6月5日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われた第1代表決定戦、三菱自動車岡崎−ヤマハの観戦記です。
ヤマハがベテランの九谷投手を立てたのに対し、三菱自動車岡崎はルーキーの田中投手を先発に起用しました。

三菱自動車岡崎
0000010101|3 H9 E2
0000110002|4 H9 E1
ヤマハ

三菱自動車岡崎
田中(12)、坂巻(34)、神原(16)−西川
ヤマハ
九谷(13)、沢山(34)、有本(11)、河野(16)、近藤(19)−大本

投手成績
三菱自動車岡崎
田中 5回 80球 被安打6 四死球2 三振4 失点1
坂巻 4回 66球 被安打3 四球1 三振1 失点1
神原 1/3 8球 被安打0 四球0 三振0 失点2(自責点0)

ヤマハ
九谷 5回 60球 被安打2 四球1 三振1 失点0
沢山 1/3 19球 被安打2 四球0 三振0 失点1
有本 1回2/3 27球 被安打1 四球1 三振2 失点0
河野 1回 13球 被安打2 四球0 三振0 失点1
近藤 2回 36球 被安打2 四球0 三振2 失点1(自責点0)


(出場選手)
三菱自動車岡崎
9豊住(24) D小室(6) 5荒井 7山田→H里見→7大工原 3伊藤 4古川 8中村奎 2西川 6斎藤
ヤマハ
D矢幡(1) 3秋利(4) 9網谷(5) 2大本(22) 6永濱(7)→4 4宮崎(2)→6相羽(10) 8前野(25)→H桃谷(26)→R野澤(23)→7中田(24) 5藤岡(3)→H小林(6)→5 7西村(0)→8

(試合経過)
5回裏、2死3塁から2番秋利がしぶとくライト前に落ちるタイムリー2ベース。ヤマハが先制。1−0
6回表、ピッチャー交代、沢山。1死1,3塁でピッチャー交代、有本。3番荒井が同点タイムリー。1−1
6回裏、ピッチャー交代、坂巻。1死3塁から6番相羽がタイムリー。ヤマハが勝ち越し。2−1
8回表、ピッチャー交代、河野。無死2塁から2番小室がタイムリー。尚も1死3塁とするも代打里見、5番伊藤が倒れ同点止まり。2−2
9回表、ピッチャー交代、近藤。先頭の古川が2ベース。1死3塁となるも、8番西川、9番斎藤を打ち取って0点。
タイブレークに突入。
10回表、先頭の豊住が三振。2番小室の2ゴロで4−6のあと、1塁送球をファーストが取れずに2塁ランナーが生還。2死2塁から3番荒井のセンターへのヒットで2塁ランナーがホームを突くもセンターの西村からすごい返球が返ってきてタッチアウトに。三菱自動車岡崎は勝ち越すも1点止まりに。
10回裏、秋利が送って1死2,3塁。3番網谷が2ナッシングから粘ってフルカウントまで持っていき、ショートへやや弱いゴロをホームへ投げようと焦ったかショートが逸らして外野まで転がる中、2者生還しヤマハがサヨナラ。
タイブレークを制し、ヤマハが第1代表の座を獲得しました。本戦への出場は6年連続45回目となります。

総評

三菱自動車岡崎は笠井投手ではなく田中投手が先発。ちょっと意外でしたが田中投手が好投し、ヤマハ打線を5回の1点で抑えたのがこの試合を競った好ゲームに持ち込むことに。
三菱自動車岡崎としては、6回表、8回表と点を取って追いついたのですが、尚ものチャンスで逆転できなかった。9回表も含めて勝ち越すチャンスはあっただけに、9回までに勝負をつけたかった形。
ただ、秋山翔投手、笠井投手を残してこの試合を終えましたし、ヤマハを追い詰めた力はかなりのもの。代表の座はしっかりと確保しそうです。
坂巻投手のロングリリーフも今後に向けては好材料に。
ヤマハはプロ注目の沢山投手を6回に登板させましたが、ボールがあまり走っておらず、ヒット2本を打たれたところで早々に交代。ちょっと今後に影を落としそうな投球になってしまいました。
逆に目立ったのはそこから投げた有本投手。155kmをマークし、アベレージで150kmを超えるスピードは魅力たっぷり。不安定さも少し見えましたが、来ていたスカウトさんに大きなアピールとなりました。
ヤマハは予選を通じて苦しい試合が多かったですが、それを粘って勝ち切るところが例年にない強さ。土壇場で西村選手のスーパープレーがありましたし。
投手陣もまっすぐが速い投手が多く、地力の高さを感じる試合でした。
昨年は本戦で準優勝。今年はその上を狙えるチームに感じますね。補強をどうするかも注目になります。

ピックアップ選手等はこちら