コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

高校野球2008年夏甲子園

強かった。大阪桐蔭優勝!

大阪桐蔭17−0常葉菊川

最後は力の差が出てしまいました。

6回のゲッツーの当たりを1塁が弾いたところで勝負が決まりました・・・。

最後は戸狩が必死の投球。痛い腕を振って投げたのには感動しました。

とにかくお疲れ様。胸を張って静岡の帰ってください。

しっかり腕を治して。また輝く舞台に立てることを祈っています。

大阪桐蔭は強かった。なにより冷静なプレーが光りました。

おめでとうございます。

魔物使い常葉菊川VS試合巧者大阪桐蔭で決勝戦

準決勝結果
常葉菊川9−4浦添商
大阪桐蔭9−4横浜

奇しくも同じスコアの準決勝になりました。が試合の中身はまったく違いますが。

1イニングで満塁ホームランを含む9点を奪ってそのリードを戸狩−野島−戸狩のリレーで逃げ切った常葉菊川。

一気に5点奪って逆転をして追いすがられながらも終盤突き放して横浜を倒した大阪桐蔭。ここにきて先発のエース福島が完投するなど、内容も充実してきています。

がっぷり四つに組んだら大阪桐蔭かな。投手、守備、打撃、高いレベルで安定しています。
常葉菊川も守備は遜色ないですが、他は若干劣る気がします。ただし、ある瞬間の集中力だけは異常に高い。そこでビッグイニングを作れれば・・・。

魔物さんを味方にする常葉菊川が試合巧者の大阪桐蔭に通用するか。また戸狩がどこまで踏ん張るかがポイントになりそう。
大阪桐蔭は似たような雰囲気のある東邦に勝ってきてるのが何気にポイントになりそう。

なんにしても好ゲームを期待したいです。

魔物使い常葉菊川恐るべし

常葉菊川13−10智弁和歌山

なんだろう。常葉菊川の試合にはいつも魔物が付いている気がする。

途中の逆転劇は完全に味方にしていたし、最後は相手に行きかけたところを力で押し戻す。

魔物を使いこなしている感じですね・・・。

次は浦添商。戸狩があの調子、2年生があの状態では苦しいのは間違いないですが、次は常葉はなにをやらかすのか。

甲子園に、魔物に愛されるチーム、常葉菊川。

過去にない、新しいチームですね。というより突然変異のようなチームかも。

浦添商戦も色々注目です。

横浜15−1聖光学院

試合は少ししか聞いてないです。そんな中の感想ですが、こういう結果だけ見て、こうだから横浜は嫌いなんだよなぁ、というのが感想です。

聖光は5回の2死からの2ラン被弾で終わっちゃいましたね。

準決勝のカード

第1試合 浦添商(沖縄)- 常葉菊川(静岡)
第2試合 横浜(南神奈川)- 大阪桐蔭(北大阪)

ここまできたら希望のみ。常葉菊川と大阪桐蔭を応援します。

第90回高校野球選手権大会第14日結果

8月15日(第14日目)

報徳学園(東兵庫)4-7 大阪桐蔭(北大阪)
浦添商(沖縄)4-3 慶応(北神奈川)

第1試合は大阪桐蔭が逆転勝ち。報徳に先行を許す苦しい展開でしたが、中盤から終盤にかけてきっちり逆転しました。強いですね。

第2試合は浦添商がシーソーゲームを延長で制して勝ち。伊波君の負担を減らしながら勝ったのは大きいですね。

第15日目カード

第1試合 智弁和歌山(和歌山)- 常葉菊川(静岡)
第2試合 聖光学院(福島)- 横浜(南神奈川)

第1試合は智弁和歌山が総合力では上。常葉菊川は戸狩君がいれば、また変わってくるのですが・・・。常葉が乱戦に持ち込めば分からないですがね。魔物を使いこなす常葉の試合に注目。

第2試合は横浜が有利。聖光学院は投げていないエースが投げられれば、あるいは・・・。土屋君の疲労も心配です。

第90回高校野球選手権大会第13日結果

8月14日(第13日目)結果

関東一(東東京)1-3 浦添商(沖縄)
青森山田(青森)0-2 慶応(北神奈川)
東邦(西愛知)5-7 大阪桐蔭(北大阪)
横浜(南神奈川)3-2 仙台育英(宮城)

第1試合はエース伊波のいる浦添商のが地力は上と思っていましたが、関東一も粘りましたね。

第2試合は青森山田の拙攻が響いた形になりました。慶応は継投が結果的にはうまくいきましたが、正直諸刃の剣かな?

第3試合は東邦が序盤の相手の守備に飲まれた印象です。逆に守備でミスを連発して自滅してしまいました。それでも良く粘ってはいたのですが・・・。和田への継投が決定的なミスとなってしまいました。
それでも佐々木君が楽しそうに投げて抑えたのをきっかけに、反撃。意地を見せてくれたので良かった。最後ももう少し見極めができたら追いつけたかも。でも良くやったかな。

第4試合は仙台育英の1年生木村の好投が接戦を呼んだもようです。また秋以降が楽しみですね。

14日目カード
準々決勝
第1試合 報徳学園(東兵庫)- 大阪桐蔭(北大阪)
第2試合 浦添商(沖縄)- 慶応(北神奈川)

第1試合は近畿勢の隣県対決。大阪桐蔭のが総合力は上のような気がしますが、報徳の近田君が抑えれば分かりません。

第2試合は、伊波VS田村只野の対決ですね。お互い連投とはいえ、一人で投げている伊波君の疲労が心配。疲労度を除けば浦添商かな、と思いますが・・・。

第90回高校野球選手権大会第12日結果

8月13日(第12日目)結果

聖光学院(福島)5-2 市岐阜商(岐阜)
常葉菊川(静岡)9-7 倉敷商(岡山)
駒大岩見沢(北北海道)3-15 智弁和歌山(和歌山)
第4試合 鹿児島実(鹿児島)3-7 報徳学園(東兵庫)

第1試合は市岐阜商が先手を取りながら、集中打を浴びて逆転負け。
昨日の試合はらしくないミスも出て、流れを掴みきれなかったのが敗因ですね。
それでもピッチャーは良く粘っていたし、力は出し切ったのではないでしょうか。
初勝利は消えることはないですし、胸を張って岐阜に帰ってきてください。

第2試合は戸狩の使えない常葉菊川が先手を許す苦しい展開。また、夏初登板になった萩原が審判の狭いゾーンに苦しみ6点を失いました。
打線も木元君に翻弄されていたので、正直無理だと思って、球場に出かけたのですが、経過を見て唖然としました。一言、常葉恐るべしです。
追いつかれて終盤になっていましたが、こういう展開では常葉は負けませんからね。最後は予想通りに突き放しました。
立役者は中盤しっかり防いだ野島君かな?神の子伊藤君もさすがです。

第3試合は駒大岩見沢が金星かと思わせる試合展開でしたが、守りきれませんでした。まぁガタガタと崩れてしまったのは責めれないかな。攻め続けた智弁が見事ということなんでしょう。

第4試合は報徳が少しずつ本領発揮し始めているのかな。鹿実を寄せ付けなかったようですね。

13日目カード
第1試合 関東一(東東京)- 浦添商(沖縄)
第2試合 青森山田(青森)- 慶応(北神奈川)
第3試合 東邦(西愛知)- 大阪桐蔭(北大阪)
第4試合 横浜(南神奈川)- 仙台育英(宮城)

第1試合は地力は浦添商。伊波君が関東一相手にどう投げるか注目。

第2試合は、やや慶応が上かな。青森山田は投手がどこまで防げるか。

第3試合は総合力は大阪桐蔭かと。ただ、東邦も力は上の清峰を倒しましたので、その勢いを活かせれば。

第4試合は横浜がリード。仙台育英は若い投手陣がどこまで踏ん張れるかですね。

聖光学院−加古川北 観戦記(2008年夏甲子園2回戦)

8月8日に行われた第3試合の聖光学院−加古川北の試合の観戦記です。
ちょっとこの試合はあんまりちゃんと見ていないので印象のみです。

試合自体は序盤に決まっちゃいました。

聖光学院
420102000|9
001100000|2
加古川北

聖光学院
佐藤竜、横山−竹沢
加古川北
三木、岩崎、岡本−久保

1回表、2死満塁で6番菅野にカウント2−3から打たれた3ベース。
1回裏の先頭の久保のヒットの後のバント失敗ゲッツー。これでほぼこの試合の体勢は決まった感じでしたね。
2回表もエラーが絡んでの2失点。3回から岩崎がなんとか踏ん張って試合は作りましたが・・・。先発を県大会の終盤どおり岩崎で行くべきだったと結果論ですがね。

加古川北は唯一勝機が来たのが4回裏。イレギュラーの助けもあって、3連打で1点を返してさらに1死満塁の場面。ここであと2点返せれば少しは雰囲気も変わったのですが。

結局6回の2失点で勝負は決まりました。でも加古川北もそれ以降、毎回ピンチを迎えましたがよく抑えました。観衆の後押しも凄かったです。

聖光は、序盤から力の差を感じさせる試合運びで危なげなかったです。ただ、チャンスをあまり生かせなかったこと、ちょこちょこミスが出ていたことがどうかな、と。
力の差があった分、雑な面も見られました。
エースが投げていないのがどっちに出るか、そこも注目ですね。

第90回高校野球選手権大会第11日結果

8月12日(第11日目)結果

大阪桐蔭(北大阪)6×-5 金沢(石川) (延長10回)
広陵(広島)4-7 横浜(南神奈川)
仙台育英(宮城)6-4 福井商(福井)

第1試合は金沢が大健闘、というよりもう少しで勝てる試合でした。惜しい。
大阪桐蔭はこの勝ちを活かしたいところですが・・・。

第2試合は広陵が先手を取るも、横浜が凌いで地力を発揮。逆転して逃げ切ったゲームの様です。うーん。横浜はいまだに読みにくいなぁ。ただ、守備や走塁はさすがのようですね。

第3試合は予想通りのクロスゲーム。勝敗はお互いの1年生左腕のリリーフの投球が分けました。後半きっちり抑えた仙台育英の林君が見事でした。福井商は追いついた直後の2失点が大きかったですね。

12日目のカード
3回戦
第1試合 聖光学院(福島)- 市岐阜商(岐阜)
第2試合 常葉菊川(静岡)- 倉敷商(岡山)
第3試合 駒大岩見沢(北北海道)- 智弁和歌山(和歌山)
第4試合 鹿児島実(鹿児島)- 報徳学園(東兵庫)

明日から3回戦。勝つとベスト8になります。
第1試合は、市岐阜商が登場。一つ勝ってノビノビ野球が出来るか。
第2試合は初戦は打てなかった常葉菊川が2戦目でどこまで上げれるかに注目。
第3試合は地力で智弁和歌山が上。
第4試合は注目カード。2戦目に続いて好左腕が相手になる鹿児島実の戦い方が鍵になります。

福井商―酒田南 観戦記(2008年夏甲子園1回戦)

8月8日の第2試合。今年の最後の1回戦のカードとなりました。
特にポイントは絞ってはいなかったですが、両左腕の立ち上がりに注目しました。

福井商
200000013|6 H9 E1
000001000|1 H5 E1
酒田南

福井商
竹沢佳―中村
酒田南
安井、小山―西


投手成績
福井商
竹沢佳 。慌鵝。隠隠乙紂“鎔詑韮機〇裕紕押〇或僑粥ー催寸
酒田南
安井 8回0/3 135球 被安打8 四死球1 三振7 失点5
小山 1回 15球 被安打1 四球0 三振1 失点1

(試合経過)
1回表、福井商は2者連続三振の後、3番松永が10球粘って四球を選びます。4番中村がちょっと外野手の目測誤りもあって2塁打となり、チャンスで5番宇原が2点タイムリー。福井商が2点を先制します。
そこからは投手戦。お互いになかなかチャンスも作れず、得点を奪えません。
福井商は5回に1死3塁のチャンスを掴むも、9番、1番が倒れ得点できず。
酒田南は6回裏、1死から1番平川の2ベースを足がかりに、内野ゴロの間に1点を返します。
7回裏は内野安打から1死2塁のチャンスを掴み、代走を出して勝負しますが、7番安井のヒットでホームを突くも、福井商がいい中継プレーで本塁アウト。同点を阻止します。
8回表、無死2,3塁で見事なスクイズで突き放した福井商は、9回にも投野選と1番河合の2点タイムリーで駄目押し。竹沢佳は9回にピンチを背負うも無得点に抑え完投勝利を挙げました。
 
中盤から終盤までは見応えのある投手戦でした。

勝敗を分けたのは、ここぞの場面で小技を決めた福井商。また守備でもいいプレーが勝負どころで出ました。

力は五分。酒田南は勝負をかけた7回のホーム憤死が大きかった。
あとは初回の福井商の粘って粘っての先制パンチも見事。
エースの竹沢君も最後まで良く集中していました。ナイスゲームでしたね。
福井商は接戦慣れを感じます。竹沢佳君も130k中盤のスピードながら安定していますし、仙台育英戦でも先手を取って、接戦に持ち込みたいですね。

第90回高校野球選手権大会第10日結果

8月11日(第10日目)結果

本庄一(北埼玉)0-4 青森山田(青森)
慶応(北神奈川)5-0 高岡商(富山)
清峰(長崎)4-5 東邦(西愛知)

青森山田はあまり点は取れませんが、きっちり投手が抑えて勝ちあがっています。

慶応も今日は完勝ですね。この2校、次の対戦では接戦になりそうです。

東邦はよく分からないチームですね。一番相手に取ってはやりにくい相手かもしれません。きっちり自分たちの力だけは出そうとしますし、型がない感じですよね。
ある意味目が離せないチームです。

11日目カード

第1試合 大阪桐蔭(北大阪)- 金沢(石川)
第2試合 広陵(広島)- 横浜(南神奈川)
第3試合 仙台育英(宮城)- 福井商(福井)

好カード目白押しですね。
大阪桐蔭はこの試合が試金石ですね。
第2試合は横浜のが総合力は上っぽいですが、1回戦はあまり強さを感じませんでした。広陵は試合巧者っぽい雰囲気がありますので楽しみですね。
第3試合はお互いしっかりした野球をやるチームですので、好ゲームを期待。

明日でベスト16が出揃います。

続きを読む

仙台育英―菰野 観戦記(2008年夏甲子園1回戦)

8月8日第1試合で行われた仙台育英−菰野の観戦記です。
初戦連敗の続く三重県勢を、プロ注目の西君が止められるかに注目して観戦しました。

仙台育英
100021000|4 H13 E1
000000001|1 H9 E2
菰野

仙台育英
穂積、木村―戸沢、高橋
菰野
西―上部


投手成績
仙台育英
穂積 。恐2/3 107球 被安打7 四死球3 三振3 失点0
木村 2回1/3 49球 被安打2 四球2 三振1 失点1
菰野
西 。慌鵝。隠隠教紂“鎔詑韮隠魁〇犁紕魁〇或僑粥ー催寸粥兵責点3)

(試合経過)
1回表、先頭橋本がいきなり左中間を突破する3ベース。西の出鼻をくじく大きな当たりでした。2番の当たりはショートゴロ。普通に投げればアウトのタイミングでしたが、ボールが大きく逸れ(記録遊野選)仙台育英が1点を先制します。
2回表、西は死球とヒットで2人ランナーを出し、ゲッツーを取れる場面で取れないような状況でしたが、踏ん張り0点に抑えます。
2回裏、無死1,2塁のチャンスを掴みますが、ランナーが飛び出しアウト。尚もヒットで1死1,3塁とするも、セーフティスクイズがファースト正面に勢いが強くホーム憤死。結局チャンスを活かせません。
お互い3回、4回はチャンスを作る場面もありましたが、活かせず。
5回表、1死から1番橋本のセンターへのヒットとエラーで2塁に。ここでショートへのゴロを逸らし(記録ヒット)2点目。さらに内野に乱れがあり、満塁から内野ゴロの間に1点。3―0。
6回表、2死2塁から1番橋本がこの日4本目のヒットとなるタイムリー3ベースで4―0とし差を広げます。
7回裏、菰野は2死1、3塁とチャンスを作るも替わった仙台育英のピッチャー木村にここを抑えられ0点。
7〜9回毎回ピンチを背負いながら、西はなんとか踏ん張ります。しかし菰野は不安定な木村を攻めながら攻めきれず、9回のゲッツーの間の1点のみで終了。仙台育英が2回戦進出を果たしました。

ぶっちゃけ菰野側から見れば勝てた試合でした。ただ、結果から見れば、負けるべくして負けたゲームでした。
守備がもともと良くないのは知っていました。ただ、落ち着いてやれば大丈夫なプレーが出来ず、失点を増やしてしまった。また攻撃でもセーフティスクイズの失敗、送りバントの失敗。走塁も甘いですし、何度もったいないと呟いたことか。
西君の踏ん張りに応えられませんでした。三重県勢の連敗ストップはまだまだかかりそうです。

仙台育英は1番の橋本君が5安打。すべての得点のイニングに絡んでいますし、噂に違わぬ好選手でした。またショートの遠藤君の守備範囲の広さも驚きました。やはりきっちりした野球をやります。
投手力は2年生と1年生のリレー。バックを信じてうまく投げていた印象です。
2回戦は福井商。基本的には同じ戦い方でしょう。ただ、福井商は菰野と比較して、しっかりしたチームなので、先手を奪って優位に試合を戦いたいですね。

第90回高校野球選手権大会第9日結果

8月10日(第9日目)結果

鹿児島実(鹿児島)4-1 宮崎商(宮崎)(延長12回)
智弁学園(奈良)4-5× 報徳学園(東兵庫) (延長10回)
関東一(東東京)5-2 鳴門工(徳島)
浦添商(沖縄)12-9 千葉経大付(西千葉)

好カードばかりでしたが、予想以上に凄い試合ばかりだったようですね。

第1試合は宮崎商が終盤追いついてからはお互い凌ぎあい。すばらしいゲームだったようです。

第2試合も最後智弁が追いついて延長に持ち込むも、力尽きました。

第3試合はほぼ順当かな?鳴門工も僅差には持ち込みましたが。

第4試合は浦添商の完勝ペースが一転。一時は1点差となる大荒れのゲームとなりました。取った直後のエースをマウンドに戻し、2点を失ったのが響きましたね。

10日目のカード

第1試合 本庄一(北埼玉)- 青森山田(青森)
第2試合 慶応(北神奈川)- 高岡商(富山)
第3試合 清峰(長崎)- 東邦(西愛知)

第1試合は力は五分かと。初戦の内容は本庄一のがいいかな?と思いますが。

第2試合は、高岡商の守りがどこまで慶応を苦しめるか。地力は慶応かもしれませんが、ちょっと楽しみなカード。

第3試合は共に強打のチーム。総合力は清峰が上だと思いますが、爆発力のある東邦に期待したいですね。

続きを読む

市岐阜商―香川西 観戦記(2008年夏甲子園2回戦)

8月8日甲子園で行われた第4試合、市岐阜商−香川西の観戦記です。
過去3回、いずれも完封負けの市岐阜商。呪縛を解いて初得点、初勝利なるかに注目して観戦しました。

市岐阜商
000202000|4 H8 E1
001011000|3 H9 E1
香川西

市岐阜商
原、吉村―加藤
香川西
高橋直、芳山、小林―高橋真、高橋直


投手成績
市岐阜商
原 。群鵝。隠隠患紂“鎔詑韮后〇裕紕魁〇或僑魁ー催寸
吉村─。臆鵝。横控紂“鎔詑韮亜〇裕紕院〇或僑院ー催寸
香川西
高橋直 。恐鵝。坑欝紂“鎔詑韮供〇融犁紕魁〇或僑粥ー催寸
芳山 2回 27球 被安打2 四球0 三振0 失点0
小林 1回 7球 被安打0 四球0 三振0 失点0

(試合経過)
1回表、先頭の高井がヒットで出塁も、牽制で誘い出されてアウト。その後、死球、ヒットと続いただけにもったいなかった。1死1,3塁とするも4番杉島5番加藤が倒れ0点。
対して市岐阜商の原は1回、2回と連続して先頭バッターに四球を出すなど不安定な立ち上がり。しかし後続は抑え無失点で立ち上がります。
3回裏、香川西は先頭の高橋直がヒットで出塁。バント失敗を挟みながらも尚もバントで2死2塁とし、3番斎藤がタイムリーを放ち先制。
すぐさま市岐阜商はチャンスを掴みます。ヒットと四球で1死1、2塁のチャンスを作り、6番吉村が呪縛を解くセンター前タイムリーで市岐阜商甲子園初得点。さらに7番西田が犠牲フライを上げ逆転に成功。2−1とします。
5回裏、2死ランナーなしから、1番横山2ベース。2番矢野のタイムリーで再び同点。尚も3番斉藤が2ベースを放ち1塁ランナー3塁ストップも、キャッチャーがハンブル。この隙を突こうとしたが、中途半端となり、結局挟まれてタッチアウト。同点で香川西は終わってしまいます。
6回表、死球のランナーを2塁を置いて、7番西田が勝ち越し2ラン。4―2。
6回裏、1死2塁から6番谷がレフト線に落ちるタイムリー2ベース。4―3。
香川西は7回表からピッチャー交替、芳山。ピッチャーだった高橋直がキャッチャー。2ベース1本を許すも、3.4番を打ち取り無得点。
7回裏、1死3塁から、3番斉藤のところでスクイズ。これを原が好フィールディングでアウトにし、この回を無失点で切り抜けます。8回裏、市岐阜商はピッチャー交替、吉村。ややボールが抜けながらも、相手の盗塁をキャッチャーの肩とショート高井のファインプレーもあり0点。
9回裏、市岐阜商は2つのファインプレーも出て、踏ん張りきり、初勝利を上げました!


すばらしい試合でした。市岐阜商の勝ちたい気持ちが選手、試合、ベンチ、観客、アルプス、みんなから伝わってきて後押しした。そして選手がそれに応えた、そんなゲームでした。
序盤を見たときは、無得点の呪縛があるかな、そんな印象でしたが、得点してからは、市岐阜商ペースに。ただ、そこを押し戻してくる香川西も見事。
最後まで市岐阜商は良く守りました。2遊間はすばらしかった。また原君もフィールディングがすばらしかった。吉村君も抜けながらも良くなげました。1勝にこれだけ感動を貰ったのは初めてです。ありがとうと言いたいです。

香川西も強かった。勝敗は運が市岐阜商に味方したこと。攻撃で2つミスでランナーを失ったこと。これだけでした。正直全員県外出身のチームということでいい印象は持っていませんでしたが、チームはいいチームでした。

市岐阜商は次は聖光学院と。正直力は五分五分かと。ただ、次はノビノビとやれる分、市岐阜商も十分勝ち目はあると思います。
また好ゲームを期待します。

第90回高校野球選手権大会第8日結果

8月9日(第8日目)結果

福知山成美(京都)1-2 常葉菊川(静岡)
佐賀商(佐賀)0-2 倉敷商(岡山)
盛岡大付(岩手)3-8 駒大岩見沢(北北海道)
智弁和歌山(和歌山)5-2 木更津総合(東千葉)

第1試合は常葉菊川が足で逆転勝ち。なにより守り勝ちでした。締まったいい試合。福知山成美のが打線は上回っていましたが、突き崩せず、一瞬の隙を突かれました。
走塁に差がありましたね。福知山成美ももっと見たかったですね。
常葉はこの勝ちを今後に活かしたいところです。

盛岡大付はこれだけ待たされたあげくに相手が一試合を消化しているのはかわいそうですね。どうして代表の数は奇数なんだろう・・・。

第4試合は、智弁和歌山が強かったみたいですね。ただ、ヒット数の割りに点が取れてないあたりに付けこむ隙はありそうですが。でも1回戦、済美に完勝したのはさすがですね。

第9日目カード

第1試合 鹿児島実(鹿児島)- 宮崎商(宮崎)
第2試合 智弁学園(奈良)- 報徳学園(東兵庫)
第3試合 関東一(東東京)- 鳴門工(徳島)
第4試合 浦添商(沖縄)- 千葉経大付(西千葉)

明日も好カードばかり。
第1試合は好投手赤川君対鹿児島実打線。宮崎商が強い感じかしましたがどうなりますか。
第2試合も復活した近田君が試合巧者智弁学園にどう投げるか。智弁がやや有利かな。
第3試合は常総を破った関東一に分があるかと。
第4試合は屈指の好カード。千葉経大付は初戦を見てませんが浦添商は優勝も狙えるチームだと思います。ここは難しいですが、浦添商を応援しようかな。

第90回高校野球選手権大会第7日結果

8月8日(第7日目)結果

第1試合 菰野(三重)1-4 仙台育英(宮城)
第2試合 福井商(福井)6-1 酒田南(山形)
2回戦
第3試合 聖光学院(福島)9-2 加古川北(西兵庫)
第4試合 市岐阜商(岐阜)4-3 香川西(香川)

甲子園に行ってきました。
また観戦記にまとめますので簡単に。
第1試合は菰野は三重代表の脆さを払拭できず。守備が良くないのは分かっていましたが、もう少し上手に攻めれば・・・。走塁も甘いです。

第2試合は最終的には点差が開きましたが、終盤まで分からない好ゲームでした。福井商の作戦がうまくはまりました。

第3試合は力が違いました。加古川北は県大会で先発させたピッチャーを最初から投げさせていたら・・・。

第4試合はすばらしい試合でした。市岐阜商の応援もすごかったです。最後までしびれる試合でした。

第8日目カード

第1試合 福知山成美(京都)- 常葉菊川(静岡)
第2試合 佐賀商(佐賀)- 倉敷商(岡山)
第3試合 盛岡大付(岩手)- 駒大岩見沢(北北海道)
第4試合 智弁和歌山(和歌山)- 木更津総合(東千葉)

常葉菊川が登場。強豪の福知山成美と初戦を行います。
第3試合の盛岡大付で全55校が登場します。
第4試合は注目カードですね。

甲子園着

cb8bf2b1.JPG甲子園に着きました。
この夏は最初で最後になるかな?

一応最初から最後までいる予定です。

いい試合に期待します。

第90回高校野球選手権大会第6日結果

8月7日(第6日目)結果

大阪桐蔭(北大阪)16-2 日田林工(大分)
桐生第一(群馬)1-6 金沢(石川)
広陵(広島)8-5 高知(高知)
浦和学院(南埼玉)5-6 横浜(南神奈川)

昨日の降雨再試合は大阪桐蔭の圧勝。初回追いついた時は昨日と違う展開を期待したのですが・・・。元々の力が違いましたね。

第2試合は金沢が良く頑張りました。勝ってよかった。
スクイズ2つ。上手に野球を進めました。
また攻撃的な継投。3番手に投げたアンダーハンドの川原君がすばらしかった。ヒットは浴びるものの粘り強く投げました。次の大阪桐蔭もピッチャーが踏ん張って接戦にしたいですね。

第3試合は広陵が同点から突き放しました。2死からの連打も見事でした。去年のように絶対的なエースは不在のようですが、接戦に強そうです。
高知は追いついた直後の1死3塁でのスクイズ失敗が響きました。

第4試合は横浜が辛勝。というか、浦和学院が野球が下手すぎました。ミス多すぎ。普通にやっていれば浦和が5点差くらいで勝ってた試合。もったいないというか・・・。まぁ横浜のうまさもありますが。

第7日目のカード

第1試合 菰野(三重)- 仙台育英(宮城)
第2試合 福井商(福井)- 酒田南(山形)
2回戦
第3試合 聖光学院(福島)- 加古川北(西兵庫)
第4試合 市岐阜商(岐阜)- 香川西(香川)

明日は菰野の西君が登場。三重の連敗を止められるか。
市岐阜商も登場。こちらは4度目の出場ながらまだ、1度も得点をあげたことがない。初勝利を目指しての戦いです。

第3試合からは2回戦です。

明日は観戦に行ってきます。

第90回高校野球選手権大会第5日結果

8月6日(第5日目)結果

白鴎大足利(栃木)3-11 清峰(長崎)
東邦(西愛知)15-10 北海(南北海道)
大阪桐蔭(北大阪)- 日田林工(大分)(雨天ノーゲーム)

清峰が強いですね。さすがです。甲子園の勝ち方を知っている感じです。

東邦はらしさ爆発ですね。投手陣はともかく打線は140k後半を記録した鍵谷君をボコボコに。打線はすばらしいですね。次の清峰に勝てるとしたら同じ展開かな。投手陣にも奮起してほしいですが。

第3試合は4−0と序盤大阪桐蔭がリードしながらノーゲームに。実力うんぬんはやはり大阪桐蔭が上なので、これでどうこうはなさそうですが、日田林工にはこの運を活かして欲しいですね。

第6日のカード

第1試合 大阪桐蔭(北大阪)- 日田林工(大分)
第2試合 桐生第一(群馬)- 金沢(石川)
第3試合 広陵(広島)- 高知(高知)
第4試合 浦和学院(南埼玉)- 横浜(南神奈川)

明日は注目カードが多いですね。
再試合の第1試合。
不祥事校、桐生の戦いにも嫌でも注目が集まります。
第3試合は昨年準優勝校の広陵が登場。高知も明徳を差し置いて出場なので当然侮れません。
第4試合は関東の強豪同士。横浜の戦いに注目。

続きを読む

第90回高校野球選手権大会第4日結果

8月5日(第4日目)の結果です。

本庄一(北埼玉)5×-4 開星(島根)
青森山田(青森)2-1 日本航空(山梨)
慶応(北神奈川)6-4 松商学園(長野)
大府(東愛知)1-5 高岡商(富山)

第1試合は初出場、本庄一に注目していましたが、いい試合でした。追いつかれてから良く守っていたし、見所の多い試合でした。最後試合を決めたのは、ブラジル人留学生奥田君の一発。低めの難しい球をバックスクリーンまで運んだのは見事でした。
サヨナラの場面、きちんとホームを踏んでからベンチを飛び出したチームに好感を持ちました。

青森山田は2点もタイムリーなしで上げていました。最後はあぶなかったようですが・・・。

松商の2番手の2年生、伊東君はすばらしいピッチャーですね。カーブがあれだけキレが良くてコントロールできると、いいですね。
松商も最後粘りましたが・・・。タイムリーが欲しかったですね。

大府−高岡商については別の記事にまとめました。大府は勝てた試合でしたが・・・。

5日目のカード

第1試合 白鴎大足利(栃木)- 清峰(長崎)
第2試合 東邦(西愛知)- 北海(南北海道)
第3試合 大阪桐蔭(北大阪)- 日田林工(大分)

明日は東邦が登場。愛知の連敗を止めれるか。
他、清峰、大阪桐蔭という名の通った強豪校が登場します。

大府−高岡商 TV観戦記

大府
000100000|1
00100040×|5
高岡商

大府
大野、今村−鶴田
高岡商
福島−田中

大府の大野君は右の長身サイドハンド。ちょっとコントロールは序盤ばらついているが、球自体は悪くない。外に流れるシュート気味のまっすぐがすばらしい。
今村君はMAX144kを記録。ただ、コントロールは荒れ荒れで、安定感はない。
高岡商の福島君はサウスポー。スピードはそんなにないです。緩急を付けて、打たせて取るP。

初回はお互い2死からヒットを放つも0点。
2回裏、無死2塁のピンチも大野は2者連続三振と内野ゴロでピンチを抑える。
3回裏は、先頭にヒットを許し、2死3塁からタイムリーで高岡商先制。
すかさず4回表、ヒットと死球のランナーを送りバントで送り、犠牲フライで同点に追いつきます。
5回表大府は先頭が2ベースを打ちながら、これぞチグハグの見本のような攻撃(送りバント失敗→ヒット→ゲッツー)で無得点。
5回裏も先頭にヒットを許すも踏ん張って無得点。
7回表、2死から大野が長打を放つも3塁タッチアウト。
7回裏2死から、連打で1,2塁。ここで2番阿部にタイムリースリーベースが出て高岡商が2点勝ち越し。3番野村にもタイムリーが出て4点目。さらに連打が続きこの回6連打で4点を奪います。
8回裏、今村に交代。1死2,3塁のピンチをなんとか踏ん張ります。
9回表、高岡商はファインプレーが2つ出て守り勝ちました。

大府は予想通り打てませんでした。拙攻も響きましたし・・・。良く守ってはいたのですが。
高岡商の守備はほんとにすばらしい。ピッチャーは球威がないので、どこまで打撃上位のチームに通用するかは分かりませんが、守備だけは甲子園で戦えるレベルです。すばらしい。打撃もピッチャー返しを徹底していて、いいチームだと思います。慶応にも健闘してほしいですね。

第90回高校野球選手権大会第3日結果

8月4日(第3日目)の結果です。

常総学院(茨城)5-13 関東一(東東京)
本荘(秋田)3-4× 鳴門工(徳島)
浦添商(沖縄)7-0 飯塚(福岡)
千葉経大付(西千葉)3-1 近大付(南大阪)

第1試合は関東一が圧倒。常総が脆かったですね。ヒット数は常総のが上回っていたようなんですが・・・。木内さんの神通力も薄れたかな。

第2試合は終盤チラッと見ましたが、本庄は惜しかった。結果的には1死2塁での敬遠策が裏目に出ましたが、延長を戦う力はないように見えましたし、仕方ないかな。秋田県勢もなかなか勝てませんね。

第3試合は浦添商の圧勝。飯塚のピッチャーも好投手ということでしたが・・・。
この内容を見ると、沖縄勢の春夏連覇もあるかも。

千葉経大付は斉藤君がさすがだったようですね。

4日目のカード
第1試合 本庄一(北埼玉)- 開星(島根)
第2試合 青森山田(青森)- 日本航空(山梨)
第3試合 慶応(北神奈川)- 松商学園(長野)
第4試合 大府(東愛知)- 高岡商(富山)

大府に頑張ってほしいな。ピッチャーが2点以内に抑えることが勝つ条件のような気がします。

第90回高校野球選手権大会第2日結果

8月3日(第2日)結果
日大鶴ケ丘(西東京)1-14 鹿児島実(鹿児島)
城北(熊本)1-7 宮崎商(宮崎)
智弁学園(奈良)5-4 近江(滋賀)
新潟県央工(新潟)2-4× 報徳学園(東兵庫)

第1試合は意外な大差となりました。最近東京代表は脆いですよね・・・。

宮崎商の赤川君はさすがいいピッチャーですね。腕の振りの柔らかさが印象に残りました。打線も活発でしたし、楽しみなチームです。宮崎商。

第3試合は終盤智弁が勝ち越したあたりからみました。最後まで分からない、すばらしい試合でした。ちょっと審判のゾーンが狭くてお互いのピッチャーが苦労していました。それでも持ち味を出していましたね。最後の阪口君の気迫の投球はすばらしかったですね。近江もいいチームだっただけに残念です。
録画しているので、また追記するかも。

第4試合は報徳が意外に苦戦。というか新潟県央工が大善戦でした。試合をまったく見てないので分かりませんが、報徳が弱かったというより、新潟県央工が良かったようですね。報徳も初戦敗退の連敗が続いていたのでそれを吹っ切れてまずは良かったかな。

第3日目カード
第1試合 常総学院(茨城)- 関東一(東東京)
第2試合 本荘(秋田)- 鳴門工(徳島)
第3試合 浦添商(沖縄)- 飯塚(福岡)
第4試合 千葉経大付(西千葉)- 近大付(南大阪)

明日も好カードが多いです。第1試合は関東勢同士の対戦。甲子園で強い木内さんに帝京を破った関東一が挑みます。
第3試合は選抜優勝校の沖縄尚学を破って出場の浦添商が登場。ピッチャーの伊波君に注目です。
第4試合も選抜4強で唯一夏出場の千葉経大付に地元近大付が対戦。続きを読む

第90回高校野球選手権大会第1日結果

8月2日(第1日)結果
駒大岩見沢(北北海道)8-6下関工(山口)
智弁和歌山(和歌山) 3-0済美(愛媛)
木更津総合(東千葉)6-1鳥取西(鳥取)

第1試合は中盤まで、第2試合は終盤を見ました。

第1試合はあまりのレベルの低さにびっくり。駒大岩見沢は、春も成章とレベルの低い試合をしていましたが・・・。あんまり成長してないなぁ。
まぁ開幕試合なので、割引も必要かもしれませんが・・・。

第2試合は逆にレベルの高い試合でした。智弁の強さを実感しました。久々にピッチャーもいいですし、優勝も望めそうなチームですね。
済美もいいチームでした。初戦で消えるにはもったいないチーム。一度も流れが来ませんでしたね・・・。それでも最後までなんか起こしそうなチームなのはさすがでした。

木更津総合は意外と苦戦。鳥取西も侮れないとは思っていましたが・・・。

2日目のカード
第1試合 日大鶴ケ丘(西東京)- 鹿児島実(鹿児島)
第2試合 城北(熊本)- 宮崎商(宮崎)
第3試合 智弁学園(奈良)- 近江(滋賀)
第4試合 新潟県央工(新潟)- 報徳学園(東兵庫)

第1試合からなかなか好カードですね。個人的な注目カードは第3試合。近江の小熊投手が智弁学園相手にどれだけ投げるか。楽しみです。
宮崎商のピッチャー赤川君、報徳学園の近田君の好左腕も注目ですね。続きを読む

桐生第一についての個人的意見

あくまで個人的な意見ですが・・・。

たとえメンバーでないとはいえ、部員なのですから、出るべきではない、出すべきではないと思います。

犯罪ですよ。

そんなことすら教育できていない学校や部活は、個人うんぬんではないと思います。

部内暴力や酒、タバコはまだ(部内暴力と酒タバコでも大分大きさが違いますが)情状酌量の余地はありますが、今回のはないでしょう。

選手がかわいそう?選手が起こした事件でしょ。自業自得だし、そんなことも分からないのがいた方が悪い。

これまですべてを犠牲にして、頑張って頑張って、それでも甲子園に行けなかった学校も一杯あります。そういう学校に対しても失礼です。

第90回選手権大会勝敗予想

甲子園の予想です。椎名さんのトト連動で行きます。

1回戦
駒大岩見沢、済美、木更津総合、鹿児島実、宮崎商、近江、報徳学園、常総学院、鳴門工、浦添商、千葉経大付、本庄一、青森山田、慶応、大府、清峰、東邦、大阪桐蔭、金沢、広陵、横浜、菰野、酒田南

2回戦
聖光学院、市岐阜商、常葉菊川、倉敷商、駒大岩見沢、木更津総合、宮崎商、近江、常総学院、千葉経大付、青森山田、大府、清峰、大阪桐蔭、横浜、菰野

3回戦
市岐阜商、常葉菊川、木更津総合、近江、千葉経大付、青森山田、清峰、横浜

あんまり面白味のない予想になったかなぁ。

優勝は常葉菊川に期待しようかな。

成章−大府 TV観戦記

7月25日、岡崎球場で行われた東愛知大会の決勝戦の観戦記です。

成章
000001000|1
01020000×|3
大府

成章
小川−丸山
大府
今村、大野−鶴田

小川君はこの日はコントロールがいまいち。また、ストライクを取りにいく球を徹底して狙われました。ただ、ピンチでの粘り強いピッチングはさすがでした。

今村君は右のオーバーハンド。まっすぐはMAX144kということですが、変化球が意外と多かった。ややボールが高い。縦の変化球が中盤から決まりだし、成章を苦しめました。
大野君は右の長身サイドハンド。去年ドームで少し見て以来でしたが、球威が上がり、変化球のキレも良くなった印象です。横の変化が鋭く、ちょうどいいリレーになりますね。

(試合経過)
2回表、成章は2死から四球2つでチャンスを作るも3盗を仕掛けてアウト。
2回裏、無死から3ベース。四球で1,3塁。成章にファインプレーがあり、2死、1,2塁から今村がタイムリー。大府が先制します。
4回裏、2死からイレギュラーヒットをきっかけに2本のヒットでチャンスを作り、またも9番今村が2点タイムリー2ベース。貴重な追加点を上げます。
成章は6回表、2死1,2塁から4番倉内が3遊間の当たりをショートが横っ飛びはじき外野にボールが流れる間にホームイン。3−1。
7回裏1死1,3塁からスクイズ。小川好フィールディングでホームアウトも1塁転送が外野に逸れる。ランナーホームインも打者の守備妨害を取られ、幻の1点に。
8回表ランナー出すもゲッツー。
8回裏、2死2塁で今村に代打浅井。三振で得点出来ず。
ピッチャー交代、大野
9回表、三者三振で試合終了。大府が勝ちました。

大府は今村君の投打の活躍がある意味すべてでした。また、今村君のピッチングを良くバックが守り立てたと思います。リリーフした大野君も見事でした。

甲子園でも基本的には今日見せた戦い方が基本となると思います。ピッチャーを中心に守って、競っていき、確実に得点をして逃げ切る。両エースの踏ん張りで勝利を上げてほしいですね。

成章は、正直春の選抜を見たときには、勝ったものの褒められない内容の試合をしていました。夏はいい守備を見せたし、小川君もさすがのピッチングをみせたと思います。もったいなかったのは2回。2死から微妙に制球に苦しんで2つ四球を出した今村を3盗失敗で助けてしまった。あの場面は確実に成功する状況以外では走ってはいけない場面。ぶっちゃけ作戦ミスだと思いました。あそこで今村君から1点でも上げていれば・・・。
しかし選抜から警戒されながらの決勝戦進出は立派。良く頑張ったと思います。お疲れ様でした。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(向坂 昇)

向坂 昇(コウサカ ノボル)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

広告
記事検索
今後の観戦予定
10月15日
トヨタスポーツセンター
21日
東海大会
22日
未定
27日
東海大会
28日
未定
29日
未定
11月3日
入替戦
4日
市内県立大会
5日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ