コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2017年秋

新城東−桜丘 観戦記(2017年秋季東三河地区1次予選)

8月15日に蒲郡球場で行われた第2試合、新城東−桜丘の観戦記です。
全勝同士の対戦。桜丘の新チームがどういう力を持っているかにも注目して観戦しました。

新城東
000000020|2 H4 E0
010000002|3 H5 E1
桜丘

新城東
上田−白井
桜丘
濱田−小柳津

投手成績
新城東
上田(16) 8回2/3 97球 被安打5 四球3 三振1 失点3
桜丘
濱田(1) 9回 127球 被安打4 四球1 三振9 失点2

上田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそんなに速くない。ちょっと斜め上に顔を上げて投げるフォーム。コントロールが安定。
濱田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。テンポ良く投げ込む。中盤以降ボールが走っていました。

スタメン
新城東
6居澤 7下嶋 3森田(9) 8河合 5菊池 2白井 9トウキ(15) 1上田(16) 4山本リョウ
桜丘
8イルヤマ 9藤代(19) 4吉野 5大津 7原 3丸山 2小柳津 1濱田 6岡本

(試合経過)
2回裏、1死3塁から6番丸山のタイムリー。桜丘が先制。
6回まで濱田投手はパーフェクトピッチングでしたが、7回表の先頭の居澤選手がヒットを放ち、パーフェクトを阻止。その後2死1,3塁までいきましたが5番が三振で同点ならず。
7回裏、先頭の3番吉野が3ベースを放ちチャンスも4番5番と内野フライに倒れ、6番四球の後、7番レフトフライで追加点ならず。
8回表、2死1、2塁から1番居澤がレフト前に落ちるタイムリー2ベース。尚も2死2,3塁から2番下嶋のタイムリーで逆転。2塁ランナーはホームでタッチアウトも新城東が逆転。2−1
9回裏、1死2、3塁から6番丸山のところでセーフティスクイズ成功。更に2死3塁から7番小柳津がサヨナラタイムリー。桜丘が勝ちました。
続きを読む

22日試合結果

西三河地区
安城東4−5岡崎工
豊田大谷1−3岡崎工
碧南工3−6吉良
知立東3−2碧南工

尾張地区
津島東1−13清林館
佐織工7−4津島
誉8−1丹羽
一宮南0−3西春
誠信15−0杏和
美和1−11愛知啓成
小牧南3−2滝
☆起工1−14大成

21日試合結果

西三河地区
杜若1−4幸田
豊田高専10−0加茂丘
安城東5−2高浜

名古屋地区
東邦13−0名市工芸
栄徳10−0旭丘
中部大春日丘5−2愛知
名古屋国際1−5愛工大名電
享栄0−2愛産大工
至学館9−6名南工
鳴海4−8瑞陵
高蔵寺10−6富田
☆名経大市邨3−10中村
長久手3−8名東
名古屋大谷2−1向陽

東三河地区
国府2−1成章
☆豊橋南3−4時習館

知多地区
大府6−1日福大付
東海南3−4半田東
半田工4−1東浦
☆知多翔洋0−1半田

尾張地区
清林館6−0愛知黎明
佐織工7−4稲沢東
江南2−10杏和
尾西2−9丹羽
一宮工5−6一宮南
美和3−2犬山
滝7−6新川
起工4−1一宮北

尾北−新川 観戦記(2017年秋季尾張地区1次予選)

8月14日に津島球場で行われた第3試合、尾北−新川の観戦記です。
新川のスラッガー、池戸選手が見たくて足を運びました。

尾北
000120003|6 H10 E3
200000010|3 H9 E4
新川

尾北
後藤諒、土田−石川
新川
大島、近藤−池戸

投手成績
尾北
後藤諒(1) 8回0/3 140球 被安打9 四死球5 三振3 失点3
槌田(9) 1回 6球 被安打0 四球0 三振0 失点0
新川
大島(1) 7回 96球 被安打8 四死球2 三振2 失点3
近藤(10) 2回 28球 被安打2 四球1 三振0 失点3

後藤諒投手は右のスリークォーター。まっすぐはまぁまぁ。左手で壁を作って勢いよく投げ込む。浅尾タイプ。
土田投手は右のオーバーハンド。テイクバックが見にくいタイプ。まっすぐはそこそこ。
大島投手は右のオーバーハンド。まっすぐはあんまり速くない。コントロールが安定して、打たせて取る。
近藤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはあんまり速くない。

スタメン
尾北
6小島 5高田(4) 1後藤諒 3坂田 2石川 4多和田(5) 8川添 9土田 7後藤誠
新川
4神田 9山上 3森本 2池戸 8三浦 6丹羽 5伊坂 7原田 1大島

(試合経過)
1回裏、1死1、3塁から4番池戸が左中間フェンス直撃の2点タイムリー3ベース。新川が2点先制。
4回表、2死2塁から8番川添が3塁線を破るタイムリー2ベース。2−1
5回表、2死2、3塁から4番坂田が2点タイムリー2ベース。尾北が逆転。3−2
8回裏、無死1塁から3番森本がタイムリー2ベース。3−3。尚も1死2,3塁からスクイズを仕掛けるも後藤諒のナイスフィールディングでホームタッチアウト。四球で2死満塁も8番が倒れ逆転ならず。
9回表、1死満塁から4番坂田が3点タイムリー3ベース。6−3
9回裏、無死満塁でピッチャー交替、土田。3番のピッチャーゴロホームゲッツーと4番のセンターフライで試合終了。尾北が逃げ切りました。
続きを読む

東海−愛知 観戦記(2017年秋季名古屋地区1次予選)

8月14日に愛知高校Gで行われた東海−愛知の観戦記です。
夏にベスト8進出を果たした愛知高校。その新チーム初戦でしたので、どういう戦いを見せるかに注目して観戦しました。4回終了時までの観戦記になります。

東海
100000100|2
02003100X|6
愛知

東海
羽田野−河田
愛知
浅田、河人、渡邉−山本

羽田野投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。オーソドックスでボールに切れがありファールを打たせられるピッチャー。
浅田投手は右の変則サイドハンド。まっすぐはなかなか。高低をもう少し意識して使えるといいかな。

スタメン
東海
8長沼 6鈴木 2河田 7平松 3三輪 4橘 9上村 1羽田野 5牧野
愛知
7朝日 8河崎 4阿部、6渡邉 3福島 5西脇 2山本 9竹田 1浅田

(試合経過)
1回表、1死2、3塁からワイルドピッチで1点。東海が先制。
2回表、2死1,2塁から2番鈴木のヒットでホームを狙うもセンター河崎の好返球によりタッチアウト。追加点ならず。
2回裏、2死2、3塁から9番浅田の2点タイムリー。逆転。2−1
4回終了時に球場を後にしました。
試合は愛知が勝ちました。

東海はエースの羽田野投手を中心に、なかなか力のあるチームでした。1番長沼、2番鈴木両選手が見ていた間は出塁をして、点数に絡む活躍。
浅田投手の変則投法にもしっかりとついていっていました。この試合も9回までやっていますし、予選も惜敗ばかり。春に向けてまた頑張ってほしいですね。

愛知は夏までは強力打線のチーム。そこから主軸が抜けているので、どうかな、と思いましたが、迫力はちょっと落ちるかな。
ただ、去年の秋に主戦で投げていた浅田投手がいますし、3番4番は試合に出ていた2人。ここからしっかりと振れるチームになっていけば、秋も楽しめそうです。
前のチームが振れるチームになったように、そういう指導を期待したいですね。

20日試合結果

西三河地区
科技高豊田11−0岡崎東
安城9−7松平
加茂丘2−11岩津
☆知立3−4豊田工
愛産大三河6−1猿投農林
豊野0−9幸田
☆岡崎北1−5岡崎城西
☆豊田11−4刈谷
安城農林2−3杜若
三好10−0岡崎学園
岡崎工9−5安城東
知立東12−10豊田北
岡崎商4−5西尾東
鶴城丘5−4西尾
☆吉良5−6碧南工
刈谷北7−3豊田南
碧南2−5岡崎西
一色4−11安城南

東三河地区
豊川2−1渥美農
☆豊橋中央0−1桜丘
小坂井4−7豊橋南
時習館15−4蒲郡

尾張地区
海翔0−10愛知黎明
滝0−8誠信
稲沢12−0一宮商
大成14−0尾西
津島7−6尾北
美和5−2犬山南

知多地区
大府6−1半田工
東浦2−6日福大付
知多翔洋4−7東海南
半田1−6半田東

名古屋地区
名市工芸9−6中村
☆長久手1−8名南工

天白−富田 観戦記(2017年秋季名古屋地区1次予選)

8月14日に愛知高校Gで行われた天白−富田の観戦記です。
場内アナウンスが無く、富田のみ選手名が分かったので、いびつな形での観戦記になります。

天白
000000|0 H3 E1
000631|10 H10 E0
富田
(6回コールド)

投手成績
天白
(1) 3回0/3 60球 被安打3 四球2 三振3 失点4
岡本(10) 1回 20球 被安打3 四球1 三振0 失点2
(11) 1回1/3 28球 被安打4 死球1 三振1 失点4
富田
上村(1) 5回 83球 被安打3 四死球2 三振5 失点0
桑原(6) 1回 17球 被安打1 四球0 三振1 失点0

天白の1番は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。少しトルネード気味に投げるフォーム。
岡本投手は長身のサウスポー。身体もしっかりとしています。まっすぐはそこそこ速い。追い込んでから変化球を打たれる場面がありました。
11番は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。
上村投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。コントロールも良く、ストライク先行出来て安定感のあるエース。セットポジションで速く投げるのが気になりました。下手したらボークかも。高いレベルでまとまったピッチャー。
桑原投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。

(試合経過)
2回表に2死1,2塁、3回表に2死満塁のチャンスを作るも天白は先制ならず。
4回裏、無死1、2塁から4番大浦がタイムリー。5番栗本がタイムリー内野安打。ここでピッチャー交替、10番。6番上村がタイムリー。1死満塁から9番岩田が2点タイムリー。1番桑原がタイムリー。富田が6点先制。
5回裏、無死2塁から3番山田がタイムリー。2死3塁から6番植村が2ランホームラン。9−0
6回裏、1死2塁から1番桑原がタイムリー2ベースでコールド成立。
富田が大勝しました。
続きを読む

19日試合結果

西三河地区
科技高豊田6−4刈谷北
岡崎城西6−3三好
刈谷4−1松平
岡崎東4−5鶴城丘
岡崎西1−8豊田工
岡崎北0−6愛産大三河
安城南3−8豊田
刈谷工6−4吉良
豊田西8−1岡崎商
西尾2−5豊田南
安城学園12−3安城農林
衣台1−6岡崎工
☆岩津3−10西尾東
岡崎学園3−9猿投農林
岡崎6−5碧南
碧南工7−0豊田北
一色5−8安城

尾張地区
小牧南14−3丹羽
一宮興道1−2X一宮工
愛知啓成5−3一宮南
一宮9−4一宮西
新川6−1美和
犬山南0−3津島

東三河地区
蒲郡球場
国府8−1新城東
豊橋東2−4成章

名古屋地区
愛知商1−8享栄
名経大市邨6−3松蔭
☆名市工3−6明和
中部大春日丘9−2惟信
南陽0−9愛工大名電
春日井3−0菊里
瀬戸2−10愛産大工
春日井商0−12昭和
旭野0−7東邦
瑞陵14−0緑丘商
名市工芸7−0菊華
桜台9−2日進
愛知総合工科4−3中部大第一
名古屋工3−6名南工

刈谷工−知立東 観戦記(2017年秋季西三河地区1次予選)

8月13日に豊田球場で行われた第3試合、刈谷工−知立東の観戦記です。
県大会にも顔を出す両校ですので、好ゲームを期待して観戦しました。

刈谷工
002601010|10
201000101|5
知立東

刈谷工
上野、山下−南
知立東
釜田、富成、萱原、渡辺−佐藤

刈谷工の上野投手は左のオーバーハンド。投げおろすタイプ。まっすぐはなかなか。ボールが構えからずれる球が多かった。
山下投手は右のスリークォーター。まっすぐはまぁまぁ。ストライク先行で打たせて取る。
釜田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。テイクバックで早めにトップを作るタイプ。
富成投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。ボールが抜けていました。
萱原投手は左のオーバーハンド。まっすぐはあんまり速くない。
渡辺投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。荒れ球でボールの勢いで打ち取るタイプ。

刈谷工
9大塚 6杉本 4大畑(14) 2南 1上野(10) 8三浦 7東川内 3内山(17) 5吉田
知立東
9伊藤 6岡田 5渡辺(1) 2佐藤 1釜田(5) 4岡本 3新海 7土岐 8築山

(試合経過)
1回裏、1死1、2塁から4番佐藤がタイムリー2ベース。5番釜田がタイムリー。知立東が2点先制。
3回表、無死2塁からタイムリーエラー。更に2死3塁からタイムリーエラー。同点。
3回裏、1死2、3塁から7番新海のところでセーフティスクイズ成功(記録内野安打)。知立東が勝ち越し。尚も1死満塁のチャンスを活かせず。3−2
4回表、1死満塁でピッチャー交替、萱原。2死満塁からショートゴロ野選で同点。4番南へ押し出し四球で逆転。ここでピッチャー交替、渡辺。更に5番上野に押し出し四球。6番三浦の走者一掃の3点タイムリー3ベース。8−3
6回表、1死2塁から4番南のタイムリー2ベース。9−3
6回終了時に球場を後にしました。
試合は刈谷工が逃げ切りました。
続きを読む

18日試合結果

西三河地区
鶴城丘1−15刈谷北
吉良6−4知立東
碧南工2−7刈谷工
西尾9−0岡崎東
碧南2−4知立
安城農林6−2豊野

名古屋地区
同朋0−1大同大大同
☆名古屋大谷1−2旭丘
春日井工0−10日進西
星城9−0守山(棄権)
高蔵寺10−0豊明
名古屋国際12−5山田
名東10−0瀬戸窯
☆名古屋0−9至学館
千種1−10名城大附
名古屋南2−7栄徳

知多地区
阿久比球場
東海商1−6常滑
阿久比3−8半田工

17日試合結果

東三河地区
豊橋工3−1新城東
☆小坂井0−10桜丘
作手2−9蒲郡東
豊橋南5−7豊川工
国府4−3豊丘
豊橋中央8−4豊橋西
御津0−8成章
☆豊橋商2−14時習館
福江3−6渥美農
三谷水産6−0新城
豊橋東4−5X蒲郡

西三河地区
科技高豊田6−4豊田南
加茂丘7−11岡崎商
岡崎北7−7猿投農林
岩津1−5豊田高専
安城東5−2衣台
三好2−4愛産大三河
岡崎西9−2岡崎
刈谷2−5安城南
岡崎学園1−11岡崎城西
☆岡崎工3−6豊田大谷
☆杜若0−11安城学園
☆豊田6−13安城
☆豊田西1−2西尾東
一色6−4松平

知多地区
東海商6−1阿久比
半田6−2半田工
半田商4−8武豊
半田東2−9東浦
知多翔洋5−2横須賀
内海2−12日福大付
半田農0−6大府
東海南9−2大府東

名古屋地区
旭丘12−0瀬戸北・名商・名大附
☆大同大大同7−8名古屋大谷
守山5−14東郷
☆日進西0−10星城
松蔭3−10東海学園
享栄7−0名経大市邨
惟信4−7名経大高蔵
明和0−1中部大春日丘
菊里3−4鳴海
愛工大名電10−0春日井
昭和6−9向陽
愛産大工9−0春日井商
山田14X−13春日井西
豊明4−5X名古屋国際
緑丘商1−10南山
東邦11−1瑞陵
日進1−15中村
菊華4−3桜台
名南工3−4長久手
中部大第一4−5名古屋工
名古屋8−9X名東
至学館10−0瀬戸窯業
名古屋南3−1千種
栄徳7−2名城大附
富田6−1東海
愛知1−0天白

尾張地区
尾北1−6犬山南
津島3−1新川
一宮工6−2小牧
丹羽7X−6一宮興道
小牧工0−8杏和
江南0−10誉
誠信8−0津島北
愛知黎明6−1滝
岩倉総合0−11犬山
起工6−13西春
尾西1−10稲沢東
一宮商2−6大成
一宮西0−4清林館
一宮南8−1一宮
佐織工3−2木曽川
津島東8−2一宮北

東海学園−愛知商 観戦記(2017年秋季名古屋地区大会)

8月13日に享栄グランドで行われた第2試合、東海学園−愛知商の観戦記です。
初戦にどちらも敗れたため、負けると2次進出が苦しくなる試合。初戦はお互いに0得点だったため、どちらが先に点を取るかで重い試合になりました。

東海学園
00000000|0 H2 E1
00000403|7 H10 E2
愛知商
(8回コールド)

東海学園
蓮蔵、榊原−小栗
愛知商
浅見−伊藤陽

投手成績
東海学園
蓮蔵(1) 7回2/3 114球 被安打8 四死球6 三振1 失点7
榊原(10) 0/3 8球 被安打1 四球1 三振0 失点0
愛知商
浅見(9) 8回 94球 被安打2 四球1 三振5 失点0

蓮蔵投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。大きなフォームから投げ込み、打たせて取るタイプ。
榊原投手は右のサイドハンド。
浅見投手は右のスリークォーター。まっすぐはなかなか。コントロールが良く、スライダーの切れがいい。指先の感覚が良くボールを操れるタイプに見えました。

(試合経過)
4回裏、無死1,2塁のチャンスも4番で送りバント失敗(一邪)。結局2死満塁まで行くも先制ならず。
6回裏、1死2、3塁から7番加藤がタイムリー。更に8番伊藤陽のところでスクイズ成功。2死2塁から9番山森がタイムリー。1番森がタイムリー2ベース。愛知商が4点先制。
8回裏、2死1、2塁でピッチャー交替、榊原。2死満塁から3番林の2点タイムリー2ベース。4番浅見のタイムリーでコールド成立。
愛知商が勝ちました。
続きを読む

松蔭−享栄 観戦記(2017年秋季名古屋地区1次予選)

8月13日に享栄Gで行われた第1試合、松蔭−享栄の観戦記です。
松蔭は新チーム公式戦初戦。享栄の新チームを見るのも当然初めてですので、どんなチームかに注目して観戦しました。

松蔭
00000|0 H2 E4
03115|10 H10 E2
享栄
(5回コールド)
松蔭
山本、加藤−谷口
享栄
那加−樅山

投手成績
松蔭
山本(10) 4回1/3 117球 被安打8 四死球8 三振1 失点10
加藤(11) 0/3 8球 被安打2 四球0 三振0 失点0
享栄
那加(1) 5回 63球 被安打2 四球2 三振3 失点0

山本投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。コントロールに苦しむ。ストライク先行しないときつい。
加藤投手は右のオーバーハンド。場面がきつすぎました。
那加投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。ボールを前で放すタイプ。テンポ良く投げたいタイプですね。

スタメン
松蔭
8水野 4戸田 9谷本(1) 7伊藤 2谷口 6鳥居 3高瀬 5金森 1山本(10)
享栄
8石川 7寺西 3伴野 9早川 2樅山 4川田 6小寺 5大原 1那加

(試合経過)
1回表、エラー2つで1死3塁のチャンスで3番谷本がいい当たりでしたがファーストライナー。4番も倒れ先制ならず。
1回裏、2死2塁から4番早川がライトへヒット。2塁ランナーがホームを狙うも、ライトの谷本が好返球でタッチアウトに。素晴らしいプレーで先制阻止。
2回裏、2死満塁から1番石川のセンターフライを落とし3点タイムリーエラー。3−0
3回裏、1死3塁から5番樅山の犠牲フライ。4−0
4回裏、2死1塁から4番早川のタイムリー3ベース。5−0
5回裏、1死満塁から連続押し出し四球。ここでピッチャー交替、加藤。4番早川のタイムリー内野安打。5番樅山のタイムリーでコールド成立。
享栄が勝ちました。
続きを読む

16日試合結果

名古屋地区
東海3−4天白
☆富田0−3愛知

愛知高校Gのみ試合が行われました。
富田は愛知に食い下がったみたいですね。天白は1勝目を上げてのぞみをつなぎました。

三好−岡崎北 観戦記(2017年秋季西三河地区予選)

8月12日に豊田球場で行われた第3試合、三好−岡崎北の観戦記です。
新チーム初戦。どういう戦いを両チームが見せるかに注目して観戦しました。
5回表終了時に球場を後にしました。
三好
000001200|3
00070010X|8
岡崎北

三好
春日井(1)、西依(10)、安藤(11)−井戸
岡崎北
小林(1)−小島

春日井投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。上手く体重移動が出来ていない感じのフォーム。
西依投手は右のオーバーハンド。長身でまっすぐはまぁまぁ。ボールが抜けてストライクが入らず。
安藤投手は左のオーバーハンド。
小林投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。テイクバックが独特な形。

(試合経過)
1回裏、1死満塁のチャンスを作るも、5番谷口の浅めのライトフライでサードランナーが突っ込むもホームタッチアウトに。
3回表、1死1,2塁から2番津々見がセンターへの大きなライナーをセンターがバンザイ気味に取れずヒット。ただ、セカンドランナーがホームに突っ込めず、1塁ランナーが2塁をオーバーランしてタッチアウトに。3番が倒れ先制ならず。
4回裏、2死2、3塁から7番小島、8番神谷、9番小林が3連続タイムリー。ここでピッチャー交替、西依。四球で2死満塁となり更にピッチャー交替、安藤。2番廣瀬のボテボテのタイムリー内野安打。3番杉浦の走者一掃の3点タイムリー3ベース。7−0
5回表終了時に球場を後にしました。
試合はそのまま岡崎北が逃げ切りました。

このところ、県大会になかなか進めず、低迷気味の三好高校。新チームでどうかな、と思いましたが、4回に大量失点。不運な当たりもあったので、仕方ない部分もあるのですが、エラーも絡んでいたので・・・。
3回表の走塁ミスで点を取れなかったのも痛かったですね。
キャッチャーの井戸選手の肩は光りました。

岡崎北は4回2死2,3塁からの下位打線による連打が見事でした。特に新チームは、こういう大量点が起きやすのですが、そこを攻めた岡崎北が見事でした。

15日試合結果

知多地区
東浦14−2武豊
半田東8−0半田商
日福大付11−3横須賀
内海0−11知多翔洋
大府東3−7大府
東海南10−0半田農

東三河地区
御津1−11時習館
成章10−8豊橋西
豊橋商0−8豊橋中央
福江3−4X蒲郡
渥美農12−4新城
豊橋東13−0三谷水産
小坂井3−1蒲郡東
桜丘3X−2新城東
作手0−5豊橋工
豊川工0−1豊川
豊丘0−16豊橋南

西三河地区
松平5−12豊田
幸田5−2安城農林
猿投農林2−9三好
豊田大谷4−2高浜
豊田西9−3豊田高専
岡崎3−10知立
安城南0−3安城

加茂丘−豊田西 観戦記(2017年秋季西三河地区1次予選)

8月12日に豊田球場で行われた加茂丘−豊田西の観戦記です。
夏大で岡崎商を相手にコールドで勝った加茂丘。新チームはもちろん違うチームですけど、豊田西相手にどういう試合を見せてくれるか、注目して観戦しました。

加茂丘
0010000|1 H4 E2
0202103|8 H10 E0
豊田西
(7回コールド)
加茂丘
中根−山本
豊田西
山田−坂本

投手成績
加茂丘
中根(1) 6回1/3 111球 被安打10 四死球4 三振3 失点8
豊田西
山田(5) 7回 79球 被安打4 四球1 三振5 失点1

中根投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。初回以外に先頭を出すことが多く、四死球で出すのはもったいなかった。
山田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。ストライク先行で打たせて取る。

加茂丘
9伊藤 6大石 8齊藤 2山本 7石崎 1中根 3山内 5坂口 4成瀬
豊田西
7清水雄 4神谷 6大西 8加賀屋 9松尾(1) 1山田(5) 3近藤 5川口(15) 2坂本

(試合経過)
1回表、1死から内野安打とバントヒットで1,2塁とするも、4番がゲッツーに倒れ先制ならず。
2回裏、1死2塁から6番山田がタイムリー。2死3塁から8番川口がタイムリー2ベース。豊田西が2点先制。
3回表、2死2塁から2番大石がタイムリー。2−1
4回裏、1死1塁から7番近藤がタイムリー3ベース。1死3塁から8番川口のところでセーフティスクイズ成功。4−1
5回裏、1死2塁から3番大西がタイムリー2ベース。5−1
7回裏、1死1、2塁から3番大西がタイムリー。1死満塁から6番山田が2点タイムリー2ベースでコールド成立。
豊田西が勝ちました。
続きを読む

14日試合結果

尾張地区
江南6−4小牧工
杏和0−7誉
海翔1−8津島北
小牧南9−4小牧
起工6−1岩倉総合
☆犬山2−9西春
稲沢5−5稲沢東
愛知啓成12−2清林館
津島東5X−4佐織工
木曽川8−12一宮北
新川3−6尾北

名古屋地区
瀬戸北・名商・名大附0−10名古屋大谷
同朋2−9旭丘
東郷2−10星城
春日井工12−1守山
東海学園0−6名経大市邨
愛知商7−4松蔭
名経大高蔵0−7中部大春日丘
名市工5−3惟信
鳴海5−2春日井
南陽6−13菊里
向陽7−0春日井商
瀬戸1−6昭和
春日井西0−6名古屋国際
高蔵寺13−8山田
南山1−4瑞陵
旭野9−1緑丘商
☆中村3−7桜台
名市工芸16−0日進
長久手5−2名古屋工
愛知総合工科3−7名南工
瀬戸窯業0−7名古屋
至学館10−1名東
名城大附13−0名古屋南
栄徳14−4千種
☆天白0−10富田
愛知6−2東海

東三河地区
渥美農1−0豊橋東
蒲郡2−3三谷水産
新城6−4福江
桜丘12−1作手
蒲郡東5−3豊橋工
新城東9−5小坂井
国府0−5豊川
☆時習館6−7豊橋中央
豊橋西8−0御津
豊丘4−2豊川工
成章7−1豊橋商

西三河地区
衣台8−10豊田大谷
岡崎東0−14刈谷北

知多地区
阿久比7−10半田
半田工15−1常滑

13日試合結果

名古屋地区
旭丘5−3大同大大同
瀬戸北・名商・名大附0−12同朋
守山3−28日進西
東郷8−9春日井工
松蔭0−10享栄
東海学園0−7愛知商
惟信0−7明和
☆名経大高蔵0−1名市工
菊里2−17愛工大名電
鳴海4−0南陽
昭和0−10愛産大工
向陽7−0瀬戸
山田3−7豊明
春日井西0−7高蔵寺
緑丘商1−16東邦
南山0−4旭野
日進2−16菊華
中村6−2名市工芸
名南工4−2中部大第一
長久手4−2愛知総合工科

西三河地区
西尾6−8科技高豊田
☆岡崎城西1−9愛産大三河
☆岩津0−10豊田西
岡崎学園2−3X岡崎北
刈谷工10−5知立東
豊田工6X−5碧南
豊田高専10−3岡崎商
安城学園7−4豊野
刈谷8−1一色
西尾東11−0加茂丘
☆高浜4−10岡崎工
豊田北1−3吉良
豊田南11−1鶴城丘

知多地区
半田工4−3東海商
常滑5−12半田

尾張地区
犬山8−1起工
西春14−0岩倉総合
杏和5−5江南
誉15−2小牧工
滝11−1海翔
津島北1−9愛知黎明
一宮興道3−5小牧南
☆小牧3−4X丹羽
大成26−2稲沢
稲沢東11−1一宮商
一宮1−10愛知啓成
清林館3−3一宮南
木曽川9−3津島東
一宮北9−6佐織工
犬山南4−8新川
尾北2−5美和

豊野−杜若 観戦記(2017年秋季西三河地区1次予選)

8月12日に豊田球場で行われた第1試合、豊野−杜若の観戦記です。 新チームになってお互いに初戦。杜若相手に豊野がどこまで戦えるかに注目して観戦しました。
豊野
001000001|2 H12 E1
03000000X|3 H8 E0
杜若
豊野
清家−三浦
杜若
深谷−佐藤
投手成績
豊野
清家(1) 8回 114球 被安打8 四球0 三振3 失点3
杜若
深谷(1) 9回 140球 被安打12 四球3 三振6 失点2
清家投手は右のサイドハンド。まっすぐはあんまり速くない。上手く緩急を使い、インサイドへの投球も効果的でした。何より無四球が見事。ナイスピッチングでした。
深谷投手は右のオーバーハンド。オーソドックスでまっすぐはなかなか。ピンチは何度かあったものの、そこでストライク先行出来るところが強み。
 豊野
4松平 1清家 9水谷 2三浦 3坂部 6鎌倉 5永田 8佐藤 7仙石
杜若
8椛島 6鈴木 3曽我 2佐藤 1深谷 7中川 4中山 5羽田野 9山内
(試合経過)
2回裏、2死1、3塁から8番羽田野がタイムリー。更に2死満塁から1番椛島が2点タイムリー。3−0
3回表、無死2、3塁から2番清家のショートゴロの間に1点。3−1
5回表、1死満塁のチャンスでしたが2番がショートゴロゲッツー。チャンスを活かせず。
6回表、1死2,3塁のチャンスで6番がショートゴロでホームアウト。7番がサードゴロでチャンスを活かせず。
9回表、無死3塁から代打の佐々岡が犠牲フライ。3−2。尚も2死から1番松平がヒットで出て、盗塁、暴投で2死3塁まで行きましたが、同点ならず。
杜若が逃げ切りました。 続きを読む

12日試合結果

東三河地区
豊橋工2−3X小坂井
新城東9−2作手
蒲郡東0−7桜丘
三谷水産2−10福江
新城3−8豊橋東
蒲郡2−5渥美農
豊橋中央12−2御津
豊橋西2−6豊橋商
時習館6−0成章
豊川9−1豊橋南
☆豊川工2−6国府

西三河地区
鶴城丘2−1科技高豊田
豊田北1−10刈谷工
☆豊野2−3杜若
加茂丘1−8豊田西
三好3−8岡崎北
豊田工9−1岡崎
猿投農林3−10岡崎城西
☆豊田大谷6−8安城東
愛産大三河13−1岡崎学園
幸田6−9安城学園
松平1−8安城南
刈谷北1−8西尾
岡崎商0−7岩津
西尾東7−0豊田高専
安城7−1刈谷
☆知立東9−2碧南工
豊田南7−0岡崎東
高浜8−1衣台
知立1−0岡崎西
豊田10−4一色

知多地区
常滑1−3阿久比
半田3−2東海商
武豊0−14半田東
東浦13−0半田商
横須賀8−0内海
日福大付2−3知多翔洋
大府10−0東海南
大府東3−0半田農

尾張地区
津島北2−8滝
誠信15−0海翔
小牧4−1一宮興道
一宮工3−6小牧南
稲沢東2−9大成
尾西10−3稲沢
清林館10−3一宮
一宮西0−12愛知啓成

名古屋地区
名古屋大谷9−7同朋
大同大大同10−0瀬戸北・名商・名大附
星城11−1春日井工
日進西5−3東郷
名経大市邨1−0愛知商
享栄10−0東海学園
☆中部大春日丘8X−7名市工
明和7−0名経大高蔵
春日井2−1南陽
愛工大名電19−0鳴海
春日井商2−5瀬戸
愛産大工11−4向陽
名古屋国際4−1高蔵寺
豊明8−1春日井西
瑞陵6−5旭野
東邦10−0南山
桜台1−2名市工芸
菊華0−1中村
名古屋工2−5愛知総合工科
中部大第一7−6長久手

一宮工−丹羽 観戦記(2017年秋季尾張地区1次予選)

8月11日に小牧球場で行われた第1試合、一宮工−丹羽の観戦記です。
新チームになって最初の公式戦。新チームらしいミスも出る中、なかなか面白い試合になりました。

一宮工
010030000|4 H9 E3
00100040X|5 H8 E1
丹羽

一宮工
柳田−坂田
丹羽
古田、鈴川−村上

投手成績
一宮工
柳田(1) 8回 102球 被安打8 四球0 三振5 失点5
丹羽
古田(15) 5回 65球 被安打6 四球1 三振4 失点4
鈴川(1) 4回 59球 被安打3 四球0 三振3 失点0

柳田投手は右のオーバーハンド。上からの投げ下ろしで、まっすぐはそこそこ速い。ボールがやや高めにくるタイプですが、力はあります。
古田投手は右のスリークォーター。まっすぐはまぁまぁ。小柄ですが、力のあるボールを投げます。
鈴川投手は右のオーバーハンド。体格はがっしり。まっすぐはなかなか。ひじを畳むフォーム。

スタメン
一宮工
8澤木 7三浦 3河野 1柳田 5川瀬 6高司 4田中 2坂田 9日比野
丹羽
6大倉 9倉下 2村上 5稲垣 3森 7鈴川(1) 8稲本 1古田(15) 4高橋

(試合経過)
2回表、1死2塁から6番高司がタイムリー2ベース。一宮工が先制。
3回裏、2死2、3塁から2番倉下のタイムリー。同点。
5回表、2死満塁から2番三浦の走者一掃の3点タイムリー3ベース。一宮工が勝ち越し。4−1
7回裏、1死2塁から8番河野がタイムリー3ベース。2死3塁から1番大倉がタイムリー。更に2死2塁からショートゴロで1塁送球をファーストが取れない間にランナーがホームインして同点。更に2死2塁から3番村上のタイムリーで逆転。5−4
丹羽が勝ちました。続きを読む

11日の試合結果

尾張地区
丹羽5−4一宮工
愛知黎明1−5誠信
一宮商1−7尾西
一宮南7−3一宮西
美和2−12津島

東三河地区
新城東4−3蒲郡東
作手3−13小坂井
桜丘6−0豊橋工
豊川4−1豊丘
豊橋南3X−2国府
豊橋西0−12時習館
豊橋商10X−9御津
成章3−7豊橋中央
新城6−5蒲郡
豊橋東9−4福江
渥美農14−5三谷水産

新チームによる秋季地区予選がスタート。
黎明−誠信の注目カードは誠信に軍配。

豊橋中央−成章の注目カードは豊橋中央が勝ちました。

松蔭−豊田南 練習試合結果

8月9日に松蔭グランドで行われた練習試合。

ランニングスコアと簡単な感想

松蔭
200001000|3 H6 E2
000000030|3 H7 E0
豊田南

お互いのピッチャーが良かった。
松蔭は谷本投手が力のある球で6イニングを無失点。楽しみなピッチャー。

豊田南は先発の米川投手、6回から藤原投手。両投手とも失点はしたものの、しり上がりの投球。
藤原投手はまっすぐがなかなか速く、楽しみな好投手ですね。

お互いに上位打線は振れていたので、チャンスをいかにものにするか。

いい投手戦でした。

2017年秋個人的注目選手

秋以降の個人的注目選手をピックアップします。

天白 岡本投手
中村 松本捕手
愛知商 大橋投手
愛知 渡邊選手
栄徳 野口捕手
栄徳 石原選手
星城 加藤投手
星城 石黒投手
中京大中京 澤井選手
東邦 扇谷投手
中部大第一 永野選手
中部大第一 山本選手
愛工大名電 稲生選手
愛工大名電 秋山投手
愛工大名電 室田投手
愛工大名電 堀内選手
愛工大名電 辻投手
愛産大工 茶谷投手
名経大市邨 塩飽捕手
豊橋西 田邉投手
安城 伊藤投手
刈谷北 鍋内選手
刈谷北 山崎投手
刈谷北 桑原投手
吉良 亀澤投手
豊田南 藤原選手
西尾東 磯村投手
豊野 水谷選手
豊野 坂部投手
豊田工 横田投手
碧南工 山下投手
愛産大三河 石原選手
大府 大西投手
横須賀 奥原投手
犬山 後藤投手
小牧南 榎並投手
新川 池戸選手
西春 尾崎投手
佐織工 俣江捕手
清林館 中尾投手

見たことがなくて見てみたい選手も含んでいます。
これから新チームを見ていって、どんどん注目選手を上げていきたいですね。

豊野・刈谷北・名経大市邨の練習試合結果

7月30日に豊野Gで行われた練習試合の結果です。
豊野
101003000|6
010200002|5
刈谷北

刈谷北
000311100|6
000002100|3
名経大市邨B

豊野
00041110|7
00100012|4
名経大市邨B
(8回降雨コールド)

練習試合なので、簡単な感想を。

豊野は1試合目の投手リレーがいいですね。上手くタイプの違うピッチャーでかわしたい。
打者では水谷選手が目立ちました。バットの出がスムーズで楽しみなバッター。いかにたくさん点を取るかを考えた攻撃を見せたいところ。

刈谷北は2試合目に完投した山崎投手が良かった。三振も取れるし、コントロールも大崩れしない。球数が多くなっていたのでそこを打たせるピッチングが出来れば。
1試合目の桑原投手が素晴らしいまっすぐを投げたものの、コントロールは不安定。ただ、魅力があります。
4番の鍋内選手は2試合目にホームラン。前のチームから4番ですし、楽しみなバッター。

名経大市邨はキャッチャーの塩飽選手がバッターとして目立つ。3試合目に調整のために登板した3年生の田村投手からものの見事に捉えた打球で2ベース。1年生ですし、キャッチャーとしてというのは分かりませんが、バッターとしてはかなりの選手ですね。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
25日
練習試合
26日
東海地区クラブ選手権
28日
天皇賜杯愛知県大会(西部)
熱田球場
29日
ドラゴンゲート名古屋大会
2日
愛知夏大会
豊田球場
3日
愛知夏大会
一宮球場
9日
愛知夏大会
未定
10日
愛知夏大会
岡崎球場
16日
愛知夏大会
熱田球場
17日
愛知夏大会
未定
18日
愛知夏大会
未定

Recent Comments
  • ライブドアブログ