新企画です。先日行われた明治神宮大会。
その試合を一通り録画いたしました。

観戦記を、というリクエストもいただきましたが、さすがに全部を見て観戦記をまとめている時間がないので、投手に絞って個人的な感想や特徴をUPしていこうと思います。今日はその第一回。

旭川南
浅沼 。嫁生
181cm 68kg 左投左打 細身の長身サウスポー。
左のオーバーハンド。常葉菊川戦ではとにかくボールが抜けていました。MAX130k。120k後半のまっすぐと100k台のカーブのコンビネーションが中心。カーブも大きなカーブと速いカーブの2種類がありました。ややセットからのフォームが大きく感じました。

常葉菊川
田中 2年生
177cm 74kg 左投左打
左のオーバーハンド。テイクバックの小さいフォームで腕の振りは中々速い。旭川南戦ではコントロールに苦しんでいました。カーブの切れがよく、この球が決まると投球が楽になりますね。MAXは133k

戸狩 1年生
176cm 72kg 左投左打
ややスリークォーターに近いところから投げてきます。フォームもやや変則。スライダー、カーブに外のカットと思われる球が中々有効。コントロールがいいですね。MAXは131k

広陵
野村 。嫁生 
176cm 66kg 右投右打
右のオーバーハンド。とにかくスライダーが多いピッチャー。スライダーも2種類投げてました。外のスライダーにはかなり自信があるよう。まっすぐも137kを計時。ちょっとスライダーに頼りすぎかな?

上本 2年生
177cm 64kg 左投左打
左のオーバーハンド。カーブ中心のピッチャー。かなりカーブが大きい。MAX130k。コントロールは普通かな?

帝京
大田 。嫁生
右のオーバーハンド。重いボールが武器とのこと。MAX144kを計時。ただ、球速ほど速さを感じないかな?カーブ、スライダー、フォークと変化球を投げ分けます。コントロールがアバウトなだけに、磨けるといいですね。

何回かに分けて地道にやっていきます。あくまでも個人的な感想なのでご容赦ください。少しでも選抜大会の参考になったらうれしいですね。