コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2014年春

岩津−岡崎城西 練習試合 雑感

6月19日に岡崎球場で行われた練習試合の雑感など。

岩津7−2岡崎城西

スコアボードもなかったし、2回くらいからの観戦だったので、感想など。

岩津はとにかく野球の質が高い。良く練習しているのが分かる野球をやってくる。守備、走塁。バッティングもいいスイングをしていたし、レベルが高い。公立でシードを取ったことがあだにならないか、なんて心配していたけど、全くの杞憂になるかも。
春より確実に強くなっている。

山田投手が登板して3イニングをパーフェクト。
山田投手は現三菱自動車岡崎の山田投手の弟。そっくりなフォームで投げてきます。
球威は落ちるもののコントロールはお兄さんの高校時代より良さそう。柴田投手とタイプが違う投手が2枚いるのは大きい。

岡崎城西では2番手で投げた石川投手が力のあるサウスポー。小柄なスリークォーターからまっすぐはそこそこ速い。まだ2年生ということでこの先が楽しみ。
お互いのキャッチャーが強肩でした。

しかし、応援もして、本番仕様の練習試合でした。こういう経験が直前で出来るというのはうらやましいですよね。特に名古屋地区の公立には。

松蔭−惟信 練習試合 雑感

松蔭3−2惟信

6月15日に惟信のグランドで行われた練習試合。
特にスコアも付けずに観戦だったので、感想など。

惟信はピッチャーの筒井投手が良かった。上背はなく、横に大きいのですが、なかなか球威のあるまっすぐを投げてくる。
変化球のコントロールが良くなれば、もっとピッチングが楽になるかな?2年生ですし、成長すれば面白い投手になるかも。

松蔭は1年生キャッチャーの谷口選手が楽しみ。
キャッチングもいいし、肩もなかなかいい。打つ方も阿部選手を彷彿とさせる雰囲気のフォーム。名古屋ファイターズ出身。
右投げ左打ちなので、打席では肘当てはしてほしいかな。死球が怖いし。
また見るのが楽しみです。
1年生投手も少し見ましたがなかなかの球を投げてたし、松蔭は秋以降面白そうです。

2014年愛知県観戦校私的ランキング

毎年恒例となりました、僕が観戦した学校のランキングを発表します。

今年はのべ64校。前年比−9校となっています。
夏のシード校の中で豊田西、大府、成章を見たことがないので入っていないなど、ちょっと不完全なランキングかもしれません。そこはご容赦ください。見たことがないチームのランクは付けたくないので。

(◎はシード校)

S 豊川

A ◎愛知啓成

A- ◎東邦

B+ ◎中京大中京

B 栄徳、至学館、愛工大名電

C+ 誉

C ◎岩津、◎愛知黎明、高蔵寺、中部大第一、愛産大工、愛産大三河、高浜、享栄

C- 豊橋南、菊華

D+ 清林館、愛知、名城大附、春日丘

D 犬山、東郷、星城、小牧南、小牧、緑丘商、安城学園、半田工

D- 知立東、誠信、知立、西春、津島

E+ 東浦、一宮工、天白、同朋、瑞陵、名市工、津島東

E 安城東、中村、東海学園、愛知工、愛知商、一宮西、半田、阿久比、知多翔洋、向陽、岡崎東

F+ 松蔭、日進西

F 春日井西、惟信、東海、山田、明和、一宮北、尾北、新川、尾西

今年はランクに+−を付けてみました。

組み合わせが決まった時の参考にでもしていただければ幸いです。
あくまでも、僕の主観による独断でのランクですのでご容赦ください。

小牧−小牧工 親善試合 観戦記

6月16日の小牧球場で行われた小牧−小牧工の親善試合の観戦記です。
小牧高校は引退試合でした。

小牧
0010410|6 H8 E1
0100040|5 H8 E2
小牧工
(7回打ち切り)

投手成績
小牧
中西(11) 3回 43球 被安打2 四球1 三振3 失点1
橋本(10) 2回 32球 被安打1 四球0 三振3 失点0
斉藤(1) 2回 57球 被安打5 四球3 三振2 失点4
小牧工
中田 3回 56球 被安打2 四死球3 三振1 失点1
鈴木 3回 71球 被安打5 四死球3 三振4 失点5
森本 1回 18球 被安打1 死球1 三振2 失点0

小牧
4稲山 7森田 6斎藤 8木下 5橋本 3大垣 1中西 9大島 2岩田

小牧工
8犬飼 9西川 4倉田 2大薗 3木村 7高野 1中田 6土屋 5峠山

(試合経過)
2回裏、2死2、3塁から8番土屋がタイムリー。セカンドランナーはホームアウト。小牧工が先制。1−0
3回表、2死3塁から4番木下のセカンドタイムリー内野安打。同点。
5回表、2死満塁から7番中西が2点タイムリー。続く8番大島が2点タイムリー3ベース。小牧が勝ち越し。5−1
6回表、2死2、3塁からワイルドピッチの間に1点。6−1
6回裏、2死1、3塁から代打林、代打村田が連続タイムリー。2死満塁から1番犬飼、2番西川が連続タイムリー。小牧工が4点を返し、6−5

試合は7回終了時に打ち切りとなりました。

東浦−清林館 観戦記(2014年春季全尾張大会)

6月1日に小牧球場で行われた全尾張大会準決勝第2試合、東浦−清林館の観戦記です。
最近強くなってきた東浦高校。ブログを始めてから初めて見るくらいでしたので、どんなチームかを楽しみに観戦しました。

東浦
020000200|4 H4 E3
31000020X|6 H9 E3
清林館

東浦
山崎、鷹羽−谷藤哉
清林館
上田、服部、上江冽−加藤

投手成績
東浦
山崎(8) 6回 110球 被安打5 四死球2 三振6 失点4
鷹羽(1) 2回 47球 被安打4 四死球3 三振1 失点2
清林館
上田(10) 3回 48球 被安打2 四死球2 三振0 失点2
服部 (17) 3回2/3 53球 被安打0 四死球2 三振2 失点2
上江冽 (1) 2回1/3 26球 被安打2 四球0 三振3 失点0

山崎投手は左のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。コントロールは安定してた。
鷹羽投手は右のオーバーハンド。ピッチャーらしい体格。まっすぐはなかなか。
上田投手は右のスリークォーター。まっすぐはそこそこ。テイクバックの大きいフォーム。
服部投手は右のサイドに近いスリークォーター。まっすぐはまあまあ。
上江冽投手は右のオーバーハンド。フォロースルーが大きい。力投型。まっすぐはまあまあ。

東浦
6高羽(1)→1 3竹内健(9) 7工藤(18) 9竹内亮(7) 4藤田 8臼井(17) 2谷藤哉 5村上(6)→6 1山崎(8)→5毛利(19)
清林館
6冨田 8篠原 2加藤 4蟹江 7太田 5土田 9木村 1上田(10)→1服部(17)→1上江冽(1) 3藤田
(試合経過)
1回裏、1死1塁から3番加藤がレフトへ2ランホームラン。2死1、3塁からパスボール。清林館が3点先制。
2回表、2死1、3塁から8番村上、9番山崎の連続タイムリー。3−2
2回裏、1死1、3塁からスリーバントスクイズ成功。4−2
7回表、2死1、2塁でピッチャー交替、上江冽。2死満塁から3番工藤が2点タイムリー。4−4
7回裏、2死2、3塁から5番太田の2点タイムリー内野安打。清林館勝ち越し。6−4
清林館が勝ちました。
続きを読む

犬山−誉 観戦記(2014年春季全尾張大会)

6月1日に小牧球場で行われた全尾張大会の準決勝第1試合、犬山−誉の観戦記です。
犬山高校は現チームは初めての観戦でしたので、どんなチームかを楽しみにして観戦しました。

犬山
0000000|0 H3 E0
000007X|7 H7 E0


犬山
箕浦、江口−武蔵

内田、柳田−山崎

投手成績
犬山
箕浦(1) 5回1/3 91球 被安打6 四死球4 三振5 失点7
江口(10) 2/3 9球 被安打1 四球0 三振0 失点0

内田(1) 6回 88球 被安打2 四死球4 三振7 失点0
柳田(11) 1回 11球 被安打1 四球0 三振1 失点0

箕浦投手は左のオーバーハンド。3年生。まっすぐはなかなか。球持ちのいいタイプのピッチャー。いいサウスポーですね。
江口投手は右のサイドハンド。まっすぐはそこそこ。大きなスライダーが特徴。
内田投手は左のオーバーハンド。2年生。まっすぐはなかなか。楽しみなピッチャー。
柳田投手は右のスリークォーター。細身。まっすぐはなかなか。2年生。

犬山
8大口 5下野 1箕浦→9 3池戸 4後藤 7井上 2武蔵 9米川→1江口(10)→H難波(17)→R宮島(19) 6緒方

8中村 4浅岡 3小林 9長谷川 7山本 2山崎 6竹内 1内田→H垣内(12)→1柳田 5横井内(14)

(試合経過)
1回表、2死1塁から4番池戸がヒットを放つも1塁ランナーがオーバーランをしたところで刺されてタッチアウト。
3回表、2者連続見逃し三振から、3連続四死球で満塁に。ここで4番池戸でしたが、見逃し三振。内田の一人相撲といったイニングになりました。
6回裏、四死球3つで1死満塁となり、3番小林が走者一掃のタイムリー2ベース。1死1、3塁から5番山本がタイムリー。1死2、3塁から6番山崎が2点タイムリー3ベース。ここでピッチャー交替、江口。2死3塁から代打垣内がタイムリー。7−0
誉がコールドで勝ちました。
続きを読む

春季東海大会スタート

日大三島3−1中京大中京
愛知啓成5−3大垣日大
いなべ総合8−0県岐阜商(7回コールド)
三重1−0静岡

いなべ総合が県岐阜商をコールドで破りました。強いですね。
三重県勢が2校緒戦突破。
愛知啓成が大垣日大を破りました。自信になりますね。

24日試合予定
小牧球場
いなべ総合−日大三島
愛知啓成−三重

10時試合開始

啓成に地元勢としてがんばってほしいですね。

星城−東郷 観戦記(2014年尾東大会)

5月18日に春日井球場で行われた尾東大会の3位決定戦、星城−東郷の観戦記です。
ここ2年くらい、強くなった東郷高校。今のチームは見たことがなかったので、どんなチームか楽しみにして観戦しました。

星城
010002001|4 H7 E2
01000040X|5 H7 E5
東郷

星城
堀口−出口
東郷
谷−小林

投手成績
星城
堀口(10) 8回 112球 被安打7 四死球4 三振8 失点5
東郷
谷(1) 9回 106球 被安打7 四死球4 三振4 失点4

堀口投手は右のスリークォーター。まっすぐはまぁまぁ。スライダーのキレは良かった。ただそこまでの組み立てが課題。
谷投手は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。少しボールは高かったですが、球威があったため抑え込めました。クロスファイアは力がありました。

星城
7野上 4大竹(15) 3高岡 1堀口(10) 8原田 5村田 2出口 6辻(17)→R原 9近藤(19)→9伊藤(1)→松原
東郷
2小林 5眞野 8牧(7) 6小野田 3泉田 7阪野(17)→7市村(8) 1谷 9磯村 4谷口

(試合経過)
2回表、2死2塁から8番辻のショートゴロで1塁送球が逸れタイムリーエラーとなり星城が先制。
2回裏、先頭の5番泉口が3ベース。6番7番が連続三振で2死3塁となりますが、8番磯村がスライダーを上手くバットに当ててタイムリー。同点。
5回裏、先頭の谷が3ベース。8番が三振の後、9番谷口のセカンドゴロでホームを突くもタッチアウト。1塁もアウトになりゲッツー。
6回表、1死3塁から5番原田がタイムリー。星城が勝ち越し。2死1、3塁からダブルスチール成功。3−1
7回裏、1死満塁から9番谷口に押し出し死球。2死満塁から2番眞野へ押し出し死球。3番牧が2点タイムリー。東郷が逆転。5−3
9回表、1死1、3塁から9番松原が犠牲フライ。尚も2死1,3塁まで攻めましたが、2番が倒れ試合終了。東郷がしのいで勝ちました。
続きを読む

栄徳−高蔵寺 観戦記(2014年尾東大会)

5月18日に春日井球場で行われた尾東大会の決勝戦、栄徳−高蔵寺の観戦記です。
この春は栄徳が見る機会がなかったので、見るのを楽しみにしていました。両チームとも2枚ずついいピッチャーがいるので、その投げ合いを期待していたのですが、まさかの大記録達成に興奮しました。

栄徳
004000000|4 H10 E0
000000000|0 H0 E0
高蔵寺

栄徳
大内−村上
高蔵寺 
熊谷、井村−永谷、安藤

投手成績
栄徳
大内(1) 9回 121球 被安打0 四球2 三振16 失点0
高蔵寺
熊谷(1) 7回0/3 130球 被安打9 四死球5 三振2 失点4
井村勇(6) 2回 16球 被安打1 四球0 三振0 失点0

大内投手は左のオーバーハンド。1年の秋に見て以来。まっすぐはそこそこ速い。スライダーの切れが抜群で、まっすぐもシュート系の球と通常のまっすぐを使い分けてコーナーに決まるから手が付けられませんでした。1年の同じ尾東大会で見ているのですが、しっかりと成長したなぁとうれしくなりました。

熊谷投手は右のオーバーハンド。この春にも見ています。ちょっと序盤ボールが高かった。徐々に打たせて取るピッチングが出来ました。
井村投手も右のオーバーハンド。こちらも春に見ています。テンポのいいピッチングでしっかりと抑えました。

栄徳
8土田 4奥村 9鈴木統 3大谷 7渕上(16) 2村上 5岩田(20)→5山田健 1大内 6鈴木康(15)
高蔵寺
5東 8毛利 3丹下 6井村→1 9松村 4戸田(14) 2永谷→2安藤(12) 1熊谷→6大山(4) 7深見→7稲森(17)

(試合経過)
2回裏、先頭の井村勇が四球で出塁。5番松村の3球目に盗塁を決め無死2塁とし、送りバントを仕掛けるも3塁封殺となりチャンスを逸します。
3回表、先頭の7番岩田が3ベース。続く8番大内がタイムリー2ベース。犠打で1死3塁とし1番土田がタイムリー。さらに2死1、3塁からダブルスチール成功。2死2塁から4番大谷がタイムリー。栄徳が4点先制。
6回表、1死1,3塁から6番村上の2球目にスクイズを仕掛けるも空振りとなり3塁ランナータッチアウト。2死1,2塁から7番岩田がヒットを放つも2塁ランナーが本塁タッチアウト。追加点ならず。
栄徳が勝ちました。
栄徳の大内投手はノーヒットノーラン達成!
続きを読む

春季東海大会組み合わせ決定

5月23日
豊田球場
A 日大三島(静岡 法歟羌大中京(愛知)
B 県岐阜商(岐阜 法櫃い覆拜躪(三重)

小牧球場
C 愛知啓成(愛知 法歛膤斉大(岐阜)
D 三重(三重 法歙轍(静岡)

24日
準決勝
小牧球場
A−B
C−D

25日決勝戦

三重勢、岐阜勢が中心かなって気がしますが、抜けたチームはなさそうです。

23日は11時試合開始になります。

一宮工−小牧南 観戦記(2014年春季全尾張予選)

5月6日に小牧球場で行われた一宮工−小牧南の観戦記です。
勝ったほうが全尾張大会本選への出場権を得る試合。
両先発とも過去に見たことがあり、好投手と思っていたので、その投げあいに期待しながら観戦しました。

一宮工
000000010|1 H3 E1
20000000X|2 H6 E1
小牧南

一宮工
川口−山内
小牧南
鈴木−平手

投手成績
一宮工
川口(1) 8回 118球 被安打6 四死球4 三振6 失点2
小牧南
鈴木(1) 9回 112球 被安打3 四死球4 三振10 失点1

川口投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。大きく横に曲がるスライダーがいいですね。すごくいいボールとそうじゃないボールとばらつきがあります。約1年ぶりに見ました
鈴木投手は左のトルネード左腕。まっすぐはなかなか。昨年の秋に見た時はトルネードを封印していましたが、この試合では復活させていました。ボールは序盤はやや高かく荒れ気味でしたが、徐々に落ち着いてきました。右バッターのツーシームかな?いいボールでした。

スタメン
一宮工
4平野→6 6奥村→H巴(19)→4 8小澤賢→H齋藤(12)→8宇野 2山内 9齋藤(18) 5安藤 1川口 3社本(13) 7河村
小牧南
8水野 4舩橋 2平手 7山口 9土江(17) 3中村 1鈴木 6新土井(14) 5渡利(16)

(試合経過)
1回裏、先頭の水野がヒット。2,3番が連続四死球で無死満塁に。4番5番が連続三振となり2死満塁から6番中村が上手くスライダーを捉えて2点タイムリー。小牧南が先制。
2回表、1死1,3塁とチャンスを作るも9番三振、1番内野ゴロで得点ならず。
8回表、2死2、3塁から代打齋藤がタイムリー。尚も死球で2死満塁となるも、5番がショートゴロに倒れ1点どまり。2−1
小牧南が勝って本大会出場を決めました。
続きを読む

春の県大会は愛知啓成が制覇

愛知啓成6−5中京大中京

愛知啓成が中京大中京を破って初優勝を決めました。

愛知啓成は2006年に選抜出場をしていますが、これまで愛知県を制するということは一度もなく(2005年秋も準優勝)、今回春夏秋を通じて初めての愛知県制覇となりました。
春の結果は夏に直結しないケースが多いのですが、啓成にとっては愛知県を制したという実績を作ったことが大きいですね。

次は東海大会。静岡がまだどこが出てくるか決まっていませんが、今回は愛知県での開催ですし、愛知啓成と中京大中京には頑張ってほしいですね。

岩津−愛知啓成 観戦記(2014年春季愛知県大会)

4月27日に岡崎球場で行われた準決勝第2試合、岩津−愛知啓成の観戦記です。
愛知啓成は一度この春に見て、レベルが高いチームというのは分かっていたので、岩津がどこまで食い下がれるかに注目して観戦しました。

岩津
0001000|1 H4 E6
222003X|9 H5 E0
愛知啓成

岩津
古賀、柴田賢−天野
愛知啓成
伊左次、宮津−池田

投手成績
岩津
古賀(10) 2回 40球 被安打2 四死球5 三振0 失点4
柴田賢(1) 4回 68球 被安打3 四死球5 三振1 失点5
愛知啓成
伊左次(10) 2回1/3 46球 被安打1 四球3 三振1 失点0
宮津(1) 4回2/3 47球 被安打3 四球1 三振1 失点1

古賀投手は右のオーバーハンド。小柄。まっすぐはなかなか。
柴田投手は右のオーバーハンドでトルネード投法。ボールに力があり、フィールディングがいい。まっすぐはそこそこ速い。変化球が抜け気味でした。
伊左次投手は左のオーバーハンド。もともと抜け球が時々ありますが、この日はバラつきが大きかった。
宮津投手は右のオーバーハンド。テイクバックが小さいというか、一旦上に持っていって投げるフォーム。まっすぐはまぁまぁ速い。

スタメン
岩津
2天野 4濱井(3) 8黒柳 6柴田晋 3柴田賢(1)→1 9岩永 7牧野→H大上(19) 1古賀(10)→H小林(15)→3小西(18) 5江藤
愛知啓成
8加藤樹 6佐藤(12) 2池田 7甘利 9秋葉 3神野 4加藤義(5) 1伊左次(10)→1宮津 5矢代(4)

(試合経過)
1回裏、四球から牽制エラーで無死3塁となり、2番佐藤がタイムリー。1死2塁からキャッチャーはじく間に3塁を狙い、キャッチャーからの送球が逸れる間にホームイン。啓成が2点先制。
2回裏、1死満塁からセカンドゴロをセカンドが弾き、1塁のみアウトとなり1点。2死満塁からワイルドピッチで1点。4−0
3回表、1死から連続四球で1、2塁となったところでピッチャー交替、宮津。
3回裏、1死2、3塁から7番加藤義が2点タイムリー。6−0
4回表、2死2塁から7番牧野がタイムリー2ベース。6−1
6回裏、無死1、3塁から1番加藤樹がタイムリー。2死満塁からセカンド後方のフライを落球しタイムリーエラーで2者生還。9−1
愛知啓成がコールドで勝ち東海大会進出です。
続きを読む

中京大中京−東邦 観戦記(2014年春季愛知県大会)

4月27日に岡崎球場で行われた準決勝第1試合、中京大中京−東邦の観戦記です。
4強同士の1戦。シード確定後の試合。ということで、エースはお互いに登板なし。
東邦はこの春は初めての観戦でしたので、どんなピッチャーがいてどんなチームかに注目して観戦しました。

中京大中京
001000100|2 H9 E1
000000000|0 H6 E0
東邦

中京大中京
上野−板倉
東邦
松山、成本、江島−峰

投手成績
中京大中京
上野(10) 9回 108球 被安打6 四死球3 三振3 失点0
東邦
松山(18) 3回 46球 被安打4 四球3 三振2 失点1
成本(10) 4回 53球 被安打5 四球1 三振1 失点1
江島(16) 2回 32球 被安打0 四球2 三振0 失点0

上野投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。スライダーのキレは良かった。

松山投手は左のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。
成本投手は右のアンダーハンド。まっすぐはあんまり速くない。
江島投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。

中京大中京
4山本 6加藤 8中村 7山下→9飯田 5垣内(3) 9松浦→7 3福田(13)→H伊藤(2)→3 2板倉(12) 1上野(10)
東邦
6鈴木 4松原 3児玉 5宮澤 2峰 8工藤 7溝口(12) 9岡田 1松山(18)→H細野(7)→1成本(10)→H森下→1江島(16)→H上村(13)

(試合経過)
3回表、1死2塁から5番垣内がタイムリー3ベース。中京が先制。
東邦は1回2回4回と先頭バッターを出すも得点できず。
4回表、2死2塁から2番加藤がヒットを放つもホームで憤死。
5回裏、7番溝口8番岡田の連打で無死1,2塁とするもバント失敗もあり得点できず。
7回表、先頭の上野のスリーベースで無死3塁とし、1番山本の犠牲フライ。2−0
東邦は7回から9回と毎回先頭バッターが出塁しましたが、エンドランがことごとくフライになり、結局得点できず。
中京大中京が勝ち、東海大会進出を決めました。

続きを読む

ベスト4出揃う

26日結果
中京大中京13−2愛知黎明(5回コールド)
東邦5−2豊田西
愛知啓成10−2大府(7回コールド)
岩津2−1成章(延長10回)

なんといっても岩津のベスト4が光ります。

2006年の夏に休部状態から復活した岩津高校。ちょうどその試合を見ています。
2006年7月15日 津島球場 岩津−一宮西
その頃は必死のプレイは良かったですけど、いかんせん技術が伴わない、底辺校と言っていいチーム力でした。
しばらくは公式戦では勝てないチームが続きましたが、2011年春に現三菱自動車岡崎の山田投手を擁して、県大会に進出し、ベスト16に進出。大府高校相手に善戦をして一気に名前が知れ渡りました。
2011年4月29日 岡崎球場 岩津−大府
その年の秋の新チーム。セカンドを守っていた左利きの濱井君に度肝を抜かれました。
2011年8月18日 碧南臨海球場 岩津−一色
そして山田投手らの最後の夏
2012年7月7日 刈谷球場 岩津−刈谷

あれから2年弱。山田投手らの活躍を見て入ってきた選手たちが、岩津高校の新しい歴史を作りました。ベスト4進出はほんとにすごい。

27日の試合予定
岡崎球場
東邦−中京大中京
愛知啓成−岩津

今の岩津高校は見ていないので、見れるのが楽しみです。

勝てば東海大会進出。どこが決めるか楽しみです。

26日のカード

26日カード

小牧球場
中京大中京−愛知黎明
東邦−豊田西

岡崎球場
愛知啓成−大府
岩津−成章

ベスト4進出をかけて対戦。
とりあえずシードは確保したわけですから、ここからは夏を見据えての戦いになってきますね。
岩津がどういう試合をするか、注目です。

明日は見に行けません。残念です。

高蔵寺−愛知黎明 観戦記(2014年春季愛知県大会)

4月20日に熱田球場で行われた第2試合、高蔵寺−愛知黎明の観戦記です。
高蔵寺の投手陣がどこまで愛知黎明打線を抑えられるかに注目して観戦しました。

高蔵寺
000000001|1 H8 E4
20000000X|2 H7 E0
愛知黎明

高蔵寺
井村−永谷
愛知黎明
栗林−金城

投手成績
高蔵寺
井村(6) 8回 91球 被安打7 四死球2 三振5 失点2
愛知黎明
栗林(1) 9回 146球 被安打8 四死球4 三振11 失点1

井村投手は右のオーバーハンド。この春見るのは2回目。初回はややボールが高いところを狙われましたが、2回以降は低めに集めて上手くゴロを打たせました。
栗林投手は右のスリークォーター。まっすぐはなかなか。去年の秋に見ています。スライダーの切れが素晴らしかった。

スタメン
高蔵寺
3丹下 4戸田 1井村(6) 9宮川 7稲森 5東(14) 6大山(5) 2永谷 8毛利(18)
愛知黎明
2金城 8上原 9前岨 1栗林 3牧野 7菱川 5野田(17) 6小野(14) 4大平(6)

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番栗林のタイムリー。黎明が先制。尚も5番牧野がヒットで繋ぎ、6番菱川がタイムリー。2ー0
3回表、2死1塁から連続四死球で満塁となるも、4番が三振に倒れ0点。
黎明も4回5回6回7回と得点圏にランナーを進めるもあと1本が出ず。追加点が奪えません。
7回表、2死1塁から1番丹下がヒット。2番戸田が四球で2死満塁とするも3番が倒れ0点。
9回表、2死2、3塁から難しいセカンドゴロを弾き記録タイムリーヒット。2−1
黎明が勝って夏のシード確定。
続きを読む

愛知−中京大中京 観戦記(2014年春季愛知県大会)

4月20日に熱田球場で行われた第1試合、愛知−中京大中京の観戦記です。
勝った方が夏のシード獲得となる重要な一戦。
秋に名古屋地区2次Tでぶつかりその時は愛知が勝利。
この春でどう力関係が変わったかに注目して観戦しました。

愛知
000000001|1 H4 E0
12101000X|5 H15 E0
中京大中京

愛知
原、平野、榊原−高木、秀島
中京大中京
上野−伊藤

投手成績
愛知
原(1) 4回0/3 75球 被安打9 四球1 三振0 失点5
平野(12) 2回 28球 被安打3 四球0 三振1 失点0
榊原(13) 2回 29球 被安打3 四球0 三振0 失点0
中京大中京
上野(10) 9回 121球 被安打4 四球3 三振8 失点1

原投手は右のオーバーハンド。去年の中京大中京戦でもみています。元々テイクバックの小さい投げ方でしたが、ちょっと心配になるフォームでした。肩が回っていないというか・・・。故障とか抱えてないかなって。杞憂ならいいのですが。まっすぐはそこそこ。
平野投手は右のスリークォーター。トルネード気味のフォーム。まっすぐはまぁまぁ。コントロールが良く、幅を広く使えるピッチャー。
榊原投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。スローカーブなどで緩急を使う。
上野投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。スライダーのキレは良かった。変化球多めの投球。去年の秋に見て以来。球威が秋から上がっていない、というよりむしろ落ちたような・・・。

スタメン
愛知
7薮内 6阿部 5今村 1原→9 9杉原(14)→1平野(12)→H(18)→1榊原(13)→H加藤(3) 3飯田(16) 8鈴木 2高木→H栗本→4白川 4竹下(17)→樋口(9)→2秀島
中京大中京
4山本 6加藤 8中村 7山下 2伊藤 5垣内(3) 3矢田崎(14) 9松浦 1上野(10)

(試合経過)
1回裏、1死2塁から3番中村がタイムリー。中京が先制。
2回裏、2死2塁から8番松浦のライトフライを落球(記録ヒット)しタイムリー2ベースに。9番上野がタイムリー。3−0
3回裏、2死2塁から5番伊藤がタイムリー。4−0
5回裏、先頭の中村がホームラン。ここでピッチャー交替、平野。5−0
9回表、1死2、3塁から4番原がタイムリー。2塁ランナーがホームで憤死。
中京大中京が勝ちシード獲得しました。 
続きを読む

夏のシード校決定

20日の結果
愛知1−5中京大中京
高蔵寺1−2愛知黎明
至学館1−2豊田西
東邦4−3豊橋工
愛知啓成6−2栄徳
名古屋国際1−2大府
安城学園1−3成章
豊川1−2岩津

この結果、夏のシード校は、

中京大中京、愛知黎明、豊田西、東邦、愛知啓成、大府、成章、岩津

が獲得しました。

しかし・・・、豊川を岩津が破ったのには驚きました。

5年前の自分に
「選抜ベスト4の豊川高校に岩津高校が勝って夏のシードを獲得するよ」
って伝えても絶対に信じないだろうなぁ^^;

公立が4校シードを取ったのも特徴ですかね?

夏の組み合わせ抽選が重要なことになりそうです。

19日の結果と20日の予定

19日の試合結果
緑丘商7−9愛知
名古屋国際12−8西春
岩津11−0津島
中部大第一4−5豊田西
名城大附0−1安城学園
東邦8−1愛産大工
小牧5−8成章
愛知黎明8−6一宮興道
豊川3−1愛工大名電
栄徳14−4豊橋南

いい試合が多かった印象のスコアですね。
その中で目立つのが津島にコールド勝ちをした岩津高校。3年前の快進撃以来のベスト16ですね。

20日の試合予定
(3回戦)
熱田球場
愛知−中京大中京
高蔵寺−愛知黎明

春日井球場
至学館−豊田西
東邦−豊橋工

小牧球場
愛知啓成−栄徳
名古屋国際−大府

刈谷球場
安城学園−成章
豊川−岩津

勝ったチームが夏のシード権を獲得。

豊川に挑む岩津高校が注目ですね。

明日は熱田球場へ行く予定です。

19日の試合予定

2回戦
熱田球場
緑丘商−愛知
名古屋国際−西春

阿久比球場
岩津−津島
中部大第一−豊田西

刈谷球場
名城大附−安城学園
東邦−愛産大工

小牧球場
小牧−成章
愛知黎明−一宮興道

蒲郡球場
豊川−愛工大名電
栄徳−豊橋南

注目カードが目白押しですね。
熱田球場は緑丘商−愛知が一次予選の再戦。この時は緑商が勝って県大会進出を決める勝利を上げましたが、本番ではどうなるか。

阿久比球場では岩津−津島が面白そう。拮抗した試合になるかな?
中部大第一−豊田西も守り合いになるか。

刈谷球場の2試合も好カード。東邦−愛産大工は秋から何度も当たっている試合。東邦優勢ですが、愛産大工にも意地があるでしょうし、好ゲームを期待。

蒲郡球場の豊川−愛工大名電が一番の注目でしょうね。豊川は選抜での疲れがあるであろう田中投手の登板をどうするかにも注目ですが、他のピッチャーだったとしても打線の援護が必要ですね。田中投手抜きでも、豊川のチーム力のが上では?と思いますが、名電も意地を見せたいでしょうし。
第2試合の栄徳−豊橋南の好投手対決も面白そうです。豊橋南は白川投手の頑張りで接戦に持ち込みたいですね。

明日は見に行けないのが残念です。

星城−愛知啓成 観戦記(2014年春季愛知県大会)

4月13日に小牧球場で行われた第2試合、星城−愛知啓成の観戦記です。
愛知啓成の春の県大会初戦。星城相手にどういう試合をするかに注目して観戦しました。

星城
00000|0 H1 E2
30106|10 H10 E0
愛知啓成
(5回コールド)
星城
堀口−出口
愛知啓成
伊佐次−池田

投手成績
星城
堀口(1) 4回1/3 92球 被安打10 四死球4 三振3 失点10
愛知啓成
伊佐次(10) 5回 58球 被安打1 四球2 三振2 失点0

堀口投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。横にも大きな体格。表情豊かなピッチャー。秋に一度見ています
伊佐次投手は左のオーバーハンド。ひじを隠して投げるピッチャー。まっすぐはなかなか。体格はしっかりしている。

スタメン
星城
9内山 5高岡(20) 8原田 3村田 7山口 1堀口 2出口 4大竹→H野上(18)→4糸満 6松山
愛知啓成
8加藤樹 6佐藤(12) 2池田 9秋葉 7志賀(6) 3神野 4里見(19)→加藤義 1伊佐次(10)→H甘利(7) 5矢代(4)

(試合経過)
1回裏、1死2塁から3番池田がタイムリー3ベース。4番秋葉がタイムリー。2死2塁から6番神野がタイムリー2ベース。啓成が3点先制。
3回裏、1死1、2塁から6番神野の3塁ゴロをタイムリーエラー。4−0
5回表、1死から7番出口が初ヒットの2ベース。しかし後続が倒れ0点。
5回裏、1死1、2塁から5番志賀がタイムリー。エラーもあり1塁ランナーもホームイン。1死満塁から代打甘利が押し出し四球。さらに1死満塁から9番矢代が2点タイムリー。1番加藤のタイムリーでコールド成立。
啓成が勝ちました。
続きを読む

小牧−知立東 観戦記(2014年春季愛知県大会)

4月13日に小牧球場で行われた第1試合、小牧−知立東の観戦記です。
秋に見た時は打線のすごさが印象的だった小牧。
知立東は現チームは初めてでしたが、最近大学球界を沸かせている名大の七原投手の母校。
好ゲームを期待していましたが、延長戦の熱闘となりました。

小牧
00000010200003|6 H11 E1
20000100000001|4 H12 E0
知立東
(延長14回)
小牧
板倉−村松
知立東
平松−成田

投手成績
小牧
板倉(1) 14回 217球 被安打12 四死球4 三振13 失点4
知立東
平松(1) 14回 174球 被安打11 四球3 三振11 失点6

板倉投手は右のスリークォーター。細かいコントロールはなさそうですが、四球で自滅するタイプでもなさそう。まっすぐ系のボールが多く、球威で抑え込むタイプ。延長に入ってからのボールの切れは素晴らしかった。
平松投手は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。変化球も含めてコントロールがいい。牽制も上手く、完成度の高いピッチャー。首を振る場面が多く、ピッチャーが組み立てていたようですが、ちょっと振りすぎかなとも思いました。

スタメン
小牧
6安藤(11)→3 5高木 9桜井 4篠谷 1板倉 2村松 8宮園(10)→7 7河本→H林耕(17)→7→8米川 3春日井→H柴田(15)→6鬼塚
知立東
7田中 5神谷 6近藤 8岡 1平松 9小島 4松本(11) 2成田 3鳥居

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番岡がレフトへタイムリー。知立東が先制。2死1、2塁から6番小島がタイムリー。2−0
6回表、1死から9番春日井、1番安藤の連打で1,2塁のチャンスを作るも3番4番が倒れ0点。
6回裏、1死2塁から7番松本がタイムリー2ベース。3−0
7回表、1死から5番板倉がまっすぐをレフトへソロホームラン。
9回表、1死満塁から6番村松のショートゴロの間に1点。2死1、3塁からパスボールで同点。
延長戦に突入。
延長14回表、2死満塁から8番林耕が走者一掃タイムリー2ベース。6−3
14回裏、1死満塁から2ゴロの間に1点。
6−4で小牧が競り勝ちました。続きを読む

中部大第一−清林館 観戦記(2014年春季愛知県大会)

4月12日に小牧球場で行われた第3試合、中部大第一−清林館の観戦記です。
打線に力がある中部大第一相手に清林館の好投手、都築投手がどこまで抑えられるかに注目して観戦しました。

中部大第一
001000020|3 H4 E0
000000001|1 H8 E0
清林館

中部大第一
藤本、小栗−曽我
清林館
都築、上田−加藤

投手成績
中部大第一
藤本(1) 6回2/3 84球 被安打2 四球2 三振1 失点0
小栗(6) 2回1/3 45球 被安打6 四球1 三振3 失点1
清林館
都築(1) 8回1/3 132球 被安打4 四球5 三振4 失点3
上田(19) 2/3 7球 被安打0 四球0 三振1 失点0

藤本投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。ボールに切れはありそう。ボールを低めに集めてゴロを打たせるピッチャー。
小栗投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。ここぞの場面でインコースを突けるピッチャー。
都築投手は右のオーバーハンド。細身でフォロースルーが大きいフォーム。まっすぐはそこそこ速い。コントロールがいいのと、カーブの切れがいい。去年の秋に見ています
上田投手は右のスリークォーター。少し背中を見せるフォーム。

スタメン
中部大第一
7橋本 6小栗→1 4姉川 2曽我 5水野 3野沢 9陸浦(13)→H瀧森(20)→9石川 8徳増 1藤本→6
清林館
6富田 8篠原 2加藤 4吉田 7太田 5蟹江 9木村 1都築→1上田(19)→H土田(12) 3藤田

(試合経過)
3回表、2死から1番橋本がライトへソロホームラン。中部大第一が先制。
3回裏、先頭の7番木村がヒットで出塁。送ってチャンスを作るも得点ならず。
7回裏、2死から連続四球で1、2塁となったところでピッチャー交替、小栗。替わった直後に四球で満塁まで行きますが、8番都築をフルカウントから空振り三振に斬って踏ん張ります。1−0 
8回表、1死2、3塁から1番橋本の2点タイムリー。3−0
8回裏、1死満塁のチャンスを作るも4番5番が倒れ0点。
9回表、1死2塁でピッチャー交替、上田。上田がしっかりと抑えます。
9回裏、2死3塁から9番藤田がタイムリー。尚も1番冨田もヒットで続きますが、2番が倒れゲームセット。 
中部大第一が逃げ切りました。
続きを読む

至学館−誠信 観戦記(2014年春季愛知県大会)

4月12日に小牧球場で行われた第2試合、至学館−誠信の観戦記です。
どちらも秋に見ていますが、至学館が一冬越してどこまで自分たちの野球が浸透したかに注目して観戦しました。

至学館
123004|10 H9 E1
000000|0 H3 E1
誠信
(6回コールド)
至学館
安井、吐前、清水−吉村
誠信
荻野、佐藤−市川

投手成績
至学館
安井(1) 5回 69球 被安打3 四球1 三振2 失点0
吐前(10) 2/3 12球 被安打0 死球1 三振1 失点0
清水(18) 1/3 6球 被安打0 四球0 三振1 失点0
誠信
荻野(1) 5回2/3 100球 被安打8 四死球8 三振1 失点10
佐藤(10) 1/3 16球 被安打1 四球1 三振0 失点0

安井投手は右のオーバーハンド。少し後ろで溜めを作ってから投げるフォーム。緩急を駆使し、ゆるいボールを多めに使って、まっすぐを速くみせるタイプ。まっすぐはなかなか。
吐前投手は左のオーバーハンド。秋に見てから体が一回り大きくなった印象で細い感じはなくなったのですが、球威は比例しては伸びていない印象。まっすぐはそこそこ。

萩野投手は右のスリークォーター。秋に見ています。四死球が多すぎてピッチングが苦しくなっていました。まっすぐはぼちぼち。
佐藤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。

スタメン
至学館
4松田 2吉村 6塚本 5山口 9小林 8松岡 3岩田 1安井→H今井(16)→R吉川(15)→1吐前(10)→1清水(18) 7金田→H早川(11)→7亀山
誠信
6服部 4森内 9茅根 2市川 3大脇 7米倉 8小山 5牧瀬 1荻野→1佐藤(10)

(試合経過)
1回表、1死3塁からサードゴロの間に1点。至学館が先制。
2回表、1死2、3塁から8番安井のスクイズ成功。2死1、3塁からダブルスチール成功。3−0
2回裏、先頭の大脇のヒットを足がかりに、1死1,2塁のチャンスを作るも、2塁ランナーがキャッチャーからの送球でタッチアウトに。チャンスを潰します。
3回表、1死2塁から4番山口がタイムリー3ベース。1死満塁から7番岩田が2点タイムリー。6−0
6回表、1死1、2塁から4番山口がレフトオーバーの2点タイムリー2ベース。2死3塁から6番松岡がタイムリー。ここでピッチャー交替、佐藤。2死1、3塁から代打今井がタイムリー。10−0
6回裏、2死1塁でピッチャー交替、清水。
至学館が6回コールドで勝ちました。
続きを読む

13日の結果

(1回戦 )
愛工大名電 11−1 佐織工
名城大附 9−4 春日丘
西春3−1豊田工
小牧6−4知立東
津島2−1名経大高蔵
岩津11−3東浦
(2回戦 )
中京大中京 12−5 高浜
高蔵寺 2−1 刈谷工
至学館 11−1 半田工
豊橋工 3−1 愛産大三河
愛知啓成 10−0 星城
大府 3−1 岡崎工

名電が初戦の佐織工戦を快勝。次は豊川との大一番に挑みます。
名城大附が春日丘との1次予選からの再戦に勝利。次はシード校の安城学園と。
西春、小牧、津島と尾張勢が勝ち進んだのはうれしいですね。西春が豊田工に勝ったのは素晴らしい。
岩津が東浦にコールド勝ち。3年前にベスト16まで勝ち進んだ快進撃の再現なるか?

中京大中京は終わってみたらコールドですが、一時高浜に追いつかれる試合展開。次の試合で真価が問われます。
高蔵寺がシード校刈谷工を破ってベスト16に進出。
至学館、啓成はそれぞれ10点差コールド勝ち。勢いにのってきました。
豊橋工が愛産大三河を破り、東三河優勝校の実力を見せてくれました。
大府も岡崎工に競り勝ちベスト16に進出。

次は19日に試合が行われます。そこでベスト16が出そろいます。

高蔵寺−安城東 観戦記(2014年春季愛知県大会)

4月12日、小牧球場で行われた第1試合、高蔵寺−安城東の観戦記です。
21世紀枠の愛知代表に選ばれ、1年生大会でも健闘した高蔵寺がどういう試合をするかに注目して観戦しました。

高蔵寺
010130011|7 H12 E0
000000000|0 H7 E1
安城東

高蔵寺
熊谷、井村ー永谷
安城東
杉浦、岡田ー松村

投手成績
高蔵寺
熊谷(1) 7回1/3 94球 被安打7 四死球3 三振4 失点0
井村(6) 1回2/3 12球 被安打0 四球0 三振0 失点0
安城東
杉浦(1) 4回1/3 85球 被安打6 四球4 三振1 失点3
岡田(10) 4回2/3 95球 被安打6 四球5 三振3 失点4

高蔵寺の熊谷投手は初めて見ました。右のスリークォーター。がっしりとした体格で上背もあるピッチャー。まっすぐはそこそこ速い。時々腕が横ぶりになります。高めのボールが多いですが、球威もあるので抑え込んでいました。フィールディングは今一つ。
井村投手は右のオーバーハンド。かなり投げるときにクビが振れるピッチャー。まっすぐはなかなか。ランナーいないときは特にテンポが速い。

安城東の杉浦投手は右のオーバーハンド。長身で上から投げおろすピッチャー。まっすぐはぼちぼち。
岡田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。細身で上背があります。コントロールがばらつき、無駄球が多かった。

スタメン
高蔵寺
3丹下 4戸田 6井村→1 9宮川 7稲森 5東(14) 2永谷 1熊谷→6大山(5) 8毛利(18)→R大門(8)→8
安城東
2松村 6太田 8岩月 3神谷 5澤田→9平岩 9山本→5 4片平 1杉浦→1岡田(10) 7飯島

(試合経過)
1回裏、先頭の松村がヒットで出塁。送ってチャンスを作るも3番4番が倒れ0点。
2回表、2死満塁から1番丹下の打席でワイルドピッチ。3塁ランナーが返り高蔵寺が先制。
3回裏、1死から9番飯島1番松村の連打と2番太田のバントヒットで1死満塁。3番岩月は弱めのショートゴロでしたが、高蔵寺の内野がゲッツーに斬って得点を許しません。
4回表、1死1塁から1番丹下が左中間を破るタイムリー3ベース。2−0
5回表、1死2塁でピッチャー交替、岡田。2死満塁から9番毛利が走者一掃のタイムリー3ベース。5−0
8回表、1死1、3塁から2番戸田のところでスクイズ成功。6−0
8回裏、1死1、2塁でピッチャー交替、井村。5番澤田をゲッツーに斬ってピンチを脱出。6−0
9回表、2死2塁から7番永谷がタイムリー2ベース。7−0
高蔵寺が勝ちました。
続きを読む

12日の結果と13日のカード

高浜7−6時習館
愛知8−1豊橋東
愛知黎明4−3享栄
一宮興道5−4知多翔洋
高蔵寺7−0安城東
至学館10−0誠信
中部大第一3−1清林館
誉1−6東邦
愛産大工2−0国府
愛産大三河7−0杜若
星城12−9武豊
栄徳5−1名南工
岡崎1−2大府
岡崎工10−3新城東

13日カード
春日井球場
豊田工−西春
春日丘−名城大附

小牧球場
小牧−知立東
愛知啓成−星城

阿久比球場
名経大高蔵−津島
至学館−半田工

熱田球場
岩津−東浦
中京大中京−高浜

豊田球場
愛工大名電−佐織工
高蔵寺−刈谷工

蒲郡球場
愛産大三河−豊橋工
岡崎工−大府

12日のカード

明日から春季愛知県大会が始まります。

熱田球場
高浜−時習館
愛知−豊橋東

春日井球場
愛知黎明−享栄
一宮興道−知多翔洋

小牧球場
高蔵寺−安城東
至学館−誠信
中部大第一−清林館

阿久比球場
誉−東邦
愛産大工−国府

豊田球場
愛産大三河−杜若
星城−武豊
栄徳−名南工

蒲郡球場
岡崎−大府
岡崎工−新城東

初日から好カードがいくつも並びます。
熱田球場は秋ベスト8の高浜が登場。伝統校の時習館との試合は注目です。
愛知は名古屋地区予選で2次に回るなど苦しい戦い。県大会で本来の力を出せるか。

春日井球場では好カード。愛知黎明−享栄の対戦。夏大のシードに向けてお互いに大事な初戦。

小牧球場では21世紀枠の愛知県の候補になった高蔵寺が登場。
至学館が春へどこまで力を伸ばしているか。私学の誠信相手にどういう試合をするか注目。
中部大第一は清林館と。経験豊富な清林館のバッテリーがどこまで通用するか注目です。

阿久比球場は1回戦屈指の好カード、誉−東邦。秋ベスト4同士の一戦。冬の成長でどこまで変わっているか。楽しみです。
愛産大工は国府と初戦。こちらは何度か東邦に負けているので、東邦と当たる可能性のあるくじを引いたので、負けられないでしょうね。

豊田球場は西三河の私学同士の一戦から。
栄徳−名南工は面白そうな一戦です。

蒲郡球場では岡崎高校が初戦。西三河予選で旋風を起こした岡崎高校が大府相手にどう戦うか注目です。

僕は小牧球場へ行く予定です。

春季愛知県大会組み合わせ決定

春季県大会2014

組み合わせが決まりました。

続きを読む
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(向坂 昇)

向坂 昇(コウサカ ノボル)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

広告
記事検索
今後の観戦予定
10月15日
トヨタスポーツセンター
21日
東海大会
22日
未定
27日
東海大会
28日
未定
29日
未定
11月3日
入替戦
4日
市内県立大会
5日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ