コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2013年夏甲子園

日本代表2位(18U代表)

日本2−3米国

もったいない、というか惜しい試合でした。力は出し切ったかな?それを埋める動きや野球が日本は出来なかった、そういう印象です。
WBCの日本代表とか見てて、ほんとに厳しい試合での対応って出来てないんですよね。やっぱりリーグ戦しか普段やっていない弊害というか。
突然やれと言われても、なかなか出来るもんじゃない。高校野球で一発勝負をしてきている選手でも、やっぱり今回甘いプレーは多かった。

そういう部分をしっかりやっているのが社会人野球。都市対抗とか見てるとほんとにすごいと思う。
で、世界で勝てるのもそういう野球なんじゃないかなって思う。もちろん、根本として野球の技術はあるけど。

世界の舞台というのが出来たら、社会人でやっている野球を突き詰めてほしいなって思うし、もっとたくさんの人に見てもらえたらな、って思う。開催時期とか協力して、話題になるように出来ないかなぁ。

選手の皆さん、スタッフのみなさんお疲れ様でした。こういう舞台はなかなかない中で、勝ち進んで楽しませてもらいました。
次のステージのある選手たちばかりですので、この経験を活かして、上の舞台で頑張ってほしいですね。

日本代表18U、決勝進出決定

日本10−0キューバ
(8回コールド)
初めて日本の試合をリアルタイムで最初から見ましたが、日本代表強いです。
印象に残ったのは安樂を上手くリードした森友捕手。キャッチングが上手くて、外のボールを上手くストライクと言わせました。
それから、日本の野球の質の高さ。粘ってヒットを打つ。進塁打をきっちり打つ。長打も出る。打線はほんとに文句なしです。

安樂投手もいいピッチングでした。コントロールもいいし。リードも良かったけど、上手く流れに乗りましたね。

これで決勝進出決定。まだアメリカ戦が残っています。2試合アメリカになりそうな可能性が高いですけど、なんとか、優勝を勝ち取りたいですね。

前橋育英初出場初優勝!

前橋育英4−3延岡学園

前橋育英は初出場初優勝。おめでとうございます。
決勝戦はどちらを応援というのは無かったのですが、宮崎県は優勝経験がなかったので、なんとなく延岡学園寄りで見ていました。ただ、前橋育英は春に関東遠征をした時に見た学校なので、そういう意味では縁もあったし、頑張ってほしいなと思う学校でした。

最終回だけ見ていましたが、ドラマを期待したのですが・・・。
でもあの雰囲気でしっかり投げ切る高橋光投手はすごいですね。まだ2年生。来年も甲子園で見たいピッチャーです。

2年生にいい選手が多い大会でした。秋以降も楽しめそうです。まぁ愛知県はすでに半分以上、選抜の道は断たれているんですけどね・・・。

決勝戦は前橋育英−延岡学園

前橋育英4−1日大山形
延岡学園2−0花巻東

今年の甲子園はたまにちらちら見るくらいであまりしっかり見ないまま決勝戦まで来ました。ただ、どうせなら東北勢や富山第一に決勝まで来てほしかったな・・・。というのが個人的な感想。

前橋育英は、初出場ですが、実は秋から公式戦は浦和学院以外には負けていないという強豪。力的には前橋育英のが上かな?でも延岡学園も本来のエースを欠いての快進撃。失うものがない強さがあるかも。

☆花巻東について
なんか、花巻東がえらく悪い意味で話題になりました。
ようは2つのことについてですよね。サイン盗みと千葉君のカット打法

.汽ぅ鹽陲
是非で言えば非ですよね。間違いなく。ただ、良く見ていると球場でやってるチーム多いんですよね。2塁ランナーの動きとか見てると。もちろんばれないように。
花巻東が露骨に、相手に分かるようにやったから指摘された、というのが今回の本質だと思う。本来はやっちゃだめとなっているので、もちろん怒られて当たり前なんですけど、じゃあ他のチームはやっていないかって言ったら・・・。
ツイッターを見てると、野球経験者や現役球児ほど、花巻東のサイン盗みについて寛容。高校野球に理想を持っている人ほど文句を言っている印象です。
僕?僕は難しいんですよね。ただ、昨今フェアプレーの精神とかで、偵察すら禁じる風潮になっているのはどうなんだろうって。実際に相手チームを研究するのも努力の一つだろって思うんですよね。ただビデオが簡単に撮れる時代だけに、ビデオOKにしちゃうと丸裸になっちゃうから、そこは線を引くべきかなとは思いますが。
でも実際に試合を見て、対策を練るのを放棄するのって、技術の低下にならないのかなって思います。
そういう意味では、サインとかも技術の一貫なのかなって思ったりもします。もちろんルールで禁止されていることなので、やっちゃいけないことなんですけど。
今回の件は指摘されるやり方をした花巻東が下手だった、というのが結論かな。でもどのチームもやらないでほしいけど。

▲ット打法
これは完全に是。だって千葉君の技術の結晶でしょ。実際に試合を見た時に、こんなにうっとおしい選手っていないよなって思いました。それって褒め言葉ですよね。彼にとっては。
小さい選手でも生きる道を示した彼の功績は大きい。まぁ花巻東には4年前にも同じタイプの佐藤選手がいたけど。
スピーディーな試合をしたい甲子園の審判からすると、敵になるからやめさせた。そう思われても仕方がない審判団の判断ですよね。バントに感じるのだったら、試合中にそう指摘してアウトにすればいいだけ。後から試合前に指摘するっておかしいですよね。

花巻東は、やりすぎ?って部分もあるけど、とにかく勝つための努力を積み重ねてきたのがすごく伝わるチームでした。カバーとかすごって感じるシーンもあったし。こういう経験を得て、次にどういうチームで出てくるかは楽しみです。東北の壁を破ってほしかったけどなぁ。

第95回選手権大会4日目結果

木更津総合7−5上田西
沖縄尚学8−7福知山成美
玉野光南0−6弘前学園聖愛
石見智翠館1−4西脇工

第1試合は上田西の先発サウスポー浦野投手が良く見えたので、これは上田西が勝つかな?と思っていたら、突然の集中打で7点。びっくりしました。最後上田西も良く粘りましたけどね。
第2試合は昨日の浦和学院−仙台育英と同じで、いい試合じゃないけど、すごい試合系。福知山成美も最後粘ったんですけどね。でもミスも多い試合に見えました。
青森の弘前学園聖愛は完封勝利。すごいですね。初出場で完勝です。
西脇工はすごい声援でした。あの雰囲気でやらなければいけない石見智翠館は気の毒でしたけどね。

5日目カード
前橋育英−岩国商
佐世保実−樟南
延岡学園−自由ヶ丘

第3試合から2回戦に入ります。

第95回選手権大会3日目結果

星稜5−12鳴門
桜井5−17作新学院
福井商4−3帯広大谷
浦和学院10−11X仙台育英

今日は点数のたくさん入る試合が多かったですね。

注目の第4試合は、すごい試合でした。四球やミスが多くて、いい試合ではなかったのですが、お互いの意地のぶつかりあうすごい試合でした。
8回裏の無死満塁からの4番5番6番を三者三振に斬って取った小島投手は素晴らしかった。ただ、小島投手に頼り切ったベンチワークは疑問でした。9回に足がつった時点で誰もブルペンに準備をさせていないという・・・。
最後のサヨナラも準備不足で招いたベンチのミスだと思いました。
しかし、足をつって、170球以上投げて、それで続投をしようとするピッチャーを拍手で後押しをする観客・・・。ちょっとぞっとしました。人によって感性は違うとは思いますが・・・。

僕もその場にいたらそうなるのかなぁ。いや、監督に替えろよ、と叫ぶと思うし、そういう感性でいたいと思います。

帯広大谷は良く頑張りましたね。お互いのピッチャーを見た時にどうなるか、と心配しましたが、惜しかった。次にまた期待ですね。
桜井高校は確かにガッツポーズをしないとか、それはそれですごいと思う。でも、素直にガッツポーズが出ちゃうくらいはありかなって思うんだけどね。

4日目のカード
木更津総合−上田西
沖縄尚学−福知山成美
玉野光南−聖愛
石見智翠館−西脇工


第95回選手権大会2日目結果

聖光学院4−3愛工大名電
鳥取城北2−3熊本工
修徳8−2大分商
北照0−6常総学園

名電はやはり初戦敗退。
今年の愛知のレベルでは、どこが出ても全国で勝つのは難しいな、というのがこの1年で思っていた感想。そのとおりの結果になったというだけの話なのですが・・・。
かなりTV解説の木島さんに駄目だしされたようですね。不思議なのが、今年の名電は夏に関しては決勝をTVで見ただけですが、そんなに変なバントはしていなかったんですよね。それがなんで甲子園に行くと、病気が再発するみたいにバントをするんでしょうね。別にバントが全て悪いわけではないのです。ただ、やるタイミングとミスを待つだけの姿勢が、甲子園での勝利を遠ざけていることに気づいてほしいものです。
どうして愛知で勝ち抜いた戦いを全国でもしないのか?そこが不思議です。

3日目のカード
星稜−鳴門
桜井−作新学院
福井商−帯広大谷
浦和学院−仙台育英

注目カードの多い1日。
桜井は相手をたたえる姿勢と、ガッツポーズをしないというのが話題。どんな野球か見たいですよね。
帯広大谷は、伏兵も伏兵という感じで北北海道を制しました。どういう戦いをするか楽しみです。
そして第4試合、1回戦屈指の好カード。選抜王者−神宮王者が1回戦でぶつかるというのもすごいですね。浦和学院が圧倒する戦いをしていますが、さてどうなりますか。

第95回選手権大会1日目結果

大垣日大4−5有田工
大阪桐蔭10−2日本文理
箕島2−4日川

大垣日大が開幕試合で登場も黒星。これで東海勢の初戦敗退の連敗がさらに伸びました。(9かな?)
一番勝てそうだった(相手の決まらない常葉菊川を除いて)大垣日大が破れて、さらに厳しくなったかな?常葉菊川は有田工に相手が決まったようですね。なんとか大垣日大のリベンジを期待したいところです。

その有田工。県大会から全て1点差なんですね。
ここまでの戦績
1回戦:5−4大垣日大
〜佐賀大会〜
決勝:6−5早稲田佐賀
準決:3−2佐賀工
準々:1−0神埼清明
3回戦:2−1佐賀西
2回戦:3−2龍谷

どこの第3野球部か海空高校か、と思いました。(このネタが分かる人はどのくらいいるんだろうw)

第2試合は大阪桐蔭が完勝。強いですね。ちなみに日本文理に勝ったチームは優勝か準優勝をこのところしているらしいです。
2011夏の日大三は優勝。2011春の九国大付は準優勝。2009夏の中京大中京は優勝。2009春の清峰は優勝
大阪桐蔭がどこまで行くか楽しみですね。

第3試合は日川が箕島を破りました。ちょっと大会前から星稜が出てきたせいで、箕島頑張れって感じが強くなりすぎましたよね。その反発が日川の力を呼んだかなって思いました。

2日目の予定
聖光学院−愛工大名電
鳥取城北−熊本工
修徳−大分商
北照−常総学園

名電は自身の夏連敗に東海地区の連敗ストップをかけて戦います。東君がどこまで踏ん張れるかですね。


組み合わせ決定

第1日
大垣日大高(岐阜) vs. 有田工高(佐賀)
日本文理高(新潟) vs. 大阪桐蔭高(大阪)
箕島高(和歌山) vs. 日川高(山梨)

第2日
聖光学院高(福島) vs. 愛工大名電高(愛知)
熊本工高(熊本) vs. 鳥取城北高(鳥取)
大分商高(大分) vs. 修徳高(東東京)
常総学院高(茨城) vs. 北照高(南北海道)

第3日
鳴門高(徳島) vs. 星稜高(石川)
作新学院高(栃木) vs. 桜井高(奈良)
福井商高(福井) vs. 帯広大谷高(北北海道)
仙台育英高(宮城) vs. 浦和学院高(埼玉)

第4日
上田西高(長野) vs. 木更津総合高(千葉)
沖縄尚学高(沖縄) vs. 福知山成美高(京都)
弘前学院聖愛高(青森) vs. 玉野光南高(岡山)
石見智翠館高(島根) vs. 西脇工高(兵庫)

第5日
岩国商高(山口) vs. 前橋育英高(群馬)
佐世保実高(長崎) vs. 樟南高(鹿児島)
延岡学園高(宮崎) vs. 自由ケ丘高(福岡)

第6日
丸亀高(香川) vs. 横浜高(神奈川)
日大山形高(山形) vs. 日大三高(西東京)
花巻東高(岩手) vs. 彦根東高(滋賀)
明徳義塾高(高知) vs. 瀬戸内高(広島)

第7日
秋田商高(秋田) vs. 富山一高(富山)
済美高(愛媛) vs. 三重高(三重)
常葉菊川高(静岡) vs. 未定

今年から2回戦以降も抽選に替わったので、それはそれで楽しみなのですが、7日目第3試合の相手が未定なのも復活したのは・・・。なんででしょう。残念です。一応試合が終わるたびに抽選して決めていくようですので、早めに決まる可能性もありますが、最悪5日目の第1試合まで分からない可能性もあるってことですよね?
そんな枠を常葉菊川が引くとは・・・。どんな相手になるか、注目です。

東海勢は厳しい相手。大垣日大は開幕試合で有田工と。ここは互角以上で戦えるかな?
名電−聖光学院、三重−済美は厳しい相手ですね・・・。名電も三重もどれだけ点が取れるかでしょうね。

8日から始まります。

(追記)
それぞれ、日程である程度次の日程は決まってくる方式のようですね。7日目の第3試合以降の3校は初日の勝ったチームが入るらしい。
なんか抽選にする意味があるのか、良く分からない。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(向坂 昇)

向坂 昇(コウサカ ノボル)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

広告
記事検索
今後の観戦予定
10月15日
トヨタスポーツセンター
21日
東海大会
22日
未定
27日
東海大会
28日
未定
29日
未定
11月3日
入替戦
4日
市内県立大会
5日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ