コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

相撲

大相撲初場所中盤10日目まで

大関
貴景勝2勝8敗(10日目から休場)
正代8勝2敗
朝乃山7勝3敗

貴景勝は足の怪我を3日目にしていたということで休場。ただ、初日から足が出てなかったから場所前から悪かった気もする。というかやっぱり太りすぎだよね。そこに気付けるかどうか。
正代はカド番脱出。すごくいい内容の相撲と綱渡りの相撲が混在する状況。ただ、動けているので、運も味方にして付いていってほしい。
朝乃山はあと1番でカド番脱出。こちらは日に日に内容は良くなってきている。安定、というところまでは来てないけど。

三役
照ノ富士6勝4敗
隆の勝6勝4敗
高安6勝4敗
御嶽海5勝5敗

照ノ富士が9分9厘勝っていた相撲を行司差し違えで落とし痛い4敗目。なんとか2桁勝ってほしいが・・・。
御嶽海が大関を3人破って3勝5敗というおかしな成績をしていましたが、ここに来て3連勝で五分に。三役死守していればいい相撲取りじゃないんだけどな。

前頭
9勝1敗
大栄翔
9日目に初黒星も連敗はせず。ちょっと足が出なくなっていてプレッシャーもあった感じでしたが、10日目は再び足が出ていた。ここからは重圧との闘い。長い5日間になりそう。

7勝3敗
明生、逸ノ城
もう3敗も平幕は2人だけ。これは大関2人に頑張ってもらわないと。

琴勝峰が10連敗。完全に相撲を見失っている。ちょっと横から攻めようとしたり。こういう時こそ自分の相撲を見つめなおしてほしいが。

明瀬山が完全に疲れが来てしまっている。ここ2日は下半身から崩れているし。いま6勝4敗。あと2番勝ってほしいが・・・。

豊昇龍が5連敗から5連勝。良く立て直した。勝ち越しまで持っていけるか。

大栄翔が優勝は有利なのですが、ここからは自分との闘い。そして大関陣は照ノ富士がカギになりそう。

3敗までで優勝は収まってほしいですね。

大相撲初場所序盤5日目まで

大相撲初場所は5日目まで終わりました。

大関
貴景勝 1勝4敗
正代 4勝1敗
朝乃山 3勝2敗

綱取りを目指した貴景勝は4連敗であっさりと白紙に。5日目にようやく初日を出しましたが、足が出ない。どこか怪我していると思いますが・・・。勝ち越しまでもっていけるか。
カド番の大関2人は徐々に相撲がよくなってきた。朝乃山は持ち前のスピードが出てきたのでここから連勝出来そう。

関脇小結
照ノ富士 3勝2敗
隆の勝 4勝1敗
高安 2勝3敗
御嶽海 2勝3敗

照ノ富士はややばたばたしているのが気になる。強い時のどっしり感がまだない。
隆の勝は地力がついてきた。ここから上位との対戦でどうなるか。
高安は大分力強さが戻ってきた。
御嶽海は・・・。強さともろさがどんどんひどくなっている。このまま終わっていきそう。

前頭
5勝
大栄翔、明生、明瀬山

大栄翔はとにかく力強い。今場所は優勝も狙える強さ。取りこぼしを無くしたい。
明生もかなり強くなってきた。7枚目という微妙な位置で上位とどこまで当てられるか次第ですけど内容がいい。
明瀬山にはびっくり。前回の入幕時が4勝11敗ですでに5勝と超えた。相撲が上手くて自分の身体の活かし方を覚えた取り口に感じる。

阿武咲は3勝2敗。序盤の相撲が良かっただけに2敗がもったいない。

新入幕の翠富士は序盤3連勝のあと2連敗。肩透かしが警戒されているのをどう逆手に取っていくかが今後のカギになりそう。

琴勝峰、豊昇龍が勝ち星なしの5連敗。どちらも番付の違いはあれど壁に当たっている形。
琴勝峰はまだ当たり負けしている。変化をしないので、そうなると負けが込むのも仕方ない。一回跳ね返されてそこからどう力を付けるかが楽しみな力士なので、まずは正攻法でぶつかっていってほしい。

序盤動きがいいな、と思ったのは輝(3勝2敗)、照強(2勝3敗)、栃ノ心(2勝3敗)。

大相撲初場所初日スタート

大相撲の初場所の初日が始まりました。

コロナで65人の力士が休場という事態になっていますが、とりあえずは無事に。

白鵬がコロナにかかって休場となり、鶴竜も腰が悪いままで3場所続けての横綱不在の場所に。
白鵬は出る気だった感じだったので残念ですが、仕方ない。

鶴竜は来場所確実に進退がかかる形に。批判されても中途半端で出るよりは、ということだと思うので、最後、納得行く状態で3月場所に出てきてほしいですね。

若い上位陣に期待したいところ。

カド番の大関朝乃山は大栄翔相手に黒星。当たりは悪くなかったけど、大栄翔のが押す力が強かった。状態は悪くなさそうなので、ここに速さと勘が戻ってくれば大丈夫かな。

照ノ富士は強い。もう大関の力に戻してるわ。今場所13勝くらいすれば上げていいでしょ。

栃ノ心が大分状態戻していますね。今場所は上を苦しめそう。
阿武咲の当たりの強さも素晴らしかった。こちらも上位との対戦が楽しみ。

正代は強かった。カド番ですがこの調子なら大丈夫そう。

先場所優勝の貴景勝は御嶽海に痛い黒星。貴景勝、太りすぎでは・・・。スピードが失われている気がする。
御嶽海はまぁ勝っても続かないから・・・。でも今場所は状態良さそう。

無事に本場所が千秋楽を迎えてほしいですね。

鶴竜が日本国籍取得

大相撲でモンゴル出身の横綱鶴竜関(35)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、陸奥部屋=が日本国籍を取得した。10日付の官報に告示された。外国出身力士が引退後、親方として日本相撲協会に残るために必要だった。昨年9月には同じモンゴル出身の横綱白鵬関も日本国籍を取得した。(時事通信より)

とりあえず良かった。今の規則だと、日本国籍が無いと角界に残れないわけで。
これで来場所で引退とかになっても残れるようになる。かなり限界が来ているのは分かっている話ですから、ね。

ただ、親方が日本国籍に限るというルールを変えてほしいと思いますよね。今は一部屋に一人しか外国人が入れない。そういう狭いところで頑張ってきた力士が、日本国籍が無いというだけで親方になれないというのは理不尽だと思う。
かなり日本的な、狭い世界で必死になじんで活躍した人は親方になれる制度にしてほしいな、と思います。

阿炎の件

日本相撲協会は6日、東京・両国国技館で理事会を開き、コロナ禍の中、7月場所前後に接待を伴う「夜の店」に複数回通っていた幕内阿炎(26)=錣山=の懲戒処分に関して検討し、出場停止3場所と5カ月の報酬減額50%を決めた。調査に対して虚偽証言や同席した幕下の極芯道(錦戸)に口裏合わせを指示するなど悪質と判断された。1日に提出された引退届は協会預かりで引退こそ回避したが、次に不祥事なら即引退。さらに新婚ながら錣山部屋に強制移住し、更生することになった。(デイリーより)

色々問題を起こしている阿炎。

今回のことで引退届を提出し、協会預かりとなり結果3場所の出場停止。幕下まで落ちるもやり直すということに収まりました。

ただ、漏れ聞こえてくるのは反省しているとは思えないことばかりで・・・。もちろん報道を全て鵜呑みにはできませんが、これまでの態度もありますから、ね。

錣山親方も相当、厳しくやっているように感じるのですが、それでこれってどうなの、とも思いますが、難しい力士なんでしょう。

更生出来るといいのですが、難しい気もします。

でも、こういう性格だと例えばプロレスとかは難しいと思いますし、相当覚悟が無いと格闘技も厳しいと思う。相撲でやり直してほしいな。

大相撲夏場所は中止

日本相撲協会は4日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2週間延期して24日に初日を予定していた大相撲夏場所(東京・両国国技館)の中止を発表した。本場所の中止は八百長問題の影響を受けた11年春場所以来、9年ぶり3度目となった。(日刊スポーツより)

夏場所が中止。名古屋場所を東京で無観客で開催。

中止は仕方ないですね。今の状況で非常事態宣言を継続となれば。

そもそも、と思いますが、なったからには仕方がない。

7月場所が両国で、というのも拡散しないということではその方がいいのかな?
ただ、東京より地方のが沈静化が早そうな感じもあるし、むしろ名古屋のが安全な気もしますが、無観客なら同じかな。

野球もどうするんでしょ。無観客でやるなら、さっさと始めてもいいと思うんですが。

高田川部屋でコロナ集団感染

日本相撲協会は25日、高田川親方(元関脇安芸乃島)と十両白鷹山(高田川)が新型コロナウイルス感染症の陽性反応を示したと発表した。このほか、幕下以下の若い衆4人の感染も確認されたことも明らかにした。4人の力士名と所属部屋は公表しないという。(日刊スポーツより)

相撲の高田川親方以下、部屋の関取、白鷹山や若い衆とコロナ陽性。

どれだけ気を付けていてもかかりますよね・・・。

夏場所は力士のリフレッシュも兼ねて中止はありかなって思っていますが、コロナが発生したから中止、ではなく、そこをしっかりと乗り越えて、実施に向けて取り組む、という形を取ってほしいですね。

競馬でも発生しましたが、それでも実施していることはとてもいいこと。もうかかることは前提で、その中でどう広げずに防ぎながら、色々な取り組みや活動を行うかを考えてほしいです。

豊ノ島が引退

日本相撲協会は17日、小兵の技巧派で鳴らした元関脇豊ノ島(36)=高知県出身、時津風部屋=の現役引退と年寄「井筒」襲名を発表した。今後は時津風部屋付きの親方として後進の指導に当たる。
東幕下2枚目だった3月の春場所で2勝5敗と負け越し、進退を保留。場所前から勝ち越せなければ引退する意向を固めていた。(共同通信より)

元関脇豊ノ島が引退。

身長が167僂半柄ですが、166圓箸△鵑碍燭領六里如△修譴任い徳衙个めちゃめちゃ上手いという、異能力士の一人でした。

後年は怪我との闘いでしたが、幕下に一度落ちてから約2年かけて関取にカムバック。幕内まで戻ったのは素直にすごいと思います。

十両優勝2回。幕内の優勝同点が1回。三役を13場所務め、三賞を計10回獲得。

観る者をうならせる相撲が魅力でした。

明るい性格ですし、いい親方になってほしいですね。

お疲れ様でした。

大相撲夏場所は2週間延期予定

日本相撲協会は3日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、5月10日予定だった夏場所(両国国技館)初日を2週間延期して、同24日にすると発表した。あくまで通常開催を目指すが、国内の感染状況を踏まえて規模縮小、無観客、中止も選択肢に最善の策を模索するとした。同時に、名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)も初日が7月5日から同19日に変わった。初日が変更されるのは昭和以降5度目で、2場所連続は初となる。(スポーツ報知より)

春場所は無観客で乗り切った大相撲でしたが、夏場所はとりあえず2週間延期。通常開催を目指すが中止や無観客も含めて検討していくとのこと。

個人的には、無観客でもやってほしい反面、やはり通常通りお客さんを入れてやってなんぼだと思うので、現状それが難しいので、中止でもしょうがないかな、と思います。
力士がフレッシュになるという意味でも、1場所空くのはいいかな、と思いますし、東京はより人が集まりやすいので、まずは地方の名古屋から通常開催を目指すというのはありかな、と。

何にしても上手くいくことを祈るしかないですね。コロナにかかるのは避けられないもので、神頼みみたいになってきていますし・・・。

朝乃山が大関昇進

朝乃山が春場所で11勝4敗の成績で、場所後に大関昇進となりました。

直近3場所は32勝と、目安と言われる33勝には届きませんでしたが、すでに優勝経験があり、ここ4場所は続けて2桁。
個人的には十分力もあるし、なって良かったと思います。今大関が一人しかいませんでしたしね。

今場所は横綱2人に勝てなかったですが、鶴竜戦はほぼ勝っていた相撲でしたし、千秋楽に相手が勝ち越しが掛かった貴景勝を破ったというのも大きかった。こういう勝たなきゃダメというところで勝てるところが同じ32勝で大関になった稀勢の里や豪栄道と違うところ。
もちろん、豊山に大事なところで負けたり、まだ白鵬に勝ててないところなど、課題はありますが、ここから更に精進して、横綱になれるように頑張ってほしいですね。

今場所は横綱対決を制して白鵬が優勝しましたが、続く力士がいなかったところが厳しい。
貴景勝は怪我だと思うのでしっかりと治して来場所に臨んでほしいですが、他が・・・。

御嶽海はせっかく2桁乗せたのに、最後に連敗して10勝止まり。これでは次につながらない。

隆の勝が12番勝って来場所は上位に来るので、どのくらい通用するか楽しみ。

後は琴の若が新入幕で9番と立派な成績。十両から同じ部屋の琴勝峰が上がってきますし、出世争いが楽しみです。

今個人的に推してる若隆景も幕内に復帰するので、どこまで通用するか楽しみです。

今場所は歓声の無い場所で、異様な感じもありましたが、それでも何とか出来て良かった。

来場所も普通に開催するのは現状難しいかと思いますが、間引きしてでも、まずはお客さんを入れて開催することを考えてほしいですね。

春場所7日目終了

全勝 白鵬

1敗 朝乃山、御嶽海、隆の勝、千代大龍、碧山

2敗 鶴竜、阿武咲、石浦、千代丸、琴ノ若

7日目を終えて白鵬が唯一の全勝で単独トップに。
序盤は動きも良くなくて、苦戦する相撲もあったのですが、ここに来て優勝するチャンスも出てきて力を俄然出すようになってきました。肉体的には確実に衰えてきている白鵬ですが、抜群の集中力は健在で、こういう状況になってくるとどんどん強くなる。
ただ、そのごまかしがここ数場所効かなくなってきているのも事実なので、最後まで行けるかどうかは注目。ただ、周りがその前に落ちていくのが怖いですが。

朝乃山は今場所12勝すれば大関。何とか10日目まで1敗で行きたい。ここにきてプレッシャーなのか動きが固くなってきている印象です。乗り越えてほしい。

御嶽海がようやく復調気配。ただ白鵬に勝ってほしかった。

鶴竜も負ける時がもろく、横綱の地位にそぐわない相撲が増えてきた。今場所は11番くらい勝って完走しないと、進退を言われると思う。

貴景勝がどこか痛いのからしくない相撲が続きました。ここ2日は立て直してきた印象なので、ここからなんとかまずは勝ち越してほしいけど。

正代が今場所は内容が良くない。先場所の強さはどこへ行った、という感じ。もったいないな。

栃煌山の元気のなさが心配。豪栄道の引退が響いているのか。このままだと十両に落ちかねないんだけど。0勝7敗からどこまで立て直せるか。

今は十両の若隆景に注目しています。相撲の内容がいい。しぶとい。幕内に戻って上位に来てほしいですね。
照ノ富士も来場所には幕内に戻れそうな勢い。怪我に気を付けて頑張ってほしいな。

10日目終わってどうなるか。少し静寂の場所にも慣れてきました。せめて優勝争いで盛り上がってほしいですね。

令和2年初場所の各力士の感想

初場所上位結果

◇横綱
白鵬 1勝3敗11休
鶴竜 1勝4敗10休

鶴竜はこれで3場所続けての途中休場。その前は優勝しているとはいえいかにも印象が悪い。次の場所はこれまでの横綱であれば進退がかかる場所。しっかりと結果を出せる状態にして出てきてほしい。

白鵬も含めて衰えが隠せない感じにはなっています。白鵬もカチあげ、張り差しでもごまかしがきかなくなりつつある。

◇大関
貴景勝 11勝4敗
豪栄道 5勝10敗

豪栄道については割愛。
貴景勝は終盤失速したのが印象悪いですけど、大関の責任は果たしています。出来れば千秋楽に徳勝龍に勝ってほしかったですが・・・。何にしても一人大関となる来場所。優勝を狙ってほしいですね。

◇関脇
朝乃山 10勝5敗
高安 6勝9敗

朝乃山は6勝5敗からよくぞ二桁まで持っていきました。このあたりが今場所で引退した大関とは一味違います。すでに大関になる力は持っていると思います。取りこぼしを無くして来場所は12番勝って大関になってほしい。
高安は満身創痍で大関復帰ならず。まだまだ老け込む歳には速いですし、大関云々はともかく、いまだ成さない優勝を目指して再起してほしいですね。

◇小結
阿炎 5勝10敗
大栄翔 7勝8敗

阿炎は怪我でパッとせず。終盤の連敗がもったいなかった。出直しですね。
大栄翔は終盤4連勝で7番まで持って行ったのは立派。地力はついています。

◇前頭上位力士
筆頭 遠藤 9勝6敗
2枚目 北勝富士 11勝4敗
4枚目 正代 13勝2敗
5枚目 炎鵬 8勝7敗

遠藤は優勝するかも、と思わせる序盤戦だっただけに、8日目からの3連敗がいかにももったいなかった。今の上位陣なら2桁勝つ力はあるので、身体をしっかりと作って三役で2桁を目指してほしい。
北勝富士と正代は地力がありました。正代は先場所から一気に相撲が変わった。中身が変わったのでは?と思うレベル。ここ2場所の内容なら大関になってもいい状況。維持してほしい。

炎鵬は自己最高位で勝ち越したことがすでに素晴らしい。豪栄道に勝ち、朝乃山、高安も破ったのは立派。上位力士キラーになりそう。

2枚目 御嶽海 7勝8敗
怪我云々なんでしょうけど、太りすぎてから精彩を欠くように。身体を作り直さない限り浮上はないかな。

8枚目 竜電 10勝5敗
9枚目 豊山 11勝4敗
11枚目 輝 10勝5敗
今場所を沸かせた3力士。輝は相撲が変わってきているだけに更に磨きをかけてほしいところ。
豊山は一気にごぼう抜きしてほしいですね。素質はある力士ですし。

結果を出した力士がなかなか続かないのがこのところの状況。なんとか来場所も続けて勝ってもらって、上位がいない状況を脱してほしいですね。

幕尻の徳勝龍が初場所優勝・豪栄道引退

西の前頭17枚目、本当の幕尻の徳勝龍が14勝1敗で初優勝。

序盤からこんなに動きがいい徳勝龍は初めてだな、とは思いましたが、最後まで衰えず。母校の近大の監督が亡くなったということで、その後押しもあったのかな、と感じるくらい、終盤での強烈な突き落としでの連勝は神がかっていました。とにかくお見事。個人的には上位で優勝争いをした正代に勝ってほしいな、と思う部分はありましたが、最後大関の貴景勝を破っての優勝なので文句なしです。

33歳での初優勝。貴闘力以来の幕尻での優勝。色々記録づくめとなりました。

そうそう無い下刻上での優勝ですが、こういう感動もたまにはいいですよね。

また、同じ33歳の大関豪栄道がカド番で5勝10敗と負け越し。ご当所の大阪場所で大関復帰を狙うかと思いましたが、気力が衰えたようで引退を発表しました。徳勝龍と同じ33歳というのも皮肉というかなんというか。

豪栄道に関しては、大関在位10位の33場所、と言いますけど、一度も大関と思ったことはなく、最後まで不甲斐ないままで終わりました。一度だけ全勝優勝しましたけど、その前後は一桁、しかも前の場所は負け越し。上位で一度も3場所続けて2桁を勝つことなく引退。そもそもそういう力士を大関にしたことが駄目だったということなんですが。

同じ歳の稀勢の里が引退したことも影響があったかもですけど、ね。

大関にしても横綱にしても、作ってはいけない、という典型例でした。

ただ、大相撲の人気を支えた一人であることは間違いないです。とにかくお疲れ様でした。

令和元年 九州場所 感想

九州場所は白鵬の43度目の優勝で幕を閉じました。

白鵬は14勝1敗。後半につれて優勝に的を絞って集中力を上げていくスタイルは見事の一言。ただ、優勝が近づくにつれてかちあげなどが復活・・・。そういうのに頼らないと厳しいってのもあるんでしょうが、張り差しはともかくエルボーまがいのかちあげはやめてほしいですよね。

鶴竜が初日から休場。豪栄道は2日目から休場。カド番の高安は8日目から休場で大関転落となりました。
貴景勝はなんとか勝ち越しましたが、まだ先場所千秋楽の怪我は引きずっていた模様。少しずつ治していくしかないでしょうね。

栃ノ心も怪我で休場し大関復帰ならず。豪栄道、高安ももう大関を維持するのが難しい気がしますね。

御嶽海は明生戦でまぶたの上を切って6針縫ってから失速。結局6勝止まりで三役維持もできなくなりました。この人は精神力云々も言われますけど、身体を見ても、節制が出来ない人なのかなって。何場所前からも指摘していますが、太ってから相撲が崩れたと思っています。今場所の失敗を新たなスタートにしてほしいですが、このまま大関になれずに終わりそうです。

新小結の朝乃山が11勝と健闘。千秋楽勝っておけば、来場所にも大関取りの場所になった感じですが、ともかく起点にはなる成績。相撲も安定した大関相撲が取れるようになってきた。さっさと来場所か春場所で決めてほしいですね。大関の力はある。

阿炎が6場所連続勝ち越し。これは立派。三役も定着してきました。この人もたまに相撲で楽をしたがりますが、親方が必死に厳しくして手綱を握っている感じ。上を目指すには当たりをもう一段強くしてほしいですね。

炎鵬が6枚目で勝ち越し。これは立派。もう人気は幕内では一番と言っていいくらい。相撲も上手いし、前に出る力もある。上位との対戦が楽しみ。

新入幕の若隆景が素晴らしい相撲を見せて4連勝したのですが、そこで怪我。もったいなかった。しっかり治してもう一度上がってきてほしいです。

照ノ富士が幕下優勝を決めて関取復帰。これはうれしいニュース。なんとか幕内まで復帰してほしいですね。

相撲も世代交代が・・・

九州場所が始まっていますが、鶴竜が初日の相撲を取る前に休場。豪栄道が初日の相撲で怪我をして2日目から休場。
その2日目は上位陣が総崩れ。両関脇(栃ノ心、御嶽海)も敗れています。

御嶽海は上がっていくはず側の人間ですが、上位陣はみな満身創痍になってきています。貴景勝は怪我がまだ不安があるでしょうし、仕方ない部分もありますが。

朝乃山が安定感も出てきて、近いうちに大関に上がれそうな感じが出てきました。もっと化けてほしいですね。

ただ、鶴竜、白鵬がいまだに横綱を張れているのは、まだ代わりになる力士が出てきていないから。これ、外国人力士を一部屋一人に制限したことが影響していると思うんですよね。両横綱の頃は制限なかったですが、その後制限が出来て、モンゴル力士を含めて、段々と減ってきています。そうすると力のある力士というのも減ってくるわけで・・・。

もちろん外国人ばかりの上位陣というのは寂しい気もしますけど、代わりの日本人が弱いんだったら本末転倒かと思うんですけどね・・・。

もう少し外国人力士を緩和して、土俵を充実させた方がいいと思いますが、少数意見かもですね。。。

貴ノ富士引退

 日本相撲協会は11日、付け人への暴力などにより自主引退を促していた十両の貴ノ富士関(22)(千賀ノ浦部屋)が引退届を提出し、受理したと発表した。
貴ノ富士関はこれまで、「処分は重く、受け入れられない」などと反論していたが、代理人弁護士が発表した文書では、引退理由を「相撲を続けたい気持ちに変わりないが、協会とのやりとりに疲れ果てた」などとしている。相撲協会は自主的な引退として扱い、規定に従って退職金などは支給する。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は「(他の弟子たちに)暴力は絶対に駄目と、こんこんと教えていく」と話した。(読売新聞より)

貴ノ富士は一度暴力で処分されていたのに、再度暴力を振るった、ということで、仕方ない面ももちろんあると思うのですが、そういう教育しか受けてこなかった、という部分では、相撲協会にも責任はあると思うんですよね・・・。

本人が協会に失望した、というのも、そういう部分を思ってのことなんだろうな、と思います。

トカゲのしっぽ切りとしか思えない。親方だけに責任を取らせるのも違うと思うし。
この後、貴ノ富士が真っ当な人生を送れるといいんですが・・・。まだ若いですし。

かつてはバスケットをやっていたように、運動神経の優れた人物だと思うので、格闘技とか、プロレスとかに行くのかな?
本人の甘さが今回の騒動で改善されないと、成功は難しい気がしますが・・・。

色々、元貴乃花親方に問題があったんだろうな、と改めて感じます。なんとか本人もそうですし、その弟子たちがいい人生を送れるようになっていってほしいですね。

貴ノ富士の暴力

定例理事会で決議貴源治はけん責処分 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で定例理事会を開き、3日に付け人へ2度目の暴力が発覚した十両・貴ノ富士(22)=千賀ノ浦=に自主引退を促す決議を下した。協会はコンプライアンス委員会が調査した事案の概要を公表。暴力に加え「ニワトリ」とあだ名をつけた新弟子に「コケと言え」などの悪質な暴言、強要も発覚した。貴ノ富士の代理人弁護士は同日「懲戒解雇を視野に入れた厳罰で社会的に不相当」と、法廷闘争も辞さない声明を出した。(スポーツ報知より)

色々出てきますね。これで2回目とか考えると、解雇でも仕方ないかな、とは思うのですが・・・。

相撲協会側の責任ってのはないんですかね?そもそもこういう人間をここで放り出して、この後の人生を考えると・・・。とてもまっとうに生きられるとは思えない。

相撲協会で更生を考えませんか?

3度目の正直。仏の顔も3度まで。処分は厳しくても、相撲界でもう一回だけチャンスを与えてもいいかなと思うんですけどね・・・。1年くらい出場停止で、それでも本人が相撲でやり直す気があるなら残してあげてもいいかなと思います。

まぁ残してもまたやる気もするんですけどね(苦笑)

令和元年5月場所結果感想

令和元年最初の場所となった夏場所の各力士の短評など。
優勝
前頭8枚目
朝乃山 12勝3敗
今場所は力強い相撲が多かったですね。13日目の栃ノ心戦でも疑惑の判定がありましたが、相撲自体は朝乃山の出足が素晴らしかったし。14日目の豪栄道戦は今後の飛躍を期待させる力強い相撲でした。
ただ、千秋楽を負けたのは残念ですし、真価を問われるのは名古屋場所。大関候補に名乗りを上げるには来場所2桁勝つことですね。まずはそこから。
なんにしても優勝したことは素晴らしいこと。おめでとうございます。

横綱
鶴竜 11勝4敗
11日目の妙義龍、13日目の高安戦での敗戦がいかにももったいない。引く癖って言われるけど、押し切れないと出てしまうんでしょうね。後半になると疲れてくるのもあるかも。現状これが実力かな。

大関
豪栄道 9勝6敗
高安 9勝6敗
この2人に期待するだけ無駄ってことなのかな。高安は自力で大関に上がっているから期待してるんだけどなぁ。序盤の調子悪さは毎場所のこと。場所前の調整が下手過ぎないか?

貴景勝 3勝4敗8休
再出場はなんだったのか。大関は1場所は許されるのだから、しっかり休まないと。
引きずらないといいんだけどなぁ。怪我。
来場所はまず勝ち越すこと。頑張ってほしい。

関脇
逸ノ城 5勝7敗3休
再出場してから3勝1敗。この人も良く分からない力士だなぁ。気持ちの問題なんだろうか。

栃ノ心 10勝5敗
とにかく大関復帰おめでとう。11日目からの連敗はひざの状態も悪くなった影響もあったみたいですね。
体調さえ万全なら優勝だって狙える力士。しっかりとケアして来場所以降の活躍に期待。

小結
御嶽海 9勝6敗
3役を2年以上キープは素晴らしいんだけど、怪我もあったとはいえ2桁勝てないのが続いているのも事実。っていうか、身体が丸くなりすぎてると思う。もっとしっかりと鍛えて身体を作ってほしいんだけど、ここまでになっちゃいそうだよね・・・。

以下前頭
3枚目
玉鷲 10勝5敗
先場所は優勝の悪影響もあったかな。今場所の中盤以降は本来の力強さが戻った気がする。来場所は三役で活躍してほしいですね。
4枚目
阿炎 10勝5敗
終盤上位に当たって勝って2桁までいったのは立派。力強さが出てきましたよね。ただ、安易に引く相撲が多いのも事実。
5枚目
竜電 10勝5敗
今場所一番化けた力士。技能賞を獲得。相撲の上手さに力強さが合わさってきた。一気に大関狙えるかも。来場所に期待。
6枚目
嘉風 4勝11敗
体調もどこか悪かったとは思うのですが、以前の持ち味だった粘りがここ1年くらい見られなくなってきているのが気になる。引退が近いかも・・・。
12枚目
志摩ノ海 10勝5敗
新入幕で10番。敢闘賞は見事。この人も苦労人。若くはないので一気に突き抜けたいですね。
14枚目
炎鵬 7勝8敗
7勝2敗と勝ち越しまであと1番から6連敗。足の怪我がなければ・・・。
粘り強い相撲が、かえって怪我を呼び込む可能性も。小兵で抜群に相撲が上手いですが、宇良みたいになりそうで心配。
15枚目
琴恵光 8勝7敗
低い体勢から大きくない身体でしっかりと押す相撲に好感。ただ、上位に通用するにはまだ足りない。どう補っていくか来場所以降の課題。

次は名古屋場所。見に行きたい気もしますが、チケット取れるかなぁ。

栃ノ心大関復帰オメ

栃ノ心が14日目に鶴竜を注文相撲で破り10勝目をマーク。
規定により場所後の大関復帰を決めました。

変化で勝ちましたが、この結果は栃ノ心は悪くない。前日に放駒審判の出しゃばりにより、勝ち相撲を消されたことがすべて悪いと思います。
結果14日目に優勝が決まる流れにもなってしまいましたし・・・。

なんでビデオ判定では残っているって言っているのに言い張ったんでしょうかねぇ。すごく残念な場所になってしまいました。
外国人だから割を食ってる、と栃ノ心も思ってしまうところが悲しいですよね。。。

なんにしても、怪我も大分戻ってきているみたいで、この後も怪我には気を付けて大関を全うしてほしいです。

玉鷲が初優勝。貴景勝は昇進見送り

玉鷲が13勝2敗で初優勝。34歳ということですが、相撲も若いですし、30歳過ぎたあたりから更に強くなった印象。
この成績を活かして大関を狙ってほしいですね。

貴景勝は11勝4敗で大関昇進は見送り。多分、元貴乃花部屋出身じゃなかったら上がれたとは思うんですけどね・・・。千秋楽の相撲の内容が悪すぎました。
もう地力は大関ですし、来場所10番以上勝って文句なく上がってほしいです。

御嶽海は怪我がもったいなかった。それでも再出場していきなり白鵬を破ったのはすごかった。地力は完全に大関。今年中に上がれるように、しっかりと怪我を治してほしい。

で、問題の上位陣。白鵬、鶴竜ともに衰えが目立ってきました。もちろん怪我もあるんでしょうけど、ごまかしが効かなくなってきましたね。今年1年もつか。

大関はもっとひどい。怪我の栃ノ心、インフル明けだった高安はまだ多めにみます。豪栄道。あんたは話にならん。
もともと大関に上がること自体無理があった力士ですけどね。勝ち越したからOK、じゃないですよ。

いまだに3場所続けて2ケタ勝ったことが無い大関なんて聞いたことない。恥ずかしいのでさっさと落ちてほしいですね。

稀勢の里が引退して、さらに上位陣の入替が起こりそう。新しい力士の台頭も期待したいですね。

稀勢の里引退

稀勢の里引退。

成績からして仕方ないですよね。遅すぎた気もするし・・・。

周囲の期待とか、教会、横審、そういうものを背負わされすぎて、本当に強くなれないまま終わった。そういう印象です。
まぁ元々気持ちの弱さというか、プレッシャーに弱い部分があって、横綱の器ではなかった気もしますが、そもそも大関昇進時、横綱昇進時、プレッシャーを乗り越えてない状態で上げたことが、寿命を縮めたと思います。

そもそもそこで待ったをかけていたら横綱になっていなかったかも知れませんが・・・。タラレバですが、プレッシャーを乗り越えて大関、横綱に昇進出来ていたら、もう少し横綱で勝てる力士になった気がします。

いい親方になれるかどうか、こればっかりは分かりませんが、元横綱として、今後相撲協会を良くしていってほしいですね。

お疲れさまでした。

貴ノ岩暴行のち引退

大相撲の幕内・貴ノ岩(28)=千賀ノ浦=が7日、師匠・千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)とともに東京・両国国技館を訪れ、日本相撲協会に引退届を提出。即日、受理された。貴ノ岩は冬巡業中の4日夜、付け人の三段目・貴大将(23)に暴力を振るって部屋で当面の謹慎処分を言い渡されていた。厳罰は避けられない状況だったが、騒動を起こした責任を取って自ら身を引いた。引退後の会見では目を潤ませて猛省の言葉を繰り返した。(スポーツ報知より)

残念、というかなんというか。

貴乃花親方の指導とか、口では暴力はいけないと言っていましたが、そういう指導だったんだろうなぁというのが分かる結果、ですよね。その前には貴公俊が同じ付け人に対して暴行を起こしていたわけで。

日馬富士の暴行の被害者だったわけですけど、貴ノ岩に同情する人が少なかった部分も、なんとなくわかる結果になってしまいました。

日馬富士の引退も何のためにだったのか。そして何も伝わらなかった結果。

相撲協会が今後変わっていけばいいでしょうけど、そんなに簡単には変わらない、というのが良く分かる事件になりましたね。

今の時代は野球界もそうですし、暴力を使えない時代。これまでの体質はなかなか変わらないですけど、変わらざるを得ないところに来ています。こういう膿を今後に活かしてほしいですね。

貴乃花親方引退表明

日本相撲協会に退職届を提出した元横綱・貴乃花の貴乃花親方(46)=本名・花田光司=が25日、都内で引退記者会見を行った。
 黒いスーツに黒いネクタイで顧問弁護士、担当弁護士と共に現れた貴乃花親方は、退職届を提出した理由について、「(3月に内閣府に提出した)告発状を事実無根を認めないと、親方を廃業せざるをえないという要請を受けた。私は書面で告発状は事実無根ではないと説明してきたが、それを認めないと廃業せざるを得ないという要請を受けた。また一方で、日本相撲協会は、全ての親方はいずれかの一門(出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜)に所属することになった。このままでは私はどの一門に所属することもできません。弟子たちも安心して相撲を取ることはできない。断腸の思いではございますが、貴乃花部屋に所属している力士・床山、世話人の千賀ノ浦部屋への所属先の変更願いも提出しました。私、貴乃花光司は年寄を引退する旨の届けを提出いたしました。これが最善の策だと思い、苦渋の決断に至りました」と語った。(スポーツ報知より)

正直、貴乃花親方も頑な過ぎたとは思う。もう少しやりようがあったとも。ただ、この人は現役の頃からこういう部分はあったので、仕方ないとは思いますし、間違ったことはしていない。この部分は強みですよね。

教会は正直追い込んだところで辞めないだろ、とタカをくくっていたと思います。でもこういう形で表に出された以上、今後は逆風になるでしょうね。やり過ごすしかないでしょうが。
でも、色々爆弾を持っているのは貴乃花の方ですし、捨て身の相手には分が悪いでしょう。

人気がピークで八角さんもおごっていたんだと思います。さて、これからどうなりますか。生温かく見守りましょう。

プロレスだったら新団体が出来る流れですね(笑)。

大相撲夏場所序盤

夏場所が始まって5日目まで終了。

ここまで全勝は白鵬、栃ノ心、正代
1敗で鶴竜、逸ノ城らが追う形。

栃ノ心は今場所大関取りと言われていますが、とにかく強いです。安定感があります。怪我さえしなければ11番くらいは勝てるでしょうし、優勝での昇進もありえると思います。集中力を保って故障に気をつけて頑張ってほしいです。もう力は大関です。

白鵬は休養明けはきっちりと仕上げてきます。最近は3場所体力が続かない感じですけど、適度に休場を挟みながら上手く続けていけそうですね。

正代はいい内容ですし、ここから上位相手も面白そう。

鶴竜は引く癖が出てるし、ちょっと心配。あんまり体調良くないかも。

逸ノ城も大関クラスの安定感が出てきています。今場所まず2ケタ勝って足がかりを掴んでほしいですね。

遠藤が強くなってきています。勝ち越したら面白くなりますね。

今場所は栃ノ心が本命かな。白鵬がここからどうなるかが注目です。

栃ノ心が平幕優勝

栃ノ心が初場所で平幕優勝。14勝1敗という堂々の成績でした。

6日目の時点で栃ノ心が優勝するかも、とは思いましたが、とにかく内容が良かった。体調がいいという言葉もありましたし、元々力のある力士ですから、鶴竜に負けた後でも、そうは負けないかな、とは思いましたが、結局1敗のまま行ったのは立派の一言。
怪我さえなければ今頃大関になっていたかも知れない力士ですが、まだ30歳ですし、今場所の内容でしたらまだ分かりません。とにかく怪我に気をつけて、来場所をいい形で戦ってほしいですね。

鶴竜は11日目から4連敗。1つ負けた途端に引きが悪い方に出た形でしたけど、どっか痛めたのかもしれません。そこまでは全然そんなそぶりもなかったし、内容が抜群だっただけに、悪い癖、ではない気がします。
復活の一端は見せたので、来場所が重要。今場所10連勝で見せた内容を15日間取れるように調整してほしい。

高安の12番は立派。来場所は優勝争いに絡んでほしいですね。

豪栄道は大関を返上してほしい。いまだに2場所連続2ケタを勝ったことがない大関なんて聞いたことない。今場所は上位が休んでいるのに8番。恥ずかしいと思え。

御嶽海が7連勝から結局8番止まり。この経験をどう次の場所に活かすか。地力UPを図ってほしいですね。

若い力士がどんどん出てきていますし、来場所も楽しみです。色々不祥事が出ているのは残念ですけど・・・。

少しずつでも改革を進めてほしいですね。

とにかく栃ノ心には感動しました。おめでとうございます。

2横綱が休場

初場所が行われていますが、白鵬が5日目から、稀勢の里が6日目からそれぞれ休場しました。

ただ、同じ休場でも内容が違いますよね。白鵬は先場所優勝していますし、立ち合いの張り差し、かちあげを封印された影響が出た形ですが、稀勢の里は4場所休場明けにもかかわらず、出場に踏み切ったのにまたも途中休場。
いくら横綱は休場する権利があるとはいえ、これはひどい。結局休場する直前の怪我をひきずっている形。まぁ1年やそこらで治る怪我ではないんでしょうけど、それならそれでしっかりと戦える状態に作るまで休めばいいし、今の身体で戦えるように1場所捨ててでも皆勤するか。
中途半端な形で途中休場を繰り返すのは、能力がないとしか言いようがない。そもそも横綱にするのは反対でしたけどね・・・。

嫌でも次は進退がかかるでしょうけど、復活は厳しいでしょうね。

白鵬も1年皆勤は厳しい感じになっていますので、この休場を来場所以降に活かしたいところ。でも、立ち合いをどうするかは致命傷になるかもしれません。

鶴竜が今場所ここまで6連勝と見事な復活。ただ、1人横綱になってプレッシャーがかからないといいんですけど、今場所はまずは優勝争いを最後まで演じて、優勝出来れば万々歳。最後まで絡んで、進退問題をふっ飛ばしてほしいですね。

御嶽海も6連勝と強くなっています。今場所はチャンスですし、13番くらい勝ってほしいです。そうすれば大関も見えてきます。
意外と栃ノ心が優勝する気もしますが(笑)。

日馬富士引退

日馬富士が引退。

理由が理由だけに残念、としか言えないですね。僕は好きな力士でしたし、白鵬なんかよりも品のある相撲を取るので、横綱らしい横綱と思っていました。

もちろん暴力をふるったのは事実なんでしょうけど、色々政治利用されちゃったかな、という感じがします。

貴ノ岩は復帰できるのかなぁ。。。

力は落ちてきていたし、限界が近かったのは事実。でもこういう引退は見たくなかったですね。

白鵬が40回目の優勝

白鵬が九州場所で40回目の優勝。

今場所は休場明けでしたが、しっかりと身体を休めた分、強かったですね。多分、年6場所をフルで戦う体力は無くなってきていると思うんですけど、しっかりと休養する期間を作ればまだまだ強い、という形なのかな、と思いました。

怪我後に自分の身体を作れない稀勢の里とは対照的ですね。まぁ怪我が重いんでしょうけど。

色々なゴタゴタについてはとりあえず保留。貴乃花親方もよっぽどなにかあるんでしょうしね。それが見えないことには・・・。

怪我人が多すぎますが、若い力士が上位に上がってきて変わってきています。来場所も面白くなってほしいですね。

元時天空の間垣親方が死去

悪性リンパ腫で引退。37歳という年齢というのもあって早かったですね・・・。

足技の名人で、どこからでも足が出る最近では珍しい異能力士でした。ひょうひょうと、という言葉がこんなに似合う人も珍しい力士でした。

親方になったばかりで、間垣親方、というよりは時天空とまだ呼びたいですね。ご冥福をお祈りします。

稀勢の里初優勝、横綱へ

はぁ。あーあ、横綱を「作っちゃった」。

双羽黒や大ノ国で失敗してから、2場所優勝または準ずる成績で、無理矢理横綱にするのはやめていたのに。

無理矢理大関にしていまだに直近3場所で33勝すらできない豪栄道なんて大関を作って失敗しているのに。

稀勢の里の初優勝は、運もあったけど、それは立派だと思う。ただ、それですぐに横綱というのはだめでしょ。今まで散々無理矢理理由を作って綱取り場所に仕立て上げても達成できなかった人なんだから、せめて来場所綱取り場所を乗り越えさせないと。

横綱の綱ってそんなに軽いのか。あと、稀勢の里が綱の重みに耐えられると思えないんだけど。

しかし、稀勢の里の横綱にして喜んでいる人っているんかねぇ。相撲ファンはほとんど反対してる気がするんだけど。後援会とかは別だけどさ。

横綱を作ろうとしている人たちにはがっかりです。
ま、なって以降一度も優勝できずに終わらないといいですね。(そうなるんじゃないかって思っています。)
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
28日 パロマ瑞穂球場
ボーイズリーグ大会

29日 千種SS
B2リーグ FE名古屋戦
Recent Comments
  • ライブドアブログ