12月27日にAGF鈴鹿体育館へ女子日本ハンドボールリーグを見に行ってきました。
三重バイオレットアイリスは昨年の2月に見て以来。ホームで見るのは初でした。
AGF鈴鹿体育館は初めて行きましたが綺麗な体育館でした。若干寒くは感じましたがこれは仕方ないですね。

三重バイオレットアイリス26−23ザ・テラスホテルズ

前半は13−12

序盤から三重バイオレットアイリスペースで試合が進み、5点リードくらいまで行ったものの、そこからテラスホテルズが反撃して1点差で前半終了。

DSC_2254_1

後半も同じような感じで三重バイオレットアイリスがリードするも、テラスホテルズが追いつき19−19で同点に。ここで奮起したのが主将の林選手。連続して3点続けて点を取ってリードを広げ、そのままリードを保って勝利を収めました。
DSC_2281_1DSC_2295_1
スピード感は男子とは違いますが、女子もやはり走りっぱなしで接触も多く、見ていて面白いと感じるのがハンドボール。
また見に行きたいと思いますね。
DSC_2308_1
飯塚選手がすごくきれいな選手でびっくりしました。
それでいてしっかりと点も取れる選手。また応援したいですね。
DSC_2326_1
ザ・テラスホテルズで印象に残ったのは藤岡選手。180僂猟洪帆手。やはり目立ちますね。
DSC_2248_1DSC_2245_1
結構写真は撮れるんですよね。そういう意味でもハンドボールは面白いです。見てみると印象が変わるスポーツですね。
DSC_2335_1

この試合の写真アルバムはこちら