コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2013年秋

21世紀枠候補の地区代表が決定

センバツ21世紀枠9地区推薦校
【北海道】天塩 道大会ベスト16
【東北】角館(秋田) 県大会優勝 東北大会ベスト8
【関東】小山台(東京) 都大会ベスト8
【東海】伊勢(三重) 県大会準優勝 東海大会1回戦敗退
【北信越】長野西(長野) 県大会3位 北信越大会1回戦敗退
【近畿】海南(和歌山) 県大会準優勝 近畿大会1回戦敗退
【中国】大東(島根) 県大会3位 中国大会1回戦敗退
【四国】坂出(香川) 県大会優勝 四国大会初戦敗退
【九州】大島(鹿児島) 県大会ベスト4

どこが選ばれるか分からないですね。なんとなく、東京の小山台と東海の伊勢は選ばれる気もしますが。

この中から3校が21世紀枠で選ばれます。選考会は1月24日です。

知立−豊川 観戦記(2013年1年生大会)

11月23日に阿久比球場で行われた1年生大会準決勝第2試合、知立−豊川の観戦記です。
豊川相手に知立がどこまで食い下がるかに注目して観戦しました。

知立
001000|1 H1 E4
204203|11 H11 E4
豊川
(6回コールド)
知立
浜、佐藤−松瀬
豊川
原−今井
投手成績
知立
浜 3回0/3 75球 被安打6 四球1 三振1 失点7
佐藤 2回1/3 42球 被安打5 四球1 三振1 失点4
豊川
原 6回 82球 被安打1 四球2 三振3 失点1

浜投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。オーソドックス。
佐藤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。スローカーブを使う。
原投手も右オーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。打たせて取るピッチャー。

スタメン
知立
8増田 5近藤 6大石 1浜 3中嶋 2松瀬 7谷 9田栗 4酒井
豊川
4島 8山本 7大河内 3山田 6中野 2今井 5後藤 1原(10) 9嶋

(試合経過)
1回裏、1死2、3塁から4番山田の浅めのレフトフライでタッチアップ成功。豊川が先制。さらに2死2塁から1塁タイムリーエラー。2−0
3回表、無死2塁からバント処理でピッチャーが3塁悪送球。ランナーホームイン。2−1
3回裏、1死2、3塁から6番今井のセンターオーバー2点タイムリー3ベース。7番後藤のタイムリー。2死2塁から1塁タイムリーエラー。6−1
4回裏、先頭の2番山本に2ベースを許した所でピッチャー交替、佐藤。3番大河内がレフトオーバータイムリー3ベース。1死3塁から5番中野がタイムリー。8−1
6回裏、無死2、3塁から4番山田の2点タイムリー3ベース。1死3塁から6番今井がタイムリーでコールド成立。豊川が勝ちました。

続きを読む

誉−高蔵寺 観戦記(2013年1年生大会)

11月23日に阿久比球場で行われた1年生大会の準決勝、誉−高蔵寺の観戦記です。
1年生大会は初観戦となったため、純粋にどんなチームかを楽しみに観戦しました。


002000006|8 H12 E0
000000000|0 H6 E0
高蔵寺


柳田、内田、細野−垣内
高蔵寺
大熊、長江、新原−長屋
投手成績

柳田(10) 5回 76球 被安打5 四球1 三振3 失点0
内田(1) 3回 41球 被安打0 四球0 三振6 失点0
細野(19) 1回 26球 被安打1 四球2 三振2 失点0
高蔵寺
大熊(11) 7回 97球 被安打6 四死球4 三振2 失点2
長江(10) 1回1/3 27球 被安打5 死球1 三振1 失点6
新原(1) 2/3 9球 被安打1 四球0 三振0 失点0
柳田投手は右のスリークォーター。まっすぐはまぁまぁ。切れのありそうな球を投げていました。
内田投手は左のオーバーハンド。投げっぷりのいいピッチャー。まっすぐはなかなか。
細野投手も左のオーバーハンド。まっすぐの時にかなり力を入れて投げるフォーム。荒れ球。
大熊投手は右のオーバーハンド。バランスのいい体格とフォームです。まっすぐはぼちぼち。一冬後にまた見たいピッチャー。
長江投手は左のスリークォーター。まっすぐはぼちぼち。もう少し肩が回るようになるといいですね。
新原投手は右のオーバーハンド。こちらも肩が回らないフォーム。

スタメン

6竹内 4横井内 7不破 3小林 8杉浦 9中村 2垣内 1柳田(10) 5浅野
高蔵寺
6大山 4藤岡 9宮川 5林 3工藤(13) 2永谷 8山 7松村 1大熊

(試合経過)
3回表、2死1、2塁から4番小林がタイムリー。5番杉浦もタイムリー。誉が2点先制。
5回までお互いに毎回ランナーを出す展開。
6回裏、誉はエース内田を投入。この回を三者凡退2三振で抑え、8回まで3人ずつで抑える投球でしっかりと自チームに流れを呼び込む。
9回表、無死満塁から2番横以内がポテンヒットタイムリー。1死満塁から4番小林、5番杉浦、6番中村が3連続タイムリー。ここでピッチャー交替、新原。ワイルドピッチで1点。8−0
そのまま誉が勝ちました。

続きを読む

1年生大会は豊川が優勝

3位決定戦
高蔵寺6−6知立

決勝
豊川2−1誉

第1回の1年生大会は豊川の優勝。おめでとうございます。
選抜出場に花を添える優勝。しばらく豊川の天下が続くかも、そんなことを思わせるこの秋の躍進でした。

誉は1年生が現レギュラーに4人入っていて、来年の秋以降も楽しみなチーム。誉もこの秋にベスト4と活躍。1年生世代は勝負の年になりそうですね。

1年生大会は初めて行われましたが、いい試みですよね。願わくば16校だけじゃなくてもう少し門徒を解放してほしいですね。いい経験には間違いなくなるし。

この4校が1年生の中で上位4校というわけではないと思いますが、その中に私学4強が一つもいないというのが・・・。

4強大会も結構ですけど、こういう公式大会で結果を出すようにしていかないと。

1年生大会1回戦、準々決勝結果

1回戦
高蔵寺1−1愛産大三河(抽選で高蔵寺が勝ち)
東邦12−4愛知啓成
誉6−0愛知
愛産大工11−4豊橋南
大府5−1中京大中京
知立8−7小牧
豊川8−1菊華
名古屋国際18−16高浜

準々決勝
高蔵寺5−1東邦
誉3−3愛産大工(抽選で誉が勝ち)
知立8−2大府
豊川18−3名古屋国際

高蔵寺、知立の躍進が目立ちますね。高蔵寺は21世紀枠の愛知代表選出に花を添える活躍。東邦に勝ったのは見事ですね。
豊川の強さが目立ちます。来年の選抜出場は確実な状態ですが、来年の秋以降も力のあるチームになりそうです。

11月23日
阿久比球場
高蔵寺−誉
豊川−知立

23日は見に行く予定です。

愛知県1年生大会 組み合わせ

16日
蒲郡球場
小牧−知立
愛産大三河−高蔵寺

熱田球場
東邦−愛知啓成
誉−愛知

豊橋球場
豊川−菊華
愛産大工−豊橋南

阿久比球場
中京大中京−大府
名古屋国際−高浜

16日から1年生大会が始まります。初の試みですし、どんな結果が出るか楽しみですね。
16日、17日は見に行けないのが残念です。

秋季東京大会結果

東京の選抜枠は1.5
2校目は関東地区との比較になります。

準決勝
関東一4−0東海大高輪台
二松学舎大付9−3日大三

決勝
関東一7X−6二松学舎大付

関東一が優勝。明治神宮大会に出場するとともに選抜出場もほぼ確定しました。

二松学舎大付は関東地区の習志野との比較になりそうですが、多分選ばれそうですね。
日大三に快勝し、関東一とも接戦をしたのも大きなアピールになりそうです。

秋季九州大会結果

選抜の枠は4

準々決勝
鎮西(熊本2位)6−2早稲田佐賀(佐賀1位)
沖縄尚学(沖縄2位)9−1波佐見(長崎2位)
美里工(沖縄1位)1−0創成館(長崎1位)
神村学園(鹿児島1位)10−6日章学園(宮崎2位)

準決勝
沖縄尚学(沖縄2位)4−1鎮西(熊本2位)
美里工(沖縄1位)5−1神村学園(鹿児島1位)

決勝
沖縄尚学(沖縄2位)4−3美里工(沖縄1位)

沖縄尚学が明治神宮大会に出場。

同一県の沖縄の高校が決勝まで進んだので、すんなりベスト4の4校で決まりですね。
沖縄勢、強そうですね。

秋季近畿大会結果

近畿の選抜枠は6。

準々決勝
龍谷大平安(京都1位)2−1智弁学園(奈良1位)
履正社(大阪1位)5−0三田松聖(兵庫2位)
智弁和歌山(和歌山1位)10−0奈良大付(奈良2位)
報徳学園(兵庫1位)1−0福知山成美(京都2位)

準決勝
龍谷大平安(京都1位)11−7履正社(大阪1位)
智弁和歌山(和歌山1位)16−8報徳学園(兵庫1位)

決勝
龍谷大平安(京都1位)6−4智弁和歌山(和歌山1位)

明治神宮大会には龍谷大平安が出場します。

とりあえずベスト4の4校は各県の1位校ですし、確定ですね。残りの2校は智弁学園は決定。あと1校は福知山成美のが有利ですね。試合内容的にも。

割とすんなり代表は決まりそうですね。

緑丘商−瑞陵 観戦記(2013年市内県立大会)

11月3日に熱田球場で行われた市内県立大会決勝戦、緑丘商−瑞陵の観戦記です。
名南工、天白を破って決勝に勝ち進んだ緑丘商がどんなチームか、楽しみにして観戦しました。

緑丘商
021000130|7 H13 E5
000104111|8 H12 E2
瑞陵

投手成績
緑商
安井(1) 6回1/3 105球 被安打10 死球1 三振0 失点7
大塚(5) 2回 39球 被安打2 四球3 三振0 失点1
瑞陵
織田(18) 3回0/3 51球 被安打6 四球0 三振2 失点3
田組(1) 6回 100球 被安打7 四球6 三振2 失点4

安井投手は左のオーバーハンド。上背はそんなにないですが、投げっぷりのいいピッチャー。まっすぐはぼちぼち。コントロールも安定しているので、大崩れのないピッチャーですね。
大塚投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。急なマウンドで少しかわいそうでした。
織田投手は左のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。追い込むまでは良かったのですが勝負球が甘く、苦しいピッチングに。
田組投手は右のスリークォーター。まっすぐはそこそこ。ちょっと四球が多く、苦しいピッチングでしたが、ピンチで良く踏ん張りました。

スタメン
緑商
3渡邉 9山本 7高岡 2原 4臼田 6西 1安井 8酒井 5大塚
瑞陵
8坂井 4北川 9安藤 5田組(1) 7加藤 3橋部 1織田(18) 2新矢 6高吉(10)

(試合経過)
2回表、2死1、3塁から8番酒井がレフトオーバー2点タイムリー2ベース。緑商が2点先制。
2回裏、無死1塁から7番織田が3塁へ犠打を決める。この時ベースカバーが空いてランナーが3塁を狙うも、タッチアウト。アウトにはなりましたが、積極的な走塁は良かった。
3回表、2死3塁から3番高岡がタイムリー。3−0
4回表、無死1塁でピッチャー交替、田組。
4回裏、1死3塁から5番加藤のショートゴロの間に1点。3−1
6回裏、無死1、3塁から4番田組が右中間を破る同点タイムリー3ベース。続く5番加藤が逆転タイムリー2ベース。さらに6番橋部がヒットで繋ぎ無死1、3塁となったところでピッチャー交替、大塚。7番坪井がスクイズを決めます。5−3。尚も2死満塁まで攻めますが、2番が倒れ追加点はならず。
7回表、1死1、3塁から2番山本がタイムリー。5−4。3番高岡もヒットで1死満塁。4番原を迎えますが、ここはセカンドゴロに打ち取ってゲッツー。なんとか瑞陵が踏ん張ります。
7回裏、2死1塁から6番橋部がセンターオーバータイムリー3ベース。6−4
8回表、1死満塁から9番大塚に押し出し四球。1番渡邊が犠牲フライ。2死1、2塁から2番山本がレフトへタイムリー。緑商が逆転。7−6。
8回裏、2死3塁から2番北川のサード内野安打で同点。
9回裏、1死2塁から5番加藤がヒット。センターからの返球をキャッチャーが逸らし、サヨナラ。瑞陵が優勝しました。

続きを読む

秋季中国大会結果

中国地区の枠は2.5枠

準決勝
広島新庄(広島1位)3−2高川学園(山口2位)
岩国(山口1位)7−0倉敷商(岡山2位)

決勝
岩国(山口1位)4−3広島新庄(広島1位)

岩国高校が明治神宮大会に出場します。

2枠は決勝戦進出の岩国、広島新庄で当確ですね。
3校目は高川学園になると思います。
ここで四国の3校目、明徳義塾との比較になりそうですが・・・。高川学園は山口2位で岩国と被るので、明徳義塾が有利になりそうです。

愛知工−松蔭 観戦記(2013年市内県立大会)

11月3日に熱田球場で行われた名古屋市内県立大会の3位決定戦、愛知工−松蔭の観戦記です。
愛知工は1次予選で、松蔭は市内県立の準々決勝で見ています。純粋のどういう試合をするか、楽しみに観戦しました。

愛知工
430000204|13 H11 E2
040000010|5 H6 E3
松蔭

投手成績
愛知工
安藤(1) 8回 119球 被安打6 四死球5 三振4 失点5
西村(3) 1回 32球 被安打0 四死球3 三振1 失点0
松蔭
岩永(1) 4回 73球 被安打5 四球4 三振0 失点7
川村(11) 3回 41球 被安打4 四球1 三振0 失点2
宇佐美(10) 2回 37球 被安打2 死球1 三振2 失点4

愛知工の安藤投手は右のオーバーハンド。テイクバックが小さいフォーム。テンポ良く投げてきます。ボールが全体的に高かった。まっすぐはぼちぼち。
西村投手は左のオーバーハンド。まっすぐはそんなに速くない。コントロールがばらついていました。

岩永投手は右のサイドハンド。コントロールがばらばら。なんにせよまっすぐのコントロールをまずはつかないと・・・。
川村投手も右のサイドハンド。コントロールが安定している分だけ、落ち着いて投げられます。まっすぐはあんまり速くない。どこまで丁寧に投げられるか。
宇佐美投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。ランナーを出してからのクイックが課題。

スタメン
愛知工
7新田 6堀野 4塚本 3西村 9井出 2草間 8北原 1安藤 3山田
松蔭
8津山 4森口 6加藤 3池田 7小塚(15) 9村田 5田島 2岡 1岩永

(試合経過)
1回表、2死3塁から4番西村のレフトライン際の当たりをショートとレフトがお見合いしてタイムリー2ベースに。2死1、2塁から6番草間がライト線に落ちる2点タイムリー3ベース。7番北原がセンターへタイムリー。愛知工が4点を先制。4−0
2回表、2死満塁から4番西村が走者一掃タイムリー3ベース。7−0
2回裏、無死1、2塁から6番村田がレフトオーバーのタイムリー2ベース。無死満塁から8番岡のセカンドゴロで2塁への転送をエラーして2者生還。1死1、3塁から1番津山がタイムリー。7−4
7回表、2死2、3塁から6番草間が2点タイムリー2ベース。9−4
8回裏、1死満塁から代打川島が犠牲フライ。9−5
9回表、1死2、3塁から4番西村の1塁ゴロタイムリーエラー。5番井出が左中間へタイムリー2ベース。2死2塁から7番北原のサードゴロをタイムリーエラー。13−5
愛知工が勝ちました。

続きを読む

2013年秋季全三河大会結果

準決勝
愛産大三河6−3時習館
桜丘7−6成章

3位決定戦
時習館5−4成章

決勝
愛産大三河4−2桜丘

愛産大三河が優勝。おめでとうございます。
ここのところ愛産大三河は安定した力を発揮していますね。

ベスト4のうち3つが東三河。ここのところ西三河勢が勝っている印象でしたが、この秋は東三河勢が頑張りました。
時習館は秋に活躍するのが久々な気がする。来年も注目ですね。

2013年秋季全尾張大会結果

準決勝
津島4−2誉
誠信4−3半田

3位決定戦
誉4−3半田

決勝戦
津島2−0誠信

津島高校が優勝を果たしました。おめでとうございます。

津島は大府、誉、誠信と破っての優勝は見事でした。自信につながりそうですね。

この秋は誉が県ベスト4と躍進。夏は愛知黎明が準優勝。尾張地区の上位進出が目立つようになってきました。

1年生大会が残っていますが、来年の春にまた成長して躍進してほしいですね。

尾東大会結果

準決勝
中部大第一17−4東郷(5回コールド)
高蔵寺6−2春日井工(延長11回)

3位決定戦
東郷1−0春日井工

決勝戦
中部大第一6−5高蔵寺

中部大第一が優勝しました。

決勝戦は好ゲームだったようです。春日丘の放棄試合もあったせいもありますが、ベスト4のうち3校が公立。
その中で唯一の私学、中部大第一が意地を見せました。
ただ、高蔵寺も強いですね。県大会で愛知に勝ったのは伊達じゃないです。春は見たいなぁ。

東郷も力をつけていますね。こちらも見たいです。

秋季関東大会結果

関東の枠は4.5枠。

5校目は東京の2校目との比較になります。

準々決勝
白鴎大足利(栃木2位)3−1習志野(千葉1位)
山梨学院大付(山梨1位)4−3健大高崎(群馬1位)
佐野日大(栃木1位)5−3横浜(神奈川1位)
桐生第一(群馬2位)2−1霞ヶ浦(茨城1位)

準決勝
白鴎大足利(栃木2位)3−1山梨学院大付(山梨1位)
桐生第一(群馬2位)5−0佐野日大(栃木1位)

決勝
白鴎大足利(栃木2位)6−3桐生第一(群馬2位)

ベスト4に残った4校で確定でしょうね。
5校目については、白鴎大足利に破れた習志野が東京の2校目との比較になりそうです。

しかし、関東のベスト4が栃木2、群馬1、山梨1。これまでとは様子が変わってきていますね。神奈川は激戦のはずが、2年連続選抜無しになりそうな状況。分散している感じもないのですが・・・。県を勝ち抜くのが厳しすぎるんですかね?

秋季四国大会結果

準決勝
今治西(愛媛2位)4−0明徳義塾
池田(徳島3位)9−3生光学園(徳島1位)

決勝
今治西(愛媛2位)10−0池田(徳島3位)

四国は2.5枠。3校目は中国との比較になります。

決勝戦が大差になったため、池田の選考がどうなるか、というところですが、池田は愛媛1位の西条にも勝っていますし、話題性も大きいため、普通に2校は今治西、池田の2校になると思います。

3校目は明徳義塾が選考の対象になるでしょうね。可能性は高そうですが・・・。中国大会の結果待ちですね。

三重高校が優勝

三重4−3豊川

三重高校が3点ビハインドの8回裏に相手のミスにも付け込んでひっくり返し優勝、神宮出場を決めました。
おめでとうございます。

三重は夏に安樂投手を苦しめたことが、自信となっているなんて話も出ていましたが、打線は活発ですね。神宮では初戦で近畿代表と当たるなかなか厳しい組み合わせですが、優勝目指して頑張ってほしいですね。

豊川もおしい試合を落としました。ただ、1回戦の常葉橘も強かったし、そこから岐阜1位、静岡1位を倒しての準優勝は立派の一言。選抜切符もほぼものにしました。

いい方に考えれば、神宮で手の内をさらさなくてもいいわけですし、課題も出た試合だったようですので、冬にしっかりと鍛えて、選抜に挑んでほしいですね。

東海大会準決勝結果

三重(三重1位)10−0静岡商(静岡2位)(6回コールド)
豊川(愛知2位)3X−2静岡(静岡1位)

この結果、三重、豊川の2校が選抜に選ばれることが確実となりました。

豊川は先手を奪いながら6回にホームランで追いつかれる苦しい展開。
それでも、田中投手が良く踏ん張り、バックも良く盛りたてたようです。簡単には悲願の甲子園は決めさせてもらえなかった形ですが、かえって劇的な試合となりました。

おめでとうございます。

夏に現ソフトバンクの森福を擁して2年連続の準優勝がありましたが、そこからさらに時間がかかりました。それでも、練習環境を整え、あと一歩で逃した前監督を夏で更迭してまで、成し遂げた悲願の甲子園出場。
このところ低迷している愛知県も、これで勢力図が変わっていくように思います。

まだ決勝もあるし、正式に決まるのは来年の1月ですが、しっかりと準備して、不祥事には気をつけて(笑)、甲子園で暴れてほしいと思います。

三重が強いですね。2試合連続コールド勝ちは見事です。

静岡勢は2校準決勝に残りながら2校とも敗戦となりました。静岡はまだ神宮枠がこれば可能性ありますが・・・。
しかし、静岡は見ていないですけど、豊川と対戦した2校はどちらも強かった。夏も拮抗した戦いになりそうですね。

秋季北信越大会結果

準決勝
日本文理(新潟1位)4−3地球環境(長野2位)
東海第三(長野1位)5−2北陸(福井2位)

決勝
日本文理(新潟1位)6X−5東海第三(長野1位)
(延長11回)

日本文理が明治神宮大会進出。

北信越大会も例年選抜は2校。決勝戦も接戦でしたし、新潟と長野のそれぞれ1位校ですので、すんなり決勝の2校で決まりですね。

日本文理は過去に選抜は4回出場。
東海第三は過去に選抜は2回出場。

豊川−常葉橘 観戦記(2013年秋季東海大会)

10月19日に刈谷球場で行われた第2試合、豊川−常葉橘の観戦記です。
個人的には愛知県で一番力があると思っている豊川に対し、常葉橘がどういう力で対抗してくるかに注目して観戦しました。

豊川
003003000|6 H8 E0
010102000|4 H10 E4 
常葉橘

豊川
田中−氷見
常葉橘
木村−内野

投手成績
豊川
田中(1) 9回 121球 被安打10 四死球4 三振8 失点4
常葉橘
木村(1) 9回 138球 被安打8 四死球7 三振6 失点6

田中投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか速い。カットかな?なかなか切れが良かった。
木村投手も右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか速い。タテスラが特徴あるピッチャー。

スタメン
豊川
5中村 8杉浦 2氷見 6高桑 3伊藤 7山田大(13) 9武市 1田中 4島
常葉橘
3河島 4道場 1木村 7池谷 5小野寺 9塩津 2内野 8長尾 6浅場

(試合経過)
1回表、1死1,2塁。2回表に無死1,2塁と豊川はチャンスを作るもバント失敗も絡んでゲッツーでチャンスを潰す。
2回裏、1死から、5番小野寺6番塩津7番内野の3連打で1点。常葉橘が先制。
3回表、2死2、3塁から4番高桑がレフトへ2点タイムリー2ベース。豊川が逆転。2死3塁からワイルドピッチ。3−1
4回裏、2死1、2塁から7番内野がタイムリー。3−2
6回表、1死1、2塁からサードゴロ、ゲッツーを狙って2塁からの転送が送球エラーに。2塁ランナーホームイン。2死満塁からサードのタイムリーエラー。更に押し出し四球で加点。6−2
6回裏、2死1、2塁から7番内野が2点タイムリー3ベース。6−4
9回裏、2死満塁と常葉橘が最後まで攻めますが、3番木村が三振に倒れ試合終了。
豊川がなんとか逃げ切りました。

続きを読む

伊勢−関商工 観戦記(2013年秋季東海大会)

10月19日に刈谷球場で行われた第1試合、伊勢(三重2位)−関商工(岐阜3位)の観戦記です。
21世紀枠の有力候補と言われている伊勢がどういうレベルかに注目して観戦しました。

伊勢
301010001|6 H11 E1
100230001|7 H11 E0
関商工
(9回サヨナラ)
伊勢
滝、森下、滝−村岡
関商工
杉浦−井森

投手成績
伊勢
滝(1) 6回1/3 108球 被安打8 四死球4 三振1 失点6
森下(7) 2回 30球 被安打3 四球2 三振1 失点1
関商工
杉浦(1) 9回 132球 被安打11 四死球4 三振3 失点6
滝投手は右のサイドハンド。まっすぐはぼちぼち。緩急を使って打ち取るピッチャー
森下投手は右のサイドハンド。まっすぐはぼちぼち。やや変則フォーム。
杉浦投手は右のスリークォーター。まっすぐはぼちぼち。ボールを動かして打たせるピッチャー。途中から緩急使う。

スタメン
伊勢
8上田 5山本 4奥野 1滝 2村岡 7森下 9西川 3清水 6中村海
関商工
4竹本 2井森 6杉山 7平田 3大西 9中西 8古田(18) 5足立 1杉浦

(試合経過)
1回表、1死1、2塁から4番滝がセンターオーバー2点タイムリー3ベース。5番村岡のショートゴロの間に1点。伊勢が3点先制。
1回裏、2死1塁から4番平田のセンターオーバータイムリー2ベース。3−1
3回表、1死3塁から5番村岡の犠牲フライ。4−1
4回裏、1死2、3塁から7番古田のセーフティスクイズ成功。2死3塁から8番足立がしぶとく外の変化球を当ててタイムリー。4−3
5回表、2死3塁から4番滝のタイムリーポテンヒット。5−3
5回裏、1死1、2塁から4番平田がレフトポールを巻く3ランホームラン。関商工逆転。2死から3連打で満塁となるも9番杉浦を打ち取ってなんとか1点差で踏ん張ります。6−5。
6回表、先頭の6番森下が3ベース。しかし後続倒れ同点ならず。
9回表、2死2塁から3番奥野がタイムリー3ベース。同点。4番滝が歩き2死1,3塁となるも5番が倒れ同点どまり。
9回裏、無死1、2塁でピッチャー交替、滝。1死満塁から7番日比野のサヨナラスクイズで関商工が勝ちました。

続きを読む

秋季東海大会2日目結果

21日の試合結果
静岡商(静岡2位)8−7東邦(愛知1位)
三重(三重1位)9−2中京大中京(愛知3位)(7回コールド)
静岡(静岡1位)7−3関商工(岐阜3位)
豊川(愛知2位)6−3大垣日大(岐阜1位)

この結果岐阜勢は全滅。静岡勢が2校残りました。

豊川は難敵と思われた大垣日大に快勝。強いですね。悲願の甲子園まであと1勝。頑張れ。

東邦はまたもベスト8で破れました。点数の経過を見ていても、勝てないのは選手のせいではないですよね。同じことを毎年毎年繰り返している。まぁ見ていない試合なので、言うのはフェアじゃないと思いますが。

次は26日に準決勝。
三重−静岡商
豊川−静岡

天気がどうなるか心配ですね。

秋季東海大会1日目結果

19日試合結果
静岡商12−4いなべ総合(7回コールド)
中京大中京6−1岐阜聖徳学園
関商工7X−6伊勢
豊川6−4常葉橘

21日試合予定
岡崎球場
東邦−静岡商
中京大中京−三重

刈谷球場
静岡−関商工
豊川−大垣日大

1位校が登場します。
今日以上に天気が心配ですが・・・。なんとかやれてほしいですね。

追記
結局雨で中止になりました。
試合は21日に順延されます。

秋季東北大会結果

準決勝
東陵(宮城2位)4−1青森山田(青森1位)
八戸学院光星(青森2位)2−1花巻東(岩手1位)

決勝
八戸学院光星(青森2位)13−2東陵(宮城2位)

八戸学院光星は明治神宮大会出場決定。

東北は例年2校。八戸学院光星は当確。2校目は東陵が有力ですが、決勝の大敗が嫌われる可能性も。
ただ、花巻東は準決勝でラフプレーをして心証を悪くしているんですよね。甲子園からひきずってるし。

青森1位の青森山田に勝っているし、普通に東陵が選ばれると思います。

明日から東海大会がスタート

岡崎球場
静岡商−いなべ総合
中京大中京−岐阜聖徳

刈谷球場
関商工−伊勢
豊川−常葉橘

19日から東海大会がスタート。

今年は他県の試合を見ていないので、予想は出来ないです。純粋にどういう結果になるか楽しみです。

19日は刈谷球場に行く予定です。

駒大苫小牧が優勝。選抜出場を確実に。

駒大苫小牧3−2札幌大谷

駒大苫小牧が秋の北海道大会を制し、選抜出場を確実なものにしました。

2007年夏以来の出場とのこと。今の佐々木監督になってからは初出場ですね。おめでとうございます。

久々に駒苫を甲子園で見れるのは単純にうれしい。選抜がまず一つ楽しみになりました。^^

東海大会組み合わせ決定

A東邦−(静岡商−いなべ総合)
B三重−(岐阜聖徳−中京大中京)
C静岡−(伊勢−関商工)
D大垣日大−(豊川−常葉橘)

準決勝はA−B、C−Dになります。

パッと見、豊川は厳しい所に入ったなぁ。大垣日大が一番力がありそうですからね。

東邦も初戦にしては嫌な相手。

愛知県勢はなかなか厳しい戦いになりそうです。

19日から始まります。

2013年秋季東海大会進出校決定

5日の試合結果
3位決定戦
中京大中京10−0誉(5回コールド)
決勝戦
東邦3−1豊川

3位決定戦は中京大中京が大勝。東海大会進出を決めました。しかし、強いか弱いか分からないチームですねぇ。
とりあえず、結果を出せたのは収穫ですね。
決勝戦は、初回に先制した東邦が優位に進めました。
力の差はなさそうですね。

この結果、東海大会進出チームは以下のとおりになりました。

愛知県
1位 東邦
2位 豊川
3位 中京大中京

岐阜県
1位 大垣日大
2位 岐阜聖徳
3位 関商工

三重県
1位 三重
2位 伊勢
3位 いなべ総合

静岡県
1位 静岡
2位 静岡商
3位 常葉橘

10月19日から愛知県の岡崎球場と刈谷球場で東海大会が行われます。

5日の試合予定

小牧球場
3位決定戦
中京大中京−誉
決勝戦
豊川−東邦

注目はやっぱり3位決定戦ですね。中京大中京が有利とは思いますが、誉の投手陣が踏ん張れば分かりません。
準決勝は雰囲気にのまれたという話も聞きましたので、3決は本来の力を出してほしいですね。

決勝戦は、どちらも強い勝ち方で勝ちあがってきた同士。豊川が東邦という名前を相手にどういう試合をするか注目ですね。

ただ、天気が心配です。

僕は今週土日は見に行けないので、残念です。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(向坂 昇)

向坂 昇(コウサカ ノボル)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

広告
記事検索
今後の観戦予定
10月15日
トヨタスポーツセンター
21日
東海大会
22日
未定
27日
東海大会
28日
未定
29日
未定
11月3日
入替戦
4日
市内県立大会
5日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ