コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2009年秋

秋季愛知県大会5日目結果

詳しくはこちら

熱田球場
(1)愛産大工3−4名古屋国際
(2)東邦5−3桜丘
豊田球場
(1)中京大中京12−4刈谷
(2)豊川6−0大府

中京大中京は結果的に8回コールド勝ちを納めていますが、7回までは同点と苦戦。刈谷は善戦したといえると思います。夏の決勝戦よりも善戦したとおもうんですよね。ただ、21世紀枠は厳しくなりましたね・・・。
豊川は大府に完勝。その前の試合を見た限りでは豊川のが分がいいとは思っていましたが、予想以上の完勝でした。

準決勝組み合わせ
10月3日
熱田球場
(1)東邦−名古屋国際
(2)中京大中京−豊川

中京が準決勝進出を決めたので、国体の兼ね合いで、10月3日に延期となりました。
おかげで準決勝は見に行けることになりました。楽しみです。

熱田球場に来ました。

1feec43d.jpg雨で開始を遅らせていましたが、1時間遅れで開場しました。
雨もあがりましたしやれそうです。

秋季愛知県大会4日目結果

詳しくはこちら

熱田球場
(1)天白0−3名古屋国際
(2)愛産大工8−2中部大第一
春日井球場
(1)桜丘7−4碧南工
(2)東邦8−1星城
小牧球場
(1)刈谷7−3成章
(2)中京大中京6−3誉
豊田球場
(1)愛産大三河0−1大府
(2)至学館2−8豊川

天白は健闘しましたが、惜しくも破れました。
愛産大工は終盤に中部大第一を突き放して勝利。
桜丘は大苦戦も延長に持ち込みサヨナラ3ランで幕。
刈谷は成章の5人内野手という奇策を打ち破り快勝。
中京大中京は序盤のリードで逃げ切り。
東邦は星城を中盤突き放して圧勝。

それぞれ見ごたえのある試合だったようです。

22日のカード
熱田球場
(1)愛産大工−名古屋国際
(2)東邦−桜丘
豊田球場
(1)中京大中京−刈谷
(2)豊川−大府

注目は中京大中京−刈谷。どこまで刈谷が中京相手に食い下がるか。注目です。21世紀枠を狙う上でも重要な1戦になります。

明日は熱田球場に行く予定です。

愛産大三河−大府 観戦記(2009年秋季愛知県大会)

9月20日に豊田球場で行われた第1試合、愛産大三河−大府の観戦記です。
啓成を延長で破った愛産大三河と大府がどういう試合をするか。接戦を期待して観戦しました。

愛産大三河
000000000|0 H6 E1
10000000X|1 H7 E1
大府

愛産大三河
浅野−金子
大府
山下−山田

投手成績
愛産大三河
浅野(1)8回 103球 被安打7 四死球3 三振4 失点1
大府
山下(1)9回 126球 被安打6 四死球5 三振6 失点0

愛産大三河の浅野君は右のオーバーハンド。やや小柄。まっすぐは目測で130kくらい。スライダーとチェンジアップで組み立てていました。
大府の山下君も右のオーバーハンド。こちらもやや小柄。テイクバックが大きい。スライダー、アウトローのまっすぐを勝負どころでいいところに投げ込んでいました。まっすぐはこちらも130kくらいかな?

(試合経過)
続きを読む

秋季愛知県大会3日目結果

詳しくはこちら

豊橋球場
(1)愛産大工6−4豊田西
(2)一宮興道1−4桜丘
(3)中京大中京6−4大同大大同
春日井球場
(1)碧南工5−2新川
(2)栄徳1−9星城
熱田球場
(1)至学館3−2愛工大名電
(2)東邦12−0名城大付
刈谷球場
(1)刈谷1X−0高蔵寺
(2)豊川7X−6愛知
阿久比球場
(1)岡崎商6−10大府
(2)豊田大谷1−4成章
小牧球場
(1)半田工0−3誉
(2)愛知啓成2−3X愛産大三河

名電が至学館に敗れました。至学館なら、苦しめるとは予想していましたが、やはり勝つということはすごいことです。かなり力をつけてきていますね。それにこういう実績というのは大きいです。

愛知啓成が愛産大三河に敗れました。やはり、夏までのレギュラーがすべて3年生で、やや攻撃力に不安を持っていましたが、競り勝てませんでしたね。三河もいいチームですので、波乱、という程ではないにせよ、もったいない敗戦です。
刈谷は辛勝。愛知も豊川を苦しめましたが一歩及びませんでした。
半田工も期待していましたが、1点も取れなかったんですね。残念です。
東邦は圧勝。好スタートですね。星城−栄徳が一方的になったのは驚きました。
一宮興道も残念でした。

明日のカード
熱田球場
(1)天白−名古屋国際
(2)愛産大工−中部大第一
春日井球場
(1)桜丘−碧南工
(2)東邦−星城
小牧球場
(1)刈谷−成章
(2)中京大中京−誉
豊田球場
(1)愛産大三河−大府
(2)至学館−豊川

熱田の2カード。刈谷−成章。豊田の2カードは勝敗の読みにくい好カード。
また、勢いに乗る星城が東邦相手にどういう試合をするか注目です。
明日は迷いに迷いましたが、豊田球場に行く予定です。

秋季愛知県大会19日カード

19日に行われるカードです。
豊橋球場
(1)愛産大工−豊田西
(2)一宮興道−桜丘
(3)中京大中京−大同大大同
春日井球場
(1)碧南工−新川
(2)栄徳−星城
熱田球場
(1)至学館−愛工大名電
(2)東邦−名城大付
刈谷球場
(1)刈谷−高蔵寺
(2)豊川−愛知
阿久比球場
(1)岡崎商−大府
(2)豊田大谷−成章
小牧球場
(1)半田工−誉
(2)愛知啓成−愛産大三河

好ゲームが目白押しです。この日は見に行けないので・・・。非常に残念です。
勝敗の読めないカードが盛りだくさん。すべての球場におもしろい試合がある感じですね。
あえて挙げるなら、至学館−愛工大名電、愛知啓成−愛産大三河、愛産大工−豊田西でしょうか。
刈谷−高蔵寺も捨てがたいですね。熱戦を期待します。

弥富−天白 観戦記(2009年秋季愛知県大会)

9月13日に小牧球場で行われた第3試合、弥富−天白の観戦記です。
4回終了時までしか見ていないので、そこまでの感想などになります。
中部大第一に勝って県大会に進んだ天白高校。エースの森君は1年時に夏の大会で東邦戦で慌てさせているピッチャーでしたので注目していました。

弥富
110100000|3
00101210X|5
天白

弥富
甲斐(10)、上田、三浦(1)、安井−加藤
天白
森(1)−小林

弥富の先発の甲斐君は右のオーバーハンド。アーム投げ。まっすぐとスライダーのコンビネーション。まっすぐはそこそこでしたね。
三浦君は見てないですが、登板して乱調だったようです。四球で自滅。もったいなかったですね。
安井君は地区予選で見ています。
天白のエース森君は右のオーバーハンド。まずまず球威があります。スライダーとチェンジアップを投げていました。安定感がありそうですね。

(試合経過)
続きを読む

秋季愛知県大会2日目結果

詳しくはこちら

小牧球場
(1)杜若1−4愛産大工
(2)半田工7−0同朋
(3)天白5−3弥富
豊橋球場
(1)豊川7−2知立東
(2)豊田西10−7豊川工
熱田球場
(1)成章5−1向陽
(2)至学館7−3春日丘
春日井球場
(1)大同大大同7−0一宮
(2)中京大中京14−0知立
阿久比球場
(1)岡崎商10−2丹羽
(2)享栄0−1名古屋国際
刈谷球場
(1)愛産大三河10−0犬山
(2)西尾東5−X6中部大第一

何といっても享栄が敗れるビッグサプライズ!
名古屋国際もそこそこは強い学校ですが・・・。地区予選も1位抜けしたわけではないところに負けていては・・・。ちょっと享栄の名が泣いています。
天白が弥富に勝ってベスト16に進出。4回まで見ていましたが、なんとかなるのでは、と思っていました。それでもここまで勝ち進むのはすごいですね。
至学館は春日を撃破。もともとセカンド私学としては春日のが格上のはずですが、今の力関係は至学館のが上に思います。次の名電戦が楽しみです。

中京大中京はさすがの圧勝。やはり新チームになっても強いです。ちょっと一皮剥けたかな。

次は19日に残りの2回戦が行われます。

同朋−半田工 観戦記(2009年秋季愛知県大会)

9月13日に小牧球場で行われた第2試合、同朋−半田工の観戦記です。
同朋は地区予選は1位抜けしたものの、2次Tでは栄徳に完敗。その同朋と、エースが残り、知多予選では2位で県大会に出てきた半田工がどういう試合をするかに注目をして観戦しました。

同朋
00000000|0 H3 E3
00000232|7 H7 E1
半田工
(8回コールド)
同朋
西田、鈴木−小笠原
半田工
吉川−西山
投手成績
同朋
西田(10)7回 94球 被安打6 四球2 三振2 失点5(自責点2)
鈴木(1)2/3 21球 被安打1 四球1 三振0 失点2
半田工
吉川(1)8回 82球 被安打3 四球0 三振7 失点0

同朋の先発西田君は右のオーバーハンド。ひじをトップで固定して投げるフォーム。球威はあんまりない。ボールが動いているのか、引っ張ると術中にはまるピッチャーです。
鈴木君は栄徳戦でも見ています。右のサイドハンド。この日はコントロールもいま一つで球威もなく捕まりました。
半田工の吉川君は右のオーバーハンド。いい体格をしているし、なかなか球威があります。コントロールもいいですし、レベルの高いピッチャーです。

(試合経過)
続きを読む

杜若−愛産大工 観戦記(2009年秋季愛知県大会)

9月13日小牧球場で行われた第1試合、杜若−愛産大工の観戦記です。
どちらのチームも、夏までのチームになかなか力があったチーム。新チームになってどんなチームになったかに注目をして観戦しました。

杜若
000000010|1 H5 E2
11000020X|4 H4 E0
愛産大工

杜若
三木、梅村、昇−木村
愛産大工
小澤−犬飼
投手成績
杜若
三木(1)6回1/3 94球 被安打4 死球1 三振0 失点4
梅村(12)2/3 6球 被安打0 四球0 三振1 失点0
昇(11)1回 20球 被安打0 四球1 三振2 失点0
愛産大工
小澤(1)9回 14球 被安打5 四球0 三振10 失点1

杜若のエース三木君は左のオーバーハンド。1年生です。左にしてはそこそこ球威もありますし、変化球を低めに集めて丁寧なピッチングができます。一冬越して、さらに球威が上がれば楽しみなピッチャー。
梅村君の左のオーバーハンド。
昇君は右のオーバーハンド。そこそこ速いですが、コントロールはアバウト。球威で抑え込むピッチャーです。
愛産大工の小澤君は右のサイドハンド。大小2種類のスライダーと手元で動くまっすぐ。少しずつ球速も変えながら、うまいピッチングで抑えます。コントロールも良く、大崩しないピッチャーに思います。

(試合経過)
続きを読む

秋季県大会1日目結果

詳しくはこちら

熱田球場
(1)天白1−0半田東
(2)名古屋国際5−2新城東

阿久比球場
(1)誠信3−4中部大第一
(2)一宮興道7−1時習館
刈谷球場
(1)安城学園3−5碧南工
(2)星城6−2東海南
(3)栄徳9−0津島北
豊橋球場
(1)三好2−3名城大付
(2)高蔵寺4−3東海商
小牧球場
(1)豊田西−豊川工(雨天ノーゲーム)
(2)杜若−愛産大工(中止)

個人的に注目していた天白、一宮興道が勝ってくれてうれしかったです。
小牧球場のみ中止。豊田西はリードしていてのノーゲームのようです。
新城東も7回で打ち切りでかわいそうでしたね。こればっかりは運もありますし・・・。

13日のカード
小牧球場
(1)杜若−愛産大工
(2)同朋−半田工
(3)天白−弥富
豊橋球場
(1)豊川−知立東
(2)豊田西−豊川工
熱田球場
(1)成章−向陽
(2)至学館−春日丘
春日井球場
(1)大同大大同−一宮
(2)中京大中京−知立
阿久比球場
(1)岡崎商−丹羽
(2)享栄−名古屋国際
刈谷球場
(1)愛産大三河−犬山
(2)西尾東−中部大第一

中京大中京が登場します。新チームの実力はいかに。
個人的に注目している至学館、豊川の戦いぶりにも注目。享栄も登場します。
明日は小牧球場か、熱田に行く予定です。

津島北−栄徳 観戦記(2009年秋季愛知県大会)

9月12日に刈谷球場で行われた第3試合、津島北−栄徳の観戦記です。
阿久比球場から移動して観戦したので、試合は2回裏のところからになりました。
栄徳は地区トーナメントで見たときに同朋を圧倒していましたので、津島北がどこまで食らいつけるか、と思っていましたが、一方的になりました。

津島北
0000000|0
222102X|9
栄徳
(7回コールド)
津島北
浅野(1)−永井達
栄徳
加藤滉(1)−大河内、相羽

津島北のエース、浅野君は右のスリークォーター。まっすぐはぼちぼちの速さですが、ちょうど栄徳には打ち頃になってしまった印象です。コースを一生懸命狙うのですが、狙いすぎて決まらない印象でした。
加藤滉君は右のオーバーハンド。まずまず球威があります。牽制が速くうまいですね。まっすぐとスライダーのコンビネーション。

(試合経過)
続きを読む

一宮興道−時習館 観戦記(2009年秋季県大会)

9月12日阿久比球場で行われた第2試合、一宮興道−時習館の観戦記です。
大会前に注目校として上げた一宮興道が時習館相手にどういう試合をするかに注目をして観戦しました。

一宮興道
010040020|7 H15 E0
000000100|1 H6 E2
時習館

一宮興道
柏谷−野田
時習館
佐々木、太田−伊藤

投手成績
一宮興道
柏谷(1)9回 117球 被安打6 四球1 三振6 失点1
時習館
佐々木(1)5回 71球 被安打9 四球2 三振1 失点5
太田(10)4回 37球 被安打6 四球0 三振0 失点2

一宮興道のエース柏谷君は左のサイドハンド。スリークォーターにやや近い投げ方。やや変則で球速はそんなにないですが、コントロールが良く、変化球でカウントを稼げるあたりがいいピッチャーですね。
時習館の佐々木投手は右のオーバーハンド。球速はぼちぼち。オーソドックスな癖のないピッチャー。
太田君は右オーバーハンド。やや立ち投げ。球威は佐々木君よりは落ちます。

(試合経過)
続きを読む

誠信−中部大第一 観戦記(2009年秋季県大会)

9月12日に阿久比球場で行われた第1試合、誠信−中部大第一の観戦記です。
どちらも私学の強豪として4強を追う学校。その両者のぶつかりあいということで、熱戦に期待しました。また、お互いに夏までの投手が残っているので、チーム力にも期待して観戦しました。

誠信
100000011|3 H13 E1
00031000X|4 H9 E1
中部大第一

誠信
田代−滝沢
中部大第一
相木、吉見−広重

投手成績
誠信
田代(1)8回 130球 被安打9 四死球6 三振5 失点4
中部大第一
相木(10)6回 68球 被安打7 四球2 三振0 失点1
吉見(1)3回 48球 被安打6 四球0 三振1 失点2

誠信の田代投手は右のサイドハンド。まっすぐはサイドにしてはまずまずの速さ。この日はスライダーがやや抜け気味でした。
相木投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまずまず。低めに丁寧に投げていました。
吉見投手は左のスリークォーター。小柄でまっすぐはそれほど速くはないです。スライダーは曲がりが大きい。まっすぐがシュートしたり、カット気味に入ってきたりします。

(試合経過)
続きを読む

阿久比球場に来ました。

13d541b1.jpg雨が遅くなりそうでしたので、阿久比球場に来ました。
第一試合は、誠信−中部大第一です。

秋季愛知県大会が明日からスタート

明日からいよいよ秋季大会がスタートします。

明日のカード

熱田球場
(1)天白−半田東
(2)名古屋国際−新城東
小牧球場
(1)豊田西−豊川工
(2)杜若−愛産大工
阿久比球場
(1)誠信−中部大第一
(2)一宮興道−時習館
刈谷球場
(1)安城学園−碧南工
(2)星城−東海南
(3)栄徳−津島北
豊橋球場
(1)三好−名城大付
(2)高蔵寺−東海商

ただ、天気が心配です。大雨にならなければやるでしょうけど、日中雨予報ですからね・・・。
小牧球場に行く予定です。阿久比か迷っていたのですが、天気が心配ですので・・・。

秋季愛知県大会組み合わせと展望

詳しくはこちら。(愛知県高野連HP)

初戦から好取組が多い印象です。
各ゾーン展望です。
Aゾーン
シード校は弥富と西尾東。
弥富は初戦に天白が来たら苦戦すると思われます。その次は享栄が有力。
西尾東は初戦が中部大第一と誠信の勝者。どちらも旧チームからエースが残る有力校。この試合自体も楽しみな1戦です。また、豊田西、愛産大工、杜若と有力校も多く混戦です。
享栄と予想します。
Bゾーン
シード校は桜丘と東邦。
桜丘はなかなか投手力が安定している感じです。組み合わせもまずまず恵まれた印象ですので、ベスト8までは来ると思います。
東邦は初戦の三好、名城大付の勝者と少し嫌な相手。また星城、栄徳と地力が高いので、どちらが来ても嫌な相手です。
東邦と予想しますが、楽な展開にはならないと思います。
注目に上げた一宮興道が時習館と初戦。いい試合を期待したいです。
Cゾーン
シード校は刈谷と誉。
刈谷はこちらも初戦から気は抜けない相手。高蔵寺、東海商、どちらも公立で地力の高いチームです。そこを突破すると成章と豊田大谷の勝者が来ると思います。どちらが来ても難敵です。
誉のゾーンには中京大中京が入りました。中京はシードされませんでしたが、いいくじを引いたと思います。1回戦2回戦は問題なく突破できるのでは、と思います。
誉は同朋−半田工の勝者。半田工はエースの山本君が残っているので、楽しみなチーム。誉としても油断が出来ない初戦となります。
ここは中京大中京と予想します。
Dゾーン
シード校は大府と愛工大名電。
激戦ゾーンとなりました。大府は初戦は岡崎商−丹羽の勝者となりますが、岡崎商が有力ですが、なかなか強いチーム。
また次が愛知啓成、愛産大三河がいます。啓成も初戦が愛産大三河が有力で厳しい初戦となります。
名電は初戦に至学館−春日丘の勝者。ここは至学館が有力と思いますが、至学館はかなり地力が高いとみています。名電も苦しい試合も予想されます。ここを突破すると豊川、愛知がいますが、ここは豊川が有力。豊川もピッチャーに力があるので、厳しい戦いが続きます。
どの組み合わせになっても好取組が続くゾーンになります。名電が有力とは思いますが、至学館、愛知啓成、豊川、愛産大三河にも可能性は残ると思います。

私学4強がゾーンでばらけました。ただ、どのゾーンにも伏兵もいて、楽な組み合わせはない気がします。一番名電が厳しく、享栄がやや恵まれた印象ですが、ここからどういう勝ち上がりになるか、楽しみです。

コウ的秋の県大会注目校(2) 刈谷高校

秋の注目校。2校目は刈谷高校。
言わずと知れた、夏の県大会準優勝校。新チームになってどうなるか注目されましたが、ここまでは見事な戦績となっております。

◆西三河1次リーグ
刈谷17−1豊野
刈谷10−0岡崎西
刈谷5−1知立東
刈谷3−1碧南工
◆西三河決勝トーナメント
刈谷7−0知立
刈谷5−1岡崎商
刈谷3−1愛産大三河
刈谷7−0西尾東

愛産大三河戦を見ましたが、堅実でいて大胆な守備は引き継いでいました。また、エースナンバーの一際大きいのが目に付きました。攻撃は公立ゆえの非力さというものはありますが、集中打やここぞというところで集中力を発揮できる力があります。
ここまで公式戦は全勝ですし、碧南工、岡崎商、愛産大三河、西尾東と西三河では強豪といえる学校を破っています。しかも失点が少ないのがいいですね。

この秋、ベスト4以上行ければ21世紀枠も狙えると思います。シードを持っていますのでまずはクジ運も大事になってきますが、この秋の話題の中心になる学校と思っています。

コウ的秋の県大会注目校(1) 一宮興道高校

もうすぐ秋の県大会が始まります。地区予選の結果や実際に見た中で気になった学校を私的に取り上げます。

個人的に注目しているのが、一宮興道。最近でも県大会には出ていないし、割と順番に強い学校が出てくる一宮勢の中では常に弱小の部類に入っていた学校。調べたら2005年春季以来の県大会出場、夏は2006年に1勝していますが、その前後は初戦敗退が続いています。

それがこの秋は快進撃。
◆一次リーグ
一宮興道1−2弥富
一宮興道12−7江南
一宮興道6−3起工
一宮興道7−6津島
◆2次トーナメント
一宮興道2−1津島北
一宮興道3−8愛知啓成
◆敗者復活戦
一宮興道2−1誠信

県大会に進出した弥富や津島北、誠信と接戦を行い、愛知啓成ともいい試合をしています。

一試合だけ見ましたが、監督さんが厳しい中にも具体的に注意している感じで、選手も出来ることをきっちり行っていたように感じたのが印象的でした。

エースを見ていないので分かりませんが、旧チームからのエースですし、チームとしての魅力もあるように思います。

昨年の一宮西のように、県大会でも快進撃を期待します。

愛産大三河−刈谷 観戦記(2009年秋季西三河2次T)

8月26日に豊田球場で行われた第2試合、愛産大三河−刈谷の観戦記です。
旧チームはシード校だった愛産大三河、夏に決勝まで進んだ刈谷が、新チームになって、どういうチームになったかに注目して観戦しました。

愛産大三河
000000010|1 H7 E1
00000300X|3 H7 E2
刈谷

愛産大三河
入江、永井−金子
刈谷
清水−高須

投手成績
愛産大三河
入江(18)7回 133球 被安打7 四死球6 三振5 失点3
永井(17)1回 15球 被安打0 四球0 三振1 失点0
刈谷
清水(10)9回 132球 被安打7 四球1 三振3 失点0

愛産大三河の入江君は右のオーバーハンド。上背はまずまず。腕が遅れて出てくるピッチャー。力投型。まっすぐはまずまず。スライダー、落ちる球を投げてます。
永井投手は左のオーバーハンド。まっすぐとスライダーのコンビネーション。
刈谷の清水投手は左のスリークォーター。スライダーの切れはいいです。まっすぐはそんなに速くないですが、チェンジアップを交えてコンビネーションで打ち取ります。

(試合経過)
続きを読む

安城学園−西尾東 観戦記(2009年秋季西三河2次T)

8月26日に豊田球場で行われた第1試合、西三河の決勝Tの準決勝、安城学園−西尾東の観戦記です。
勝った方が県大会のシードを獲得する大事な試合、お互いの新チームのチーム力に注目して観戦しました。

安城学園
000000000|0 H4 E1
20000030X|5 H7 E2
西尾東

安城学園
高橋、藤高−佐藤
西尾東
村松、市川、岩崎、池田−山本、藤井

投手成績
安城学園
高橋(1)6回0/3 83球 被安打7 四死球3 三振1 失点5
藤高(10)2回 20球 被安打0 四球0 三振0 失点0
西尾東
村松(1)3回 48球 被安打3 四球2 三振2 失点0
市川(11)2回 24球 被安打0 死球1 三振0 失点0
岩崎(16)2回 20球 被安打0 四球0 三振1 失点0
池田(10)2回 32球 被安打1 四球0 三振0 失点0

安城学園の高橋投手は右のスリークォーター。まっすぐは結構速く、球威はあります。ややアーム投げ。途中、急に乱れるなど、荒れ球傾向。
藤高投手は左のオーバーハンド。フォームの感じよりもまっすぐが来ない印象。それがうまくはまった感じがします。
西尾東の村松君は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。いいカーブを投げます。左打者には自信があるのでは?2回に自打球を当ててそれもあっての早期降板だったように思います。
市川君は右のスリークォーター。上背があります。まっすぐはまずまず。
岩崎君は小柄な左のオーバーハンド。
池田投手は右のオーバーハンド。チェンジアップで緩急をつけていました。

(試合経過)
続きを読む

県大会出場校確定

推薦 中京大中京

名古屋地区 ◎愛工大名電、◎東邦、名城大付、愛産大工、至学館、高蔵寺、享栄、天白、栄徳、同朋、向陽、星城、大同工大大同、愛知、中部大第一、名古屋国際、春日丘

東三河 ◎桜丘、豊川、豊川工、成章、時習館、新城東

西三河 ◎西尾東、◎刈谷、安城学園、愛産大三河、豊田西、三好、岡崎商、碧南工、杜若、知立東、知立、豊田大谷

知多 ◎大府、半田工、東海商、東海南、半田東

尾張 ◎弥富、誉、愛知啓成、丹羽、犬山、津島北、新川、一宮興道、一宮、誠信

◎はシード校

尾張は通常2校がシードですが、中京大中京が甲子園で優勝したので、たぶん、中京がシードになると思われます。

主な県大会を逃した学校
津島、津島東、一宮工、清林館、半田、横須賀、大府東、岡崎城西、刈谷工、碧南、安城南、渥見農、福江、豊橋中央、瀬戸、菊華、松蔭、桜台、愛知商など。

9月8日が抽選会で、9月12日から県大会が始まります。

杏和−津島北 結果

杏和
000100101|3
00031210?|7
津島北

6回裏から見てました。
6回裏、無死1、3塁からダブルスチール。さらに1死満塁からスクイズ成功。2塁ランナーはホームタッチアウト。
7回表、無死1塁でピッチャー交代、石原。2死1、2塁から2番が1塁線を破るタイムリー。
7回裏、無死3塁から犠牲フライ。
9回表、1死2、3塁から1塁ゴロの間に1点。7−3で津島北が勝ち県大会切符を手にしました。

同朋−栄徳 観戦記(2009年名古屋地区決勝T)

8月21日に栄徳Gで行われた第2試合、同朋−栄徳の観戦記です。
どちらも一次を1位で突破して、すでに県大会を決めている状態ですので、純粋にどういう新チームかに注目して観戦しました。
6回表までしか見ていないのでご了承ください。

同朋
000000|0
060103|10
栄徳

同朋
鈴木(1)、江口(11)、伴野(17)−青山
栄徳
秋山(8)−相羽

同朋の鈴木君は右のサイドハンド。球威はそんなにないです。低めをついて打たせて取るピッチャー。
江口君は右のオーバーハンド。上から投げるピッチャー。球威はそこそこ。
伴野君は小柄のサウスポー。

栄徳の秋山君は左のオーバーハンド。今年の春の松蔭戦で見ています。前のチームから投げているだけあってマウンド慣れしているのを感じます。低めにボールを集められますね。

(試合経過)
続きを読む

南山−春日丘 観戦記(2009年名古屋地区2次T)

8月21日に栄徳Gで行われた南山−春日丘の観戦記です。
向陽に敗れ、2次の県大会進出トーナメントに回ってきた春日丘。新チームがどんなチームかに注目して観戦しました。

南山
000000200|2 H6 E1
00010040×|5 H9 E0
春日丘

南山
吉野−西村
春日丘
松本、小林−浜崎

投手成績
南山
吉野(1)8回 131球 被安打9 四球3 三振3 失点5
春日丘
松本(1)7回 92球 被安打6 四死球0 三振3 失点2
小林(10) 2回 27球 被安打0 四球1 三振1 失点0

南山の吉野君は右のスリークォーター。球威はそこそこですが、丁寧に低めに投げて打ち取れるピッチャー。
春日丘の松本君は右のオーバーハンド。上背は結構あります。まっすぐはまずまず。スライダーとのコンビネーションで打たせて取るピッチャー。低めに投げようという意識が強い。
小林君も右のオーバーハンド。球威は松本君に比べると少し落ちます。カーブを投げて緩急をつけてきます。

(試合経過)
続きを読む

杏和−清林館 観戦記(2009年秋季地区2次T)

8月19日に小牧球場で行われた第3試合、杏和−清林館の観戦記です。
2次Tとして、負けた方は県大会への道が断たれる厳しい試合。かつては弱小校でしたが、このところ少しずつ力を付けてきている両チームがどういう野球をするかに注目して観戦しました。

杏和
001000300|4 H10 E0
020000010|3 H8 E2
清林館

杏和
鎌田−川村
清林館
江川−多田

投手成績
杏和
鎌田(1)9回 136球 被安打8 四死球6 三振5 失点3
清林館
江川(1)9回 117球 被安打10 四死球3 三振4 失点4
杏和の鎌田君は右のオーバーハンド。きれいなオーバーハンドをしています。まっすぐはそこそこ。
清林館の江川君は右のスリークォーター。やや手投げですが、軽く投げてコントロールを重視して投げている感じがします。あんまり速くはないですが、丁寧には投げている印象です。

(試合経過)
続きを読む

誠信−小牧 観戦記(2009年秋季地区2次T)

8月19日に小牧球場で行われた第2試合、誠信−小牧の観戦記です。
少人数ながら、たまに県大会にも進んでくるチームを作る小牧高校が、誠信にどういう試合を挑むか、また誠信の新チームがどうかを注目して観戦しました。

誠信
301002100|7 H9 E2
000020000|2 H7 E6
小牧

誠信
田代−滝沢
小牧
松田−溝口

投手成績
田代(1)9回 110球 被安打7 四球1 三振6 失点2
小牧
松田(1)9回 128球 被安打9 四死球4 三振6 失点7

誠信の田代君は右のサイドハンド。夏も投げていたピッチャーです。もう一人夏は2年生でエースだった岩田君がいますが、エースナンバーに昇格したようですね。球威はまずまず。外のコントロールがいいピッチャーですね。
松田君は右のスリークォーター。割と体格も大きく、公立にしてはそこそこ速い球を投げます。スライダー、カーブ、落ちる球を駆使して投げ分けます。

(試合経過)
続きを読む

松蔭、愛知商、星城、決定戦

第1試合
松蔭7−3愛知商

試合は見てないですが、松蔭が先勝しました。蔵本君が完投勝ちです。

第2試合
愛知商
03000020=5
30050004=12
星城
8回コールド

これで愛知商は脱落です。
時間が無くなり最後まで見れませんでした。
3回終了。星城4−0松蔭

松蔭はピッチャーが苦しいです。

結局、10−0のコールドで星城が勝ったようです。

これで星城は県大会進出。松蔭が2次に回ります。続きを読む

星城−松蔭 観戦記(2009年秋季地区予選)

8月16日に松蔭グランドで行われた第1試合、星城−松蔭の観戦記です。
1次予選の3戦目で、松蔭は勝つか引き分けで予選突破、星城は勝って3校戦に持ち込める瀬戸際の戦いとなりました。

星城
0002000005|7 H12 E2
1000001000|2 H5 E2
松蔭

星城
木原(11)6回0/3 105球 被安打3 四死球5 三振2 失点1
(10)3回 46球 被安打2 四死球2 三振2 失点1
(1)1回 15球 被安打0 四球0 三振1 失点0
松蔭
蔵本(1)9回 146球 被安打8 四死球2 三振9 失点2
水野(10)1回 35球 被安打4 四球2 三振0 失点5

木原君は右のオーバーハンド。ややコントロールはばらつきはあるものの、まっすぐは速い。ランナーが出ると球威が落ちるのが課題。
星城の10番のピッチャーはコントロールが良く、徹底して低めを突いてきます。
松蔭の蔵本君は右のオーバーハンド。変化球を低めに決めれるピッチャーで、まっすぐもまずまずキレがあります。三振も取れるピッチャーです。安定感があります。

(試合経過)
続きを読む

一宮興道−起工 観戦記(2009年秋季尾張地区予選)

8月15日に津島球場で行われた一次地区予選の第2試合、一宮興道−起工の観戦記です。
新チームになって、いい感じで試合をしている一宮興道に注目して観戦しました。

一宮興道
020000310|6 H13 E0
001000020|3 H7 E0
起工

一宮興道
中村−野田
起工
末松−石田
投手成績
一宮興道
中村(11)9回 115球 被安打7 四球1 三振7 失点3
起工
末松(1)9回 138球 被安打13 四球2 三振9 失点6

一宮興道の中村投手は右のオーバーハンド。上背は結構あります。緩急をうまく使って投球していました。腕の振りがなかなか柔らかいです。
末松君は右のスリークォーター。ややアーム投げ。球威はそんなにないです。決め球はスライダーかな。

(試合経過)
続きを読む
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
 
Recent Comments
  • ライブドアブログ