コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2021年夏

石部−八幡商 観戦記(2021年高校野球選手権滋賀大会)

7月14日に皇子山球場で行われた第2試合、石部−八幡商の観戦記です。
伝統校の八幡商がどういう試合を見せるかに注目して観戦しました。

石部
000000|0 H3 E5
320302|10 H10 E1
八幡商
(6回コールド)

石部
古賀、尾曲−茂田
八幡商
松田、川岸−前田

投手成績
石部
古賀(1) 3回2/3 73球 被安打8 四球3 三振0 失点8(自責点2)
尾曲(10) 2回1/3 28球 被安打2 四球1 三振0 失点2(自責点0)

八幡商
松田(1) 3回 32球 被安打1 四球0 三振1 失点0
川岸(18) 3回 33球 被安打2 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
石部
4多川 6三木 5村山 3廣岡 8井ノ口 2茂田 9武村 1古賀→1尾曲(10) 7永田
八幡商
9冨永 6日向 8平田 7宍戸→7福本(10) 4青木 5大角(14)→3 3紀伊→5北川 1松田→H橋本(15)→1川岸(18) 2前田

(試合経過)
1回裏、1死2,3塁から4番宍戸の遊ゴロエラーで1点。無死2,3塁から5番青木の2点タイムリー。八幡商が3点先制。
2回裏、2死3塁から2番日向がタイムリー。更に2死2塁から3番平田がタイムリー。5−0
4回裏、1死3塁から2番日向のタイムリー。2死2塁から4番福本、5番青木が連続タイムリー。ここでピッチャー交代、尾曲。8−0
6回裏、無死3塁から3番平田のライトフライを落球で1点。更に無死2塁から4番福本がタイムリー2ベース。これでコールド成立。八幡商が勝ちました。

八幡商が快勝。
相手のミスが絡んでチャンスが拡大したところでタイムリーが出たので、かなり序盤から楽な展開になりました。
4番でも打てなければ交代して、その選手が2本のタイムリー。こういう競争はこの後の戦いを考えてもいいですよね。
盗塁8つと相手の弱点をしっかりと突いた攻撃も光りました。
石部高校は8年ぶりの単独チームでの出場だったとのこと。
3年生は3人。秋も10人ということで単独で戦えるということですよね。
ピッチャーの古賀投手が2年、尾曲投手が1年。この夏のマウンドの経験を秋以降に活かしてほしいです。ヒットを打った3人(三木、武村、永田)も残ります。新チームに期待ですね。

ピックアップ選手等はこちら

甲西−北大津 観戦記(2021年高校野球選手権滋賀大会)

7月14日に皇子山球場で行われた滋賀大会、甲西−北大津の観戦記です。
雷がゴロゴロなったりして、試合開始がやや遅れたりしましたが、雨はそんなに降らずに行われました。

甲西
000000000|0 H5 E1
20030000X|5 H8 E0
北大津

甲西
森田、北村−廣田
北大津
徳本、佐野樹−柿本

投手成績
甲西
森田(1) 3回1/3 59球 被安打7 四球2 三振0 失点5
北村(10) 4回2/3 46球 被安打1 四球1 三振2 失点0

北大津
徳本(18) 6回 51球 被安打4 四球0 三振2 失点0
佐野樹(11) 3回 36球 被安打1 四球0 三振3 失点0

(出場選手)
甲西
5前川→6 8小松 4内林 2廣田 7小山 3佐川 1森田→1北村 6稲垣→H萬里小路→5江見 9大藪
北大津
5藤澤(2) 6青田 2柿本(5) 9上坂(1) 8大西(3)→3 7桂田 3曽我(13)→H大林(8)→8 4牧野 1徳本(18)→1佐野樹(11)

(試合経過)
1回表、2死2塁から4番上坂がタイムリー2ベース。5番大西がタイムリー。北大津が2点先制。
4回表、無死1,3塁でスクイズ失敗。1死1,2塁から9番徳本が2点タイムリー3ベース。1番藤澤がタイムリー。ここでピッチャー交代、北村。5−0
5回表、先頭バッターの小山がヒットで出塁。バントヒットに犠打で1死2,3塁となるも代打萬里小路、9番大藪が倒れ0点。
北大津が勝ちました。

北大津が快勝。
初回に2死から4番上坂選手、5番大西選手の連続タイムリー長短打で先制。4回にはスクイズ失敗のいやな流れのところで、9番投手の徳本選手が2点タイムリー3ベースを放ち、かなり楽にしました。
ただ、リリーフの北村投手を打ちあぐみ、登板後ヒット1本に抑えられたのは反省材料ですが、次の試合の糧にしてほしいですね。
4番の上坂選手は評判の高い打者で、初回は逆方向に叩いてライトフェンス直撃。パワーを感じました。
甲西は先頭を出した3回、5回に何とかしたかったですが、5点追いかけるところで無死1塁でのバントはちょっと残念でした。ヒットになってチャンスは拡大しましたが、攻めの采配が見たかったです。
どんどん早いカウントから打っていきましたが、それが徳本投手の術中にはまった印象でした。

ピックアップ選手等はこちら

白子−四日市 観戦記(2021年高校野球選手権三重大会)

7月12日に四日市霞ケ浦球場で行われた白子−四日市の観戦記です。
夏の三重大会に来るのは調べたら2015年以来。すごい久々でした。
大会誌、あとわずかとのこと。昨年無かった影響でしょうか。

白子
0030020000|5 H8 E1
202000010|5 H11 E1
四日市
(降雨引き分け再試合)

白子
小林航−内田
四日市
古田−藤井風

投手成績
白子
小林航(5) 9回 132球 被安打11 四球1 三振6 失点5(自責点4)

四日市
古田(10) 10回 137球 被安打8 四死球4 三振9 失点5

(出場選手)
白子
8儀賀(1) 6大西 3小林陽 (8) 2内田 4森(3) 1小林航(5) 7浦野(9)→9 9片岡(10)→H鈴木(13)→7堀木 5堀江(4)
四日市
5小林 7太田(15)→9 6佐々木 2藤井風 4佐藤→R西塚(14)→4 9岡本→8 8宮崎(7)→7 3藤井雄 1古田(10)

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番藤井風の遊ゴロで1塁送球時にアウトに見えたのですが、捕球時に足が離れたという判定でセーフになり、2塁ランナー生還。更に2死2塁から5番佐藤のタイムリー2ベース。四日市が2点先制。
3回表、1死1塁から1番儀賀が2ランホームラン。更に2死2塁から4番内田のタイムリー。白子が逆転。3−2
3回裏、無死1,2塁から4番藤井風のタイムリー2ベース。更に1死2,3塁からボークがあり1点。四日市が再逆転。4−3
6回表、無死1,3塁から5番森のセーフティスクイズでホームに投げるも野選となりセーフ。更に送球が逸れて無死2,3塁。四球で無死満塁から7番浦野の遊ゴロゲッツー崩れの間に1点。白子が再々逆転。5−4
8回裏、1死2塁から6番岡本がタイムリー。5−5。更に2死2塁から8番藤井雄がヒットを放つもセンターからの返球でタッチアウトに。
延長に入ります。
10回表に白子の内田選手が頭部に死球。その後、10回表終了時に、治療で中断。そこから雷雨となり、長期中断になりました。

結局雨で引き分け再試合となったようです。

シーソーゲームの試合。
途中で熱中症による足痙攣での中断もありましたし、最後は雷雨による中断、引き分け再試合。
普段あまり再試合っていいと思わないのですが、この試合に関してはやり直しが出来て良かったかな。
なんとかいい条件で決着がつけられるといいですね。
お互いの4番捕手に注目した試合でしたが、白子の内田選手は4安打。四日市の藤井選手はタイムリー2ベースを放ち存在感を示しました。
ただ、四日市の方がやや攻めあぐねた印象。小林航投手が上手く高めを使うようになって、四日市はてこずりました。
白子の儀賀選手のホームランはお見事。小躍りしながらベースを一周する選手を久々に見た気がします^^

ピックアップ選手等はこちら


津島東−一宮起工科 観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月11日に小牧球場で行われた第3試合、津島東−一宮起工科の観戦記です。
実は昨年、同じカードを観戦していました。その時とは打って変わっての接戦となりました。

津島東
201000010|4 H7 E0
000000100|1 H10 E4
起工科

津島東
山田、横井−早川
起工科
藤村−勇

投手成績
津島東
山田(1) 7回 108球 被安打8 四球1 三振7 失点1
横井(18) 2回 28球 被安打2 四死球3 三振0 失点0

起工科
藤村(1) 9回 142球 被安打7 四死球4 三振7 失点4(自責点1)

(出場選手)
津島東
6宮川 8小鹿 7近藤(12) 3宮島(11) 5林(3) 1山田→R松澤(19)→1横井(18) 9山本 2早川 4島谷→H加藤(10)→4神谷(16)
起工科
6加藤 4野口 1藤村 9池田 5松下 8二村 3江崎 7竹中→H鈴木(13)→7伊藤(11) 2勇

(試合経過)
1回表、2死満塁から6番山田が2点タイムリー。津島東が2点先制。
3回表、2死3塁から7番山本がタイムリー。3−0
7回裏、先頭の6番二村がホームラン。更に1死満塁のチャンスを作るも2番野口、3番藤村が倒れ1点止まり。3−1
8回表、1死2塁からワイルドピッチでやや緩慢な動きのところをランナーが本塁まで生還。4−1
8回裏、1死満塁となるも、代打鈴木がキャッチャーゴロで2−2−3のダブルプレーに。
9回裏、1死3塁から2番野口のセンターライナーで3塁ランナーがタッチアップ。ホームセーフも津島東が3塁離塁のアピールをすると離塁が早かったという判定でアウトに。試合終了となり、津島東が勝ちました。

起工科とすれば立ち上がりの初回にエラーが重なり、四球と合わせて無死満塁に。ここから連続三振でピンチを脱出しかけたのですが、6番の山田選手に2点タイムリーを打たれて失点。ここから後手後手に回ってしまいました。
4回にはショートの加藤選手のファインプレーもあって、何とか3点で踏みとどまっていたのですが、4回の1死2,3塁、7回の1死満塁、8回の1死満塁とチャンスを活かせなかったのが痛かった。
4点目も緩慢な動きが原因でしたし、ミスや甘さがやや目立つ試合になってしまいました。
藤村投手は力があって、2年生の二村選手も反撃ののろしとなるホームラン。新チームはこの経験を活かして県大会進出を目指してほしいですね。
津島東は守備が固く、打撃もチームとしての形の良さを感じました。
エースを7回で下ろしたのもどうかな、と思いましたが、なんとか横井投手も踏ん張って勝利に。
こういう思い切りのよい采配も大きなポイントだったかな、と思います。
次は私学の愛産大工が相手ですので、厳しい戦いになると思いますが、この日のように先手を取って相手を焦らせたいですね。

ピックアップ選手等はこちら

西春−豊田 観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月11日に小牧球場で行われた第2試合、西春−豊田の観戦記です。
勝った方がシード校の東浦と対戦する2回戦。好カードとして注目していたので観戦しました。

西春
020000110|4 H9 E1
010100102|5 H9 E1
豊田

西春
尾関−柄澤
豊田
小川、高柳−福本

投手成績
西春
尾関(1) 8回1/3 115球 被安打9 四球2(申告敬遠2)三振10 失点5(自責点4)

豊田
小川(1) 7回 106球 被安打8 死球1 三振6 失点3
高柳(6) 2回 32球 被安打1 四球0 三振3 失点1

(出場選手)
西春
4八神 5杉本 6牛丸 7丹羽 2柄澤 9野田(8) 8廣畑(9) 3鈴木 1尾関
豊田
9安藤健(7) 3岸川→4 2福本 1小川→3安藤駿(16)→H影山(9) 8濱地 6高柳→1 4前田→6 5野村 7國枝(17)

(試合経過)
2回表、2死1,3塁から9番尾関が2点タイムリー3ベース。西春が2点先制。
2回裏、2死2塁から7番前田がタイムリー。2−1
4回裏、1死3塁から5番濱地がタイムリー。2−2の同点に。
7回表、1死3塁から2番杉本のタイムリー。西春が勝ち越し。3−2
7回裏、2死2塁から8番野村がタイムリー。再び同点。3−3
8回表、2死から6番野田が勝ち越しソロホームラン。4−3
9回裏、1死2塁から5番濱地がタイムリー3ベース。同点。2者連続申告敬遠で満塁策。8番野村がピッチャーの足元を抜くタイムリーで豊田が逆転サヨナラ勝ち。

第2試合で晴れてきたので急激に気温が上がった中での試合。
西春の八神選手、杉本選手、豊田の小川投手が足に痙攣を起こし、その都度、中断となってしまう状態に。
結局小川投手は8回のマウンドに上がる際になって、戻れずに交代となってしまいました。
ただ、小川投手がそういう状態になってからの方がチームとしては一つになった印象。
最後の逆転サヨナラも何とかエースをもう一度次の試合のマウンドに、という気持ちが起こした逆転劇という感じがしました。
西春は7回、8回と2度勝ち越し。8回のホームランでの勝ち越しは正直勝負が決まった、と思いました。尾関投手も内容が良かったうえに球威も落ちていなかったですし。それを上回った豊田高校の粘り。見事でした。
最後の満塁策も仕方ないと思いましたし、そこまで無四球だった尾関投手を信頼して、ということだったと思います。
お互いに力を発揮した好ゲームでした。小川投手の涙。次の試合に回復して投げられることを祈りたいですね。

ピックアップ選手等はこちら

一宮商−豊川 観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月11日に小牧球場で行われた一宮商−豊川の観戦記です。
2回戦ですがお互いに初戦。豊川のエース白須投手の出来に注目して観戦しました。

一宮商
00000|0 H1 E5
014X|18 H16 E0
豊川
(5回コールド)

一宮商
若森、新垣、岩瀬−岩瀬、若森
豊川
白須、田崎−門田、江上

投手成績
一宮商
若森(1) 3回0/3 69球 被安打8 四死球5 三振2 失点8
新垣(6) 2/3 32球 被安打6 四球0 三振0 失点9(自責点4)
岩瀬(2) 1/3 16球 被安打1 四球1 三振1 失点1

豊川
白須(1) 4回 47球 被安打1 四球0 三振7 失点0
田崎(10) 1回 16球 被安打0 四球0 三振3 失点0

(出場選手)
一宮商
1若森→6→2 8田中 2岩瀬→1 9片山 6新垣→1→6 7森 5原 4伊地知 3田辺(13)
豊川
4中濱 9澤田 6小林 5近藤 3河合 2門田→2江上(12) 7三谷→H彦坂(20) 1白須→H伊藤隆(15)→R青木(14)→H山田(13)→1田崎(11) 8家田

(試合経過)
1回表、先頭の若森が右中間を破る2ベース。チャンスを作るも後続が倒れ0点。
2回裏、2死1,2塁から9番家田のタイムリー2ベース。豊川が先制。1−0
3回裏、2死1塁から6番門田のタイムリー2べース。尚も2死満塁から9番家田が押し出し四球。1番中濱が2点タイムリー。5−0
4回裏、無死1,2塁から5番河合がタイムリー。ここでピッチャー交代、新垣。6番門田がタイムリー2ベース。無死満塁から代打伊藤隆がタイムリー。9番家田の3ゴロの間に1点。1死満塁からタイムリーエラー。3番小林の2点タイムリー2ベース。更にタイムリーエラー。5番河合のタイムリーにエラーが絡んで1点。2死3塁から代打彦坂がタイムリー3ベース。ここでピッチャー交代、岩瀬。代打山田が2ランホームラン。結局打者17人で13点。18−0
5回は田崎がマウンドに上がり三者三振で抑え試合終了。
豊川が大勝しました。

豊川が大勝。
ただ、3回まではそれなりに試合になっていたんですよね。一宮商も若森投手は豊川打線をある程度抑えていました。
ただ、3廻り目くらいはさすがに捉えられて、リリーフに託しましたが、ここに守備の乱れも重なっての大量失点。これは仕方ないかな。
一宮商は珍しく、と言ったら失礼かもしれませんが、ベンチ入りが20人埋まっているんですよね。そして、ある程度は戦えた。少しずつ強化しているのかもしれません。厳しい経験でしたけど、新垣選手を中心に、この経験を活かせるように新チーム、頑張ってほしいと思います。
豊川はちょっと物足りない印象を感じたのは事実。4回に長打も出始めてらしさもみせましたが、あまり良くない形で打っているバッターもいました。
代打でホームランを打った山田選手等、アピールした選手を上手く絡めて、状態を上げていきたいですね。
白須投手は132kmくらいがMAX。コントロールが良くまとまっているな、という印象でした。
田崎投手はややばらつきが見えた投球。この辺りも状態を上げていって次戦以降に挑みたいですね。

ピックアップ選手等はこちら


旭丘−大成 観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月10日にパロマ瑞穂球場で行われた第3試合、旭丘−大成の2回戦の観戦記です。
旭丘の藤田投手は注目していたサウスポー。大成相手にどういうピッチングを見せるか注目して観戦しました。

旭丘
001100000|2 H8 E1
000000000|0 H3 E0
大成

旭丘
藤田−菊谷
大成
内田、石川−横井

投手成績
旭丘
藤田(1) 9回 108球 被安打3 四球0 三振7 失点0

大成
内田(1) 4回 68球 被安打7 四球2 三振4 失点2
石川(10) 5回 50球 被安打1 四球0 三振2 失点0

(出場選手)
旭丘
6西口 4中村(14)→4石井 7青山 3宮川 1藤田 5堀野 9奥村(19) 2菊谷 8近藤
大成
6島畑(5)→5 8小澤→H鵜飼(9)→8 9矢野(19) 3矢代7西浦→H寺岡(17)→7 5足立(14)→6岩田柚→4 4杉本→H岩田敢(13)→6辻本(16) 2横井 1内田→1石川(10)

(試合経過)
3回表、2死満塁から4番宮川の3ゴロで3塁手が2塁ランナーをタッグに行くもタッグ出来ずに3塁到達。ただ、ここでオーバーランしたところをアウトになるも、その前に3塁ランナーが生還しており、旭丘が1点先制。1−0
4回表、2死満塁から1番西口が押し出し四球を選ぶ。2−0
旭丘が勝ちました。藤田投手が3安打完封勝利。

旭丘が大成を力で上回った試合。
まずは藤田投手が素晴らしかった。5回まで1安打、6奪三振とほぼ完ぺきな内容。8回は先頭バッターをヒットで許しましたが、次の6番岩田柚選手のバスター気味の打撃で3ゴロを前進していた堀野選手が上手く捌いて2塁でアウトに。1塁への送球が逸れて1死2塁となり、更に2死2塁から8番横井選手の遊ゴロをショート西口選手が上手く捌き、1塁への送球が1バウンドとなるも宮川選手がカバーして捕球。アウトにして結果完封へと繋げました。
最終回にもこの日のMAX131kmをマーク。この後の試合でのピッチングも楽しみです。
打線も大成のエース内田投手から4回までに7本。地力で点を取ったのは見事でした。野手のレベルも高く、チーム力の高さに驚かされました。
大成は2番手で投げた石川投手が持ち味を発揮し、5回を1安打ピッチング。120km半ばのスピードですが、まっすぐが動いている感じで、変化球と合わせて打たせて取るピッチングが良かった。
ただ、その好投に打線が応えられず。1〜4番がノーヒットでは厳しいですよね・・・。
守備はノーエラー。投手も2失点だから責められない内容。好投手に当たるとこうなってしまう、夏の怖さでしたね。
5人出た2年生はこの悔しさを胸に新チームに臨んでほしいです。

ピックアップ選手等はこちら

阿久比−愛知 観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月10日にパロマ瑞穂球場で行われた第2試合、阿久比−愛知の観戦記です。
この試合から2回戦になっています。

阿久比
10000|1 H3 E2
9701X|17 H15 E1
愛知
(5回コールド)

阿久比
北川、深谷−岩田
愛知
飼沼−光森

投手成績
阿久比
北川(6) 0/3 16球 被安打4 四球1 三振0 失点6(自責点5)
深谷(1) 4回 96球 被安打11 四球4 三振0 失点11(自責点10)

愛知
飼沼(10) 5回 95球 被安打3 四球3 三振7 失点1

(出場選手)
阿久比
6深谷(1)→1 4花田 5宮崎→H竹内(9) 8霈 3吉良 1北川(6)→6 9団野(7) 7石井(11)→大菅(10) 2岩田
愛知
5飯田(16) 3友野→R北川(15)→3友松(13) 9中神 2光森 8佐々木 4杉本→4桧山(14) 7手嶋→H赤毛(17) 1飼沼(10) 6小林

(試合経過)
1回表、無死1,3塁から3番宮崎の3ゴロの間に1点。阿久比が先制。1−0
1回裏、無死満塁から4番光森の2点タイムリー。無死2,3塁から5番佐々木の2点タイムリー。6番杉本のタイムリー3ベース。ここでピッチャー交代、深谷。1死3塁から8番飼沼のタイムリー3ベース。9番小林のタイムリー。1死3塁から1番飯田のタイムリー。2死3塁から3番中神のタイムリー。打者13人で9点。9−1
2回裏、1死3塁から7番手嶋のタイムリー2ベース。2死1,2塁から1番飯田のタイムリー。2番友野の2点タイムリー2ベース。2死満塁から5番佐々木の2点タイムリー。更にワイルドピッチに悪送球が重なり1点。この回7点。16−1
4回裏、無死2塁から3番中神のタイムリー。17−1
愛知が5回コールドで大勝しました。

愛知が大勝。
1点を先制されたものの、1回に阿久比の北川投手、深谷投手に襲い掛かり、長打も絡めてあっさり逆転し突き放す。相手の外野のミス(記録はヒットでしたが)もありましたが、打撃の鋭さが光りました。
私学は得てして球の遅いピッチャーにハマることがあるのですが、愛知打線はしっかりと溜めて振りぬく打撃が出来ており、問題にしませんでした。
飼沼投手は立ち上がり変化球が多めで、まっすぐもややカットするくせ球。130km前後ですが、打たせて取る投球で抑える投手ですね。この日は毎回ランナーを出しましたが、2回以降は0で抑えました。
阿久比は先手を奪いましたし、2回までにヒット3本。意外と、と言ったら失礼ですが、打撃は悪くなかった。
秋からは9人ぎりぎりになりますが、この経験を活かして新チームで頑張ってほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら

名古屋工−桜台 観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月10日にパロマ瑞穂球場で行われた第1試合、名古屋工−桜台の観戦記です。
秋に県大会に進んだ桜台に対し、一時期強化されていた名古屋工。競った試合を期待しましたが・・・。

名古屋工
000001000|1 H8 E7
33001000X|7 H8 E0
桜台

名古屋工
奥山、山田−西村
桜台
星子−中野

投手成績
名古屋工
奥山(1) 5回 124球 被安打6 四死球5 三振2 失点7(自責点4)
山田(10) 3回 50球 被安打3 四球0 三振8 失点0

桜台
星子(1) 9回 121球 被安打8 四死球3 三振8 失点1

(出場選手)
名古屋工
8浅井 7山下→H武藤(19) 3伊藤 2西村 6辻 9関口→H小崎(12)→R北山(13)→1山田(10) 5南羽坪(15)→H佐川(14)→4佐溝(11) 1奥山→9→H鵜飼(18) 4香上(16)→5
桜台
8藤田 9柳生(18) 2中野 1星子 6佐藤駿 5三浦 7酒井→川原林(17)→7渡邊(16) 4佐藤駿太→H中村(15)→4栗山(14) 3岩田→H萩原(9)→福谷(13)

(試合経過)
1回表、無死1塁から2番柳生が送りバント。これが悪送球になり、更にミスが重なってバッターランナーまでホームイン。更に無死1,2塁から5番佐藤駿がタイムリー2ベース。桜台が3点先制。
2回表、1死1,2塁から3番中野が2点タイムリー2ベース。4番星子がタイムリー。6−0
5回表、2死1,2塁から3番中野がタイムリー。7−0
6回表、1死3塁から代打の小崎選手がタイムリー。7−1
桜台が逃げ切りました。

桜台が快勝。
1回、2回の先制パンチは見事だったのですが・・・。名古屋工は4回までに6エラー。かなり自滅の面も大きかった。
ただ基本的には最初の2点以外は自力で桜台は取っていますし、5点は全てタイムリー。3番から5番の中軸の打撃は素晴らしかったです。
星子投手は120km前半の球威ですが、安定感があり、三振も要所で奪う好投。最後まで球威も落ちなかったのは見事でした。
名古屋工は2番手の山田投手が3回で三振8個。MAX133kmでかなりのインステップですが、その分打ちにくそうなピッチャーでした。
奥山投手もまずまず球威のあるサウスポーだっただけに、序盤のバタつきが痛かった。
桜台はノーエラーでしたし、守備の差が点数の差になった試合でした。

ピックアップ選手等はこちら

11日の試合結果

2回戦
杜若10−1名東(7回コールド)
名市工芸8−1常滑(7回コールド)
成章12−2鳴海(6回コールド)
日進西12−2名大附(5回コールド)
名古屋工科3−12名古屋南(7回コールド)
菊華9−2尾西(8回コールド)
日福大付10−0安城学園(5回コールド)
豊川18−0一宮商(5回コールド)
☆西春4−5X豊田
津島東4−1一宮起工科
愛知啓成5−2東海
愛産大三河10−0岩倉総合(6回コールド)
小牧8−6一色
☆豊野1−5岡崎学園
岡崎10−0大府東(5回コールド)
豊田北6−0加茂丘・衣台
愛産大工13−0名経大高蔵(7回コールド)
誠信7−2横須賀
豊田南7−6岡崎東
西尾9−0惟信(7回コールド)
大府10−2南陽(7回コールド)
福江6−2東郷
愛知黎明11−0御津・作手(5回コールド)
蒲郡8X−7知立東(延長11回)

日福大付、愛産大工の強さが目立った印象があります。
豊野は岡崎学園に敗れました。
岡崎高校の谷口投手がMAX135kmを記録したとのこと。左腕ですしこの先が楽しみですね。

10日の試合結果

1回戦
蒲郡東6−3春日井西
☆名古屋工1−7桜台
至学館5−1中部大第一
清林館6−4東海商
幸田3−5犬山
一宮工科11−2稲沢・犬山南・海翔(7回コールド)
碧南6−5昭和
安城10−0猿投農林(5回コールド)
新城有教館10−0半田商(5回コールド)
岡崎工科13−3安城農林(6回コールド)
明和12−2五条(5回コールド)
杏和1−4岩津
岡崎商8−0一宮西(7回コールド)
☆渥美農4−8時習館
豊田西11X−10豊橋西(延長10回)
天白3−5富田

1回戦屈指の好カード、至学館−中部大第一は至学館が快勝。
豊田西が豊橋西に大苦戦。何とか勝った形に。
ベスト16入りの候補にした明和が五条を圧倒して、初戦を突破しています。

2回戦
豊田工科7−6鶴城丘
岡崎北8−1中村(7回コールド)
☆名城大附2−3岡崎城西
愛知17−1阿久比(5回コールド)
☆大成0−2旭丘
半田東11−1江南(5回コールド)
滝10−0津島北(5回コールド)
刈谷北12−1木曽川(5回コールド)
豊橋工科1−5東海南

愛知が大勝発進。
名城大附−岡崎城西の私学対決は岡崎城西が競り勝ちました。

津島−高浜 TV観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月4日に豊田球場で行われた津島−高浜の試合を録画出来たので観戦記をUPします。

津島
1010216|11 H13 E0
0000000|0 H3 E6
高浜
(7回コールド)

津島
小林、鈴木−石計
高浜
杉山−小島

(投手成績)
津島
小林(1) 6回 89球 被安打3 四球5 三振3 失点0
鈴木(10) 1回 27球 被安打0 四球2 三振1 失点0

高浜
杉山(1) 7回 139球 被安打13 四死球4 三振3 失点11(自責点4)

(出場選手)
津島
3野村太 9水谷→7内平(17) 6奥田 7服部→9 4前田 5小笠原 2石計 8徳留 1小林→1鈴木(10)
高浜
2小島 4榊原 5佐藤 3和田 1杉山 6岡田 7石川 9渡辺 8永田

(試合経過)
1回表、1死3塁から3番奥田のタイムリー。津島が先制。1−0
3回裏、無死1,2塁から4番服部の3ゴロで5−5−3を狙うも1塁送球が逸れて1塁ランナーがホームイン。2−0
5回表、無死2塁から3番奥田のタイムリー2ベース。更に1死3塁から5番前田のタイムリー2ベース。4−0
6回表、2死2,3塁から3番奥田のタイムリー。5−0
7回表、無死満塁から8番徳留の遊ゴロをホームに悪送球。2者生還。無死2,3塁からパスボールで1点。1死3塁から1番野村太のタイムリー。2死3塁からタイムリーエラー。2死1,2塁から5番前田のタイムリー。この回6点。11−0
津島が7回コールドで快勝しました。

総評

津島が快勝。
初回に3番の奥田選手のタイムリーで先制。3回以降は相手のエラーも絡んでのチャンスで点を取っていってリードを広げ、疲れの見えた杉山投手から7回に大量点を奪ってコールドとなりました。
津島はもらったチャンスや点が多かったのも事実で、この日は投手陣が無失点でしたが、四球が2人で7つと多く、そこは心配点が見えました。
ノーエラーだったバックを信じて、ピッチャーはストライク先行を心掛けたいですね。
打線は上位にヒットが出て、今後に向けて期待が持てます。3番奥田選手が好調ですから、その前後で点を取っていきたいですね。
高浜は3回、5回にチャンスを作ったものの、ここであと1本が出ず。3回はすっぽ抜けたカーブがバッターの後ろに来たのに避けたらバットに当たってしまう不運がありました。
1,2年生が6人スタメンに入るチーム。この経験を秋以降に活かしたいですね。
杉山投手は四死球が3つと少なかったのは良かった。バックが踏ん張っていればもっと競った試合になれた試合でした。

ピックアップ選手
津島 奥田 陽向 内野手(3年)
5打数4安打と素晴らしいバッティングを披露。おっつけが多いですが、しっかりと引っ張る打球もあって対応力の高さが光る。

津島 前田 晃汰 内野手(3年)
センター中心の打撃で3安打。しっかりと粘れる打者ですね。

津島 野村 太男 内野手(3年)
1番を打ち、3安打の固め打ち。積極的な打撃が光る。

高浜 杉山 遥都 投手(3年)
6回までは無四球(死球1)。疲れが出た7回に四球から失点しましたが、3四死球とコントロールの良さが光りました。試合を作る要素として四死球を減らすのは大事ですよね。

高浜 渡辺 陽太 外野手(1年)
1年生で8番ライトで出場。ヒット1本、2四球と全打席出塁を果たしました。

高浜 小島 完太 捕手(3年)
1番捕手で出場し、ヒット1本。1四球。杉山投手を巧みなリードで上手くゴロを打たせていました。

豊橋中央−愛西工科 TV観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月3日に一宮球場で行われた豊橋中央−愛西工科の試合を録画出来たので観戦記にします。

豊橋中央
00050013|9 H8 E1
01000000|1 H3 E3
愛西工科
(8回コールド)

豊橋中央
間宮、河辺、辻、寺部、本間−片岡将
愛西工科
仲−黒山

投手成績
豊橋中央
間宮(10) 2回 23球 被安打2 四球0 三振0 失点1
河辺(15) 1回 14球 被安打0 四球2 三振1 失点0
辻(11) 3回 40球 被安打1 死球1 三振4 失点0
寺部(16) 1回 8球 被安打0 四球0 三振2 失点0
本間(1) 1回 9球 被安打0 四球0 三振1 失点0

愛西工科
仲(1) 8回 142球 被安打8 四球10 三振3 失点9(自責点5)

(出場選手)
豊橋中央
6星野→3 8鈴木星 5片岡武→6 2片岡将 3粕谷→5尾(20) 7山下→H持田(18)→7 4鎌倉 1間宮(10)→H松浦(19)→H高橋(13)→1辻(11)→布施(14) 9足立→9鈴木(17)
愛西工科
5鈴木(4) 1仲 8中村 3倉知(2) 2黒山(3) 7藤田 9大塚(5) 4伊藤(10) 6岩田

(試合経過)
2回裏、先頭の4番倉知が見事にレフトスタンドへ初球をホームラン。愛西工科が先制。
4回表、1死3塁から7番鎌倉がタイムリー。更に2死2,3塁から1番星野が3ランホームラン。更に2死2塁から3番片岡武がタイムリー。この回5点。5−1
7回表、1死2,3塁からワイルドピッチで1点。6−1
8回表、無死1,2塁から2番鈴木星の3塁へのバントヒットに悪送球が絡み、2者生還。更に1死3塁から4番片岡将の犠牲フライ。3点追加。9−1
豊橋中央がコールドで快勝しました。

総評

豊橋中央は2回に相手のホームランで先制を許し、3回まで無得点。嫌な流れになりかけましたが、4回に7番鎌倉選手のタイムリーで追いつくと、更にチャンスで1番星野選手の3ランホームランで逆転。さすがに私学の強豪、そしてプロ注と言われる選手が一気にひっくり返しました。
愛西工科の仲投手も豊橋中央打線に対し、やや四球が多いながらも粘り強く投げていたのですが、7回、8回も四球から失点。疲れも出てしまいました。
4番の倉知選手のホームランは見事な当たり。体格から打ちそうな雰囲気はありましたが、それに違わぬ一発を見せてくれました。
1番の鈴木選手はサードで好プレーを見せていました。8回はその鈴木選手のエラーで失点となってしまいましたが、2年生ですしこの経験を秋以降につなげてほしいですね。
伝統の佐織工業のユニフォームもこの夏が最後とのこと。少し寂しいです。
豊橋中央は辻投手の投球が見事でした。逆転してからのマウンドでしっかりと抑えて流れを更に引き寄せました。
投手陣はやはり複数の投手をどんどん登板。今年も小刻みに投げて勝ち上がるスタイルは健在ですね。

ピックアップ選手

豊橋中央 星野 真生 内野手(3年)
主将で1番ショート。注目選手としても取り上げられています。いきなりエラーした時は、こういう選手でも緊張するのか、と感じましたが、ホームランで逆転するあたりがさすがですね。
今後の試合でも注目されますがチームを引っ張る活躍を期待。

豊橋中央 山下 瑛生 外野手(2年)
2年生でスタメン。他は1年生の足立選手が下級生ではスタメン入り。足もあり、ヒット1本。秋以降も注目されますね。

豊橋中央 辻 康平 投手(3年)
左で投げっぷりの良さが光る。安定感のある左腕の本間投手とはいい意味で対極の感じがしますね。

愛西工科 倉知 寛人 内野手(3年)
ホームランは見事な一発でした。101圓箸いβ粒覆鮓事に活かしました。

愛西工科 鈴木 健伸 内野手(2年)
サードで動きの良さが光りました。元々は背番号4ですし、秋からは内野の要として期待されます。

愛西工科 仲 春 投手(3年)
粘り強いピッチングで最後まで投げ切りました。カーブに特徴のある投手で、緩急も上手く使っていました。


西尾東−新川 観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月4日に岡崎球場で行われた第3試合、西尾東−新川の観戦記です。
西三河の強豪の西尾東。このチームは県大会に進めなかったですが、どんな力があるか、逆に現チームで県大会に進み、地力の高い新川がどんな試合を見せるかに注目して観戦しました。

西尾東
00040033|10 H6 E3
00010001|2 H4 E1
新川

西尾東
佐藤、内田−福田
新川
西田、近藤、山岸−泉

投手成績
西尾東
佐藤(1) 5回 84球 被安打2 四球4 三振1 失点1(自責点0)
内田(10) 3回 被安打2 四球2 三振1 失点1(自責点0)

新川
西田(1) 3回2/3 130球 被安打1 四死球12 三振5 失点4(自責点0)
近藤(9) 2回2/3 50球 被安打1 四死球4 三振3 失点2
山岸(10) 1回2/3 56球 被安打4 四球4 三振0 失点4

(出場選手)
西尾東
6菅原 9松井 1佐藤→4 5鈴木樹 3山本 8牧野 7安井→7松本(19) 4磯貝→H南谷(18)→4横井(14)→H柴田(17)→1内田(10) 2福田
新川
7堀→9→7 4川合→6 9近藤→1→9 5神谷 2泉 3藤田 8野村 1西田→7→1山岸 6小村→H村田(12)→4山田(11)

(試合経過)
4回表、2死1,2塁で遊ゴロエラーで1点。更に2死満塁から連続押し出し四死球で2点。ここでピッチャー交代、近藤。代打南谷に押し出し四球。この回ノーヒットで4点。4−0
4回裏、2死1,3塁からタイムリーエラー。4−1
7回表、1死1,2塁でピッチャー交代、山岸。2死1,2塁から4番鈴木樹がタイムリー。5番山本もタイムリー。更に2死満塁から押し出し四球。3点追加。7−1
8回表、無死満塁から3番佐藤の犠牲フライ。4番鈴木樹の2点タイムリー3ベース。10−1に。
8回裏、犠牲フライで1点返す。10−2
西尾東がコールドで勝ちました。

西尾東が勝ちましたが、残塁17が物語るように、西尾東にとってももどかしい試合。
とにかく新川の西田投手の乱調が全てと言っていい試合になりました。
春の県大会に見た時も立ち上がりはコントロールに苦しむことが多い投手なのですが、結局3回までに7四死球。それで無失点というのもすごい粘りだったのですが、4回に限界が来てしまいました。エラーが出ていなければ、と言えますが、疲れが出てしまった。リズムに乗れないまま終わってしまった感じです。左でMAX134km。力はあります。どこかで上でやってほしいですね。
西尾東も打線が今一つ捉えられない。7回、8回に3番手の山岸投手からようやくヒットが出ましたが、6回までは2安打。ただ、ボールの見極めは出来ていたように思います。
勝ったことでリズムに乗っていきたいですね。
新川のがいい当たりもあったように思いますが、5回裏に先頭が出て、単独スチール失敗。ここが一つ分岐点だったと思います。
力のある選手の多いチームでしたし、外野守備は公立とは思えない上手さでした。2年生の山岸投手もマウンドを経験出来た。この経験を秋につなげてほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら

向陽−一宮 観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月4日にパロマ瑞穂球場で行われた第2試合、向陽−一宮の観戦記です。
一宮は春の尾張地区予選で3位に入り、県大会に出場。向陽とどういう試合をするか注目して観戦しました。

向陽
050001001|7 H11 E3
000001120|4 H7 E2
一宮

向陽
中島−榊原
一宮
大森、朝比奈−山田

向陽
投手成績
中島(1) 9回 被安打7 四死球4 三振4 失点4(自責点2)

一宮
大森(10) 2回 57球 被安打4 四球2 三振2 失点5(自責点3)
朝比奈(1) 7回 85球 被安打7 四球1 三振5 失点2

(出場成績)
向陽
4草間 5松木→R本田(10)→5仙波(14) 8小林 3横井 6角矢 7山田(15)→林(19) 2榊原 1中島 9今井(13)
一宮
7宮内 8荒川 6野田航 2山田 9西森 3花木→R吉田(14)→3山本(17) 1大森(10)→H小川(13)→1朝比奈 4小島 5野田裕

(試合経過)
2回表、1死2塁から6番山田のタイムリー。2死2塁から8番中島、9番今井の連続タイムリー長打。2死満塁からタイムリーエラーで2者生還。向陽が5点先制。
6回表、1死2塁から2番松木のタイムリー2ベース。6−0
6回裏、1死1,2塁から3番野田航の遊ゴロでゲッツー狙っての1塁送球が逸れて2塁ランナーがホームイン。6−1
7回裏、2死2塁から8番小島がタイムリー3ベース。6−2
8回裏、1死2塁から3番野田航のタイムリー。更に1死1,2塁から5番西森の1ゴロで2塁送球が悪送球で2塁ランナーがホームイン。6−4
9回表、2死3塁から5番角矢がタイムリー。7−4
向陽が逃げ切りました。

向陽が逃げ切り。これで夏は12年連続勝利とのこと。公立でこの記録はすごいですね。
この試合は2回表でのビッグイニングがポイント。上手く盗塁も使ってチャンスを作って、長打が出たというのが大きかったですが、結果的に、4,5点目が痛かった。イニング途中で代えることはしたくなかったのかな、と思いますが、四球2つで満塁になり、エラーが出てしまった。もう少し早めに代えていたら、と思います。難しいところですが。
一宮はリードを広げられてからも、バントを使う場面が見られました。特に7回の5点ビハインドの無死2塁でのバントは・・・。ちょっと残念な作戦選択でした。
向陽のエースの中島投手はなかなかの力がありました。終盤疲れが出て失点しましたが、彼が投げ切るチームということでしょうから、球数を減らしながら、打たせてとっていきたいですね。この日は5回までで56球とそれが出来ていました。
一宮は登板した大森投手、朝比奈投手が2年生。秋にはこの経験を活かせます。頑張ってほしいですね。
4番キャッチャーの山田選手は雰囲気のある選手。上で続けてほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら

瀬戸北総合−松蔭 観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月4日にパロマ瑞穂球場で行われた第1試合、瀬戸北総合−松蔭の観戦記です。
夏8年ぶり勝利を目指した松蔭の戦いに注目して観戦しました。

瀬戸北総合
1000000|1 H4 E3
301031X|8 H12 E1
松蔭
(7回コールド)

瀬戸北総合
水野、稲垣−坂井
松蔭
南、金池−寿台

投手成績
瀬戸北総合
水野(1) 5回 94球 被安打10 四球3 三振3 失点7(自責点4)
稲垣(5) 1回 18球 被安打2 四球1 三振0 失点1(自責点0)

松蔭
南(1) 6回 85球 被安打4 四球1 三振6 失点1
金池(10) 1回 26球 被安打0 四球1 三振1 失点0

(出場選手)
瀬戸北総合
3山口→9 8高原 6内田 1水野→3 2坂井 7岩越 5稲垣→1 4森島→H渡邉(19) 9柳津→5三島(15)→H鈴木(13)
松蔭
7森川→8 4田尻 9大江 2寿台 3古川 6山下 5津田→H岡本(13)→5今原(14) 8福森→H富安(11)→1金池(10) 1南→7

(試合経過)
1回表、1死1,3塁から1塁ランナーがスタートして、少しもたつく間に3塁ランナーがホームイン。Wスチール成功で1点を瀬戸北総合が先制。1−0
1回裏、2死からエラーをきっかけに2死満塁とし、6番山下が走者一掃の3点タイムリー2ベース。松蔭が逆転。3−1
3回裏、2死3塁から8番福森のタイムリー内野安打。4−1
5回裏、2死1,2塁から9番南の2点タイムリー3ベース。1番森川もタイムリー2ベースを放ち3点追加。7−1
6回裏、無死2塁から4番寿台のヒットにエラーが絡みランナー生還。8−1
7回表、無死1,3塁のチャンスも得点ならず。コールド成立となり、松蔭が勝ちました。

松蔭が快勝。
1回表に1点を先制され、その裏ポンポンと2死。嫌な流れになりそうでしたが、相手のエラーをきっかけにチャンスを作って6番森下選手の長打で逆転。これで大分楽になりました。
松蔭の南投手はスピードはそんなに無いものの、コントロールが安定し、2回〜4回を三者凡退。流れを作りました。
松蔭の得点は5回までの7点は全て2死から。瀬戸北総合からするとここを踏ん張れていれば試合はもっと競った試合になった展開でした。
松蔭とすれば、理想的な攻撃展開になったと思います。次はこんなに簡単には点が取れない相手かと思うので、チャンスを作って何とか先手を奪って相手にプレッシャーをかけたいですね。
瀬戸北総合は2年生4人がスタメン。3番の内田選手は2安打を放ちました。1年生も多くベンチにいたようですし、秋からの新チームに期待したいですね。

ピックアップ選手等はこちら

小牧工科−豊野 観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月3日に小牧球場で行われた第2試合、小牧工科−豊野の観戦記です。
豊野の中森投手、大脇選手、井口捕手、小牧工科の多和田捕手は注目選手でしたので、どういう活躍を見せるか注目して観戦しました。

小牧工科
00000000|0 H2 E3
01005001|7 H10 E1
豊野
(8回コールド)

小牧工科
石川−多和田
豊野
中森−井口

投手成績
小牧工科
石川(1) 7回2/3 110球 被安打10 四球0 三振2 失点7(自責点3)

豊野
中森(1) 8回 119球 被安打2 四球1 三振12 失点0

(出場選手)
小牧工科
5尾 6浅見 8刑部 2多和田 9柴田 7磯部 3有賀 4市川 1石川
豊野
6中尾 4三浦 1中森 5大脇 2井口 9森下 8前田 3大八木 7岩月

(試合経過)
2回裏、先頭の4番大脇が打った瞬間で場外まで運ぶホームラン。豊野が1点先制。
5回裏、2死2塁から9番岩月がタイムリー。更に2死1,2塁から2番三浦のタイムリー。2死2,3塁から3番中森がレフトフェンスに直接当たる2点タイムリー2ベース。更にタイムリーエラーで1点。6−0
8回裏、2死1,2塁から8番大八木の左中間への当たりをセンターが飛び込むも取れずタイムリーとなり、コールド成立。豊野が快勝しました。

豊野がコールド勝ち。
やはり中森投手が素晴らしかったです。MAX141km。他、140kmも何度かマーク。緩急も上手く使って小牧工科打線を抑え込みました。3回、5回に1死から2ベースを浴びてピンチを招きましたが、後続を三振等で抑えて、味方の大量点につなげました。
大脇選手のホームランもすごい衝撃音でした。4番として、しっかりと振って相手に警戒させていきたいですね。
井口捕手はヒットは出なかったものの盗塁阻止があり、好リードも光りました。ショートの中尾選手を中心に守りも固かったです。
小牧工科は2本の2ベースでチャンスはあったものの、その2本のヒットだけではどうしようもなかった。結局先発野手が全員三振を奪われてしまう結果に。
石川投手も120km中盤くらいの球威ですが、コントロール良く、しっかりと抑えていたのですが・・・。5回にミスも重なって大量失点に。でも持ち味を出した好投だったと思います。
豊野はこの勢いをつなげて、過去最高の夏3勝を目指してほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら

岩倉総合−美和 観戦記(2021年高校野球選手権愛知大会)

7月3日に小牧球場で行われた第1試合、岩倉総合−美和の観戦記です。
夏大の初観戦となりました。朝方まで雨が降って2時間遅れ。そこから晴れてきたので、熱中症との戦いにもなりました。

岩倉総合
200002304|11 H12 E3
010000314|9 H12 E3
美和

岩倉総合
知念−棚瀬
美和
平野、加藤、渡邉−八神

(投手成績)
岩倉総合
知念(1) 135球 被安打12 四死球5 三振2 失点9(自責点2)

美和
平野(1) 6回0/3 97球 被安打6 四球3 三振4 失点6
加藤(15) 1回1/3 13球 被安打4 死球1 三振0 失点1
渡邉(11) 1回2/3 37球 被安打2 四球0 三振3 失点4(自責点0)

(出場選手)
岩倉総合
6栗林 1知念 2棚瀬 7服部 4石原 8山口 5松田 9小倉 3桑原
美和
2八神 4小寺 6古橋 8富岡(7)→9柳瀬(12) 3中井 7渡邉(11)→1 9高嶋→H花木(15)→9→8→H川島(14) 5片岡

(試合経過)
1回表、1死1塁から3番棚瀬のタイムリー3ベース。4番服部の犠牲フライ。岩倉総合が2点先制。
2回裏、2死2塁から8番平野の1塁後方に落ちるタイムリー。2−1
6回表、4番服部、5番石原の連続3ベースで1点。更に6番山口の3ゴロの間に1点。4−1
7回表、無死1,2塁でピッチャー交代、加藤。1死1,2塁から3番棚瀬がタイムリー。1死満塁から5番石原が押し出し死球。6番山口がタイムリー、2塁ランナーはホームアウト。7−1
7回裏、無死1,2塁から9番片岡の送りバントを送球エラーとし、2者が生還。更に無死3塁から1番八神の犠牲フライ。7−4
8回裏、1死3塁から7番花木のタイムリー。7−5
9回表、1死1,3塁から5番石原の2ゴロをタイムリーエラー。6番山口が2点タイムリー3ベース。更に2死3塁からワイルドピッチで1点。11−5
9回裏、1死満塁から5番中井のタイムリー、2塁ランナーはホームタッチアウト。2死満塁から7番花木の遊ゴロで2塁に間に合わず。球が逸れたということで記録エラー。更に代打川島が押し出し死球。9番片岡が押し出し四球。2点差まで迫り2死満塁で1番八神が三振に倒れ試合終了。岩倉総合が逃げ切りました。2018年以来3年ぶりの夏の勝利。

岩倉総合は13人のベンチ入り。途中2人足が痙攣して苦しい状態になるも交代できなかったということは実質9人じゃないと厳しいということ。
そんな中でしたが、攻撃に関してはかなり長打が出て得点を重ね、コールドに近いところまで持っていきました。
知念投手は100kmにも満たない球速ですが、右のサイドからの投球で相手を翻弄。最後はかなりしんどそうでしたが何とか逃げ切りました。
美和はこの知念投手を最後まで捉えらきれず。どうしても待ち切れず振っても芯に当たらない、という感じの打球が多かった。
リードされて焦りも出たかもしれませんね。それでも最後までなんとか粘ったのは後輩につながってほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら

4日の試合結果

4日の試合結果
1回戦
長久手3−2愛知商
吉良8−6同朋
松蔭8−1瀬戸北総合(7回コールド)
☆一宮4−7向陽
大同大大同4−2科技高豊田
刈谷10−0瑞陵(5回コールド)
豊川工科12−5碧南工科(7回コールド)
誠信7−3知立
誉13−0愛知総合工科(5回コールド)
瀬戸工科7−2稲沢東
小牧南8−1春商・日進・守山・山田(7回コールド)
一宮南13−0豊田高専(6回コールド)
千種10−2一宮興道(7回コールド)
刈谷工科6−3尾北
内海9−6武豊
名市工13−2春日井工科(5回コールド)
名経大市邨11−0豊丘(7回コールド)
津島11−0高浜(7回コールド)
名古屋6−1海陽学園
安城学園7−4丹羽
豊田大谷11−0名古屋大谷(5回コールド)
西尾東10−2新川(8回コールド)
国府4−0松平
三好11−2豊橋東(7回コールド)
小坂井11−1三谷水産(5回コールド)

注目校では誉、刈谷が5回コールド発進。豊田大谷も5回コールドで大谷対決を圧倒。
名経大市邨も豊丘に7回コールド勝ち。
番狂わせ的な結果は少なかったように思います。

7月3日試合結果

1回戦
☆豊橋商3−5名古屋工科(延長10回)
東海学園7−16南陽(8回コールド)
豊橋南3−1菊里
高蔵寺3−2春日井
美和9−11岩倉総合
豊野7−0小牧工科(8回コールド)
豊橋中央9−1愛西工科(8回コールド)
旭野5−10名古屋南
愛産大三河10−0半田農(6回コールド)
半田6−4安城東
横須賀2−0岡崎西
瀬戸20−2緑丘(7回コールド)
名経大高蔵22−0一宮北(5回コールド)
愛産大工14−3安城南(5回コールド)
大府11−1豊明(5回コールド)
岡崎学園8−2半田工科
名古屋国際6X−5南山
中部大春日丘9−5知多翔洋

5試合が明日に順延。
南山が名古屋国際を苦しめました。木村投手、かなり力がありますね。一度見てみたいものです。
大府、愛産大工、愛産大三河、豊橋中央ら有力校はコールド発進。
豊橋商−名古屋工科の好カードは名古屋工科が延長で豊橋商を破りました。

2021年夏の愛知県大会の予想まとめ

予想が出そろいました。
Aブロック 星城−愛産大三河  星城
Bブロック 栄徳−名経大市邨  栄徳
Cブロック 東浦−大同大大同  東浦
Dブロック 東邦−愛知黎明   東邦
Eブロック 中京大中京−刈谷  中京大中京
Fブロック 愛工大名電−至学館 至学館
Gブロック 愛知−日福大付   愛知
Hブロック 享栄−明和     享栄

3年生注目選手リスト
2年生注目選手リスト

優勝予想
◎ 中京大中京
〇 享栄
▲ 東邦
× 栄徳
× 至学館
注 愛工大名電

という感じです。

本命は中京大中京にしました。畔柳投手が投げれば一番死角が少ないと感じたので。

3日から始まります。順調に日程が進むことを祈りたいですね。

2021年選手権愛知大会Hブロック展望

コウスポにて展望しました。

詳しい展望はこちら

2021年選手権愛知大会Gブロック展望

コウスポにて展望しました。

詳しい展望はこちら

2021年選手権愛知大会Fブロック展望

コウスポにて展望しました。

詳しい展望はこちら

2021年選手権愛知大会Eブロック展望

コウスポにて展望しました。

詳しい展望はこちら

2021年選手権愛知大会Dブロック展望

コウスポにて展望しました。

詳しい展望はこちら

2021年選手権愛知大会Cブロック展望

コウスポにて展望しました。

詳しい展望はこちら

2021年選手権愛知大会Bブロック展望

コウスポにて展望しました。

詳しい展望はこちら

2021年選手権愛知大会Aブロック展望

コウスポにて展望しました。

詳しい展望はこちら

Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
25日
練習試合
26日
東海地区クラブ選手権
28日
天皇賜杯愛知県大会(西部)
熱田球場
29日
ドラゴンゲート名古屋大会
2日
愛知夏大会
豊田球場
3日
愛知夏大会
一宮球場
9日
愛知夏大会
未定
10日
愛知夏大会
岡崎球場
16日
愛知夏大会
熱田球場
17日
愛知夏大会
未定
18日
愛知夏大会
未定

Recent Comments
  • ライブドアブログ