コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2015年春

誠信−津島 観戦記(2015年春季尾張地区2次T)

3月26日に津島球場で行われた第3試合、誠信−津島の観戦記です。
誠信は秋にも見ているので、どこまでチーム力が上がっているか、津島がどこまで食らいつくかに注目して観戦しました。

誠信
40002006|12 H13 E3
00000500|5 H7 E1
津島
(8回コールド)
誠信
清水−神谷
津島
清水−笠木

投手成績
誠信
清水(1) 8回 139球 被安打7 四球3 三振7 失点5
津島
清水(10) 8回 135球 被安打13 四死球6 三振2 失点12

誠信の清水投手は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。最初腕振れていない印象でしたけど、段々腕の振りがよくなりました。
津島の清水投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそんなに速くない。変化球が多い投球で、まっすぐは見せ球。カーブが得意なピッチャー。

スタメン
誠信
8鈴木雄 5下茂 1清水 7米倉 3横地(12) 2神谷 4道端 6鈴木ユイ(16) 9鈴木駿
津島
8田中 4渡辺 3高橋 9乙須(13) 2笠木 7佐藤 6下方 5山本(15) 1清水(10)

(試合経過)
1回表、無死満塁から4番米倉が2点タイムリー。2死満塁から8番鈴木ユイがタイムリー。センターがもたつく間に2塁ランナーも生還。4点先制。
5回表、1死1、2塁から4番米倉がタイムリー。1死2、3塁から犠牲フライ。6−0
6回裏、2死2、3塁から4番乙須が2点タイムリー。2死3塁から5番笠木がタイムリー。2死1、2塁から7番下方が2点タイムリー2ベース。6−5
8回表、1死満塁から1番鈴木雄が2点タイムリー2ベース。2番下茂も2点タイムリー。1死1、2塁から4番米倉が2点タイムリー3ベース。12−5
試合終了。誠信がコールドで勝ち、県大会進出。
続きを読む

一宮南−小牧南 観戦記(2015年春季尾張地区2次T)

3月26日に津島球場で行われた第2試合、一宮南−小牧南の観戦記です。
小牧南が予選1位だったので、優位に進めるかな、と思ったのですが、一宮南が先制してペースを握った印象。
4回表からの観戦となりました。

一宮南
100020201|6
000004100|5
小牧南

一宮南
浅野−鵜飼、幸村
小牧南
近藤、伊藤−坂田

浅野投手は右のオーバーハンド。テイクバックが大きいフォーム。まっすぐはぼちぼち。カーブで上手く翻弄する投球。
近藤投手は右のオーバーハンド。久しぶりに見ましたがあまりボールの球速などは上がっていない印象。まっすぐはまぁまぁ。スライダーの切れは良かった。
伊藤投手は右の変則サイドハンド。サイドですがオーバーに近いフォーム。まっすぐはそんなに速くない。コントロールがばらつきました。

(試合経過)
5回表、2死満塁から2番服部がタイムリー。更に押し出し四球。3−0
6回裏、2死満塁からワイルドピッチで1点。8番近藤が2点タイムリーで同点。2死1、2塁から1番浅井がタイムリー。小牧南が逆転。4−3
7回表、2死2塁から3番水谷が左中間を割り、瞬足を飛ばして中継が少し乱れたところを一気にホームイン。再逆転。5−4
7回裏、無死1塁から3番船橋がタイムリー2ベース。同点。
8回表からピッチャー交替、伊藤。
9回表、1死2塁から3番水谷がタイムリー3ベース。一宮南が勝ち越し。6−5
試合終了。一宮南が勝ち県大会進出決定しました。
続きを読む

刈谷工−豊田工 観戦記(2015年春季西三河1次予選)

3月26日に刈谷球場で行われた第1試合、刈谷工−豊田工の観戦記です。
レベルの高い工業高校同士の1戦。豊田工は1位通過を決めていたので、先を見据えた戦い、刈谷工は3位がかかっていたので、その差が試合に出た感じでした。

刈谷工
120000103|7 H10 E4
001010004|6 H14 E3
豊田工

刈谷工
山本、佐藤、伊藤、水谷−奥谷
豊田工
築山、岡、橋本、野崎−神谷

投手成績
刈谷工
山本(12) 3回 39球 被安打4 四球1 三振0 失点1
佐藤(14) 3回 40球 被安打3 四球0 三振1 失点1
伊藤(11) 1回2/3 32球 被安打3 四球1 三振0 失点0
水谷(10) 1回1/3 36球 被安打4 四球1 三振0 失点4
豊田工
築山(3) 2回 39球 被安打6 四球0 三振0 失点3
岡(10) 1回 12球 被安打0 四球0 三振1 失点0
橋本(18) 3回 51球 被安打0 四球2 三振3 失点0
野崎(19) 3回 55球 被安打4 四死球2 三振1 失点4

刈谷工
9水本(19) 7益田 8神谷(1) 2奥谷 3三浦 4城山 5眞鍋(6) 6磯部(13) 1山本(12)
豊田工
7藤井(17) 9片野坂(7) 3長坂(15) 5杉浦 1築山(3) 2神谷 6矢田目 8森山(11) 4市川


1回表、2死3塁から4番奥谷のショートゴロエラーで刈谷工が先制。
2回表、1死2塁から9番山本がタイムリー3ベース。2死3塁から2番益田のタイムリー。3−0
3回裏、1死1、3塁から2番鈴木がタイムリー。3−1
5回裏、2死1、3塁からショートゴロをファンブルして1塁間に合わず記録タイムリーエラーに。3−2
7回表、2死2塁から4番奥谷のタイムリー3ベース。4−2
7回裏、無死1,3塁のチャンスを作り、1番藤井に回るも内野フライの後、2番鈴木の打席で1塁ランナースタート。キャッチャーが2塁へ投げて、1塁ランナーがベース手前で間に合わずに止まり挟まれる間に3塁ランナースタートを切るも三本間でアウトに。2死2塁からサード眞鍋のファインプレーで結局0点に。
8回裏、2死1、3塁でピッチャー交替、水谷。ここは水谷が踏ん張ります。
9回表、1死1、2塁から4番奥谷がレフトオーバー2点タイムリー2ベース。1死1、3塁からショート後方のフライが取れず、1塁ランナーが2塁でアウトの記録ショートゴロの間に1点。7−2
9回裏、1死満塁から3番橋本の2点タイムリー。4番羽根田の犠牲フライ。2死1、2塁から6番神谷がタイムリー。最後2死2,3塁の1打サヨナラの場面となりましたが、水谷が踏ん張り、刈谷工が7−6で逃げ切りました。
続きを読む

28日の試合結果

◆東三河地区
渥美農4−2国府
豊橋商5−1蒲郡
成章12−1豊橋南
桜丘7−0蒲郡東
豊橋中央14−7小坂井
豊川4−2時習館

◆西三河地区
安城7−4衣台
安城9−1科技高豊田
三好11−9愛産大三河
三好7−5安城南

◆知多地区
大府9−0知多翔洋
阿久比3−0半田
東浦3−1大府東
半田工8−0日福大付

◆尾張地区
清林館4−3一宮興道
愛知啓成8−1一宮
誉10−0一宮南
愛知黎明9−3誠信
津島東4−2起工
西春8−0一宮工
小牧南9−3小牧工
津島7−3新川

愛知黎明−江南 観戦記(2015年春季尾張地区1次予選)

3月23日に小牧球場で行われた第3試合、愛知黎明−江南の観戦記です。
愛知黎明は秋に見ておらず、初めての現チーム観戦でした。

愛知黎明
0014110|7 H10 E1
0000000|0 H6 E2
江南
(7回コールド)
愛知黎明
野瀬−間瀬
江南
大野、尾関、盛合−平光

投手成績
愛知黎明
野瀬(6) 7回 90球 被安打6 四球1 三振3 失点0
江南
大野(1) 5回 63球 被安打8 死球2 三振1 失点6
尾関(15) 1回 16球 被安打2 四球1 三振0 失点1
盛合(10) 1回 8球 被安打0 四球0 三振1 失点0

野瀬投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。まっすぐとスライダーで打たせて取るピッチャー。
大野投手は右のスリークォーター。まっすぐはぼちぼち。コントロールの良さそうなピッチャーで切れもまずまずありました。

スタメン
愛知黎明
8菱田 6小野(3) 1野瀬(6) 5新屋敷 2間瀬 4池口 9野田 3鈴木(10) 7三嶋
江南
9岩田 4後藤 6山本将 2平光 5日吉 3伊藤 7山本涼 8村瀬 1大野

(試合経過)
3回表、無死2、3塁から2番小野の犠牲フライ。黎明が先制。
4回表、1死満塁から9番三嶋がタイムリー。1番菱田が走者一掃3点タイムリー2ベース。5−0
5回表、1死1塁から6番池口がタイムリー2ベース。6−0
6回表、1死2塁から2番小野がタイムリー3ベース。7−0
黎明が7回コールドで勝ちました。

続きを読む

津島東−津島 観戦記(2015年春季尾張地区1次予選)

3月23日に津島球場で行われた津島東−津島の観戦記です。
2次Tに進出は決まっている両校のブロック1位決定戦。実力校同士ですから好ゲームを期待して観戦しましたが、寒さもあってかなかなか勝負が決まらない試合になりました。

津島東
320033162|20 H19 E2
030000450|12 H14 E5
津島

津島東
岡浦、佐藤達、服部−東
津島
杉澤、伊藤、大島、山崎、清水−笠木

投手成績
津島東
岡浦(1) 4回 77球 被安打4 四死球4 三振3 失点3
佐藤達(11) 3回 55球 被安打4 四球3 三振2 失点4
服部(18) 2回 50球 被安打6 四球0 三振2 失点5
津島
杉澤(20) 2/3 28球 被安打4 四球2 三振0 失点3
伊藤(1) 5回 95球 被安打8 四球1 三振3 失点8
大島(19) 1回2/3 41球 被安打3 四死球4 三振0 失点6
山崎(11) 2/3 11球 被安打2 四球0 三振0 失点1
清水(10) 1回 17球 被安打2 四球1 三振0 失点2

岡浦投手は右のスリークォーター。まっすぐはぼちぼち。最初はコントロールに苦しみましたが、小さいスライダーも使うようになって徐々に安定しました。
佐藤達投手は右のオーバーハンド。元々は昨夏はエースナンバー。まっすぐはなかなか。やや荒れ気味ですがボールに力はあります。
服部投手は右のオーバーハンド。故障上がりかな?なんとなくこわごわ投げているように感じました。まっすぐはまぁまぁ。
杉澤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。フォームは大きな感じ。
伊藤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。

スタメン
津島東
9福田(8) 8藤田(19) 3佐藤達(11) 4吉田 7佐藤ジュン(9) 2東(10) 1岡浦 5安藤 6古川
津島
8田中 4渡辺(14) 3高橋 9乙須 2笠木 7佐藤 6下方 5山本(15) 1杉澤(20)

(試合経過)
1回表、2死1、2塁から5番佐藤ジュンがライトオーバー2点タイムリー2ベース。6番東がタイムリーポテン2ベース。2死満塁でピッチャー交替、伊藤。3−0
2回表、2死2塁から4番吉田、佐藤ジュンの連続タイムリー長打で2点。5ー0
2回裏、1死1塁から8番山本がタイムリー3ベース。9番伊藤がレフトへ2ランホームラン。5−3
5回表、1死2塁から代打船本がタイムリー2ベース。2死2、3塁から1番福田が2点タイムリー。8−3
6回表、無死1、3塁からスクイズ成功。1死2、3塁からスクイズ成功。2死3塁から9番古川がタイムリー内野安打。ここでピッチャー交替、大島。
7回表、2死2塁からサードゴロエラーで1点。12−3
7回裏、2死2、3塁から5番笠木、6番佐藤が連続タイムリー。7番下方もタイムリー。コールド回避。さらにワイルドピッチ。12−7
8回表、1死満塁から押し出し四球。4番吉田が2点タイムリー。ここでピッチャー交替、山崎。2死満塁から7番田中が走者一掃のタイムリー2ベース。18−7
8回裏、1死1、3塁から3番高橋がタイムリー。更に1死満塁から5番笠木が走者一掃タイムリー3ベース。1死3塁から犠牲フライ。18−12
9回表、1死2塁から2番藤田がタイムリー3ベース。3番服部がタイムリー。20−12
試合は津島東が勝ちました。
続きを読む

27日の試合結果

◆名古屋地区
2次予選
名市工芸4−1惟信
瀬戸6−3昭和

決勝トーナメント
中部大第一11−3緑丘商
東邦5−1春日丘
中京大中京4−1大同大大同
享栄4−3名城大附
栄徳3−1高蔵寺
星城3−1至学館

26日の試合結果

◆西三河地区
西尾東2−1科技高豊田
豊田高専5−1岡崎西
杜若15−1豊田
西尾15−5加茂丘
岡崎工3−2豊野
鶴城丘5−4安城東
刈谷7−6豊田大谷
岡崎商5−4松平
愛産大三河6−2三好
岩津12−11岡崎
刈谷工7−6豊田工
豊田西8−6知立東
安城南9−2岡崎北
碧南6−5安城学園
安城5−2岡崎東
安城農林9−6碧南工
高浜6−5豊田南
知立9−5衣台
吉良7−6豊田北

◆知多地区
東浦6−0東海商
日福大付9−8半田農
阿久比10−0内海
大府8−3東海南
常滑17−2半田東
半田工8−6知多翔洋
横須賀12−0武豊
大府東8−1半田商

◆尾張地区
2次トーナメント
誉10−0小牧工
愛知黎明4−0新川
一宮興道3−0津島東
清林館9−8起工
一宮南6−5小牧南
誠信12−5津島
愛知啓成10−0一宮工
一宮7−5西春

東三河地区
2位決定戦
豊橋市民球場
御津13−3豊橋西
蒲郡東11−6御津
蒲郡東12−2豊橋西

25日試合結果

◆知多地区
半田10−4大府東
半田商5−2横須賀

◆東三河地区
豊橋商18−0新城
桜丘10−0作手
豊川12−1三谷水産
成章8−1時習館
豊橋東20−10海陽
豊橋西14−7蒲郡東
国府12−1御津

◆西三河地区
科技高豊田11−4岡崎東
猿投農7−6豊野
豊田工5−1豊田南
杜若1−0安城東
安城農林8−0豊田北
松平8−1豊田
安城南4−3愛産大三河
豊田西9−0岡崎工
岡崎城西2−1岩津
三好10−3幸田
吉良12−1豊田高専
刈谷9−1一色
岡崎4−3西尾
岡崎西8−7碧南工
安城5−1衣台
鶴城丘10−3岡崎商
豊田大谷15−11碧南
西尾東5−3知立
刈谷北11−0高浜

◆尾張地区
2次トーナメント
一宮興道7−0一宮西
起工10−2木曽川
一宮工9−4佐織工
一宮9−0江南
一宮南1−0犬山
新川5−3岩倉総合
小牧工10−7津島北
津島22−14小牧

享栄−名古屋国際 観戦記(2015年春季名古屋地区予選)

3月22日に享栄Gで行われた享栄−名古屋国際の観戦記です。
去年の秋の享栄はあまりいい印象が無かったのですが、一冬を越してどう成長したか見るには絶好の相手なので、楽しみに観戦しました。

享栄
0321204|12 H18 E2
0100000|1 H4 E0
名古屋国際
(7回コールド)
享栄
成田、山口−前田
名古屋国際
荒川、本村、伊藤晃−渡辺

投手成績
享栄
成田(1) 6回 60球 被安打3 四球0 三振2 失点1
山口(10) 1回 18球 被安打1 四球0 三振1 失点0
名古屋国際
荒川(11) 1回2/3 31球 被安打3 四死球2 三振0 失点3
本村(1) 2回1/3 50球 被安打7 四球1 三振2 失点3
伊藤晃(10) 3回 76球 被安打8 四死球4 三振1 失点6

成田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。相手がどんどん打ってくるスタイルだったこともありますが、球数が少なく無四球。ゴロアウトも多くいいピッチングでした。
荒川投手は右のアンダーハンド。まっすぐはあまり速くない。
本村投手は右のオーバーハンド。カーブが多く緩急を使う。まっすぐはまぁまぁ。
伊藤投手は左のオーバーハンド。体格がしっかりとしたピッチャー。

スタメン
享栄
7村西 4坂野(19) 3安田 5山本 2前田 6村田(4) 9杉浦 1成田 8上村
名古屋国際
3丹下 4山田 6横山 5伊藤広 7川口 9大鶴 2渡辺 1荒川(11) 8松沢

(試合経過)
2回表、2死1、2塁から1番村西がレフトオーバー2点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交替、本村。2番坂野がタイムリー。3−0
2回裏、2死2塁から7番渡辺がタイムリー2ベース。3−1
3回表、無死1、3塁から7番杉浦がタイムリー。1死2、3塁から9番上村がタイムリー。5ー1
4回表、1死1、3塁から6番村田がスクイズを成功させ、6−1
5回表、1死1、3塁から2番坂野が絶妙のプッシュスクイズを決めタイムリーに。1死満塁から4番山本は押し出し死球。8−1
7回表、1死1、3塁から3番安田がタイムリー。1死満塁から5番前田が押し出し四球。2死2、3塁からワイルドピッチ。2死3塁から6番村田のタイムリー。12−1
享栄が7回コールドで勝ちました。強かった。
続きを読む

24日の試合結果

◆東三河地区
国府10−0蒲郡東
御津18−17豊橋西
蒲郡6−5豊川工
小坂井10−9新城東
豊丘−豊橋中央3−2豊丘
渥美農16−1福江

◆西三河地区
衣台8−4科技高豊田
鶴城丘9−0松平
杜若3−2岡崎商
安城農林7−6豊田高専
豊田西9−1豊野
岡崎城西10−0加茂丘
岡崎北4−3幸田
西尾東18−0岡崎東
安城東13−12豊田
刈谷北9−0刈谷工
知立東10−3猿投農
岩津12−3西尾
安城学園7−6一色
知立2−0安城
碧南工8−1豊田北
三好11−4安城南
刈谷8−1碧南
岡崎西7−0吉良
豊田工10−0高浜

◆名古屋地区
名市工芸13−0名古屋工
惟信6−3菊里
瀬戸1−0中村
名南工6−5名市工
天白15−10向陽
名古屋国際15−12愛知商
名古屋南5−4瀬戸窯業

日進西−菊華 観戦記(2015年春季名古屋地区予選)

3月22日に享栄Gで行われた日進西−菊華の観戦記です。
愛知商に初戦でコールド負けをした菊華。本来の力で言えば負けるにしても、と思ってどんなチームかを注意して見ながら観戦しました。

日進西
010100600|8 H9 E0
110220003|9 H13 E1
菊華

日進西
坂野、豊田−山田
菊華
田沢、竹内、神野、浅井−三ヶ月

投手成績
日進西
坂野(10) 4回1/3 62球 被安打9 四球0 三振2 失点6
豊田(1) 4回 74球 被安打4 四死球4 三振5 失点3
菊華
田沢(1) 1回1/3 44球 被安打2 四球4 三振0 失点1
竹内(11) 4回2/3 88球 被安打3 四死球7 三振2 失点1
神野(10) 0/3 8球 被安打1 四死球2 三振0 失点3
浅井(7) 3回 74球 被安打3 四死球5 三振7 失点3

坂野投手は右のサイドハンド。丁寧に投げて打たせて取るピッチャー。
豊田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。なかなか力のあるボールを投げるピッチャー。
田沢投手は右のオーバーハンド。明らかな1バウンドのボールを何度も投げて定まらず。
竹内投手は左のオーバーハンド。まっすぐはあんまり速くない。四死球が大杉。
浅井投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。投げ方が投手っぽくない。長いイニングになるとどうかな。

スタメン
日進西
7田崎 8板谷 3小川 9豊田(1) 2山田 5須賀 6高田 1坂野(10) 4石川
菊華
4森谷 5近藤 8吉田ユウ 6前田 2三ケ月 7浅井 3小川 1田沢 9吉田タク

(試合経過)
1回表、日進西は先頭の田崎のヒットを足がかりに1死満塁のチャンス。ここで5番山田がレフトフライでタッチアップもホームタッチアウト。無得点に。
1回裏、2死から3番吉田ユウが3ベースを放ち、続く4番前田がタイムリー2ベース。菊華が先制。
2回表、1死3塁から8番坂野がタイムリー。1死1、2塁でピッチャー交替、竹内。1−1
2回裏、7番小川がライトへソロホームラン。菊華が勝ち越し。2−1
4回表、2死1、2塁から3番小川がタイムリー2ベース。同点。
4回裏、1死2塁から7番小川がタイムリー。2死2塁から9番吉田がタイムリー。4−2
5回裏、無死3塁から3番吉田の犠牲フライ。1死2塁でピッチャー交替、豊田。変わりっぱな5番三カ月がタイムリー。6−2
7回表、無死満塁でピッチャー交替、浅井。1死満塁から代打則武が2点タイムリー。2死満塁から3番小川が押し出し四球。さらにワイルドピッチで同点。2死2、3塁から4番豊田が2点タイムリーポテンヒット。8−6
9回裏、1死満塁から5番三ヶ月が走者一掃のサヨナラタイムリー2ベース。菊華が逆転サヨナラ勝ちを納めました。
続きを読む

23日の結果

◆尾張地区
西春19−1新川
津島北12−2杏和
愛知黎明7−0江南
愛知啓成8−1小牧工
起工11−10美和
小牧南2−0佐織工
小牧6−2大成
誠信6−2木曽川
一宮南5−3海翔
清林館5−0犬山
岩倉総合19−15稲沢
一宮西9−0一宮商
津島東20−12津島
一宮12−10一宮北
誉10−0一宮興道
一宮工12−2丹羽

◆名古屋地区
惟信7−6春日井西
中部大第一10−0菊里
名市工芸8−3名経大市邨
至学館9−0名古屋工
名市工8−1東海
愛産大工10−0名南工
中村12−7松蔭
愛工大名電5−3瀬戸
名古屋国際15−7菊華
享栄11−1愛知商
天白10−3春日井商
名城大附8−0向陽
瀬戸窯業7−6瀬戸北総合
東邦10−0名古屋南
愛知11−1山田
春日井13−12愛知工
昭和10−2春日井工
瑞陵6−1千種
名経大高蔵9−4桜台
明和3−2長久手
名古屋8−2名古屋大谷

◆知多地区
半田商10−0武豊
半田8−6横須賀

◆東三河地区
渥美農6−4豊丘
豊橋中央11−0福江
成章8−4豊橋東
桜丘6−2豊橋商
作手7−3新城
豊橋南9−1三谷水産
時習館12−0海陽

瀬戸−松蔭 観戦記(2015年名古屋地区1次予選)

3月21日に名電Gで行われた第2試合、瀬戸−松蔭の観戦記です。
どちらもかつては強い時期もありながら、ここのところちょっと低迷している印象。瀬戸は新チーム後初めてでしたので、どんなチームか楽しみにして観戦しました。

瀬戸
000100001|2 H5 E0
000000000|0 H5 E2
松蔭

瀬戸
家村−山川
松蔭
寺西−谷口

投手成績
瀬戸
家村(1) 9回 138球 被安打5 四死球8 三振4 失点0
松蔭
寺西(1) 9回 123球 被安打5 四死球4 三振4 失点2

家村投手は左のオーバーハンド。上背もあり上から投げおろすタイプの投手。まっすぐはまぁまぁ。全体にボールが高めが多い。荒れ球の傾向ですが、それが逆に捉えにくい印象。
寺西投手は右のオーバーハンド。小柄ですが、まっすぐはなかなか。安定感のあるいいピッチャーになってきた。先頭バッターへの入り方が課題かな?

瀬戸
7深野 5中島 8大沢(9) 9鈴木(8) 2山川 3水野(15) 4松本 6竹中 1家村
松蔭
7小塚 4中村 8戸田 9村田 3川島 2谷口 6清水 5上野 1寺西

(試合経過)
3回裏、1死1塁から3番戸田がライトへヒット。1塁ランナーが3塁を狙うもライトからいいボールが返ってきてタッチアウト。もったいない走塁となる。
4回表、先頭の4番鈴木がレフトへホームラン。瀬戸が先制。
8回裏、1死1塁から6番谷口がいい当たりのセンターフライでランナーが飛び出し、結果ダブルプレー。
9回表、1死3塁からワイルドピッチで1点。2−0
瀬戸が勝ちました。
続きを読む

第87回選抜2日目結果

今治西11−7桐蔭
静岡7−1立命館宇治
木更津総合8−3岡山理大付

期待も込めて優勝予想に上げた静岡。初戦を快勝しました。とりあえず良かったです^^
近畿の準優勝チームなので苦戦も覚悟はしていたのですが・・・。これで勢いにのれそうです。
次は木更津総合。楽な相手ではないですけど、打線の更なる活躍を期待

3日目試合予定
敦賀気比−奈良大付
仙台育英−神村学園
浦和学院−龍谷大平安

好カードが多いですね。敦賀気比がどういう戦いをするかに注目です。

22日の結果

◆名古屋地区
春日井西11−6旭丘
中部大第一11−1惟信
名経大市邨7−2守山
至学館4−3名市工芸
東海12−2名大附
愛産大工4−2名市工
松蔭6−4南山
愛工大名電15−4中村
菊華9−8日進西
享栄12−1名古屋国際
春日井商6−3豊明
向陽10−9天白
瀬戸窯業2−0東海学園
東邦12−1瀬戸北総合
愛知工10−3南陽
春日丘8−0春日井
山田9−6名東
中京大中京12−1愛知
千種3−1旭野
星城14−4瑞陵
春日井工16−0鳴海
大同大大同11−4昭和
長久手9−7同朋
高蔵寺5−3明和
名経大高蔵6−4東郷
緑丘商3−2桜台
名古屋7−4富田
栄徳6−1名古屋大谷

◆尾張地区
犬山8−2岩倉総合
清林館6−2稲沢
津島10−3一宮
津島東9−2一宮北
愛知黎明7−5一宮西
江南9−1一宮商
一宮興道3−0丹羽
一宮工5−4滝
新川8−7津島北
杏和5−2犬山南
小牧工5−4起工
美和8−7尾西
佐織工7−0大成
小牧12−5尾北
木曽川9−7海翔
一宮南7−0稲沢東

◆知多地区
半田工6−0半田東
知多翔洋5−4常滑
大府10−4阿久比
東海南17−2内海
東海商5−1半田農
東浦6−3日福大付
半田12−3武豊
大府東11−10横須賀

◆東三河地区
時習館4−1豊橋東
蒲郡東−御津
成章18−0海陽
国府5−0豊橋西
豊川工10−6新城東
蒲郡4−3小坂井

◆西三河地区
知立6−2科技高豊田
豊田大谷8−4一色
杜若6−2鶴城丘
岩津24−1加茂丘
三好12−2岡崎北
岡崎工5−0猿投農林
岡崎西5−1豊田北
愛産大三河12−1幸田
岡崎商12−5豊田
衣台8−7岡崎東
岡崎城西9−0岡崎
松平9−3安城東
刈谷北7−0豊田南
刈谷3−2安城学園
知立東3−0豊野
西尾東8−2安城
吉良5−1安城農林
碧南工9−7豊田高専
刈谷工9−2高浜

南山−中村 観戦記(2015年春季名古屋地区1次予選)

3月21日に名電Gで行われた南山−中村の観戦記です。
どちらも現チームは初観戦。新鮮な気持ちで観戦しました。

南山
011000000|2 H8 E3
00020221X|7 H10 E0
中村

南山
柴田−松宮
中村
寄田−加藤

投手成績
南山
柴田 8回 123球 被安打10 四死球5 三振5 失点7
中村
寄田 9回 116球 被安打10 四球2 三振2 失点2

南山の柴田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。カーブが良く、バランスのいいピッチャー。
中村の寄田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。緩急を使って打たせてとります。

南山
9野本 6豊嶋 1柴田 3青木 2松宮 8大谷 7新美 5野々川 4松田
中村
8木下 6磯部 9奥村 2加藤 1寄田 3宮沢 5大嶋 4大瀬 7吉田

(試合経過)
1回裏、中村は1死満塁のチャンスを作るも、5番寄田が最後ボールを振って三球三振。6番も倒れチャンスを逃します。
2回表、2死2塁から7番新美がタイムリー2ベース。南山が先制。
3回表、2死2塁から3番柴田がタイムリー3ベース。2−0
4回裏、2死2、3塁から8番大瀬が2点タイムリー。2−2
6回裏、先頭の寄田が2ベースと中継のミスで3塁へ。ここで6番宮沢がタイムリー2ベース。無死1、3塁からショートゴロの間に1点。4−2
7回表、1死2,3塁のチャンスで9番松田のやや詰まったサードライナーで3塁ランナー戻りきれずゲッツーに。痛いチャンスを逃す。
7回裏、振り逃げをきっかけに作った2死満塁のチャンスから8番大瀬が2点タイムリー。6−2
8回裏、1死3塁から3番奥村がタイムリー。7−2
試合終了。中村が勝ちました。
続きを読む

21日の結果

◆名古屋地区
惟信9−2旭丘
菊里11−1春日井西
名市工芸12−7守山
名古屋工5−4名経大市邨
名市工10−0名大附
名南工2−1東海
中村7−2南山
瀬戸2−0松蔭
名古屋国際8−1日進西
愛知商10−2菊華
天白10−4豊明
名城大附12−0春日井商
瀬戸北総合1−0東海学園
名古屋南3−2瀬戸窯
春日井10−0南陽
春日丘9−2愛知工
愛知12−1山田
中京大中京10−0名東
瑞陵8−0旭野
星城4−1千種
昭和10−3鳴海
大同大大同14−6春日井工
明和5−4同朋
高蔵寺4−3長久手
桜台4−2名経大高蔵
緑丘商7−1東郷
名古屋大谷5−2名古屋
栄徳8−0富田

◆尾張地区
誉9−0一宮工
一宮興道10−0滝
西春10−0杏和
新川17−8犬山南
愛知啓成10−3尾西
小牧工9−1美和
佐織工7−5小牧
小牧南11−2尾北
誠信5−2一宮南
海翔5−4稲沢東

◆知多地区
半田6−0半田商
大府東10−3武豊
大府26−0内海
阿久比5−3東海南
知多翔洋10−0半田東
半田工7−3常滑
東浦5−1半田農
日福大付11−6東海商

◆東三河地区
新城東9−2蒲郡
小坂井5−0豊川工
豊川3−1豊橋南
豊橋中央3−2渥美農
豊丘9−5福江
桜丘12−1新城
豊橋商6−2作手

◆西三河地区
科技高豊田9−4安城
杜若12−0松平
岡崎商3−1安城東
岡崎14−4加茂丘
豊田北5−4豊田高専
豊田工15−2刈谷北
豊田西10−0猿投農
愛産大三河3−0岡崎北
岡崎西9−2安城農林
知立8−1岡崎東
西尾8−1岡崎城西
岡崎工8−3知立東
安城南7−3幸田
豊田大谷6−2安城学園
豊田南2−0刈谷工
西尾東11−1衣台
鶴城丘6−3豊田
吉良9−3碧南工
碧南12−4一色

小坂井−豊橋工 練習試合 観戦記

3月8日豊橋市民球場で行われた小坂井−豊橋工の感想です。

小坂井
00000000|0
30103030|10
豊橋工
(8回時間切れ打ち切り)

小坂井
尾崎、林−小出
豊橋工
榎本−彦坂

1回裏、1死1、3塁から犠牲フライ。2死満塁から7番榎本が2点タイムリー。
3回裏、4番彦坂がレフトへホームラン。
4回終了時球場を後にしました。

彦坂選手のホームランは見事でした。打った瞬間のホームラン。森投手を差し置いて4番。負担を減らす意味でも攻守で助けてあげてほしいです。

小坂井では先発の尾崎投手がいいボールを投げていました。まだ今1年生。上背もあるし、まっすぐはそこそこ速い。フォームもいいですし、将来性が楽しみなピッチャー。覚えておきます。

吉良−小坂井 練習試合 観戦記

3月8日に豊橋市民球場で行われた練習試合、吉良−小坂井の感想です。

吉良
0020021|5
0000000|0
小坂井
(7回時間切れ打ち切り)

吉良
池田、高橋−重富
小坂井
鈴木龍、森、夏目泰−小出

(試合経過)
3回表、2死3塁から4番中村がタイムリー。2死2塁から5番黒野がタイムリー。
4回終了時に一旦球場を離れました。
戻ったら7回表終了。5−0
試合は7回時間切れコールド。

吉良は第1試合からスタメンがほぼ入れ替わり。聞いたわけではないけど、1年生が多かったのかな?守備とかは1試合目に比べるとミスも多かったです。それを糧にしてほしいですね。

吉良−豊橋工 練習試合 観戦記

3月8日、豊橋市民球場で行われた吉良−豊橋工の練習試合の感想です。

吉良
000020100|3
000100010|2
豊橋工

吉良
加藤文−深谷
豊橋工
森奎、森雅、林−彦坂

(試合経過)
4回裏、1死3塁からショートゴロ野選で豊橋工先制。
5回表、1死1、2塁から3番颯田が2点タイムリー2ベース。2−1
7回表、1死満塁から7番手嶋がタイムリー。3−1
8回裏、1死3塁から犠牲フライ。
吉良が勝ちました。

大会前の練習試合ですので、詳しいことは避けます。

森奎投手がMAX137kと本来の球威に近いものを取り戻していた印象。この日は3イニングでしたが、本番までに上手く調整してほしいですね。
吉良の加藤文投手もまっすぐはなかなか。スタミナもあって、好投手でした。チームとしてもいいチームですね。吉良も春の大会が楽しみです。
豊橋工に勝ったのは自信になりそうですね。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
29日
2部3部入替戦
パロマ瑞穂球場
30日〜5日
都市対抗東海地区2次予選
岡崎球場
6日〜9日
全日本大学選手権
東京ドーム・神宮球場
Recent Comments
  • ライブドアブログ