5月23日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われた第2試合、三菱自動車岡崎−ジェイプロジェクトの観戦記です。
今季は苦戦が続くジェイプロジェクトがどういう戦いを見せるか、注目して観戦しました。

三菱自動車岡崎
020100004|7 H12 E0
000001000|1 H10 E0
ジェイプロジェクト

三菱自動車岡崎
秋山(21)、田中(12)、鈴木(13)、神原(16)−西川
ジェイプロジェクト
三木(17)、弉(20)、菅原(22)、藤田(19)−田中、浅野

投手成績
三菱自動車岡崎
秋山 6回 92球 被安打6 四球2 三振3 失点1
田中 1回 26球 被安打3 四球0 三振2 失点0
鈴木 1回 16球 被安打1 四球0 三振0 失点0
神原 1回 7球 被安打0 四球0 三振1 失点0

ジェイプロジェクト
三木 3回2/3 67球 被安打6 四死球2 三振5 失点3
弉 3回1/3 42球 被安打1 四球1 三振0 失点0
菅原 1回1/3 38球 被安打4 四球1(1) 三振1 失点4
藤田 2/3 12球 被安打1 死球1 三振0 失点0

(出場選手)
三菱自動車岡崎
9豊住(24) 3小室(6) 5荒井(5) D宮野(33)→H菅原(3) 7大工原(27)→H里見(28)→7山田(29) 4古川(7) 8中村奎(31) 2西川(10) 6斎藤(9)
ジェイプロジェクト
3満田颯(13)→H今井(10)→3 4片岡(2) 9上宮田(34) 8橋本恭(23)→8村口(7) D加藤(0) 7玉越(44)→H岡田宗(5)→7→7岡田一(27)→8 5橋本太(25)→R鈴木(66)→5岡本(51) 2田中(38)→H池尾(32)→2浅野(37) 6宮内(6)→H木内(4)

(試合経過)
2回表、2死満塁から9番斎藤が2点タイムリー。三菱自動車岡崎が先制。2−0
4回表、1死満塁から1番豊住が犠牲フライ。ここでピッチャー交代、弉罅3−0
4回裏、2死2塁から5番加藤のヒットで2塁ランナーがホームを狙うも、レフトの大工原の好返球でタッチアウト。得点ならず。
6回裏、1死3塁から5番加藤がタイムリー。3−1
7回裏、ピッチャー交代、田中。1死から3連打で満塁。3番上宮田、4番橋本恭が連続三振に倒れ得点ならず。
8回表、ピッチャー交代、菅原。
8回裏、ピッチャー交代、鈴木。
9回表、1死2,3塁から3番荒井が2点タイムリー2ベース。代打菅原がタイムリー。ここでピッチャー交代、藤田。1死満塁から7番中村奎の犠牲フライ。この回4点追加。7−1
9回裏、ピッチャー交代、神原。
三菱自動車岡崎が初戦を勝ちました。

総評

三菱自動車岡崎はあんまりジェイプロジェクトとは相性が良くない。そんな中、2回表に簡単に2者が倒れたところから、2年目の古川選手、中村奎選手の連打でチャンスを作り、3年目の9番斎藤選手が2点タイムリーを打った。この先制点が大きかったように思います。
4回表には犠牲フライで加点。ジェイプロジェクトの三木投手もボールはよかっただけに、早めに降板させたのは大きかったですね。
ただ、その後は追加点を奪えず、秋山投手が6回に失点。ちょっと流れが悪い中で2番手の田中投手が7回裏に1死満塁のピンチを作る。ここで点が入ると試合は分からなかったですが、ここを連続三振で抑えて大きく勝利に近づいた、そんな展開でした。
秋山投手は昨年よりやや球がうわずり、ボールが走っていない印象でした。この日も結構ヒットは打たれましたが、それでも6回を1失点に抑えるあたりはさすが。エースとして今後の投球も期待したいですね。
ジェイプロジェクトは2番手の弉翕蠎蠅好投し、試合を作って終盤勝負に持ち込めたあたりは狙い通りだったかと。7回裏の1死満塁で3番4番。ここで何とかしたかった。5回裏にも2死満塁というチャンスだったので、点差よりは紙一重の試合でした。
今季は打線で苦しんでいた中、この日はヒット10本。あと1本が出なかったと言えますが、これだけヒットが出たことをプラスにしていきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら