コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

一口馬主

一口馬主の状況(4月26日現在)

一口馬主の現状です。前回から2か月ほど経っています。

レッドプロフェシー 4歳牡馬 10戦3勝 大久保龍志厩舎(栗東)

3月10日 阪神10R オークランドTRT D2000m 8着 (3番人気) 坂井瑠星騎手
4月13日 中山10R 下総S D1800m 4着 (7番人気) 津村明秀騎手

正直3月10日の阪神D2000mは狙い撃ちのレースだったので、最低でも勝ち負けと思っていたのでちょっとショックな負け方でした。
ただ、ズブさは相変わらずなので、前にいって粘りこまないと駄目というのが改めてよくわかったレース。
次の中山のレースは津村騎手がまさにそういうレースをして、見せ場を作っての4着でした。距離があれば、というコメント。
やっぱり芝を試してほしいのですが・・・。
ここに来て足がもやもやしているそうで、そこも心配です。
かなり間が空くことになりそう。

レッドプリエール 3歳牝馬 2戦0勝 松永幹夫厩舎(栗東)
3月17日 阪神1R 未勝利戦 D1800m 9着 (7番人気) 田口貫太騎手

ダートの活路を見出そうとしましたが、全く動かず。そもそも、馬体は痩せていて無理やり出した感じ。非力と言っている中でダートが合うわけもなく・・・。
調教師にやる気が感じられない。
その後チャンピオンヒルズに放牧。そこで立て直しがはかられていますが、ようやく馬体が回復しつつあるようで、動きも良化している模様。
どちらにしても今2歳がいるのですが、この厩舎にはもう二度と預けたくないですね。

ルージュサンセール 2歳牝馬 松永幹夫厩舎(栗東)
ルージュミステリオ 2歳牝馬 辻野泰之厩舎(栗東)

2歳は順調そうです。
辻野厩舎のルージュミステリオはもしかしたらデビューが早くできるかもしれません。

この時期は分からないので、期待はせずに、待ちたいと思います。

ルージュプリエールがデビュー+一口馬主の状況(2月25日現在)

2月25日の小倉2R、3歳未勝利戦にて出資馬のルージュプリエールがデビューしました。

結果は12着。

1着の馬から2.5秒離されました。

牧場にいるころから馬体維持に苦労しているのは更新を見ていてわかっていたのですが、入厩してからも改善することもなく馬体維持に四苦八苦。
結局出走した際は408圓任僚仭となりました。

レースを見ていて、向こう正面で少し前に行こうという意識は見えましたし、ジョッキーも馬が競馬を嫌いにならないように気を使いながら、レースを覚えさせようと乗っている印象でした。
気性は悪くなさそうで、体力がついてくれば変わってくるかも、とも思いますが・・・。
時間はそんなにないんですよね(苦笑)。
続戦するようなコメントもありましたが、何にしても馬体を戻さないと厳しそう。
勝ち上がりにあまり多くを望まないくらいに応援していこうと思います。

レッドプリエール 3歳牝馬 1戦0勝 松永幹夫厩舎(栗東)
2月25日 小倉2R 未勝利戦 1800m 12着 (11番人気) 菱田騎手

4歳のレッドプロフェシーは1月27日に準オープンのレースに出走。追走に苦労しながら最後食らいついて3着に入りました。
次走は3月10日に阪神D2000mを予定。勝っている条件ですし、最も合う条件なので、かなり期待しています。
何とか勝ってオープン入りを決めてほしいです。

レッドプロフェシー 4歳牡馬 8戦3勝 大久保龍志厩舎(栗東)
1月27日 京都11R 舞鶴S D1900m 3着 (3番人気) 坂井瑠星騎手

次も坂井騎手が乗ってくれるのでかなり楽しみです。

2歳は2頭出走。
名前も決まりました。

ルージュサンセール 2歳牝馬 松永幹夫厩舎(栗東)
ルージュミステリオ 2歳牝馬 辻野泰之厩舎(栗東)

順調に、新馬戦期間でデビューできるように頑張ってほしいです。

ルージュミシェル引退+一口馬主の状況(12月15日現在)

12月14日に園田競馬場で地方での2戦目に挑んだルージュミシェルでしたが、結果は7着。

この結果、クラブから引退が発表されました・・・。

DSC_3609_1

基本的に中央で未勝利に勝てなかった馬は、3歳のうちに地方で2勝をすれば中央に戻れる(4歳以降は3勝)というルールを目指して継続します。それが無理となった時点で、クラブ(東京サラブレッドクラブ)は判断するわけでして・・・。
レースを見ていて、引退かな、という感じはしました。

思い返せば、中央で初めて2着になった次のレースで永島まなみ騎手が乗れなかったこと、そして最大のチャンスだった函館で勝ち切れなかったのが終わってみれば大きかったですね。
そして北海道で連戦をしたせいでダメージが抜けきれず、最後まで立て直せなかった・・・。
勝つには運も大事と思い知りましたね。それでも2着2回、楽しませてもらいました。繁殖になれればいいですが・・・。

ルージュミシェル 3歳牝馬 12戦0勝 森澤友貴厩舎(園田)
12月14日 園田7R C2一 D1400m 7着 (6番人気) 川原騎手

◇他の馬について

レッドプロフェシー 3歳牡馬 7戦3勝 大久保龍志厩舎(栗東)

前走敗戦後は放牧に。1月27日の京都D1900mを目指して調整されています。

ルージュプリエール 2歳牝馬 0戦0勝 松永幹夫厩舎(栗東)

チャンピオンヒルズで一生懸命強化トレーニング中。ようやくゲート試験に向けての入厩がありそう。
デビューは新馬の期間に何とか出来れば、という感じかな・・・。
あまり期待をしすぎず、のんびりと待ちたいです。


ルージュミシェルの応援に園田競馬場に行ってきた。

一口馬主の出資馬、ルージュミシェルは中央で2着が2回あったものの未勝利を脱出できず。3歳の間に2勝、もしくは4歳以上で3勝すれば中央復帰できるというルールにのっとって、中央復帰を目指して園田競馬の森澤厩舎に移籍をしました。
中央の北海道で連戦を戦ったダメージが予想以上に大きかったようで、馬体を戻すのに時間がかかったそうで、ようやく11月に森澤厩舎に入厩。10日ほどで出走体制を整え、11月28日に地方初出走を迎えました。

DSC_3607_1

まだ一度もルージュミシェルは現地で見たことがなかったので、この機会に、ということで園田競馬場まで遠征してきました。

DSC_0170_1

園田競馬場は阪急園田駅から無料バスが出ていて10分くらい。

アクセスはかなりいいですね。

空港が近いので飛行機が近くに見えるロケーションもなかなか新鮮でした。

お店が多くあり、昔からある地方競馬場という感じ。昔の土古の名古屋競馬場の雰囲気を思い出しました。
割と入場料の100円だけでいれる場所が多く、居心地は悪くない。
お客さんはそんなに多くなかったですが、今の地方競馬は現地よりもネット販売が多いですから。こんなものなんでしょうね。

DSC_0168_1

馬場が北向きにあるので、席に日が当たらないのでこの時期は寒さがしんどい。ただ、暑い時期はこの方がいいでしょうし、これは難しいところ。

DSC_0171_1

馬券はルージュミシェルの応援馬券以外はプラス。いい感じで出走レースを迎えます。

パドックもお客さんは少なめ。他にも同じルージュミシェル応援、という方もいらっしゃいました。

馬体重が減っていてちょっと心配しましたが、馬体は見た感じそんなに悪くはない。細くは見えない。落ち着いて歩いていますし、これなら、と思いました。

DSC_3590_1

ただ、2番の同じ中央から移籍初出走のフィッシュボンドが素人目でもかなり馬体が良くて、これは厳しい相手かな、とは正直思いました。

DSC_3610_1
そしてレースは・・・。

スタートはかなり良かった。

DSC_3614_1

そこから3,4番手追走。ここまではOK。ただ、3角当たりからあまり手ごたえが良くない印象もありましたが、4角では5番手くらいに交代。直線もはじけず結果は6着でした。

DSC_3625_1

この馬は好走するときは前に番手につけて、4角先頭から流れ込む、なんですよね。思い切って逃げてもいいタイプかな、と思います。末脚が鋭いタイプではないので、それを活かす騎乗を期待したいですね。

まだ可能性は消えたわけではないです。調教師さんは調教で追い込まなかったことを反省点に上げていました。何にしても年内はあと2戦でしょうし、次が大事。上手く次に臨んでほしいですね。

フィッシュボンドはかなり強かった。

DSC_3626_1

ルージュミシェル 3歳牝馬 11戦0勝 森澤友貴厩舎(園田)
11月28日 園田10R C2一 D1400m 6着 (3番人気) 川原騎手

どうやら現地観戦は相性悪いみたいで・・・。
しばらくは自重します(苦笑)。

この日の写真アルバムはこちら


レッドプロフェシーの応援に行ってきた。

11月11日は大阪から京都に転戦。
野球ではなく京都競馬場に行ってきました。

愛馬のレッドプロフェシーの応援。

DSC_0491_1

現地で一口の愛馬を応援するのはレッドルピナス、レットヴィエントが同じ日に中京で走って以来。レッドプロフェシーは初めての観戦でした。
直前まで1番人気を争っての2番人気。正直勝ち負けできると思っていたので、結果(9着)はショックで・・・。
こればかりは仕方ないんですけどね。ここまで順調に来ていたので、こういうことがあるのは重々承知なのですが。。。

でも現地で応援できたことは良かった。パドックもかわいくて(笑)。

DSC_0468_1DSC_0474_1

レースでも相変わらずのズブさを見せていましたが、それもまたこの馬らしく。

DSC_0499_1

騎手の腕が問われる馬だと思いますが、しっかりと特徴を掴んで乗ってくれる方とまた組んで、いいレースを見せてほしいですね。
そして、芝を一回試してほしいです。

レッドプロフェシー 3歳牡馬 7戦3勝 大久保龍志厩舎(栗東)
11月11日 京都10R 観月橋S D1900m 9着 (2番人気) マーカンド騎手

また愛馬の応援には行きたいですね。

今度はルージュミシェルかな・・・。

熊沢騎手の引退式が行われる日ということで、京都ジャンプステークスの誘導馬に乗られていました。
最後の雄姿を見れて良かったです。
DSC_0412_1

メインのデイリー杯はジャンタルマンタルが快勝していました。
現地で見れた馬ですし、今後も頑張ってほしいですね。

DSC_0509_1

一口馬主の状況(10月13日現在)

レッドプロフェシー 3歳牡馬 6戦3勝 大久保龍志厩舎(栗東)

8月6日 新潟9R 苗場特別D1800m 5着(2番人気)岩田康誠騎手
9月16日 中山9R 松戸特別D2400m 1着 (1番人気) モレイラ騎手

8月6日にレパードSを登録していましたが、抽選で除外。その日の自己条件に回ることになり、道中流れにのれず大敗かと思いましたが、しぶとく最後伸びて掲示板確保。これなら、というところで、9月16日に中山D2400mにモレイラ騎手で出走。1番人気に応え勝利を収めました。
これで準オープン入り。ここまで勝ち上がった馬はもちろん初。まだまだやれそうですし、個人的には芝の長距離(菊花賞)を試してほしかったですが・・・。
11月11日(土)の京都D1900mに出走予定。現地に行こうかと計画中です。

ルージュミシェル 3歳牝馬 10戦0勝 平田厩舎(栗東)→森澤友貴厩舎(園田)

7月2日 函館2R D1700m 6着(5番人気)北村友一騎手
7月15日 函館4R D1700m 2着(7番人気)北村友一騎手
8月5日 札幌4R D1700m 6着(5番人気)北村友一騎手
9月3日 札幌4R 1200m 14着(9番人気)富田暁騎手

最大のチャンスは7月15日の函館、2着のレース。着差は0.2秒差。勝負所で北村騎手が突っ込んでいれば勝てていた気がします。一瞬躊躇したように見えたので・・・。
最後は芝を試したがスピードについていけず。せめて中距離でやってほしかった。
結局未勝利脱出ならずでどうなるかと思いましたが現役続行に。園田 森澤友貴厩舎への移籍となりました。現在馬体の回復に努めている状況。そろそろ入厩させて年内の2勝を目指すと思いますが・・・。
とりあえず復帰がかなっても、厩舎は変わってほしいなぁ。

ルージュプリエール 2歳牝馬 0戦0勝 松永幹夫厩舎(栗東)

ようやく北海道からチャンピオンヒルズに移動。チャンピオンヒルズはレッドプロフェシーをしっかりと鍛えてくれたところなので期待ですね。
悪いコメントはないですし、早めにゲート試験を受けることになりそう。

1歳馬の名前。
ジョリージョコンドの2022(牝)→ルージュサンセール(松永厩舎)
カーサデルシエロの2022(牝)→ルージュミステリオ(辻野厩舎)

大きく育ってほしいですね。

一口馬主の状況(6月30日現在)

レッドプロフェシー 3歳牡馬 4戦2勝 大久保龍志厩舎(栗東)

次走は8月6日新潟の3歳ダート重賞、レパードSと発表されました。
初めて重賞出走になりそう。楽しみで仕方ないです。何とか出られるとうれしい。そして好走してくれたらめちゃめちゃうれしい。

ルージュミシェル 3歳牝馬 6戦0勝 平田厩舎(栗東)

6月18日 函館1R D1700m 4着(9番人気)北村友一騎手

人気は無かったですが、正直チャンスがあると思っていたので、4着というのは喜んでいいのかどうか分からなかったです。ただ、レースは悪くなかったですし、着差は0.3秒差。
次走は7月2日の同じ函館D1700m戦に出走。前走の先着馬が2頭出ているのですが、乗り方次第ではチャンスありそうですし、北村騎手に期待。

ルージュプリエール 2歳牝馬 0戦0勝 松永幹夫厩舎(栗東)

早くデビューのデの字くらいは、何か動きが欲しいです。

1歳馬は2頭出資が決まりました。
ジョリージョコンドの2022(牝)
カーサデルシエロの2022(牝)

プロフェシーの勢いで2頭出資してしまいました。
順調に行ってほしいですね。

レッドプロフェシー2勝目!

レッドプロフェシー 3歳牡馬 4戦2勝 大久保龍志厩舎(栗東)

5月13日 東京7R D2100m 12着(3番人気)戸崎圭太騎手
6月11日 阪神7R D2000m 1着(2番人気)坂井瑠星騎手

東京のレースは惨敗。左回りが合わなかったというのが一番高い可能性ですが・・・。とりあえず2度と戸崎騎手には乗ってほしくないです。あまりにもひどかった。
そして阪神に戻しての1勝クラス2戦目、外枠というのも良かったと思いますが、スタートでつまずくもすぐに立て直して2番手へ付けて道中進み、4角で先頭に立って直線で突き放すという横綱?相撲で完勝。夢が広がる2勝目となりました。
勝ちタイムもかなり優秀ですし、この先も楽しみです。

ルージュミシェル 3歳牝馬 4戦0勝 平田厩舎(栗東)

5月13日 新潟4R D1800m 8着(5番人気)川端海翼騎手

やはり騎手って大事なんだな、と感じるレースでした。川端騎手はこれまであまり勝てていない騎手。そんなに素人が見て変な騎乗だったか、と言われるとそこまでではない気はするのですが・・・。
前回、永島まなみ騎手が上手く乗ってくれて2着に残してくれた、というのが良く分かりました。
次は来週の日曜日に函館で未勝利戦に出走。鞍上は北村友一騎手。大怪我から復帰後はまずまずという成績ですが、元々は上手い騎手なので期待したいですね。

ルージュプリエール 2歳牝馬 0戦0勝 松永幹夫厩舎(栗東)

松永幹夫厩舎なのでどうなるか。と思っていましたが、まだデビューのデの字も出てこない状況。時間がかかりそうですね・・・。

一口馬主の状況(4月28日現在)

ルージュミシェル 3歳牝馬 4戦0勝 平田厩舎(栗東)

4月16日 福島6R D1700m 2着(8番人気)永島まなみ騎手

初ダートで可能性を示してほしいと思っていましたが、予想以上の好走を見せて2着。50圓能仭できる永島騎手の軽量も活かした印象です。
元々前目には付けられる起用さは持っている馬。ずっと勝ち馬の2番手を付けて、4角では勝負を仕掛けましたが相手の強さに突き放されて、結果は7馬身差を付けられましたが、それでも後続の反撃は完封して2着確保。上出来といっていい結果を出してくれました。
目途がたって続戦するとのことで、次は新潟のD1800m。牝馬限定戦ですし、鞍上は同じ永島騎手。何とか勝ってほしいです。

レッドプロフェシー 3歳牡馬 2戦1勝 大久保龍志厩舎(栗東)

3月4日に勝ってから一息入れて、次は5月13日の東京D2100mと早めに発表されました。
初の左回りでどうか、昇級戦でどうかというのはありますが、状態は良さそうなんですよね。条件も距離は伸びた方が良さそうな馬ですし。鞍上は戸崎騎手と発表。府中はお手の物の方ですし、何より追えるジョッキー。期待したいです。

ルージュプリエール 2歳牝馬 0戦0勝 松永幹夫厩舎(栗東)

まだまだ分からない感じですが、いい調教は積んでいる様子。早めのデビューを期待したいところですが・・・。松永幹夫厩舎なのでどうなるか。^^;

レッドプロフェシー初勝利

レッドプロフェシー 3歳牡馬 2戦1勝 大久保龍志厩舎(栗東)

3月4日 阪神2R D2000m 1着(1番人気)鮫島克駿騎手

2戦目に未勝利脱出。自分にとっては一口馬主で2勝目となりました。
1戦目に可能性を見せてくれて、8馬身離されたものの2着。鮫島騎手が距離延長を提言してくれて、D2000mに出走。そして1番人気に支持。レース前には人気よりも1着が欲しいなんて、どこかで聞いたことがあるセリフを言うくらい、期待していました。

レースはラジコで聞いていて、1着になった瞬間は思わずガッツポーズ。いやーうれしかったです。

改めてレースを見ると、スタートやや出遅れて、そこから先行集団にとりつく。2番手につけていましたが、向こう正面から騎手が仕掛け始めてそこから追いどおし。4角で先頭を伺い、ただかなり追いどおしだったので止まるかと思いましたが、そこからも止まらず、しっかりと逃げ馬を捉えて勝利。
騎手さんはこんなにズブい馬、ここ1カ月で一番です、なんて言葉もあったそうですが・・・。鮫島騎手には感謝ですね。手の内を入れてくれてありがとうという思いでいっぱいです。ファンになりました。

一端一息入れて、次を考えるようです。騎手さんからはまだダートのがいいという話があったようですし、同じ条件とかを探していくことになりそう。同じ条件の4歳1勝クラスのタイムより良かったようですし。
ズブさはありますが、スタミナはかなりありそう。距離延長にも対応出来そうですし、芝でもいつか見てみたい。夢は膨らみますね。

一口馬主の状況(2月12日現在)

レッドプロフェシー 3歳牡馬 1戦0勝 大久保龍志厩舎(栗東)

2月12日 阪神4R D1800m 2着(5番人気)鮫島克駿騎手

2月12日に阪神のD1800m新馬戦でついにデビュー。
正直どれだけ期待していいかもつかめない感じだったのですが、スタートはそこそこ。なかなかスピードに乗らない感じだったのですが、向こう正面からおっつけ通しで巻くっていって、4角では先頭にとりついたものの、さすがに厳しくないかと思っていたのですが、勝ち馬には8馬身差と離されたものの、そこから踏ん張って2着を確保。かなりのタフさを見せました。
ズブさがかなりあったのジョッキーも言っていて、その辺りがどう出るか分かりませんが、可能性は見せてくれた印象です。
未勝利でどのくらい走れるか分かりませんが、期待して次も見たいと思います。
ルーラーシップ産駒ですし、距離が伸びた方が走りそう。血統的にも晩成だと思いますし、ここからの成長にも期待したいです。

ルージュミシェル 3歳牝馬 2戦0勝 平田厩舎(栗東)

2月11日 阪神5R 1600m 17着(9番人気)荻野極騎手

スタートで後手を踏んで、それでも前目につけて4角では先頭をうかがうもそれまでに脚を使ってしまって直線は止まり、最下位(1頭は競争中止)でした。
割と騎手のいうことは聞いていますし、勝ちにいっての最下位なので仕方ない面もあるかと思いますが、ちょっと厳しくなった印象です。
次はダートも模索するようですが・・・。また間隔をあけるようです。
何とか・・・可能性を見せてほしいです。

2日間で天国と地獄を味わった印象。それでもレッドプロフェシーの好走があってよかったです。
何とか次も勝ち負けしてほしいですね。

レッドルピナス引退

一口で持っていたレッドルピナス号

年末に2勝クラスで6着に入り見せ場は作りました。
ただ、年齢が明け6歳になるということと、適鞍(新潟芝1400m)が当分ないということで、引退という判断に。繁殖に上がれるとのことです。

レッドルピナス 21戦3勝(うち地方で2勝) 辻野厩舎(栗東)獲得賞金 1807万

DSC_5390_1

元々の価格が5000万。一口12.5万円。その価格を考えれば満足いく結果とは言い難いのですが、それでも中央での1勝を実現してくれて、3歳から5歳末まで故障なくコンスタントに走ってくれた。そう考えればとてもかわいい馬だったな、と思います。
繁殖牝馬になれるということで、子供ももしチャンスがあったら一口持ちたいかも、と思っています。

戦績(netkeiba)を振り返ると、1200mにこだわって出走していた時期がもったいなかったな、と思いますが・・・。最初に新馬戦で1600mで3着に入ったわけですし、マイル以上も試してほしかったです。
2勝クラスであと一走くらい見たかったですが・・・。

なんにしても3年以上、楽しませてもらいました。お疲れさまでした。

一口馬主の状況(12月2日現在)

久々に更新します。前回は6月でした。

レッドルピナス 5歳牝馬 20戦3勝 辻野厩舎(栗東)

7月24日 札幌12R 1500m 4着(5番人気)吉田隼人騎手
10月30日 新潟12R 1400m 1着(14番人気)荻野極騎手

ついに、というか初めて自分に中央での勝利ということを味わせてくれました!
それが単勝万馬券。14番人気での一着というミラクル。
そしてそれを買っていないという自分の凡庸さも併せて勉強させてもらいました。
いまだに悔しい(笑)。
年内にもう1走する予定とのこと。クラスが上がってどうかもあるし、年齢的にも引退は近いと思うので、一戦必勝で頑張ってほしいです。

レッドカロス 3歳牡馬 4戦0勝(引退)奥村厩舎(美穂)

6月25日 東京3R D1600m 12着(15番人気)原雄介騎手

このレースでも見せ場すら作れず。結局そのまま引退となりました・・・。
レッドルピナスの下で、入厩前は結構期待したのですが・・・。こういうこともある、という勉強に。

レッドベスティア 3歳牡馬 9戦0勝(引退) 昆厩舎(栗東)

6月25日 函館3R 1200m 7着(3番人気)横山和生騎手
9月4日 札幌4R 1200m 9着(7番人気)古川吉洋騎手

結局新馬戦の3着が最先着。次戦で崩れると短い距離ばかりに使って段々見せ場すらなくなっていきました。
最初末脚に見せ場があったし、どうして距離を短縮したのか。厩舎に見る目が無かったように感じてならない結果になってしまいました・・・。
ある程度テンに置かれなくて、末を活かせるレースを使ってみてほしかったです。

レッドプロフェシー 2歳牡馬 大久保龍志厩舎(栗東)

一度ゲート試験は合格。その後骨瘤があってペースダウン。再度立ち上げ中。

ルージュミシェル 2歳牝馬 2戦0勝 平田厩舎(栗東)

10月15日 新潟4R 1600m 4着(8番人気)荻野極騎手
11月13日 阪神4R 1600m 8着(6番人気) ルメール騎手

新馬戦は見せ場たっぷりの4着。テンが早く前につけられるところが強み。
追ってからが案外でしたが、荻野騎手は好評価でしたし、すぐにでも勝ち上がれるかも、と期待したのですが・・・。
次のレースが残念。ルメール騎手で期待したのですが・・・。好スタートしたのになぜか抑えて、しまいに掛けたとのことでしたが不発。馬場も悪かったのが影響したようですけど、そもそもが下手乗りだった気がします。
これで先行するべきというのは見えたと思うので、次の騎手に期待したいですね。

とにかく1つ勝てたことがうれしい。これでもうやめてもいいかな、とも思いますが。(笑)
残る2歳、レッドプロフェシーも早めのデビューを期待したいですね。

一口馬主の状況(6月23日現在)

レッドカロス 3歳牡馬 3戦0勝

5月21日 東京2R D1300m 10着(11番人気)永野猛蔵騎手
特に見せ場もなく敗れ、これで未勝利戦2アウト。次、着外だとそのまま抹消ということになりそうです。
そのレースが今週やってきます。どうなるか。距離延長で見せ場ができるといいのですが・・・。

レッドベスティア 3歳牡馬 7戦0勝

6月12日 函館1R 1200m 4着(5番人気)横山和生騎手
狙いすましての函館開催で、後方からのレースになりましたが上がり最速で4着に食い込む。少し可能性が見えた一戦となりました。
何とか1勝をしてほしいです。洋芝はあうようですし。もう少し距離があってもいい気はするんですが。

レッドルピナス 5歳牝馬 16戦2勝

5月15日 新潟12R 1400m 4着(9番人気)荻野極騎手
6月4日 中京8R 1400m 10着(15番人気)荻野極騎手

5月15日の新潟で久々に入着。距離延長がプラスになりました。正直マイル〜1800くらいも試してほしいのですが・・・。
次のレースでは10着。力は出しているようにも思いますが、頭打ちの感じも出ています。
夏開催でもう一花咲かせてほしいのですが・・・。

2歳馬についても少し。

レッドプロフェシー 2歳牡馬 栗東 大久保龍志 厩舎

現在育成牧場で調教中。そろそろ入厩間近か。

ルージュミシェル 2歳牝馬 栗東 平田修 厩舎

こちらも育成の牧場に入厩。デビューが近づいてきている感じです。

とりあえず2歳の2頭は順調に来ている感じ。無事に、早めにデビューを期待です。


一口馬主の状況(4月22日現在)

レッドカロス 3歳牡馬 2戦0勝

4月2日 中山6R D1800m 13着(10番人気)原優介騎手
2戦目はダートに矛先を向けるも後方のまま。せめて最初だけでも前に行ければ可能性は見いだせるのですが、現状では厳しい結果に・・・。
よっぽどの変わり身がないと勝利は厳しいという現実が見えてしまいました。
今後はブリンカー、ダートの短いところを試すようです。

レッドベスティア 3歳牡馬 6戦0勝

2月27日の5戦目で5着に入るも、3月19日の中京での出走で9着と大敗。騎手の話では見どころもあったようですが、節を稼ぐ意味もあってしばらく間隔をあけるとのこと。
6月の函館開催を目指すようです。なんとか1勝を上げてほしいと思いますが・・・。

レッドルピナス 5歳牝馬 16戦2勝

一度登録したものの除外。結局適鞍が無いのと、出るのが難しいということでもう一度放牧に。
5月1日の新潟で出走予定のようです。何とか見せ場を作ってほしいものです。

しかし、一つ勝つのがこんなに大変だとは思いませんでした。
2歳は2頭いますが、いまのところ順調のよう。何とか早いデビューを期待したいですね。

中京競馬場で愛馬応援。

3月19日に中京競馬場に出走したレッドベスティアを応援に行ってきました。

4R、芝1200mに出走。
結果は9着。

スタートは悪くなかったと思いますが、出たなりに5番手くらい。そこから4コーナーを回ってきましたが、直線では伸びず、見せ場らしい見せ場が無くずるずる。

DSC_3367_1DSC_3371_1

正直次戦以降に望みが薄くなる感じでちょっと落ち込みました。

レース後の談話は思ったよりは横山典さんの評価は悪くなかったようですが・・・。

パドックの写真を撮ったのですが、すごく厩務員さんにもたれながら歩いていて、もしかしてブリンカーでほかの馬が見えなくて怖いのでは、と感じてしまいました。

DSC_3317_1DSC_3322_1
この後、しばらく間を開けて、夏競馬に賭けるそうです。その間に成長してほしいですが・・・。

1勝を見れる日はいつの日か。中央で勝つ難しさを実感する毎日です。

一口馬主の状況(2月6日現在)

レッドカロス 3歳牡馬 1戦0勝
1月16日 中山6R 1600m 15着(7番人気)岩田康騎手

期待の新馬デビュー戦でしたが、スピードについていけない感じで失速。最後は騎手も流した感じで15着とブービーでした。
そこから放牧に入ってもう一度作り直している感じ。一頓挫あってから結構急なデビューだったので、中身が伴ってなかった、と思いたいですが、次に変わり身がないと、厳しい馬生になりそう。

レッドベスティア 3歳牡馬 4戦0勝
2月5日 小倉3R D1000m 12着(5番人気)横山和騎手

明らかに距離が向かない競馬となっていました。スタートして騎手は追うもスピードに乗れず後方から。直線も手ごたえ無く失速。
ダート、短距離に向かないのは明らかでした。これを調教師が理解したことが唯一の収穫。
後方から足を溜めて伸ばす、新馬戦のような競馬が理想のような感じ。マイル以上の距離で期待したいですね。

レッドルピナス 5歳牝馬 16戦2勝
2月5日 小倉12R 1200m 9着(15番人気)泉谷騎手

1着と0.6差。そんなに負けてない。ただ、勝ち筋が見えないのも事実。
1200mが適距離とあまり思えないのですが、そこにこだわる調教師。一度、1600mから2000mくらいを試してほしいと思うのです。
このまま1200mを使っても、勝ち切れるとあまり思えないので、新味を出してほしいと感じます。
体質は強くなってきた感じ。ただ、年齢的にもそろそろ引退も見えてきますよね・・・。

一口馬主の現状

これまで7頭権利を取得して走らせています。
その現状をまとめておきます。

自分が出資に参加しているのは東京サラブレットクラブ(通称東サラ)です。
レッド、ルージュの冠名で走っているところですね。

これまでの出資馬と戦績
5歳
レッドルピナス 牝 15戦2勝(地方3戦2勝) 父ディープインパクト
レッドシンシア 牝 5戦0勝 引退 父リアルインパクト
4歳
レッドヴィエント 牡 4戦0勝 引退 父モーリス
3歳
レッドカロス 牡 0戦0勝 父イスラボニータ
レッドベスティア 牡 3戦0勝 父ダイワメジャー
2歳
トリニティプレイスの2020 牡 父ルーラーシップ
レッドオリヴィアの2020 牝 父リオンディーズ

現役は現在3頭。ルピナス、カロス、ベスティア

まだ中央では勝ったことがありません。
最高で3着かな・・・。

中央競馬で1勝を上げることがこんなに尊いものだとは思いませんでした。^^;

ただ、間違いなく楽しんでいますし、割り切って(儲からないもの)遊ぶにはいいかなぁと思っています。
これだけ勝てないことを分かった上で競馬を楽しみたい方にお勧めしたいものですね。
何にしても一回でいいので中央で勝つ馬を持ってみたいです。(笑)

今週、レッドカロスがデビューします。一度デビュー週に頓挫があって回避しているので、まずは無事に。そして、可能性を見せるレースを期待したいです。

出資馬が2頭デビュー

3歳のレッドヴィエントと2歳のレッドベスティア。

同じ日に、全く違う立場ですが、デビュー戦を終えました。

結果は…。

新潟6R 3歳未勝利戦
レッドヴィエント 5着

札幌5R 2歳新馬戦
レッドベスティア 3着

レッドヴィエントはこの日が3歳未勝利戦の最後の週。
途中でアクシデントが有りまくってなんとか迎えたデビュー戦でした。
正直期待はしていなかったのですが、結果は見せ場充分の5着。
素質の片鱗を見せてくれました。
足元に不安が残る馬ですが、現役続行の可能性を見せてくれましたし、なんとか続けて楽しませて欲しいです。

レッドベスティアはまさかの後方からの競馬で、4角で大外ぶんまわし。
それでも最後追い込んで3着に突っ込んできました。
この競馬なら次も楽しみですし、未勝利戦なら勝ち上がれそう。

何にしても可能性を見せてくれて、楽しい1日になりました。

この後、無事に過ごしてほしいです。

レッドシンシア号7着(一口馬主)

一口馬主で出資しているレッドシンシア号が京都1RのD1,200mに出走。

結果は7着でした。

まぁまぁのスタートから、押して先頭へ。4角まで先頭で行きましたが、ややペースも早く直線に入ると一杯に。それでも最後までしっかりと走っての7着だったので、次にはつながりそうな印象でした。

まだ馬体には余裕がありそうですし、もう少し鍛えられたら。ただ、そんなに時間に余裕がないのも確かですけどね。
地方に使うとかするのかな?

勝つ味を覚えさせるのも大事かな、と思うけど。

レッドルピナスは4着

京都4Rの未勝利戦に出走したレッドルピナス号は直線前目に付けて粘るも、最後粘り切れず4着に。

まぁまぁペースが速く、それでいて前の馬が止まらない感じ。それでも2着は確保したかったレースでした。

馬体が6垳困辰討い燭蝓△笋筌僖鵐蘇埖を感じるレース。道中ちょっと力んで走っていたので、もう少し落ち着いて走れる距離のがいいのかも、と感じました。

次走どうするか注目ですが、馬体的に成長が欲しい感じですね。

レッドルピナスが土曜日未勝利戦出走(一口馬主)

一口馬主に出資してるレッドルピナス号が今週の土曜日4Rの未勝利戦に出走が決まりました。

前走は急遽の出走で、見所のあった新馬戦3着。

牝馬限定で、馬場のいい京都を待っての出走。鞍上川田騎手。ここで勝たないといつ勝つ、くらいの状況ですが、まずは無事に、そして結果も残してほしいです^^;

調教での動きもまずまずだったようですし、馬体が小さいですが走る馬は走りますから、期待したいです。

一口馬主、レッドルピナス号デビュー

2月2日の東京6Rで一口馬主2頭のうちの1頭、レッドルピナス号がデビューを果たしました。

レッドルピナス 3歳牝

父 ディープインパクト
母 ビジュアルショック(母父キングマンボ)

千歳市、社台ファーム生まれ

中内田厩舎

東京6R 1600m
2番人気 3着 1分35秒6 上がり34.6

元々除外を見越しての登録だったのですが、運よく?運悪く?抽選が通ってしまって急遽の出走。
追い切りは芝で行って並走遅れでしたが相手は準オープンの馬(ペルペトゥオ)でしたので期待はしていました。
2番人気とかなり押されましたが、中内田厩舎、ディープ産駒というブランド力が大きかったかな。

追い切りが足りないと感じる中での出走を考えれば見所のあるレースでした。スタートも良く、直線では坂で一旦は3番手に置いて行かれながら、最後は差し返して2着と僅差の3着。勝ち馬とも0.3秒差と大きくは離されていないですし、可能性は見せてくれたと思います。

馬体重が416圓箸なり小さく、輸送もあってか入厩時から思うと30圓らい減っていた。それでもこれだけ走ったのは楽しみですよね。さすがディープ産駒というかなんというか。

一旦立て直すことになりそうですけど、早いうちに勝ち上がれそう。楽しみですね。

レッドシンシア

京都5R 芝1600m
7番人気 16着 1分38秒4 上がり37.8

デビュー戦のダートから芝へ転身。結果最下位。

距離か芝適正か。この馬調教は走るんですよね。坂路52.4−12.2。まだ芯が入っていないという表現をされますが、スピードを活かす舞台を掴んでほしいですね。
一旦は立て直しになりそう。もう一回ダートかな。D1400mくらいの舞台を選んでほしいです。

これで購入した馬2頭とも無事にデビューしました。次は目指せ1勝。両馬には頑張ってほしいです。

一口馬主、レッドシンシア号デビュー

今年から(正確には去年)新たに一口馬主を始めまして、2頭買ったうちの1頭、レッドシンシア号が先日デビューを果たしました。

レッドシンシア 3歳牝

父 リアルインパクト
母 エポカブラヴァ

浦河町、谷川牧場生まれ

1月5日の京都の新馬戦を除外になり、12日の新馬戦でデビュー。16頭立てで調教で走っていたためか3番人気に推されます。
いいスタートを切ったものの、その後控えて折り合うも、外枠で脚が溜まらなかったこともあってか4角で手ごたえが怪しくなり、直線でもジリジリは伸びるも11着でゴール。1戦目は着外になりました。

無事にデビュー出来て良かったものの、距離も忙しかった印象。まだ急仕上げだったようですし、次戦に期待ですね。

次は芝に回る模様(2月2日芝1600m)。除外とかもあるので、出られるか分かりませんが、芝で変わり身を期待したいです。

Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
29日
都市対抗2次予選
岡崎RDS
30日
都市対抗2次予選
岡崎RDS
31日
都市対抗2次予選
岡崎RDS
6月1日
愛知大学リーグ入替戦
パロマ瑞穂球場
2日
招待試合
小牧球場
3日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ