コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2006年春

全三河大会決勝戦

YUKIMAMAさん、ありがとうございました。

決勝戦

豊田大谷 
000000000|0
00000010×|1
桜丘
(豊)松本−斎藤
(桜)林−請井
両先発投手が力投し、無得点のまま終盤戦にもつれ込んだが、桜丘がワンチャンスを確実に生かし最少得点で逃げ切った。

3位決定戦

愛産大三河 
000000000|0
00002100×|3
碧南工       
(愛)内藤、兵頭−高岡
(碧)山田−細田

7月1日の組み合わせ抽選が待ち遠しいですね。

全三河大会決勝戦は・・・

決勝戦
桜丘1−0豊田大谷
3位決定戦
碧南工2−0愛産大三河

ランニングスコアなどご存知の方が見えましたら情報をお願いします。

ただ、takaさんが言ってみえたように、桜丘は投手がいいのですね。豊田大谷を完封ですからね。夏は、予想が難しい大会だろうなぁ。

全三河大会 愛産大三河−杜若 観戦記

遅くなりました。6月3日に見に行ってきた愛産大三河−杜若の観戦記です。

愛産大三河
002000011|4
000300000|3
杜若

投手成績
愛産大三河
内藤 5回 73球 被安打7 死球1 三振0 失点3
兵頭押。寛鵝。僑概紂“鎔詑韮魁〇裕紕押〇或僑押ー催寸

杜若
雪田 。群2/3 142球 被安打3 四球7 三振11 失点3
藤本 1回1/3 23球 被安打3 四球0 三振2 失点1

愛産大三河は11番の内藤君が先発。右投げでサイドに近いスリークウォーターから投げる投手。打たせて取るタイプで、まっすぐはほどほどのスピード。もう少しコントロールがほしい。
2番手で投げた兵頭君は右のオーバーハンド。結構ボールが速い。コントロールはアバウト。球威で抑えるタイプ。ボールは重そうに思いました。

杜若はエースナンバーの雪田君が先発。かなりまっすぐが速く、スライダーもよく切れる好投手。ただ、コントロールがいまいちなのと、クイックが下手。ランナーを出してはリズムを失っていた印象があります。あと7回100球をこえたあたりでへばりからコントロールを乱しました。この辺が課題かと。
リリーフした藤本君も右オーバーハンドでなかなか立派な体格。ボールに力はありそうでした。2年生ですし、来年も楽しめそうなピッチャーに思えました。

試合経過です
杜若のエース雪田は、快調な立ち上がり。2回までは三振3つ。3人ずつで片付けます。杜若は初回1死から2番藤木が3ベースを放つも後続が倒れ無得点。

試合は3回に動きます。三河が四球のランナーを盗塁と犠打で3塁に進め、内野ゴロの間に1点。ノーヒットで先制します。2死から三振振り逃げのランナーを盗塁で進め、初ヒットが2番平井に飛び出し2ベース。この回、そつのない攻めでヒット1本で2点を先制します。

杜若は3回にチャンスを作るもランナーの暴走で無得点。4回に1死から2ベースを足がかりにスクイズ、タイムリー2本で逆転に成功。

三河は4.5.6回はランナーを出した回もあったものの無得点。杜若は5回は犠牲フライと思われたのが離塁が早かったらしくランナーアウト。6回はキャッチャーからの牽制アウトなど走塁ミスが相次ぎます。

7回はお互いにチャンスをつかんだものの無得点。

8回三河はエラーとヒットで2死1,2塁。ここで前の回あたりからへばっていた雪田のコントロールが定まらず連続四球。特に押し出しとなった7番村山に対してはずっと投げにくそうにしていてここまで3打席全部四球だっただけに、もうワンテンポ早く替えてもよかったと思いました。ここでピッチャー交代。かわった藤本がこのピンチを三振で切り抜けます。

その裏杜若は2死2塁の形を作りましたが0点。

9回表、三河は内野安打で出たランナーを送り、2番平井が当たりは弱かったが飛んだコースが3遊間の真ん中、必死のバックホームもタイミングは微妙もボールがこぼれ勝ち越し。

その裏杜若も先頭がヒットでランナーをバントで送り、1死2塁の形を作る。1番萩野はいい当たりを放つもサードライナー。ランナー飛び出しゲッツーで試合終了となりました。

三河が足とそつのない攻めで点を取ったのに対し、杜若は走塁ミスなどが目立ちました。杜若は勝てた試合だっただけに、ミスをどうなくしていくかが課題。
愛産大三河は、もう少し打線の奮起がほしいかな?杜若のピッチャーは力はあったものの三振がちょっと多かったのが気になります。

見に行って気がついたこと。

全三河大会には選手表がありました。これはうれしいです。ぜひ秋や春の県大会とかでも作ってほしいですよね。

愛産大三河は春の大会と結構選手が違ってました。で登録選手が全員3年生。どうやら全三河大会は3年生大会にしている感じでしたね。こういう伝統なんでしょうね。

秋に全尾張大会を見に行った時は無料だったんですが、全三河大会は普段と同じ600円でした。うーんなんで違うんだろう。

全尾張大会決勝大会決勝戦結果

愛知啓成
101000000|2
21010000X|4
大府

啓成 水野−田島
大府 坂口、小山−東間

啓成の連覇を大府が阻止。
大府は2枚看板の坂口、小山が順調のようですね。やはりPが2人いるのは大きい。
一方啓成は水野が完投。やはり夏も水野頼みになりそうですね。ただ、水野も完封するタイプではないだけに、好投手と当たった場合が苦しいでしょう。打線がもう少し奮起してほしいところでしょうね。

全三河大会準決勝結果

ミスターXさん、ありがとうございました。
今日の全三河大会の結果です。
桜丘
220000000|4
000100000|1
碧南工

豊田大谷
002000000|2
000000000|0
愛産大三河

この結果10日に刈谷球場で
3位決定戦
碧南工−愛産大三河
決勝
桜丘−豊田大谷
が行われます。

全尾張決勝大会、結果

全尾張高校野球昨日(6月3日)の結果です。

愛知啓成
2011220|8
0000100|1
一宮北
(7回コールド)

啓成 水野、寺本−田島
一宮北 伊藤−滝川

江南
00000000000|0
00000000001X|1
大府
(延長11回)

江南 岩田−藤田
大府 小山−東間

ちなみに今日の結果は、
大府4−2愛知啓成
だったようです。

しらなかったんですが、全尾張高校野球の尾東大会もあるのですね。
対象は尾張東部の17校が参加して行われたもようです。

決勝
星城8−4春日井
3位決定戦
高蔵寺7−2豊明

星城は3大会連続20度目の優勝ということです。

全三河大会速報

全三河大会
刈谷球場第1試合

三河002000011|4
杜若000300000|3

P三河 内藤、兵藤
 杜若 雪田、藤本

全三河大会、一日目結果

YUKIMAMAさん、情報、ありがとうございます。本当に感謝感謝です。

しかも先日、豊川−杜若で豊川が勝ったとうその情報を流してしまいました。申し訳ありません。m(_ _)m

で、結果です。

豊橋西3−7刈谷
碧南工2−0豊川工
岡崎北4−11成章
福江2−9豊田大谷
豊田西13−2新城東
安城1−3桜丘
豊川9−10×杜若
豊橋東2−3愛産大三河

6月3日に準々決勝が行われます。

豊田球場

(貌邱−豊田西
∪章−桜丘

刈谷球場

‥亮磧欅産大三河
刈谷−豊田大谷

それぞれ10:00〜の予定です。

3日の土曜日は天気もよさそうなので、杜若−愛産大三河の試合は見に行きます。そのまま出かけるので、速報だけいれて、レポは翌日以降にする予定です。

ミスターXさんからの依頼です。

享栄高校のグラウンドの場所をご存知の方がお見えでしたら、お教え願えないでしょうか。よろしくお願いします。

高校野球、あれこれ。

全尾張大会、全三河大会が行われているはずなんですが、特に三河大会の情報がありません。

全尾張大会は、愛知啓成、一宮北、大府、江南が勝ち進みました。日曜日が雨で順延となり、6月3日に準決勝が行われます。

全三河大会は、ほんとにわかんない。ただ、杜若−豊川は豊川の勝ち、愛産大三河−豊橋東は愛産大三河の勝ちだったようです。

で3日の刈谷球場で豊川−愛産大三河の組み合わせになったので、雨さえ降らなければ見に行こうかと思っています。昼から用事があるのでこの試合だけ。

また、三河は結果などわかったらUPします。

高校野球春季東海大会決勝結果

昨日、東海大会の決勝戦が行われました。

静岡学園
0000002105|8
0010020001|4
四日市工
(延長10回)

静岡学園 棚橋、曲渕−桜井
四日市工 米倉、山尾−山口

静岡学園が初優勝。静岡県勢としては2002年の沼津学園以来の優勝となりました。

決勝戦は熱戦となったみたいですね。静岡学園も秋は東邦にコールド負けを喫していましたが、春は機動力を活かして勝ち上がった模様です。この勢いを夏につなげたいところでしょうね。

四日市工は、本来のエース脇浜不在の中で勝ち上がりました。自信になったことでしょう。このところ不振が続く三重県勢ですが、今年は、四日市工に宇治山田商、三重と力のある学校が力通り戦えている印象です。今年の夏は期待できそうですね。

結局、東海大会は一度も観戦できませんでした。愛知県勢も初戦で消えてしまったし。ちょっと残念でした。

全尾張大会決勝大会組み合わせ

27日
阿久比球場
A“湘津譟欅γ侶疾
B阿久比−一宮北
小牧球場
C^豕楡勝歛臧
D起工−江南

28日
小牧球場
。繊檻
■叩檻

6月3日
小牧球場
決勝戦

行けるとしたら6月3日なんだよなぁ。ただ、全三河大会と被るし。愛知啓成−大府だったら見たい気もする。

高校野球春季東海大会準決勝結果

昨日、岡崎球場にて準決勝が行われました。
ランニングスコアです。

静岡学園
200001301|7
000200000|2
岐阜総合

静岡学園 曲淵−櫻井
岐阜総合 鈴木、佐藤−渡邊

中京
103000002|6
01102130×|8
四日市工

中京 小亦、惣田、大抜−高森
四日市工 米倉、後藤恭−山口


レベルが高い、と称した、岐阜県勢が、2つとも負けてしまいました。ただ、春の大会なので鵜呑みには出来ませんが・・・。
決勝には2位校同士が進出。このあたりも秋とはやはり違いますね。
かつては春の東海大会を優勝すると甲子園に行けない、そんなジンクスもありました。一応、一昨年の中京大中京がそのジンクスは破ってますけど。去年は中京(岐阜)は負けましたし。今年がどうなるか、楽しみですね。

高校野球春季東海大会2日目結果

昨日は、前日雨で流れた熱田での2カードが行われました。

中京
001401010|7
000001200|3
同朋

中京 大抜、小島初−高森
同朋 前田、桜井、吉田章、宮西−吉田良、長尾

今年は、選抜ベスト4の岐阜城北を筆頭にレベルが高いとされる岐阜県勢。中京は、評判の強打で同朋を圧倒しました。プロ注目の高森捕手は、ホームランを打つなど活躍。さすがのところを見せた模様です。
同朋は大健闘でしょう。先発のエースに昇格した前田の乱調がなければもう少し接戦が出来たと思う。個人的に、前田君は打者として集中させたほうがいい気がするんですけどね。
同朋は、夏、シード権に苦しまなければいいなぁと思います。相手は2回勝ってきたチームと初戦を迎える難しさに苦しむ気がします。のびのび野球でそれを乗り切っていってほしいですね。

岐阜総合
11012000001|6
00103001000|5
宇治山田商

岐阜総合 佐藤、鈴木−渡辺
宇治山田商 木田、平生、中井、伊藤−山本

こちらも岐阜総合が三重1位の宇治山田商を延長の末、倒しました。宇治山田商は、相変わらず強さと脆さが同居するチームのようです。こういうチームは意外と甲子園いけないんだよなぁ。ただ、3番手で投げた中井投手は5イニング無失点とさすがのものを見せた模様。去年の秋に見たときに、ものが違う感じのする選手なので、夏、甲子園にいけるかどうかは中井次第なんでしょうね。
岐阜総合は、岐阜城北を倒したのは伊達じゃないところをみせましたね。今年の岐阜県の予選はおもしろいことになりそうです。

さて、今日は準決勝が行われています。
今日のカード
岐阜総合−静岡学園
四日市工−中京

岡崎球場です。愛知県勢がいないのが寂しいですね。

高校野球春季東海大会1日目結果

熱田球場の2試合は中止。今日に順延されました。

昨日の結果

静岡学園
101200010|5
000000000|0
享栄

静岡学園 曲渕−桜井
享栄 市川、高橋、河戸−宇藤

享栄はエース宮本が登板回避。どうやら腰痛のため、無理をさせなかったとのこと。享栄は、良くも悪くも宮本次第のチーム。それだけに腰痛というのは気になるが・・・。夏に向けて無理をさせなかったのは正解ですが、完全な状態で夏に入れるように、これから治療、調整をしていってほしい。

四日市工
010021000|4
000000100|1
島田商

四日市工 米倉、山尾、後藤恭−山口
島田商 仁藤−永井

プロ注目の仁藤を四日市工が先発全員安打の15安打を浴びせ攻略。ただ、その割に4点しか取れていないところはどうなんだろう。仁藤が悪いなりに踏ん張ったともいえるのかな?島田商は運も無かった模様。一人もピッチャーで夏、どこまで勝ち進めるか微妙なところですが、好投手を夏見てみたい気もします。

今日は熱田で昨日の試合予定だった2試合が行われます。
10:00〜
中京−同朋
12:30〜
宇治山田商−岐阜総合

準決、決勝は、それぞれ21日22日に順延しています。

高校野球東海大会 熱田球場は中止

今日は、雨のため、予定を変更して、熱田球場へ向かいましたが、やはり中止となってしまいました。家を出る段階ではやる方向、との電話回答だったんですが・・・。仕方ないです。
で、無駄足を恐れて回避した岡崎は行われている模様。ああ読み違い。残念です。

全三河大会の組み合わせ

全三河高校野球大会組み合わせ

◆1回戦(5月27日)
(1)岡崎北×成章(10:00蒲郡)
(2)安城×桜丘(12:30豊田)
(3)碧南工×豊川工(12:30刈谷)
(4)豊田西×新城東(10:00豊田)
(5)杜若×豊川(10:00豊橋)
(6)愛産大三河×豊橋東(12:30豊橋)
(7)刈谷×豊橋西(10:00刈谷)
(8)豊田大谷×福江(12:30蒲郡)

◆準々決勝(6月3日)
(A)(1)の勝者×(2)の勝者(12:30豊田)
(B)(3)の勝者×(4)の勝者(10:00豊田)
(C)(5)の勝者×(6)の勝者(10:00刈谷)
(D)(7)の勝者×(8)の勝者(12:30刈谷)

◆準決勝(6月4日)
(あ)(A)の勝者×(B)の勝者(10:00豊田)
(い)(C)の勝者×(D)の勝者(12:30豊田)

◆3位決定戦(6月10日)
(あ)の敗者×(い)の敗者(10:00刈谷)

◆決勝(6月10日)
(あ)の勝者×(い)の勝者(12:30刈谷)

なにげに面白そうですよね。6月3日は見に行こうかな。

今日から東海大会開始

今日のカードです。

岡崎球場

第一試合(11:00〜)
享栄−静岡学園

第二試合(13:30〜)
島田商−四日市工

熱田球場

第一試合(11:00〜)
中京−同朋

第二試合(13:30〜)
宇治山田商−岐阜総合

一応、岡崎球場へ行く予定です。ただ、天気が・・・。
やれるのかなぁ。

春の東海大会の組み合わせが決定

春季東海大会の組み合わせが確定しました。

A宇治山田商(三重1位)−岐阜総合学園(岐阜2位)

B享栄(愛知1位)−静岡学園(静岡2位)

C島田商(静岡1位)−四日市工(三重2位)

D中京(岐阜1位)−同朋(愛知2位)

準決勝はA−B C−Dの組み合わせになります。

宇治山田商は2年生エースの中井が故障中。四日市工もエースが故障している模様。
どこのチームも夏を見据えての戦いとなります。勝つ、だけじゃなく、底上げが出来るような戦いをしたいでしょうね。

享栄は宮本をどこまで使うかわかりませんが、初戦は少なくとも行くでしょう。力を見せてほしい。
同朋は県大会で発揮した勢いを力に替えて、頑張ってほしい。

愛知県高校野球春季県大会決勝結果

今日、愛知県大会の決勝が行われました。
その結果です。

同朋001000000|1
享栄04010010×|6

享栄高校が、優勝を果たしました。調べたら16年振りの優勝です。
ちなみにここ2年は春の県優勝チームが夏の甲子園に出場しています。(H16年中京大中京、H17年愛工大名電)
享栄は、夏の1番手になったといってもいいのではないでしょうか?
東海大会でも頑張ってほしいです。

同朋は監督の胴上げを目指して頑張りましたが、惜しくも準優勝に終わりました。しかし、まだ、東海大会で胴上げのチャンスはあります。一暴れしてほしいですね。

4月30日 豊田西−享栄 観戦記

豊田西−享栄のランニングスコアです。

豊田西000000000|0
享 栄12000000×|3

投手成績
豊田西
上杉 。顕鵝。隠横乙紂“鎔詑韮隠亜〇犁紕押〇或僑押ー催寸

享栄
宮本 。慌鵝。隠苅圧紂“鎔詑韮押〇融犁紕魁三振10 失点0

豊田西のエース、上杉君は右オーバーハンド。なかなか球威もあるし、無駄な四球を出さない、高校生としては、完成度の高い好投手。ランナーを出しながらも粘っていたのがよかったですね。

享栄のエース、宮本は、県ナンバーワン左腕の称号をすでに得ている好投手。まっすぐが速く、球に力がある。多少荒れ気味だが、余計に打ちにくい印象がある。ただ、3ボールにするケースが多く、球数が多いのがマイナス面ですね。

試合経過です。

享栄の宮本はすばらしい立ち上がり。2回までに三振を4つ奪い、ノーヒットで抑えます。
対して、豊田西の上杉は立ち上がりに捉えられます。初回は2死1,2塁から5番櫛田に3塁線を破られ先制を許し、2回は、ヒットと自らの野選で、1死2,3塁とされ、1番の濱井泉に2点タイムリーを浴び、序盤に3点を失います。
豊田西は3回に8番神谷が初ヒットで2ベースを放つも後続が絶たれ0点。その後は、6回まで死球1つに押さえ込まれます。

享栄は、3回以降も毎回ランナーを出すもあと一本が出ません。これは豊田西の上杉の粘りを褒めた方がいいのでしょうか?

豊田西は7回に1死1,2塁のチャンスを作るも無得点。結局、宮本を最後まで捉えられませんでした。ただ、いいあたりが全部野手の正面でライナーアウトになってました。不運だったのか、宮本がよかったのか判断が苦しいところはありますが、多少不運だったのは間違いないでしょう。

享栄は宮本を中心に、高いレベルで安定したチーム力を持っている好チームだと感じました。宮本は好調で投げられたら、打ち崩せるチームというのはそうはないと思います。ただ、夏は、1人のエースじゃ勝ち抜くのは難しいことは去年の東邦が証明しています。どこで、宮本に任せるか、どこで、宮本を休ませるか、が甲子園への鍵になると思います。

豊田西も伊達に名電を破ってないだけの力を持ったチームです。今日は宮本がよかった、というのがすべてでしょうね。上杉君はそんなに良かったわけじゃないと思うのですが、粘って追加点を許さなかった点は評価できるでしょう。ただ、甲子園、となるとなにかが足りない気がするんですけどね。チャンスはもちろんあると思うのですが。

享栄は、東海大会でも優勝するだけの力はあると思います。あとは甲子園に向けて、宮本抜きでの戦いで勝ち抜けるようにしてほしい。まっさらな状態で名電と享栄がやったら享栄が勝つと思う。ただ、そうはいかないのが夏の予選ですからね。

4月30日 同朋−春日丘 観戦記

今日は岡崎球場で県大会の準決勝が行われました。
いい天気で、ちょっと暑いくらいでした。

第一試合、同朋−春日丘のランニングスコアです。

同 朋100100405|11
春日丘001100000|2

投手成績
同朋
桜井 。害鵝。毅亀紂“鎔詑韮押〇裕紕魁〇或僑押ー催寸
前田А。恐鵝。坑欝紂“鎔詑韮機〇融犁紕押〇或僑押ー催寸

春日丘
濱矢 4回 70球 被安打4 四球1 三振3 失点2
船戸 2回 34球 被安打0 四球2 三振1 失点0
龍 。臆1/3 52球 被安打8 四球1 三振4 失点7
吉田 2/3 26球 被安打2 四球1 三振0 失点2

同朋はエースナンバーの桜井君が先発。左のオーバーハンドで、ひじの出所の見にくいフォームで投げるピッチャーですね。コントロールにやや苦しみ、早めの交代となりました。
2番手は前田君。きれいな右オーバーハンドで投げるピッチャーですね。なかなか球威もあり、強打の春日丘をうまく打ち取っていました。

春日丘は、12番の濱矢君が先発。右のオーバーハンド。割と素直な球筋に見えました。フォームは若干変則ですが。外のコントロールで勝負するピッチャーという感じがしました。
2番手の船戸君も右オーバーハンド。なかなか重そうな球を投げてる印象でした。
3番手がエースナンバーの龍君。左のややスリークォーターぎみ。ただ、球威が微妙。今日みた限りではなんでエースナンバーかわかりませんでした。バントで揺さぶられたのもありますが。
そして吉田投手。右サイドハンドのピッチャー。コントロールに苦しみ、駄目押しを喰らいました。後ろの2人が試合をぶち壊した形になりました。

試合経過です
初回、同朋が先制します。四球のランナーをきちんとバントで送り、3番前田のタイムリー。
3回に春日丘が追いつきます。先頭は右中間抜けようかというあたりをセンターが飛びついて好捕。1死のあと、1番大澤がバントヒット。これをサードが悪送球でランナーを3塁まですすめます。続く2番田辺がセーフティスクイズを決め同点にします。
同朋は4回、ヒット2本で1死1,3塁からワイルドピッチで勝ち越し。しかしその裏、春日丘は変わった前田から四球のランナーを盗塁、悪送球で3塁に進め、代打西平のタイムリーで追いつきます。

5,6回はお互いにランナーを出すものの0点。
7回から春日丘はエースナンバー龍を投入します。が、これが裏目。先頭バッターをヒットで出すと、バント2つをピッチャーのエラーと内野安打で満塁。犠牲フライで勝ち越したあと、ワイルドピッチ、タイムリー、スクイズで計4点を失います。
同朋は9回に先頭の前田が広い岡崎球場の外野の上段にぶち込むホームランで駄目押し。その後も龍、変わった吉田から4点を奪い、結果11点をあげます。
春日丘は8,9回にもランナーは出しましたが無得点に終わり、同朋が東海大会進出を決めました。

どちらも、キャッチャーが2番じゃない選手が守っていましたが、いまいち。盗塁がどちらもフリーパスのようになっていました。とくに春日丘はバッテリーエラーも要所で目立ち、大量失点になってしまいました。捕手の重要性を感じる試合になりました。

同朋は前田選手がすばらしいですね。あれで2年生ですか。打者としてすばらしいものを持っていますね。盗塁も2つ。なにより次の塁を貪欲にねらう姿勢がすばらしかったです。ピッチャーとしても今日はナイスピッチングでしたが、打者としてはすでに風格を感じますね。楽しみなバッターです。
同朋はミスを取り返してしまう強さがありますね。東海大会もこの勢いで暴れてほしいです。

春日丘は、特にエースの龍が誤算。あれはエースのピッチングじゃないですね。調子が悪かったのかもしれませんが、夏までに立て直してほしいです。春日丘は、いいとき悪いときの差が激しい。そういうときにミスが出ては勝てない。力はあると思いますが、どこまで安定して戦えるかが鍵でしょうね。

準決勝速報

岡崎球場
第1試合

同朋100100405|11
春日001100000|2

P同朋 桜井、前田―吉田良
 春日 濱矢、舟戸、龍、吉田―田辺

第2試合

豊西0000000000|0
享栄120000000X|3

P豊西 上杉―神谷
 享栄 宮本―宇藤

愛知県高校野球春季県大会4月29日結果と今日の試合予定

昨日の試合結果です。

享栄8−0愛知
(7回コールド)
春日丘8−1愛産大三河
(8回コールド)
豊田西5−3愛工大名電

同朋8−1豊川
(8回コールド)


今日のカード

岡崎球場

‘永−春日丘

享栄−豊田西

10:00〜試合開始

名電が負けちゃいました。今日は堂上見れるかと思ったのですが・・・。どうも、勝負を避けられる場面が多かったようです。ただ、それは、これからついて回る話だと思うので、周りがどれだけサポートできるかが鍵でしょうね。ただ、夏に不安を残す敗戦となりました。

春日丘が強い。ただ、三河はエースの松下竜が投げてないようなので、一概にはいえませんが。

愛知は享栄に完敗。ただ、松蔭の佐藤克君を打ちあぐねた時点で、宮本君がきたら勝てないだろうなぁというのは想像がつきました。誰が投げたとか詳しいことはわかりませんが、今年の夏はチャンスもあるので、頑張ってほしい。

今日は観戦に行きます。享栄を秋に1度見ているだけで、初見のチームばかりなので楽しみです。

今日は観戦お休み

今日は、行こうと思えば行けたのですが、行くのをやめました。
愛知は享栄に完敗したようです。また、結果はまとめますが。
明日は、どんなにつらくても岡崎までいくつもりです。初堂上が楽しみー、っていって今日負けるかもしれんけど。

ドラゴンズは、昨日は監督もあきれるミス連発で敗れたみたいです。バッテリーエラーで3失点じゃ勝てないね。
マルちゃんが援護をもらえないうちに我慢できなくなってきているのが心配。次駄目だとドミンゴと入れ替えだよ。がんばれ。

今日は昌予想のようですが、佐藤充かも。サプライズでいってほしい。とにかく一つとりましょう。

愛知県高校野球春季県大会準々決勝組み合わせ

熱田球場

^産大三河−春日丘

∨川−同朋

岡崎球場

^γ痢鬱栄

∨田西−愛工大名電

。隠亜В娃亜´■隠押В械亜ヽ始予定

今日はいよいよ準々決勝。
と言ってもシード権は得たわけで、ぶっちゃけ消化試合ともいえます。
ただ、夏を見据えて、2番手3番手がどの程度投げられるのか、エースが投げるとすると、どこまで上位校に通じるのか、格好の場となります。

一応、岡崎球場の第一試合に行く予定ですが、このところ、仕事がきついために行かないかもしれません。明日の準決勝は休みなので2試合とも見に行く予定なんですが。

愛知県高校野球春季県大会4月23日結果

愛工大名電
102120314|14
042102000|9
碧南工

同朋
5011602|15
1000400|5
安城(7回コールド)

愛産大三河
100300001|5
000000000|0
大府

豊川
02000024|8
00001000|1
一宮南

愛知
001100005|7
000100010|2
松蔭

弥富
000000|0
220033|10
春日丘(6回コールド)

名古屋国際
00000|0
0831×|12
豊田西(5回コールド)

刈谷
000010000|1
10100001×|3
享栄

勝った愛工大名電、同朋、愛産大三河、豊川、愛知、春日丘、豊田西、享栄は、夏の大会のシード権が与えられます。

しかし、秋の大会のベスト4は全滅。ベスト8も名電1校だけになりました。いかに今年が混戦かがわかります。

名電は大苦戦。ピッチャーがピリッとしなかったみたいです。それでも堂上はすごい。ホームラン2発。ものが違う。
愛産大三河の松下竜がまた完封。これで春の県大会は無失点できてるようです。大府がちょっとだらしないですね。
弥富、名古屋国際と、秋、春の台風の目がそろって大敗。夏に向けて仕切りなおししてほしい。
享栄は、じわじわ調子を上げているのでしょうか?今年はエース宮本を擁し、チャンス。というか、今年でないと落ちていきそうな気がするので、踏ん張りどころですね。
次は29日に準々決勝が行われます。

4月23日 愛知−松蔭 観戦記

昨日は小牧球場の1試合のみ、観戦に行ってきました。
愛知と松蔭。どちらも応援している学校で、多少複雑でした。
ちなみに、愛知は僕の母校。松蔭は両親の母校です。こんな対決が実現するとは思いませんでした。

ランニングスコアです。

愛知001100005|7
松蔭000100010|2

愛知
奥村 。慌106球被安打7四球1三振7失点2
松蔭
佐藤克 。慌197球被安打14四死球4三振10失点7

愛知は昨日と同じでエースの奥村君の先発。昨日に比べて制球がよく、四球は敬遠でだした一つだけ。球数も少なく、調子がよかったのだと思われます。今日も、27のアウトのうち約半分の14がフライアウト。三橋モード全開でした(だからわからない人にはさっぱりだって^^)。要因はよくわからないんですけどね。

松蔭は佐藤克也君の先発。昨夏、豊川を完封で破った立役者ですね。初めて見ましたが、球は速い。最近見た投手の中では一番速かったかも。130の後半は出てるんじゃないかなぁと思いました。が、いかんせんコントロールが悪い。制球に苦しみ、球数が増える。三振10個は立派な数字ですが、最後の5失点は疲れからくるものだったと思います。投球フォームで投げる際に少し右にぶれるのが気になりました。そのせいで、コントロールがバラけるのではないかと思いました。あれだけ体使って投げるとばてるの早いかと思ったが、終盤までは踏ん張ったので、そこはよかったんですが。はまったときはそう打たれないでしょうけど、自滅が心配なピッチャーですね。

試合経過です。

初回、愛知は先頭の伊勢がいきなり2ベース。2番がバントの構えをするも、佐藤が制球に苦しみ四球。3番の松本はバントを決められず三振するも、4番荒谷にも四球。1死満塁とします。しかし、5,6番は連続三振。3者残塁。アウトは全部三振という、力は見せるもののやや不安な立ち上がりでした。

対する松蔭は、奥村に手も足もでず。3回まではパーフェクトに抑えられます。

愛知は3回表、2死2塁で4番荒谷が2ベースを放ち先制。4回にもタイムリーで1点とり2点をリードします。

松蔭は4回の裏、1死からエラーでランナー2塁となり、2死3塁で、ワイルドピッチ。ノーヒットで1点を返します。

その後、ゲームはこう着状態。6回に愛知は2死満塁まで攻めるも0点。松蔭は6回に初ヒット。6,7回と2塁までランナーを進めますがあと一本が出ません。

8回に松蔭が2死1,2塁のチャンスに3番に途中から入っていた森田がライト線へ運ぶ同点2ベース。ここで1塁ランナーが3塁にストップ。勝負してほしかった。で、2死2,3塁で4番の場面で敬遠。まぁ当然の策なんですが、村瀬は不満だったのか、敬遠のボールを一つ空振りします。こういうのはやめてほしかった。しかもこれが勝負を決める伏線になります。結局、5番安江がファーストゴロ。難しいバウンドになったが、一塁がうまく処理してアウト。同点どまりとなります。

9回、追いつかれた愛知。先頭の伊勢が左中間突破の2ベース。返球乱れて3塁まで進みます。2番には選ばれて四球。無死1,3塁で3番の松本は三振。最後の球の間に、ランナーが2塁に進み、1死2,3塁。ここで先制タイムリーを放っている4番荒谷。当然敬遠で満塁策だと思ったら、まさかの勝負。前進守備のサードの頭を越えるタイムリーで勝ち越し。その後、エラーや長打がでて、一挙5点。勝負が決まりました。

勝負は敬遠策で決まりました。松蔭は強気が裏目にでた格好。ただ、9回の場面は、どう考えても敬遠。それまで4番が打っていなかったらわかるんですが、先制タイムリーを打っている、昨日ホームランも打っている強打者荒谷。いくら自分たちが敬遠が嫌いでも、敬遠も立派な戦術。もちろん結果は一緒だったかもしれませんが、この場面は敬遠を選んでほしかったです。

しかし、松蔭はどこにでもあるような公立校。それが選抜出場校を倒して上がってきた愛知相手の善戦は賞賛に値するのではないでしょうか?特に内野守備は、強豪校とも遜色ありません。外野はやや不安がありますが。もう少し、打つ方で工夫が出来れば、ベスト8、ベスト4を狙える力は十分にあると思います。去年のベスト16を上回る活躍に期待したいです。

愛知はシード権を獲得。もしかしたらシード制になって初?古豪復活なるでしょうか?どっちかというと、シードの初戦で変に強いところを引きそうで怖いんですが(苦笑)。でも、啓成に勝ったように、今年は楽しめる力はあると思います。投手が自滅せず、自信を持って投げてほしい。次の享栄戦は、エースの宮本君が投げるかどうかで変わると思いますが、名前負けせず、いい試合をしてほしい。がんばれ愛知!!

4月22日 名市工芸−弥富 観戦記

一昨日に小牧球場で行われた第二試合です。
途中、仕事場から電話がかかってきたりしてデータが違うところがあると思います。そこはご了承ください。

ランニングスコアです。

工芸001100001|3
弥富02002103×|8

市工芸
酒向 。顕鶺綽遙隠毅患緘鎔詑韮隠音融犁紕技或僑脅催寸
弥富
佐藤康粥。慌鶺綽遙隠械教緘鎔詑韮隠飴裕紕鎧或僑啓催寸

市工芸の酒向君はサウスポー。コントロールに苦しみました。球威はあるピッチャーで球が重そうな感じのピッチャーでした。

弥富の佐藤君もサウスポー。昨年の名電を破った時の立役者。序盤は打たせてとり、後半に奪三振が増えてました。ランナーを出すものの要所を締めるピッチングでした。

試合の流れです。

市工芸の先発酒向は、序盤制球に苦しみます。初回2四球。2回も2死四球。弥富は2回にスクイズでノーヒットで先制。その後初ヒットがタイムリーになり2点を先制します。

市工芸は3回は3番下条のタイムリー。4回は2ベースを足がかりにスクイズで追いつきます。

弥富は5回の裏にヒットとエラーで2点勝ち越し。6回にも追加点を奪い試合を有利にすすめます。

市工芸は6回7回と先頭バッターを出すも無得点。8回も1死からヒット2本打つも後続が連続三振で点が取れず。8回に2死走者無しから、連打で3点を失い勝負あり。9回に一矢報いたものの、8−3で弥富が勝利を納めました。

弥富は昨秋に2度試合を観戦していますが、大きくここが成長した、という部分は感じられませんでした。特別ここが悪い、というところもなかったんですけどね。ただ、昨日の春日丘戦で10−0で完敗したようですが、すごい粘りを発揮することもあれば、あっさり無抵抗で敗れるときもある。なんともつかみ所のないチームだなぁと思います。夏はノーシードでまた波乱を演出するかも。前評判の高くないときの弥富は怖い。

市工芸は公立勢としては、毎年いいチームを作ってくる学校ですよね。ピッチャーの酒向君もなかなか力のありそうな球を投げていたし。ただ、こういうピッチャーは大抵制球に苦しみます。夏は少しでも上位進出が出来るといいですね。

4月22日 愛知−愛知啓成 観戦記

少し遅くなりましたが、昨日行われた愛知−愛知啓成の試合の観戦記です。

まずはランニングスコア

愛知101003003|8
啓成000200112|6

愛知
奥村 。飢鶺綽遙牽元緘鎔詑韮技裕紕柑或僑下催寸
中川 4回球数77球被安打6四球2三振1失点4
啓成
水野 。飢2/3球数102球被安打9四球2三振5失点5
寺本 3回1/3球数30球被安打3死球1三振0失点3

愛知は、去年の秋からエースが代わっていました。
先発の奥村君なんですが、左のオーバーハンド。これといってスピードもなく、コントロールもそんなにいいわけではない。緩急で打ち取るタイプのよう。正直、なんでこの子がエースなんだろう?と最初は思った。が、このピッチャー。なぜかフライアウトがすごく多い。多分、手元で伸びているのか、「おおきく振りかぶって」の三橋のようにくせ球なのか(って知らない人がみたらわけわからんだろうけどw)ポップフライが多いんです。

2番手の中川投手。こちらも同じサウスポーで球速もそんなにない。若干、コントロールはよさそうでしたが。最初は同じタイプでの継投で大丈夫?と思ったら、今度はゴロのアウトが増える。どうやらこちらは、低めを付いてゴロを打たせるピッチャーのようでした。この微妙な組み合わせの継投がうまくいったのかな?と思いました。

啓成はエース水野君が登板。ただ、昨秋も愛知にはうまく捉えられていて、どっちかといったら知らないピッチャーのがいいんじゃないのかな?と思ったが、エースに任せたかったのでしょう。水野君の出来は若干悪い気もしましたが、不調ではありませんでした。ただ、愛知がかなり研究していた感じがしました。

2番手の寺本君も、打たせてとるタイプ。水野君のあとをうけ、頑張って抑えていましたが、9回に一発。甘く入った球をものの見事に左中間に持っていかれていました。それさえなければ出来がよかっただけに惜しかった。

試合経過です。
1回表、愛知は先頭の伊勢がいきなりヒット。バントで送り、4番の荒谷がセンターにクリーンヒット。いい球は返ってきたがキャッチャーがこぼし1点先制。

啓成は2回裏、先頭のランナーを四球を出すも、珍しく盗塁を仕掛けて失敗。この失敗で以降はいつもどおりバントに切り替えた感じでした。

3回表に愛知は1死からヒットで出塁するとすかさず盗塁。弱点である啓成のキャッチャー永田健の肩を突いてきます。すかさず4番の荒谷が今日2本目のタイムリー。リードを2点と広げます。

3回裏に先頭バッターを出しながら得点できなかった啓成。突破口はやっぱりこの人4番森越。4回1死から2ベースで出塁すると、そこから4連打。一気に同点に追いつきます。がここで一気に勝ち越せず。同点どまりとなります。

啓成水野は、4回以降立ち直りかけたが、6回2アウトから崩れます。四球をはさんで4連打、3点を失いノックアウトとなります。

啓成も7回に森越のタイムリーで1点。8回も野口のタイムリーで1点差までしたが、このときにランナーがタッチアウト。押せ押せの場面でもったいないプレーがでます。

そして9回、ヒットとデットボールで2死1,2塁で4番荒谷。会心の一振りが左中間に突き刺さり駄目押しとも言える3点が入ります。水野の後をうけ踏ん張っていた寺本にとっては痛恨の1球となってしまいます。

しかし、啓成もさすが甲子園出場校。9回2死から意地をみせ、4番森越から3連打で2点を返します。最後は代打の池田がレフトフライに終わり愛知が昨秋のリベンジを達成しました。

啓成は、特にここがいけなかったという場面はそうなかったです。唯一走塁でミスといえる部分はありましたが。やはり、愛知に研究されていたと見るのが妥当でしょう。愛知はとにかくセンター返しを徹底していました。水野攻略にはこれ、というのが出来ていたのでしょう。水野投手は、夏も当然マークされます。これを乗り越えられるか。春夏連続出場への鍵でしょうね。

愛知は、とにかく借り返す。この気持ちが強かったように思えます。見事な水野攻略劇でした。あと、4番の荒谷君が3安打5打点の活躍。バックも難しいあたりでのエラーは1つありましたが、啓成にも劣らない守備で踏ん張っていました。
課題は投手陣。先頭バッターを出すこと6度。そのうち四球で出したのが4つありました。このあたりは改善しないと、強豪同士の試合では付け込まれます。改善していってほしいですね。

とにかく面白い試合で、最後まで気が抜けない好ゲームでした。ミスで決まるとかではなく、純粋にいい試合を見せてもらったなぁと思いました。
また、夏で当たったりするかも知れません。その時が決着戦ですね。

小牧球場速報

小牧球場第1試合

愛知001100005|7
松蔭000100010|2

P愛知 奥村―高橋
 松蔭 佐藤克―川崎

松蔭は健闘も最後力尽きる。残念。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(向坂 昇)

向坂 昇(コウサカ ノボル)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

広告
記事検索
今後の観戦予定
10月15日
トヨタスポーツセンター
21日
東海大会
22日
未定
27日
東海大会
28日
未定
29日
未定
11月3日
入替戦
4日
市内県立大会
5日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ