FE名古屋84−78バンビシャス奈良

途中お互いになかなかシュートが入らず停滞した時間があったのですが、試合が終わってみるとこれくらいの点数になるのがバスケットの不思議、ですね。^^;

名古屋の勝因は後半に宮崎選手が3ポイントを3つ立て続けに決めたこと。一方バンビシャス奈良はシュートの成功率が低く、3ポイント、フリースロー共になかなか決められませんでした。この差が点数の差になったな、と。

終盤のファール合戦みたいなのも無かったし、試合としては面白かった。

枇杷島スポーツセンターでの試合は久々に見た気がしますが、演出も多くて楽しいですね。コロナ禍で声が出せないのは寂しいですが・・・。

DSC_3376_2DSC_3406_2DSC_3385_2DSC_3399_2DSC_3399_2DSC_3419_2DSC_3397_2DSC_3479_2