カラオケ行こ
「カラオケ行こ!」を観てきました。

(あらすじ)
中学校で合唱部の部長を務める岡聡実は、ある日突然、見知らぬヤクザの成田狂児からカラオケに誘われる。戸惑う聡実に、狂児は歌のレッスンをしてほしいと依頼。組長が主催するカラオケ大会で最下位になった者に待ち受ける恐怖の罰ゲームを免れるため、どうしても歌がうまくならなければならないのだという。狂児の勝負曲は、X JAPANの「紅」。嫌々ながらも歌唱指導を引き受ける羽目になった聡実は、カラオケを通じて少しずつ狂児と親しくなっていくが……。(映画.comより)

面白かったです。ツッコミどころは多いのですが、そこも含めて楽しめる作品かな、と。
綾野剛は歌が上手くないって設定のはずなのですが、普通に上手い(笑)。
まぁ裏声なのは確かに、なのですが・・・。
競うべき方々の歌のが基本厳しいので、そんな無理しなくてもいい気がしてしまうのですが。
まぁそういう部分も含めて楽しむ作品なのでしょう。
部長がそんなに部活に出なくていいの?とか、気になることは多かったですが、舞台は大阪ですし、色々楽しめました。
カラオケ、久々に行きたくなった(笑)。

☆4つで