コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

相撲

貴乃花親方引退表明

日本相撲協会に退職届を提出した元横綱・貴乃花の貴乃花親方(46)=本名・花田光司=が25日、都内で引退記者会見を行った。
 黒いスーツに黒いネクタイで顧問弁護士、担当弁護士と共に現れた貴乃花親方は、退職届を提出した理由について、「(3月に内閣府に提出した)告発状を事実無根を認めないと、親方を廃業せざるをえないという要請を受けた。私は書面で告発状は事実無根ではないと説明してきたが、それを認めないと廃業せざるを得ないという要請を受けた。また一方で、日本相撲協会は、全ての親方はいずれかの一門(出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜)に所属することになった。このままでは私はどの一門に所属することもできません。弟子たちも安心して相撲を取ることはできない。断腸の思いではございますが、貴乃花部屋に所属している力士・床山、世話人の千賀ノ浦部屋への所属先の変更願いも提出しました。私、貴乃花光司は年寄を引退する旨の届けを提出いたしました。これが最善の策だと思い、苦渋の決断に至りました」と語った。(スポーツ報知より)

正直、貴乃花親方も頑な過ぎたとは思う。もう少しやりようがあったとも。ただ、この人は現役の頃からこういう部分はあったので、仕方ないとは思いますし、間違ったことはしていない。この部分は強みですよね。

教会は正直追い込んだところで辞めないだろ、とタカをくくっていたと思います。でもこういう形で表に出された以上、今後は逆風になるでしょうね。やり過ごすしかないでしょうが。
でも、色々爆弾を持っているのは貴乃花の方ですし、捨て身の相手には分が悪いでしょう。

人気がピークで八角さんもおごっていたんだと思います。さて、これからどうなりますか。生温かく見守りましょう。

プロレスだったら新団体が出来る流れですね(笑)。

大相撲夏場所序盤

夏場所が始まって5日目まで終了。

ここまで全勝は白鵬、栃ノ心、正代
1敗で鶴竜、逸ノ城らが追う形。

栃ノ心は今場所大関取りと言われていますが、とにかく強いです。安定感があります。怪我さえしなければ11番くらいは勝てるでしょうし、優勝での昇進もありえると思います。集中力を保って故障に気をつけて頑張ってほしいです。もう力は大関です。

白鵬は休養明けはきっちりと仕上げてきます。最近は3場所体力が続かない感じですけど、適度に休場を挟みながら上手く続けていけそうですね。

正代はいい内容ですし、ここから上位相手も面白そう。

鶴竜は引く癖が出てるし、ちょっと心配。あんまり体調良くないかも。

逸ノ城も大関クラスの安定感が出てきています。今場所まず2ケタ勝って足がかりを掴んでほしいですね。

遠藤が強くなってきています。勝ち越したら面白くなりますね。

今場所は栃ノ心が本命かな。白鵬がここからどうなるかが注目です。

栃ノ心が平幕優勝

栃ノ心が初場所で平幕優勝。14勝1敗という堂々の成績でした。

6日目の時点で栃ノ心が優勝するかも、とは思いましたが、とにかく内容が良かった。体調がいいという言葉もありましたし、元々力のある力士ですから、鶴竜に負けた後でも、そうは負けないかな、とは思いましたが、結局1敗のまま行ったのは立派の一言。
怪我さえなければ今頃大関になっていたかも知れない力士ですが、まだ30歳ですし、今場所の内容でしたらまだ分かりません。とにかく怪我に気をつけて、来場所をいい形で戦ってほしいですね。

鶴竜は11日目から4連敗。1つ負けた途端に引きが悪い方に出た形でしたけど、どっか痛めたのかもしれません。そこまでは全然そんなそぶりもなかったし、内容が抜群だっただけに、悪い癖、ではない気がします。
復活の一端は見せたので、来場所が重要。今場所10連勝で見せた内容を15日間取れるように調整してほしい。

高安の12番は立派。来場所は優勝争いに絡んでほしいですね。

豪栄道は大関を返上してほしい。いまだに2場所連続2ケタを勝ったことがない大関なんて聞いたことない。今場所は上位が休んでいるのに8番。恥ずかしいと思え。

御嶽海が7連勝から結局8番止まり。この経験をどう次の場所に活かすか。地力UPを図ってほしいですね。

若い力士がどんどん出てきていますし、来場所も楽しみです。色々不祥事が出ているのは残念ですけど・・・。

少しずつでも改革を進めてほしいですね。

とにかく栃ノ心には感動しました。おめでとうございます。

2横綱が休場

初場所が行われていますが、白鵬が5日目から、稀勢の里が6日目からそれぞれ休場しました。

ただ、同じ休場でも内容が違いますよね。白鵬は先場所優勝していますし、立ち合いの張り差し、かちあげを封印された影響が出た形ですが、稀勢の里は4場所休場明けにもかかわらず、出場に踏み切ったのにまたも途中休場。
いくら横綱は休場する権利があるとはいえ、これはひどい。結局休場する直前の怪我をひきずっている形。まぁ1年やそこらで治る怪我ではないんでしょうけど、それならそれでしっかりと戦える状態に作るまで休めばいいし、今の身体で戦えるように1場所捨ててでも皆勤するか。
中途半端な形で途中休場を繰り返すのは、能力がないとしか言いようがない。そもそも横綱にするのは反対でしたけどね・・・。

嫌でも次は進退がかかるでしょうけど、復活は厳しいでしょうね。

白鵬も1年皆勤は厳しい感じになっていますので、この休場を来場所以降に活かしたいところ。でも、立ち合いをどうするかは致命傷になるかもしれません。

鶴竜が今場所ここまで6連勝と見事な復活。ただ、1人横綱になってプレッシャーがかからないといいんですけど、今場所はまずは優勝争いを最後まで演じて、優勝出来れば万々歳。最後まで絡んで、進退問題をふっ飛ばしてほしいですね。

御嶽海も6連勝と強くなっています。今場所はチャンスですし、13番くらい勝ってほしいです。そうすれば大関も見えてきます。
意外と栃ノ心が優勝する気もしますが(笑)。

日馬富士引退

日馬富士が引退。

理由が理由だけに残念、としか言えないですね。僕は好きな力士でしたし、白鵬なんかよりも品のある相撲を取るので、横綱らしい横綱と思っていました。

もちろん暴力をふるったのは事実なんでしょうけど、色々政治利用されちゃったかな、という感じがします。

貴ノ岩は復帰できるのかなぁ。。。

力は落ちてきていたし、限界が近かったのは事実。でもこういう引退は見たくなかったですね。

白鵬が40回目の優勝

白鵬が九州場所で40回目の優勝。

今場所は休場明けでしたが、しっかりと身体を休めた分、強かったですね。多分、年6場所をフルで戦う体力は無くなってきていると思うんですけど、しっかりと休養する期間を作ればまだまだ強い、という形なのかな、と思いました。

怪我後に自分の身体を作れない稀勢の里とは対照的ですね。まぁ怪我が重いんでしょうけど。

色々なゴタゴタについてはとりあえず保留。貴乃花親方もよっぽどなにかあるんでしょうしね。それが見えないことには・・・。

怪我人が多すぎますが、若い力士が上位に上がってきて変わってきています。来場所も面白くなってほしいですね。

元時天空の間垣親方が死去

悪性リンパ腫で引退。37歳という年齢というのもあって早かったですね・・・。

足技の名人で、どこからでも足が出る最近では珍しい異能力士でした。ひょうひょうと、という言葉がこんなに似合う人も珍しい力士でした。

親方になったばかりで、間垣親方、というよりは時天空とまだ呼びたいですね。ご冥福をお祈りします。

稀勢の里初優勝、横綱へ

はぁ。あーあ、横綱を「作っちゃった」。

双羽黒や大ノ国で失敗してから、2場所優勝または準ずる成績で、無理矢理横綱にするのはやめていたのに。

無理矢理大関にしていまだに直近3場所で33勝すらできない豪栄道なんて大関を作って失敗しているのに。

稀勢の里の初優勝は、運もあったけど、それは立派だと思う。ただ、それですぐに横綱というのはだめでしょ。今まで散々無理矢理理由を作って綱取り場所に仕立て上げても達成できなかった人なんだから、せめて来場所綱取り場所を乗り越えさせないと。

横綱の綱ってそんなに軽いのか。あと、稀勢の里が綱の重みに耐えられると思えないんだけど。

しかし、稀勢の里の横綱にして喜んでいる人っているんかねぇ。相撲ファンはほとんど反対してる気がするんだけど。後援会とかは別だけどさ。

横綱を作ろうとしている人たちにはがっかりです。
ま、なって以降一度も優勝できずに終わらないといいですね。(そうなるんじゃないかって思っています。)

琴奨菊大関陥落

琴奨菊が12日目に玉鷲に敗れ負け越し。2場所連続の負け越しで大関陥落が決定。

一応来場所10勝出来れば復帰できますが・・・。厳しいでしょうね。

今場所はとりあえず足が出ていない。気持ちばかりが出てしまって相撲と身体が一つになっていない感じです。もちろんどっか悪いんでしょうけど。

32場所務めて陥落。すぐに引退とかはしないようですが・・・。32歳。ここからどこまでやっていけるか。親方株は持っているようなので、引き際も注目ですね。

相撲は稀勢の里が1敗でトップ。まぁこのまま千秋楽まで行くとは思えませんけど。
稀勢の里が優勝するとしたら14日目に決まるパターンだけでしょうね。

明日から大相撲初場所

明日から大相撲初場所が始まります。


・・・こんなに九州場所から初場所って早かったっけ、て思いますね。番付発表が年末に会ったときに、え?もう?と思いましたし。

今場所はごり押しの綱取り(笑)がないだけに、普通に楽しんで見れそうです。白鵬に陰りが見えますし、日馬富士も怪我が多い。鶴竜が先場所の強さを維持できているか、大関陣は出てくる力士はいるのか。
若い力士の台頭も楽しみです。

最近は追えてないですけど、十両も面白い力士が増えていますし、今年も盛り上がりそうですね。

ただ、チケットが完売していて、見に行きたいと思ってもなかなか行けなくなってきた。いいことなんですけど、個人的には残念です。^^;

鶴竜が3度目の優勝

大相撲九州場所14日目は26日、福岡国際センターで行われ、1敗で単独首位の横綱鶴竜が豪栄道を下して、昨年9月の秋場所以来7場所ぶり3度目の優勝を決めた。(スポニチアネックスより)

鶴竜が14日に勝って優勝を決めました。早い段階で単独トップにたって、プレッシャーもあったと思いますが、今場所はいい相撲を維持して優勝。前回は両横綱がいない中での優勝でしたが、白鵬、日馬富士が健在な中で優勝したのはうれしいでしょうね。

おめでとうございます。

豪栄道が初優勝

大相撲秋場所千秋楽は25日、両国国技館で行われ、優勝を決めている大関豪栄道は琴奨菊を下し、全勝で締めくくった。カド番からの全勝優勝は史上初。綱獲りとなる九州場所へ弾みをつけた。(スポニチより)

豪栄道がまさかの全勝優勝。

まさかの、は本人に失礼でしょうけど、大関になって1度しか2桁勝利がなく、大関にいるのが恥ずかしいくらいの力士だったので、まさかのでいいと思います。
今場所は強かったですけどね。おめでとうございます。

ただ、来場所また8勝とかで終わっても驚かないのが豪栄道クオリティですし、綱とりなんて鼻で笑いそうになるんですけど、そんな僕に土下座させるくらいのがんばりを見せてほしいものです。

高安は結局10番で終わってしまったんですね。最後の3連敗が大関を狙う力士として痛すぎる。来場所は12番いることになってしまったし。

照ノ富士はからだがわるいことに尽きるのだからなんで休ませてやらないんだろう。負け越してからの相撲が意味がなさすぎる。一度落ちてでも、しっかりと体を直してから復帰してほしいわ。まだ若いのだし。

遠藤が幕尻近くとはいえ13番の準優勝はすごい。来場所に真価が問われますが、これをきっかけにがんばってほしいですね。

千代の富士死去

自分が相撲を見るようになったころには横綱で、しかも圧倒的な横綱。

むしろ横綱ってこんなに強いんだ、と印象を強くした力士でした。筋骨隆々の身体で、身体の小ささを感じさせない。圧倒的な速さでまわしを取り、相手に相撲を取らせない。
がちがちに固めたまわしで相手に取りにくくさせるという、他に類を見ない姿勢も印象に残っています。

弟子を育てる側に回ると、北勝海もそうでしたけど、押し相撲が多くなるのが不思議でした。自分みたいな力士に育てるのは案外難しいんでしょうね。

ご冥福をお祈りします。

白鵬が全勝優勝

大相撲夏場所千秋楽(22日、両国国技館、観衆=1万816)前日に37度目の優勝を決めていた白鵬が鶴竜をうっちゃりで退け、自身12度目の全勝優勝を果たした。1年半ぶりの国技館での美酒に酔いしれた。
「ギリギリの勝負で、全勝優勝できてよかったと思います。(東京場所での優勝は)1年半ぶりというのは素直にうれしい」(サンスポより)

白鵬が全勝優勝。これは立派です。ただ今場所はまだ半分くらいしか録画が消化できていないんですけど、荒れた相撲が多かった。
これは稀勢の里の成績と比例するんですよねぇ。あと、上がってきた力士をつぶしにかかるというか。ただ、それが品のない相撲に走っちゃうのが・・・ねぇ。
かちあげという名のエルボーは禁止技にしてほしいわ。

稀勢の里は基本嫌いですけど、今場所の強さは認めざるを得ない。ただ、勝ちきれないところがらしさは残ってますけどね。
来場所綱取りねぇ。優勝して、その次の場所に重圧を乗り越えてから言ってほしいわ。まぁこける気がするけど。

照ノ富士が心配。なんで休場させなかったのかねぇ。治る見込みがないってことなのかな。それはそれで危険な話だけど。なんとか踏みとどまってほしいけど、しっかり休めば治るなら、出直すことも視野にしてほしいな。

琴勇輝が7番。惜しくも勝ち越しならなかったものの、三役に踏みとどまる。来場所も楽しみです。

名古屋場所、行きたいけど行けるかなぁ。

白鵬の優勝

大阪場所は白鵬が36回目の優勝。

ただ、衰えも伝わってくる場所中の戦いでした。だんだんごまかしがきかなくなってきてるな、と感じる取組もちらほら。

千秋楽の変化も余裕がないってことですよね。普通にやって勝つ自信がないってことですからね。

白鵬、もしかしたら最後の優勝になるかも。そんな予感すらする今場所でした。

琴勇輝が前頭筆頭で12番を勝つ大躍進。力をほんとに付けたなって思います。来場所も勝ち越すようだと本物。期待したいですね。

稀勢の里と豪栄道はたまたま、でしょ。豪栄道なんて故障もあったらしいけど内容は紙一重だし。

まぁ来場所も続いたら見直してやるよ。

琴奨菊は場所前のひいきの引き倒しで終わっていたと思う。来場所は落ち着くだろうし、一からやり直そう。

大相撲大阪場所

明日から早くも大阪場所が始まります。

初場所から大阪って特に早く感じますね。

先場所は琴奨菊が初優勝。今場所は綱とりとなりますが・・・。

とりあえず、周りは昇進させたくないみたいですね。あまりにもひいきの引き倒ししすぎだろうと。さすがにこの忙しさで、今場所も琴奨菊が活躍できるとはなかなか思えず・・・。

もっと場所に集中させてやればいいのに。

中日スポーツでも北の富士さんが酷評していました。これで優勝したら坊主にするとまで。

どこまでその予想を琴奨菊が覆してくれるか。いろいろ注目です。

なんにしても面白い、楽しい場所を展開してほしいですね。

琴奨菊初優勝!

大相撲初場所千秋楽は24日、両国国技館で行われ、大関・琴奨菊が大関・豪栄道を突き落としで下して14勝1敗とし、初優勝を飾った。日本出身力士の賜杯は06年初場所の栃東以来10年ぶり。(スポニチアネックスより)

琴奨菊が初優勝!

おめでとうございます。

個人的には日本出身力士云々は好きじゃないので、本人が言った通りにたまたま自分の初優勝がそれにあたっただけ、と思いますが、もう大関の地位は守れない、という状態から良くここまで戻したと思うし、他の日本人2大関と違って地力で大関に上がっていますから、それだけのものは持っていた、ということだと思います。

しかし優勝した後のご両親の涙と花道での豊ノ島の出迎え、そして豊ノ島のインタビューでのうれしいけど悔しい、このあたりには涙が出ました。

来場所、先代師匠のように遅咲きの横綱を目指して、とまぁそれは結果で、今の状態を出来る限り続けてほしい。

白鵬の終盤の相撲の崩れが心配。
体力が確実に落ちてきていて、それを相撲勘と気力でカバーしていたのが、気力が落ちた時、それ以上に体力が消耗した時にごまかしがきかなくなってきている印象。

まだまだ上位の力はあるし、壁になりえる存在ですけど、ここまで時代を築いた人ですし、そういう地位で戦うのをよしとはしなさそう。千代の富士のようにさっさと引退しても驚きません。

今年はより大相撲が楽しくなりそうです。

初優勝へ王手

東大関・琴奨菊(31)=佐渡ケ嶽=が、東関脇・栃煌山(28)=春日野=との一番に勝ち13勝1敗。西横綱・白鵬が東大関・稀勢の里に敗れ、琴奨菊が単独トップで千秋楽を迎えることになった。敗れた白鵬と豊ノ島が2敗で並んだ。(スポーツ報知より)

琴奨菊が再び単独トップ。琴奨菊も重圧と戦いながらの精一杯の土俵なのですが、それ以上に白鵬のおかしな負け方が気になる14日目となりました。
ただ、その前の日もズルズルと鶴竜に押される場面もあったし、ちょっとどこかおかしいんですよね。

なんにしても琴奨菊は勝ちさえすれば優勝。その相手が豪栄道。反則負けは気の毒な感じでしたが、それを差し引いても4勝10敗はひどすぎですね。そんな力士には負けないとは思いますが・・・。なんにしても最後まで頑張ってほしい。

琴奨菊が横綱3連破

琴奨菊が鋭い出足からの攻めで日馬富士を圧倒した。これで10日目から横綱を3連破。3番とも完勝だが高ぶる様子はない。12連勝で引き揚げてきた支度部屋でも「しっかり踏み込めているから結果が出ていると思う」。冷静に自己分析した。(時事通信より)

琴奨菊はこれで12連勝。単独トップを守りました。横綱戦を終え、稀勢の里戦も終えているので、後は上位戦はすでに負け越した豪栄道戦のみ。
ただ、豊ノ島戦が案外やっかい。ここさえ突破出来れば栃煌山戦もなんとかなるでしょうから・・・。

まぁ相手うんぬんよりも重圧との戦いかな?でも場所後に結婚式を控えているようですし、これ以上ない状態ですしね。

日本出身云々は個人的にはどうでもいいですが、琴奨菊の優勝は単純に見たい。あと3日間、とにかく頑張れ。

琴奨菊が全勝対決を制し11連勝

大相撲初場所11日目は20日、東京・両国国技館で行われ、注目の全勝対決となった結びの一番は、大関琴奨菊が横綱白鵬を押し出しで撃破。自己新となる初日から無傷の11連勝を飾り、06年初場所の栃東以来10年ぶりとなる国内出身力士の優勝が一気に現実味を帯びてきた。12日目は日馬富士と対戦する。(スポニチより)

琴奨菊が白鵬を破って全勝を守り単独トップに。

全勝うんぬんも素晴らしいけど、相撲内容が素晴らしい。関脇から大関に上がるころの馬力あふれる、がぶりの琴奨菊が戻ってきましたね。
今の琴奨菊なら、どんな力士でもしゃにむに持っていけると思う。後は変化への対応かな。

いや、それ以上に日本人力士10年ぶり優勝なんて騒ぐ周辺が一番の敵かも。

なんにしても、いい相撲を取りきって、結果は後から付いてくる、という気持ちで残り4番頑張ってほしい。日馬富士戦さえ乗り切れば・・・。

日馬富士が2年ぶり7度目優勝

大相撲九州場所千秋楽は22日、福岡国際センターで行われ、横綱日馬富士が13年九州場所以来2年ぶり7度目の優勝を果たした。大関稀勢の里に敗れ13勝2敗となったが、2敗で追っていた横綱白鵬、平幕の松鳳山がそれぞれ黒星を喫し、日馬富士の優勝が決まった。(スポニチより)

日馬富士が良く復活しましたね。正直照ノ富士が強くなってきて、日馬富士の役目はもう終わりかな、とも思いましたが、戻してきました。
最後の一番に勝って決めたらかっこよかったですが、まぁ仕方ないです。稀勢の里が空気を読まずに(笑)勝っちゃうから。

白鵬は13日目から3連敗。どっか痛めたかのような失速。休場明けですからね。それでも確実に少しずつ落ちてきている気がします。

遠藤は足を痛め、照ノ富士もなんとか勝ち越したもののひざの痛みで苦しみました。そんな中今年1年大活躍だったのが嘉風。33歳ですが、今が充実期となっている活躍を見せてくれました。

初場所はあっという間にくる印象。また楽しい場所を見せてほしいですね。

北の湖親方死去

大相撲の第55代横綱として歴代5位の幕内24回優勝を果たした、日本相撲協会の北の湖理事長=本名・小畑敏満(おばた・としみつ)=が20日午後6時55分、直腸がんによる多臓器不全のため、福岡市内の病院で死去した。62歳。葬儀の日程、喪主などは未定。(毎日新聞より)

普通に今場所もコメントを出されていたので、突然の訃報は驚きました。7月に入院された後に復帰されていたので、大丈夫かな、と思っていただけに。
現役時代は見たことがなく、相撲に対して物心がついたころに引退した記憶があります。

親方として、好きなタイプでは正直なかったですけど、理事長として尽力されていました。
ご冥福をお祈りします。

照ノ富士初優勝&大関確定

大相撲夏場所が千秋楽を迎え、照ノ富士が12勝3敗で初優勝。最後は日馬富士が白鵬を破る援護射撃での優勝決定でした。
日馬富士は精彩を欠く相撲が多かった場所だったのですが、千秋楽はさすがに兄弟子として、横綱としての意地を発揮。白鵬に攻め込まれながら、一瞬の隙で一気に懐に飛び込む一か八かの相撲は感動しました。

僕は千秋楽を迎える時点で千秋楽を勝てば大関に上げてもいいと思っていましたので、結果、大関確定になってうれしかったです。
もう、力は大関陣の誰よりも強くなっていますし、精神的にも強い。横綱にも1年以内になれる気がします。

白鵬は11日目の照ノ富士戦までの3日間くらいは本当に強かった。ただ、通常、12日目頃から千秋楽までにピークを持ってくるのを、照ノ富士戦に合わせてピークに持ってきたために、そこで疲れが出てしまったように感じました。それだけ照ノ富士には集中しないと勝てないと思っているのと、一番の強敵と認めているがゆえのピークコントロールだったと思います。
まだまだ実力は一番ですけど、そういうピークが短くなりつつあるようには感じます。いつまで気持ちを持って土俵に上がってくれるか。

千代の富士は貴花田に負けて、さっさと引退してしまいましたが、白鵬もそうなりかねません。でも、照ノ富士が横綱になって相撲協会を支えられるようになるまでは、立ちはだかってほしいな、と思っています。

すでに大関の地力

照ノ富士は今日は大関琴奨菊に完勝。もうどっちが大関か、という言葉が出る相撲でした。

初日はちょっと雑な相撲で星を落としましたが、2日目以降は勝ち星を並べ、4日目の逸ノ城戦で立ち合いを合わせない逸ノ城に対して気迫を見せて完勝したあたりからエンジンがかかってきた印象です。

足踏みをする逸ノ城に対し、順調に伸びている照ノ富士。これは部屋の差、でしょうね。今の伊勢ヶ濱部屋はけいこ相手にも、指導する力士にも、厳しく言える親方にも恵まれていますから。

これも力士の持つ運かもしれませんけどね。

結構親方の地位を、弟子が上回った時に何も言えなくなるパターンで成長が止まったりすることも過去には多かったですから。
伊勢ヶ濱親方はそれはないですからね。これは結構大きいと思います。

上位で伊勢ヶ濱部屋が充実していて、対戦相手も楽を出来る部分も大きいですよね。その分星を求められる可能性もありますが、今場所13番は勝ちそう。そうなったら上げていいと思いますけどね。

最低限10番勝って、そっからは優勝を目指して頑張ってほしいです。

春場所は白鵬の優勝

春場所は白鵬の34回目の優勝で幕

ただ、場所の話題は照ノ富士が持っていきました。新三役(関脇)で13勝2敗。文句なしの成績です。

白鵬に唯一土を付けた相撲は見事の一言でしたし、最後の2日間の重圧のかかる取組でもしっかりと勝ち切って千秋楽の結びまで優勝を決めさせなかったのはすごいとしか言いようがない。

朝青龍一強時代から白鵬が登って行ったように、白鵬一強から変わる力士がついに現れた印象を持たせる活躍でした。
伊勢ヶ浜部屋はいい力士が今多いですし、稽古でどんどん強くなれる環境。後は攻めの速さを見につければ、横綱になれる資質です。
速いところ大関に上がれるように、来場所も頑張ってほしいです。

今の大関陣はさっさと引導を渡されればいい。琴奨菊は好きなんですけどね・・・。

上位陣が充実する夏場所が今から楽しみです。

照ノ富士つえぇぇぇ

白鵬に4度目の挑戦で初めて勝った照ノ富士は、取組後に息を弾ませて喜びを語った。「うれしかったです。(休場している)安美錦関が“頑張れ”と激励してくれて気合が入った」と、伊勢ヶ濱部屋の先輩に感謝した。(スポニチより)

いやぁほんとに強かった。もう大関相撲と言っていい相撲でした。近い将来、横綱に間違いなくなっているだろうと断言させられる内容の相撲でした。

照ノ富士は元々は間垣部屋でしたが2013年の3月から閉鎖にともない伊勢ヶ濱部屋に移籍。いいタイミングで伊勢ヶ濱部屋に移れたのも運が良かったんだろうな、と思います。兄弟子にも恵まれ、横綱とも本割りで1人当たらなくていい。親方も元横綱なので厳しく指導してもらえる。この運を活かして一気に駆け上がってほしいと思います。

上手く周りでコントロールして、強くしてほしいですね。

大阪場所明日からスタート

初場所が終わったのがつい最近のような気がしますが、早くも大阪場所が始まります。

白鵬の審判部の批判問題に明け暮れたせいもある気もしますけどね。
あれは、審判部というより、白鵬に対して日本人力士への判官びいきの声援が集中することに嫌気を感じているのが原因のような気がしますけどね。日本人不信というか。

まぁ強すぎる横綱所以と思ってくれればいいんですけど、なかなかそうは思えないんでしょうね。メンタルはモンゴルの方ですし。仕方ないかなぁと。

今場所は三役が総とっかえ状態ですので、どうなるか。照ノ富士も楽しみですけど、十両、幕下に有力な力士が揃ってきて面白そうですよね。

上位陣では琴奨菊に期待。先場所から立ち合いだけに集中する相撲が良くなってきています。結婚もして充実してきそうな気がします。

後は妙義龍が久々に上位に。どこまで苦しめるか楽しみです。

白鵬が33回目の優勝を全勝で飾る

初場所が今日で千秋楽を迎えました。
白鵬が13日目に大鵬の32回を抜く33回目の優勝を決めていましたが、今日も勝って全勝優勝。33回目の優勝に花を添えました。

しかし強かった。今場所の白鵬は強さも感じました。全盛期は過ぎたなんて言われますけど、もしかして今が一番強いんじゃ、なんて思うくらい。
2012年にちょっと弱くなりかけたんですけど、その時に日馬富士が横綱になって、再度気持ちに張りが戻った感じがしますもんね。タイミングも良かったんかな。

今、相撲が面白いです。お客さんもたくさん入っているし。日本人がふがいないなんて言うけど、その力士に魅力があるかどうかが大事だと思います。照ノ富士なんか、面白い力士になってきたし。

逆に逸ノ城はちょっと覚えられてきて壁に当たりました。ここからどう立て直すか。周りがうるさすぎる気がしますが、親方がねじを巻きなおせるか。注目です。

十両で輝がどんどん良くなってきています。来場所は十両の筆頭当たりに来ると思います。期待ですね。

初場所9日目大相撲観戦

df8a66fa.jpg両国国技館に来ました。

イス席ですがなかなか見やすいです。

1年ぶりの大相撲観戦。いい相撲も多くて見に行って良かったです。

何より今場所は全て満員御礼。この日も平日の月曜日にも関わらずお客さんが満員。盛り上がりもすごかったです。

琴奨菊が稀勢の里に勝った一番と、遠藤−栃ノ心で遠藤が勝った一番が盛り上がったかな。

あと輝も良かった。やっぱり初場所は1回は行きたいですね。

豊真将、現役引退

大相撲の元小結・豊真将(本名・山本洋介、山口県出身、錣山部屋)が初場所6日目の16日、現役引退を表明した。今後は年寄・立田川(たつたがわ)として後進の指導にあたる。豊真将は昨年名古屋場所5日目の日馬富士戦で右ヒザを負傷して途中休場、続く9月場所も全休した。十両に陥落した11月場所で初日に取組が組まれたものの、結局休場して出場はしなかった。今場所は幕下東7枚目まで番付を下げていた。(デイリーより)

寂しいです。人気もありましたが、僕も相撲を再びよく見るようになってすぐに好きになった力士でした。
とにかくまじめで愚直に前に出る相撲が素晴らしかった。もっともっと見ていたい力士でしたね。故障がなければ・・・。

そう考えると全く故障をしない白鵬ってやっぱりすごいんだな、と改めて思います。

すごくいい親方になれる力士だと思います。なにより、自分の師匠から尊敬出来ると言わせる力士はなかなかいない。いい力士を育ててほしいですね。

お疲れ様でした。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(向坂 昇)

向坂 昇(コウサカ ノボル)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

広告
記事検索
今後の観戦予定
10月15日
トヨタスポーツセンター
21日
東海大会
22日
未定
27日
東海大会
28日
未定
29日
未定
11月3日
入替戦
4日
市内県立大会
5日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ