コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2012年夏甲子園

大阪桐蔭、春夏連覇

大阪桐蔭3−0光星学院

ちょっと大阪桐蔭の力が抜けていましたね。まぁ藤浪君の控えで沢田君がいる時点で反則みたいなチームですよね。それでどこからでも一発が打てる打線。
光星は3季連続で決勝戦と機は熟した感じでしたが、優勝出来ず。今回はエースの金沢投手が地元青森でしたので、行けるかな?と思ったんですけどね。

藤浪君は桐光の松井投手が出てきたおかげで、話題が集中せずに返って良かったかも?

まぁなんにしても、春夏連覇。おめでとうございます。

ベスト4

大阪桐蔭(大阪)−明徳義塾(高知)
東海大甲府(山梨)−光星学院(青森)

この組み合わせだと東海大甲府に頑張ってほしいなぁ。まぁ順当にいけば大阪桐蔭−光星学院なんでしょうけど。

しかし大阪桐蔭は強いですね。ちょっと隙がないなぁ。

ベスト8出そろう

桐光学園(神奈川)−光星学院(青森)
大阪桐蔭(大阪)−天理(奈良)

東海大甲府(山梨)−作新学院(栃木)
明徳義塾(高知)−倉敷商(岡山)

注目は桐光学園−光星学院でしょうね。
今大会は松井君と大阪桐蔭、この大会って感じがします。

そこに光星が割って入るかどうか。

2日目は東海大甲府に頑張ってほしいよなぁ。やっぱり不祥事校は勝ってほしくない。

もう甲子園もあと4日。終盤ですね。

ベスト16出揃う

ベスト16が出そろいました。

光星学院(青森)−神村学園(鹿児島)
済々黌(熊本)−大阪桐蔭(大阪)
新潟明訓(新潟)−明徳義塾(高知)
倉敷商(岡山)−秋田商(秋田)

仙台育英(宮城)−作新学院(栃木)
桐光学園(神奈川)−浦添商(沖縄)
天理(奈良)−浦和学院(埼玉)
宇部鴻城(山口)−東海大甲府(山梨)

注目はやっぱり桐光学園でしょうか。今のところ松井君の大会になっていますね。浦添商との試合も純粋に楽しみです。

あと、東海大甲府がいい試合をしていますね。日程が詰まってくるのがどう響くか。

浦和学院も強いのですが、天理という相手が嫌らしい感じ。

大阪桐蔭、光星学院の東西の横綱が順当に勝ち上がるか。

今は一番面白いと言われる3回戦が始まりますね。

怪物

桐光学園7−5常総学院

22奪三振で注目された松井投手でしたが、対策を練ってきたであろう常総相手に、従来の記録と同じ19奪三振。しかも毎回奪三振。2試合で41奪三振。恐ろしいピッチャーですね。しかもまだ2年生。

映像で改めてみると、やっぱりまっすぐが速い。だから変化球も活きる。その変化球も一級品。すごいピッチャーです。
あとはほんとに体力と、故障に気を付けてほしいですね。

次は濱田を攻略した浦添商。ここも注目の対戦です。

明日でベスト16が出そろいます。

香川西−鳥取城北 観戦記(2012年愛知夏大会)

大会3日目8月10日の第4試合香川西−鳥取城北の観戦記です。
春にも出ていた鳥取城北相手に香川西がどういう試合をするかに注目しました。
4回終了までの観戦記です。

香川西
000000010|1 H11 E1
00030000X|3 H9 E1
鳥取城北

香川西
林、西坂−太田
鳥取城北
平田−木下
香川西の林投手は右のオーバーハンド。ステップの小さいフォーム。MAX137k
平田投手は右のオーバーハンド。MAX138k。

(試合経過)
1回表、先頭の太田がヒット。バント失敗のあと、3番大崎が2ベース。1死2,3塁も4番5番が連続三振。鳥取城北の平田が踏ん張ります。
4回表、1死から4番山本5番柳の連打で1死1,3塁。しかし6番西岡のバントが1塁ファールフライになり、1塁ランナー戻りきれずゲッツーに。
4回裏、2死1塁から5番川野のタイムリー2ベースで鳥取城北が先制。続く小林のタイムリー2ベース、7番木下のタイムリーで3点を先制。
ここで球場を後にしました。

結局4回裏の3点を鳥取城北が守った試合になりましたね。

香川西はなかなか甲子園で勝てません。香川西は全員県外の選手。こういう学校は他にもあるので、どうこういいませんが、やっぱり球場の後押しはなくなりますよね。(鳥取城北も13人県外ですけど)
そんな中、どこまでミスなく戦えるか。それが序盤でた分の試合結果だったと思います。

鳥取城北は甲子園初勝利。県勢の連敗もストップ。ここから勢いにのりたいところですね。
応援のすしくいねぇは雰囲気良かったです。

宮崎工−天理 観戦記(2012年夏甲子園)

大会3日目8月10日の第3試合に行われた宮崎工−天理の観戦記です。
天理相手に宮崎工がどこまで食い下がるかに注目しましたが、互角以上に戦いました。

宮崎工
000001000|1 H8 E2
00000210X|3 H6 E0
天理

宮崎工
長友−伊比井
天理
中谷、山本−舩曳
宮崎工の長友投手は左のオーバーハンド。MAX135k。コントロールのいいピッチャー。
中谷投手は左のオーバーハンド。ひじをかくして投げるピッチャー。MAX135k
山本投手は右のオーバーハンド。MAX145k。コントロールばらつく。

(試合経過)
3回表、2死2塁から2番清水がレフトへヒットも2塁ランナーはホームかなり手前でタッチアウト。
4回裏、1死2塁から3番綿世がライトへヒット。2塁ランナー一旦止まるも、ファンブルをみて再スタート。しかし、ホームにいいボールが返ってきてタッチアウトに。
5回裏、1死1、2塁のチャンスを活かせず。
6回表、2死1、3塁から4番伊比井がタイムリー。宮崎工が先制。
6回裏、ヒットとエラーなどで、無死2、3塁とし、3番綿世の1塁への内野安打と送球エラーで二者生還。天理が逆転。2−1
7回表、四球とヒットで無死1,2塁とするもバント失敗とゲッツーでチャンスを潰す。
7回裏、1死3塁から舩曳のスクイズ成功。3−1
8回表、2死から内野安打と四死球で満塁も6番が倒れ0点。
天理がそのまま勝ちました。
続きを読む

滝川二−北大津 観戦記(2012年夏甲子園)

大会3日目 8月10日第2試合、滝川二−北大津の観戦記です。
近畿勢同士の対戦。久しぶりの出場の滝川二がどんな試合をするかに注目して観戦しました。

滝川二
100030010|5 H10 E2
102100000|4 H11 E1
北大津

滝川二
佐藤−大杉
北大津
則本、櫻井−北川
投手成績
滝川二
佐藤(1) 9回 被安打11 三振5 四球2 失点4
北大津
則本(10) 8回1/3 被安打9 三振4 四球4 失点5
櫻井(1) 2/3 被安打1 三振0 四球0 失点0
佐藤投手は右のスリークォーター。やや3塁側に踏み出してクロスして投げ込みます。MAX131k
則本投手も右のスリークォーター。MAX136k
櫻井投手は右のオーバーハンド。少し体がサイドハンドのように沈んでから上から投げるピッチャー。

(試合経過)
1回表、四球で出た先頭の松尾を盗塁と犠打で1死3塁とし、3番藤川のスクイズ。滝川二がノーヒットで先制。
1回裏、2死2塁から4番北條がタイムリー2ベース。同点。
3回裏、2死2塁から3番東がタイムリー3ベース。3塁への返球が逸れてバッターランナーもホームイン。3−1
4回裏、1死1、3塁からスクイズ失敗も、滝川二がランダンプレーでエラー。ランナーホームイン。4−1
5回表、2死1、3塁からワイルドピッチで1点。2死1、2塁からセカンド後方の当たりを交錯して取れずタイムリー。更にボークで同点。
5回裏、2死から3番東の3ベース。4番北條の四球で1,3塁となるも、5番が倒れ0点。
8回表、1死3塁から犠牲フライ。滝川二が勝ち越し。
そのまま滝川二が勝ちました。
続きを読む

愛工大名電−浦添商 観戦記(2012年夏甲子園)

大会3日目8月10日第1試合、愛工大名電−浦添商の観戦記です。
愛知県大会決勝戦で試合終了の瞬間、明らかにホッとした顔を見せていた濱田投手。どこまで疲れが取れて本来のピッチングが出来るかに注目して観戦しました。

愛工大名電
000202000|4 H8 E3
02300010X|6 H7 E1
浦添商

愛工大名電
濱田−中村
浦添商
宮里、照屋、宮里−伊良波
投手成績
愛工大名電
濱田(1) 8回 106球 被安打7 三振6 四球2 失点6
浦添商
宮里(1) 4回0/3 61球 被安打5 三振0 四球0 失点2
照屋(10) 3回0/3 43球 被安打2 三振1 四死球5 失点2
宮里(1) 2回 25球 被安打1 三振0 四球0 失点0
濱田投手の投球に注目しましたが、フォームが愛知大会の終盤みせた、少しトルネード気味に投げるフォームから元に戻っていました。そこから中盤またトルネード気味にするなど・・・。本来の投球は出来ず仕舞い。MAX140k。
宮里投手は右のオーバーハンド。やや立ったフォーム。MAX141k
照屋投手も右のオーバーハンド。MAX147k。荒れ球。

(試合経過)
2回裏、先頭の4番宮里が右中間の一番深い所にソロホームラン。浦添商が先制。尚も1死1、3塁から8番喜瀬がスクイズ成功させ2−0
3回裏、先頭の東江がヒット。送ったあと、連続エラーで満塁。2死後6番呉屋が初球の変化球を捉えて走者一掃タイムリー3ベース。5−0
4回表、2死2、3塁から6番松井のショートタイムリー内野安打と送球エラーで2者生還。5−2
5回表、先頭の濱田がヒットで出たところでピッチャーを照屋に交替。9番中村のバントで2塁封殺。1番木村のゲッツーでチャンスを活かせず。
6回表、1死1塁から4番鳥居がタイムリー2ベース。さらに連続四死球で1死満塁。7番荒木の中飛でランナー動けず。2死満塁から8番濱田の死球で押し出し。5−4 9番中村が三振で同点ならず。
7回裏、2死2塁から2番大城のライト前に落ちるタイムリー。6−4
8回表、無死1塁でピッチャー交替、宮里。バント失敗などでチャンスを活かせず。
そのまま浦添商が勝ちました。
続きを読む

第94回高校野球選手権第6日目結果

智弁和歌山(和歌山)2−3神村学園(鹿児島)
鳴門(徳島)1−3済々黌(熊本)
大阪桐蔭(大阪)8−2木更津総合(千葉)
新潟明訓(新潟)6−1県岐阜商(岐阜)

済々黌の試合で、「ラストイニング」であったルールブックの盲点?のシーンがあったんですね。しかも、済々黌は知ってて狙ったというのがすごいと思う。

大阪桐蔭は快勝。やっぱり強いですね。

県岐阜商は完敗。序盤見たときに、力の差があると感じました。
東海勢2年連続初戦敗退にリーチがかかっちゃいましたね。

7日目カード

明徳義塾(高知)−酒田南(山形)
倉敷商(岡山)−松阪(三重)
秋田商(秋田)−福井工大福井(福井)
飯塚(福岡)−仙台育英(宮城)

第3試合の秋田商で全チームが出そろいます。

東海勢最後の砦、松阪が登場します。厳しい相手ですが・・・。
名電の濱田投手と同じように、本調子ではないといわれながら、県大会と勝ち抜いた竹内投手。そこから間が空いたことでどこまで疲れがとれて本来のピッチングができるか。注目されます。頑張ってほしい。

今治西−桐光学園 観戦記(2012年夏甲子園)

大会2日目8月9日第3試合、今治西−桐光学園の観戦記です。
大会前から好投手との呼び声の高かった松井投手のピッチングに注目したのですが・・・。とんでもない大記録となりました。

今治西
000000000|0 H2 E1
00113011X|7 H10 E0
桐光学園

今治西
伊藤、中内、石垣−曽我部、越智
桐光学園
松井−宇川
投手成績
今治西
伊藤(1) 3回2/3 75球 被安打3 四死球5 三振3 失点2
中内(6) 2回1/3 48球 被安打3 四死球2 三振2 失点3
石垣(10) 2回 23球 被安打4 死球2 三振1 失点2
桐光学園
松井(1) 9回 139球 被安打2 四球3 三振22 失点0
伊藤投手は左のオーバーハンド。MAX131k。立ち上がり四死球が多かった。
中内投手は右のスリークォーター。MAX138k
石垣投手は右のオーバーハンド。
桐光学園の松井投手は左のオーバーハンド。投球時にやや体が流れます。テンポが速く、カーブがめちゃめちゃキレます。MAX144k。2年生。

(試合経過)
1回裏、2死から3連続死球で満塁も6番が倒れ0点。
3回裏、2死3塁から4番植草がタイムリー。桐光学園が先制。
4回裏、2死1、3塁から1番鈴木拓がポテンヒットタイムリー。ここでピッチャー交替、中内。
5回裏、2死1、2塁から7番松井が3ラン。5−0
6回表、先頭の伊藤が粘って四球を選び、9番桧垣がセンターへ初ヒット。無死1,2塁とするも、ショートゴロで1死1,3塁から連続三振。唯一のチャンスを活かせず。
7回裏、ピッチャー交替、石垣。1死2塁から8番武がタイムリー。6−0
8回裏、2死2、3塁から6番田中がタイムリー。7−0
桐光の松井投手、22奪三振の新記録達成。
続きを読む

立正大淞南−盛岡大付 観戦記(2012年夏甲子園)

大会第2日目、8月9日第2試合、立正大淞南−盛岡大付の観戦記です。
花巻東の大谷投手を破って出場してきた盛岡大付に注目が集まりましたが、個人的には知り合いの母校である立正大淞南を応援しながら観戦していました。

立正大淞南
000200110001|5 H9 E1
100110001000|4 H13 E3
盛岡大付
(延長12回)
立正大淞南
山下−城本
盛岡大付
出口−千葉
立正大淞南の山下投手は左のオーバーハンド。MAX128k。小柄。
出口投手は左のオーバーハンド。MAX138k。ボールに力があるピッチャー。

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番二橋がタイムリー2ベース。盛岡大付が先制。
4回表、2死2塁から5番渡邊がレフトポール際に逆転2ラン。立正大淞南がリード。2−1
4回裏、1死1、2塁から7番小船がタイムリー。2−2
5回裏、2死3塁から4番二橋の5球目がワイルドピッチとなり盛岡大付が勝ち越し3−2
7回表、1死1、2塁から9番宇田がレフトへタイムリー。同点。
8回表、1死から4番椀田がライトへ勝ち越しソロホームラン。
9回裏、2死3塁から1番千田がタイムリー。土壇場で同点。
延長戦に入ります。
12回表、1死2塁から2番川崎がタイムリー3ベース。立正大淞南が勝ち越し。
12回裏、1死から1番千田が好走塁で2ベースに。しかし2番望月のセカンドライナーでランナーが戻らずゲームセット。
立正大淞南が延長戦を制しました。
続きを読む

第94回高校野球選手権5日目結果

龍谷大平安(京都)9X−8旭川工(北北海道)
成立学園(東東京)0−3東海大甲府(山梨)
2回戦
光星学院(青森)4−0遊学館(石川)

旭川工、惜しかったですね・・・。あとアウト一つだったとか。甲子園に勝つのは難しい、というか、難しくしちゃっているんだろうなぁ。

光星学院は快勝発進ですね。相手は険しいけど、日程的にはいいくじ引いているんですよね。
遊学館の応援が都市対抗っぽい選曲でした。王子製紙のチャンステーマを甲子園で聞くとは。

第6日予定
智弁和歌山(和歌山)−神村学園(鹿児島)
鳴門(徳島)−済々黌(熊本)
大阪桐蔭(大阪)−木更津総合(千葉)
新潟明訓(新潟)−県岐阜商(岐阜)

好カードが多いですね。
第1試合は初戦の屈指の好カードかな。

第3試合は大阪桐蔭が登場。骨っぽい相手との初戦となりました。

県岐阜商が初戦を迎えます。東海勢として初戦突破を果たしてほしいです。

第94回高校野球選手権4日目結果

高崎商(群馬)0−6浦和学院(埼玉)
日大三(西東京)1−2聖光学院(福島)
宇部鴻城(山口)5X−4富山工(富山)
佐世保実(長崎)5−3札幌第一(南北海道)
浦和学院が快勝。中盤までは高崎商も頑張ったんですけどね。
前年度覇者の日大三が破れました。まぁ甲子園まで直接返しに来ただけでもすごいですけどね。
富山工は惜しかったですね。打撃のチームという触れ込みは良かったのですが、守備も大事ということですね。

5日目カード
龍谷大平安(京都)−旭川工(北北海道)
成立学園(東東京)−東海大甲府(山梨)
2回戦
光星学院(青森)−遊学館(石川)

第3試合から2回戦に入ります。
光星学院が登場。遊学館との対戦は面白そうですね。

作新学院−佐久長聖 観戦記(2012年夏甲子園)

大会2日目、8月9日に行われた第1試合、作新学院−佐久長聖の観戦記です。
昨年も甲子園で見ている作新学院。その時のエース大谷投手は、今年3年生なのですが、地区予選でもほとんど投げずに、この日も登板なし。そんな作新相手に佐久長聖がどう食らいつくかに注目して観戦しました。

作新学院
000302400|9 H11 E4
301000100|5 H10 E2
佐久長聖

作新学院
筒井、水沼−高山
佐久長聖
五味、塩川、細谷−宍戸
投手成績
作新学院
筒井(10) 3回 51球 被安打7 四球0 三振2 失点4
水沼(18) 6回 58球 被安打3 四球0 三振3 失点1
佐久長聖
五味(1) 6回 90球 被安打8 四球1 三振2 失点5
塩川(10) 2回 40球 被安打3 四球1 三振3 失点4
細谷(11) 1回 8球 被安打0 死球1 三振1 失点0
作新の筒井投手は左のオーバーハンド。MAX135k
水沼投手は右のスリークォーター。上からとサイド気味からと投げ分けている。MAX139k
佐久長聖の五味投手は右のオーバーハンド。テンポコントロールがいい。MAX137k
塩川投手は左のオーバーハンド。MAX128k
細谷投手は右のオーバーハンド。MAX135k

(試合経過)
1回裏、先頭の上島が三振振り逃げで出塁。犠打と内野ゴロで2死3塁となり、4番寺尾がタイムリー。佐久長聖が先制。さらに5番板垣、6番小川が連続タイムリー2ベース。3−0
3回裏、1死3塁から6番小川がタイムリー。4−0
4回表、無死満塁からセカンドゴロの間に1点。1死1、3塁から8番山梨が2点タイムリー3ベース。4−3
4回裏、ピッチャー交替、水沼。
6回表、1死1塁から代打の吉田がライトへ逆転2ラン。5−4
7回表、ピッチャー交替、塩川。無死1、2塁から3番篠原がライトへ3ラン。更に無死3塁から犠牲フライ。9−4
7回裏、先頭の森井がレフトへソロホームラン。9−5
9回表、ピッチャー交替、細谷。
そのまま作新学院が勝ちました。
続きを読む

第94回高校野球選手権2日目3日目結果

佐久長聖(長野)5−9作新学院(栃木)
盛岡大付(岩手)4−5立正大淞南(島根)
今治西(愛媛)0−7桐光学園(神奈川)
杵築(大分)0−14常総学院(茨城)
浦添商(沖縄)6−4愛工大名電(愛知)
滝川二(兵庫)5−4北大津(滋賀)
天理(奈良)3−1宮崎工(宮崎)
鳥取城北(鳥取)3−1香川西(香川)

また、見た試合については観戦記を上げたいと思います。

杵築−常総学院については、足が地に付かないうちにやられちゃったのが残念でした。初出場の洗礼ですね。

あとは桐光学園の松井投手の偉業に立ち会えたのは幸せでした。甲子園での大記録への立ち合いは、杉内投手のノーヒットノーラン以来です^^

第4日目カード
高崎商(群馬)−浦和学院(埼玉)
日大三(西東京)−聖光学院(福島)
宇部鴻城(山口)−富山工(富山)
佐世保実(長崎)−札幌第一(南北海道)

前年度覇者日大三が登場。聖光学院との試合は面白そうです。
浦和学院も登場。近県対決となります。

甲子園に入りました。(第3日目)

0404a804.jpg今日も甲子園に入りました。

昨日よりも蒸し暑い。(-.-;)

甲子園に入りました。

6670e07f.jpg甲子園に入りました。

屋根下ですし、過ごしやすそうです。

第94回高校野球選手権1日目結果

常葉橘2−4福井工大福井
広島工4−6飯塚
仙台育英8−2佐賀北

常葉橘、工大福井の中部対決は福井に軍配。常葉橘をベスト8に指名していたのですが、いきなり外しました(笑)

佐賀北は優勝以来の出場でしたが、勝利ならず。仙台育英が強そうですね。

第2日目カード
佐久長聖(長野)−作新学院(栃木)
盛岡大付(岩手)−立正大淞南(島根)
今治西(愛媛)−桐光学園(神奈川)
杵築(大分)−常総学院(茨城)
第3日目カード
浦添商(沖縄)−愛工大名電(愛知)
滝川二(兵庫)−北大津(滋賀)
天理(奈良)−宮崎工(宮崎)
鳥取城北(鳥取)−香川西(香川)

この2日間甲子園に見に行ってきます。
純粋にいい試合が見れたらうれしいです。

ベスト8予想

一応ベスト8だけ予想しておきます。

【第1】 光星学院
【第2】 大阪桐蔭
【第3】 県岐阜商
【第4】 常葉橘
【第5】 佐久長聖
【第6】 桐光学園
【第7】 聖光学院
【第8】 旭川工

はっきりいって自信は全くないです。地元に甘い予想かも。その割に名電は入っていないという・・・。
どうしても夏に弱いイメージが抜けませんでした。浦添商に勝てるイメージが湧かなくて。

まぁ勝ち進んだら、ごめんなさいといいます。

結局2日目、3日目と見に行くことにしました。

第94回高校野球選手権組み合わせ決定

■第1日
常葉学園橘(静岡)vs.福井工大福井(福井)
飯塚(福岡)vs.広島工(広島)
佐賀北(佐賀)vs.仙台育英(宮城)

■第2日
佐久長聖(長野)vs.作新学院(栃木)
盛岡大付(岩手)vs.立正大淞南(島根)
今治西(愛媛)vs.桐光学園(神奈川)
杵築(大分)vs.常総学院(茨城)

■第3日
浦添商(沖縄)vs.愛工大名電(愛知)
滝川二(兵庫)vs.北大津(滋賀)
天理(奈良)vs.宮崎工(宮崎)
鳥取城北(鳥取)vs.香川西(香川)

■第4日
高崎商(群馬)vs.浦和学院(埼玉)
日大三(西東京)vs.聖光学院(福島)
宇部鴻城(山口)vs.富山工(富山)
佐世保実(長崎)vs.札幌一(南北海道)

■第5日
龍谷大平安(京都)vs.旭川工(北北海道)
成立学園(東東京)vs.東海大甲府(山梨)
2回戦
光星学院(青森)vs.遊学館(石川)

■第6日
智弁和歌山(和歌山)vs.神村学園(鹿児島)
鳴門(徳島)vs.済々黌(熊本)
大阪桐蔭(大阪)vs.木更津総合(千葉)
新潟明訓(新潟)vs.県岐阜商(岐阜)

■第7日
明徳義塾(高知)vs.酒田南(山形)
倉敷商(岡山)vs.松阪(三重)
秋田商(秋田)vs.第1日第1試合の勝者

開幕カードが常葉橘−福井工大福井で始まります。

愛工大名電は浦添商と対戦。結構厳しい相手ですね。沖縄勢は夏強いし。なんにしても濱田君のベストピッチが見たい。

県岐阜商は新潟明訓と。ここもいい勝負かな?

松阪は倉敷商と。ここも竹内君の本来の投球が見たい。

なんにしても、東海勢もいい勝負が出来そうな組み合わせですね。楽しみです。

とりあえず3日目は見に行こうかと考えています。

49代表が出そろいました。

【北北海道=旭川工】7年ぶり5回目 
【南北海道=札幌一】3年ぶり3回目 
【青森=光星学院】2年連続6回目 
【岩手=盛岡大付】4年ぶり7回目 
【秋田=秋田商】7年ぶり16回目 
【宮城=仙台育英】2年ぶり23回目 
【山形=酒田南】3年ぶり10回目 
【福島=聖光学院】6年連続9回目 
【群馬=高崎商】22年ぶり11回目 
【栃木=作新学院】2年連続8回目 
【茨城=常総学院】3年ぶり14回目 
【埼玉=浦和学院】4年ぶり11回目 
【千葉=木更津総合】4年ぶり3回目 
【東東京=成立学園】初出場 
【西東京=日大三】2年連続15回目 
【神奈川=桐光学園】5年ぶり4回目 
【山梨=東海大甲府】8年ぶり11回目 
【新潟=新潟明訓】2年ぶり7回目 
【長野=佐久長聖】10年ぶり5回目 
【富山=富山工】初出場 
【石川=遊学館】2年ぶり5回目 
【福井=福井工大福井】8年ぶり7回目 
【静岡=常葉橘】2年ぶり3回目 
【愛知=愛工大名電】5年ぶり10回目 
【岐阜=県岐阜商】3年ぶり28回目 
【三重=松阪】初出場 
【滋賀=北大津】2年ぶり3回目 
【京都=龍谷大平安】2年連続32回目 
【大阪=大阪桐蔭】4年ぶり6回目 
【奈良=天理】2年ぶり26回目 
【和歌山=智弁和歌山】8年連続20回目 
【兵庫=滝川二】13年ぶり3回目 
【岡山=倉敷商】2年ぶり10回目 
【広島=広島工】20年ぶり5回目 
【島根=立正大淞南】3年ぶり2回目 
【鳥取=鳥取城北】3年ぶり2回目 
【山口=宇部鴻城】初出場 
【徳島=鳴門】2年ぶり7回目 
【香川=香川西】4年ぶり4回目 
【愛媛=今治西】2年連続12回目 
【高知=明徳義塾】3年連続14回目 
【福岡=飯塚】4年ぶり2回目 
【佐賀=佐賀北】5年ぶり3回目 
【長崎=佐世保実】8年ぶり4回目 
【大分=杵築】初出場 
【熊本=済々黌(せいせいこう)】18年ぶり7回目 
【宮崎=宮崎工】52年ぶり3回目 
【鹿児島=神村学園】2年連続3回目 
【沖縄=浦添商】4年ぶり4回目 

49代表が出そろいました。春制覇の大阪桐蔭が本命でしょうけど、その通りになったりならなかったり、色々あるのが甲子園の面白いところ。
次は抽選が楽しみですね。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(向坂 昇)

向坂 昇(コウサカ ノボル)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

広告
記事検索
今後の観戦予定
10月15日
トヨタスポーツセンター
21日
東海大会
22日
未定
27日
東海大会
28日
未定
29日
未定
11月3日
入替戦
4日
市内県立大会
5日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ