コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2010年秋

愛工大名電−愛知 観戦記(2010年秋季愛知県大会)

9月26日に熱田球場で行われた準決勝第2試合、愛工大名電−愛知の観戦記です。
秋は実に昭和62年以来の秋ベスト4進出の愛知。名電にどこまで食らいつけるかと期待したのですが・・・。
6回表で帰ったので、そこまでの観戦記になります。

愛工大名電
3003121|10
0000000|0
愛知
(7回コールド)
愛工大名電
濱田−清岡
愛知
中島、本田−森

愛工大名電の濱田投手は1年生左腕。トルネード系のフォームから重そうな球を投げ込んできます。がっしりとした体格。まっすぐはなかなか速い。
愛知の中島投手は右のオーバーハンド。力投型のフォーム。まっすぐはまぁまぁ。ランナー出ると間合いが長かった。
本田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。コントロールがやや浮き気味。

(試合経過)
1回表、先頭の村山のすさまじい打球がサードを襲って、強襲ヒット。送って1死2塁から3番田中がタイムリー。更に4番大村もヒットを打って1、2塁とし、5番幸村がタイムリー。送球間に2,3塁に進んで、6番佐藤の1塁ゴロの間に1点。3−0
4回表、1死2塁から8番富沢がタイムリー。2死後1番村山がレフトポール巻く2ラン。6−0
5回表、2死2塁から6番佐藤がタイムリー。7−0
6回表、1死2,3塁から、2番木村のセーフティスクイズ、3番田中のタイムリーで9−0
愛知は3回に1死2塁、4回に内野安打2本でチャンスを作りましたが得点できず。
6回表で球場を後にしました。続きを読む

享栄、名電、東海大会進出

26日結果

享栄13−1豊田西
愛工大名電10−0愛知

どちらも大差となってしまいました・・・。

豊田西は中川君が疲れていたかな?
名電−愛知は観戦記をまた作りますが、チーム力が1枚も2枚も上手だったように感じました。

享栄、名電は東海大会進出が決定。豊田西と愛知は最後の切符をかけて10月2日に対戦します。

期間が空くのでうまく疲れを取って立て直したいですね。

愛産大三河−享栄 観戦記(2010年秋季愛知県大会)

9月25日に熱田球場で行われた第2試合、愛産大三河−享栄の観戦記です。
中京大中京に劇的な勝利を収めて勢いに乗りたい享栄が愛産大三河相手にどう戦うかに注目して観戦しました。

愛産大三河
100000000|1 H2 E2
30002002X|7 H11 E1 
享栄

愛産大三河
大西、三浦−加藤
享栄
杉本力、若尾、加納−古屋
投手成績
愛産大三河
大西(10)1回1/3 29球 被安打4 四球2 三振0 失点3
三浦(7)6回2/3 124球 被安打7 四球2 三振2 失点4
享栄
杉本力(1)7回0/3 122球 被安打2 四死球4 三振7 失点1
若尾(14)1回2/3 11球 被安打0 四球0 三振0 失点0
加納(10)1/3 5球 被安打0 四球0 三振0 失点0

愛産大三河の大西君は右のオーバーハンド。いいフィールディングもありましたが、ちょっとボールが高かった印象。
三浦君は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか速い。上背があり、ややかついで投げる感じのフォーム。ボールに力があり、一冬を越してもう一度見てみたいピッチャー。
享栄の杉本君はスライダーはさすがの切れ。6回くらいからへばっていました。
若尾君は落ち着きが出ました。中京大中京戦で最後踏ん張ったことで、相当自信をつけたな、と感じます。
加納君は右のオーバーハンド。緊張していました。

(試合経過)
1回表、1死3塁からショートゴロでホームを付いてクロスプレーでタイミングはアウトもボールをこぼしセーフ。愛産大三河が先制。1−0
1回裏、2死1、2塁から5番長谷川がタイムリー。更に6番佐野がセンターオーバー2点タイムリー2ベースで逆転。3−1
2回裏、1死1、2塁でピッチャー交替、三浦。ここはゲッツーで抑えます。
5回表に2死から四球とヒットで1,2塁にするも次打者が三振に倒れ久々のチャンスも活かせず。
5回裏、先頭の村田がヒット。3番杉本力の送りバントを悪送球で無死2、3塁となり、4番神鳥がセンターへ痛烈なタイムリー。更に5番長谷川のショートゴロゲッツ−の間に1点。5−1
8回表、先頭の大橋に四球を出したところでピッチャーを若尾に交代。ゲッツーとショートゴロで抑えます。
8回裏、2死1、2塁から9番山本が2点タイムリー2ベース。7−1
享栄が勝ちました。続きを読む

愛知啓成−豊田西 観戦記(2010年秋季愛知県大会)

9月25日に熱田球場で行われた第1試合、愛知啓成−豊田西の観戦記です。
どちらも打線に力がある。投手力は豊田西のが安定感があるので、豊田西がやや有利かな?と思っていましたが、二転三転する好ゲームとなりました。

愛知啓成
000102301|7 H15 E0
010020041|8 H13 E0
豊田西

愛知啓成
土本、野松−坂
豊田西
中川−土屋
投手成績
愛知啓成
土本(11)7回0/3 129球 被安打11 四球4 三振7 失点6
野松(10)1回2/3 50球 被安打2 四球3 三振1 失点2
豊田西
中川(1)9回 131球 被安打15 四死球2 三振3 失点7

愛知啓成の土本君は右のオーバーハンド。序盤は球威があったのですが、5回くらいから抜け球が増えていました。変化球を狙われるケースが多かった。
野松君は右のサイドハンド。ピンチでの登板は苦しかったですが、もう少しコントロールに安定感が欲しい。まっすぐはぼちぼち。
豊田西の中川君は右のアンダーに近いサイドハンド。テンポ速くコントロールがいい。序盤は手元で伸びていたのが慣れてくると捕まりやすいかな?まっすぐはぼちぼち。

(試合経過)
2回裏、2死2塁から8番中川が甘いスライダーを捉えてタイムリー。豊田西が先制。1−0
1回から3回まで、ランナーは出すものの得点出来なかった啓成でしたが、4回表、2死3塁から6番浅田がレフトへタイムリー。同点に追い付きます。
5回裏、1死から9番土屋がレフトへ勝ち越しホームラン。更に2死1、2塁から4番岩井がスライダーを捉えてタイムリー。3−1
6回表、1死2塁から6番浅田がレフトポール際に2ラン。同点。3−3
6回裏、1死から7番水津が3ベース。8番中川の3球目にスクイズを仕掛けるもキャッチャーファールフライになりランナー戻れずゲッツー。
7回表、2死無走者から2番熊崎3番野田の連打で1、2塁とし、4番大西がタイムリー。啓成が逆転。更に5番坂のライトへの当たり、ライトが惜しくも取れず2点タイムリー2ベース。坂は3塁でアウトになるも6−3と啓成が突き放します。
7回裏1死1塁から2番小川の時にエンドランもサードライナーとなりゲッツーとなる不運。
8回裏、先頭の小澤が2ベース。4番岩井が四球を選び、5番大村が技ありのヒットで無死満塁とします。ここで啓成はピッチャーを野松にスイッチ。しかし、カウント2−3から押し出し四球。7番水津がライトへ2点タイムリー。同点。2死1、3塁からダブルスチールを華麗に決めて豊田西が逆転。7−6
9回表、1死1、3塁から4番大西がタイムリー。7−7
9回裏、2番小川がヒット。3番小澤の四球、犠打で1死2,3塁。敬遠をして6番近藤勝負でしたがセンターに犠牲フライを上げてサヨナラ。豊田西が勝ちました。続きを読む

ベスト4出揃う

25日の結果
豊田西8X−7愛知啓成
享栄7−1愛産大三河
愛工大名電3−1中部大第一
愛知10−2小牧

熱田の2試合については観戦記をUPします。

名電−中部大第一は中部大第一が喰らい付いたものの及ばず。
愛知は小牧に7回コールドで貫禄を見せました。

26日のカード
熱田球場
享栄−豊田西
愛工大名電−愛知

愛知は久々のチャンス。名電にも喰らいつけると思う。頑張れ!!

享栄−豊田西は享栄が有利と思いますが・・・。豊田西打線が享栄の杉本君を捉えられるかですね。

第2試合を見に行けたらと考えています。

結局熱田球場にしました。

95415922.jpg悩んだあげくに気分や体調を考慮して熱田に来ました。

第一試合が楽しみです。

25日の試合予定

23日に予定されていた試合が順延。
球場が小牧⇒熱田、豊田⇒刈谷にそれぞれ変更になっています。

熱田球場
豊田西−愛知啓成
享栄−愛産大三河

刈谷球場
愛工大名電−中部大第一
愛知−小牧

もともと23日は小牧球場に行く予定でしたが、順延になったことで刈谷球場へ行く方向に気持ちが向いています。
愛知−小牧が見たいんですよね。

23日の試合予定

小牧球場
豊田西−愛知啓成
享栄−愛産大三河

豊田球場
愛工大名電−中部大第一
愛知−小牧

ベスト8は熱田が無いんですね。

小牧球場の第1試合はどっちが勝つか読みにくい試合。岡崎商との試合を物差しにすると豊田西のが強いという結論になるんですよね。
なんにしても好ゲームになると思います。
享栄−愛産大三河は享栄が地力では有利。
愛産大三河はどこまで享栄打線を抑えれるかですね。

豊田球場の第1試合は名電が有利とは思いますが、中部大第一も2試合連続完封。名電に名前負けしないように戦ってほしい。

第2試合は小牧が愛知にどこまで迫るか。小牧は21世紀枠の芽を出すには勝つ必要があると感じます。
愛知も久々の秋の進出。頑張ってほしい。

愛産大三河−大同大大同 観戦記(2010年秋季愛知県大会)

9月19日に小牧球場で行われた第2試合、愛産大三河−大同大大同の観戦記です。
愛産大三河は初見でしたので、どんなチームかな、と思いながら観戦しました。
時間が無くて5回終了までの観戦記になります。

愛産大三河
000000100|1
000000000|0
大同大大同

愛産大三河
大西(10)−加藤
大同大大同
鈴木(1)−坊野

愛産大三河の大西君は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。
大同大大同の鈴木君は右のサイドハンド。連投でしたが、うまく打たせて取っていました。

(試合経過)
続きを読む

中京大中京−享栄 観戦記(2010年秋季愛知県大会)

9月19日に小牧球場で行われた注目の私学4強同士の対戦、中京大中京−享栄の観戦記です。
名前以外は享栄のが上かな?と戦前は思っていたのですが、やはり接戦になりました。

中京大中京
010000150|7 H10 E0
01100042X|8 H17 E0
享栄

中京大中京
浅野、西岡、濱口−堀井
享栄
杉本力、若尾−古屋
投手成績
中京大中京
浅野(1)6回1/3 101球 被安打13 四死球4 三振2 失点6
西岡(13)2/3 10球 被安打2 四球0 三振0 失点0
濱口(11)1回 15球 被安打2 四球0 三振1 失点2
享栄
杉本力(1)7回0/3 108球 被安打5 四球2 三振9 失点4
若尾(14)2回 43球 被安打5 四球1 三振2 失点3

中京大中京の浅野君は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。ストライクは先行するものの、追い込んでから変化球で空振りが取れない。やっぱり下が使えてないように感じます。それ以上にメンタルでも自信を失っているのが伝わってきますね。冬で下半身を鍛えると同時に、もっと体を活かしたフォームを作ってほしいな、と感じます。
西岡君は右のスリークォーター。まっすぐはそこそこ。
濱口君は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ速い。ややアーム投げに見える。
享栄の杉本君は左のオーバーハンド。まっすぐはかなり速い。中盤から変化球が増えて、スタミナに不安があったことが良く伝わってきました。それでも多彩な変化球でうまく打ち取る技術も持っています。
若尾君は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか速い。テイクバック小さいフォーム。

(試合経過)
1回裏、1死2塁から3番杉本力のライトへのヒットをうまくライトが捌いて、1,3塁に止めました。これが次打者でゲッツーを呼び込み、0点で抑えます。
2回表、1死2、3塁から7番武藤の犠牲フライで中京が先制。1−0
2回裏、2死無走者から連打で1、3塁とし、9番山本がタイムリー。1番神谷もヒットを放つもホームタッチアウトで同点止まり。
3回裏、2死2塁から5番長谷川がタイムリー。享栄が逆転。2−1
中京は3回〜6回までノーヒットで抑え込まれます。
享栄は4,5,6と毎回得点圏にランナーを送るも、好守やゲッツーなどで追加点が奪えません。
7回表、振り逃げで得たランナーを送って1死2塁から6番栗岡がタイムリー。2−2と追い付きます。
7回裏、1死から3連打で満塁とし、6番佐野の高いバウンドのショートタイムリー内野安打で享栄勝ち越し。ここでピッチャー交替、西岡。7番古屋が初球を叩いてタイムリー。2死満塁から9番山本が2点タイムリー。享栄が一気に突き放します。
8回表、無死1、2塁で疲れの見えた杉本力から若尾にスイッチ。足で無死2,3塁として、2番藤浪がセカンドタイムリー内野安打。3番松本がタイムリー2ベース。4番堀井の犠牲フライで更に1点。2死2塁から6番栗岡が同点タイムリー3ベース。7番武藤の当たりをマウンドから降りてライトに入っていた杉本力が目測を誤りタイムリー3ベースに。中京逆転。7−6
8回裏、ピッチャー交替、濱口。1死3塁からサードゴロでホームを突くもやや中途半端な走塁でタッチアウト。万事休すを思われた2死1塁から4番神鳥が起死回生の逆転2ランを放ち、再びひっくり返します。
9回表、1死2、3塁で、3番松本のセカンドゴロでホームへ突っ込むも間一髪タッチアウト。4番堀井を三振に切って取って享栄が逃げ切り。享栄が勝ちました。続きを読む

誉−大同大大同 観戦記(2010年秋季愛知県大会)

9月18日に小牧球場で行われた第2試合、誉−大同大大同の観戦記です。
今年の春にベスト4と躍進し、シードを取った誉。秋も尾張で2位となり、シードを取っていたため、誉のが強いかな?と思ったのですが、大同大大同も地力のある高校で競った試合となりました。


000100000|1 H6 E1
10000002X|3 H12 E0
大同大大同


若杉翔、奥村−若杉省
大同大大同
鈴木−坊野

投手成績

若杉翔(10)3回 39球 被安打3 四球1 三振0 失点1
奥村(1)5回 85球 被安打9 四球1 三振1 失点2
大同大大同
鈴木(1)9回 129球 被安打6 四死球3 三振8 失点1

誉の若杉翔君は右のサイドハンド。腕を押し出すような投げ方。大きい体を活かせてないかな?球威がもっとほしい。
奥村君は左のオーバーハンド。安定感のあるサウスポー。まっすぐはそこそこ。打たせて取るピッチャー。コントロールはいい。
大同大大同の鈴木君は右のサイドハンド。まっすぐはそこそこ速い。右バッターには外の出し入れがうまい。まだ1年生ということで先が楽しみ。

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番杉村がライトへタイムリー。大同が先制。1−0
4回表、2死3塁から8番柴田が左中間破るタイムリー3ベース。1−1。尚もチャンスで代打奥村を送りますが打てず。そのままマウンドへ上がりました。
5回裏に、1死1,3塁、2死満塁まで攻めますが、0点。
6回、7回とチャンスを活かせない大同。誉も7回に先頭の柴田が2ベースも送りバント失敗もあって得点できず。
8回裏、2死2塁から7番加藤がセンターへヒット。少しもたついた分ホーム間に合わず。タイムリーで勝ち越し。更に8番坊野がライトオーバータイムリー2ベース。3−1と大同が勝ち越し。
大同が勝って3回戦進出です。続きを読む

津島−新城東 観戦記(2010年秋季愛知県大会)

9月18日に小牧球場で行われた第1試合、津島−新城東の観戦記です。
この日は朝から行くつもりだったんですが、見事に寝坊をしてしまい、球場に着いたら5回表が始まったところでした。
尾張地区を制した津島の戦いぶりに注目するつもりでしたらすでに大差が付いていました。

津島
4030042|13
0010040|5
新城東

津島
石原、古澤−坂井田
新城東
三宅、伊藤寛、清水−胡桃、道林

津島の石原君は右のサイドに近いスリークォーター。まっすぐはそこそこ。ややひじが突っ張った投げ方に見え、スタミナに課題があるかも。しっかり腕を振って投げた時はキレがあります。
古澤君は右のオーバーハンド。上背があってかなり上から投げるピッチャー。まっすぐはぼちぼち。
新城東は先発の三宅君は降板後でした。
伊藤寛君は右のオーバーハンド。上背があるピッチャー。
3番手の清水君は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか速い。

(試合経過)

続きを読む

19日の結果

愛知啓成5−4成章
菊華2−9豊田西
享栄8−7中京大中京
愛産大三河1−0大同大大同
渥美農0−3中部大第一
東邦1−4愛工大名電
愛知7−0杜若
津島9−×10小牧

ベスト8が出揃いました。

愛知啓成−成章は四死球が多い試合だったそうです。啓成は1点差ばかりですね。しぶといと見るべきなのか。

豊田西が強い勝ち方をしています。これは本物ですね。安定感は一番。

愛産大三河は投手戦を制しました。この試合は5回まで観戦してたので、おいおい観戦記を作るつもりです。

中部大第一が渥美農業に完封勝ち。これで2試合連続完封。名電戦も楽しみです。

東邦−名電は序盤から名電がペースを握った感じ。でもなぁ・・・。以下略

愛知が杜若にコールド勝ち。これは想定外。楽しみです。

小牧と津島はすさまじい試合ですね。津島はもったいない。小牧はたしか最近不祥事があった気がするので、21世紀枠はどうかなぁ。ベスト4まで行かないと厳しいかも。

次は23日に行われます。

小牧球場に来ました。

2e00712a.jpgさすが4強同士の対戦。出足が速い。
満員になるかな?

中京大中京−享栄は速報します。

18日の結果と19日の試合予定

18日の結果
享栄7−5愛産大工
三好2−6東
中京大中京6−4西尾東
愛産大三河9−2岡崎工
津島13−5新城東
誉1−3大同大大同
渥美農10−0一宮興道
愛工大名電7−6大府
名古屋国際2−3愛知
星城0−4中部大第一
杜若3−0岡崎城西
小牧6−5高蔵寺

享栄、中京大中京、愛工大名電は苦しみながら勝利。東邦は三好に快勝。
私学4強はそれぞれ勝ちましたが、この勝ち方がどう繋がるか。
渥美農が強いですね。
愛知は久々に上位進出なるか。
星城は中部大第一に負けました。打てなかったですね。

19日のカード

熱田球場
愛知啓成−成章
菊華−豊田西

小牧球場
享栄−中京大中京
愛産大三河−大同大大同

刈谷球場
渥美農−中部大第一
東邦−愛工大名電

豊橋球場
愛知−杜若
津島−小牧

私学4強同士のつぶしあいが2つ。注目ですね。
愛知啓成−成章も面白そうなカード。菊華−豊田西もいいカードです。

渥美農、津島、小牧の公立勢がどこが勝ち上がるか。これも面白そうです。
愛知は杜若に。相性良くないイメージがあるけど、どうかな?頑張れ。

18日の組み合わせ

熱田球場
享栄−愛産大工
三好−東邦

春日井球場
中京大中京−西尾東
愛産大三河−岡崎工

小牧球場
津島−新城東
誉−大同大大同

豊橋球場
渥美農−一宮興道
愛工大名電−大府

阿久比球場
名古屋国際−愛知
星城−中部大第一

刈谷球場
杜若−岡崎城西
小牧−高蔵寺

注目カードがたくさんあります。

熱田は2カードとも注目カード。
享栄−愛産大工は、杉本君をどこまで愛産大工が打てるかに注目。
三好−東邦は、三好のエース木俣君が東邦をどこまで抑えられるか。番狂わせもあると見ます。

春日井球場には中京大中京が登場。西尾東がどこまで食らいつけるか。
愛産大三河−岡崎工も、豊川を倒した岡崎工が愛産大三河にも迫れるか。

小牧球場には尾張地区で優勝した津島が登場。21世紀枠に向けても大事な戦いです。

豊橋球場も同じく東三河を制した渥美農が初戦。
愛工大名電−大府は、大府がどこまで戦えるか。

阿久比球場の2カードもどちらも接戦を予想。

刈谷球場は至学館を倒した小牧に注目です。

各球場に注目カードがちりばめられています。
僕は小牧球場に見に行く予定です。

津島北−愛知啓成 観戦記(2010年秋季愛知県大会)

9月12日の小牧球場で行われた第2試合、津島北−愛知啓成の観戦記です。
前日岡崎商に辛勝して2回戦に駒を進めてきた愛知啓成。津島北がどこまで食らいつくかが注目でしたが、意外な試合展開となりました。

津島北
002000000|2 H4 E1
00000120X|3 H6 E1
愛知啓成

津島北
古川−管野
愛知啓成
野松、土本−坂
投手成績
津島北
古川(1)9回 114球 被安打6 四死球3 三振1 失点3
愛知啓成
野松(10)6回 84球 被安打3 四死球3 三振5 失点2
土本(11)3回 27球 被安打1 四球0 三振3 失点0
津島北の古川投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。丁寧なピッチャー。
愛知啓成の野松投手は右のサイドハンド。まっすぐはそこそこ。序盤は外ばっかりの配球で変化球も多めでした。
土本投手は右のスリークォーター。夏の登板経験を持つだけに、やはり彼が主戦だと思います。まっすぐはかなり速い。スピードで押せるピッチャー。

(試合経過)
3回表、2死3塁から、2番、3番を連続四球で満塁に。ここで4番奥田が2点タイムリーを放ち、津島北が先制。2−0
4回までノーヒットだった愛知啓成は5回裏の先頭大西が2ベースでチャンスを作るも5,6,7番が凡退。
6回裏、2死3塁から2番熊崎がタイムリー。2−1
7回表、ピッチャー交替、土本。替わりっぱなヒットを許し、1死2塁とされるも、後続を抑えます。
7回裏、2死2塁から7番坂がタイムリー2ベース。同点。更に8番途中から入っていた小田がライトへ放ち、ライトが飛び込むも取れずタイムリー2ベース。逆転。3−2
8回裏、2死満塁のピンチを抑え、反撃を待ったが、土本を捉えられず、啓成が勝ちました。続きを読む

三好−碧南 観戦記(2010年秋季愛知県大会)

9月12日に小牧球場で行われた第1試合、三好−碧南の観戦記です。
西三河の強い公立の代表的な2校の対戦。新チームになってどんなチームかに注目して観戦しました。

三好
102000012|6 H12 E0
000000010|1 H5 E1
碧南

三好
木俣−加藤
碧南
三田、中尾−小西
投手成績
三好
木俣(1)9回 105球 被安打5 四球0 三振7 失点1
碧南
三田(11)5回1/3 69球 被安打8 四球2 三振2 失点3
中尾(1)3回2/3 49球 被安打4 死球1 三振3 失点3
三好のエース木俣君は右のオーバーハンド。1年生。まっすぐはなかなか速く伸びがあります。コントロールが良くて大崩れはしないピッチャー。
碧南の三田君はこちらも1年生。上背も結構あります。まっすぐはぼちぼち。ムービング系のボールを投げてたかな?
中尾投手は左のオーバーハンド。かなり1塁側に足を踏み出してクロスして投げます。まっすぐはそこそこ。

(試合経過)
1回表、1死2、3塁から4番木俣のタイムリーで三好が先制。1−0
2回表、先頭の7番加藤の2ベースから1死3塁としますが、セカンドゴロでホーム憤死。チャンスを逃します。
3回表、1死2塁から3番泉田がタイムリー。更に1死1、2塁から5番木村がタイムリー2ベース。尚も1死満塁からスクイズをしますが、P正面でダブルプレー。この回は2点どまり。
6回表、1死1、3塁でピッチャー交替、中尾。
8回表、1死3塁から6番安藤がタイムリー。4−0
8回裏、2死2、3塁からワイルドピッチで1点。4−1
9回表、2死2塁から3番泉田がライトへホームラン。6−1
三好が勝ちました。続きを読む

岡崎工−豊川 観戦記(2010年秋季愛知県大会)

9月11日に豊田球場で行われた第3試合、岡崎工−豊川の観戦記です。
事前の見所でも個人的に注目試合に指名していた試合。やっぱり見届けたくて、ハシゴ観戦をしました。

岡崎工
000001020|3 H7 E2
000000100|1 H7 E1
豊川

岡崎工
本山−近藤
豊川
小林、林、中島−長谷川
投手成績
岡崎工
本山(1)9回 127球 被安打7 四死球4 三振4 失点1
豊川
小林(1)5回2/3 96球 被安打3 四死球6 三振5 失点1
林(10)2回1/3 37球 被安打4 四球1 三振0 失点2
中島(14)1回 6球 被安打0 四球0 三振0 失点0
本山君は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。コントロールが安定しています。牽制がうまい。
豊川の先発の小林君は左のスリークォーター。まっすぐはぼちぼち。コーナーの投げ分けで打ち取るピッチャー。
林君は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ速い。やや荒れ気味。上背があります。
中島君は右のスリークォーター。まっすぐはまぁまぁ。

(試合経過)
1回はお互いにランナーを出すも0点。
4回表、岡崎工は先頭の中村が2ベース。しかし4番がバント失敗。後続も倒れ0点。
その裏、豊川も先頭の川上が2ベースで出るも、絶妙は牽制でタッチアウト。2死後、ヒットと2ベースで2,3塁となるも、6番が倒れもったいない攻撃となります。
岡崎工は5回に3つの四死球をもらうも、こちらも牽制アウトでチャンスを活かせず。
6回表、2死3塁から6番近藤がレフトへタイムリー。岡崎工がついに先制。尚も1、2塁になったところでピッチャー交替、林。ここは林が抑えます。
6回裏、1,2番で1死3塁の形を作るも、3番が浅いセンターフライ、4番松岡が敬遠気味で歩かされ、5番原田が倒れ0点。
7回裏、2死2塁から代打大見がライトへタイムリー。豊川が追い付きます。
8回表、1死2塁から7番金田がライト線へタイムリー2ベース。更に2死3塁から9番清水が三遊間にタイムリー内野安打。3−1と再び岡崎工が突き放します。
8回裏は1死2塁から4番松岡のショートライナーでゲッツー。
9回裏も1死1,2塁とするも、打てず岡崎工が逃げ切り。豊川を破りました!続きを読む

新城−菊華 観戦記(2010年秋季愛知県大会)

9月11日に小牧球場で行われた第2試合、新城−菊華の観戦記です。
菊華は夏からのエース木村君が残り、秋の注目校の一つ。そこに新城がどう挑むかに注目しました。
4回終了までの観戦記となります。

新城
000000000|0
10001030X|5
菊華

新城
原−鈴木祐
菊華
木村翔−奥田
新城の原君は右のオーバーハンド。テイクバックが大きい。結構球が速い。上背もあり、好投手。
菊華の木村翔君は左のオーバーハンド。こちらもまっすぐはなかなか速い。立ち上がりボール高めでしたが、すぐに落ち着きました。牽制がうまい。

(試合経過)
続きを読む

刈谷−天白 観戦記(2010年秋季愛知県大会)

9月11日に小牧球場で行われた第1試合、刈谷−天白の観戦記です。
21世紀枠の本命として大会に望んだ刈谷に地区予選を1位で抜けて、このところ名古屋の公立では1番手になりつつある天白が挑む一戦。
期待に違わぬ好ゲームとなりました。

刈谷
000001400|5 H8 E0
000000000|0 H3 E3
天白

刈谷
清水−北村
天白
乾−清水、瀬戸下
投手成績
刈谷
清水(10)9回 117球 被安打3 四球0 三振9 失点0
天白
乾(1)9回 140球 被安打8 四球5 三振5 失点5
刈谷の清水君は左のスリークォーター。背番号は10番ですが、夏の大会では1番を付けていて、初戦を任されるなどエース格。まっすぐはぼちぼちですが、スライダーが大小あって、ツーシームかな?コーナーに投げ分けてくるので、見た目以上に打ちにくいピッチャー。打球への反応もいいです。
天白の乾君は、右のオーバーハンド。テイクバック小さい。中日の浅尾に似ているフォーム。まっすぐはなかなか速い。荒れ球。

(試合経過)
1回表に、3番鈴木が四球で出た後盗塁を決め、相手の気が逸れた時に3塁も陥れて2死3塁にしましたが、4番の服部がちょっと打ち損じてライトフライ。
2回表は1死2,3塁でスクイズを仕掛けるもピッチャー正面で憤死。直後に盗塁失敗もあって無得点。
3回表も内野安打から四球とエラーで無死満塁となりますが、3番4番が倒れ、連続してチャンスを逃す。
天白も1回裏に1死から2番安藤の2ベースからチャンスを作るも得点できず。
2回裏は先頭の金森が3ベースも後続が倒れ0点。
3回裏も2死2塁から3番足道の痛烈なPライナーを清水がはたき落してアウトに。お互いにチャンスを活かせない序盤になります。
4回、5回とチャンスらしいチャンスがお互いなかったのですが、6回表、先頭の鈴木がヒット。ここで2盗、3盗を決め無死3塁とし、4番服部がセンターへタイムリー。刈谷が先制。尚も、盗塁や牽制エラーで無死3塁と攻めますが、スリーバントスクイズ失敗(三振)などもあって0点。1点で踏ん張ります。
7回表、2死3塁から2番大原がタイムリー3ベース。3番鈴木にもタイムリーが出て3−0。更に4番服部が詰まりながらレフトスタンドへ運んで2ラン。5−0と一気に勝負を決めます。
結局天白は4回以降、刈谷の清水にパーフェクトに抑えられ、刈谷が初戦を突破しました。続きを読む

12日の結果

12日の結果

星城6−0半田商
新城東6−3大成
愛工大名電5−0昭和
安城東3−10大府
三好6−1碧南
愛知啓成3−2津島北
岡崎城西3−2半田工
横須賀3−10成章
名古屋国際3−0豊田大谷
栄徳0−7豊田西
至学館3−5小牧
菊華2−1刈谷

一番の番狂わせは小牧が至学館を破ったこと。
小牧は夏からのメンバーが多く残り、注目校の1つでした。ただ、さすがに至学館に勝つのは厳しいかな、と思っていたんですけどね。畏れ入りました。

名電は昭和に勝ちました。ただ、バント野球を復活させたとか・・・。そこに戻って欲しくなかったなぁ。

横須賀は成章に完敗。桑原君は投げれなかったようですね。夏の時点でかなりダメージを受けている印象はありましたが・・・。まずは投げれるように戻して欲しいですね。

名古屋国際−豊田大谷は思ったとおりの結果。豊田大谷は・・・。厳しいですね。

栄徳−豊田西は豊田西の快勝。この秋の豊田西は力強さも感じさせる試合をしています。勢いにのりそうな試合ですね。

菊華−刈谷は期待通りの接戦。菊華はエースの木村君が力がありますからね。連投で抑えきったのは見事です。

大府は少し見誤ったかな?快勝しました。

次は18日ですね。

11日の結果と12日の組み合わせ

11日の結果

愛知商3−6成章
愛知啓成10X−9岡崎商
刈谷5−0天白
菊華5−0新城
栄徳9−0明和
享栄7−2大府東
弥富0−3西尾東
愛産大三河6−2桜丘
岡崎工3−1豊川
大同大大同6−2西春
津島東4−6一宮興道

愛知商−成章は成章が振り切りました。愛知商も一度は追い付いたみたいなんですけどね。
愛知啓成は絶対絶命のピンチから逆転サヨナラ勝ち。これを勢いにしたいところですけど・・・。懸念の投手力の弱さが噴出した試合ですよね。
刈谷は天白に苦戦しましたが、結局は快勝。次につながりそうな感じでした。
菊華−新城も意外にいい試合。4回終了までは見ていたので、刈谷−天白戦ともども観戦記はUPします。
享栄は苦戦しましたが終盤突き放しました。
弥富の凋落が止まりません。西尾東に完敗かぁ。

愛産大三河−桜丘のセカンド私学対決は愛産大三河に軍配。

岡崎工−豊川は期待していた通りの番狂わせ。これも観戦記はUPします。

12日カード

熱田球場
星城−半田商
新城東−大成

春日井球場
愛工大名電−昭和
安城東−大府

小牧球場
三好−碧南
愛知啓成−津島北

阿久比球場
岡崎城西−半田工
横須賀−成章

豊田球場
名古屋国際−豊田大谷
栄徳−豊田西

豊橋球場
至学館−小牧
菊華−刈谷

注目カードは、横須賀−成章が一番かなぁ。横須賀の桑原君に期待。
栄徳−豊田西も注目カード。菊華−刈谷も面白そうですね。

今日は小牧球場に行く予定です。

小牧球場に着きました。

b9690b65.jpg小牧球場に着きました。
刈谷−天白の試合は速報します。

結構暑くなりそうです。

秋季愛知県大会、明日開幕

11日のカード

熱田球場
(1)愛知商−成章
(2)愛知啓成−岡崎商
小牧球場
(1)刈谷−天白
(2)菊華−新城
阿久比球場
(1)栄徳−明和
(2)享栄−大府東
豊田球場
(1)弥富−西尾東
(2)愛産大三河−桜丘
(3)岡崎工−豊川
豊橋球場
(1)大同大大同−西春
(2)津島東−一宮興道

1日目から好カードが目白押し。
愛知商−成章は地力は成章のが上かもしれませんが、新チームになってまだ間がないですし、愛知商は地区をいい形で勝ちあがっていますので、五分とみます。
愛知啓成は、旧チームからの選手が多いですが、ピッチャーが少し弱い。打線がどこまでカバーできるか。岡崎商はエースが残り嫌な相手ですが、力を測るにはいい相手かも知れません。

小牧球場は刈谷が登場。21世紀枠の本命と去年の時点から言われているのが、プレッシャーになっているのか、苦戦している印象のある刈谷。天白は地区予選を1位で駆け上がり、勢いもあるので、苦戦も予想されます。本来の地力を発揮できるか。
豊田球場の3試合も好カード。
弥富−西尾東はこのところの弥富の低迷を思えば、西尾東が勝っても普通。弥富にもそろそろ目覚めてほしいですが・・・。
愛産大三河−桜丘は1回戦屈指の好カード。どっちも夏まではエースがいただけにどこまで投手力が整備できているか。
岡崎工−豊川も個人的に注目カード。豊川も絶対的エースが抜けてますので・・・。岡崎工はバッテリーが残ってなかなか良かった印象があるので、波乱も。

最初に小牧球場にいって刈谷−天白を見て、その後、豊田球場で岡崎工−豊川を見たいな、と考えています。

秋季県大会の展望

7日に組み合わせ抽選が行われて決定しました。

組み合わせはこちら(愛知高野連のサイト)

私学4強のうち2つしかベスト4に残れない組み合わせとなりました。
それだけでもどこが残るか分からない状態ですが、この秋は混戦が予想されますので、どうなるかほんとに分からない。

◆展望

Aゾーン(シード校は横須賀、豊田西)
横須賀のゾーンには成章、愛知啓成が入りました。ただ、どちらも初戦は骨っぽい相手。成章は愛知商と。なかなか楽しみな対戦になります。横須賀も桑原君がどのぐらい投げられるか。これで決まると思います。
愛知啓成も初戦の岡崎商が油断ならない相手。エースが夏から残っていますし。打線がどこまで投手を助けられるかでしょう。
桑原君が万全なら横須賀の進出もありだと思います。
豊田西のゾーンは刈谷、菊華、栄徳と入りました。刈谷の初戦の相手天白は、エースの森君が抜けてどうなるか、と思いましたが、堂々の予選1位抜け。好ゲームが期待できます。
菊華はエースの木村君がいて力があります。刈谷も21世紀枠を狙うには厳しい組み合わせになりました。
栄徳も夏に主戦格で投げていた角岡君が残っています。豊田西も初戦としては厳しい相手になりましたね。
ここは横須賀を推したいところですが・・・。何にしても横一線で面白いゾーンです。

Bゾーン(愛産大工、誉)
Aゾーン以上の激戦ゾーンになりました。
愛産大工は初戦が順当にこれば享栄。シードを取ったのに厳しい組み合わせになりました。杉本君擁する享栄は、監督も替わってどういう野球をやるか、すごく楽しみです。愛産大工は市大会優勝の勢いを持続できるか。
反対側には中京大中京がいます。3回戦で当たることになります。弥富−西尾東も何気の好カード。
誉のゾーンには実力校がずらり。愛産大三河−桜丘は初戦ではもったいないカード。豊川、大同といった学校もありますが、豊川−岡崎工がひそかに期待しているカード。岡崎工のバッテリーが夏見たときになかなかいいと思ったので・・・。番狂わせに期待。
誉は左の奥村君が残っていますので、どこまで彼が踏ん張れるか。正直こっちのゾーンはどこが出てきてもおかしくないです。
このゾーンは愛産大工、中京大中京、享栄の3校が有力と思います。思い切って享栄の復活を期待したいです。

Cゾーン(渥美農、東邦)
渥美農がシードを取ったことで注目されています。尾張の好チーム、津島東−一宮興道の勝者と初戦。面白そうな対戦です。
また反対側には星城、中部大第一が入りました。星城は旧チームのエース格が残っています木原君は伸び悩んでいるのかな?でもやっぱり注目校の一つです。
東邦のゾーンには愛工大名電が入りました。
昭和も見てみたいチームなんですが、ちょっと初戦に名電はくじ運が厳しいかな?
大府はあんまり期待していません。安城東にも苦戦するのでは、と思います。
順当にくれば3回戦で東邦−名電になります。このところは東邦のが分がいい感じですが・・・。名電の投手陣が経験を活かせるかが鍵でしょうね。力は五分だと思います。
星城に期待したいんだけどな。東邦、名電の勝者だとは思いますが。

Dゾーン(杜若、津島)
杜若のソーンには愛知、名古屋国際が入りました。愛知は夏のエース中島君が残っていますので期待しています。連投が効かない感じでしたが・・・。名古屋国際−豊田大谷も往年なら豊田大谷なんですが、名古屋国際のが強いと思います。
愛知−名古屋国際は面白そうな対戦ですね。
津島のゾーンには至学館が入りました。津島が予選でいい勝ち方をして勢いに乗っていたので、期待したいところですが。。。
3回戦は順当に来たら至学館−津島の対戦かな?やっぱり至学館のが強そうに感じますが・・・。
ここは愛知を推したいんですが、名古屋国際がするするときそうな気がします。

ま、秋はまだ見てないチームが多く、今年はどこも決め手が無いので、分からないですね。11日から始まります。楽しみですね。

中京大中京−東邦 観戦記(2010年秋季名古屋地区2次T)

8月26日に春日井球場で行われた第1試合、中京大中京−東邦の観戦記です。
新チームになってからは初見の両チーム。特に夏はレギュラーがすべて3年生だった東邦がどういうチームかに注目して観戦しました。

中京大中京
010100100|3 H10 E0
200000002|4 H11 E0
東邦

中京大中京
渡部、西岡、濱口−武藤
東邦
渡邊、藤田、堀江−飯田
投手成績
中京大中京
渡部(10)5回 95球 被安打5 四死球5 三振2 失点2
西岡(14)3回1/3 60球 被安打5 四死球2 三振1 失点2
濱口(4)0/3 3球 被安打1 四球0 三振0 失点0
東邦
渡邊(18)4回 57球 被安打6 四死球4 三振1 失点2
藤田(11)4回 52球 被安打3 四球2 三振2 失点1
堀江(10)1回 14球 被安打1 四球0 三振0 失点0
中京大中京の先発の渡部君は左のオーバーハンド。テイクバックが小さく隠して投げる。まっすぐはぼちぼち。フライアウトが多い。
西岡君は右のサイドに近いスリークォーター。まっすぐはそこそこ。
濱口君は右のオーバーハンド。ややアーム投げに見えます。
東邦の渡邊君は左のサイドハンド。まっすぐはそこそこ。ゴロを打たせるピッチャー。
藤田君は右のサイドハンド。まっすぐはそこそこ速い。球威で抑え込むピッチャー。ボールがやや高かった。
堀江君は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。まとまっているピッチャー。

(試合経過)
1回裏、2死満塁から6番林が10球粘って押し出し四球を選び先制。7番里園がタイムリー。2点を東邦先制。
2回表、1死1、3塁から8番渡部がスクイズを決め2−1。
4回表、2死満塁から1番川本の頭に死球。押し出し。川本は問題なくランナーへ。2−2
7回表、1死1、3塁から5番谷口がライトへタイムリー。中京が勝ち越し3−2
9回裏、1死1、3塁から代打畑がしぶとくショート後方に運びタイムリー。ここでピッチャー交替、濱口。7番里園がサヨナラタイムリー。東邦が逆転サヨナラで勝ちました。続きを読む

一宮興道−小牧南 結果(2010年秋季尾張2次T)

8月24日に行われた県大会出場決定戦。一宮興道−小牧南の結果です。

一宮興道
001002201|6
010000100|2
小牧南

球場に着いたら9回表の一宮興道の攻撃中でしたので結果のみ。

9回表、1死満塁から犠牲フライ。

一宮興道のエース中村君、右サイドハンド。なかなか球威ある。ヒジが伸びたまんま投げる感じですが、打ちにくいピッチャーかも。

一宮興道が勝ち、県大会進出を決めました。

豊田西−岡崎商 観戦記(2010年秋季西三河2次T)

8月24日に豊田球場で行われた第2試合、豊田西−岡崎商の観戦記です。
お互い県大会出場を決めた後の試合。新チームとして見るのは初めてですし、岡崎商はなぜかいつも縁が無く見れなかったチームですので、どんな野球をするか、注目して観戦しました。

豊田西
300020016|12
000002000|2
岡崎商

豊田西
中川(10)、小川(1)−土屋
岡崎商
矢田(1)−広瀬
豊田西の中川君は右のアンダーハンド。まっすぐはそんなに速くない。内外を使って丁寧なピッチング。力んで投げないな、という印象。
岡崎商の矢田君は夏のチームでもエースだったピッチャー。右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか速い。体格もいいし、スライダーもなかなか。この日はボールが高かった印象。

(試合経過)
1回表、2死2、3塁から5番大村が2点タイムリー。更に2死2塁から6番近藤もタイムリー。3点を豊田西が先制。
5回表、無死1、3塁から犠牲フライ。更に1死1、3塁から犠牲フライ。5−0
6回裏、2死1塁から1番松本の所でエンドラン。ライトを破ってタイムリー3ベース。2番石原もタイムリー2ベースで続き、5−2
6回裏まで見て球場を後にしました。続きを読む

岡崎東−豊田大谷 観戦記(2010年秋季西三河2次T)

8月24日に豊田球場で行われた第1試合、岡崎東−豊田大谷の観戦記です。
勝った方が県大会に出場、負けたら敗退。天国か地獄かの1戦。
1次に衣台に負けるなど苦戦する豊田大谷の現状に注目して観戦しました。

岡崎東
100110110|5 H13 E2
010100031|6 H11 E3
豊田大谷

岡崎東
高木、増田−寺島
豊田大谷
深見、吉田、伊藤−横原
投手成績
岡崎東
高木(1)8回 101球 被安打10 四球3 三振2 失点5
増田(6)1/3 9球 被安打1 四球0 三振0 失点1
豊田大谷
深見(12)6回1/3 77球 被安打9 四球0 三振1 失点4
吉田(1)2/3 13球 被安打0 四球0 三振1 失点0
伊藤(11)2回 27球 被安打4 四球0 三振0 失点1
岡崎東のエース高木投手は右のサイドハンド。まっすぐはぼちぼち。たまにカーブをアンダーから投げるなど、工夫して投げていました。
増田投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。この日はいまいちだったかな?
豊田大谷の深見投手は左のオーバーハンド。少し1塁側にクロスして投げる。まっすぐはぼちぼち。コントロールは安定。1年生。
吉田投手は右のオーバーハンド。体は大きく上から投げるピッチャー。ステップが異常に狭い。もったいない感じのするピッチャー。
伊藤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか速い。コントロールはアバウト。1年生。

(試合経過)
1回表、2死1、3塁から5番岡村がタイムリー。岡崎東が先制。1−0
2回裏、1死2塁から6番大橋がタイムリー2ベース。1−1
4回表、先頭の5番岡村が2ベース。送って1死3塁とし、7番酒井がスクイズを決め2−1と勝ち越し。
4回裏、2死2塁から8番深見が右中間を破るタイムリー3ベース。2−2
5回表、2死1塁から3番渡邊が右中間を破るタイムリー3ベース。3−2と岡崎東が三タビ勝ち越し。
6回表、無死3塁からライトライナ−でタッチアップ成功も離塁が早かったという事でアピールプレーでアウトに。
7回表、1死2塁でピッチャー交替、吉田。1番増田のショートゴロ、変な回転かかっててショートが逸らし、セカンドランナーホームイン。4−2
8回表、ピッチャー交替、伊藤。2死3塁から7番酒井がタイムリー。5−2
8回裏、1死2、3塁からワイルドピッチ。6番大橋がタイムリー。更に2死2塁から8番大島がタイムリー。尚も2死2塁から9番伊藤がヒットも好返球でアウト。5−5
9回裏、ピッチャー交替、増田。1死2塁からショートが逸らしてサヨナラ。豊田大谷が辛くも勝って県大会を決めました。続きを読む
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
25日
練習試合
26日
東海地区クラブ選手権
28日
天皇賜杯愛知県大会(西部)
熱田球場
29日
ドラゴンゲート名古屋大会
2日
愛知夏大会
豊田球場
3日
愛知夏大会
一宮球場
9日
愛知夏大会
未定
10日
愛知夏大会
岡崎球場
16日
愛知夏大会
熱田球場
17日
愛知夏大会
未定
18日
愛知夏大会
未定

Recent Comments
  • ライブドアブログ