コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2008年夏

稲沢―瀬戸北 観戦記 (2008年夏西愛知大会)

本日行われた、小牧球場の第1試合、稲沢−瀬戸北の観戦記です。
稲沢高校は部員が11名。この春に1年生が4人入って、最初で最後の公式戦。ただ一人の3年生、林君にとっては晴れの舞台となりました。
稲沢高校は2年前の夏、観戦し、新城東にぼこぼこにされた試合が思い出されました。


稲沢
00000|0 H4 E3
13024X|10 H10 E0
瀬戸北

稲沢
小川―平田
瀬戸北
長谷川、杉山―臼井


(試合経過)
1回裏、3番細川の3塁打とホームへの送球がエラーの記録でバッターランナーホームイン。1―0。2回裏、ワイルドピッチと、センターフライを取れず記録2ベースで、3失点。4―0。
稲沢高校も2回と3回に2本ずつヒットを打ってチャンスを作るもあと一本が出ず。ただ、ここまでの打球は稲沢のがセンター中心へいい打球を放っていました。
4回表、頭からピッチャー交替、杉山。
4回裏、ワイルドピッチと犠牲フライで2点。
5回裏、連続3ベースと中継の乱れで2点。尚もチャンスでスクイズとタイムリー2ベースで5回コールド。瀬戸北が勝ちました。


瀬戸北も秋、春と公式戦全敗のチーム。ぶっちゃけレベルは高くない形でしたが、相手の外野守備に助けられ、最後は5回コールドになりました。ピッチャーは落ち着いて投げていたし、守備はノーエラーだったのは良かったと思います。次の愛産大工には厳しいと思いますが、喰らいついてほしいですね・

稲沢は大健闘。試合経過にも書きましたが、打球は瀬戸北よりもいい打球を放っていました。外野に飛べば抜ける状態でしたので、そこをもう少し鍛えてほしい。
投げた小川君は1年生。背番号は11番でしたが、多分センスは1番あるのでしょう。きれいなヒットと四球を選んでいたし。ピッチングは右のサイドハンドで、ストライクにとにかく丁寧に通していた形でしたが、相手打者が慣れるまでは自責点はほぼなかったし、腐らずに放っていました。
なにより新チームは10人いるので戦えます。ぜひ続けていって、いい試合が出来るように、成長していってほしいですね。

愛知大会 展望 西愛知編

西愛知編の後半です。

Eゾーン
シード校は愛知啓成。
愛知啓成は、春の東海大会の準優勝を買われ、対抗に推されています。
懸念材料は本来の4番増川君が外れたこと。ただ、春はほぼ増川君抜きで勝ち進みましたので、痛いですが形は出来てますので大丈夫かと。後は村瀬君の回復具合。監督さんは大会後半の登場を嫌がっていましたが、村瀬君には良かったのでは?と思います。小出君が力を付けていますが、3年生で本来のエース、村瀬君の力も必要だと思いますからね。
夏に春見せた多彩な攻めが出来るか、基本は守備で凌いで、序盤にリードして逃げ切る形です。一つ一つ勝ちあがってほしいです。
名古屋国際−津島は好カード。名古屋国際は確実に力を付けていますし、津島は秋に快進撃を見せました。春もたもたした分、名古屋国際のが上かな?とも思いますが、どうなりますか。
で勝った方が津島北と対戦。伊佐地君はヒジがよくないという噂も聞きましたが・・・。津島北は伊佐地君次第のチーム。なんとかいい投球が出来ることを祈ります。
反対のゾーンは豊明かな?ただ、抜けたチームがないので、勢いにのったチームが4回戦まで来る感じかと。
ベスト8は愛知啓成と予想します。

Fゾーン
シード校は栄徳。
栄徳は快腕三浦君がいます。春は啓成に押し気味に進めながら、三浦君が四球から崩れ惜しい星を落としました。しかし、今年にかける思いは強いでしょうし、力は付けています。ただ、楽なゾーンではないです。三浦君の余力をどこまで残しながら勝ちあがれるかがポイントになりそう。
山田高校は毎年夏になると勝ち上がる不思議な高校。
一宮−東海は頭が良い学校同士の対戦。一宮はこのところ毎年いいチームを作ってきますし、東海も1年生からエースのピッチャーがいますので、接戦になりそう。
名城大付も力がありますし、ここの3校の争いは楽しみ。
反対のゾーンは誠信が有力。ピッチャーの大垰君は、四球が多く安定感に欠きますが、球に力があります。順当にいけば4回戦までは行くのでは?
ベスト8は栄徳と予想します。

Gゾーン
シード校は愛知商。
愛知商は春に快進撃。ただ、フロックではなくこのところ力を付けてきていて、名電にも試合内容で押し気味のゲームを行いました。エースの山本君は力があります。
ただ、くじ運は厳しかった。
至学館は、2年前に豊田大谷を倒した時の1年生が成長。エースの秋山君を中心に好チームになっています。愛知商との試合は面白い試合になりそう。
応援している松蔭にとっては厳しい相手となってしまいました。今年の松蔭は投手力はあんまりですが、打線が活発なチーム。どこまで至学館エースと捕らえられるかが勝負ですね。一泡吹かせてほしい。
同朋−中部大第一も好カード。ただ、中部大第一のが上かな。昨年のベスト4のメンバーがいますし、2遊間を中心に固い守りが印象的でした。
大同大大同は一時期ほどの力は感じません。惟信は昨年の夏快進撃。丹羽も力がありますし、反対ゾーンは混戦かな?
このゾーンは中部大第一と予想します。

Hゾーン
シード校は東邦。
東邦は現チームは一度も見てないんですよね・・・。ただ、秋、春ともにベスト16どまりと今一つです。どこまで夏に向けて上げれているか。ベンチ入りがすべて3年生。強豪校には珍しい形ですが、どうでるか、見物です。
東邦としてはくじ運は恵まれた印象。初戦に当たりそうな名古屋くらいかな?後は県大会に進んでいる小牧工、昭和。名市工芸あたりがどこが勝ち進むか。
どちらにしても、このゾーンは東邦だと思います。

ベスト8予想は、享栄、愛工大名電、愛知、中京大中京、愛知啓成、栄徳、中部大第一、東邦となりました。

本命は享栄。対抗は中京大中京と愛知啓成。それを栄徳と中部第一が追う形とします。名電、東邦はない。そう思います。

愛知にも頑張って欲しいなぁ。チャンスはあると思います。

いよいよ今日、開幕です。

愛知大会 展望 西愛知編

続いて西愛知編。2回に分けます。

Aゾーン
シード校は享栄。
僕個人的には本命だと思っている享栄。なんと言ってもその理由は八木君の存在。2年前の宮本君がいた時の享栄も強かったですが、その夏前に宮本君が故障。予選敗退という苦い経験を活かし、春に故障していた八木君に無理をさせませんでした。
それが功を奏したか、順調に仕上がったようです。村瀬君ら控えのピッチャーもそこそこ力がありますし、守備、攻撃とも高いレベルにあります。
昨年も代表になった名電を中盤まで圧倒しながら逆転負けした悔しさを胸に、久しぶりの甲子園を決められるか。注目です。
反対側は星城が有力。現チームはほとんど見たことがないのですが、去年の秋には守備で乱れたりということがあったようです。毎年チームは作ってきますので、このゾーンでは勝ち進むと思います。
長久手は春の県大会出場。再試合を制するなど頑張っていました。公立らしいチームですが、なかなか力があります。
後は、僕個人的にイチオシチームの小牧南。春見たときにいいチームで気に入っているチームです。エースも安定しているし、ショートの森君がいい選手でした。なんとか享栄戦まではいって欲しいと思います。
ベスト8は享栄と予想します。

Bゾーン
シード校は愛工大名電。
4年連続出場を目指す名電ですが、今年の名電はとにかく厳しい。ここ数年、前年よりも・・・と言われながら、甲子園だけはきっちり決めていた名電ですが、春に見たときにあまりにレベルの低いミスが連発し、これが名電か、と目を疑うほどでした。
もちろん、あくまでも春の時点での出来でしたので、夏にはまた別のチームになっている可能性もありますが・・・。ただ、エースナンバーは後藤君で高須君は奪えず。故障から立ち直っていれば、高須君で行った気がするので、まだまだなのかなという気がするし。どうなんですかね。
弥富が楽しみ。監督が変わったりしているらしいので、本来の力を発揮できるかは分かりませんが、打線には力があるし、投手力も日比君、井上君らまずまず力があります。はまれば名電を倒すだけの力はあると思います。
瀬戸、高蔵寺は公立にしては例年いいチームを作ってきます。明和もそう。このあたりの公立勢がどこまで楽しませてくれるか、ですね。
ベスト8は一応名電とします。

Cゾーン
シード校は愛産大工。
春にやや相手に恵まれた感じでシード校を確保した愛産大工。もちろん力がないわけではないですが・・・。3回戦で当たる桜台が意外と曲者。足元をすくわれる可能性も十分あります。
反対のゾーンには愛知が入りました。昨年はベスト8まで進み、その時の主力が残っています。春に欠場していた室田君もメンバーに入っていますし、伊藤啓君、柴田君の出来が良ければ、上位進出も可能な戦力が揃っています。くじ運にもやや恵まれた感じですし、楽しみです。
後は尾関学園はそこそこ力があります。油断せずに戦ってほしいです。
予想は愛知とします。

Dゾーン
シード校は中京大中京。
ほとんどのメディアで本命視されている中京大中京。少なくとも投手力は去年よりも上だと思います。ただ、それでも突然崩れたりする悪癖を持つ両左右エースですので、怖さはありますが。打線は去年に比べると小粒です、守備も去年ほどの安定感はないし、高いレベルにはありますが、付けこむ隙もまたあると思っています。
このゾーンはそれほど問題なく突破出来るのでは、と思います。
春日丘が次に来そうですが、チーム力は正直あんまり高くないです。打線がどこまで投手を助けられるか。
むしろ反対側は佐織工が楽しみ。春日丘を食うのでは、と思っています。
ベスト8は中京大中京にします。

残りは明日行います。

愛知大会 展望 東愛知編

続いて、東愛知編の後編となります。

Eゾーン
シード校は豊橋中央。豊橋中央はここ2年くらいでメキメキと頭角を現してきました。しかもこの春は全三河大会で優勝と結果も残した。東愛知の台風の目となる高校です。秋には啓成に押し気味に試合をしていますし、全三河大会では豊田大谷にも勝利。初戦に上がってくるであろう渥美農も力がありますが、ここに勝って波に乗りたいところですね。
反対側は岡崎商が有力。秋には桜丘と大接戦をするなど力を持っています。
このゾーンは豊橋中央と予想します。

Fゾーン
シード校は豊川工。正直言ってこのゾーンは見たことのない高校ばかり。秋、春両方県大会に進んだ学校が一つもないなど、混戦模様。以外と豊川工も初戦が侮れない感じがします。
豊田工、半田工、岡崎工と工業高校が多いのも特徴。豊橋南にも注目。
ここは自信ないですが、豊川工と予想します。

Gゾーン
シード校は刈谷工。春は豊田西に勝ってシードを獲得。有力校が多く、予想は難しい。
愛産大三河は、春は足元をすくわれたが、秋には成章に1点差負け。当時1年生エースだった堀江君の投球に目を見張りました。
ただ、愛産大三河も初戦が東海南とこちらも県大会の常連校。油断のならない相手です。
反対側は東海商に注目。昨夏、1,2年生主体でベスト16に進む快進撃。主力は残っているはずで、経験を活かし夏も楽しみ。
このゾーンは愛産大三河の地力を推します。

Hゾーン
シード校は成章。ここは成章がクジに恵まれました。県大会に進んだのが秋の碧南ただ1校。昨夏も半田高校の3回戦が最高と、強いチームがほとんどいない状況。
成章は控えの西崎君など力を付けてきているが、やはり小川君のチーム。どこまで余力を残して勝ちあがれるかが鍵でしょう。
国府はかつては2年続けてシードを取ったことがある古豪。監督が変わったようで、戦いに注目。
碧南も昔旋風を起こしてますよね。
ただ、このゾーンは成章でほぼ間違いないと思います。

東愛知は、ベスト8予想が、大府、桜丘、杜若、豊田大谷、豊橋中央、豊川工、愛産大三河、成章となりました。

本命は変わらす豊田大谷。対抗大府、成章の次を豊橋中央にします。鍵は桜丘が握っている気がします。もし中川君の出来が良かったら・・・。すべてひっくり返る感じがします。そういう意味でも桜丘−横須賀は注目ですね。

愛知大会 展望 東愛知編

高校野球の愛知大会の展望を、個人的にあげたいと思います。

あくまでも私コウの独断によるものですのでご了承ください。

東愛知から。

Aゾーン
シード校は大府。大府は今村、大野という去年からの2枚看板を抱え、東愛知の優勝候補の一角に挙げられています。課題はバッティングと言われますが、そこそこ力はありますし、夏の連戦を思えば、2枚ピッチャーがあるのは心強いと思います。
大府にとっては、初戦で勝ち上がってきそうな三好高校が不気味。春は県大会に出ていませんが、去年くらいから力を付けてきていますからね。
反対側は安城学園が有力。全三河大会でも強豪に競り勝っての4位と力を付けています。ただ、初戦の刈谷北や、去年ほどではないですが、新城東もいて、なかなかの混戦です。
ベスト8は大府と予想します。

Bゾーン
シード校は刈谷。刈谷高校は春の準々決勝で啓成との試合を見ました。正直エースの坂部君の力に不安を感じましたが、一つ一つのプレーを確実に行い、まとまりの高さ、野球に対する姿勢のよさを感じる好チームでした。ピッチャーの踏ん張りが鍵でしょうね。
ただそれとは別に、厳しいゾーンになっています。初戦は豊田西が有力。豊田西は現チームは地区予選でも苦戦するなど、例年の力はありません。が、夏には力を発揮するのが強豪校の強豪校たる所以。2回戦でぶつかれば注目の対戦ですね。
で、この反対のゾーンに1回戦一番の好カード(東西合わせて)の桜丘−横須賀。
中川君VS福谷君が対決する注目の一戦。桜丘は中川君を秋に無理をさせたツケに苦しんだ印象です。どこまで中川君が夏に向けて調子を上げれているか、注目です。
豊橋商も去年4回戦まで進んだ時のエースがまだ残っているので、侮れません。
このゾーンは桜丘の底力を買います。

Cゾーン
シード校は杜若。杜若は例年に比べ投手力はやや落ちるようですが、打線が活発の模様。東三河の優勝候補の一角に上げられています。
ただこのゾーンも息が抜けない組み合わせ。
初戦は岡崎北が有力です。昨年の秋に岡崎北を見ましたが、すごくいいチームでした。バッテリーがすごく良かった印象があります。ただ碧南工も毎年夏にはいいチームを作るので、こちらも侮れません。
で、その次が豊川と西尾東の勝者。豊川はあんまりチーム作りがうまくいっていない感じですが、地力はあります。西尾東も力はありますし。
反対側は福江が注目かな?ただ、ちょっと力的には落ちる感じです。
このゾーンは杜若と予想します。

Dゾーン
シード校は豊田大谷。去年の秋には県大会を制したように、東愛知ではナンバーワンの力と思っています。三浦君が怪我で離脱していましたが、全三河大会では投げていましたし、新美君との2枚に加え、春の県大会に投げた坂本君らも加えて、投手力の底上げが出来た感じです。打線はちょっと振りすぎる感じもしますが、パワーはあります。ゾーン的には恵まれた感じですし、問題なくベスト8に進むのでは、と思います。
相手は安城南。はまったときには強い印象。豊田大谷にどこまで食い下がれるか注目。
反対のゾーンは夏に強い時習館かな?なんにしてもこのゾーンは豊田大谷と予想します。

愛知大会 予想

いよいよ明日は愛知県大会の組み合わせ抽選会となります。

組み合わせの前に簡単に予想をしておきます。
印は競馬新聞方式です。

東愛知

◎享栄 ○中京大中京 ▲愛知啓成 △愛工大名電 ×栄徳 台風の目 弥富

西愛知

◎豊田大谷 ○大府 ▲成章 △杜若 ×桜丘 台風の目 横須賀

組み合わせを見て変わることもあると思います。
完全に独断と偏見です。

台風の目はノーシード校で爆弾になりそうな学校を選びました。

どちらの地区も上位3校は正直拮抗しててどこが行くかは予想がしにくいです。

また、組み合わせが発表になったら、ゾーン毎の予想をしたいな、と思います。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
22日
リーグワン
トヨタスタジアム
29日
スターダム
名古屋国際会議場
30日
アイスリボン
ダイアモンドホール
Recent Comments
  • ライブドアブログ