コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

観戦記

東海理化−西濃運輸 オープン戦 結果(2024年7月9日)

7月9日に西濃運輸グランドで行われた東海理化−西濃運輸のオープン戦の結果です。
5回の整備の時に雨が強くなり、ゲリラ豪雨のため中止に。
こちらではランニングスコアのみです。

東海理化
00002|2
00122|5
西濃運輸

5回までの観戦記はこちらです。
有料会員様のみご覧いただけます。

安城学園−大成 観戦記(2024年選手権愛知大会)

安城学園
0100110000|3 H8 E0
0011010001|4 H11 E1
大成
(延長10回タイブレーク)

安城学園
土工(1)−間瀬
大成
堺(1)−山尾

投手成績
安城学園
土工9回1/3124球被安打11四死球4三振3失点4(自責点3)

大成
堺10回139球被安打8四死球6三振5失点3(自責点2)

(出場選手)
安城学園
8高瀬 5深田(16) 2間瀬 9原田 3山本彬 6渡辺 1土工 4河野→H千葉(14)→4小笠原(15) 7齋藤
大成
8大池 6小島 2山尾→9→3 1堺 7山田 3小宮→8小林(18)→H奥村(13) 4水谷(14) 5篠田→H服部(4)→5 9酒向(19)→2脇田(20)

(試合経過)
2回表、2死満塁から3番間瀬の押し出し死球で1点。安城学園が先制。1−0
3回裏、1死1,3塁から5番山田の犠牲フライ。1−1の同点。
4回裏、1死2塁から9番脇田がタイムリー。大成が勝ち越し。2−1
5回表、無死3塁から6番渡辺がタイムリー。2−2の同点。
6回表、1死3塁から3番間瀬の犠牲フライ。安城学園が逆転。3−2
6回裏、1死3塁から9番脇田のスクイズが成功(記録は野選)。3−3の同点に追いつく。
9回裏、2死から四球で出たランナーを置いて3番山尾がヒット。2死1,3塁となるも4番堺が倒れタイブレークへ突入。
10回表、送って1死2,3塁とするも7番土工が浅い中飛。代打千葉が捕ゴロに倒れ0点。
10回裏、送って1死2,3塁から代打奥村が初球を捉えてセカンド横の打球をセカンドが取れずサヨナラタイムリー。大成が辛くも安城学園を振り切って3回戦進出を決めました。

総評

大成の堺投手は連投。この暑い中なのでやはり影響は大きく、まっすぐはスピードが落ちていましたし、コントロールにも苦しむ投球。1回、2回、4回と満塁を背負う中、何とか2回の押し出し死球の1点でしのいだのはさすが。
3回から大成も反撃して、1点ずつ入れて4回に逆転。ただ、この回に1点取ったあとに尚も1死満塁のところで山尾選手がゲッツー。これももつれさせる要因になりました。
何にしても安城学園の2年生エースの土工投手がよかった。まっすぐは120匳个覆いらいだったのですが、緩急の使い方が上手く、球速帯をいくつか使って抑える投球。コントロールがいいので崩れないんですよね。失点をしても最少でしのぐのが素晴らしかった。
安城学園としては結果的には序盤のチャンスで何とかしたかった。1番の高瀬選手、3番の間瀬選手は素晴らしい選手でした。
スタメンの4人1,2年生が名を連ねるチーム。新チームにこの経験を生かしたいですね。まずは県に進みたいと監督はおっしゃっていました。
大成は苦しい日程の連戦をものにして、ここから少し日程も空きます。堺投手は体調不良もあったらしく、この2日間はその影響もあったとか。
とりあえず1週間でしっかりと疲れを取って上手く状態をあげてほしいですね。
打線では水谷選手、最後決めた代打の奥村選手と2年生の活躍も光りました。

ピックアップ選手等はこちら


知多翔洋−美和 観戦記(2024年選手権愛知大会)

7月7日に阿久比球場で行われた第1試合、知多翔洋−美和の観戦記です。
知多翔洋は現チームを試合で見るのは初。美和の好左腕の高野投手とどういう試合を見せるか注目して観戦しました。

知多翔洋
030110014|10 H13 E1
20401400X|11 H9 E4
美和

知多翔洋
渡邊(1)、小寺(9)、山田(11)、横山(10)−野上
美和
高野(1)、小木曽(10)−天野

投手成績
知多翔洋
渡邊 2回1/3 69球 被安打1 四死球9 三振2 失点6
小寺 3回 44球 被安打3 四球0 三振1 失点2(自責点1)
山田 1回 30球 被安打4 四球1 三振0 失点3
横山 1回2/3 15球 被安打1 四球1(1) 三振1 失点0

美和
高野 8回2/3 165球 被安打13 四球9 三振5 失点10(自責点8)
小木曽 1/3 10球 被安打0 死球1 三振0 失点0


(出場選手)
知多翔洋
8相川 9小寺→1→1山田→1横山 7杉沢 2野上 3永田 1渡邊→9 6遠渡→H宮崎→R 5宮本 4早稲田
美和
2天野 5勝 3佐藤 1高野→7 6大野 8重村 9勝井 7川島(14)→1小木曽 4所山

(試合経過)
1回裏、2死1,3塁から5番大野がタイムリー。更に2死満塁から7番勝井が押し出し死球。美和が2点を先制。2−0
2回表、1死満塁から9番早稲田が押し出し四球。2死満mん塁から2番小寺が2点タイムリー。知多翔洋が逆転。3−2
3回裏、1死満塁から8番川島が押し出し四球。ここでピッチャー交代、小寺。2死満塁から2点タイムリーエラー。更に2死満塁から3番佐藤が押し出し四球。この回打者一巡で4点。6−3と美和が逆転。
4回表、1死1,2塁から2番小寺がタイムリー2ベース。6−4
5回表、1死1塁から6番渡邊がタイムリー2ベース。6−5
5回裏、1死2,3塁から2番勝のスクイズ成功。7−5
6回裏、1死1塁でピッチャー交代、山田。1死満塁から7番勝井が2点タイムリー。更に1死2,3塁から8番川島が2点タイムリー。この回4点追加。11−5
7回裏、1死2塁でピッチャー交代、横山。申告敬遠のあと、内野ゴロ2つで抑える。
8回表、2死1,2塁から3盗を仕掛け送球が逸れる間に1点。11−6
9回表、無死満塁から8番宮本のゲッツー崩れの間に1点。2死満塁から2番横山が2点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、小木曽。美和が乱打戦を制しました。

総評

戦前から拮抗した試合になるかも、とは思っていましたが最後までもつれました。あと、ここまで点の取り合いになるとは思わなかったです。
知多翔洋としての誤算は先発の渡邊投手の乱調。もともとばらつきは多いタイプとのことでしたが、3回途中の降板まで被安打は1ながら9四死球。結果6失点となり、主導権を奪われる形に。
また6回裏に1死から高野選手が1ゴロエラーで出塁した際に熱中症で足に痙攣を起こす。そこから中断して、再開しようとしたところで、今度は知多翔洋の小寺投手が足に痙攣を起こし再び中断。ここで20分近く試合が止まり、結局高野選手は戻れたものの、小寺投手は交代。ここで美和が上手くつけこんで、4点を奪いビッグイニングに。
そのまま美和がコールドまで持っていくかと思いましたが、ここで知多翔洋も粘りをみせ、コールドを回避して、8回に1点。9回には代打の3年生の宮崎選手らが必死につないであと1点まで迫る猛攻。
美和も高野投手を最後諦めて小木曽投手を投入し、なんとか逃げ切って勝利を収めました。
知多翔洋としては小寺選手が打つ方でも結果を残していたので、そこも痛かったですが、最後登板して2番に入っていた横山選手が2点タイムリー2ベースを放ち1点差に。
スタメンに2年生が5人入っていて、投手陣も3人(渡邊、小寺、山田)が2年生。この悔しさを引きついで新チームに生かしてほしいですね。
美和は高野投手が4番ピッチャーで大黒柱ですが、最後投げた小木曽投手もまずまずの球を投げていました。次はシード校の日福大付相手なので、高野投手次第となりそうですが、打つ方でしっかりと支えていきたいですね。
また、高野投手も足に痙攣を起こしていたのですが、そのあとも登板。そこからバックの守りが素晴らしくチームがまとまった印象でした。

ピックアップ選手等はこちら


松蔭−津島 観戦記(2024年選手権愛知大会)

7月6日に春日井球場で行われた第3試合、松蔭−津島の観戦記です。
公立の好チーム同士の対戦。

松蔭
011610030|12 H9 E5
014030101|10 H14 E3
津島

松蔭
宮地(1)、小林(6)−串田
津島
西尾(1)、鈴木(10)、山下(11)−高橋

投手成績
松蔭
宮地 7回 107球 被安打12 四死球4 三振2 失点9(自責点4)
小林 2回 41球 被安打2 四球1 三振2 失点1

津島
西尾 3回 54球 被安打2 四球3 三振1 失点2
鈴木 1回1/3 43球 被安打6 四球2 三振0 失点7(自責点1)
山下 4回2/3 88球 被安打1 四死球7 三振4 失点3(自責点0)

(出場選手)
松蔭
9小原 8古賀 6小林 3近藤 7矢野 2串田 4安田 1宮地 5松島
津島
7山崎 9福谷 8近藤璃 5工藤 3伊藤颯 5仲野 2高橋 1西尾→H近藤颯(14)→R伊藤吏→1鈴木(10)→1山下(11) 4橋本

(試合経過)
2回表、1死2,3塁から8番宮地の遊ゴロの間に1点。松蔭が先制。1−0
2回裏、1死2塁から8番西尾のヒットにエラーが重なり2塁ランナーが生還。1−1
3回表、2死2塁から4番近藤がタイムリー2ベース。松蔭が勝ち越し。2−1
3回裏、1死満塁から7番高橋の2点タイムリー。1死1,2塁からタイムリーエラー。1死2,3塁から9番橋本の犠牲フライ。この回4点取って津島が逆転。5−2
4回表、2死2,3塁からタイムリーエラーで2者生還。更に2死3塁から2番古賀がタイムリー。さらに2死満塁から5番矢野が走者一掃の3点タイムリー3ベース。この回打者一巡で6点取って松蔭が再逆転。8−5
5回表、1死1,3塁でピッチャー交代、山下。ワイルドピッチで1点。9−5
5回裏、2死1,2塁から1番山崎のタイムリー2ベースで2者生還。2死3塁から2番福谷がタイムリー3ベース。9−8
7回裏、1死2,3塁から3番近藤璃が犠牲フライ。9−9の同点に追いつく。
8回表、無死1,2塁から4番近藤の送りバントを送球エラー。2塁ランナーが生還。無死1,3塁から5番矢野が2点タイムリー2ベース。松蔭が3点勝ち越し。12−9
8回裏、ピッチャー交代、小林。
9回裏、2死1,2塁から3番近藤璃がタイムリー。4番工藤が良い当たりもライト正面のライナーで試合終了。松蔭が乱打戦を制しました。

総評

拮抗した力のチームという見立て。津島の谷山監督に試合前にお話した時ももつれた試合になると予想を立てられていました。
ただ、ここまでの点の取り合いになるとは予想外。試合後に両監督とも5.6点勝負になると思っていたそうですが、両チーム2桁得点という荒れた試合に。
津島としてはエースの西尾投手が3回で交代したのが誤算。谷山監督によると、大会前に体調不良になったそうで、その影響が出ていて長いイニングが投げられなかった。そして2番手の鈴木投手の出来が誤算。エラーが絡んだとはいえ、打者一巡の6失点は重かったですね。
一方の松蔭はエラーが序盤特に多く出て、それが失点につながった。宮地投手は緩急を使いながら粘っていたのですが、こちらも糟谷監督の予想以上に打たれたとのこと。ただ、4回表に松蔭が逆転をしてから、7回裏まで何とか粘って同点まででしのいだのが結果的には大きかった。
そこから球に力のある小林投手にスイッチして、津島打線を抑え込むことに成功。9回裏、2死から粘られましたが何とか抑えきって松蔭が勝利をおさめたという試合に。
松蔭はこれで4年連続の夏初戦突破。これは2003年から2006年に記録して以来の快挙。次は3回戦の壁を破れるかが焦点になりますが、大府と当たる可能性があり、厳しい戦いになりそう。
打線はまずまず当たっている選手が多いので、何とか先手を取って慌てさせたいところ。クリーンアップにチャンスで回したいですね。
津島も打線は山崎選手、近藤璃選手を中心に最後まで粘りを見せました。3番手の山下投手は2年生ながら力のあるボールを投げていました。2年生の福谷選手、高橋選手の活躍も目立ったので、新チームに期待したいですね。

ピックアップ選手等はこちら

愛西工科−名城大附 観戦記(2024年選手権愛知大会)

7月6日に春日井球場で行われた第2試合、愛西工科−名城大附の観戦記です。
愛西工科はかつて佐織工業だったころにはベスト8にも進出したことがあるチーム。ただ近年が学校自体が定員割れを起こす状況もあり、低迷が続いている状況。強豪の名城大附相手にどういう戦いを見せるか注目して観戦しました。

愛西工科
0020000|2 H4 E3
2010105|9 H7 E0
名城大附
(7回コールド)

愛西工科
北添(1)、川村(10)、北添(1)−生川
名城大附
後藤(1)、黒澤(10)−野呂

投手成績
愛西工科
北添 3回 65球 被安打1 四死球6 三振1 失点3(自責点0)
川村 3回2/3 71球 被安打5 四球3 三振2 失点6

名城大附
後藤 6回 94球 被安打4 四死球3 三振5 失点2
黒澤 1回 9球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
愛西工科
9川村→1→9 4大西(6) 5日江井 2生川 3夏川 7佐藤(4) 8長崎 1北添→9→1 6岩間(11)
名城大附
6畑中 3内平→R藤井(14) 5加藤拓 2野呂 7長谷川→H木下(13) 9鈴木拓 8永津→R鈴木琢(19) 4平松 1後藤→1黒澤(10)→H宮田(12)

(試合経過)
1回裏、1死2塁からタイムリーエラーで1点。1死2塁から4番野呂がタイムリー。名城大附が2点を先制。
3回表、1死2塁から2番大西がタイムリー2ベース。2死3塁から4番生川がタイムリー。愛西工科が同点に追いつく。2−2
3回裏、1死満塁から8番平松の犠牲フライ。名城大附が勝ち越し。3−2
4回裏、ピッチャー交代、川村。
5回裏、先頭の4番野呂がソロホームラン。4−2
7回表、ピッチャー交代、黒澤。
7回裏、1死2,3塁から8番平松が犠牲フライ。更に2死1,3塁から1番畑中が2点タイムリー3ベース。2番内平がタイムリー。ここでピッチャー交代、北添。2死満塁から代打木下がタイムリーを放ちコールド成立。名城大附が9−2で勝ちました。

総評

名城大附が7回裏に5点取ってコールドに持ち込みましたが、予想以上に苦戦したという試合でした。
愛西工科は上位打線は力があり、日江井選手を中心に鋭いスイングをみせて、3回表には同点に追いつく健闘をみせます。
北添投手がややコントロールに苦しみましたが、それでも緩急をつけながら粘りをみせ、2番手の川村投手は左の変則フォームから勢いのあるボールを投げて、名城大附打線を押し込む力も見せました。
監督としてはもう少し川村投手を後半まで取っておきたかったそうですが・・・。それでも3年生を中心に力は出し切って、名城大附を苦しめた戦いは見事だったと思います。
名城大附としては、ランナーはにぎわしながら、なかなか大量点が取れずにジリジリした展開。3回表には追いつかれて嫌な雰囲気もあったのですが、5回裏に野呂選手がホームランを放ち、ここでちょっと楽になったと渡邉監督もおっしゃっていました。
7回裏にコールドまで一気に持っていけたのはチームの今後に勢いをもたらしそうな印象。
夏は勝つことが大事。ここから調子を上げていきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


桜台−同朋 観戦記(2024年選手権愛知大会)

7月6日に春日井球場で行われた第1試合、桜台−同朋の観戦記です。
継続試合で5回表、2死1,3塁から始まった試合。それも含めて試合が動きました。

桜台
200010101|5 H13 E0
000001003|4 H8 E5
同朋

桜台
荻田(10)、小野田(1)−櫨場
同朋
小栗(1)、加藤竜(17)−染

投手成績
桜台
荻田 8回1/3 137球 被安打6 四球3 三振14 失点4
小野田 2/3 8球 被安打2 四球0 三振1 失点0

同朋
小栗 6回1/3 121球 被安打9 四球2 三振4 失点4(自責点0)
加藤竜 2回2/3 43球 被安打4 四球1 三振2 失点1(自責点0)

(出場選手)
桜台
6鈴木 4原田 7久野 9小粥 2櫨場 5太田 8辻村 3中西 1荻田(10)→1小野田(1)
同朋
6山口→H伊藤(13) 3鳥谷 2染 7林→8 9山下(12) 4工藤 1小栗→7 5濱口 8岡田→1加藤竜(17)→H加藤勝(10)

(試合経過)
1回表、2死満塁から6番太田がタイムリー。送球間にもう1人ランナー生還。桜台が2点を先制。2−0
5回表、2死1,3塁から試合再開。1塁ランナーが盗塁を仕掛け、キャッチャーの送球が逸れる間に1点。3−0
6回裏、2死2塁から2番鳥谷がタイムリー。3−1
7回表、無死3塁から3番久野が犠牲フライ。4−1。ここでピッチャー交代、加藤竜。
9回表、無死1,2塁から5番櫨場のバントで3塁送球が逸れて2塁ランナーが生還。5−1
9回裏、1死1塁から5番山下がタイムリー2ベース。6番工藤がタイムリー。ここでピッチャー交代、小野田。1死満塁から代打加藤勝の犠牲フライ。最後代打伊藤が三振に倒れ試合終了。5−4で桜台が逃げ切りました。

総評

継続試合は5回表、桜台の攻撃、2死1,3塁のカウント2ボール1ストライクで再開。
1週間空いての継続試合ということで、バッターはかなり緊張していたそうです。
そんな中、上手く仕掛けて再開直後にエラーを誘って追加点を奪ったのは桜台。その後も上手く相手のミスにつけこんで追加点を奪い、9回表を終わって5−1。勝負あったかなと思いました。
一方の同朋は中断前までは萩田投手にノーヒットに抑え込まれ、劣勢の中での継続試合でした。ただ、再開直後に失点したものの、この一週間を上手く対策に時間を当てたようで、6回裏には2死2塁から鳥谷選手のチーム初ヒットがタイムリーに。
9回裏には1死から3連続長短打で2点を奪い、荻田投手をマウンドから引きずり下ろす。更に変わった小野田投手も攻めて1点差に迫り、尚も2死1,2塁のチャンスでしたが、最後は代打の3年生、伊藤選手が三振に倒れ試合終了。
ただ、元々3年生が4人しかいないチームの中で、最後3年生が必死につないで1点差まで迫る攻撃をみせたのは感動する粘りでした。
同朋は2年生が7人スタメンに名を連ねるチーム。この経験を新チームに生かしていってほしいですね。
桜台は2年生の先発の荻田投手がなかなか力があり、4番小粥選手の活躍も光りました。また7番の辻村選手も2年生ながら光る打撃をみせて楽しみだなと感じました。
次は愛知黎明。どこまで戦えるか注目です。

ピックアップ選手等はこちら


トヨタ自動車−三菱自動車岡崎 壮行試合 結果(2024年7月5日)

7月5日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われたトヨタ自動車−三菱自動車岡崎の壮行試合の結果です。
壮行試合はこちらではランニングスコアのみとなります。

トヨタ自動車
200000210|5
50000004X|9
三菱自動車岡崎

タイブレークの練習も行われましたがお互いに無得点で終了でした。

この試合の観戦記はこちら
有料会員様のみご覧いただけます。

時習館−豊橋中央 観戦記(2024年選手権愛知大会)

6月30日にパロマ瑞穂球場で行われた第3試合、時習館−豊橋中央の観戦記です。
豊橋の高校対決でしたが、試合の会場はパロマ瑞穂球場。それでも時習館には多くの応援が駆けつけていました。

時習館
0000000|0 H2 E0
022201X|7 H11 E0
豊橋中央
(7回コールド)

時習館
鈴木(1)−中村
豊橋中央
前島(1)、谷奥(10)、内山(18)−松井

投手成績
時習館
鈴木 6回 97球 被安打11 四球1 三振1 失点7

豊橋中央
前島 3回 37球 被安打1 四球0 三振3 失点0
谷奥 2回 31球 被安打0 四球0 三振1 失点0
内山 2回 22球 被安打1 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
時習館
9松井 7立木 2中村 5高井 1鈴木 4柴田 8杉本 3神藤 6大森
豊橋中央
9高橋→9井本(13) 7六車 5高安 3佐藤 2松井 6近藤 4米田 1前島→1谷奥(10)→1内山(18) 8成瀬

(試合経過)
2回表、2死から6番柴田がチーム初ヒットを放つも後続が倒れ0点。
2回裏、2死2塁から7番米田がタイムリー。8番前島がタイムリー2ベース。豊橋中央が2点を先制。2−0
3回裏、1死2塁から3番高安がタイムリー3ベース。4番佐藤がタイムリー。4−0
4回表、ピッチャー交代、谷奥。
4回裏、2死1,2塁から2番六車が2点タイムリー2ベース。6−0
6回表、ピッチャー交代、内山。
6回裏、1死1,3塁から1番高橋の3ゴロで3塁ランナーが好走塁で生還。7−0
豊橋中央が7回コールドで快勝。

総評

豊橋中央の強さが目立った試合。
時習館もやはり伝統校らしくしっかりと夏にチームを作ってきた印象でしたし、県大会には進めていなかったですが、そん色ないチーム。この試合も自滅は全くしていないんですよね。
それを力で上回った分、豊橋中央の力が目立った印象。打撃は力強く、外野を簡単に越していきましたし、投手は3投手の継投で2安打に抑えて圧倒。投打のバランスが素晴らしかった。
注目の内山投手は144劼鬟沺璽。ちょっと思ったより球速が出ていないかな、と思いましたが、本人は脱力して投げることを心掛けていた様子。ここから状態を上げていけるかというのもありそうです。
この後も強敵が続く組み合わせになりそうですが、そこをしっかりと勝ちぬくとその先、甲子園も狙えそうなチームだと感じました。
時習館は3年生が6人と少ないチームで、その3年生中心にここまで地力を上げてきたチームとのこと。自分たちのやれることはやり切った印象でしたし、単純にくじ運が無かったかなと。
でもこういう試合を経験した2年生がまた思いも強くするでしょうし、新チームに期待ですね。
豊橋中央の萩本監督もおっしゃっていましたが、これが豊橋球場で行われていたらまた違った雰囲気になっていたかなと思います。
その部分でも豊橋中央には運があったかなと。こういう運も今後に生かしていきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


豊明−誠信 観戦記(2024年選手権愛知大会)

6月30日にパロマ瑞穂球場で行われた第2試合、豊明−誠信の観戦記です。
雨で試合開始が遅れる中で試合が行われました。

豊明
000000000|0 H8 E2
00200001X|3 H4 E0
誠信

豊明
尾関(1)、長尾(10)、尾関(1)−近藤
誠信
吉浦(1)、武政(10)−鈴木

投手成績
豊明
尾関 7回2/3 114球 被安打4 四球5 三振1 失点3(自責点2)
長尾 1/3 14球 被安打0 四球2 三振0 失点0

誠信
吉浦 6回1/3 91球 被安打6 四球0 三振5 失点0
武政 2回2/3 35球 被安打2 四球1 三振3 失点0

(出場選手)
豊明
2近藤 8佐々木 6後藤 3金田 7酒井 5加藤優 1尾関→9→1 4小島→H梶田(17)→4山内(16)→H蟹江(13) 9加藤心→1長尾(10)→9井上(18)→H高木(11)
誠信
4竹中 6矢賀 2鈴木 9佐藤 8土屋 3小沢→H大西(19)→3山田(20) 5堀場 7野田(18)→1武政(10) 1吉浦→7中島(7)

(試合経過)
2回表、1死から6番加藤優、7番尾関の連打で1,2塁。2死後9番加藤心もヒットでつなぎ満塁となるも1番近藤がいい当たりも正面でセンターフライ。チャンスを生かせず。
3回裏、1死3塁から4番佐藤がタイムリー3ベース。5番土屋がタイムリー。誠信が2点を先制。2−0
7回表、1死から6番加藤優、7番尾関が連打で1,2塁。ここでピッチャー交代、武政。後続をぴしゃりと抑えます。
8回裏、1死2塁でピッチャー交代、長尾。1死満塁から7番堀場の犠牲フライ。ここでピッチャー交代、尾関。3−0
誠信が完封リレーで勝利を収めました。

総評

今年の誠信はあまり得点力は高くなく、ロースコアの接戦を取って勝ち上がるチーム。そういう意味では誠信はらしい試合をしたという一戦でした。
ただ、試合として序盤押していたのは豊明。2回表は下位打線が連打でチャンスを作っていて、吉浦投手を捉えていただけに、ここで1点でも先制していれば試合としては分からなかったかなと。
ただ、3回以降は吉浦投手が立ち直り、特に先制してもらった後の4回、5回と3人ずつで抑えて自分たちのペースにもっていったのがさすがでした。
誠信としては7回表に1死1,2塁となったところでスパッと武政投手にスイッチして、この武政投手が抑えたことが大きな収穫。春は大事な試合は吉浦投手が1人で投げている印象でしたので、武政投手もしっかりと起用出来る形になれば、今後にも大きな力になりますよね。
打線は4安打というのはちょっと寂しい数字ですが、4番佐藤選手、5番土屋選手という主軸で点を取れましたし、8回も粘って四球を取ってからの犠牲フライ。1点を何とかして取るという特徴は出せました。
豊明は先発の尾関投手が左の変則サウスポーで、丁寧に投げて2点は失ったものの、そこからも誠信打線を抑えて接戦に持ち込めたのはよかった。打つ方は、終盤にもチャンスはあったのですが、あと1本が出なかった。1,2年生が4人スタメンで経験しましたし、活躍した3年生を見て刺激は受けたと思うので、新チームでは主力として期待したいですね。

ピックアップ選手等はこちら


惟信−名古屋南 観戦記(2024年選手権愛知大会)

6月30日にパロマ瑞穂球場で行われた第1試合、惟信−名古屋南の観戦記です。
名古屋地区の公立同士の対戦。3年生がいない惟信が名古屋南に食らいつきました。

惟信
010000000|1 H9 E0
00010012X|4 H7 E1
名古屋南

惟信
中村(1)、鈴木(10)−小垣内
名古屋南
加来(15)−加藤

投手成績
惟信
中村 7回1/3 106球 被安打6 四死球2 三振4 失点3
鈴木 2/3 14球 被安打1 四球1 三振0 失点1

名古屋南
加来 9回 119球 被安打9 四球2 三振9 失点1

(出場選手)
惟信
6菊地 8安藤 2小垣内 3井手 7山田 9菱田 5北島 1中村→1鈴木(10)→H畑中(11) 4木村
名古屋
4北村 7榊原 5久野 3小椋 2加藤 8吉田 9川池 6高尾 1加来(15)

(試合経過)
2回表、1死2塁から7番北島がタイムリー2ベース。惟信が先制。1−0
4回裏、1死3塁から4番小倉が犠牲フライ。1−1の同点に追いつく。
7回裏、2死1,3塁から1塁ランナーが投球前にスタート。挟まれる間に3塁ランナーがスタートを切りホームセーフ。記録ダブルスチールで名古屋南が1点勝ち越し。2−1
8回裏、1死1塁でピッチャー交代、鈴木。2死1,2塁から4番小倉が2点タイムリー2ベース。4−1
9回表、2死から代打畑中、9番木村が連打で1,2塁。1番菊地もヒットを放つも2塁ランナーがホームを狙ってタッチアウト。試合終了となり名古屋南が勝ちました。

総評

名古屋地区の公立高校対決。2022年秋には県大会に出ている名古屋南に対し、惟信はベンチ入り全員が1,2年生。現時点では差があるかなと思っていたのですが、想像以上に接戦となりました。
惟信は初回に先頭の1番菊地選手がヒットを放ち、チームに勢いが出ました。2回表には1死2塁から7番北島選手がタイムリー2ベースを放ち先制。3回、4回と先頭を出してチャンスはあったのですが、そこで取れなかったのが結果的には大きかった。
中村投手はランナーを出しながらも粘り、4回に久野選手の3ベースから犠牲フライで追いつかれたものの、その後も毎回のように先頭バッターを出しながらもしのぐ投球。7回裏には1塁ランナーが挟まれてのダブルスチールで失点しましたが、ちょっともったいないプレーでした。ただ、その前の回は1死3塁から外野フライでホームを狙う走者をセンターからの好返球で刺すなど、いいプレーもありましたし、1,2年生しかいないチームとしては力は出し切った印象です。
ただ、9回表のプレー。3点ビハインドで2死1,2塁。1番菊地選手のヒットでセカンドランナーがホームを狙ってアウトになったのは点差を考えればやってはいけないプレー。今後の糧にしてほしいですし、新チームに丸々選手が残るので、生かしてほしいですね。
名古屋南としては想定以上に苦戦をして苦しい試合でした。チームを救ったのは先発した1年生の加来投手。これまでは3イニングくらいしか長くても投げてこなかったそうですが、この日は最後まで投げ切って1失点完投。監督は継投も考えていたそうですが・・・。
この経験は大きいですし、次戦は他の投手の奮起も期待したいところですね。
4番小倉選手が9回にダメ押し打を打って試合を決めてくれました。やはり4番が打つとチームは楽になりますよね。
次はかなり強い相手になりそうですが、この勝利で勢いにのってほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら


山田−南山 観戦記(2024年選手権愛知大会)

6月29日にパロマ瑞穂球場で行われた第3試合、山田−南山の観戦記です。
好投手の薄根投手相手に山田がどう挑むか注目して観戦しました。

山田
0000000|0 H1 E2
030103X|7 H8 E0
南山
(7回コールド)

山田
飯尾(2)、中山(6)−中山、飯尾
南山
薄根(1)−水野

投手成績
山田
飯尾 4回 85球 被安打4 四球6 三振2 失点4(自責点3)
中山 2回 36球 被安打4 四球2 三振0 失点3

南山
薄根 7回 80球 被安打1 四球0 三振9 失点0

(出場選手)
山田
7岩田(17) 6戸森(4) 8中野 1飯尾(2)→2 2中山(6)→1 5高橋(1) 3鬼頭(10) 9佐治 4眞田(5)
南山
6松木 9山本 8九日 2水野 7蟹江 1薄根 3鈴木 5長崎(11) 4長谷川

(試合経過)
2回裏、1死満塁からキャッチャーの送球エラーで1点。1死2,3塁から9番長谷川が2点タイムリー2ベース。南山が3点を先制。3−0
3回表、1死から8番佐治がチーム初ヒットを放つも後続が倒れ0点。
4回裏、2死2,3塁からワイルドピッチで1点。4−0
5回裏、ピッチャー交代、中山。
6回裏、2死1,3塁から1塁ランナーがスタート、セカンドに投げてアウトのタイミングでしたが捕球できずに弾く間に3塁ランナーが生還。2死2塁から2番山本がタイムリー。2死1,2塁から4番水野がタイムリー。7−0とコールド圏内に。
南山が7回コールドで快勝。

総評

南山の薄根投手は全力投球という感じではなかったですが、立ち上がりに連続三振。少し力を抜いて投げている方がボールは伸びている感じで山田の打者がかなり振り遅れていました。
山田の飯尾投手も128劼鬟沺璽してなかなかいいボールを投げていまして、何とか粘れればというところでしたが、2回に四球2つでピンチを作ってバッテリーエラーなども絡み、9番長谷川選手の2点タイムリー2ベース。この回3点でかなり南山は楽になりました。
南山としてもチャンスをなかなか生かせない部分はあったのですが、それでも6回裏に3点を追加しコールド圏内にもっていって、7回で試合を終わらせられたのは大きかった。
薄根投手は最終回に力を入れて133劼鬟沺璽するなど、投球マネジメントを意識したピッチングで1安打無四球完封。無四球というのがよかったですね。
2年生の山本選手はかなり楽しみな存在です。
山田も3年生は部員0からスタートした世代。なんとか新しい歴史を作りたかったですが・・・。
でも下級生の頃を思えばかなり成長していました。1年生が12人選手が入っています。1年生からピッチャーとキャッチャーを任された中山選手がこれからは中心になっていきそう。
飯尾投手もすごく伸びていました。
山田高校の今後も楽しみです。

ピックアップ選手等はこちら


猿投農林−一宮北 観戦記(2024年選手権愛知大会)

6月29日に刈谷球場で行われた第1試合、猿投農林−一宮北の観戦記です。
どちらも久々の勝利がかかった試合。接戦になりました。

猿投農林
102003000|6 H7 E1
10012004X|9 H13 E2
一宮北

猿投農林
吉福(1)、近藤(6)−加納、須崎
一宮北
加田(3)−中村

投手成績
猿投農林
吉福 4回1/3 63球 被安打7 四球2 三振2 失点4
近藤 3回2/3 73球 被安打6 四死球3 三振7 失点5(自責点4)

一宮北
加田 9回 142球 被安打7 四死球7 三振5 失点6(自責点5)

(出場選手)
猿投農林
6近藤→1 1吉福→6 7永井(8)→8 9須崎(2)→2 8坂元(9)→9 4安東 5佐藤(15)→9西門(7)→7 3黒河(13) 2加納(5)→5
一宮北
6山田遥 4森田 8磯村 1加田(3) 7豊重(1) 5鷲津 9後藤 3山田桜(10) 2中村

(試合経過)
1回表、1死2,3塁からワイルドピッチで1点。猿投農林が先制。1−0
1回裏、1死3塁から3番磯村がタイムリー。1−1。
3回表、2死1,3塁から5番坂元がタイムリー。6番安東がタイムリー2ベース。猿投農林が勝ち越し。3−1
4回裏、2死2塁から8番山田桜がタイムリー。3−2
5回裏、1死2塁から2番守田がタイムリー。ここでピッチャー交代、近藤。2死1,3塁から三振ワイルドピッチで振り逃げが成立し、3塁ランナーが生還。一宮北が逆転。4−3
6回表、1死1,2塁から9番加納のサードへのバントヒットで2塁ランナーがホームを陥れる好走塁で1点。尚も1死2,3塁から1番近藤が2点タイムリー。猿投農林が再逆転。6−4
7回裏、1死2塁から4番加田がタイムリー。6−5
8回裏、2死1,2塁から3番磯村がタイムリー。2死満塁から5番豊重が走者一掃の3点タイムリー2ベース。一宮北が再々逆転。9−6
一宮北が逆転勝ちをおさめました。

総評

一宮北が16人。猿投農林が17人。チーム構成など力関係もすごく似たチーム同士の対戦。試合も拮抗した展開になりました。
猿投農林としては春に4番を打っていた谷奥選手が怪我で出場出来ず。その影響はあったかなと感じましたが、それでも四球で得たチャンスにタイムリーが出て、下位打線でも得点。6回の1死1,2塁からの3塁線バントタイムリーは練習してきたプレーということで、自分たちがやれるプレーは出し切ったかなという試合でした。
バッテリーミスや盗塁を決められる場面が多かったり、足らない部分も確かにあったものの出せるものは出した感じのする試合。勝っていた試合だけに、悔しかったでしょうが・・・。近藤投手も120匕緘召里泙辰垢阿盖録し、三振を多く取る技術は素晴らしかった。
一宮北は上位打線に力があり、1番の山田遥選手、3番磯村選手はスピードもある好選手でした。5番の豊重選手は背番号1ながらマウンドに上がれるかは微妙な状況らしいですが、その分打撃で貢献。決勝の3点タイムリー2ベースはライトオーバーの見事な当たりでした。
加田投手も最終回に125劼鬟沺璽するなど、終盤逆転してもらって力を出し切った印象。最後まで投げ切ったスタミナも素晴らしかった。
5大会ぶりの勝利。チーム一丸の勝利だったと思います。次は難敵になりますが、この勢いを上手くつなげてほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら


近藤産興−菊水化学工業 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県西部大会決勝戦)

6月27日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた天皇賜杯愛知県西部大会の決勝戦、近藤産興−菊水化学工業の観戦記です。
お互いに投手陣が苦しい中での決勝戦。ロースコアでの勝負となりました。

近藤産興
000001000|1 H5 E0
10010010X|3 H7 E1
菊水化学工業

近藤産興
鬼頭(11)、加藤(10)、高橋(19)−松前
菊水化学工業
小松(11)、澤田(18)−小塚

投手成績
近藤産興
鬼頭 4回 57球 被安打3 四死球2 三振4 失点2
加藤 2回0/3 38球 被安打3 四球1 三振0 失点1
高橋 2回 18球 被安打1 四球0 三振0 失点0

菊水化学工業
小松 5回1/3 69球 被安打4 四死球3 三振1 失点1
澤田 3回2/3 49球 被安打1 四球1 三振3 失点0

(出場選手)
近藤産興
8上戸(1) 3水野(3) 4余合(6)→6→4 9日比野(99) D平田(9)→7→1高橋(19) 2松前(55) 5大西(26) 6加藤(10)→1→6 7森口(0)→4→7
菊水化学工業
6江川(6) 4速水(0) 8田中(9) 2小塚(10) D渡邉(7)→3高木(3) 7冨依(1) 3中村(32) 5菱田(26) 9望(4)→H濱田(5)→9鈴木(8)

(試合経過)
1回裏、2死3塁からパスボールで1点。菊水化学工業が先制。1−0
4回裏、1死3塁から5番渡邉がタイムリー。2−0
5回裏、ピッチャー交代、加藤。
6回表、1死1,2塁から5番平田がタイムリー。ここでピッチャー交代、澤田。2−1
7回裏、代打濱田がソロホームラン。ここでピッチャー交代、高橋。3−1
9回表、2死1,3塁と攻めるも1番上戸が倒れ試合終了。
菊水化学工業が優勝。天皇賜杯本戦出場を決めました。

総評

菊水化学工業は初回に死球のランナーを3塁に置いて相手パスボールで先制。労せず1点を取れたことでかなり試合としては楽になりました。
4回裏も先頭の田中選手がヒットのあと、すかさず盗塁。中飛で進塁して1死3塁を作って、5番渡邉選手の軽打がセンター前に落ちてタイムリーに。いい形で追加点を取れます。
ただ、前の試合で2イニング投げた小松投手がそのまま連投する形で先発。前日も6イニング投げているので当然疲れもあったと思いますが、抜け球も多くやや苦しい投球。それでも5回まではしっかりと0点で抑え、6回に1点を失ったところで降板となりましたが、こちらも前の試合で8イニング投げていた澤田投手がリリーフでしっかりと抑えてリードを保ち、代打濱田選手のホームランを呼び込んだ。
やはりこの2人の投手で前日からの31イニングを投げ切ったのが一番大きな勝因ですよね。お疲れ様でした。
そして7回裏に代打ホームランを放った濱田選手。前日の大森石油戦でも叩きで打点を挙げ、準決勝でも決勝点を叩きにて挙げ、この決勝戦では試合を決定付けるソロホームラン。全て代打での打点というのがすごいですね。実質3打席で3試合を決めた男。こういう勝負強い打者が控えているのは大きいです。
全国大会へ挑むにあたり、やはり打線の奮起は必要。投手も2人では勝ち上がるたびに苦しくなると思うので、もう1人2人、信頼できる投手を用意したいですね。
近藤産興も序盤からチャンスはありましたし、最後も粘りを見せました。ただ、この試合では長打が出なかったですし、走塁で2試合の中で甘い部分が見て取れた。そこに上位チームとの差を感じた印象です。
鬼頭投手は先発で試合を作りましたし、野手である加藤選手も投手としてマウンドに上がり、ある程度抑えた。可知投手、中野投手不在という苦しい投手事情の中、投手陣は頑張ったと思います。守備でもノーエラーでしたし、持てる力は出し切った印象。少ないチャンスを生かせる術を身に付けたいですね。
菊水化学工業も愛知代表として、前回出場時のベスト8を越えられる成績を期待したいです。優勝おめでとうございました。

ピックアップ選手等はこちら


菊水化学工業−イスコジャパン 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県西部大会)

6月27日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた準決勝の第2試合、菊水化学工業−イスコジャパンの観戦記です。
新春で出ているチーム同士の対戦。1点を争う試合になりました。

菊水化学工業
0000000001|1 H2 E1
0000000000|0 H4 E0
イスコジャパン

菊水化学工業
澤田、小松−小塚、望
イスコジャパン
伊藤、岩本−長嶋

投手成績
菊水化学工業
澤田 8回 90球 被安打3 四球0 三振5 失点0
小松 2回 34球 被安打1 四球0 三振1 失点0

イスコジャパン
伊藤 7回2/3 96球 被安打1 四死球7 三振4 失点0
岩本 2回1/3 37球 被安打1 死球2 三振2 失点1

(出場選手)
菊水化学工業
6江川(6) 4速水(0) 8田中(9) 2小塚(10)→H濱田(5)→3中村(32) D渡邉(7) 7冨依(1) 3高木(3)→9 5菱田(26) 9望(4)→2
イスコジャパン
4平(6) 6村田(1) 2長嶋(22) 3小川(5) 8吉田(3) 7山崎(9)→7新垣(4) 9林(24) D谷口(26)→H近藤(10)→D 5尾野(2)

(試合経過)
1回表、1死から連続四球で1,2塁となるも、4番5番が倒れ0点。
1回裏、1番平、2番村田の連打で1,2塁となるも、3番4番5番が倒れ0点。
2回表、2死2塁から連続四死球で2死満塁。2番速水が三振に倒れ0点。
2回裏、先頭の6番山崎が2ベース。7番林の3ゴロで2塁ランナーは進めず。8番9番が倒れ0点。
8回表、2死1,2塁でピッチャー交代、岩本。5番渡邉死球で満塁。6番冨依が1飛に倒れ0点。
9回裏、ピッチャー交代、小松。
10回表、1死1塁から3番田中がエンタイトル2ベース。1死2,3塁から代打濱田が叩きを決めて1点。菊水化学工業がようやく均衡を破る。1−0
10回裏、先頭の吉田がエラーで出塁。送って1死2塁となるも、7番林が投飛。8番近藤が見逃し三振に倒れ試合終了。
菊水化学工業が1点勝負を制し、決勝戦進出を決めました。

総評

1回、2回は上の試合経過もあるようにお互いにチャンスを作るも得点ならず、という展開。すぐに試合が動くかと思ったのですが、3回からお互いのピッチャーが立ち直り、0行進が続く試合となりました。
菊水化学工業は四死球のランナーは出していたものの、7回までノーヒットという展開。8回2死から3番の田中選手がようやく初ヒットを2ベースで放ち、4番小塚選手の四球で伊藤投手をマウンドから引きずり下ろし、岩本投手が上がり、2死満塁まで行くも得点ならず。結局9回まで0点。
イスコジャパンも1回2回のチャンスを生かせず、3回から8回はランナーすら出せずに0点。9回裏は先頭バッターを出すも、送りバント失敗。暴投で2塁に進めるも3番4番が倒れ0点。延長戦へ。
10回表に1死1塁からの3番田中選手のエンタイトル2ベースは、スタンドに入らなければ1塁ランナーは返ってこれたという打球。まだイスコジャパンにツキがあるかと思いましたが、ここで4番小塚選手に変えてまで代打に出した濱田選手が前日の試合に続ききっちりと叩きを決めて先制。
この虎の子の1点を小松投手が抑えて勝利となりました。
菊水化学工業は澤田投手、小松投手の2人しか投げさせられる投手がいなかったそうで、小松投手は出来れば使いたくなかったそうですが、前日からの連戦で厳しい中なんとか勝利。
3番の田中選手も不振だったのが、1本出て、10回には大きな2ベースを打ってくれた。叩きを代打で決めた濱田選手を含め総力戦でこの試合をものにした菊水化学工業は見事でした。
イスコジャパンは序盤何とかしたかった。9回裏、10回裏も先頭バッターは出たんですけどね・・・。なかなか軟式だと送った形では点に出来ないことが多いので、どこかでギャンブルは必要。仕掛けられなかった分、1点が遠かった試合でした。

ピックアップ選手等はこちら


近藤産興−パナソニックインダストリー春日井 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県西部大会)

6月27日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた準決勝の第1試合、近藤産興−パナソニックインダストリー春日井の観戦記です。
どちらも近年新春を外れて巻き返しを図りたいチーム同士。どんな試合になるか注目して観戦しました。

近藤産興
100002000|3 H8 E0
000100010|2 H5 E1
パナソニックインダストリー春日井

近藤産興
河合(16)、高橋(19)−竹馬
パナソニックインダストリー春日井
東郷(13)、荒井(19)−仙石

投手成績
近藤産興
河合 7回0/3 118球 被安打4 四球6 三振2 失点2
高橋 2回 21球 被安打1 四球0 三振0 失点0

パナソニックインダストリー春日井
東郷 7回 103球 被安打8 死球1 三振2 失点3(自責点2)
荒井 2回 26球 被安打0 四死球2 三振2 失点0

(出場選手)
近藤産興
8上戸(1) 3水野(3) 4余合(6) 9日比野(99) D平田(9) 2竹馬(2) 5大西(26) 6加藤(10) 7森口(0)
パナソニックインダストリー春日井
4柴山(2) 8赤野(10) 6山守(6) 9川良(9) 5加藤(5) D東郷(13) 7山田(8) 3井戸(14) 2仙石(1)

(試合経過)
1回表、2死1,2塁から5番平田がタイムリー2ベース。近藤産興が先制。1−0
4回裏、2死満塁から7番山田が押し出し四球。1−1
6回表、1死1,2塁から6番竹馬がタイムリー2ベース。7番大西がタイムリー。近藤産興が2点勝ち越し。3−1
8回表、ピッチャー交代、荒井。
8回裏、無死1塁でピッチャー交代、高橋。1死2,3塁から7番山田の2ゴロの間に1点。3−2
近藤産興が競り勝って決勝戦進出を決めました。

総評

お互いに新春選抜リーグ戦にかつては出ていたが、近年外されたチーム同士の対戦。
そんな低迷したところから、今大会では上位に進出。特にパナソニックインダストリー春日井は会社名も変わり、選手も一時期のギリギリの人数での戦いをしていた頃に比べると新人も入ってかなり戦力もUP。復活を印象付けるにはこれ以上ない舞台でしたが、試合としては一歩及ばずという形になりました。
打線がやはりあと1本が出ず。4回裏は無死満塁のチャンスから2死の後に押し出しで1点は取れたものの同点どまり。6回裏も2死満塁のチャンスでしたが生かせず。8回裏も1死2,3塁から内野ゴロの間に1点は取ったものの、同点に追いつけず。
タイムリーが1本出ていれば違ったとは思いますが・・・。近藤産興のルーキーの河合投手をなかなか捕まえられないまま、高橋投手との継投で逃げ切りを許しました。
東郷投手、荒井投手はある程度持ち味は出した印象。6回表の失点はエラーも絡んでいましたが、やはり打線が援護したかったですね。
近藤産興は要所で長打が出て、上手く加点出来ました。チャンスは3度。そのうち2度生かした形なので効率よく勝利した印象ですね。
河合投手はこういう公式戦では初先発だったそうですが、7回を1失点。ランナーを出しながらも粘りの投球が光った印象。可知投手というエースが不在だったとのことで、そのピンチを救った河合投手はまさに救世主となりました。

ピックアップ選手等はこちら


小林クリエイト−三京アムコ 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県東部大会決勝戦)

6月25日に刈谷球場で行われた小林クリエイト−三京アムコの決勝戦の観戦記です。
三京アムコが初の全国大会の切符をつかむか、小林クリエイトが連覇を果たすか。注目の決勝戦を観戦しました。

小林クリエイト
020010100|4 H7 E2
101100000|3 H4 E0
三京アムコ

小林クリエイト
田村(26)、飯田(18)、田中(17)−宮城
三京アムコ
南出(18)、山本(12)、横井(20)−井口

投手成績
小林クリエイト
田村 3回 43球 被安打3 四球1 三振0 失点2
飯田 4回 57球 被安打1 四球1 三振3 失点1
田中 2回 27球 被安打0 四球0 三振1 失点0

三京アムコ
南出 5回 90球 被安打5 四球2 三振2 失点3
山本 3回0/3 53球 被安打2 四球2 三振2 失点1
横井 1回 12球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
小林クリエイト
7都筑(0)→7都嶋(2) 4川西(4) D牛島(58) 5杉本(25) 8浜崎(9) 9大西(24) 2宮城(10) 6葛西(1) 3宮野(8)
三京アムコ
7鶴田(8) 6平戸(10) 3藤澤(7) D藤江(9) 4牛島(1) 5吉野(6) 9佐藤(2)→H小柳津(22) 2井口(26) 8後藤(23)

(試合経過)
1回裏、1死2,3塁から4番藤江の遊ゴロの間に1点。三京アムコが先制。1−0
2回表、1死1塁から6番大西がタイムリー3ベース。更に1死1,3塁から8番葛西が叩いた打球がピッチャーを越えてタイムリー内野安打に。小林クリエイトがすかさず逆転。2−1
3回裏、無死3塁から1番鶴田がタイムリー。2−2の同点。
4回裏、ピッチャー交代、飯田。無死1,3塁から6番吉野が犠牲フライ。三京アムコが勝ち越し。3−2
5回表、1死2塁から2番川西がタイムリー2ベース。小林クリエイトが再び同点に追いつく。3−3
6回表、ピッチャー交代、山本。
7回表、1死2塁から1番都筑がサードの後ろに落ちるタイムリー2ベース。小林クリエイトが再逆転。4−3
8回裏、ピッチャー交代、田中。
9回表、無死1塁でピッチャー交代、横井。
小林クリエイトがシーソーゲームを制し、連覇達成。2年連続で天皇杯出場を決めました。

総評

中盤まではシーソーゲームで同点。ただ、やや三京アムコ有利かと思って見ていました。
裏の攻撃ということもありますし、急速に力をつけてきたチームの勢いが勝るかな、と。ただ、その勢いを止めたのが小林クリエイトの飯田投手。今日の第1試合で3イニングを投げて、そこからかなり時間が経ってからの再登板。本来の投球ではなかったと思いますし、たまに抜けてくるまっすぐがあったのですが、それが上手く作用して三京アムコ打線は狙いづらかった印象。
そして7回表に都筑選手の勝ち越しタイムリー2ベース。決していい当たりではなかったですが、3塁後方に落ちてタイムリーに。気持ちで小林クリエイトが上回った印象でした。
三京アムコはこの試合では井口捕手を起用したのですが、4度盗塁を企画されて1つも刺せず。結局2度の盗塁を得点に結びつけられてしまいました。リード面等理由はあったのでしょうが、バッテリーでなんとかしたかったですね。
投手陣は準決勝で2イニング投げた南出投手がそのままマウンドへ上がり、5回を3失点。山本投手も3回を1失点とまずまずの投球をしていました。こちらは責められない。
打線が小林クリエイト先発の田村投手の間にもう1,2点取れていれば、というところ。小林クリエイトの小杉監督も田村投手の投球で何とか序盤をしのいでくれたのが大きかったとおっしゃっていました。
小林クリエイトはこれで2年連続の天皇杯出場。昨年はベスト8でしたが、今年はそれ以上、優勝を目指すと力強い言葉。
頑張ってきてほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら


イスコジャパンー中央発條 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県西部大会)

6月25日に熱田愛知時計120スタジアムで行われた第1試合、イスコジャパン−中央発條の観戦記です。先発投手が好投して接戦となりました。

イスコジャパン
002000000|2 H5 E0
000100000|1 H2 E1
中央発條

イスコジャパン
伊藤(20)、岩本(18)−長嶋
中央発條
嶽野(15)、稲熊(20)、梶野(22)−辻野

投手成績
イスコジャパン
伊藤 7回 94球 被安打2 四死球2 三振4 失点0
岩本 2回 28球 被安打0 四球0 三振2 失点0

中央発條
嶽野 7回 90球 被安打5 四球2 三振5 失点2(自責点1)
稲熊 1回 8球 被安打0 四球0 三振0 失点0
梶野 1回 10球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
イスコジャパン
4平(6) 6村田(1) 2長嶋(22) 3小川(5) 7林(24) 8吉田(3) D近藤(10) 9朝倉(7) 5尾野(2)
中央発條
8外岡(2) 4高橋(5)→H大石(3) 3村西(9) 7山本(1) 5大月(7) D橋詰(13) 9降旗(23) 2辻野(10) 6田中(0)

(試合経過)
3回表、1死2,3塁から3番長嶋が2点タイムリー。イスコジャパンが先制。2−0
4回裏、1死1,3塁から5番大月のところでエンドランが1ゴロになり1点。2−1
8回表、ピッチャー交代、稲熊。
8回裏、ピッチャー交代、岩本。
9回表、ピッチャー交代、梶野。
イスコジャパンが競り勝ちました。

総評

ランナーとしてはイスコジャパンの方が多く出していたのですが、大きなチャンスはお互いに1回ずつ。
ここでエラーも絡んで2点を取ったイスコジャパンが、1点でとどまった中央発條に競り勝ったという試合でした。
イスコジャパンは先発の伊藤投手が好投。さすがエースというピッチングでした。4回裏のピンチもエンドラン1ゴロの1点で踏みとどまり、7回裏に1死2塁というピンチで強い投ゴロを上手くさばいて、2塁ランナーが飛び出したところを挟んでアウトに。エースとして7回1失点と役割を果たしました。
リリーフで新人の岩本投手が好投。こちらは矢場とんブースターズから加入した投手。2回をパーフェクトで抑え、イスコジャパンにとっては大きな戦力補強になりそうです。
打線もそんなに状態は悪くなさそうなので、ここから投打がどうかみ合うかがカギになりそう。
中央発條は嶽野投手が好投。ランナーを出しながらもしっかりと粘る投球が出来ていました。
3回の2点はエラー絡み。それさえなければ複数点は避けられたでしょうから痛い2失点になってしまいました。
ただ打線が2安打では厳しい。伊藤投手がよかったので仕方ない部分はありますが、やはり上位に勝つにはもうちょっと打てるようになりたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


三京アムコー東郷製作所 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県東部大会)

6月24日に刈谷球場で行われた第2試合、三京アムコー東郷製作所の観戦記です。
去年から急速に成長をしている三京アムコが東郷製作所相手にどういう試合を見せるか、注目して観戦しました。

三京アムコ
020000001|3 H6 E1
000000000|0 H3 E3
東郷製作所

三京アムコ
南出(18)、山本(12)−小柳津
東郷製作所
久保田(11)、寺澤(19)−池上

投手成績
三京アムコ
南出 6回 78球 被安打2 四球1 三振2 失点0
山本 3回 38球 被安打1 四球0 三振3 失点0

東郷製作所
久保田 7回 108球 被安打5 四球2 三振2 失点2
寺澤 2回 32球 被安打1 四死球2 三振1 失点1(自責点0)

(出場選手)
三京アムコ
7鶴田(8)→9 6平戸(10) 3藤澤(7) D藤江(9) 4牛島(1) 9佐藤(2)→8松山侑(3) 5吉野(6) 2小柳津(22) 8後藤(23)→7
東郷製作所
8近藤生(7) 2池上(20) 6飯田(5) 5野瀬(9) 9手崎(10) 3牧山(22) D久保田(11) 7山口(18) 4近藤柊(4)

(試合経過)
2回表、1死2,3塁から8番小柳津が上手く叩いて、ピッチャー後方の高いバウンドの当たりをショートも上手く取れずに2点タイムリーに。三京アムコが2点を先制。2−0
4回裏、1死2,3塁から4番野瀬が11球粘って四球。5番手崎が投ゴロで1−2−3のダブルプレー。得点ならず。
7回裏、ピッチャー交代、山本。
8回表、ピッチャー交代、寺澤。
9回表、2死3塁から2番平戸のところで三走の後藤がホームスチールを決めて1点。3−0
三京アムコが快勝。

総評

三京アムコの強さが目立った試合でした。
2回表は先頭の牛島選手がヒットで出塁すると、6番佐藤選手が上手く転がして相手のミスを誘い無死1,2塁。そこから送りバントをきっちり決めて1死2,3塁。8番小柳津選手も上手く叩いて、これが相手のミスも絡んで2点タイムリーに。このイニングが象徴的でしたが、叩きを上手くチームとして使えるようになってきているんですよね。それこそ和合病院のように。
まだまだあの域には及んでいないとは思いますが、点を取るべきところではしっかりと取る。ランナー出ないところでは淡々と試合を進める。選手の質が高いうえにこれが出来るようになってくると、愛知の強豪チームにとっては脅威以外の何物でもないですよね。
あとは全国という実績を作れるか。そこも注目となります。
2番手で投げた山本投手が好リリーフ。こういう投手が出てくると投手のやりくりも楽になってきますよね。
東郷製作所としては久保田投手がしっかりと試合を作りました。失点にはミスが絡んでいる事。あとは唯一のチャンス(4回裏)で点を取れなかったこと。これらが敗因となりました。
4回裏は1死2,3塁で三京アムコはセカンドショートが下がっていたので、転がせば1点でした。ここで野瀬選手は粘って四球でしたが・・・。それがゲッツーにつながったのは流れとはいえ厳しかった。手崎選手も2ボールナッシングからの打撃としては中途半端に。当てれば1点、と思うと難しくなってしまうのかもですね。
ただ、試合としては三京アムコが快勝。東郷製作所としては完敗という内容でした。三京アムコはどんどん強くなって、以前から新春に出ているチームもなかなか勝てない存在になってきましたね。

ピックアップ選手等はこちら


豊田鉄工−GTRニッセイ 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県東部大会)

6月24日に刈谷球場で行われた豊田鉄工−GTRニッセイの観戦記です。
今年好調のGTRニッセイに対し、新春から流れが良くない豊田鉄工がどういう試合を見せるか、注目して観戦しました。

豊田鉄工
000000000|0 H4 E0
00010110X|3 H7 E1
GTRニッセイ

豊田鉄工
釜谷(23)、伊藤(20)、長谷川(15)−山本
GTRニッセイ
中島(15)、縄田(18)−大野

投手成績
豊田鉄工
釜谷 6回 76球 被安打5 四球1 三振1 失点2
伊藤 1回 33球 被安打1 四球2 三振3 失点1
長谷川 1回 13球 被安打1 四球1 三振0 失点0

GTRニッセイ
中島 8回 94球 被安打4 四球2 三振4 失点0
縄田 1回 10球 被安打0 四球0 三振1 失点0


(出場選手)
豊田鉄工
9清水(2) 8森亮(51) 4田口(8) 3名古路(5) 6村田(6) 7工藤(7)→H小川(25) D小島(9) 2山本(22) 5安食(0)
GTRニッセイ
9原田(10) D田中(12) 5大平(4) 3濱元(3) 7高木(13) 4倉地(7) 8廣田(2) 6鈴木(6) 2大野(22)

(試合経過)
4回裏、1死から4番濱元が特大のソロホームラン。GTRニッセイが先制。1−0
6回裏、2死2塁から5番高木がタイムリー2ベース。2−0
7回裏、ピッチャー交代、伊藤。2死2塁から1番原田がタイムリー。3−0
8回裏、ピッチャー交代、長谷川。
9回表、ピッチャー交代、縄田。
GTRニッセイが快勝。準決勝進出を決めました。

総評

GTRニッセイが快勝。3回までは豊田鉄工の釜谷投手、GTRニッセイの中島投手が持ち味を発揮して0−0。
4回裏に1死から濱元選手が見事なホームランを放ち、GTRニッセイが先制。
6回裏に2死2塁から5番高木選手にもタイムリー2ベースが出てかなりGTRニッセイとしては楽になり、7回裏には原田選手にもタイムリーが出て、3−0となります。
中島投手はボールは走っていたものの、4度先頭バッターを出す場面がありました。しかし、何とか叩きでチャンスを広げようとする豊田鉄工打線を上手く手玉に取ってチャンスを広げさせず、8回を4安打無失点投球。最後は縄田投手につないで快勝となりました。
豊田鉄工もランナーは出す場面もあったのですが、ゲッツーもあってややちぐはぐな感じ。チーム状態の良しあしがはっきりでた試合となりました。
釜谷投手も今年から豊田鉄工に加わった好投手ですが、長打を防ぎたい状況で長打を打たれた。新春からチームの流れが悪い状態が続いている印象。若手がスタメンに多く出ているので、こういう経験を次に生かしていきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


焼津マリーンズー浜松ケイ・スポーツBC 観戦記(2024年全日本クラブ選手権 東海地区2次予選)

6月22日にトヨタスポーツセンターで行われた第2試合、焼津マリーンズ−浜松ケイスポーツBCの観戦記です。
レベルの高い静岡のクラブチーム同士の対戦。序盤は焼津マリーンズペースとなりました。

焼津マリーンズ
013310000|8 H9 E0
000014000|5 H7 E1
浜松ケイ・スポーツBC

焼津マリーンズ
山本(17)、柳下(20)、石田(16)、山崎(15)−戸崎
浜松ケイスポーツBC
山下(48)、稲本(15)、小松(10)、鈴木(17)、水戸部(19)、山本(13)−御所名、前田

投手成績
焼津マリーンズ
山本 5回 78球 被安打3 四球5 三振5 失点1
柳下 0/3 6球 被安打1 四球1 三振0 失点2
石田 3回 47球 被安打3 四死球3 三振1 失点2
山崎 1回 10球 被安打0 四球0 三振0 失点0

浜松ケイスポーツBC
山下 3回 69球 被安打5 四死球3 三振2 失点4
稲本 0/3 17球 被安打0 四球3 三振0 失点3
小松 1回 18球 被安打2 四球0 三振2 失点0
鈴木 3回 50球 被安打2 四球2 三振2 失点1(自責点0)
水戸部 1回 15球 被安打0 四球1 三振2 失点0
山本 1回 15球 被安打0 四球1 三振0 失点0

(出場選手)
焼津マリーンズ
6西村(4) 4小寺(3) D薮田(2)→H森山(27) 2戸崎(10) 9谷藤(7) 3鈴木(8) 7岡本(13)→7塚本(5) 8定道(33) 5田渕(6)→R山本(9)→5望月(1)→5平口(14)
浜松ケイスポーツBC
8石原(5) 6谷口(4)→H佐野(28)→4 9品田(7) D寺澤(25) 7瀧本(9) 3前田(27)→2 5高林(3) 2御所名(37)→H永井(1)→3 4小池(8)→6

(試合経過)
2回表、2死1,3塁から8番定道がタイムリー。焼津マリーンズが先制。1−0
3回表、無死1塁から1番西村がタイムリー2ベース。更に無死満塁から4番戸崎が2点タイムリー。4−0
4回表、ピッチャー交代、稲本。無死満塁でピッチャー交代、小松。1死満塁から4番戸崎が2点タイムリー。5番谷藤がタイムリー。7−0
5回表、ピッチャー交代、鈴木。1死1,3塁からワイルドピッチで1点。8−0
5回裏、1死満塁から1番石原が犠牲フライ。8−1
6回裏、ピッチャー交代、柳下。無死1,2塁でピッチャー交代、石田。1死満塁から代打永井に押し出し四球。9番小池がタイムリー。1番石原が犠牲フライ。2死2,3塁から2番佐野がタイムリー内野安打。この回4点返し、8−5
8回表、ピッチャー交代、水戸部。
9回表、ピッチャー交代、山本。
9回表、ピッチャー交代、山崎。
焼津マリーンズが逃げ切りました。

総評

焼津マリーンズが序盤からリードを広げ、最大8点リード。そのままコールドで勝つかと思いましたが、そこからの浜松ケイスポーツBCの粘りもお見事でした。
焼津マリーンズは先発の山本投手が5回まで1失点。そのまま投げていたらすんなり勝てたかもしれませんが、先を見据えて継投に入るも、柳下投手が誤算。打者2人をヒット、四球と出したところで交代。後続の石田投手も打たれて4失点。最後までもつれる結果となってしまいました。
打つ方も4番戸崎選手が4回までに3安打を放ち、全て点数に貢献する形で活躍。ただ、6回以降は0点で終わり、苦しむ要因となってしまいました。
それでも8回はランナーを2人出しながらもゲッツーでしのぐなど、粘って抑えたことは収穫。勝って勢いに乗りたいところ。
浜松ケイスポーツBCは6回にチャンスをしっかりと活かして4点取った粘りはお見事。序盤の大量失点が重い試合になりました。
四球が失点に絡むケースが多かったので、そこは改善していきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら

三重高虎BC−矢場とんブースターズ 観戦記(2024年全日本クラブ選手権 東海地区2次予選)

6月22日にトヨタスポーツセンターで行われた第1試合、三重高虎BC−矢場とんブースターズの観戦記です。
矢場とんブースターズは昨年のクラブ選手権で準優勝をしてから、クラブでは一段上に来ている印象。そんな矢場とんブースターズに対し、三重高虎BCがどれだけ食い下がれるかに注目して観戦しました。

三重高虎BC
0000000|0 H3 E3
003106X|10 H8 E1
矢場とんブースターズ
(7回コールド)

三重高虎BC
畑口(11)、上床(16)、竹内(60)−粶
矢場とんブースターズ
西浦(11)、丹野(19)、羽田(16)、加藤(13)、九谷(15)−難波

投手成績
三重高虎BC
畑口 3回1/3 54球 被安打3 四球3 三振1 失点4(自責点3)
上床 1回2/3 40球 被安打2 四球2 三振0 失点3(自責点1)
竹内 1回 28球 被安打3 四球1 三振1 失点3

矢場とんブースターズ
西浦 3回 41球 被安打1 四球0 三振2 失点0
丹野 1回 9球 被安打0 四球0 三振0 失点0
羽田 1回 16球 被安打1 四球0 三振0 失点0
加藤 1回 8球 被安打1 四球0 三振0 失点0
九谷 1回 12球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
三重高虎BC
8成瀬(7) 9松月(28)→H谷口(55)→9浅野(61) D林(1) 3坂下(8) 4宮下(9) 5西井(23) 2粶(80) 7山ノ内(22) 6川瀬(6)
矢場とんブースターズ
7吉田(26) 8菅井(8) D川上(47)→H福尾(0)→D 3岡久(3) 4仲村(6) 2難波(24) 9堀田(9) 6大森(17) 5高橋(23)

(試合経過)
3回裏、2死2塁から1番吉田がタイムリー。更に2死1,2塁から3番川上が2点タイムリー2ベース。矢場とんブースターズが3点を先制。3−0
4回表、ピッチャー交代、丹野。
4回裏、1死3塁から7番堀田がタイムリー2ベース。1死1,2塁でピッチャー交代、上床。4−0
5回表、ピッチャー交代、羽田。
6回表、ピッチャー交代、加藤。
6回裏、無死1,3塁からワイルドピッチで1点。無死1,3塁でピッチャー交代、竹内。無死満塁から1番吉田がタイムリー。2番菅井が2点タイムリー。無死2,3塁から3番福尾の1ゴロの間に1点。1死3塁から4番岡久がタイムリー。この回6点取ってコールド圏内に。10−0
7回表、ピッチャー交代、九谷。
矢場とんブースターズがコールドで快勝しました。

総評

矢場とんブースターズが快勝。
3回裏に2死2塁のチャンスで1番吉田選手がタイムリーを放つと、2人ランナーを置いて3番川上選手が2点タイムリー2ベース。4回裏にも7番堀田選手がタイムリー2ベースを放ち、かなり試合としては楽になりました。
6回裏はエラー2つに四球2つを足掛かりに6点。やはり上位打線を中心に打線に力がありますね。
投手陣はエースの西浦投手が3回を1安打無失点に抑えると、そこから1イニングづつ余裕の継投。最後は九谷投手が締めました。
三重高虎BCとしては、何とか無駄な失点を防いで接戦に持ち込みたかったですが、4回以降はミスを上手くつながれました。
打線もヒットは3本出たのですが単発。西井選手が2安打と気を吐きました。

ピックアップ選手等はこちら


豊田自動織機−ニデック 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県東部大会)

6月20日に刈谷球場で行われた豊田自動織機−ニデックの観戦記です。
勝てばベスト4進出となる試合。ニデックペースで試合が進みました。

豊田自動織機
0000012|3 H5 E3
105220X|10 H7 E0
ニデック

豊田自動織機
小島(47)、子迫(18)−神谷
ニデック
春田(16)、大竹(13)−水谷

投手成績
豊田自動織機
小島 2回2/3 68球 被安打5 四球3 三振0 失点6(自責点5)
子迫 3回1/3 72球 被安打2 四死球7 三振3 失点4

ニデック
春田 6回 93球 被安打3 四死球5 三振5 失点1
大竹 1回 26球 被安打2 四球1 三振2 失点2(自責点0)


(出場選手)
豊田自動織機
9貞廣(14) 6平野(0) 3萬部(1) 2神谷(3) 5天野(5) D高須(26) 7宮下(9) 4戸嶋(4) 8島本(22)
ニデック
8竹内(7) 5加藤(5) 2水谷(23)→2籾山(24) 3土井(25) D濱(8) 6越智(10) 9泉(2)→H房野(6)→9 4山下(22) 7杉本(12)

(試合経過)
1回裏、1死2塁から二走の竹内が3盗を仕掛け、キャッチャーからの送球が逸れる間に生還。ニデックが先制。1−0
3回裏、2死2塁から4番土井がタイムリー3ベース。5番濱が2ランホームラン。更に2死1塁から7番泉が2ランホームラン。ここでピッチャー交代、子迫。6−0
4回裏、2死から5連続四球で2点。8−0
5回裏、1死3塁から1番竹内が上手く叩いて、投ゴロ内野安打の間に1点。1死2,3塁から3番水谷の叩きの間に1点。10−0
6回表、無死1,3塁から4番神谷の投ゴロの間に1点。10−1
7回表、ピッチャー交代、大竹。2死満塁から4番神谷の左飛を落球し2者生還。5番天野を抑えてコールド成立。10−3でニデックが勝ちました。

総評

ニデックが快勝。3回裏は2死走者なしから長打が4本集まり、2ランが2本もあって5点。ここで勝負はついた形になりました。
ニデックは打線の状態が良く、結構長打が出ています。投手陣はやや不安があるのですが、それをカバーしようという形で点を取りに行く攻撃が出来ている印象。今後は一線級の投手陣が相手になると思いますが、そこでもどれだけ打てるかがカギになりそうです。
投手陣は春田投手がランナーを出しながらも粘って6回1失点。ただ、四死球のランナーが多かったのは反省。大竹投手は前回大会で、同じようなコールド圏内からの登板で逃げ切りを失敗した経験があり、同じようなシチュエーションでのマウンドでした。いきなり四球とヒットでランナーを出して苦しむも、2死満塁までこぎつけ、左飛で終わったと思ったところでレフトが落球し2失点。嫌な雰囲気でしたが、何とか最後打ち取って逃げ切りに成功。こういう経験をプラスにしていきたいですね。
豊田自動織機は先発の小島投手が3回につかまり厳しい展開に。子迫投手は4回2死無走者からボールがばらつきだし、5連続四球。スピードはあるのですが・・・。そんなに打たれずの失点だったのがもったいない。
両投手とも高卒ルーキー。彼らの成長が今後のカギになりそうです。

ピックアップ選手等はこちら


小林クリエイトー南豊田病院 観戦記(2024年天皇賜杯軟式野球愛知県東部大会)

6月20日に刈谷球場で行われた第2試合、小林クリエイト−南豊田病院の観戦記です。
小林クリエイトは初戦がフタバ産業との大一番。これを制しての2回戦。ちょっと難しさもあった印象です。

小林クリエイト
030000002|5 H8 E2
010010000|2 H7 E3
南豊田病院

小林クリエイト
田中(17)、飯田(18)−宮城
南豊田病院
土本(17)、鈴本(11)−登根

投手成績
小林クリエイト
田中 6回 78球 被安打5 四球1 三振3 失点2
飯田 3回 39球 被安打2 四球0 三振5 失点0

南豊田病院
土本 6回 95球 被安打5 四球1 三振3 失点3(自責点0)
鈴本 3回 49球 被安打3 四球0 三振2 失点2

(出場選手)
小林クリエイト
4都筑(0) 6川西(4) 7牛島(58) 5杉本(25) 8浜崎(9) 9大西(24) 2宮城(10) D森岡(7) 3宮野(8)
南豊田病院
5三浦(2) 7太田(8) 4平井(5) D三ツ矢(42) 9前頭(45) 2登根(26) 6金澤(6) 8高妻(51) 3中野(10)

(試合経過)
2回表、2死1,2塁から8番森岡の1ゴロエラーで満塁。9番宮野が押し出し四球。1番都築がセンター前に落ちる2点タイムリー2ベース。小林クリエイトが3点を先制。3−0
2回裏、2死3塁から7番金澤がタイムリー。3−1
5回裏、先頭の6番登根がソロホームラン。3−2
7回表、ピッチャー交代、鈴本。
7回裏、ピッチャー交代、飯田。1死1,2塁から9番中野のバントがギャッチャー前に転がり2−5−3のダブルプレー。チャンスを逸します。
9回表、7番宮城が2ベース。8番森岡が進塁を意識して叩きつけた打球がショートが上手く処理できずにタイムリー2ベースに。1死3塁から1番都築のところでエンドラン。都築がライト前へ運び、前に来ていたライトに処理されライトゴロでアウトになるも3塁ランナーは生還。2点追加。5−2
小林クリエイトが接戦を制しました。

総評

小林クリエイトは苦しい試合でしたが、なんとかものにした。そういう試合でした。
逆に言えば南豊田病院とすればもったいない試合。2回表は2死1,2塁から1ゴロエラー。打球は速かったですし、簡単なプレーではなかったですが、何とかさばいてほしかったプレーでしたし、1番都築選手のタイムリー2ベースはセンター前に落ちる強くない打球。守備位置が深すぎたのと、追い方がまっすぐじゃなかった部分で追いつけなかったのも痛かった。押し出し四球も微妙な判定でしたし・・・。やはり守備でしっかりと守らないと、格上の相手に勝つのは難しくなりますね。
南豊田病院の土本投手、鈴木投手。両投手とも130匕緘召里泙辰垢阿鯏蠅欧討い泙靴拭N詭敕蠎蠅魯襦璽ーで星城大時代からいい投手だなと思っていましたが、やはり力がありますね。
打つ方では7回裏に1死1,2塁から9番中野選手のバント失敗が痛かった。ラッキーでもらったチャンスだっただけに押せ押せでいってほしかったですね。あと、バント失敗は流れを失います。
小林クリエイトは1点差まで迫られて9回表、ようやくらしい攻撃で2点を追加しました。5点目のランナー3塁でのエンドラン成功(記録はライトゴロ)は鮮やかでした。
飯田投手が素晴らしい球を投げていて、この日も好リリーフ。3イニングで三振5つ奪う力投でした。彼の存在はかなり大きいですね。
小林クリエイトとすればフタバ産業に勝った後の試合。油断しているわけではないでしょうが、エアポケットに入りやすい試合を何とか勝てたのは大きいですね。

ピックアップ選手等はこちら


東海理化−JR東海 観戦記(2024年東海地区都市対抗2次予選第6代表決定戦)

6月13日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われた第6代表決定戦、東海理化−JR東海の観戦記です。
勝つか負けるかで天国か地獄か。最後の試合を見届けるために足を運びました。

東海理化
000301000|4 H8 E0
000000001|1 H9 E0
JR東海

東海理化
池田大(19)−池間
JR東海
辻井(17)、不後(14)、河村(18)−牛場

投手成績
東海理化
池田大 9回 134球 被安打9 四球2 三振5 失点1

JR東海
辻井 3回1/3 76球 被安打4 四球2 三振4 失点3
不後 2回 38球 被安打2 四球0 三振2 失点1
河村 3回2/3 59球 被安打2 四死球3 三振5 失点0

(出場選手)
東海理化
6中野(10) 5川上(23) 8井貝(2) D門叶(9) 7齋藤(1) 3武藤(8) 9河田(31) 2池間(12) 4杉浦(5)
JR東海
6山崎(0) 8山本(5)→9 4吉田有(4) 5平野(7) 7三村(8) D堀尾(25) 3上神(28)→H松野(3)→3 2牛場(33)→H伊藤(10)→R小野寺(29) 9水谷祥(1)→H吉田隼(9)→8

(試合経過)
2回裏、1死から5番三村、6番堀尾の連打で1,2塁。しかし7番上神が左飛、8番牛場が三振に倒れ無得点。
4回表、1死1,2塁から6番武藤がライトポール際の3ランホームラン。1死1塁でピッチャー交代、不後。3−0
4回裏、1死1塁から5番三村の2ベースで1死2,3塁となるも、6番堀尾、7番上神が倒れ得点ならず。
6回表、1死から武藤が今度はレフトポール際にライナー性で飛び込む2打席連続ホームラン。4−0
9回裏、2死1,3塁から代打伊藤がタイムリー2ベース。4−1
東海理化が勝って第6代表の座を獲得しました。

総評

中1日に池田大将投手と中6日の辻井投手。4連戦目だった東海理化に対し、2連戦目だったJR東海。正直選手の体力面等はJR東海が有利かな、と試合前は思っていました。
池田投手も初回を見た限りだと身体は重そうでしたし。それでも本人は2回裏に1死1,2塁から7番上神選手を左飛、8番牛場選手を三振に斬った場面。この牛場選手への投球でスイッチが入った感じになって、そこからは普段通りに投げられたとのことでした。
そして武藤選手が4回表に3ランホームラン。実はこの打席まで、1回戦の3ランホームランから22打数連続ノーヒットという状態でした。本人も自覚するレベルでの不調。この日は打順が一つ下がりましたが、それで気持ちも楽になった部分もあった感じで3ランホームランが出て、チームも本人も一気に楽になりました。
次の打席は技ありというか、逆方向のポール際にライナーで飛び込むホームラン。これが決定打ともなりました。
東海理化は第4代表決定戦から連敗。しかも連戦ということでかなり厳しい状態でした。それでも日替わりでヒーローが出て、昨年の経験も生かしての勝利。福本選手の穴もありながら、チーム全員で勝ち取った代表権は本当にお見事だったと思います。
JR東海はチャンスはあったものの、池田大投手にうまくかわされた印象。最終回で代打の伊藤選手がタイムリーを放ち意地は見せましたが・・・。
シード権がありながらそれを生かしきれず。打線が最後までふるわなかった印象です。投手陣は頑張っていたのですが。
地力はあるチームだっただけに、運とか、ちょっとしたことで変わるなと改めて実感。日本選手権の代表権を取れるようにここから打力等強化していってほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら


中京大−日本文理大 観戦記(2024年全日本大学野球選手権)

6月10日に神宮球場で行われた第2試合、中京大−日本文理大の観戦記です。
6年ぶりの出場となる中京大。リーグ戦で完全試合を達成した高木投手がどんなピッチングをみせるか注目して観戦しました。

中京大
000011020|4 H10 E2
000000000|0 H3 E1
日本文理大

中京大
高木(18)−森瀬
日本文理大
新里(17)、加峰(13)、下堂(15)、永谷(11)−園田

投手成績
中京大
高木 9回 141球 被安打3 四球1 三振4 失点0

日本文理大
新里 4回 60球 被安打4 四球2 三振0 失点0
加峰 2/3 14球 被安打2 四球0 三振0 失点1
下堂 2回1/3 37球 被安打2 四球2 三振2 失点1
永谷 2回 30球 被安打2 死球1 三振1 失点2(自責点0)

(出場選手)
中京大
9加藤(3)→9杉浦(9) D鈴木(23) 8秋山(1) 4桑原(10) 3川瀬(5) 7狩俣(24) 2森瀬(22) 5金沢(33) 6福岡(6)
日本文理大
4島袋(4) 8松本(24) 9中溝(1) D増田(3) 5高倉(2) 6粟国(6) 7片桐(28) 2園田(22) 3大隅(26)

(試合経過)
5回表、ピッチャー交代、加峰。2死1塁から3番秋山が1塁線を破り、鈴木選手が俊足を飛ばして一気にホームイン。ここでピッチャー交代、下堂。中京大が先制。1−0
5回裏、2死から6番粟国が四球。これが日本文理大初のランナー。
6回表、2死3塁から8番金沢が上手く叩いた打球が3塁の頭を越してタイムリーとなり、2−0。
6回裏、2死から1番島袋の三遊間寄りのゴロ。これをショートがファンブルして記録はエラーに。ノーノー継続かと思ったところで次打者の2番松本がヒットを打ち、ノーヒットノーランならず。3番中溝を1ゴロに打ち取ってピンチを脱出。
8回表、ピッチャー交代、永谷。2死1,3塁から1番加藤が2点タイムリー2ベース。4−0
9回裏、エラーとヒットで1死1,2塁となるも、5番6番を抑えて試合終了。
高木投手は全国大会デビューを完封で飾りました。

総評

中京大の高木投手の投球がさすがでした。5回まで四球1つだけでノーヒットピッチング。序盤から外野まで打球を飛ばされるものの差し込んでいるようで、フェンス前で失速。三振はあんまり取らない中で相手を抑えていく特徴をしっかりと出していきました。フライで打ち取る特徴もしっかりと出ましたね。
打線は初回から毎回ヒットは打つもなかなか点が入らないジリジリした展開。チーム全体がゴロの打球が多い中、5回表に2死1塁から3番秋山が上手くバットに引っかけてライナーで1塁手を越してライト線へ。この時の鈴木選手のスピードが素晴らしかった。一気にホームに滑り込んでセーフとなり中京大が先制。
6回表も2死3塁で金沢選手がなんとか3塁に叩いた打球が上手く弾んで3塁手の頭を越してタイムリーに。
8回表に1番の加藤選手がいい当たりで2点タイムリー2ベースを放ち試合を決めて、高木投手が完封。中京大が6年ぶりの出場で勝利をあげました。
打線はまんべんなくヒットが出たのは好材料。高木投手はさすが。ただ、全体的に打球が弱かったこと。高木投手の余力を残せなかったこと。このあたりが次の試合でどう響いてくるか、ここは注目ですね。
日本文理大は元々継投で勝つチーム。結果的には新里投手の交代が裏目に出た形ですが、新里投手もそこまで毎回ランナーを出していましたし、これについては仕方ないかな。
高木投手に対して、大きな当たりも打っていたのですが、野手が取れる範囲。監督が現日本ハムの伊藤大海投手を例に出していましたが、そういう投手を彷彿とさせる投手なんでしょうね。
終盤は得点圏にもランナーを進めていましたがあと1本が出ず。
下堂投手が150kmをマークするなど、地力はあった日本文理大。失点がすべて2死からだったので、もう少し、投手陣が粘りたかったですね。

ピックアップ選手等はこちら


中部学院大−東海大九州キャンパス 観戦記(2024年全日本大学野球選手権)

6月10日に神宮球場で行われた第3試合、中部学院大−東海大九州の観戦記です。
昨年ベスト8の中部学院大は、より上位進出を目指しての今大会出場。しっかりとペースを握って試合を進めました。

中部学院大
000200100|3 H11 E0
000000011|2 H5 E0
東海大九州

中部学院大
宮島(17)−竹中
東海大九州
廣池(18)、杉谷(17)、江口(11)−吉行

投手成績
中部学院大
宮島 9回 115球 被安打5 四球0 三振5 失点2(自責点1)

東海大九州
廣池 5回 85球 被安打7 四球0 三振4 失点2
杉谷 3回 39球 被安打3 四球0 三振2 失点1
江口 1回 16球 被安打1 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
中部学院大
8佐藤(2)→9西村(24) 9田中(1)→8 5森(10) D榎田(5) 7江川(3) 6林(4)→H外山(33)→R木山(22)→6吉井(25) 3元山(6) 2竹中(27) 4桂(7)
東海大九州
8吉村(10) 6柚留木(1) 5山下(5) D白川(25)→H室律(28)→H南里(6) 3堤(9) 9川道(29) 4中島(2) 7峯田(8)→7諏訪(7) 2吉行(22)

(試合経過)
4回表、1死1,3塁から5番江川がタイムリー2ベース。2死1,3塁から7番元山がタイムリー。中部学院大が2点を先制。2−0
6回表、ピッチャー交代、杉谷。
7回表、2死3塁から1番佐藤がピッチャー強襲のタイムリー。3−0
8回裏、先頭の6番川道が2ベース。進塁打で1死3塁から8番諏訪が犠牲フライ。3−1
9回表、ピッチャー交代、江口。
9回裏、1死から2番柚留木が3ベース。ここで中部学院大の佐藤が足の痙攣で交代。3番山下のレフトへの当たりを好捕。代打南里の打席でパスボールがあり3塁ランナー生還。3−2
中部学院大が逃げ切りました。

総評

中部学院大の宮島投手は、久々に状態がいいように感じました。初回を3人で打ち取ると、7回まで3安打ピッチング。ピンチらしいピンチもなく0点で抑えていきます。
打線は1回、2回とランナーを出しながらちょっともったいない走塁でアウトに。
3回まで得点できませんでしたが、4回表に1死から3番の森選手が2ベースで口火を切り、4番榎田選手もヒットで続いたあとに、5番江川選手がタイムリー。中軸で先制。2死後7番の元山選手も上手くタイムリーを放ち、この2点目がかなり宮島投手を楽にしましたね。
7回表に3点目を佐藤選手が叩き出し、グッと勝利を近づけました。最後佐藤選手は足が攣って交代となったのは心配ですが・・・。この日も勢いをつけていたので、次も出られるといいですね。
最後、宮島投手は1点ずつ失いましたが、かなり疲れていたかなと思います。それでもタイムリー無しで抑えたのは立派。何気に9回裏、レフト江川選手のファインプレーも大きかったと思います。
1年生の外山選手にヒットが出て、こういう起用をしているのも間宮監督はさすがだなと感じます。次は中京大との隣県対決。今年はオープン戦をやっていないそうで、どういう試合になるかは楽しみです。
東海大九州は8回、9回にようやく長打が出て1点ずつ奪いましたが、宮島投手をなかなか攻略出来ず。
先発の廣池投手は注目の右腕で、リーグ戦は故障であまり投げられなかったそうですが、151kmをマークしてプロ注目右腕の片鱗をみせました。上背がありますし、面白そうな右腕でしたね。

ピックアップ選手等はこちら


福井工業大−桐蔭横浜大 観戦記(2024年全日本大学野球選手権)

6月10日に神宮球場で行われた第1試合、福井工大−桐蔭横浜大の観戦記です。
福井工大は監督が元広島の町田さんに変わって最初の全国大会。どんな試合を見せるか注目でした。

福井工大
000201000|3 H7 E0
100001000|2 H7 E1
桐蔭横浜大

福井工大
三木(18)、藤川(21)−御築
桐蔭横浜大
高田(13)、甲斐(17)、伊吹(11)−沼生、入江

投手成績
福井工大
三木 5回2/3 80球 被安打6 四球1 三振6 失点2
藤川 3回1/3 52球 被安打1 四球2 三振1 失点0

桐蔭横浜大
高田 6回 78球 被安打6 四死球3 三振4 失点3(自責点2)
甲斐 2回2/3 36球 被安打1 死球1 三振1 失点0
伊吹 1/3 5球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
福井工大
7伊藤(25) 6河村(2)→H重村(30)→H川本(34)→6川島(8) 2御簗(1) D山本(10) 8大西良(9) 9向嶋(24)→H佐藤(28)→9 3武元(33) 4池邉(4) 5糀谷(31)
桐蔭横浜大
8山崎(24) 3鈴木(7) 5梅澤(23) 9加田(1)→R小園(26) 4須藤(33)→H坪井(38) 7佐藤(9) D横倉(25)→H大貫(4) 6上田(10) 2沼生(2)→H中平(25)→2入江(22)

(試合経過)
1回裏、無死1,3塁から3番梅澤の遊ゴロ併殺打の間に1点。桐蔭横浜大が先制。1−0
4回表、1死1塁から5番大西良が大会第1号となる2ランホームランを放つ。福井工大が逆転。2−1
6回表、1死1、2塁から8番池邉の1ゴロで2塁ホースアウトのあと、悪送球となって、2塁ランナーが生還。3−1
6回裏、2死1,2塁から4番加田がタイムリー。2死満塁でピッチャー交代、藤川。3−2
7回表、ピッチャー交代、甲斐。
9回表、2死1,2塁でピッチャー交代、伊吹。
福井工大が逃げ切りました。

総評

桐蔭横浜大は1回裏、先頭の山崎選手が2ベース。2番の鈴木選手がヒットで無死1,3塁。ここで3番の梅澤選手の6−4−3の間に1点で先制はしたものの、ここで1点に終わってしまったこと、ゲッツーの間の1点になってしまったことを監督も悔やんでいましたが、勢いがつけられなかったことがのちのち響くことに。
福井工大はヒットの山本選手を1塁に置いて、5番の大西良選手が逆転の2ランホームラン。6回にはエラーで追加点。この3点目が大きかったですね。
6回裏、桐蔭横浜大が4番加田選手のタイムリーで1点差に迫り、尚も2死満塁となったところで福井工大は藤川投手にスイッチ。ここで140kmを超えるまっすぐでこのピンチを脱すると、そこから3イニングを抑えきって福井工大が勝利。町田監督に全国大会で初勝利をプレゼントしました。
福井工大は4番キャプテンの山本選手が星城高校出身。先発の三木投手が名古屋国際高校出身。愛知県出身の選手の活躍も光りました。
次は青山学院大と対戦。どれだけ食らいつけるか楽しみです。

ピックアップ選手等はこちら


王子−西濃運輸 観戦記(2024年東海地区都市対抗2次予選第3代表決定戦)

6月8日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われた第3代表決定戦、王子−西濃運輸の観戦記です。第3代表決定戦もやはり終盤まで同点で推移。決めたのは苦しんだ4番打者でした。

王子
000100050|6 H13 E1
001000000|1 H5 E1
西濃運輸

王子
中島(16)、宮崎(21)、浅井(14)−細川
西濃運輸
森岡(20)、山下(13)、摺石(21)、奥(17)−城野

投手成績
王子
中島 5回 89球 被安打4 四死球2 三振2 失点1
宮崎 3回 48球 被安打1 四死球2 三振4 失点0
浅井 1回 17球 被安打0 四球1 三振2 失点0

西濃運輸
森岡 5回 83球 被安打4 四球2 三振1 失点1
山下 2回2/3 43球 被安打6 死球1 三振0 失点5
摺石 1/3 15球 被安打2 四球0 三振0 失点0
奥 1回 20球 被安打1 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
王子
5山口(4) 6前田(5) 3平野(10) 7吉岡(6) 2細川(22) D神鳥(25) 8山ノ井(8)→9 9横井(1)→8大杉(3) 4中川(7)
西濃運輸
8左向(24) 6北野(6) 5野崎(28) D小中(10) 7原田(31) 9修行(33) 2城野(2) 4宮田(7)→H河田(26)→R渡邊(4) 3福山(8)→H大山(0)

(試合経過)
3回裏、2死満塁から5番原田の死球で押し出し。西濃運輸が先制。1−0
4回表、2死1,2塁から7番山ノ井がタイムリー。1−1の同点。
6回表、ピッチャー交代、山下。
6回裏、ピッチャー交代、宮崎。
8回表、2死1塁から4番吉岡の打席でランナーの平野がギャンブルスタート。吉岡が捉えてランエンドヒットの形になり、タイムリー2ベースに。更に2死満塁から山ノ井が2点タイムリー。ここでピッチャー交代、摺石。2死満塁から9番中川が2点タイムリー。結局打者一巡で5点をあげ王子が勝ち越し。6−1
9回表、ピッチャー交代、奥。
9回裏、ピッチャー交代、浅井。
王子が終盤勝ち越して勝利。第3代表の座を獲得しました。

総評

まず驚いたのが西濃運輸の森岡投手先発。今大会ではリリーフで2度登板してどちらも不本意な投球。前回はストライクが入らず、4球で四球を出して打者1人で交代。そんな投手も先発で抜擢。そして5回1失点で抑えたのだから、佐伯マジックおそるべし、となりました。
一方の王子は中島投手が先発し、こちらも5回1失点と好投。お互いにランナーを出しながらの粘りあいに。
6回からリリーフ勝負。こちらも西濃運輸が山下投手、王子が宮崎投手。なかなかの投球で6回7回と0を並べ8回へ。
8回表、1死から前田選手がヒットで出て、3番平野選手の1ゴロでランナーが入れ替わる。2死1塁から吉岡選手の場面でカウント1−2からランナーがスタートを切るのですが・・・。実はここまで王子はとにかくランナーにスタートを切らせまくっていて、4度企画で2度成功という状況。そしてここでの平野選手は投手がモーションに入る前からスタートを切った形で、山下投手も気づかずにそのまま投球。これを吉岡選手が捉えてタイムリー2ベースとなり、ついに勝ち越し。これでショックを受けたのもあったかと思いますが、死球を挟んで4連打。摺石投手も止められず計5点が入り試合は決まりました。
この時のランナーはギャンブルスタートのサインだったと湯浅監督は明かしてくれました。試合を通して攻める姿勢。これが王子の終盤での強さにつながったかな、と感じました。
吉岡選手は4番を任されながらこの試合まで17打席15打数ノーヒットという極度の不振状態。それでも使い続けた湯浅監督に応え、第3打席でヒットを放つと第4打席で決勝のタイムリー2ベース。応えた吉岡選手が見事でしたが、我慢した湯浅監督もすごかったなと感じる采配でした。
西濃運輸は振り返ると1回裏、3回裏のチャンスで押し出し死球の1点しか取れなかったこと。ここが全てだったかなと。6回、7回と宮崎投手に三者凡退に打ち取られ、相手に流れを渡してしまった。ただここまで山下投手はチームを救ってきたし、責められないかなと。
奥投手が最後投げて155kmの圧巻のパフォーマンス。こういうところからチームをのせていきたいですね。
第5代表決定戦は中2日空きますし、吉田投手が使えると思えば十分戦える状態かなと。
切り替えて代表の座をつかんでほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら


JR東海−東海理化 観戦記(2024年東海地区都市対抗2次予選)

6月8日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われたJR東海−東海理化の観戦記です。
第4代表トーナメントの1回戦。負けると第6代表トーナメント行き。負けられない一戦が重い展開になりました。

JR東海
000000000|0 H5 E0
00000001X|1 H5 E1
東海理化

JR東海
不後(14)、増子(15)−牛場
東海理化
池田大(19)−池間

投手成績
JR東海
不後 7回2/3 115球 被安打4 四死球5 三振6 失点1
増子 1/3 3球 被安打1 四球0 三振0 失点0

東海理化
池田大 9回 119球 被安打5 四死球3 三振9 失点0

(出場選手)
JR東海
6山崎(0) 9山本(5) 4吉田有(4) 7三村(8) 5平野(7) D吉田隼(9)→H水谷祥(1) 3上神(28)→H布施(2) 2牛場(33) 8松野(3)
東海理化
9鈴木(3) 8井貝(2) 5川上(23) 7齋藤(1) 3武藤(8) D池田健(22) 4中野(10) 2池間(12) 6近藤大(6)

(試合経過)
3回表、エラーと四死球で1死満塁。2番山本のショート後方の難しい打球を東海理化の近藤大が好捕。3番吉田有も三振に倒れ先制ならず。
8回裏、2死から2番井貝が2ベース。3番川上が四球。ここでピッチャー交代、増子。7番齋藤がしぶとくタイムリーを放ち、東海理化が均衡を破り先制。1−0
東海理化が競り勝って第4代表の2回戦に進出。

総評

ランナーは出るもののなかなかチャンスがお互いに作れない。盗塁をお互いに仕掛けるも決まらない(JR東海は2企画で成功0、東海理化は3企画で成功1)。そうなるとなかなか点が入らないですよね。
東海理化は8回裏、2死走者なしから井貝選手が2ベースを放ち、川上選手が四球でつなぎ、齋藤選手が変わった増子投手からタイムリー。1チャンスを生かした形に。こういう重い試合はやはりベテランの力が大きい。
そしてエースの池田大投手が課題と言われる立ち上がりをすんなりとこなすと、この日は3回表以外はほぼピンチもないくらい。3回表はエラー、四死球が絡んだので危なかったですが、ショート近藤大選手のファインプレーもあって0点に抑えた。徐々にチームがかみ合ってきている印象もありますし、この日4番に入った齋藤選手が決めたのも、今後に向けてはプラスになりそう。
JR東海はちょっと打線が深刻。投手はある程度しっかりと抑えているので、あとは点を取るだけ、なのですが・・・。
この日もシングルばかりで長打が0。足も封じられると苦しいですね。
JR東海は負けられない第6トーナメントへ。底力が試されます。

ピックアップ選手等はこちら


中京大−中部学院大 観戦記(2024年全日本大学野球選手権)

6月12日に神宮球場で行われた2回戦、中京大−中部学院大の観戦記です。
三連盟王座で当たる隣県対決。エースはお互いに完投していたので、2番手の先発投手の出来が勝敗を分けました。

中京大
000300000|3 H7 E2
000000000|0 H6 E0
中部学院大

中京大
安藤(16)−森瀬
中部学院大
長倉(19)、古澤(20)、小川(14)−竹中

投手成績
中京大
安藤 9回 131球 被安打6 四球0 三振9 失点0

中部学院大
長倉 3回0/3 45球 被安打4 四球1 三振2 失点3
古澤 2回 33球 被安打2 四球0 三振1 失点0
小川 4回 36球 被安打1 四球0 三振2 失点0

(出場選手)
中京大
9加藤(3) D鈴木(23) 8秋山(1) 4桑原(10) 3川瀬(5) 7狩俣(24) 2森瀬(22) 5金沢(33) 6福岡(6)
中部大
8佐藤(2) 9田中(1) 5森(10) D榎田(5) 7江川(3) 6林(4)→H外山(33) 3元山(6) 2竹中(27) 4桂(7)

(試合経過)
4回表、3番秋山、4番桑原の連打で無死1,2塁。5番川瀬が3ランホームラン。ここでピッチャー交代、古澤。1死から7番森瀬、8番金沢のヒットでチャンスを作るも後続が倒れ3点に留まる。3−0
5回裏、無死1塁から8番竹中のバントを1塁手が悪送球。無死1,3塁に。9番桂が三振。1番佐藤がゲッツーに倒れ0点。
6回表、ピッチャー交代、小川。
6回裏、安藤が三者連続三振の快投。
9回裏、1死1,2塁のピンチも代打外山、7番元山がともに1ゴロに倒れ試合終了。
中京大の安藤投手が完封。中京大が42年ぶりのベスト8進出を決めました。

総評

中京大の安藤投手に尽きる試合。
序盤からボールが走っていて、いきなり先頭バッターを出したものの、1死2塁のピンチをしのぐとスイスイと抑えていく。MAXも自身最速タイの147kmをマークし、投げやすそうな投球でこれまでの最長イニングの5回まで0点に抑える。6回に治療していたので心配しましたが、足のマメがつぶれたとのこと。大事には至らず、そのままマウンドに上がるとそこで三者三振。終盤はさすがに疲れが見えましたが、最後まで気力で投げ切って完封。元々はゴロアウトを取る投手でしたが、この日は三振9個。特にカットボールが有効だった印象です。
学生コーチから昨年秋の終わりに選手に復帰。そこから神宮で完封というシンデレラストーリーがすごかったです。
打つ方は4回表に5番の川瀬選手が3ランホームラン。チャンスで浮いてきたスライダーを捉えました。出来れば追加点を奪いたいところでしたが、そこから淡泊になってしまったところは課題。
中部学院大は長倉投手が先発。球威が本来のものではなく、3回までは上手く抑えたものの、4回にクリーンアップに捕まって3ラン。結局この1本だけということでしたが、防ぎようはなかった印象でしたし仕方ないかな。
気になったのは攻撃で、先頭を出した場面でバントを選択することが多かった点。ちょっと間宮監督らしからぬ消極策でした。佐藤選手、江川選手が複数安打を放ちましたが、ランナーのいるところで回せなかった。3ランで後手に回ってしまった形でしたね。
中京大は42年ぶりのベスト8進出。青山学院大との対戦。高木投手次第になると思いますが、高木投手がどれだけ投げられるかも楽しみです。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
12日
社会人オープン戦
13日
選手権愛知大会
豊田球場
14日
選手権愛知大会
小牧球場
15日
選手権愛知大会
熱田愛知時計120スタジアム
19日
選手権三重大会
20日
選手権愛知大会
21日
選手権愛知大会
22日
選手権愛知大会
Recent Comments
  • ライブドアブログ