シンウルトラマン
「シン・ウルトラマン」を観てきました。

(あらすじ)
謎の巨大生物「禍威獣(カイジュウ)」が次々に現れ、その存在が日常となった日本。通常兵器が全く通用せず事態が長期化する中、政府は禍威獣対策の専従組織・通称「禍特対(カトクタイ)」を設立する。田村君男(西島秀俊)を班長に、さまざまな分野のスペシャリストから成るメンバーが任務に当たる中、銀色の巨人が突如出現。巨人対策のため、禍特対には分析官・浅見弘子(長澤まさみ)が新たに配属され、作戦立案担当官・神永新二(斎藤工)と組む。

個人的にはウルトラマンは子供の頃に再放送等で観ていた世代。めちゃめちゃはまったとか、ちゃんとシリーズで観たとか、そういうのはしていない人間です。
最近のシリーズとかも観ていないんですよね。特撮は戦隊、ライダーは見ているのに。

単純に映画として見たのですが・・・。
なんで演技の上手い役者さんが大根になっているんだろうってのと、長澤まさみを庵野さん、好きすぎだろってのが気になりました。
特に序盤が・・・。セリフに役者さんがついていけてなくて、棒読みになってしまっているのが気になる。全体的に演技が下手に見えてしまうのはなぜだろう。普段気にならない役者さんまで。
監督さんの問題なのだろうか。

そして長澤まさみに対して性癖ですぎだろ、ってのが・・・。まぁ庵野さんの趣味なんでしょうが(笑)。

エヴァとかで慣れた声優さんを使った方が、緊迫感も出て良かったのでは、と感じる作品になってしまいました。
それでも面白いとも思えたのですが。

気になる部分を引いて、評価は3.5で。