コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

社会人野球

小林クリエイト−パナソニックSUNX 観戦記(2020年軟式新春選抜リーグ戦)

1月30日にパロマ瑞穂球場で行われた小林クリエイト−パナソニックSUNXの観戦記です。
小林クリエイトはこの試合勝つか引き分けで優勝という中での試合でした。

小林クリエイト
000001000|1 H5 E1
000000000|0 H1 E1
パナSUNX

小林クリエイト
田中−古瀬
パナSUNX
東郷−隅元

(出場選手)
小林クリエイト
6浜崎 4葛西 6小杉 2古瀬 9大西 7世古口→坂乃下 5近藤 3濱元 D竹内
パナSUNX
8山田 2隅元 6柴山 9伊藤 5萩野 3池本 7赤野 D井戸 4白木

(試合経過)
3回表、先頭の濱元大希(豊川−愛産大)が2ベース。しかし9番の竹内達哉(愛産大工−星城大)が送りバントを失敗。後続も倒れ得点ならず。
4回裏、1死から4番伊藤裕貴(大府−中京大)がチーム初ヒット。5番萩野翔太郎(天理大)が送ってチャンスを作るも6番が倒れ0点。
6回表、先頭の9番竹内達哉がエラーで出塁。1死後2番葛西優宏(三好−日福大)の3塁強襲のタイムリー2ベースで小林クリエイトが先制。
9回裏、1死から死球で出塁も牽制でアウトに。後続も倒れ試合終了。
田中眞人が完封。小林クリエイトが30年ぶりの優勝を飾りました。

詳しい観戦記はこちら

パナソニックSUNX−GTRニッセイ 観戦記(2020年軟式新春選抜リーグ戦)

パナSUNX
0000000|0 H0 E2
030051X|9 H9 E0
GTRニッセイ
(7回コールド)

パナSUNX
朝野、西山、福野−隅元
GTRニッセイ
後藤−楠

出場選手
パナSUNX
6柴山 2隅元 8山田 7伊藤 5萩野 3池本 D井戸 9川良 4白木
GTRニッセイ
6松岡 8廣田 5大平 7清水 3田中 9原田→H森→9堀井 4前田 2楠 D林

(試合経過)
2回裏、無死1,2塁から6番原田知希(中京大)のバントでの送球が悪送球となり、2者生還。更に1死3塁から8番楠貴成(宇治山田商−中京大)の2ゴロの間に1点。3−0
5回裏、1死1,2塁でピッチャー交代、西山元識。1死満塁から5番田中雄也選手(東邦−東海大)の叩いた投ゴロが内野安打となり記録タイムリー。更に1死満塁から6番原田知希の2ゴロの間に1点。2死2,3塁から7番前田卓哉(中央学院大)の2点タイムリー。更に2死1,3塁から9番林冬樹(星城−星城大)がタイムリー。ここでピッチャー交代、福野佑亮。5点追加で8−0に。
6回裏、1死2塁から4番清水翔大(東邦−中部大−永和商事ウイング)がタイムリー3ベース。9−0
GTRニッセイが7回コールドで大勝。後藤隆希投手は7回参考ながらパーフェクトを達成。

詳しい観戦記はこちら

イスコジャパン−小林クリエイト 観戦記(2020年軟式新春選抜リーグ戦)

1月19日にパロマ瑞穂球場で行われた第1試合、イスコジャパン−小林クリエイトの観戦記です。イスコジャパンは今大会じっくり見るのは初めてでした。

イスコジャパン
000001000|1 H6 E1
00002300X|5 H5 E1
小林クリエイト

イスコジャパン
宮本、丸山−山口
小林クリエイト
八木、杉田−古瀬

投手成績
イスコジャパン
宮本 6回 9球 被安打5 四球1 三振3 失点5
丸山 2回 26球 被安打0 四球1 三振0 失点0
小林クリエイト
八木 7回 109球 被安打5 四球3 三振3 失点1
杉田 2回 26球 被安打1 四球1 三振1 失点0

出場選手
イスコジャパン
8森下 9野口 3小川→H近藤→3 D坪井 4吉田→5 5鈴木→4徳浪 6村田 2山口 7新垣→7藤木
小林クリエイト
8浜崎 4葛西 6小杉 2古瀬 9大西 D世古口 5近藤 3濱元→R竹内→3山口 7坂之下

(試合経過)
5回表、1死3塁から2番野口の投ゴロでホームを突くもタッチアウト。チャンスを逃します。
5回裏、1死2塁から7番近藤がレフトへ2ランホームラン。小林クリエイトが2点先制。
6回表、2死1,3塁から8番山口のタイムリー。2−1
6回裏、2死1,3塁から5番大西が打った瞬間の3ランホームラン。5−1
小林クリエイトが快勝しました。

GTRニッセイ−近藤産興 観戦記(2020年軟式新春選抜リーグ戦)

GTRニッセイ
01110321|9 H10 E2
00000200|2 H4 E1
近藤産興
(8回コールド)

GTRニッセイ
宮津、加藤−楠
近藤産興
鈴木、武次、高橋−竹馬、松前

出場選手
GTRニッセイ
4倉地→4柘植 8廣田 6松岡 7清水 5大平 9堀井 3田中 2楠 D前田→H林
近藤産興
4麻生 8森口→5 6加藤 3松前→2 7渡部 D吉田 2竹馬→8上戸 5山根→3 9福井

(試合経過)
2回表、2死2塁から9番前田卓哉(東邦−中央学院大−東海REX)がタイムリー。GTRニッセイが先制。
3回表、1死満塁から8番楠貴成(宇治山田商−中京大)の投ゴロで1点。2−0
4回表、1死1,3塁から4番清水翔大(東邦−中部大−永和商事ウイング)の投ゴロで1点。3−0
6回表、無死2塁でピッチャー交代、武次慶士。1死3塁から2番廣田修治(愛産大三河−九州共立大)がタイムリー。2死1,3塁から5番大平夏輝(東邦−立正大)が2点タイムリー3ベース。6−0
6回裏、無死満塁から4番松前友哉(愛産大工−四日市大)が2点タイムリー。更に無死満塁でしたが、6番吉田圭佑(名古屋国際)のホームゲッツーなどで2点止まりに。6−2
7回表、1死2塁から9番林冬樹(星城−星城大)がタイムリー3ベース。1番柘植翔平(愛産大三河)の内野ゴロで1点。8−2
8回表、2死1塁から6番堀井大輝(名城大)がタイムリー2ベース。9−2
8回コールドでGTRニッセイが勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

ニデック−小林クリエイト 観戦記(2020年軟式新春選抜リーグ戦)

ニデック
10100201|5 H8 E0
00200110|4 H11 E3
小林クリエイト
(8回時間切れコールド)

ニデック
三浦、堀田−遠藤
小林クリエイト
野村、青島、田中、杉田−古瀬

出場選手
ニデック
9山崎 6越智 8寺嶋 7白石 5高木克 3村瀬 D坪田 2遠藤 4泉
小林クリエイト
8浜崎 4葛西 6小杉 2古瀬 9大西 7世古口 5近藤 D濱元→R竹内→D 3山口

(試合経過)
1回表、2死2塁から4番白石達之介(岐阜工−中部大)がタイムリー。ニデックが先制。
3回表、無死3塁から2番越智竜弘(日体大)がタイムリー。2−0
3回裏、1死3塁から1番浜崎裕太(中部大春日丘−至学館大−福井ミラクルエレファンツ)の内野ゴロの間に1点。尚も2死1、3塁から4番古瀬雄大(岐阜聖徳学園高校)がタイムリー2ベース。2−2
6回表、1死3塁から6番村瀬恭大(土岐商−中部大)がタイムリー。1死1、2塁からゲッツー崩れにエラーが絡み1点。ニデックが勝ち越し。4−2
6回裏、先頭の古瀬雄大がソロホームラン。4−3
7回裏、2死3塁から2番葛西優宏(三好−日福大)のタイムリー。4−4
8回表、2死1、2塁から2番越智竜弘のタイムリー内野安打。5−4
ニデックが8回時間切れコールドで勝ちました。

フタバ産業−ニデック 観戦記(2020年軟式新春選抜リーグ戦)

フタバ産業
001000010|2 H5 E4
00301000X|4 H6 E1
ニデック

フタバ産業
野田、村瀬−松瀬
ニデック
辻本、浅川−高木翔

出場選手
フタバ産業
D光部 5服部 4豊田 7佐々木 9荒木 3白井 2松瀬 6小杉 8中西
ニデック
6越智 3坪田 8寺嶋 5高木克 9村瀬 4泉 D安細→H遠藤 2高木翔 7酒本

(試合経過)
3回表、1死1,2塁から1番光部がタイムリー。フタバ産業が先制。
3回裏、1死1,3塁から1番越智がタイムリー。更に2死満塁から4番高木克の2点タイムリー。ニデックが逆転。3−1
5回裏、2死1,3塁から5番村瀬がタイムリー。4−1
8回表、1死2,3塁から2番服部の内野ゴロの間に1点。4−2
ニデックが逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら

菊水化学工業−東郷製作所 観戦記(2020年軟式新春選抜リーグ戦)

菊水化学工業
000000001|1 H7 E0
00112000X|4 H7 E0
東郷製作所

菊水化学
三木、市川、石原−安影
東郷製作所
久保田、宮本−橋本

出場選手
菊水化学
5山中 2安影 6戸田 4村田 8冨依 D小塚 9西山 3川口 7鈴木
東郷製作所
6伊藤豪 9石井 8松田 4小代田 D手崎 5伊藤智 7岩崎 3瀬戸 2橋本

(試合経過)
3回裏、2死1塁から1番伊藤豪啓(土岐商−中部大)のタイムリー2ベース。東郷製作所が先制。
4回裏、2死1,3塁から7番岩崎魁(帝京可児−同朋大)がタイムリー。2−0
5回裏、1死2,3塁から3番松田竣也(至学館−東海学園大)の2点タイムリー。4−0
9回表、1死3塁から5番冨依昌浩(誠信)の犠牲フライ。4−1
東郷製作所が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

近藤産興−菊水化学工業 観戦記(2020年軟式新春選抜リーグ戦)

近藤産興
000050001|6 H6 E0
100020000|3 H8 E2
菊水化学工業

近藤産興
高橋、武次−三宅
菊水化学工業
増田、石原、小松−安影

出場選手
近藤産興
4麻生 5森口 6加藤 D松前 8渡部 3山根 9吉田 2三宅 7福井
菊水化学工業
6戸田 2安影 5山中 4村田 9冨依 D小塚 7西村 3米倉 8鈴木

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番村田(名城大)のレフト前に落ちるタイムリー2ベース。菊水化学工業が先制。
5回表、1死2,3塁から1番麻生(名経大)の2点タイムリー2ベースで逆転。ここでピッチャー交代、石原(天理大)。2死満塁から5番渡部(中京大中京−中京大)が走者一掃の3点タイムリー3ベース。打者9人で5点を上げ逆転。5−1
5回裏、1死1,3塁から9番鈴木(誠信)のタイムリー。2死3塁から1番戸田(大垣日大−中京学院大)のタイムリー3ベース。5−3
9回表、先頭の9番福井(同朋大)の2ベースから1死3塁として2番森口(中部大第一)の1ゴロの間に1点。6−3
近藤産興が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

小林クリエイト−豊田鉄工 観戦記(2020年軟式新春選抜リーグ戦)

小林クリエイト
000000200|2 H5 E1
000001000|1 H5 E0
豊田鉄工

小林クリエイト
小森、田中−古瀬
豊田鉄工
伊藤、長谷川、村松−吉村

出場選手
小林クリエイト
8浜崎 4葛西 6小杉 2古瀬 9大西 7世古口 5近藤 D濱元 3山口
豊田鉄工
8森 亮 4村田→R今村→9 5森元 3小川 7工藤 2吉村 9堀田→5 6安食→4 D奥村

(試合経過)
6回裏、1死2塁から4番小川(東邦−愛知大)のタイムリー2ベースで豊田鉄工が先制。1−0
7回表、1死から世古口(弥富−愛知東邦大)のヒット。続く近藤(愛産大工−愛産大)の2ランホームランで小林クリエイトが逆転。ここでピッチャー交代、長谷川(中部大春日丘−中京大)。2−1
小林クリエイトが逃げ切り。競り勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

2019年東海地区連盟ベストナイン

2019年の東海地区のベストナインが発表になりました。

投手 瀧中 瞭太(ホンダ鈴鹿) 25歳 初 龍谷大
捕手 柘植 世那(ホンダ鈴鹿) 22歳 ◆〃鯊膵盧
1塁手 沓掛 祥和(トヨタ自動車) 24歳 ◆〃椿翅
2塁手 青柳 直樹(ヤマハ) 30歳 初 専修大
3塁手 藤岡 康樹(ヤマハ) 24歳 初 東農大
遊撃手 前田 滉平(王子) 25歳  駒大
外野手 神鳥 猛流(王子) 25歳 初 中部大
外野手 福永 泰志(三菱自動車岡崎) 24歳 初 鹿児島実
外野手 大島 啓太(東邦ガス) 29歳 初 愛知大
指名打者 畔上 翔(ホンダ鈴鹿) 26歳 初 法政大

武田賞 近藤 均(王子) 29歳 関大
最優秀投手賞 仲井 洋平(三菱自動車岡崎) 29歳 慶應大
優秀投手賞 喜久川 大輔(JR東海) 27歳 関東学院大
新人賞 栗林 良吏(トヨタ自動車) 23歳 名城大
新人賞 中野 拓夢(三菱自動車岡崎) 23歳 東北福祉大

プロへ行くバッテリー、瀧中選手と柘植捕手はご褒美もあるかな。
新人賞の2人は来年ドラフト候補としても注目されそう。
沓掛選手は全国の方でも1塁手で選ばれました。打撃すごいからもっと注目されてもいいと思うけど・・・。

社会人ベストナイン
投手 須田 幸太 (JFE東日本) 33歳 初
捕手 片葺 翔太 (日本製鉄鹿島) 33歳 初
一塁手 沓掛 祥和 (トヨタ自動車) 24歳 初
二塁手 峯本 匠 (JFE東日本) 23歳 初
三塁手 原田 拓実 (日本生命) 28歳
遊撃手 諸見里 匠 (日本通運) 24歳 初
外野手 今川 優馬 (JFE東日本) 22歳 初
外野手 古川 昂樹 (大阪ガス) 26歳 初
外野手 茶谷 良太 (鷺宮製作所) 25歳 初
指名打者 内藤 大樹 (JFE東日本) 29歳 初

今川選手がベストナインに選ばれています。うれしいですね。来年はプロ行ってほしいな。

愛知県軟式野球新春選抜リーグの日程発表

IMG_20191216_094634

2020年1月に行われる愛知県軟式野球新春選抜リーグの日程が発表になりました。

出場チームは昨年と同じ10チーム。

GTRニッセイ、小林クリエイト、近藤産興、ニデック、イスコジャパン、フタバ産業、豊田鉄工、菊水化学工業、パナソニックSUNX、東郷製作所

前年はGTRニッセイが優勝。今年はどこが勝つか楽しみです。

この大会は来年3月に卒業する大学4年生が早くも出場するので、どこに新戦力として入社しているか見れるのが楽しみなんですよね。
寒いですが、無料で見れますし、中日スポーツが結果を大きく載せるので、注目されます。試合も面白いですし、レベル高いので、たくさん見に来てほしいですね。

2020年1月8日から大会スタートです。

日本通運−NTT東日本 観戦記(2019年日本選手権)

日本通運
420020100|9 H15 E0
000000000|0 H4 E0
NTT東日本

日本通運
和田−木南
NTT東日本
佐々木、熊谷、沼田、末永、大竹−保坂、高橋、池沢

(試合経過)
1回表、1死1,2塁から4番北川がタイムリー。5番稲川がタイムリー2ベース。1死満塁でピッチャー交代、熊谷。7番森松が押し出し死球。2死満塁から9番木南が押し出し四球。日本通運が4点先制。
2回表、2死満塁から7番森松が2点タイムリー。6−0
5回表、1死1塁から9番木南がレフトへ2ランホームラン。8−0
7回表、2死2塁から4番北川がタイムリー。9−0
日本通運が圧勝しました。

詳しい観戦記はこちら

ヤマハ−王子 速報

王子
010000002|3
20003200X|7
ヤマハ

ヤマハ
ナテル、池谷、波多野、九谷−東、高坏
王子
高橋、畑瀬、中内、中野−賀部、細川

1回裏、3番八幡、4番前野のタイムリー2ベースで2点先制。
2回表、1死満塁から8番大杉の犠牲フライ。2−1
5回裏、無死1、2塁から送りバントをピッチャーがサードへ送球も悪送球。ランナーホームイン。1死2、3塁から5番藤岡が2点タイムリー2ベース。5−1
6回裏、1死2、3塁から2番河野の2点タイムリー2ベース。7−1
9回表、宝島のタイムリーで1点返す。更に内野ゴロの間に1点。7−3
ヤマハが逃げ切りました。

三菱自動車岡崎−ホンダ 速報

三菱自動車岡崎
100000000|1
000000000|0
ホンダ

三菱自動車岡崎
大井、神原−清水
ホンダ
福島、田村、小野−辻野

1回表、1死2塁から3番中野のタイムリー。三菱自動車岡崎が先制。
三菱自動車岡崎が完封リレーで勝ちました。

東海理化 川脇投手勇退

東海理化の川脇投手が今年度限りで勇退するとツイートが流れてきました。

今年で36歳。高卒ですから18年目のシーズン。そういう決断は少しも不思議ではないのですが、今シーズンは見た時は毎回キレキレのボールが来ていて、ここ数年では一番良く感じる球を投げていて、しかも来年は立野投手が抜けるので、来年は少なくともやると思っていたので驚きました。

それでも、キレキレだったのは今年が最後と決めていたからかもしれませんし、立野投手がプロに指名されて、間違いなく投手陣は変わらなければならないタイミング。そこが辞め時、と考えたかもですね。

初めて川脇投手を見たのは、2008年の東京ドームでの都市対抗本戦、熊本ラークス戦でした。
この時で38年ぶりの都市対抗本戦だったんですよね。このころはまだ社会人野球見始めで、その重みが分かってなかったですが・・・。佐竹投手(トヨタ)が補強で投げてるってのも今となっては、ですね。同じ歳ですし。

自分にとって最後の観戦登板になった秋の選手権予選。見れて良かったな、と思います。

お疲れ様でした。


DSC_1102_1



ホンダ鈴鹿−東芝 観戦記

ホンダ鈴鹿
0001000|1 H6 E
2000006|8 H E0
東芝
(7回コールド)

ホンダ鈴鹿
瀧中、花城、柳澤、主島−柘植
東芝
近藤、福本、宮川−船木

1回裏、1死1,3塁から4番松本のタイムリー。更に1死1,3塁から5番吉田の犠牲フライ。東芝が2点先制。
4回表、先頭の3番長野が2ベース。進塁打で1死3塁から5番柘植のタイムリー。2−1
7回裏、1死1,2塁から2番小川が2点タイムリー2ベース。更にエラーと四球で1死満塁から5番吉田が走者一掃の3点タイムリー3ベース。ここでピッチャー交代、主島。四球で1死1,3塁から代打松永のセンターライナーでランナーが生還。東芝が7回コールドで勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

伏木海陸運送−王子 観戦記

伏木海陸運送
100000010|2
01002000X|3
王子

伏木
宮前、竹中−田中、水野
王子
横尾、中内、若林、中野−細川、横山

1回表、1死1塁から3番番場がタイムリー3ベース。伏木が先制。
2回裏、秦のホームランで同点。
5回裏、2死3塁から9番大八木のタイムリー2ベース、1番吉岡のタイムリーで勝ち越し。3−1
8回表、1死2塁から1番大野がタイムリー。3−2
王子が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

鷺宮製作所−日本生命 観戦記

鷺宮製作所
0000000|0 H3 E0
2001112|7 H13 E0
日本生命
(7回コールド)

鷺宮製作所
西村、長田、川畑、中川−長澤
日本生命
本田−田口

詳しい観戦記はこちら

JR西日本−王子 壮行試合 感想(観戦記)

JR西日本
201200000|5 H15 E0
010000020|3 H4 E2
王子

JR西日本
山下、湧川、西川、前元、佃−原田、石畑
王子
中野、中内、横尾、大宮−横山、細川、賀部

詳しい感想はこちら

三菱自動車岡崎−ヤマハ 観戦記

三菱自動車岡崎
001010000|2
100000000|1
ヤマハ

三菱自動車岡崎
仲井−清水
ヤマハ
近藤、九谷−東

1回裏、無死2塁から2番河野のタイムリー2ベース。ヤマハが先制。
3回表、7番小室が同点ホームラン。
5回表、2死3塁から9番冨澤がタイムリー。三菱自動車岡崎が勝ち越し。2−1
三菱自動車岡崎が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

東邦ガス−ホンダ鈴鹿 観戦記

東邦ガス
011000200|4
00004020X|6
ホンダ鈴鹿

東邦ガス
辻本、田中、屋宣−氷見
ホンダ鈴鹿
松本竜、平尾、瀧中−柘植

2回表、2死2塁から8番氷見のポテンタイムリー2ベース。東邦ガスが先制。
3回表、無死1、3塁から犠牲フライ。2死1塁でピッチャー交代、平尾。2−0
5回裏、1死2、3塁から1番安慶名がタイムリー2ベース。1死満塁でピッチャー交代、屋宣。3番長野のタイムリー。同点。4番畔上が2点タイムリー。4−2
7回表、1死1、2塁から4番若林のタイムリー2ベース。5番柴田の犠牲フライ。4−4
7回裏、2死2塁から3番長野のランニング2ランホームラン。6−4
ホンダ鈴鹿が日本選手権出場を決めました。

詳しい観戦記はこちら

東海理化−ヤマハ 観戦記

東海理化
0000020110|4
0004000001|5
ヤマハ

東海理化
立野、川脇−水野
ヤマハ
ナテル、池谷、水野、−東

4回裏、2死1、2塁から8番東がタイムリー。9番鈴木が3ランホームラン。ヤマハが4点先制。
6回表、1死2、3塁から9番水野がタイムリー。ここでピッチャー交代、池谷。1番大谷の犠牲フライ。4−2
8回表、2死満塁から2番齋藤のタイムリー。4−3
9回表、2死1塁から代打川上がタイムリー2ベース。2死1、2塁でピッチャー交代、近藤。4−4
10回裏、先頭の藤岡のサヨナラホームラン。ヤマハが勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

三菱自動車岡崎−JR東海 観戦記

三菱自動車岡崎
001100100|3
010010000|2
JR東海

三菱自動車岡崎
秋山、藤田、坂巻−清水
JR東海
喜久川、若林−牛場

2回裏、2死2塁から9番牛場がタイムリー。JR東海が先制。
3回表、1死1、2塁から2番豊住がタイムリー2ベース。1−1
4回表、2死2、3塁から9番冨澤がタイムリー。三菱自動車岡崎が逆転。2−1
5回裏、1死1、3塁から4番池田がタイムリー。同点。
7回表、1死3塁から3番中野の犠牲フライ。三菱自動車岡崎が勝ち越し。3−2
三菱自動車岡崎が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

永和商事ウイング−ホンダ鈴鹿 OP戦 感想(観戦記)

永和商事ウイング
000000000|0 H3 E1
00010100X|2 H6 E0
ホンダ鈴鹿

永和商事
高橋(3)、小川(4)、北野(1/3)、木山(2/3)−大川
ホンダ鈴鹿
松本竜(5)、福島(1)、柳澤(1)、主島(1)、花城(1)−柘植、長
※()はイニング数

詳しい観戦記はこちら

日本生命−NTT東日本 観戦記

日本生命
200000000|2
000010000|1
NTT東日本

日本生命
阿部−古川
NTT東日本
−保坂

1回表、2死1塁から4番越智がタイムリー2ベース。5番皆川のタイムリー。日本生命が2点先制。
5回裏、1死から7番喜納がソロホームラン。2−1
日本生命が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

トヨタ自動車−三菱自動車岡崎 観戦記

トヨタ自動車
000110012|5
000000200|2
三菱自動車岡崎

トヨタ自動車
栗林、川尻、佐竹−細山田
三菱自動車岡崎
仲井、白崎、藤田、大井、神原、坂巻−清水

4回表、1死から4番沓掛がソロホームラン。トヨタが先制。
5回表、2死1塁から9番八木のヒットにエラーが絡みランナー生還。2−0
7回裏、1死2塁から5番福永の初ヒットがタイムリー2ベース。更に2死2塁から7番堂がタイムリー3ベース。同点。ここでピッチャー交代、川尻。
8回表、1死1、3塁から3番樺澤がタイムリー。トヨタが勝ち越し。2死1、2塁でピッチャー交代、藤田。2死満塁でピッチャー交代、大井。3−2
9回表、無死1塁で神原が故障?しピッチャー交代、坂巻。1死2、3塁から1番逢澤がタイムリー。 更にワイルドピッチで1点。5−2
トヨタ自動車が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

クラブ選手権の代表は矢場とんブースターズ

三重高虎BC3−9矢場とんブースターズ
山岸ロジスターズ11−1三重高虎BC
山岸ロジスターズ2−5矢場とんブースターズ

予想通り山岸と矢場とんの一騎打ちになりましたが、矢場とんが中盤に追加点を取って振り切った形。

メットライフドームでのクラブ選手権(8月26日〜29日)に進出を決めました。

三重高虎BCも矢場とんには5回を終わって3−4と食らいついたんですけどね。山岸との試合結果と合わせると、やはり1枚落ちる形です。
クラブチームも各県に少しずつ増えて、レベルも上がってきています。企業チームもうかうかできないチームも増えてますので、今後も楽しみですよね。

矢場とんブースターズには、他の出れなかったチームの分も暴れて、日本一を勝ち取ってきてほしいですね。

ホンダ鈴鹿−東邦ガス 観戦記(感想)

ホンダ鈴鹿
000200000|2 H6 E0
01050000X|6 H10 E0
東邦ガス

詳しくはこちら

パナソニック−JR東海 OP戦 結果(観戦記)

パナソニック
000000010|1
00000130X|4
JR東海

感想などはコウスポにて。

三菱自動車岡崎−ホンダ鈴鹿 OP戦 感想(観戦記)

三菱自動車岡崎
100000200|3
00503103X|12
ホンダ鈴鹿

感想などはコウスポにて。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
 
Recent Comments
  • ライブドアブログ