稀勢の里引退。

成績からして仕方ないですよね。遅すぎた気もするし・・・。

周囲の期待とか、教会、横審、そういうものを背負わされすぎて、本当に強くなれないまま終わった。そういう印象です。
まぁ元々気持ちの弱さというか、プレッシャーに弱い部分があって、横綱の器ではなかった気もしますが、そもそも大関昇進時、横綱昇進時、プレッシャーを乗り越えてない状態で上げたことが、寿命を縮めたと思います。

そもそもそこで待ったをかけていたら横綱になっていなかったかも知れませんが・・・。タラレバですが、プレッシャーを乗り越えて大関、横綱に昇進出来ていたら、もう少し横綱で勝てる力士になった気がします。

いい親方になれるかどうか、こればっかりは分かりませんが、元横綱として、今後相撲協会を良くしていってほしいですね。

お疲れさまでした。