コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2012年夏

愛知大会の改革を目指すなら・・・。

東海勢が甲子園で2年連続全滅。
相手関係もあるので、一概にはいえませんが、愛知高野連の方は何か改革が必要かも、というコメントが出ていました。

それなら、今年で言うなら平日開催を4日間(17日〜20日)だけ行いませんか?

今年の日程を21日以降、ベスト4の4校にあてはめてみると。

16日までに2回戦を消化。
21日 3回戦 (名電、東邦、豊田西)
22日 3回戦
23日 3回戦 (西尾東)
24日 4回戦 (名電、東邦、豊田西、西尾東)
25日 5回戦 (名電、東邦、豊田西、西尾東)
26日 準々決勝 (名電、東邦、豊田西、西尾東)
27日 休養日
28日 準決勝 (名電、東邦、豊田西、西尾東)
29日 決勝 (名電、東邦)

これを4日間平日開催を行うと。
16日までに2回戦を消化。
17日 3回戦
18日 3回戦
19日 3回戦
20日 4回戦
21日 4回戦
22日 5回戦
23日 5回戦
24日 休養日
25日 準々決勝
26日 休養日
27日 準決勝
28日 決勝
29日 予備日

これだけ日程に余裕が出てきます。 最後の準決勝、決勝は連戦で行うにしても、そこまでの試合は必ず1日は空く日程で組めます。それでも29日に予備日があるという。

名電の濱田投手ですら、5回戦の登板を回避した上で、21日(中2日)24日(中1日)26日(中1日)28日29日(連投)という登板でした。
これですり減るな、というのが無理だと思います。

もし、桐光の松井君クラスのピッチャーがいても、愛知大会のこの日程では、勝ち抜くのは不可能とはいいませんが、一人では無理となります。

大体、今年の3回戦で雨で流れた際に、元々2日間になっていた4回戦を1日で消化した高野連は、選手のことを第一に考えているとは思えません。

まずはそこから改める必要があると思いますが、ますは4日間だけでも平日開催を。これを提案いたします。

秋からの見どころ(2012年編)

この夏に見たチームで新チームとなる秋以降、個人的な見どころをピックアップします。
名電はこれから甲子園を控えますので、終わってから行います。

◆東邦
6原田 7三倉 9松井 13関根 14大平 15小川 17高木 18石田 20中村
三倉、石田投手の両投手と4番(松井)が残ります。この夏は三倉投手が3イニング、石田投手は未登板で終わりました。逆に疲れを残していないところがいい部分とも言えますが。9人選手が残って、新チームも作りやすそうに思います。秋は間違いなく本命です。

◆豊田西
5沓名 6大谷 8成瀬 12古名 15濱田 16立花 17黍野 18鈴木
2番大谷 5番濱田 6番成瀬が残ります。課題はピッチャーかな?主力は3人とも3年生だったし。まぁなんだかんだチームを作ってくる学校ですけど。

◆西尾東
10糟谷 11鳥居 14丹羽 19清水 20戸谷
19番の清水が出てたくらいかな?エースの畔柳投手しか見たことがないので、ちょっと分からないですね。

◆愛産大工
2神谷 11工藤 13森 14近藤 15平田 18西本
工藤投手が残ります。球の速さは関投手よりもあったように感じました。新チームのエースとしては県ナンバーワンを狙えるピッチャー。神谷捕手とのバッテリーが残るのは心強いですね。野手は分かりませんが、普通に強そう。

◆中京大中京
2本多 6山口 12板倉 13清水 15石田 18上田 19粕谷 20前畑
ピッチャーは東邦戦に投げた1年生の上田投手の成長待ちかな?上背はあるので、成長に期待。夏の2番3番とキャッチャーが残るので、ピッチャーがカギでしょうね。

◆国府
1川久保 5菅沼 10狩野 11村瀬 12山口 13仲川 14二橋 15北河 16鈴木 17金屋 18塚越 19彦坂 20宇野
この夏に主戦で投げたピッチャー、川久保君、菅沼君が2人とも残るので、秋は戦いやすいと思います。13人のベンチ入りメンバーが残るし、東三河の本命かも?

◆享栄
3恒川 5川嶋 11島中 12江崎 13村上 15寺西 20後藤
恒川投手が残ります。左ですし、安定感はあるピッチャー。クリーンアップのうち2人(恒川、川嶋)がいるし、ここが中心でしょうね。どこまで立て直せるか。

◆栄徳
2村上 4堀田 5山田 6臼田 7尾関 9高島 14橋本 17棚橋 18山田 19大内 20大野
レギュラーが多く残っています。ピッチャーは春の尾東大会で投げてた大内投手が入っていますね。1年ですし、これからの成長に期待でしょうか。

◆名城大付
2安藤 10太田 17水野 18遠藤 19鈴木隼 20伊藤
1年夏から入っていた安藤捕手がいるのが心強い。ピッチャーが抜けたのがどう出るかですね。

◆誉
1岡 4水谷 6山崎 7宮崎 11小山田 12宮路 13石井 14飛永 15佐藤 16小島 17吉田 18榊原 19加藤
多分、新チームでナンバーワン左腕となる岡投手次第。故障とかさえなければ、秋の躍進を期待されるチーム。
打撃もいい岡君が投打の中心になるかなぁ。秋のダークホース。

◆愛知啓成
2大谷 7地徳 11平岩 13奥田 15村田 17竹内 18成瀬 19堀田 20佐藤
新チームには多くの投手経験者がいます。だれが出てくるか。誰を柱にするか。手腕に期待。キャッチャーも残るのが大きいかな?堀田投手に期待しているんだけど。

◆刈谷工
1山口 3山村 7坂田 12曽川
エースの山口投手が残ります。3番4番も残ります。レベルの高い西三河で存在感を出すかも。

◆豊川
5中村 6久保田 7永坂 9岡本 10森口 17寺澤 20田中
森口投手の存在が大きいです。ボールに力がありますし、まっすぐの質がいいですからね。秋からも注目のピッチャーです。

◆横須賀
1山口 2稲垣 5村瀬 6相羽 19田村 20野々垣
バッテリーが残るので秋からも楽しみ。左腕である程度球威もありますからね。要注目チームかも?

◆日進西
2小出 3荒木 4田中 8今井 10井上 12大塚 17宮北
夏4回戦まで勝ち進んだメンバーが残っています。荒木選手はリリーフで投げていましたし。ここも秋注目チームです。

◆犬山
6高井 11立川 12上田 14中野 16柏木 17照井 18武蔵 19小西 20井上
立川、上田両投手が誠信戦で投げていました。上田投手がなかなか力があるので、楽しみです。

◆愛知
11赤澤 13加藤 14大竹 16井出 18久保 20原
夏に投げた赤澤投手が中心。夏までの2枚看板にどこまで迫れるか。

◆吉良
2鳥居 3辻浦 4佐藤 6近藤 10太田 12早川 13杉浦 16川端 17鈴木 18亀井 19黒野 20神谷
夏に投げた1年生の川端投手がなかなか楽しみ。ベンチ入りメンバーが多いので秋は面白そうです。

組み合わせも決まりましたし、いよいよ新チームが始まります。

福井商−工大福井 観戦記(2012年福井夏大会)

7月30日に行われた福井大会の決勝戦。福井商−福井工大福井の観戦記です。
過去2年同じ顔合わせでいずれも福井商の勝ち。
工大福井の3度目の正直なるか、に注目して観戦しました。

福井商
03010020100|7 H11 E0
00100500101|8 H15 E1
工大福井

福井商
中村文−門前
工大福井
菅原−真鍋
投手成績
福井商
中村文(1) 10回2/3 163球 被安打15 四球4 三振5 失点8
工大福井
菅原(1) 11回 181球 被安打11 四球7 三振12 失点7
中村文投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ速い。動かすボールが多く、打たせて取るピッチャー。コントロールがいい。
菅原投手は右のオーバーハンド。上から投げおろすピッチャー。コントロールは荒れ気味。球威で抑え込むタイプ。まっすぐはなかなか速い。

スタメン
福井商
8塩治 4湯口 7青山 3中川 9鰐渕 6輪違 2門前 1中村文 5梅田
工大福井
9菅野 6藤村 5上田 3山下 4馬場 7山本 8伊藤 1菅原 2真鍋

(試合経過)
1回表、1死から四球の後、3番青山4番中川の連打で満塁。しかし5番6番連続三振でチャンスを逃す。
2回表、2死1、3塁から2番湯口がレフトへタイムリー。さらに3番青山4番中川と3連続タイムリー。福井商が3点先制。
3回裏、2死3塁から1番菅野が右中間へタイムリー2ベース。3−1
4回表、1死2、3塁から前進守備のセカンドゴロが少しイレギュラーしてこぼす間に1点。4−1
6回表、工大福井の菅原が三者三振で斬って流れを変えます。
6回裏、先頭の菅野がヒット。送って1死2塁から3番上田がタイムリー。尚も連打で1死満塁から代打高家がタイムリー。セカンドゴロゲッツー崩れで1点。同点。2死1、3塁から8番菅原が左中間へ2点タイムリー2ベース。工大福井が逆転。6−4
7回表、2死満塁から7番門前が粘って8球目をセンターへ2点タイムリー。6−6
8回裏、2死から代打の大崎のイレギュラーヒットをきっかけに満塁に。しかし9番がライトフライで得点ならず。
9回表、先頭の青山が3ベース。4番中川が三振。1死3塁から代打山本がタイムリー。福井商が勝ち越し。7−6
9回裏、先頭の菅野が四球。送って1死2塁。四球で1死1,2塁。4番山下のゲッツー崩れで2死1、3塁。5番馬場の2球目がパスボールとなり同点。延長に入ります。
11回表、先頭の湯口が四球。送って1死2塁。2死1,2塁までいきましたが、6番が倒れ0点。
11回裏、先頭の9番真鍋がヒット。犠打のあと、2番藤村のヒットで2塁ランナーが3塁ストップ。3番上田を敬遠で満塁。4番が倒れたあと、5番馬場がレフトへサヨナラタイムリー。工大福井が最後の甲子園切符を手にしました。
続きを読む

福井大会決勝戦

a61865e3.jpg今日は休みだったので、唯一代表が決まっていない福井大会を見に来ました。

49代表決定を見届けます。^^
af810987.jpg球場に入りました。

スタンドがでかいです。

屋根下に入りました。

愛知代表は愛工大名電

愛工大名電3−2東邦
(延長11回)

愛工大名電は5年ぶり10度目の出場となります。

東邦の勝ちゲームでした。これを逃した要因はミス。それも同点に追いつかれた場面ではなく、そこまでのイニングでの牽制で刺されたり(2回)、バントを決められなかったり・・・。
そういう状況で最終回を迎えたので、やはり流れが東邦のすんなり勝ちにならなかった。そう思います。

濱田君の最後、終わった直後のホッとした顔がすべてを物語っていた気がします。
甲子園へ行くことは重圧がものすごくかかっていたと思います。そこから解放されたので、甲子園では、自分の為に精一杯投げてほしいな、と思います。

東邦は、この悔しさをばねにできるか。秋は本命になると思いますので、どう新チームにこの経験を活かすか。そこに注目です。

28日の結果

愛知大会
準決勝
東邦4−1西尾東
西尾東が先制して試合は面白くなったものの、結局西尾東はヒットが打てず、ノーヒットワンランとなりました。
畔柳投手は粘っていたんですけどね。力で押し切られた印象です。
でも西尾東初のベスト4の実力は見せたと思います。お疲れ様でした。

愛工大名電10−2豊田西(8回コールド)
豊田西も互角以上に戦っていたのですが、悔いが残るとすれば、6回、内野ゴロで終わっていたはずのゴロをこぼして満塁にしたところ。そのあとに走者一掃でしたからね・・・。この3点で実質決まっちゃいました。
濱田が調子を上げてきたのが好材料。

決勝戦
愛工大名電−東邦
愛工大名電は濱田、東邦は丸山の両エース対決になると思います。どちらのピッチャーが本来の力を発揮して抑えられるか。
好ゲームを期待したいところです。

岐阜大会
県岐阜商2X−1関商工
あまりにも、な最後幕切れでした。県岐阜商の気迫が産んだ、なんてきれいごとで済ますには、あまりにも気の毒なイレギュラー。昨日の中京戦といい、なんでこうも岐阜大会だと県岐阜商に運が味方するんでしょうね。
まぁなんにせよ、無念の関商工、中京の分までしっかり戦ってきてほしいです。

三重大会
松阪3−2いなべ総合
松阪の竹内投手が、松阪を初の甲子園に導きました。超進学校の甲子園。素直にすごいと思う。甲子園でどこまで通用するか、楽しみです。

地方大会も大詰めですね。明日もTV観戦します。

西尾東−東邦 TV速報

西尾東
010000000|1 H0 E4
00012001X|4 H8 E3
東邦

西尾東
畔柳−高須
東邦
堀江−柴田圭

1回表 2死から新福が四球で出塁も4番高須は痛烈な3塁ゴロ。
1回裏 1死から2番田中がヒットで出塁。3番桑山の三遊間のゴロをセカンド送球エラーでオールセーフ。4番松井の打席で牽制エラーで1死2,3塁。4番松井は四球で満塁。5番柴田圭、1邪。6番松本ライトフライで三者残塁。
2回表、先頭の鈴木がサード悪送球で2塁出塁。犠打で1死3塁。7番鈴木の初球スクイズを決めて西尾東が先制。1−0
2回裏、1死から8番原田が四球で出塁。犠打で2死2塁。1番柴田洋強い3ゴロで0点。
3回表、9番小林が1塁エラーで出塁。1番清水健がバスターエンドランも遊ゴロゲッツー。結局3人で終了。
3回裏、1死からセカンドナイスプレーでアウト。三者凡退。
4回表、三者凡退。
4回裏、先頭の5番柴田圭がレフトフェンス直撃の3ベース。6番松本の遊ゴロの間に1点。同点。2死から8番原田がヒット。2盗を仕掛けタイミングアウトもボールこぼしセーフ。9番堀江3飛で2塁残塁。1−1
5回表、三者凡退。堀江が良くなってきた。
5回裏、先頭の柴田洋がヒット。犠打で1死2塁。3番桑山見逃し三振。4番松井がライトオーバータイムリー2ベース。東邦が勝ち越し。5番柴田圭もレフトオーバータイムリー2ベース。6番松本投ゴロ。3−1
6回表、2死から2番清水裕が打撃妨害で出塁。3番左飛で0点。西尾東はいまだノーヒット。
6回裏、1死からサードゴロエラーで出塁。犠打で2死2塁。1番柴田洋四球。2番田中遊ゴロで0点。
7回表、先頭が四球で出塁。バントを小フライとなってわざと1バウンドさせてゲッツーに。結局3人で終了。
7回裏、2死から死球で出塁。6番松本がヒットで1,2塁。7番鈴木が中飛で0点。3−1
8回表、三者凡退。
8回裏、8番原田がヒットで出塁。9番堀江の犠打をエラー。無死1,2塁。犠打で1死2,3塁。2番田中の犠飛で1点。4−1
そのまま東邦が勝ち決勝進出しました。

愛工大名電−愛産大工 観戦記(2012年愛知夏大会)

7月26日に小牧球場で行われた準々決勝第2試合、愛工大名電−愛産大工の観戦記です。
不調と言われる名電の濱田投手に愛産大工打線がどこまで打てるかに注目して観戦しました。

愛工大名電
100100000|2 H7 E2
010000000|1 H9 E3
愛産大工

愛工大名電
濱田−中村
愛産大工
関、工藤、櫻本−神谷

投手成績
愛工大名電
濱田(1) 9回 140球 被安打9 四死球7 三振8 失点1
愛産大工
関(1) 6回 106球 被安打6 四死球4 三振1 失点2
工藤(10) 2回 35球 被安打0 四球2 三振2 失点0 
櫻本(11) 1回 17球 被安打1 四球0 三振0 失点0

濱田投手は左のオーバーハンド。最初投球練習を見た時はまぁまぁいい感じかな?と思いましたが、愛産大工にかなり合わされていました。5回くらいからまっすぐが来だした印象でした。
愛産大工の関投手は右のオーバーハンド。序盤は結構狙い打ちされている感じでしたが、3回くらいからボールが走ってきました。
工藤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはかなり速い。2年生ですが、球威があって楽しみなピッチャー。
櫻本投手は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。荒れ気味ですけど、それも持ち味かな。

スタメン
愛工大名電
4木村 5中野 6佐藤 3鳥居 9松岡(16) 7松居 8荒木 1濱田 2中村
愛産大工
9安藤 5小澤 4服部 7江森 8山本 3稲本 6真鍋 2神谷 1関

(試合経過)
1回表、1死1、3塁から1塁ランナースタート。キャッチャーからの送球が悪送球となりランナーホームイン。名電が先制。この時1塁ランナーは3塁狙ってタッチアウト。そこから4番鳥居5番松岡が連打でさらにチャンスを作ったものの、6番が倒れ1点どまり。
1回裏、1死から2番小澤3番服部が連打で1,2塁も4番江森がゲッツー。
2回表、2死2塁から1番木村のセンターへ抜けそうなあたりをセカンドが良く取って1塁へ。送球1バウンドも1塁手も上手くとってファインプレーでしのぎます。
2回裏、ヒットと四球2つで1死満塁。三振で2死満塁後、1番安藤がライトへタイムリー。同点。
3回裏、2死2塁から6番稲本が三遊間へショート内野安打も、2塁ランナーがオーバーランをしたところを冷静に見ていて三塁に投げてアウトに。
4回表、2死から8番濱田がセンターバックスクリーン右に打ち込むソロホームラン。名電が勝ち越し。2−1
5回裏、2死から打撃妨害の判定からエラー死球で満塁も、8番が倒れ0点。
7回表、ピッチャー交替、工藤。先頭の木村に四球。2番中野の犠打をサードが送球エラーで無死1,2塁。ここで3番佐藤をショートゴロゲッツー。4番鳥居を歩かせて5番松岡を内野ゴロでピンチをしのぎます。
8回裏、先頭の稲本が2ベース。7番真鍋が送れずスリーバント失敗。8番神谷四球の後、代打山田1番安藤が連続三振。ここは濱田がしのぎます。
9回表、ピッチャー交替、櫻本。1死から1番木村がセンターへのヒットを好走塁で2ベースに。2番中野のサードの頭を超えそうなあたりをジャンプ一番でキャッチしダブルプレー。
9回裏、1死から3番服部が四球。4番江森がヒットでつなぎ1死1,2塁。5番山本の3球目に素晴らしいスタートでダブルスチールを仕掛けるもバッターがライトフライを打ってしまい、ランナー釘付け。6番稲本が死球で2死満塁。7番真鍋のセカンドオーバーハーフライナーを名電木村がスーパーキャッチ。名電が辛くも勝ちました。
続きを読む

東邦−中京大中京 観戦記(2012年愛知夏大会)

7月26日に小牧球場で行われた準々決勝第1試合、東邦−中京大中京の観戦記です。
お互いに5回戦で薄氷の勝利を上げてきたチーム同士の対戦。私学4強対決で、お互いにブラバンやチアを総動員で決戦の雰囲気の中、試合が行われました。

東邦
000100701|9 H13 E0
000200000|2 H6 E1
中京大中京

東邦
丸山−柴田圭
中京大中京
伊藤、西岡、外薗、上田−本多
投手成績
東邦
丸山(1) 9回 117球 被安打6 四死球2 三振11 失点2
中京大中京
伊藤(1) 6回2/3 103球 被安打11 四球3 三振1 失点7
西岡(10) 1回 20球 被安打1 四球1 三振0 失点1
外薗(11) 1/3 1球 被安打0 四球0 三振0 失点0
上田(18) 1回 16球 被安打1 四球1 三振1 失点1
東邦の丸山投手は右のオーバーハンド。まっすぐはかなり速い。落ちる球を効果的に使っていました。春の至学館戦で見ています
中京大中京の伊藤投手は左のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。序盤からボールが高く結構捉えられていました。春の愛産大工戦で見ています
西岡投手は右のアンダーハンド。に変わっていて驚きました。まっすぐはあんまり速くない。1年生の秋の享栄戦で見て以来
外薗投手は左のサイドハンド。
上田投手は右のオーバーハンド。上背のある1年生。まっすぐはなかなか。変化球が課題。

スタメン
東邦
8柴田洋 5田中 3桑山 9松井 2柴田圭 4松本 7鈴木(16) 6原田 1丸山
中京大中京
9濱口(8) 6山口 8清水(13) 3武藤 5谷口 4栗岡 7河合 2本田 1伊藤

(試合経過)
1回表、先頭の柴田洋が初球をクリーンヒット。東邦は基本無死1塁は送ることが多い印象ですが、この日は強攻。しかし、外野フライでランナー進めず。盗塁で2死2塁としますが、4番が倒れ0点。
4回表、先頭の3番桑山がヒットで出るも、4番松井のバントがフライとなりゲッツー。そこから5番柴田圭がヒットで2死1塁。6番松本が左中間を破るタイムリー2ベース。東邦が先制。
4回裏、1死1塁から3番清水が右中間を破るタイムリー2ベース。2死2塁から5番谷口がタイムリー。中京逆転。2−1
7回表、先頭の8番原田がヒットで出て送って1死2塁。1番柴田洋が同点タイムリー。更に2死満塁から5番柴田圭が詰まりながらライトへ2点タイムリー。5番松本が左中間を破る2点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交替、西岡。2死1、2塁から8番原田が左中間を破る2点タイムリー2ベース。打者11人で7点を奪い一気に試合を決定的にしました。8−2
7回裏、先頭の6番栗岡が2ベース。代打の松本もヒットで続き無死1,3塁とするも、後続が続かず。
8回表、2死2塁でピッチャー交替、外薗。8−2
9回表、ピッチャー交替、上田。2死2塁から8番原田がタイムリー2ベース。9−2
そのまま東邦が勝ちました。
続きを読む

準々決勝結果

豊川3−6西尾東
西尾東が豊川に勝って、初のベスト4進出を果たしました。
享栄、豊川を破ってのベスト4ですから素晴らしい結果ですよね。しかも、某高野連のいじめのような4連戦を勝ち抜いて(相手の豊川もそうだったのは運があったかも?)のベスト4進出は素直にすごいと思う。
1日の休養日でどれだけ回復できるか分かりませんが、ここまで来たら全力で東邦にぶつかってほしいと思います。

誉3−10豊田西(7回コールド)
豊田西は2日連続の2ケタ得点。ここにきて打線が活発なのはいい傾向ですね。
名電の濱田投手に対してどこまで打線が打てるかがカギになりそうです。
誉は岡投手が崩れました。やっぱり連戦の疲れでしょうね。2年生なので、秋にダメージが残らないといいけど。
誉は初のベスト8。秋にはもっと上を目指してほしいです。

東邦9−2中京大中京
また観戦記にまとめますが、東邦は昨日の九死に一生のプレーで開き直ったかも知れませんね。
一度死んだ人間は強いものです。
中京大中京は、投手陣の弱さがそのまま試合結果につながりました。最後に投げた1年生の上田投手らがどこまで上がってくるかが、新チームのカギでしょうね。

愛工大名電2−1愛産大工
濱田投手はやっぱり本調子ではない。愛産大工はほんとに惜しかった。チーム力は上がっているので、この悔しさを2年生以下の選手たちはエネルギーに変えてほしい。
名電は最後のプレーが強さの秘訣なのかな?

28日の準決勝
岡崎球場
東邦−西尾東
愛工大名電−豊田西

私学4強vs西三河の公立の図式
第1試合は西尾東の畔柳投手がどこまで東邦打線を抑えられるか。
第2試合は濱田投手を豊田西打線が打てるか。

28日はTV観戦します。

小牧球場に入りました。

85fb6fe5.jpg覚悟はしてたけど、すごい人。

屋根下は確保出来ました。

国府−愛産大工 観戦記(2012年愛知夏大会)

7月25日に小牧球場で行われた5回戦第2試合、国府−愛産大工の観戦記です。
春に東海大会で1勝を上げるなど、充実著しい愛産大工に国府が挑む形。国府の若い投手陣がどこまで愛産大工に通用するかに注目して観戦しました。

国府
000000000|0 H2 E2
10001010X|3 H8 E0
愛産大工

国府
菅沼、川久保−佐々木
愛産大工
関−神谷
投手成績
国府
菅沼(5) 5回 61球 被安打4 三振1 四球2 失点2
川久保(1) 3回 46球 被安打4 三振0 四球0 失点1
愛産大工
関(1) 9回 128球 被安打2 三振8 四死球6 失点0
国府の菅沼投手は右のスリークォーター。サイドに近いフォーム。まっずぐはぼちぼち。コントロールは良さそうなピッチャー。2年生。
川久保投手は右のスリークォーター。丁寧に低めに投げて打たせてとるピッチャー。まっすぐはそこそこ。2年生。秋の東邦戦で見ています
関投手は右のオーバーハンド。春の豊田西戦で見て以来。ステップが小さくで投げおろす感じのフォーム。変化球のコントロールは良かった。

スタメン
国府
9大坪 6近藤 2佐々木 3池田 7辻田 5北河(15) 4大谷 1菅沼(5) 8小林
愛産大工
9安藤 5小澤 4服部 7江森 8山本 6真鍋 3稲本 2神谷 1関

(試合経過)
1回表、関がコントロールが定まらず、四死球3つ出し、1死満塁。5番辻田の打球は1塁右の抜けそうな当たりでしたが、1塁の稲本が上手く捌いてホームホースアウト。6番北河もショートゴロに抑えて、国府はチャンスを活かせず。
1回裏、2死1、2塁から5番山本の4球目にダブルスチールを仕掛け、キャッチャーから3塁への送球が悪送球。2塁ランナーがホームインし愛産大工が先制。
5回裏、2死2塁から1番安藤がセンターへタイムリー。2−0
6回、7回と2死2塁の形は作った国府でしたが、得点できず。
7回裏、1死3塁から3塁ランナースタート。スクイズでボールが1バウンドとなりバッターは空振りもキャッチャーも後逸。ランナーホームイン。3−0
そのまま愛産大工が勝ちました。
続きを読む

西尾東−享栄 観戦記(2012年愛知夏大会)

7月25日に小牧球場で行われた5回戦第1試合、西尾東−享栄の観戦記です。
西尾東は秋以降一度も見る機会がなかったチーム。菊華、安城学園、向陽らを破っての5回戦進出ということで、どんなチームかを楽しみでした。享栄はここ2試合、延長でやっとかっと勝ってきたチーム。スコアを見る限り内容が良さそうには見えませんでしたが、こちらもどんな感じかを見たくて観戦しました。

西尾東
000001002|3 H5 E0
000000000|0 H10 E2
享栄

西尾東
畔柳−高須
享栄
恒川−石原
投手成績
西尾東
畔(1) 9回 103球 被安打10 四球0 三振1 失点0
享栄
恒川(3) 9回 134球 被安打5 四球5 三振7 失点3

西尾東の畔謀蠎蠅榔Δ離好蝓璽ォーター。少し背中を見せて投げるピッチャー。まっすぐはなかなか。コントロールのいいピッチャーで無四球は見事。
恒川投手は左のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。オーソドックスなフォーム。無駄な四球が序盤特に多かった。2年生。春の刈谷戦で見ています

スタメン
西尾東
8久米(17) 6清水裕 7新福(16) 2高須 9高木 3三矢 5鳥山(15) 1畔法4小林
享栄
4山本 6廣間 5川嶋 7山村 1恒川(3) 8村上(13) 3伏見(16) 9峯 2石原

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番山村のセンターへ抜けそうな当たりをセカンドが飛び込んでとって1塁でアウトに。抜けていれば先制となったところでのビッグプレーでピッチャーを助けます。
2回表、2死1,3塁から1番久米のところで3球目にダブルスチールを仕掛けるも、享栄が冷静にホームでアウトに。
6回表、先頭の3番新福が2ベース。送って1死3塁。5番鈴木のあたりは強いピッチャーゴロ。これを体で止めて、ゴロゴーのランナーをホームでタッチアウトに。2死1塁から代走の猪飼が盗塁を決め2死2塁。6番三矢が空振り三振も投球が1バウンドなのでキャッチャーが1塁に送球するも、これが高く逸れて三振振り逃げとエラーとなり2塁ランナーがホームイン。西尾東が先制。
9回表、2死1、3塁から9番小林が浅めだったセンターの頭を超える2点タイムリー3ベース。3−0
9回裏、先頭の6番村上がヒットも、7番8番が倒れ2死。9番石原がヒットでつなぎ、1番山本に繋ぐも、センターフライに倒れゲームセット。西尾東が勝ちました。
続きを読む

豊田西−栄徳 観戦記(2012年愛知夏大会)

7月24日に岡崎球場で行われた第2試合4回戦 豊田西−栄徳の観戦記です。
シード校豊田西に栄徳が挑む形。途中までしか見れないのは分かっていたので、どちらが主導権を握って試合をするかに注目して観戦しました。
5回表までの観戦記です。

豊田西
200000100|3
000100000|1
栄徳

豊田西
長谷(11)、小川(1)−土屋
栄徳
斎藤(1)−村上

豊田西の長谷投手は右のオーバーハンド。初めて見ましたが体が大きく、球威もある。まっすぐはなかなか速い。ボールも重そうですし、こんなピッチャーがいるんだ、と驚かされました。ランナー出ると少し球威が落ちるかな。
斎藤投手は左のスリークォーター。まっすぐはそこそこ速い。ピンチで切れのいいボールを投げていました。春に瀬戸戦で見ています

スタメン
豊田西
7竹原 6大谷 4岩澤 3大池 5濱田(15) 8成瀬 9齊藤 1長谷(11) 2土谷
栄徳
9高島 3竹村 6臼田 7尾関 8小池 5青山(15) 1斎藤 2村上 4堀田

(試合経過)
1回表、2死から3番岩澤のサードゴロで送球が逸れて、1塁手がタッチに行った時にボールがこぼれてバッターランナー2塁へ。ここで4番大池が弾丸ライナーでレフトへ運ぶ2ラン。豊田西が先制。
2回表、2死2塁から9番土谷1番竹原の連続四球で満塁。2番大谷が2ゴロで得点ならず。
4回表、2死2塁から9番土谷がヒットも3塁ストップ。1番が倒れ0点。
4回裏、先頭の2番竹原がヒット。犠打とワイルドピッチで1死3塁となり、4番尾関のショートゴロの間に1点。2−1
5回表で球場を後にしました。
試合は豊田西が逃げ切った模様です。
続きを読む

名城大付−豊田工 観戦記(2012年愛知夏大会)

7月24日に岡崎球場で行われた第1試合4回戦、名城大付−豊田工の観戦記です。
名城大付鈴木投手、豊田工伊藤投手。お互いのエースの投げ合いに期待して観戦しました。

名城大付
100000500|6 H10 E0
000010000|1 H6 E1
豊田工

名城大付
鈴木順−安藤
豊田工
伊藤−石河
投手成績
名城大付
鈴木順(1) 9回 97球 被安打6 四球1 三振3 失点1
豊田工
伊藤(1) 9回 164球 被安打10 四球5 三振11 失点6
鈴木投手は右のオーバーハンド。少しサード側に足を出して投げるフォーム。コントロールが良く丁寧に投げるピッチャー。まっすぐはまぁまぁ。昨年秋の天白戦で見ています
伊藤投手は左のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ速い。コントロールが序盤はいま一つで特に真っすぐ系が決まらない。変化球の割合を増やして立て直しを図っていました。今年の春の東邦戦で見ています。

スタメン
名城大付
7鬼頭 8山田 3水野(17) 2安藤 5川合 9坂 6遠藤(18) 4伊藤(20) 1鈴木順
豊田工
7鳥田 6中林 1伊藤 3櫻庭 4中田(11) 9堀田 8高尾 5安藤 2石河

(試合経過)
1回表、1番鬼頭の1塁ゴロがベースカバー遅れで内野安打。2番山田もヒットで続き1,2塁。3番水野のバントが3塁封殺になりますが、4番安藤が四球で満塁。5番川合もストレートの四球を選び押し出し。名城大付が先制。尚もチャンスでしたが、6番7番連続三振で最小失点で切り抜けます。
2回表も8番伊藤、9番鈴木順の連打で無死1,2塁とするも、1番2番連続三振、3番外野フライで無得点。
4回裏、1死から2番中林が初ヒット。3番伊藤が2ベースを放ち、1死2,3塁とするも4番5番が倒れ0点。
5回裏、先頭の堀田の2ベースから1死3塁とし、8番安藤がタイムリー。同点。
7回表、1死から2番山田が四球を選び、3番の代打青山がヒットで1,3塁。4番を敬遠で歩かせて満塁。5番川合がここでタイムリー。6番坂もタイムリー。7番遠藤の初球にバッテリーエラーで加点。尚も1死2、3塁で遠藤のショートゴロエラー。1死1、3塁から8番伊藤のセカンドゴロの間に1点。名城大付が一挙5点。6−1
そのまま名城大付が勝ちました。
鈴木投手は97球で完投。丁寧なピッチングが光りました。
点数は開きましたが見事な投げ合いでした。
続きを読む

25日の結果と準々決勝の組み合わせ

享栄0−3西尾東
愛産大工3−0国府
誉7−2杜若
愛工大名電6−1名古屋国際
豊川3X−2名城大付
東邦4−3安城東(延長10回)
桜丘9−10中京大中京(延長11回)
豊田西11−5佐織工

安城東と桜丘は惜しかった。特に安城東は9回2死無走者までいって、ライトフライを転んでしまって3ベースとしての同点劇だったようで・・・。
魔物さん暴れすぎです。

桜丘も9回良く追い付きましたけど、一気にサヨナラ出来なかったあたりが中京の底力なんでしょうね。

26日準々決勝組み合わせ

岡崎球場
A豊川−西尾東
B誉−豊田西

小牧球場
C東邦−中京大中京
D愛工大名電−愛産大工

準決勝はA−C B−Dの組み合わせになります。

小牧がまた激混みの組み合わせになりましたね。しかし、この夏に見ていないチームが小牧に集まってしまったので、覚悟して小牧に行きます。

小牧球場着

21fa2e07.jpg今日は小牧球場に来ました。

2試合とも見ていく予定です。

暑くなりそうです。

佐織工−岩倉総合 観戦記(2012年愛知夏大会)

7月23日に小牧球場で行われた佐織工−岩倉総合の3回戦の観戦記です。
1回戦で1度見ている岩倉総合が3回戦進出。佐織工相手にどこまで迫れるかに注目しましたが、一方的になりました。

佐織工
41453|17
00000|0
岩倉総合
(5回コールド)
佐織工
平林(11)−橋本
岩倉総合
後藤(1)、袴田(8)、小田(11)−瀧下
佐織工の平林投手は右のサイドハンド。まっすぐはぼちぼち。テンポよく投げてフライを打たせていました。2年生。
岩倉総合の後藤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。オーソドックスなフォーム。2年生。
袴田投手は左のオーバーハンド。まっすぐはあんまり速くない。上から投げるフォーム。2年生。
小田投手は右のアンダーハンド。ちょっとボールが高くなったかな?
スタメン
佐織工
4山田 6藤田 5粥川 9家田 8加藤 7土屋 2橋本 1平林(11) 3杉山
岩倉総合
8袴田 6松久保 7犬童 2瀧下 3庄司 5森部 1後藤 4有我 9川出

(試合経過)
1回表、1死1、2塁から4番家田がレフトへタイムリー。5番加藤が三遊間を破るタイムリー。レフトが逸らす間に1塁ランナーもホームイン。ここでピッチャー交替、袴田。1死3塁から犠牲フライ。佐織工が4点先制。
2回表、1死2、3塁から投ゴロで3塁ランナー飛び出すも、好判断でホームおとしいれる。5−0
3回表、1死満塁から2番藤田が2点タイムリー。2死1、2塁から4番家田がタイムリー。5番加藤もタイムリー。ここでピッチャー交替、小田。9−0
4回表、1死1、3塁から1番山田がタイムリー。1死満塁から3番粥川が2点タイムリー。2死2、3塁から5番加藤がライト線へ落ちる2点タイムリー2ベース。14−0
4回終了時に球場を後にしました。
結局、17−0で佐織工が5回コールドで勝ちました。
続きを読む

愛知啓成−誉 観戦記(2012年愛知夏大会)

7月23日に小牧球場で行われた愛知啓成−誉の3回戦の観戦記です。
秋、春と投手力に不安がある啓成がどこまで整備出来たか、また誉の好投手の岡君がどういうピッチングをするかに注目して観戦しました。

愛知啓成
000000000|0 H2 E5
01203000X|6 H5 E0


愛知啓成
成瀬、平岩、渡木、野松−大谷

岡−加藤
投手成績
愛知啓成
成瀬(18) 2回1/3 34球 被安打4 三振1 四球0 失点3
平岩(11) 2回1/3 35球 被安打0 三振0 四死球3 失点3
渡木(10) 2回1/3 38球 被安打1 三振2 四球1 失点0
野松(1) 1回 20球 被安打0 三振2 四球0 失点0

岡(1) 9回 133球 被安打2 三振11 四死球2 失点0
愛知啓成の成瀬投手は左のオーバーハンド。やや立ち投げで腕の振りだけで投げるようなフォーム。まっすぐはあんまり速くない。2年生。
平岩投手は右のオーバーハンド。ひじの柔らかい投げ方。まっすぐはなかなか。2年生。
渡木投手は左のサイドハンド。まっすぐはぼちぼち。
野松投手は右のアンダーハンド。以前は右のスリークォーターだったのですが、とうとうアンダーになってました。
誉の岡投手は左のオーバーハンド。ややひじののびたフォーム。緩いボールも上手く使っていました。まっすぐで空振りも多く、伸びが感じられました。2年生。

スタメン
愛知啓成
8竹内(17) 7地徳 9浅井 3山本 4永山(6) 5村田(15) 6後藤(5) 2大谷 1成瀬(18)

8井上 5福岡 2加藤 3加納 7宮崎 9柴田 1岡 6山崎 4飛永(14)

(試合経過)
2回裏、2死3塁から7番岡がタイムリー。誉が先制。
3回表、1死から8番大谷がチーム初ヒット。9番成瀬の2球目に盗塁を決め1死2塁とするも、9番1番と倒れ0点。
3回裏、エラーで出たランナーを送って1死2塁とし、2番福岡が左中間を破るタイムリー2ベース。3番加藤もヒットを放ち、1死1、3塁となったところでピッチャー交替、平岩。4番加納の1塁ゴロゲッツー崩れで1点。3−0
4回表、1死から連続四死球で1,2塁。5番永山のセーフティバントをサードがナイスプレーで1塁をアウトに。結局6番が三振で得点ならず。
5回裏、四死球とエラーで1死満塁。2死後6番柴田が押し出し四球を選び4−0。ここでピッチャー交替、渡木。7番岡がセンターへ2点タイムリー。6−0
啓成は6回以降、一人もランナーを出せず。そのまま誉が勝ちました。
岡投手は、2安打11奪三振で完封勝利。
続きを読む

24日の結果と25日の試合予定

24日結果
4回戦
安城東5−0科技高豊田
中京大中京10−0千種(5回コールド)
半田2−4杜若
誉5−1半田工
豊田工1−6名城大付
豊田西3−1栄徳
豊川5−4岡崎城西
刈谷3−4享栄(延長11回)
至学館5−8愛工大名電
東邦5−2愛知商
国府3−0津島
高蔵寺0−2名古屋国際
桜丘7−3日進西
大同大大同3−5佐織工
西尾東5−3向陽
愛産大工7−0名古屋工

シード校が3校破れました。ここまで上がってくるチームは強いチームが多いですので、接戦が多いです。
一番驚いたのが佐織工が大同大大同を破ったこと。前日の岩倉総合戦を見て充実しているのはわかりましたが、大同を破るとは・・・。恐れ入りました。
かつての強かった佐織工が復活ですね。

至学館も序盤リードも踏ん張りきれず。浜田君が普通に点を失っているのが気になりますね。

25日のカード
5回戦
小牧球場
享栄−西尾東
愛産大工−国府

刈谷球場
誉−杜若
愛工大名電−名古屋国際

岡崎球場
豊川−名城大付
東邦−安城東

豊橋球場
桜丘−中京大中京
豊田西−佐織工

明日は小牧球場に行く予定です。

岡崎球場に入りました。

6caf92a8.jpg岡崎球場に入りました。

お客さんは少なめかな…。
みんな小牧に行ってそうですね。

第一試合の名城大付−豊田工は速報します。

23日の結果と24日の試合予定

至学館10−0惟信(5回コールド)
西尾東5−4安城学園
誉6−0愛知啓成
佐織工17−0岩倉総合(5回コールド)
豊川7−0天白(7回コールド)
愛知商12−2豊橋南(6回コールド)

3回戦が終了しました。西尾東−安城学園は期待通り接戦になりましたね。

これでベスト32が出そろいました。

24日試合予定

熱田球場
安城東−科技高豊田
中京大中京−千種

阿久比球場
半田−杜若
誉−半田工

岡崎球場
豊田工−名城大付
豊田西−栄徳

刈谷球場
豊川−岡崎城西
刈谷−享栄

小牧球場
至学館−愛工大名電
東邦−愛知商

豊田球場
国府−津島
高蔵寺−名古屋国際

豊橋球場
桜丘−日進西
大同大大同−佐織工

瑞穂球場
西尾東−向陽
愛産大工−名古屋工

小牧球場の第1試合は早くから事実上の決勝戦、という形で言われていました。第2試合の東邦−愛知商もあるので、小牧球場に集中しそうです。
でも他にも好カードはたくさん。
半田−杜若、豊田工−名城大付、豊田西−栄徳、豊川−岡崎城西、刈谷−享栄、高蔵寺−名古屋国際、西尾東−向陽は、どっちが勝ってもおかしくないカード。

僕は悩みましたが、岡崎球場に行こうと思います。

小牧球場に来ました。

b68fabe4.jpg予定通り小牧球場に来ました。

平日ということもあり、好カードですが、今のところお客さんは少なめです。

愛知啓成−誉は速報します。

刈谷工−千種 観戦記(2012年愛知夏大会)

7月22日、熱田球場で行われた第2試合、刈谷工−千種の観戦記です。
ややくじ運に恵まれての3回戦進出に思えた千種が刈谷工相手にどこまで戦えるか、と試合前には思っていたのですが、試合は見てみないと分かりません。千種のペースで試合が進みました。

刈谷工
000000020|2 H5 E1
000100002|3 H8 E1
千種

刈谷工
村松、山口、長谷川−片山
千種
相馬−蒔田
投手成績
刈谷工
村松(10) 3回2/3 47球 被安打2 四球1 三振3 失点1
山口(1) 3回1/3 46球 被安打3 四球1 三振1 失点0
長谷川(11) 1回2/3 33球 被安打3 四球1 三振1 失点2
千種
相馬(1) 9回 107球 被安打5 四球5 三振1 失点2

刈谷工の村松投手は右のオーバーハンド。変化球の切れがいいピッチャー。まっすぐはそこそこ。
山口投手は2年生。右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。2人は春の岡崎東戦で見ています
長谷川投手は右の斜め上に近いサイドハンド。まっすぐはそんなに速くない。丁寧に投げて打ち損じを図るピッチャー。
相馬投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。ボールを動かしたり、3種類くらいの速度差で打たせて取るピッチャー。手先が器用そうな印象。

スタメン
刈谷工
9日比 6池田 8坂田(7) 7山村(3) 2片山 3田中(13) 4伊藤 5株野 1村松(10)
千種
8足立 6古谷 1相馬 5井澤 9榊原 3梅崎(12) 7田中(11) 4三宅 2蒔田

(試合経過)
1回表、1死から四球とエラーで1,2塁も4番がショートゴロゲッツー。もらったチャンスを活かせません。
4回裏、1死2塁で5番榊原のレフトフライの捕球体勢を見て、2塁ランナーがタッチアップで3塁にナイスラン。ここでピッチャーを山口にスイッチ。しかし、6番梅崎がタイムリーを放ち、千種が先制。
5回、6回、7回といずれも四球で1人ずつは出るも活かせない刈谷工。
7回裏、1死からヒットと野選で1,2塁。送って2死2,3塁としますが、1番が倒れ0点。
8回表、先頭の9番ピッチャーに代打堀川を出し勝負に出る刈谷工。その堀川がヒットで出塁。1番日比が絶妙のセーフティバントを決め1,2塁。犠打で1死2,3塁のあと、3番坂田、4番山村に連続四球で押し出しとなり同点。5番片山が犠牲フライで刈谷工が逆転。2−1
8回裏、ピッチャー交替、長谷川。
9回表、2死2塁から9番長谷川がライトへヒット。2塁ランナーがホームを狙うも、きちっと中継プレーを決めてホームタッチアウト。追加点を阻みます。
9回裏、1死1,2塁からサードゴロゲッツーと思われたが、1塁きわどい判定がセーフに。1番足立を敬遠気味に歩かせて満塁。ここで2番古谷の2球目がワイルドピッチとなり同点。そしてその古谷がライトへサヨナラタイムリー。千種が逆転サヨナラで勝ちました。
続きを読む

瑞陵−桜丘 観戦記(2012年愛知夏大会)

7月22日に熱田球場で行われた第1試合、瑞陵−桜丘の観戦記です。
前日の雨で試合開始直前に中止となり、仕切り直しとなったこの日、夏の初戦となるシード校桜丘に対し、2試合勝ってきたアドバンテージを瑞陵がどう活かすかに注目しましたが、全く逆の展開となりました。

瑞陵
0000010|1 H4 E3
212013X|9 H15 E0
桜丘
(7回コールド)
瑞陵
成瀬、岩田−坂田
桜丘
榊原明、高津−水野
投手成績
成瀬(1) 5回2/3 90球 被安打14 三振1 四球1 失点9
岩田(9) 1/3 5球 被安打1 三振0 四球0 失点0
桜丘
榊原明(1) 6回 91球 被安打4 三振8 四死球4 失点1
高津(10) 1回 8球 被安打0 三振0 四球0 失点0
成瀬投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。スライダーは切れはあるもののこの日は全部高めに入っていました。
岩田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。2人とも秋の天白戦で見ています。
桜丘の榊原明投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。コントロールが安定していて、スライダーも切れていました。
高津投手は左のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。フォームはダイナミック。2人とも春の豊田西戦で見ています。
スタメン
瑞陵
3野村 6相澤 8中島 2坂田 7安江 5岡上 1成瀬 9笠井(18) 4細川(13)
桜丘
7鳥居 5小島 4林 2水野 9森下 1榊原明 8入山 3山口 6高部

(試合経過)
1回裏、1死2塁から3番林のショートゴロをエラー。センター方向に弾く間に2塁ランナーホームイン。更に1死2塁から4番水野がライトへヒット。ライトがもたつく間にホームイン。2−0
2回裏、2死1、3塁から1番鳥居がタイムリー2ベース。3−0
3回表、先頭の成瀬が初ヒットで出塁も、バント失敗、2死後盗塁失敗で3人で終了。
3回裏、先頭の3番林が初球をセンター前へ運び、4番水野がこれまた初球をレフト場外へ2ランホームラン。5−0
4回表、1死2塁、5回表、2死1,2塁とするも、瑞陵は得点できず。
5回裏、2死無走者からヒットの後、牽制時のエラーで3塁に行き、6番榊原明がセンターへタイムリー。6−0
6回表、1死1、3塁から4番坂田のセカンドゴロを1塁手が出すぎてガラ空きになり、記録タイムリー内野安打。6−1。尚も1死1,3塁でしたが、後続が倒れ1点どまり。
6回裏、1死1、2塁から3番林がタイムリー。2死1、3塁でピッチャー交替、岩田。1塁ランナー盗塁後、5番森下が2点タイムリー。9−1
7回表、ピッチャー交替、高津。3人で斬って、そのまま桜丘がコールドで勝ちました。
続きを読む

22日の結果と23日の予定

22日の結果
瑞陵1−9桜丘(7回コールド)
刈谷工2−3X千種
名城大付5−0名古屋南
国府2X−1岡崎商
岡崎城西8−1一宮(7回コールド)
杜若9−0名市工(7回コールド)
東邦7−2新城東
誠信7−11津島
愛産大工11−1名市工芸(6回コールド)
名古屋工8−3春日井工
大同大大同2−1春日丘
享栄3X−2豊橋中央(延長13回)
小牧2−6日進西
名古屋国際11−0横須賀(5回コールド)
半田3−0桜台
高蔵寺9−3刈谷北

結局シード校8校はすべて勝ちあがりました。やっぱり春の実績は伊達じゃないということですね。
享栄は辛勝。同点ホームラン、サヨナラヒットはいずれも主将の山本選手だったようです。
誠信に打ち勝った津島が見事ですね。

23日の試合予定
春日井球場
至学館−惟信
西尾東−安城学園

小牧球場
誉−愛知啓成
佐織工−岩倉総合

瑞穂球場
豊川−天白
愛知商−豊橋南

3回戦の残り6試合が行われます。

注目カードは西尾東−安城学園、誉−愛知啓成ですね。
誉−愛知啓成は見に行く予定です。

熱田球場に入りました。

a1de858f.jpg今日も熱田に来ました。

天気は怪しいですが今のところは大丈夫です。

相変わらず(毎年恒例)

雨による日程変更の発表があって、23日、24日の2日で予定されていた4回戦を24日に1日で消化すると発表。

これで、23日に3回戦を行う学校は、
23日 3回戦、24日 4回戦、25日 5回戦 26日 準々決勝 が確定。

今日試合やったところとの不公平感もさることながら、全国で勝つうんぬんよりも、日程消化を優先する姿勢は変わらず。

一言

愛知高野連さん、相変わらずですね

毎年思いますが、がっかりです。

21日結果と22日予定

半田工6−5東海南
栄徳8−5蒲郡
愛工大名電8−2中部大第一
刈谷1−0知立
豊田工5−1犬山南
安城東3−0大府東
三好4−6豊田西
豊明2−8科技高豊田
向陽5−3東郷
小坂井0−8中京大中京(7回コールド)

(雨天中止)
瑞陵−桜丘
刈谷工−千種
愛産大工−名市工芸
春日井工−名古屋工
半田−桜台
高蔵寺−刈谷北
東邦−新城東
誠信−津島
小牧−日進西
名古屋国際−横須賀

半分が雨で中止となりました。岡崎に行けば良かった・・・。

三好−豊田西は期待通りの熱戦だったようですね。シード校の豊田西が意地を見せました。
中京大中京は唯一のコールド勝ち。調子が上がってきたか?

科技高豊田が強いです。この快進撃は読めませんでした。

刈谷−知立は投手戦。知立は愛知を破った強さは本物だったみたいです。見たかった。

シード校は試合をしたところは初戦突破。向陽も危なかったようですが勝てて良かったですね。

22日試合予定
熱田球場
瑞陵−桜丘
刈谷工−千種

岡崎球場
名城大付−名古屋南
国府−岡崎商

刈谷球場
岡崎城西−一宮
杜若−名市工

小牧球場
東邦−新城東
誠信−津島

瑞穂球場
愛産大工−名市工芸
名古屋工−春日井工

豊橋球場
大同大大同−春日丘
享栄−豊橋中央

一宮球場
小牧−日進西
名古屋国際−横須賀

春日井球場
半田−桜台
高蔵寺−刈谷北

今日の予定だった熱田に行く予定です。

熱田球場

981d6345.jpg熱田球場に着きました。

雨が降っています。
残念ながら中止になりました。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(向坂 昇)

向坂 昇(コウサカ ノボル)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

広告
記事検索
今後の観戦予定
10月15日
トヨタスポーツセンター
21日
東海大会
22日
未定
27日
東海大会
28日
未定
29日
未定
11月3日
入替戦
4日
市内県立大会
5日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ