3回 49球 被安打3 四球0 三振2 失点2

(出場選手)
小林クリエイト
4都筑(0) 6川西(4) 7牛島(58) 5杉本(25) 8浜崎(9) 9大西(24) 2宮城(10) D森岡(7) 3宮野(8)
南豊田病院
5三浦(2) 7太田(8) 4平井(5) D三ツ矢(42) 9前頭(45) 2登根(26) 6金澤(6) 8高妻(51) 3中野(10)

(試合経過)
2回表、2死1,2塁から8番森岡の1ゴロエラーで満塁。9番宮野が押し出し四球。1番都築がセンター前に落ちる2点タイムリー2ベース。小林クリエイトが3点を先制。3−0
2回裏、2死3塁から7番金澤がタイムリー。3−1
5回裏、先頭の6番登根がソロホームラン。3−2
7回表、ピッチャー交代、鈴本。
7回裏、ピッチャー交代、飯田。1死1,2塁から9番中野のバントがギャッチャー前に転がり2−5−3のダブルプレー。チャンスを逸します。
9回表、7番宮城が2ベース。8番森岡が進塁を意識して叩きつけた打球がショートが上手く処理できずにタイムリー2ベースに。1死3塁から1番都築のところでエンドラン。都築がライト前へ運び、前に来ていたライトに処理されライトゴロでアウトになるも3塁ランナーは生還。2点追加。5−2
小林クリエイトが接戦を制しました。

総評

小林クリエイトは苦しい試合でしたが、なんとかものにした。そういう試合でした。
逆に言えば南豊田病院とすればもったいない試合。2回表は2死1,2塁から1ゴロエラー。打球は速かったですし、簡単なプレーではなかったですが、何とかさばいてほしかったプレーでしたし、1番都築選手のタイムリー2ベースはセンター前に落ちる強くない打球。守備位置が深すぎたのと、追い方がまっすぐじゃなかった部分で追いつけなかったのも痛かった。押し出し四球も微妙な判定でしたし・・・。やはり守備でしっかりと守らないと、格上の相手に勝つのは難しくなりますね。
南豊田病院の土本投手、鈴木投手。両投手とも130匕緘召里泙辰垢阿鯏蠅欧討い泙靴拭N詭敕蠎蠅魯襦璽ーで星城大時代からいい投手だなと思っていましたが、やはり力がありますね。
打つ方では7回裏に1死1,2塁から9番中野選手のバント失敗が痛かった。ラッキーでもらったチャンスだっただけに押せ押せでいってほしかったですね。あと、バント失敗は流れを失います。
小林クリエイトは1点差まで迫られて9回表、ようやくらしい攻撃で2点を追加しました。5点目のランナー3塁でのエンドラン成功(記録はライトゴロ)は鮮やかでした。
飯田投手が素晴らしい球を投げていて、この日も好リリーフ。3イニングで三振5つ奪う力投でした。彼の存在はかなり大きいですね。
小林クリエイトとすればフタバ産業に勝った後の試合。油断しているわけではないでしょうが、エアポケットに入りやすい試合を何とか勝てたのは大きいですね。

ピックアップ選手等はこちら


ニデックーGTRニッセイ 観戦記(2024年国スポ軟式野球愛知県大会決勝戦)

5月24日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた国スポ軟式野球愛知県大会の決勝戦、ニデックーGTRニッセイの観戦記です。

ニデック
200010002|5 H6 E1
003010101|6 H11 E1
GTRニッセイ

ニデック
大竹(13)、松橋(17)、近藤(19)、早矢仕(18)、春田(16)−水谷
GTRニッセイ
中島(15)、三浦(14)−大野

投手成績
ニデック
大竹 4回 83球 被安打4 四球3 三振2 失点3
松橋 2/3 20球 被安打3 四球0 三振0 失点1
近藤 3回1/3 48球 被安打1 四死球2 三振1 失点1
早矢仕 1/3 12球 被安打0 四球1 三振0 失点1
春田 0/3 15球 被安打2 死球1 三振0 失点0

GTRニッセイ
中島 8回2/3 130球 被安打6 四球4 三振1 失点5
三浦 1/3 1球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
ニデック
9泉(2) 8竹内(7) 4加藤(5) D濱(8) 3土井(25) 2水谷(23) 7杉本(12) 6越智(10) 5籾山(24)
GTRニッセイ
D荒木(1)→H田中(12)→D 9原田(10) 5大平(4) 3濱元(3) 7高木(13) 4倉地(7) 8廣田(2) 6鈴木(6) 2大野(22)

(試合経過)
1回表、1死1,3塁から4番濱の2ゴロの間に1点。2死2塁から5番土井がタイムリー。ニデックが2点を先制。2−0
3回裏、1死1,2塁から4番濱元がタイムリー。1死2,3塁から5番高木の2ゴロの間に1点。6番倉地のタイムリー2ベース。GTRニッセイが逆転。3−2
5回裏、ピッチャー交代、松橋。2死1,2塁から7番廣田がタイムリー。ここでピッチャー交代、近藤。GTRニッセイが再び勝ち越し。4−3
7回裏、先頭の4番濱元がソロホームラン。5−3
9回表、1死1塁から6番水谷が2ランホームラン。5−5の同点に追いつく。
9回裏、ピッチャー交代、早矢仕。1死2塁でピッチャー交代、春田。1死満塁から7番廣田がタイムリーを放ちサヨナラ。GTRニッセイが優勝を飾りました。

総評

GTRニッセイは中島投手が先発。今年はチームのエースというか軸として回っている選手。決勝戦でも立ち上がりはやや不安定だったものの2回以降は落ち着いて、8回まで3失点。5回表とかも追いつかれて尚ものところをしっかりと抑えたのが大きかった。
9回表に6番の水谷選手に2ランホームランを浴びて同点に追いつかれましたが・・・。そこまでよく投げましたし最後三浦投手のリリーフを仰いだとはいえ、2死まで取った。勝利の立役者でしたね。
打つ方は濱元選手が4安打の大暴れ。倉地選手も3安打の猛打賞と得点に絡む活躍。最後美味しいところを持っていったのが廣田選手でしたが、この試合ではタイムリー2本。文句なしのヒーローでしたね。
ニデックは第1試合で投げている近藤投手、春田投手も含めて全投手を投入。最後は力尽きた形でした。投手の駒不足という課題がはっきりと出てしまいました。
前回不安定だった大竹投手は何とか試合を作ったものの、松橋投手、早矢仕投手が早期降板。この2人の復調が待たれます。
投手陣は四球が目立ったので改善したいところ。
打線は土壇場で2ランを放った水谷選手が素晴らしかった。追いついた後のチャンスで勝ち越せれば・・・。でも打線は上手く点を取った方かな。
天皇杯は割とすぐにスタート。まずは疲れを取って、上手く調整してほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら


GTRニッセイー菊水化学工業 観戦記(2024年国スポ軟式野球愛知県大会)

5月24日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた準決勝の第2試合、GTRニッセイー菊水化学工業の観戦記です。

GTRニッセイ
000003000|3 H9 E1
000010000|1 H7 E1
菊水化学工業

GTRニッセイ
近藤(20)、三浦(14)−大野
菊水化学工業
澤田(18)、小松(11)−小塚

投手成績
GTRニッセイ
近藤 4回0/3 62球 被安打1 四球4 三振1 失点1
三浦 5回 71球 被安打6 四球0 三振1 失点0

菊水化学工業
澤田 7回 126球 被安打9 四死球2 三振3 失点3
小松 2回 28球 被安打0 四死球2 三振1 失点0

(出場選手)
GTRニッセイ
6荒木(1)→4倉地(7) 9原田(10) 5大平(4) 3濱元(3) 7高木(13) D前田(30)→H広瀬(8)→D→H板倉(25) 8廣瀬(2) 4鈴木(6)→6 2大野(22)
菊水化学工業
6江川(6) 4速水(0) 8田中(9) 2小塚(10) 7冨依(1) D渡邊(7) 3中村(32)→H濱田(5) 9望(4) 5菱田(26)

(試合経過)
5回裏、無死1塁でピッチャー交代、三浦。2死2塁から2番速水がタイムリー2ベース。菊水化学工業が先制。1−0
6回表、2死3塁から6番広瀬が2ランホームラン。7番廣田がソロホームラン。GTRニッセイが逆転。3−1
8回表、ピッチャー交代、小松。
GTRニッセイが逃げ切りました。

総評

初回はお互いの投手がバタバタしたものの何とか0に抑えて、そこからは落ち着いた試合に。5回裏の先頭に近藤投手が四球を出したところで交代。三浦投手にスイッチしますが、2死2塁のチャンスで2番の速水選手がタイムリー2ベースを放ち、菊水化学工業が先制します。
その直後の6回表、先頭の大平選手が3ベース。そこから4番5番を打ち取り、6番広瀬選手のカウントも1−2と追い込んだのですが、ここからまっすぐが甘く入り、それを広瀬選手が仕留めて逆転2ラン。続く廣田選手もレフトへ風にも乗せたホームランを放ち3−1に。菊水化学工業としては一発攻勢にやられてしまいました。
8回から小松投手を投入し、最後まであきらめない姿勢を見せましたが、ゲッツーを2つ食う等、攻撃もランナーを生かせず。決勝に進めませんでした。
菊水化学工業としては接戦をしぶとくひっくり返しての勝利が続き、この試合でも惜しい部分があった。この勢いを天皇杯につなげたいところです。
GTRニッセイは前田監督がDHに入り、どうやら偵察メンバーとしてだったようですが、DHは打席に立たないといけない。そのルールを把握できていなかったようで、第1打席は前田監督が打席に入る形に。
第2打席から広瀬選手が入ったわけですが、その広瀬選手が逆転の2ランホームラン。野球って面白いですよね。
新人の近藤投手が先発し、やや不安定ながらも4回まで試合を作ったのが大きかった印象です。三浦投手は大分球威は戻った印象。投手陣もちょっとずつ、駒が増えてきている感じです。

ピックアップ選手等はこちら


ニデックー豊田自動織機 観戦記(2024年国スポ軟式野球愛知県大会)

5月17日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第2試合、ニデックー豊田自動織機の観戦記です。
ニデックが中盤までに大量リードをするもそこから豊田自動織機の反撃が見事でした。

ニデック
000520100|8 H6 E0
000005100|6 H7 E3
豊田自動織機

ニデック
近藤、大竹、松橋、春田ー水谷
豊田自動織機
小島、子迫、魚住、増田ー神谷

投手成績
ニデック
近藤 5回 被安打2 四球0 三振2 失点0
大竹 2/3 被安打2 四球4 三振0 失点5
松橋 1回1/3 被安打3 死球1 三振0 失点1
春田 2回 被安打0 四球1 三振2 失点0

豊田自動織機
小島 3回1回 被安打2 四球2 三振0 失点3(自責点2)
子迫 2/3 被安打1 四死球4 三振0 失点4(自責点2)
魚住 2回0/3 被安打3 四球2 三振3 失点1
増田 3回 被安打0 死球1 三振0 失点0

(出場選手)
ニデック
9泉(2) 8竹内(7) 4加藤(5) D濱(8) 2水谷(23) 3土井(25) 7房野(6) 5籾山(24) 6山下(22)
豊田自動織機
8長谷川(8) 6守田(6) 3萬部(1)→7 D河村(2) 5天野(5) 9貞廣(14) 2神谷(3) 4戸嶋(4) 7島本(22)→H高須(26)→3

(試合経過)
4回表、1死1,2塁から6番土井の2点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、子迫。1死3塁から7番房野がタイムリー。2死2,3塁からタイムリーエラーで2者生還。この回ニデックが5点先制。5−0
5回表、無死満塁でピッチャー交代、魚住。1死満塁から7番房野のところでエンドラン。打球はライトへ鋭く飛び、ライトゴロとなるも、その間に2者生還。7−0
6回裏、ピッチャー交代、大竹。1死満塁から3番萬部が押し出し四球。4番河村の野選で1点。2死満塁から6番貞廣のタイムリー。7番神谷の押し出し四球。ここでピッチャー交代、松橋。更にワイルドピッチで1点。打者一巡で5点。7−5
7回表、先頭の6番土井がソロホームラン。無死1塁でピッチャー交代、増田。8−5
7回裏、1死2塁から2番守田がタイムリー。8−6
8回裏、ピッチャー交代、春田。
ニデックが勝ちました。

総評

5回までにニデックが7点をリードしコールドペース。ニデックとすればそのまま勝ちたかったところでしたが、2番手の大竹投手が誤算。野手のミスもあったのですが、四球が重なり上手くボールが定まりませんでした。3番手の松橋投手もちょっとピリッとしなかったので、ここはちょっと心配。
打つ方は土井選手が絶好調。2ベース2本にホームランと大当たりでした。あと5回のエンドランがライトゴロになり、アウトの間に2者がかえるという珍しいプレーも起こりました。
チャンスでしっかりとエンドランを決められたのは良かったですね。
近藤投手、春田投手はしっかりと抑えたので、状態のいい投手を上手く見極めて起用したいところ。
豊田自動織機は相手のミスがあったとはいえ6回に打者一巡で5点を返したのはお見事。7回にもタイムリーで1点を返し、ニデックをあと一歩まで追い詰めました。
取られる場面ではエラー四球が絡んでいるので、ここを無くしていきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


豊生ブレーキーフタバ産業 観戦記(2024年国スポ軟式野球愛知県大会)

5月16日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第1試合、豊生ブレーキーフタバ産業の観戦記です。
伊藤康祐選手はこの日も1番センターで出場。軟式の公式戦2試合目でどんな動きを見せるか注目して観戦しました。

豊生ブレーキ
002000000|2 H4 E3
11013002X|8 H8 E0
フタバ産業

豊生ブレーキ
馬場(22)、鹿島(33)−浅野
フタバ産業
二村(20)、山本(14)、水谷(16)、奴賀(17)、國廣(11)−小見山

投手成績
豊生ブレーキ
馬場 5回 131球 被安打3 四球7 三振5 失点6(自責点5)
鹿島 3回 52球 被安打5 四球1 三振1 失点2

フタバ産業
二村 3回 39球 被安打3 四球2 三振2 失点2
山本 2回 41球 被安打0 四球3 三振3 失点0
水谷 2回 19球 被安打0 死球1 三振1 失点0
奴賀 1回 5球 被安打0 四球0 三振 1失点0
國廣 1回 12球 被安打1 四球0 三振2 失点0

(出場選手)
豊生ブレーキ
8鹿島(33)→1 9近藤(4) 7坂→8 5佐々木(2) D鈴木(6)→7北村(18) 4加藤(10) 6磯村(46)→H徳永(5) 2浅野(30) 3冨永(27)
フタバ産業
8伊藤(2) 6山下(6) 4豊田(10)→5 3早田(5) D尾西(24)→R柴田(30)→H白井(3) 5服部(1)→4杉山(4) 9渡邊(8) 2小見山(39) 7戸松(9)

(試合経過)
1回裏、1死満塁から5番尾西の2ゴロの間に1点。フタバ産業が先制。1−0
2回裏、1死3塁から9番戸松の2球目に3塁ランナーのリードが大きく、キャッチャーが3塁へ投げる間にホームを突き、送球も逸れたこともありランナーが生還。記録は三走渡邊のホームスチールに。2−0
3回表、1死1,3塁から1番鹿島がタイムリー。更に1死1,3塁から2番近藤がタイムリー。2−2の同点に追いつく。
4回表、ピッチャー交代、山本。
4回裏、1死3塁から1番伊藤の2ゴロの間に1点。フタバ産業が勝ち越し。3−2
5回裏、2死2塁から6番服部の投ゴロを送球エラーする間に1点。2死3塁から7番渡邊、8番小見山が連続タイムリー2ベース。6−2
6回表、ピッチャー交代、水谷。
6回裏、ピッチャー交代、鹿島。
8回表、ピッチャー交代、奴賀。
8回裏、無死1,3塁からワイルドピッチで1点。尚も無死3塁から1番伊藤が犠牲フライ。8−2
9回表、ピッチャー交代、国廣。
フタバ産業が快勝。

総評

豊生ブレーキの先発の馬場投手は序盤からなかなかボールが定まらず、四球が多い投球に。ただ、フタバ産業も1点ずつは取ったものの、尚もチャンスというところでは追加点が奪えず。その間に豊生ブレーキが反撃をみせて同点に。
それでも4回裏のチャンスで伊藤選手が叩きをみせて打点を挙げて勝ち越し。5回にはエラーで1点を追加した後にタイムリー2ベース2本を放ち、ほぼ試合を決めた形に。
伊藤選手は犠牲フライを合わせて2打点。3四球と出塁もみせたもののヒットはおあずけとなりました。
投手では山本投手がまだ本来の投球ではない感じですが、スライダーはすごい切れをみせて5回には3奪三振。水谷投手、奴賀投手、国廣投手はそれぞれ持ち味をみせて、公式戦で投げられたことは収穫となりそうです。
豊生ブレーキは東海学園大で投げていた馬場投手がいいボールもあったもののコントロールに苦しんだ投球が誤算でした。それでも3回表に一旦は追いつく攻撃を見せましたし、フタバ産業に食らいつく戦いが出来ていました。

ピックアップ選手等はこちら


パナソニックインダストリー春日井−フタバ産業 観戦記(2024年国スポ軟式野球愛知県大会)

5月9日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第1試合、パナソニックインダストリー春日井−フタバ産業の観戦記です。
フタバ産業は元プロ野球選手、伊藤康祐選手(元中日)と山本一輝投手(元巨人)の2名が3月に加入。初の公式戦を迎えました。
両選手とも出場したので、その動きに注目して観戦しました。

パナソニックインダストリー春日井
0000000|0 H4 E0
5000101|7 H9 E2
フタバ産業
(7回コールド)

パナ春日井
福野(16)、荒井(19)−仙石
フタバ産業
安冨(18)、山本(14)、花城(13)−小見山

投手成績
パナ春日井
福野 1回 38球 被安打6 四球0 三振0 失点5
荒井 5回0/3 94球 被安打3 四球3 三振5 失点2

フタバ産業
安冨 4回 77球 被安打3 四球3 三振4 失点0
山本 2回 43球 被安打1 四球2 三振3 失点0
花城 1回 8球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
パナ春日井
4柴山(2) 6山守(6) 5加藤(5) 9川良(9) 7東郷(13) 8赤野(10) D井戸(14) 2仙石(1) 3西迫(29)
フタバ産業
8伊藤(2) 6山下(6) 4豊田(10) 3早田(5) D尾西(24) 5服部(1) 9渡邊(8) 2小見山(39) 7戸松(9)

(試合経過)
1回裏、2死3塁から4番早田のタイムリー。5番尾西のタイムリー2ベース。6番服部のタイムリー。2死2,3塁から8番小見山の2点タイムリー3ベース。この回打者9人で5点。5−0
2回裏、ピッチャー交代、荒井。
5回表、ピッチャー交代、山本。
5回裏、2死2塁から6番服部のタイムリー3ベース。6−0
7回表、ピッチャー交代、花城。
7回裏、先頭の豊田がレフトへ高く上げて、風にも乗ってスタンドへ入りコールド成立。フタバ産業が快勝しました。

総評

フタバ産業は伊藤康祐選手が1番センターでスタメン。結果は3打数ノーヒット1四球1盗塁でした。
最初は相手ピッチャーのスピードに合っていない感じがもろに出ていましたが、2打席目以降もなかなかタイミングが合わずに苦しんだ形。それでも四球で出て盗塁を決めたのはさすがでした。
元プロというプレッシャーもあったかな、という感じ。このスタートから慣れていってどういう打撃を見せてくれるかも注目したいですね。
もう一人の元プロ野球、山本一輝投手は5回からマウンドへ。こちらもまだ軟式にアジャストしきれていない感じはありましたが、それでも2イニングで3奪三振はさすが。MAXも142kmをマークしらしさをみせてくれました。今後、大きな戦力になっていきそうです。
フタバ産業としては初回に福野投手を捉えてビッグイニング。最後もホームランでコールドを決めて快勝としました。やはり打線は力ありますね。安冨投手は立ち上がりが不安定でしたが、そこからは徐々に修正。0点に抑えたのは良かった。
パナソニックインダストリー春日井は初回に四球とエラーで無死1,2塁としながら点が取れなかったのが痛かった。でも一時期を思えば戦力はそろってきていますし、ルーキーの荒井投手が好投。希望もみえた一戦でした。

ピックアップ選手等はこちら


アイシン−三京アムコ 観戦記(2024年国体軟式野球愛知県大会)

5月8日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第2試合、アイシンー三京アムコの観戦記です。
初出場の新春選抜リーグで4位と躍進した三京アムコ。アイシンとの初戦でどういう試合をするか注目して観戦しました。

アイシン
00000000|0 H1 E0
00102301|7 H8 E0
三京アムコ
(8回コールド)

アイシン
河合(25)、日高(18)−中村
三京アムコ
南出(18)、松原(13)−佐藤

アイシン
河合 6回 110球 被安打7 四死球5 三振0 失点6
日高 1回2/3 27球 被安打1 四球1 三振0 失点1

三京アムコ
南出 6回 69球 被安打1 四球1 三振4 失点0
松原 2回 22球 被安打0 四球0 三振3 失点0

(出場選手)
アイシン
5大原(5) 4竹之越(2) 6平川(16) 9坂野(9)→7 8崎戸(11) 2中村(10) 3中島(24)→3松崎(6) 1河合(25)→1日高(18) 7川北(21)→H加納(0)→9
三京アムコ
7藤江6平戸4牛島→5吉野3藤澤2佐藤9鶴田→H井口D小柳津→H松山力→D5山口→48後藤→8松山侑

(試合経過)
3回裏、1死2,3塁から3番牛島が上手く叩いて遊ゴロの間に1点。三京アムコが先制。1−0
5回表、無死3塁から1番藤江が上手く叩いて1点。更に1死1,3塁から4番藤澤がこれまた叩きで3ゴロの間に1点。2点を追加。3−0
6回表、1死2塁から8番山口がタイムリー3ベース。2死2塁から1番藤江のタイムリー。2死2塁から2番平戸がタイムリー2ベース。6−0
7回表、ピッチャー交代、松原。
7回裏、ピッチャー交代、日高。
8回裏、2死1塁から1番藤江のタイムリー2ベースでコールド成立。三京アムコが7−0、8回コールドで快勝しました。

総評

三京アムコが最初の3点を叩きで取るという、昨年まで無かった攻撃を披露。かなり練習に取り組んできたそうで、上のチームと戦うには必要な技術だと分析したとのこと。
それをしっかりと決めたうえで6回以降は長打で得点。理想的な形での勝利となりました。
南出投手は140km近い球を投げてさすがの投球でしたが、それ以上に目立ったのが2番手の松原投手。左で140km前後のまっすぐを投げ込み、2回で3奪三振。かなりの戦力になりそう。
打つ方では後藤選手が長打を2本。打席で相手を何とか崩そうとしていましたが、こうやって間を抜けば足が活きる。今日は長所を活かしました。
アイシンは初回に先頭の大原選手がヒットで出たものの、出したランナーは他に2回の坂野選手の四球のみ。ちょっと打線は打つ手なしでした。
河合投手、日高投手ともにボールは悪くなかった。ただ、上手く叩きを決められ地力の差を見せつけられた形。叩きの時に勝負してもいい場面もあったので、上のチームに勝つための野球をしていきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


和合病院−ヒサダ 観戦記(2024年国体軟式野球愛知県大会)

5月8日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第1試合、和合病院−ヒサダの観戦記です。
和合病院は公式戦はこの試合が2024年の初戦となりました。

和合病院
0122200|7 H8 E2
0000000|0 H3 E2
ヒサダ
(7回コールド)

和合病院
山口、南−市川
ヒサダ
玉井、岡崎、春本、石川−伊藤

投手成績
和合病院
山口 4回 50球 被安打2 死球1 三振1 失点0
南 3回 24球 被安打1 四球0 三振1 失点0

ヒサダ
玉井 4回 81球 被安打4 四死球3 三振0 失点5(自責点3)
岡崎 1回2/3 28球 被安打3 四球0 三振1 失点2
春本 1/3 10球 被安打1 四球1 三振0 失点0
石川 1回 13球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
和合病院
5青木(1)→6 8森川(6) 7落司(8) 9前田(3) D長峯(27)→R大西(4) 2市川(10) 3池田(5)→H森廣(2)→3 6柘植(7)→5重久(25) 4上地(9)
ヒサダ
3秦(3) 4西尾(8) 5森(5) 9稲垣(10) D矢岸(7) 8野崎(36)→H利見(26) 6杉浦(6)→H柴田(33) 2伊藤(12) 7篠原(1)

(試合経過)
2回表、1死3塁から6番市川の叩きが決まって1てん。和合病院が先制。1−0
3回表、2死1,2塁から3番落司が2点タイムリー2ベース。3−0
4回表、1死1塁から6番池田が2ランホームラン。5−0
5回表、ピッチャー交代、岡崎。2死1塁から6番市川が2ランホームラン。7−0
5回裏、ピッチャー交代、南。
6回表、2死でピッチャー交代、春本。
7回表、ピッチャー交代、石川。
和合病院が7回コールドで勝ちました。

総評

和合病院が快勝。
初回こそヒサダのアンダーハンド、玉井投手に戸惑っていたものの、2回表の先頭の前田選手が2ベースを放ち、そこから進塁打、6番市川選手の叩きとらしい攻撃を見せて先制。3回以降は長打が効果的に出てコールド圏内にもっていって、山口投手、南投手のリレーでヒサダ打線を抑え込みました。
和合病院は今年の公式戦の初戦だったのですが、今週末には東海五県大会も控えていていきなり過密日程なのですが、いい形でコールドに終われたのはさすがでした。
ヒサダは愛知東邦大で活躍した玉井投手が先発。初回は3人で抑えて特徴を活かしましたが、2廻り目には対応されました。チャンスとしては3回に先頭の篠原選手が2ベース。1番秦選手のセカンド抜けそうな当たりをファインプレーされたのですが、ここが抜けていたらもう少しもつれたかも。
ただ、その後の投球を含めて0点で抑える和合病院がさすがでしたね。

ピックアップ選手等はこちら


中庸スプリングートヨタ車体 観戦記(2024年新春選抜軟式野球大会決勝戦)

2月9日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた新春選抜軟式野球大会の決勝戦、中庸スプリング−トヨタ車体の観戦記です。
最後まで試合が分からないシーソーゲームとなりました。

中庸スプリング
010001100|3 H6 E2
02000020X|4 H6 E1
トヨタ車体

中庸スプリング
新美(18)−山田
トヨタ車体
若山(13)、筏伸(21)、野村大(10)、濱田(11)−野村

投手成績
中庸スプリング
新美 8回 125球 被安打6 四球6 三振5 失点4

トヨタ車体
若山 4回0/3 57球 被安打3 四球1 三振3 失点1
筏伸 1回0/3 15球 被安打2 四球0 三振1 失点1(自責点0)
野村大 3回 34球 被安打1 四球1 三振3 失点1
濱田 1回 12球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
中庸スプリング
9加藤(24) 6青山(6) 5後藤(10) 4坂田(1) 2山田(22) 3森本(4) 7中村(51) D今野(20) 8坂田(26)
トヨタ車体
D筏伸(21)→1→7 4坂本(1) 9高橋(27) 3田原(7) 7森(99)→1野村大(10)→6 6武村(15)→H柏木(25)→1濱田(11) 8篠谷(18) 5筏太(2) 2野村謙(22)

(試合経過)
2回表、2死から6番森本がソロホームラン。中庸スプリングが先制。1−0
2回裏、1死1,2塁から1番野村謙がタイムリー。更に1死1,3塁から1番筏伸の遊ゴロの間に1点。トヨタ車体がすぐさま逆転。2−1
5回表、無死1塁でピッチャー交代、筏伸。
6回表、無死3塁から2番青山の遊ゴロエラーの間に1点。無死1,3塁でピッチャー交代、野村大。1死2,3塁から5番山田の初球で3塁ランナーがスタートを切るも外されて3塁ランナーがタッチアウト。山田も三振に倒れ2−2の同点止まりに。
7回表、先頭の森本がこの日2本目となるソロホームラン。中庸スプリングが逆転。3−2
7回裏、2死1塁から3番高橋が逆転2ランホームラン。トヨタ車体が再逆転。4−3
9回表、ピッチャー交代、濱田。
最後は濱田が締めてトヨタ車体がシーソーゲームを制し、優勝を飾りました。

総評

いろいろなことが起こって見ていて面白い試合でした。ただ中庸スプリングは取るべきチャンスを活かせず、逆転はしたものの流れを持ってこれなかった。それが最後の逆転2ランにつながった印象です。また新美選手は前の試合で最後2イニング登板。そこから30分くらい開けて再度先発ということで、序盤はボールが定まらず、四球が多くなりました。その分球数がかさみましたし、7回のホームランは疲れが出るタイミング。他に頼れる投手がいないというチーム事情が最後に響いた印象でした。
逆にトヨタ車体は2回裏のチャンスで内野ゴロで1点を取って逆転まで持っていく。投手が苦しくなると継投でしのぐ。7回裏に一発で逆転。選手がやるべきことをやっていた印象でした。采配も光りましたし。唯一8回裏のチャンスで攻めきれなかったので、最終回何か起こるかと思いましたが、若きエースの濱田投手が3人で片づけて優勝を決めました。
昨年は三京アムコが今大会の優勝を期に躍進しましたし、トヨタ車体もそこにあやかりたいですね。
濱田投手は新春選抜リーグ戦の上位チームにも通用する左腕。他の投手陣次第では各大会でも上位進出が狙えそうです。

ピックアップ選手等はこちら


アイシン−寿々 観戦記(2024年新春選抜軟式野球大会)

2月7日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第2試合、アイシン−寿々の観戦記です。
寿々は昨年見た時に力があるチームだな、と感じていたので、今年最初の試合でどういう戦いを見せるか注目して観戦しました。

アイシン
0011020000|4 H9 E1
1200001001|5 H12 E1
寿々
(延長10回タイブレーク)

アイシン
河合(25)−中村
寿々
山口(1)、橋本(11)、浦川(17)−瀬尾

投手成績
アイシン
河合 9回0/3 166球 被安打12 四球5 三振3 失点5(自責点3)

寿々
山口 2回 37球 被安打0 四死球4 三振0 失点0
橋本 4回 63球 被安打7 四球4 三振0 失点4
浦川 4回 54球 被安打2 四球1 三振2 失点0

(出場選手)
アイシン
5大原(5) 8毛受(13) 6吉村(7) 7板野(9) 3中島(24) 2中村(10) 1河合(25) 4竹之越(2) 9加納(0)
寿々
1山口(1)→8 9渡邊(5) 6小栗(2) 2瀬尾(10) 4吉橋(7) 8浦川(17)→3→1 3橋本(11)→1→3 7高木(9)→H大岩(20) 5神田(4)

(試合経過)
1回裏、無死1,3塁から3番小栗がタイムリー。無死1,2塁から4番瀬尾がヒットを放つも2塁ランナーがホームでタッチアウト。尚も2死満塁のチャンスを活かせず。寿々は初回1点止まりに。1−0
2回裏、1死2塁から1番山口がライトポールに当てる2ランホームラン。3−0
3回表、ピッチャー交代、橋本。2死1,2塁から6番中村がタイムリー。3−1
4回表、2死2,3塁から3番吉村がタイムリー。3−2
6回表、2死2塁から3番吉村がタイムリー2ベース。更に2死2塁からワイルドピッチで2塁ランナーが生還。アイシンが逆転。4−3
7回表、ピッチャー交代、浦川。
7回裏、先頭のエラーを足掛かりに1死3塁として、5番吉橋が上手く転がして、3ゴロ野選となり同点。4−4
延長タイブレークに突入。
10回表、送って1死2,3塁とするも2番毛受が3ゴロ、4番吉村が2ゴロに倒れ0点。
10回裏、無死1,2塁から7番橋本のバントが3塁線にうまく転がってヒット。無死満塁から代打大岩がライト前に落とすサヨナラタイムリー。寿々がサヨナラ勝ちをおさめました。

総評

野球の流れがいったりきたりの試合。1回2回は寿々のペース。ただ、ここで3点は取ったものの尚ものチャンスを活かせなかったので、そこからはアイシンペースに。寿々は3回から橋本投手にスイッチするも、毎回ランナーを許す苦しい投球で6回表には逆転を許すことに。
そのままアイシンが逃げ切るかと思いましたが、7回裏は先頭バッターをエラーで出塁させると、そこから盗塁、進塁打でピンチを広げられ、内野ゴロで1点。追いつかれます。
延長タイブレークは表で送った後に一本が出ず、10回裏にバントがヒットになるラッキーが出た寿々がサヨナラ勝ちにもっていった。
寿々は1番の山口選手が大当たり。3ベース、ホームラン、2ベースと放ってサイクルリーチまで持っていきました。最後はマルチだった高木選手に変えて大岩選手で叩きにいった采配が当たってサヨナラ勝ち。この采配もお見事でした。
アイシンも毎回ランナーを出したんですよね。ただランナー3塁で内野ゴロでホームアウトが2度。チャンスを活かしきれなかったのが最後に響いた印象です。

ピックアップ選手等はこちら


矢作産業−中庸スプリング 観戦記(2024年新春選抜軟式野球大会)

2月7日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第1試合、矢作産業−中庸スプリングの観戦記です。
昨年、新春選抜のリーグ戦に出ていないチームとしては、実績上位だった中庸スプリングがどういう戦いを見せるか注目して観戦しました。
4回からの観戦記です。

矢作産業
000000000|0
00002001X|3 
中庸スプリング

矢作産業
武田(14)−甲斐
中庸スプリング
新美(18)−山田

(出場選手)
矢作産業
8清水(8) 4竹内(15) 7尾関(6) D脇(23) 3山田(1) 6垣美(20) 5江頭(25) 2甲斐(22) 9亀山(2)
中庸スプリング
4坂田(1) 6青山(6) 5後藤(10) 2山田(22) D加藤(24) 3森本(4) 7中村(51) 9永井(2) 8坂田(26)

(試合経過)
5回裏、2死1塁から3番後藤の三遊間よりの遊ゴロでセカンド送球もセカンドの足が離れてしまいセーフで1,2塁。4番山田が四球で満塁となり、5番加藤の弱い1ゴロがセーフとなりタイムリー内野安打の間に2者生還。中庸スプリングが2点を先制。2−0
8回表、エラーとヒットで無死1,2塁とするも、3番尾関の3球目でセカンドランナーが飛び出してしまいキャッチャーからの送球でタッチアウト。その後四球で1死1,2塁となるも後続が倒れ得点ならず。
8回裏、2死1,2塁からワイルドピッチで2塁ランナーが生還。3−0
中庸スプリングが競り勝ちました。

短評

矢作産業の武田投手、中庸スプリングの新美投手が好投。ランナーは出るもお互いにいい当たりは少なく、決めてに欠ける試合に。
中庸スプリングは相手のミスにうまくつけこんで得点を奪い、そのリードを新美投手が抑えきったという試合になりました。
お互いの投手に力があったとも思いますが、お互いにやや打線が低調に感じる試合でした。

ピックアップ選手等はこちら


フタバ産業−三京アムコ 観戦記(愛知県軟式野球新春選抜リーグ戦2024)

1月31日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第3試合、フタバ産業−三京アムコの観戦記です。
1ヵ月近くにわたって繰り広げられた新春選抜リーグ戦の最終戦。この試合でフタバ産業が勝てば優勝、引き分けだとGTRニッセイとの決定戦、負けだとGTRニッセイの逆転優勝が決まるという大一番が最後の試合になりました。
また、フタバ産業はベテランの木村投手、小杉選手がこの試合が引退試合という中で迎えた試合となりました。

フタバ産業
000102000|3 H8 E0
000003002|5 H5 E0
三京アムコ

フタバ産業
木村(14)、二村(20)−早田
三京アムコ
横井(20)、山本朔(12)、山本淳(19)−小柳津

投手成績
フタバ産業
木村 6回 80球 被安打3 四死球3 三振1 失点3
二村 2回2/3 29球 被安打2 四球0 三振1 失点2

三京アムコ
横井 6回 89球 被安打5 四球4 三振2 失点3
山本朔 1回0/3 13球 被安打1 四球0 三振0 失点0
山本淳 2回 37球 被安打2 四球0 三振2 失点0

(出場選手)
フタバ産業
8戸松(9) 6山下(6) 4豊田(10) 2早田(5) D白井(3) 3服部(1) 9渡邊(8) 5小杉(32) 7中西(7)
三京アムコ
7鶴田(8) D井口(26)→R後藤(23)→D 4牛島(1) 5吉野(6) 2小柳津(22) 3村上(27)→H藤江(9) 6平戸(10) 8松山(3) 9佐藤(2)

(試合経過)
4回表、2死から7番渡邊がソロホームラン。フタバ産業が先制。1−0
6回表、2死満塁から8番小杉がセンターオーバーのエンタイトル2点タイムリー2ベース。3−0
6回裏、1死満塁から3番牛島がタイムリー。4番吉野のタイムリー内野安打。更にワイルドピッチで1点。尚も1死2,3塁のピンチは木村が踏ん張ったものの3−3の同点に。
7回表、ピッチャー交代、山本朔。
7回裏、ピッチャー交代、二村。
8回表、無死1塁でピッチャー交代、山本淳。
9回表、2死から1番戸松、2番山下の連打で1,3塁とするも3番豊田が2ゴロに倒れ0点。
9回裏、2死から代打藤江がヒット。7番平戸が打った瞬間のサヨナラ2ランホームラン!
三京アムコが劇的な勝利で勝ち点を5にして4位タイに。
フタバ産業は優勝目前にしてまさかの連敗。優勝を逃す結果となりました。

総評

フタバ産業は勝てば優勝。引き分けでも同点でGTRニッセイとの決定戦という状況でしたが、まさかのサヨナラ負け。あとアウト1つで優勝を逃す結果となりました。
いくつも要因が重なった試合。一番はこの日が木村投手、小杉選手の引退試合となったことだったかな、と思います。
2人とも引退試合とは思えない活躍を見せました。木村投手は5回まで1安打でほぼ完璧な投球。小杉選手は2点タイムリー2ベースを放ち、リードを広げる。ここまでは完璧な試合でした。
ただ、6回裏、木村投手が突如乱れて3四死球で満塁に。代えるタイミングはあったのですが、柴田監督も投げ切らせたいという思いがあったようで、途中交代は無しで木村投手を続投させたものの、同点までは追いつかれてしまいました。
もしこれが普通の試合だったら交代していたでしょうし・・・。ただまぁタラレバですよね。
小杉選手のタイムリー2ベースもエンタイトルにならなければ、1塁ランナーも還っていたと思いますので・・・。ツキにもフタバ産業は見放された形でした。
ただ、最後の9回表裏は、どちらも2死からランナーを出してキャプテンが打席。ここで打てなかった豊田選手と打った平戸選手。明暗が分かれた形でしたが、打った平戸選手がすごかったですね。
三京アムコは若いチームなのですが、リリーフで投げたベテランの山本淳投手も好リリーフでしたし、数少ない26歳以上の選手たちが奮闘しました。これで4位タイとAクラス入り。今後に向けて大きな1勝を手にした印象です。
フタバ産業は痛い連敗で優勝を逃してしまいました。これを今シーズンに引きずらないようにしたいですね。
改めて野球って面白くて怖いな、と感じる試合でした。

ピックアップ選手等はこちら


小林クリエイト−ニデック 観戦記(愛知県軟式野球新春選抜リーグ戦2024)

1月31日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第2試合、小林クリエイト−ニデックの観戦記です。
ニデックは勝てば優勝の可能性が残るという状況での試合でした。

小林クリエイト
100330000|7 H3 E0
000100200|3 H6 E1
ニデック

小林クリエイト
杉田(23)、田村(26)、飯田(18)−奥田
ニデック
大竹(13)、近藤(19)、春田(16)−水谷

投手成績
小林クリエイト
杉田 6回 69球 被安打4 四球0 三振0 失点1
田村 1回 26球 被安打2 四死球2 三振0 失点2
飯田 2回 27球 被安打0 四球1 三振0 失点0

ニデック
大竹 4回 94球 被安打2 四球5 三振0 失点4(自責点2)
近藤 4回 54球 被安打3 四球1 三振2 失点3
春田 1回 11球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
小林クリエイト
7都嶋(2) 8浜崎(9) 6川西(4)→4 5杉本(25) D宮城(10) 3宮野(8) 9大西(24) 2奥田(27) 4都筑(0)→6葛西
(1)
ニデック
9泉(2)→H房野(6)→9 8竹内(7) 4加藤(5) D濱(8) 3土井(25) 2水谷(23) 7杉本(12) 5籾山(24) 6山下(22)

(試合経過)
1回表、2死2塁から4番杉本がタイムリー。小林クリエイトが先制。1−0
4回表、1死2,3塁から9番都筑の投ゴロエラーの間に1点。更に2死2,3塁から2番浜崎が2点タイムリー2ベース。4−0
4回裏、1死から2番竹内がソロホームラン。4−1
5回表、ピッチャー交代、近藤。2死1,2塁から8番奥田が3ランホームラン。7−1
7回裏、ピッチャー交代、田村。無死1,3塁から5番土井の併殺打の間に1点。6番水谷がソロホームラン。7−3
8回裏、ピッチャー交代、飯田。
9回表、ピッチャー交代、春田。
小林クリエイトが勝って、勝ち点を5と伸ばして4位確定。ニデックは優勝の可能性が無くなり3位が確定しました。

総評

小林クリエイトが快勝。
ニデックは大竹投手の状態が今一つで、四球や野選で溜まったランナーを返されるという展開。結局3安打しか打たれていないのですが7失点と大量失点となって試合が決まってしまった形に。
大竹投手は球速はそこそこ出ていたのですが、変化球が今一つで投球数がかさみ、苦しい投球に。
ニデックはホームランが2本出たもののいずれもソロ。7回裏に無死1,3塁からゲッツーの間の1点。その直後のホームラン。ここが1人でもランナーが残っていれば・・・。試合は分からなかったかも。
小林クリエイトは杉田投手が好投。飯田投手も好リリーフを見せました。
長いリーグ戦。いい面悪い面、お互いに出たと思いますので、次の大会までに修正していってほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら


ニデック−大森石油 観戦記(愛知県軟式野球新春選抜リーグ戦2024)

1月30日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第3試合、ニデック−大森石油の観戦記です。
唯一今年まだ見れていなかった大森石油を見るために足を運んだ試合。ニデックは優勝の可能性を残す中での試合でした。

ニデック
2031010|7 H7 E1
0000000|0 H5 E0
大森石油
(7回コールド)

ニデック
松橋(17)、春田(16)、早矢仕(18)−水谷
大森石油
長谷川(21)、長島(18)、齊藤(19)−熊谷

投手成績
ニデック
松橋 5回2/3 93球 被安打3 四球2 三振2 失点0
春田 1/3 4球 被安打1 四球0 三振0 失点0
早矢仕 1回 18球 被安打1 四球1 三振1 失点0

大森石油
長谷川 2回1/3 47球 被安打5 四球1 三振0 失点5
長島 3回2/3 49球 被安打2 死球1 三振3 失点2
齊藤 1回 14球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
ニデック
9泉(2) 8竹内(7) 4加藤(5) D濱(8) 3土井(25) 2水谷(23) 7杉本(12) 5籾山(24) 6山下(22)
大森石油
7松田(25)→H古川(29) 3平澤津(20) 4宝楽(1) 5石坂(7) 6松岡(3) 2熊谷(27) 9西野(9) 8樋口(13) D藤田(4)

(試合経過)
1回表、無死1,2塁から3番加藤がタイムリー2ベース。4番濱の2ゴロの間に1点。ニデックが2点先制。2−0
3回表、1死2,3塁から4番濱が3ランホームラン。5−0。ここでピッチャー交代、長島。
4回表、2死1塁から1番泉がタイムリー2ベース。6−0
6回表、1死から7番杉本がソロホームラン。7−0
6回裏、2死満塁でピッチャー交代、春田。6番熊谷のセカンドへのゴロでランナーと激突。守備妨害となりランナーがアウトで得点ならず。
7回裏、ピッチャー交代、早矢仕。1死1,3塁から代打古川で叩きにいくも三振。3塁ランナーが飛び出てしまい挟まれてゲッツー。ニデックがコールドで勝ちました。

総評

ニデックが快勝。1回表、先頭の泉選手がヒットで出塁すると、3番加藤選手の2ベース、4番濱選手が粘って12球目に内野ゴロを打って1点。2点を先制し勢いにのりました。
3回表には4番の濱選手が3ランホームランを放って試合はほぼ決まった形に。その後も杉本選手のホームランなどでコールド圏内に持っていって、7回裏、早矢仕投手が何とか抑えてコールド勝ちをおさめました。
ニデックはこれで勝ち点5.5。優勝の可能性を残して最終日へ。いい形で勝てたので、ひょっとするとひょっとするかもですね。
大森石油は先発の長谷川投手がMAX134kmのまっすぐを投げ込むも、なかなか空振りが取れずに粘り負けをしてしまいました。
終盤チャンスも作りましたが・・・。今大会は4勝5敗と負けが先行して終了。投手陣に課題が残る大会となりました。

ピックアップ選手等はこちら


イスコジャパンー小林クリエイト 観戦記(愛知県軟式野球新春選抜リーグ戦2024)

1月23日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第2試合、イスコジャパン−小林クリエイトの観戦記です。
小林クリエイトは今季初観戦。新加入の田村投手の投球に注目して観戦しました。

イスコジャパン
000210000|3 H6 E2
30000100X|4 H3 E3
小林クリエイト

イスコジャパン
木戸(18)−長嶋
小林クリエイト
田村(26)、杉田(23)、飯田(18)−奥田

投手成績
イスコジャパン
木戸 8回 109球 被安打3 四死球5 三振1 失点4

小林クリエイト
田村 5回 81球 被安打5 四球2 三振3 失点3(自責点2)
杉田 1回 17球 被安打0 四球0 三振1 失点0
飯田 3回 48球 被安打1 四球2 三振3 失点0

(出場選手)
イスコジャパン
7山崎(9) 6徳浪(8)→6村田(1) 2長嶋(22) 3小川(5) D近藤(10) 9林(24) 4吉田純(12)→H竹延(7) 8吉田悠(3) 5尾野(2)→H近藤(21)
小林クリエイト
9都嶋(2) 4都築(0) 8浜崎(9) 3杉本(25) 5川西(4) D宮城(10) 7宮野(8) 2奥田(27) 6葛西(1)

(試合経過)
1回裏、2死満塁から6番宮城が押し出し死球。7番宮野が2点タイムリー。小林クリエイトが3点を先制。3−0
4回表、2死2塁から8番吉田悠がフェンス直撃のタイムリー3ベース。更に2死1,3塁から1番山崎がタイムリー。3−2
5回表、1死3塁から5番近藤がセカンドライナー。少し出ていた3塁ランナーを刺そうと3塁へ投げた球が悪送球となり、3塁ランナーが生還。3−3
6回表、ピッチャー交代、杉田。
6回裏、1死1,3塁から6番宮城が2ゴロ併殺崩れの間に1点。小林クリエイトが勝ち越し。4−3
7回表、ピッチャー交代、飯田。
小林クリエイトが競り勝ちました。

短評

ランナーを出して押していたのはイスコジャパンの方。しかし、逆転まで持っていけず、6回裏に四死球のランナーを返されて、そのまま敗れました。初回の失点も四球やエラー絡みでしたし、こういう点の取られ方となると、チームに流れは来なくなりますよね。木戸投手はいいボールもありましたが、反省点も多い投球となってしまいました。ルーキーですし今後に期待。
小林クリエイトも今大会は乗り切れない感じが出ていて、この試合を取ったもののこれで5割。昨年優勝チームとしては少し寂しい結果になっています。
ただ、この日登板した田村投手、飯田投手は独立から入った新戦力。ここが戦力になってこれば今後も楽しみになりますし、期待が膨らみます。
小林クリエイトは残り1試合、いい形で終えたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


フタバ産業−菊水化学工業 観戦記(愛知県軟式野球新春選抜リーグ戦2024)

1月23日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第1試合、フタバ産業−菊水化学工業の観戦記です。
優勝へマジック3としているフタバ産業。菊水化学工業も優勝の可能性は残す中で、エースの小松投手を立てるかと思いましたが、先発は澤田投手できました。フタバ産業は二村投手が先発。

フタバ産業
140000106|12 H12 E2
002001001|4 H7 E1
菊水化学工業

フタバ産業
二村(20)、奴賀(17)、国廣(11)−早田
菊水化学工業
澤田(18)、石原(16)−小塚

投手成績
フタバ産業
二村 6回 105球 被安打6 四球2 三振0 失点3
奴賀 2回 22球 被安打0 四球0 三振3 失点0
国廣 1回 37球 被安打1 四死球2 三振2 失点1(自責点0)

菊水化学工業
澤田 1回 18球 被安打0 四球2 三振0 失点1
石原 8回 154球 被安打12 四死球5 三振2 失点11(自責点10)

(出場選手)
フタバ産業
8戸松(9) 6山下(6) 4豊田(10) 2早田(5) 3白井(3) 5服部(1) 9渡邉(8) D杉山(4) 7中西(7)
菊水化学工業
6江川(6) 7伊藤(0) 8冨依(1) 2小塚(10) 5望(4) 9矢口(2) D渡邉(7) 3濱田(5) 4菱田(26)

(試合経過)
1回表、1死2,3塁から4番早田が上手く叩いて1点。フタバ産業が先制。1−0
2回表、2死1,3塁から1番戸松がタイムリー。更に中継が乱れる間に1塁ランナーも生還。2死2塁から2番山下がヒット。山下がオーバーランをして挟まれる間に3塁ランナーが上手くスタートを切り生還。2死2塁から3番豊田がタイムリー2ベース。この回4点。5−0
3回裏、1死2,3塁から1番江川がタイムリー。更に2死満塁から4番小塚がタイムリー。2塁ランナーはホームを突くもタッチアウトに。5−2
6回裏、2死2塁から6番矢口がタイムリー2ベース。5−3
7回表、1死3塁から3番豊田が叩いて1点。6−3
7回裏、ピッチャー交代、奴賀。
9回表、2死1,3塁から4番早田がタイムリー。更に2死満塁から6番服部が2点タイムリー。7番渡邉が3ランホームラン。この回打者一巡で6点。12−3
9回裏、ピッチャー交代、国廣。2死満塁から1番江川が押し出し死球。12−4
フタバ産業が勝って優勝へのマジックを2としました。

短評

序盤からフタバ産業がリードを広げるも、徐々に菊水化学工業が差を縮め、6回裏には2点差まで詰め寄る。しかし、7回表に主将の豊田選手が叩きを決めて3点差にしてセーフティリードとすると、9回には疲れの出た石原投手を攻めて6点取ってダメ押し。これで6勝1敗として単独1位をキープ。優勝にまた一歩近づきました。
フタバ産業としては投手陣がピリッとせず。それでも2番手の奴賀投手が好投を見せて勝利に貢献しっました。
打線では7番の渡邉選手が4安打の大暴れ。1番戸松選手、2番山下選手の出塁も目立ちました。
菊水化学工業は先発の澤田投手が1イニングで交代。アクシデントがあったかもですが、そのせいで石原投手がロングリリーフする形に。最後は疲れも出たと思います。
野手では矢口選手が2本の2ベースを放ち活躍が光りました。

ピックアップ選手等はこちら

豊田鉄工−GTRニッセイ 観戦記(愛知県軟式野球新春選抜リーグ戦2024)

1月13日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第1試合、豊田鉄工−GTRニッセイの観戦記です。
昨年上位チーム同士の対戦。豊田鉄工は2敗していて負けられない状況でした。

豊田鉄工
002010000|3 H13 E1
000000112|4 H7 E1
GTRニッセイ

豊田鉄工
村松(21)、長谷川(15)、徳久(13)−吉村
GTRニッセイ
中島(15)、森(27)、三浦(14)−大野

投手成績
豊田鉄工
村松 8回 106球 被安打5 四死球2 三振2 失点2
長谷川 2/3 19球 被安打2 死球1 三振1 失点2(自責点0)
徳久 0/3 8球 被安打0 四球1 三振0 失点0

GTRニッセイ
中島 4回 71球 被安打8 四球1 三振4 失点2
森 1回 13球 被安打1 四球0 三振0 失点1
三浦 4回 61球 被安打4 四球1 三振1 失点0

(出場選手)
豊田鉄工
8清水(2) D森亮(51) 7工藤(7) 3名古路(5) 4田口(8) 2吉村(10) 5小島(9) 6安食(0) 9木村(24)→H山本(22)→9
GTRニッセイ
4荒木(1)→6 6鈴木(6)→H板倉(25)→9 2大野(22) 3濱元(3) D倉地(7) 5大平(4) 8原田(10) 7田中(12)→9→4 9広瀬(8)→H高木(13)→7

(試合経過)
3回表、1死2塁から2番森がタイムリー2ベース。尚も1死1,3塁から4番名古路がタイムリー。尚も1死満塁と攻めるも後続が倒れ2点止まり。2−0
5回表、ピッチャー交代、森。先頭の4番名古路がソロホームラン。3−0
6回表、ピッチャー交代、三浦。
7回裏、先頭の5番倉地がソロホームラン。3−1
8回裏、先頭の荒木がソロホームラン。3−2
9回裏、2死満塁のところで監督が2回目のマウンドに向かって強制的に交代へ。準備をしていなかったであろう徳久がマウンドへ。1番荒木の2球目のボール球が当たって判定で大揉め。(結果はファール)その後タイムリーエラーで同点。2番板倉が押し出し四球を選んでGTRニッセイが逆転サヨナラ勝ち。

総評

試合は豊田鉄工ペース。GTRニッセイは2番手でキャッチャー登録の森選手がマウンドに上がるなど、苦しい投手運用を強いられました。ただ、豊田鉄工は結局13安打放って3点。チャンスを活かし切れない間に流れを失ったという試合になりました。1点差に迫られた9回表に無死1,2塁のチャンスで3番工藤がバント失敗。これで点が取れなかったのが最後の逆転サヨナラ負けにつながってしまった形でした。あと、9回裏は継投を含めて監督さんのチョンボとなってしまいましたね。徳久投手はキャッチボールすらしていなかった状況でのマウンドだったので気の毒でした。
ただ、そこまでに追加点を取れなかったのが全てとも言えますよね。これで3敗。優勝はかなり厳しくなりました。
GTRニッセイは野手出身だった中島投手、捕手の森投手で5回までしのぐ苦しい状態。ただ、そこを3点にしのいで、怪我あけとはいえ三浦投手が投げて試合のテンポを引き戻して、終盤の反撃につなげました。これで3勝1敗。今年は苦しいと予想していましたが、それでも勝つところは地力を感じますね。

ピックアップ選手等はこちら


菊水化学工業−ニデック 観戦記(愛知県軟式野球新春選抜リーグ戦2024)

1月12日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第1試合、菊水化学工業−ニデックの観戦記です。
どちらも今年初観戦なので、新戦力に注目して観戦しました。

菊水化学工業
000001000|1 H8 E1
10000121X|5 H8 E2
ニデック

菊水化学工業
澤田(18)、石原(16)−小塚
ニデック
松橋(17)、春田(16)、早矢仕(18)−籾山

投手成績
菊水化学工業
澤田 7回 112球 被安打7 四死球2 三振4 失点4(自責点2)
石原 1回 21球 被安打1 四球1 三振1 失点1

ニデック
松橋 7回 80球 被安打5 死球1 三振1 失点1
春田 1回 21球 被安打1 四球0 三振1 失点0
早矢仕 1回 14球 被安打2 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
菊水化学工業
6江川(6) 7田中(9) 8冨依(1) 2小塚(10) 3柳沼(4) D濱田(5)→H渡邉(7) 9伊藤(0) 4菱田(26) 5高木(3)
ニデック
8竹内(7) 9泉(2) 4加藤(5)→5 5土井(25)→4山下(22) 7杉本(12) 2籾山(24) 3水谷(23) 6越智(10) D房野(6)

(試合経過)
1回裏、2死3塁から4番土井のタイムリー。ニデックが先制。1−0
6回表、先頭の2番田中がソロホームラン。1−1の同点。
6回裏、無死2塁から2番泉がタイムリー。ニデックが勝ち越し。2−1
7回裏、2死1,3塁から2番泉が右中間を破る2点タイムリー2ベース。4−1
8回裏、ピッチャー交代、石原。1死1塁から6番籾山がタイムリー2ベース。5−1
ニデックが快勝。

総評

ニデックが終盤突き放して快勝。
1回裏に4番に座るルーキーの土井選手がタイムリーを放ち先制。6回表にホームランで追いつかれるも、すぐさま先頭の1番竹内選手が2ベース。ここでバントかと思いきや、2番の泉選手に打たせてこれがライト前に落ちるタイムリー。積極策が功を制し、8回にはエラーで広がったチャンスでまたも泉選手が2点タイムリーを放ち、試合を決めました。
投げては松橋投手がサイドから120km中盤のまっすぐとスライダーでテンポよく打たせてとり7回を1失点と好投。春田投手、早矢仕投手とつないで抑えきりました。
菊水化学工業は澤田投手が初回に1点を失った後は粘って抑えるも、打線がなかなか機能せず。6回表にルーキーの田中選手の一発の1点に留まりました。その後、澤田投手が捕まり敗戦。これで2敗1分と序盤につまずく形になってしまいました。

ピックアップ選手等はこちら

東郷製作所−三京アムコ 観戦記(愛知県軟式野球新春選抜リーグ戦2024)

1月11日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第2試合、東郷製作所―三京アムコの観戦記です。
三京アムコは新春選抜リーグ戦初出場。初戦は引き分けでしたので初勝利を目指しての試合となりました。

東郷製作所
010102000|4 H5 E0
010000000|1 H3 E0
三京アムコ

東郷製作所
久保田(11)―池上
三京アムコ
松原(13)、横井(20)、山本(19)―小柳津

投手成績
東郷製作所
久保田 9回 112球 被安打3 四球1 三振2 失点1

三京アムコ
松原 3回 66球 被安打1 四死球3 三振3 失点1
横井 3回 51球 被安打3 四球2 三振3 失点3
山本 3回 34球 被安打1 四球0 三振2 失点0

出場選手
東郷製作所
6飯田(5) 8近藤生(7) 3牧山(22) 7手崎(10) 5野瀬(9) 1久保田(11) 4小代田(3) 9村田(24) 2池上(20)

三京アムコ
7後藤(23) 4牛島(1) 3藤澤(7) D藤江(9) 5吉野(6) 9鶴田(8) 2小柳津(22) 8松山(3) 6平戸(10)

試合経過
2回表、2死1、2塁から8番村田がタイムリー。東郷製作所が先制。1―0
2回裏、1死3塁から6番鶴田が犠牲フライ。1―1
4回表、ピッチャー交代、横井。1死3塁からワイルドピッチで1点。東郷製作所が勝ち越し。2―1
6回表、2死3塁から7番小代田が2ランホームラン。4―1
7回表、ピッチャー交代、山本。
東郷製作所が勝ちました。

総評

東郷製作所が投打でかみ合って快勝。エースの二刀流、久保田投手が丁寧な投球で三京アムコ打線を犠牲フライの1点に抑え、打撃でも3点に絡む活躍。6回表には7番の小代田選手に2ランホームランが飛び出し、三京アムコを突き放して勝利をおさめました。
今年からリーグ戦に加わった三京アムコに、簡単に勝たせないよ、という意地を感じた試合。開幕戦の小林クリエイトをうっちゃった試合もこれで活きてきますね。
三京アムコはルーキーの松原投手が、マイガンで143kmをマーク。軟式でこの時期としては破格のスピードを見せました。
ただ、ややコントロールがばらつき、球数を多く投げさせられました。こういう経験を今後に活かしてほしいところ。
打線も藤江選手が3安打と孤軍奮闘状態。打線の奮起を期待したいですね。

ピックアップ選手等はこちら

イスコジャパン−フタバ産業 観戦記(愛知県軟式野球新春選抜リーグ戦2024)

1月11日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第1試合、イスコジャパン―フタバ産業の観戦記です。
混戦からどこが抜け出すか、注目して観戦しました。
2024年初観戦です。

イスコジャパン
0000000|0 H1 E3
1100005|7 H7 E0
フタバ産業
(7回コールド)

イスコジャパン
平井(11)、木戸(18)、山田(19)―長嶋
フタバ産業
安冨(18)―尾西

投手成績
イスコジャパン
平井 5回 81球 被安打4 四球2 三振1 失点2
木戸 1回1/3 45球 被安打3 四死球4 三振0 失点4
山田 1/3 13球 被安打1 四球1 三振1 失点1

フタバ産業
安冨 7回 82球 被安打1 四球2 三振5 失点0

出場選手
イスコジャパン
8新垣(4) 4平(6) 7山崎(9) 3小川(5) 2長嶋(22) 9吉田悠(3) D吉田純(12) 5尾野(2) 6徳浪(8)

フタバ産業
8戸松(9) 6山下(6) 4豊田(10) 3早田(5)→7 2尾西(24) 5服部(1) 9渡邊(8) D杉山(4)→H小見山(39) 7中西(7)→H小杉(32)→3

(試合経過)
1回裏、先頭の戸松がソロホームラン。フタバ産業が先制。1―0
2回裏、2死2塁から8番杉山がタイムリー2ベース。2―0
6回裏、ピッチャー交代、木戸。
7回裏、1死2塁から4番早田が2ランホームラン。更に1死2、3塁でピッチャー交代、山田。2死満塁から9番小杉が走者一掃の3点タイムリー2ベース。これでコールド成立となりフタバ産業が勝ちました。

短評

1勝1敗同士で迎えた一戦。フタバ産業は戸松選手の先頭打者ホームランで先制。2回裏にはルーキーの杉山選手のタイムリー2ベースでリードを広げ、主導権を握る。ただ、3回裏に相手のエラー2つでもらったチャンスを5番6番で取れずに試合は膠着状態へ。
ただ、この状況で、フタバ産業の先発、安冨投手は奮投。1安打で7回まで0を並べる好投で、再び流れを引き寄せると、7回裏に早田選手の2ランホームランで突き放し、さらに、木戸投手、山田投手を攻めて、最後は途中出場のベテラン、小杉選手の走者一掃の3点タイムリー2ベースでコールドまで持っていきました。
投打がかみ合って、フタバ産業は開幕黒星から2連勝。地力を発揮しつつあります。
イスコジャパンは長嶋選手のヒット1本では厳しい。初戦の勝利から連敗。ここでズルズルいきたくないですね。

ピックアップ選手等はこちら


愛知県軟式野球 新春選抜リーグ戦展望

本日からスタートした愛知県軟式野球の新春選抜リーグの展望を愛知野球通信plusにて公開しております。

今年は例年以上に混戦になりそう。

開幕日は波乱が多かったようですし。

明日は見に行く予定です。

2024年愛知県軟式野球 新春選抜リーグ日程発表

DSC_0001_1

2024年愛知県軟式野球 新春選抜リーグ日程発表がありました。

2023年の大会で最下位だった近藤産興が外れ、様々な大会で躍進が続いた三京アムコが初のリーグ戦参戦が決定。
新しく新人も多く入るようで、三京アムコがどんな戦いを見せるかすごく楽しみです。

2024年も熱田愛知時計120スタジアムで開催。前年はホームランがたくさんでて、1試合1本くらいの割合で出ていました。
やはりホームランは野球の花形。それで試合も動きますし、見ている方も楽しくなりますよね。

2024年の軟式社会人を占う上でも大事な大会。普段注目がなかなかされない軟式の選手やチームにとっても貴重な舞台になります。
寒いので大変ですが、怪我に気を付けつつ、いいプレーがたくさん見たいですね。



Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
12日
社会人オープン戦
13日
選手権愛知大会
豊田球場
14日
選手権愛知大会
小牧球場
15日
選手権愛知大会
熱田愛知時計120スタジアム
19日
選手権三重大会
20日
選手権愛知大会
21日
選手権愛知大会
22日
選手権愛知大会
Recent Comments
  • ライブドアブログ