4月23日に誉Gで行われた木曽川−丹羽の観戦記です。
丹羽は県大会に進んだチーム。対して木曽川は2,3年生で8人しかいなくて、1年生を入れてようやく9人そろったチーム。さすがに丹羽に分があるかな、と思ったら、木曽川が序盤からペースを掴んだ試合になりました。
5回終了までの観戦記になります。

木曽川
2000210041|10
0110101232|11
丹羽
(延長10回タイブレーク)

木曽川
栗本(1)、鵜瀬(4)、栗本(1)−佐藤
丹羽
梶(10)−伊藤

(スタメン)
木曽川
2佐藤 3近藤璃 6近藤蒼 8小池 1栗本 4鵜瀬 7青木 9大隅 5梅田
丹羽
8鈴木 4堀 2伊藤 7清水 3岩井 9天野 5星野 1梶(10) 6吉田(16)

(試合経過)
1回表、1死2,3塁から4番小池の3ゴロがタイムリーエラーに。1死2,3塁から5番栗本がタイムリー。木曽川が2点先制。2−0
2回裏、1死満塁から8番梶の遊ゴロ2塁封殺の間に1点。2−1
3回裏、ピッチャー交代、鵜瀬。無死満塁から5番岩井の押し出し四球。6番天野の中飛で3塁ランナーがタッチアップを狙うもホームタッチアウト。好返球でした。2−2
5回表、1死2,3塁から6番鵜瀬が2点タイムリー2ベース。4−2
5回裏、ピッチャー交代、栗本。2死1塁から7番星野がタイムリー3ベース。4−3
ここで球場を後にしました。
試合はその後もつれ、タイブレークの末、丹羽が勝ちました。

短評

木曽川は上位打線から中軸に上手く打線がつながって、得点を取っていました。栗本選手は左でまずまずの球を投げていて、センターに入っていた時は好返球を見せる等、能力の高さを見せてくれました。4人の3年生の奮闘が光りました。
丹羽はミスが失点につながる苦しい流れ。得点も1点は入っても、尚ものチャンスを活かせない、そういう苦しい試合でしたが、終盤粘って追いついてタイブレークに持ち込んだようです。こういう苦しい試合は選手を成長させると思いますので、反省点を次に活かしていってほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら