コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

大学野球

2020年大学1年生入学先

瀬戸 山崎 仁義 外野手 中京大
東郷 金子 蓮汰 投手 名城大
東郷 小野 未来也 内野手 岐阜聖徳大
日進西 家田 佑太郎 捕手 名城大
愛知商 竹延 尚哉 内野手 愛知東邦大
愛知 竹田 寛典 外野手 愛院大
享栄 三島 安貴 投手 愛院大
享栄 三島 有貴 捕手 愛院大
中京大中京 板倉 駆 投手 日大
中京大中京 関岡 隼也 捕手 中京大
中京大中京 麻續 竜生投手 中京大
中京大中京 尾崎 弘季 外野手 駒澤大
愛工大名電 稲生 賢二 外野手 亜細亜大
愛工大名電 牛島 凛人 外野手 天理大
愛工大名電 堀内 祐我 内野手 明治大
愛工大名電 辻 健人 外野手 金沢星稜大
愛工大名電 大谷 優光 投手 武蔵大
星城 石黒 佑弥 投手 JR西日本
星城 宇山 脩人 内野手 東海学園大
東邦 石川 昂弥 内野手 中日ドラゴンズ
東邦 植田 結喜 投手 東海大
東邦 成沢 巧馬 捕手 筑波大
東邦 熊田 任洋 内野手 早稲田大
中部大第一 磯貝 和賢 投手 中京大
中部大春日丘 泉 虎之介 投手 近畿大
中部大春日丘 柴田 零士 内野手 中部大
愛産大工 横井 雄汰朗 遊撃手 愛産大
愛産大工 藤掛 大希 外野手 愛産大
菊華 尾形 翔悟 内野手 名産大
至学館 牧山 稜昌 捕手 中京大
名経大市邨 鈴木 亮哉 投手 星城大
名経大市邨 佐藤 大輔 捕手 星城大
名経大市邨 塩飽 寛太 捕手 中部大
桜丘 堀尾 陸 投手 愛産大
豊川 菊間 悠斗 投手 名城大
豊川 執頭 剛琉 内野手 愛知大
豊川 星野 新 投手 至学館大
豊橋中央 大竹 輝竜 投手 山岸ロジスターズ
豊橋中央 長井 悠悟 投手 岐阜聖徳大
豊橋中央 吉田 晃都 投手 岐阜聖徳大
豊橋中央 中山 敦貴 投手 福井工大
安城東 河合 哲平 投手 中部大
一色 齋藤 彰摩 投手 岐阜聖徳大
幸田 馬場 悠慎 投手 東海学園大
西尾東 山田 紘太郎 投手 日体大
西尾東 加藤 健輔 捕手 名城大
愛産大三河 上田 希由翔 内野手 明治大
愛産大三河 石原 剣太 外野手 愛知大
愛産大三河 櫻井 仁生 捕手 日体大
安城学園 大谷 彰吾 投手 中部大
豊田大谷 三代 昌平 投手 同朋大
大府 垣波 航平 投手 愛工大
東浦 中根 和哉 外野手 星城大
日福大付 水向 涼斗 内野手 同朋大
小牧南 安藤 大斗 投手 愛知大
愛知黎明 大野 浩史郎 外野手 星城大
愛知啓成 難波 辰樹 投手 名産大
大成 近藤 聖 投手 星城大
誉 澤野 聖悠 内野手 楽天
清林館 清水 隆之介 投手 中京大

全日本大学野球選手権の中止が決定。愛知リーグも。

全日本大学野球連盟は12日、新型コロナウイルス感染防止の観点からオンラインで臨時理事会を行い、8月12日開幕予定だった第69回全日本大学野球選手権(神宮)の中止を決めた。緊急事態宣言の延長によって、代表校を決める春季リーグ戦の開催が全国的に難しい状況になったためで、1952年に始まった同大会が中止になるのは初めて。(スポーツ報知より)

残念という言葉以外に見つからないんですけど、現状開催するという選択が出来る組織はないですよね・・・。

各地のリーグ戦にも影響が当然出るでしょうし、愛知リーグは中止が決まりました。もう5月半ばで見通しも立たないですしね。

4年生とかの、この春を集大成に、と思っていた選手たちが気の毒というかなんというか。

6月から学校再開って話ですけど、ここまでの休みを取り返せるんでしょうか。

夏休み短縮とか、それはそれで暑さ対策も厳しそうですし。むしろここまでもオンラインでやっていたなら同じようにオンラインでやるとかならいいかな、と思いますが。

しかし、ここからの立て直しというか復旧というか、大変ですね。

朝日大野球部、無期限活動停止 部員2人が逮捕

岐阜市で3月、路上生活者(ホームレス)の男性が殺害され、いずれも19歳の少年5人が逮捕された事件で、朝日大(同県瑞穂市)は24日、現役の硬式野球部員2人が傷害致死容疑で逮捕されたことを認め、対応を発表した。捜査関係者によると殺人容疑で逮捕された3人のうち、2人も元部員。
朝日大は傷害致死容疑で逮捕された現役部員2人に懲戒処分前の24日付で自宅謹慎を命じ、同時に調査委員会を設置。同部に対しては無期限の対外試合を含む、全ての活動を停止することを申し渡した。部の存続については今後、当該者に科される社会的制裁を見極めた上で対応。藤田明宏監督(52)から提出された辞任届を受理したことも発表した。(スポニチより)

朝日大の部員、元部員がホームレス殺人を実行し逮捕されるという事件が発生しました。

これ自体はもちろん許されることじゃないし、人としてしっかりと裁きを受け償いをする、それをしてほしいと思います。

朝日大としても、今後存続が危ぶまれる状況に。個人が起こしたこととはいえ、ほぼ全員野球部絡み。関係ないと言い切れなくなってしまいましたね。
藤田監督は辞任。

藤田監督は岐阜城北、県岐阜商で監督を務め、結果を残した名監督。ただ、朝日大に行ってから、思ったほど成績が伸びず、個人的には低迷していると感じていました。
スタンド等を見ても、規律がないというか・・・。かつて竹千代選手がいて、スタンドを一人で、周りを上手く使って盛り上げていましたが、その悪い部分だけを引き継いだというか・・・。

岐阜リーグで印象が直近で良くなかったのは事実。それが間違いじゃなかったのかな、と思うと残念です。

でも、他の真面目にやっている部員もいるわけで、そこに被害が及ぶのは気の毒。なんとかいい方向にいってほしいですが。。。

全日本大学野球選手権が8月12日に延期

全日本大学野球連盟は2日、都内で臨時常務理事会を開き、6月8日に開幕予定だった全日本大学野球選手権を8月に延期することに決めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮した。日程は8月12日開幕、決勝は8月20日を予定。球場はすべて神宮球場で行う。大会期間は9日間で、準決勝前日は休養日。大学選手権の8月開催は第6回大会(1957年)以来63年ぶり。(スポニチより)

全日本大学野球選手権の延期が決定。

まずは中止じゃなく延期というのにホッとしました。高校野球の甲子園と被る日程ですけど、そもそも甲子園は入場できるようになるか微妙ですしね・・・。

神宮のみでやるというのはオリンピック延期で神宮が空いた、というのが一番大きな要因でしょうけど、コロナのことを思えば、ドームでやるよりは絶対にいいと思いますし。

後は無事にお客さんを入れてやれることを祈るのみですね。少しは落ち着いて、間引きや応援を自粛などの配慮をした上で、開催にこぎつけてほしいと思います。

これに伴って、地方のリーグ戦も日程の見直し、延期が相次いでいます。今は少しでも後ろにずらして、通常開催にこぎつけてほしいと思いますので、いい方向にいってほしいですね。

夏の甲子園も普通にやるのは難しいでしょうし、思い切って11月くらいにするとか考えたらどうでしょうかね。。。

岐阜聖徳大−矢場とんブースターズ OP戦 結果(3月30日)

3月30日の岐阜聖徳Gで行われた、岐阜聖徳大−矢場とんブースターズのOP戦の結果です。

岐阜聖徳大
111030000|6
000000201|3
矢場とんブースターズ

岐阜聖徳大
荒木、橋本、山中、渡邊、橘高
矢場とん
箱田、松川、岩本、原井

スコアもつけずに見ていたので結果のみです。

写真はこちら。

愛知産業大−名城大 OP戦 感想(3月22日)

3月22日に名城大Gで行われた愛知産業大−名城大の感想です。

愛産大
200001001|4 H7 E1
000003100|4 H12 E0
名城大

愛産大
寺澤、鈴木優、高木−渡邊真
名城大
二宮、川口、酒井、松本−野口

(試合経過)
1回表、1死満塁から5番北出が押し出し四球。6番吉野の犠牲フライ。愛産大が2点先制。
6回表、先頭の3番杉本が打った瞬間のソロホームラン。3−0
6回裏、1死2,3塁から6番水谷、7番中村が連続タイムリー。更に2死2,3塁から9番舟橋がタイムリー。3−3の同点に。
7回裏、1死3塁から4番野口のタイムリー2ベース。名城大が逆転。4−3
9回表、先頭の4番高木海がソロホームラン。同点。

試合は引き分けに。

愛産大はここ数年、スラッガーが中軸を占める打線が続いていますが、今年はここ3年担ってきた4番の高木海選手に続いて3番の杉本選手が新たに加わった感じ。その2人が大きなホームランを放ってさすがという打撃を見せてくれました。

この2人にいかにチャンスでつなぐかという打線になりそう。

投手はエースの寺澤投手がさすがのピッチングで名城大打線を5回無失点に。投球術が光りました。
鈴木優投手は厳しい内容になりましたが、高木投手も結果を出したので自信になりそうです。

名城大はエースの二宮投手が立ち上がりに微妙なストライクボールの判定に苦しみ2点を失ったものの、2回以降は立ち直って5回を2失点にまとめました。エースとして結果を出してほしいですね。

松本投手は1年生ですが、OP戦でも結構使われているようです。右のサイドハンドで球威で抑え込むタイプ。投げっぷりがいいですし、身体もあるので伸びたら楽しみです。

打つ方は9番の舟橋選手が3安打の固め打ち。3番宮森選手、4番野口選手、7番中村選手が2安打。
4番の野口選手が一旦は勝ち越しとなるタイムリー2ベースが見事でした。2年生で4番捕手という重責を任されるので大変かと思いますが、これを乗り越えて大きく育ってほしいです。

日本福祉大−愛知学院大 OP戦 感想(3月21日)

3月21日に愛知学院大Gで行われた日福大−愛院大のOP戦の感想です。

日福大
013100000|5 H11 E3
100020000|3 H5 E3
愛院大

日福大
藤原、小池田、杉山−奥田
愛院大
荒島、長谷、河村、松本−太田、三島

(試合経過)
1回裏、1死1,2塁から4番河村の2ゴロをタイムリーエラー。愛院大が先制。
2回表、2死2塁から7番奥田のタイムリー。1−1の同点。
3回表、2死2塁から3番大崎のタイムリー。更に2死2塁から4番山崎のタイムリー。2死3塁から5番本道のタイムリー。日福大が勝ち越し。4−1
4回表、無死1,3塁から1番臼井のタイムリー。5−1
5回裏、1死2,3塁から3番山内の犠牲フライ。更に2死3塁からワイルドピッチで1点。5−3

日福大が勝ちました。

日福大は昨年1部リーグで実績のある荒島投手から10安打を浴びせ5点を奪いました。積極的な走塁も光り、自信になりそうな内容。
立石選手が3安打、林選手が2安打とマルチ安打を記録。

藤原投手が7回を3失点。自責点は0でしたしこちらも楽しみになる内容でした。

愛院大は荒島投手が打たれましたが、ボールそのものは走っていたように思いました。まだ時間はありますし、これを活かして調整してほしいですね。

打線は複数の選手を使ってまだまだこれからですかね。途中出場の井手口選手が1安打1四球とアピールしていました。
基本的にストライクをどんどん打っていくスタイルの愛院大。なのでなおさらもう少し強い打球を見たいですね。

岐阜聖徳大−岐阜協立大(B戦)OP戦 結果(3月18日)

3月18日、岐阜協立大Gで行われた岐阜聖徳大−岐阜協立大(B戦)の結果、感想です。

岐阜聖徳大
000000001|1 H2 E0
00000301X|4 H8 E2
岐阜協立大

岐阜聖徳大
深澤、河村、塩野入、長井、長井−青野
岐阜協立大
林、渥美、山田、仲座−菅沼、(22)

(試合経過)
6回裏、1死1,3塁から1番小村のタイムリー2べース。2死2塁から2番南のタイムリー。代打のタイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、長井。岐阜協立大が3点先制。
8回裏、1死3塁から2番南の遊ゴロの間に1点。4−0
9回表、2死2塁からタイムリーエラーで1点。4−1
岐阜協立大が勝ちました。

岐阜聖徳大の深澤投手、長井投手、岐阜協立大の林投手、渥美投手、山田投手の好投が光りました。
協立大の1番小村選手は3安打で2ベース、3ベースと大当たりでした。

日福大 紅白戦 結果(3月16日)

3月16日に春日井球場で行われた日本福祉大の紅白戦の結果です。


000030020|5
10300110X|6



藤原、山田、平野、杉山風−里村、湊

石本、赤崎、古谷、木澤−奥田、大石

昨年秋の強化リーグで見た時のメンバーを参考にして両チーム見ると、均等に分かれていて結構ガチな紅白戦でした。

話題になっている石本投手が見れて良かったです。

寒い中での試合でしたが両チームお疲れ様でした。

選手のピックアップなどはこちら

愛知大学リーグ、開幕延期、無観客試合に

愛知大学野球延期案内

愛知大学リーグが4月4日に予定されていた開幕の延期が決定。
今のところは25日に、ということです。

それ以上に無観客試合に、というのが衝撃というか残念というか。

自分的に見れなくなる、という寂しさもありますが、選手たちも関係者に見てもらえるのかどうかが重要な案件になりそうです。まだ1ヵ月以上あるので、状況が改善されれば、変わる可能性があるかもですが・・・。

お客さんが多く密集するプロ野球の対応で、潮目が変わることを期待しています。

そんなにお客さんが多く集まらないイベントに対しての対応など、きちんと判断できるようになっていってほしいです。

四日市大−中部学院大 OP戦(B戦2戦目)感想(3月7日)

3月7日に霞ケ浦球場で行われた四日市大−中部学院大のB戦、2戦目の感想です。

四日市大
001000000|1 H9 E4
01215000X|9 H10 E1
中部学院大

四日市大
山本、飯田、清田−賀本
中部学院大
森田、金村、武田、鈴木−長井、大沼

(試合経過)
2回裏、1死3塁から6番嘉名のタイムリー。中部学院大が先制。
3回裏、2死1,2塁から4番田中が2点タイムリー3ベース。3−1
4回裏、1死3塁からワイルドピッチで1点。4−1
5回裏、1死満塁から5番其池の2ゴロをタイムリーエラー。6番嘉名の走者一掃の3点タイムリー3ベース。1死3塁から7番奥野の犠牲フライ。9−1

中部学院大が勝ちました。

四日市大は2番の中村選手が2安打1犠打。3番賀本選手が3安打1打点と活躍。
2番手で投げた飯田投手がいい球を投げていました。楽しみですね。

中部学院大では4番田中選手が2打数2安打1死球で長打2本。鋭い打撃が光りました。
6番嘉名選手は4打数4安打4打点と素晴らしいバッティング。層の厚い中部学院大で割って入ってほしいですね。

やはり中部学院大は層が厚いなと感じました。

矢場とんブースターズ−中部大 OP戦 感想(3月6日)

3月6日に中部大Gで行われた矢場とんブースターズ−中部大のOP戦の感想です。

矢場とんブースターズ
000002000|2
20040000X|6
中部大

(試合経過)
1回裏、無死1,2塁から3番杉本がタイムリー。更に無死満塁から5番平沢が犠牲フライ。中部大が2点先制。
4回裏、2死満塁から1番丹下が走者一掃の3点タイムリー3ベース。更に送球がそれてバッターランナーもホームイン。6−0
5回終了時に球場を後にしました。

試合は中部大がそのまま逃げ切りました。

中部大は1番丹下選手、2番早川選手、3番杉本選手が3打席までに出塁を重ねて優位に進めました。
丹下選手はやはり素晴らしい打撃を披露。
ただ、チームとしては走塁ミスも結構あって、もったいない攻めになっていました。もっと圧倒出来た気もします。

投げる方は琴浦投手、山内投手が登板。どちらもいいボールを投げていました。

矢場とんは5回までにヒットが出たのが1番福尾選手、3番花田選手、4番加藤選手の3人。
全体的にはやや低調な内容に。ミスも出てましたし。
ただ、6回に2点返して、その後は失点しなかった。徐々に内容が上向いたということかもしれません。

14日、15日にクラブ選手権の愛知予選が行われます。いきなり大一番。そこまでにしっかりと調子を上げていきたいところですね。

星城大−四日市大 OP戦 感想(3月2日)

3月2日に北勢球場で行われた星城大−四日市大のOP戦の感想です。

星城大
001000040|5 H4 E1
100000101|3 H6 E2
四日市大

星城大
新美、笠川−山本將
四日市大
角井、中村、橋本、堀田−伊藤圭、中田

(試合経過)
1回裏、1死満塁から5番伊藤圭の犠牲フライ。四日市大が先制。
3回表、1死3塁から9番藤原がタイムリー。同点。
7回裏、1死2塁から1番村川のバントで送球エラーが出てランナー生還。四日市大が勝ち越し。2−1
8回表、1死2塁から9番藤原がタイムリー。更に1死満塁でピッチャー交代、橋本。3番榊原のゲッツー崩れの間に1点。4番山本將の2点タイムリー2ベース。星城大が逆転に成功。5−2
9回裏、1死満塁から4番西野がタイムリー。5−3

星城大が勝ちました。

星城大は新美投手が先発。8回まで投げて長いイニングを投げました。四球が多く、内容が良かったわけではなかったのですが、ピンチで粘り強いピッチングはさすがというところでした。
打つ方は藤原選手がチーム唯一のマルチ。タイムリー2本は見事でした。7番の浅井選手は3四球で粘り強い打席が光りました。

四日市大は先発の角井投手、中村投手といいボールを投げていました。中村投手は外野手登録でしたが、投手としていいものを持っていると感じるピッチング。
打線では4番の西野選手が3安打。さすが4番というところ。ただ、7回に1死満塁でホームゲッツーだったのも西野選手でした。4番はやはり目立ってしまいますよね。
1番の村川選手の俊足も目立ちました。盗塁も2つ。三盗を決める場面も。主将で1番打者としてチームを引っ張ります。

愛知大−至学館大 OP戦 感想(2月29日)

2月29日に至学館大Gで行われた愛知大−至学館大の感想です。

愛大
000000000|0 H5 E2
000000000|0 H5 E1
至学館大

愛大
林、石川−寺崎
至学館大
飯田、後藤、太田、佐々木−井口

どちらもチャンスはありましたが得点できず。スコアレスドローになりました。

愛知大は1番の田中来起選手、3番丹羽選手がマルチ。田中来起選手はバッティングもさることながら、盗塁も2つ決め躍動。ただ、ショートの守備ではまずい守備があり、ちょっと厳しい印象。途中からセンターに回りましたが、脚を活かす意味でもセンターのがいい気がします。
丹羽選手は好調ですね。

投手は林投手が5回、石川投手が4回としっかりと0に。2戦目の先発を争う2人になりそうです。

至学館大は9番の星野選手がチーム唯一のマルチ。
栄徳出身の岩田選手が主将でした。なかなか大学で見れてないですが、もう最終学年。頑張ってほしいですね。

投手は後藤投手(犬山)、佐々木投手(豊川工)と高校時代から注目していた投手が登板。佐々木投手は高校以来の観戦となりました。見れて良かった。

先が見えない状況ですが、各チーム上手く調整していってほしいですね。

愛知工業大−三菱自動車岡崎 OP戦 感想(2月28日)

2月28日に三菱大府Gで行われた愛知工業大−三菱自動車岡崎の感想です。

愛工大
040000000|4 H9 E1
01002060X|9 H13 E0
三菱自動車岡崎

愛工大
新村、藤田、高井−尾濱
三菱自動車岡崎
大井、藤田、坂巻−西川

(試合経過)
2回表、無死満塁から9番谷川のタイムリー。1死満塁から2番福山が押し出し四球。3番平本がタイムリー。4番中井が犠牲フライ。愛工大が4点先制。
2回裏、1死3塁から7番荒井が犠牲フライ。4−1
5回裏、1死3塁から2番五十嵐がタイムリー。2死2塁から4番西川のところでタイムリーエラー。4−3
7回裏、1死3塁から2番五十嵐がタイムリー。1死2,3塁から4番西川の2点タイムリー。2死2塁から6番福永、7番宇都口の連続タイムリー2ベース。代打田口がタイムリー。9−4と三菱自動車岡崎が逆転。

三菱自動車岡崎が勝ちました。

愛工大は3番の平本選手、7番の渡辺毅選手が2安打でマルチ。愛工大は早いカウントから積極的な打撃が目立ちました。
打線は上位下位切れ目が無い印象です。

投手陣は新村投手が健在。やや球数を要しましたが、3回には無死満塁のピンチで無失点に抑えるなど、4回を1失点にまとめました。今年もエースとして活躍が見込めますね。球威もありました。

三菱自動車岡崎は大井投手が先発。昨年は日本選手権で活躍。今年は完全に先発2番手として期待したいところですが、ランナーを出すと不安定になるなど、課題も残るピッチングに。ただ、4失点した後に立ち直ったところは評価されますね。

新人選手がこの日も目立ちました。五十嵐選手が5打数3安打2打点。西川選手が1安打2打点。大工原選手は無安打でしたが2四球。西川選手は捕手としても盗塁を刺すなど、攻守で活躍。レギュラーに食い込んでくるか注目ですね。

飯嶌選手、中之選手、福永選手がマルチで活躍。今年は更に強くなりそうな印象です。

永和商事ウイング−名城大 OP戦 感想(2月24日)

2月24日に名城大Gで行われた永和商事−名城大のOP戦の感想です。

永和商事ウイング
200000010|3 H3 E0
00042000X|6 H12 E3
名城大

永和商事
安達、澤田、木山−加藤
名城大
伊藤、川口、眞田、大西−野口

(試合経過)
1回表、1死満塁から5番築地の犠牲フライ。6番竹馬の変な回転のかかったピッチャーゴロを逸らし記録タイムリーエラー。永和商事が2点先制。
4回裏、1死2,3塁から7番舟橋のタイムリー内野安打で1点。8番大葉の2点タイムリー2ベースで逆転。更に2死1,3塁から2番小林のタイムリー2ベース。4−2と名城大が逆転に成功。
5回裏、2死3塁から7番舟橋の2ランホームラン。6−2
8回表、1死2,3塁から8番藪の1ゴロの間に1点。6−3

名城大が勝ちました。

永和商事ウイングは昨年は新人が0でしたが、今年は移籍も含めて6人が入っています。
1番の西田選手はノーヒットでしたが、守備ではいい動きでボールをさばいていました。4番の二神選手はヒット1本。
投手も安達投手、澤田投手がルーキーで登板。結果は明暗分かれましたが、この時期ではまずまずのボールが来ていました。
今年は秋が都市対抗ですし、新戦力で底上げを図っていってほしい。

名城大は1番の水谷選手、2番の小林選手がマルチ。4番にキャッチャーの野口選手が入り、鋭い打球を打っていました。
5番の谷村選手が4回に12球粘りに粘って四球を勝ち取るなど、やれることをきちんとやる姿勢は好感が持てます。

7番の舟橋選手は3安打でホームランも見事な当たり。打順は流動的だと思いますが、かみ合えば怖い打線になりそうです。

投げる方はインパクトがあったのは眞田投手。この時期でMAX146kmをマーク。ただ、まっすぐがばらつき、安定感に欠く内容でしたが、変化球を交えていけば問題なさそう。

大西投手も高校時代とは比べ物にならないくらいがっしりとして、球威も上がっていました。

投手陣の競争は激しそうで、リーグ戦にどの投手がマウンドに立つか、注目ですね。

星城大−東海学園大 OP戦 感想(2月23日)

2月23日に東学大Gで行われた星城大−東海学園大のOP戦の感想です。

星城大
000010000|1 H4 E1
000000000|0 H5 E3
東学大

星城大
澤田−山田大我
東学大
浦野、稲葉、高木、増山、今野−塩坪、倉田

(試合経過)
5回表、2死1,3塁から3番山口のタイムリー。星城大が先制。

星城大が勝ちました。

星城大は澤田投手が完投勝利。最後まで危なげないピッチングで、球威も落ちませんでした。無四球(死球1)も立派。シーズンが楽しみになりますね。
山田大我捕手の好リードも光りました。8回には盗塁を見事に刺しましたし。去年は出番が少なかったですが、最終学年、力はありますし、活躍してほしいです。
ショートの望月選手の守備の上手さも光りました。
1番松見選手は2安打と活躍。

東学大は元々継投で勝つチームですが、この日も5投手でリレー。浦野投手、高木投手、今野投手はボールに力があって、さすがという投球を披露。
打つ方では清水選手と吉田悠選手がマルチ。
新1年生では鈴木選手がスタメンからフル出場。ヒットはなかったですが、守備でいい動きを見せていました。

名城大−名古屋商科大 OP戦 感想(2月20日)

2月20日に名商大Gで行われた、名城大−名商大のOP戦の感想です。

名城大
213000010|7 H11 E0
200100000|3 H5 E0
名商大

名城大
川口、伊藤、大滝−橋本、野口
名商大
田中、後上、島本、吉田、加藤−丹治、西岡

(試合経過)
1回表、1死満塁から5番大河が2点タイムリー。名城大が2点先制。
1回裏、無死満塁から4番茶野がタイムリー。5番濱田が犠牲フライ。2−2の同点に。
2回表、1死2塁から1番水谷がタイムリー2ベース。名城大が勝ち越し。3−2
3回表、1死2,3塁から7番橋本の2ゴロ野選で1点。尚も2死満塁から1番水谷のエンタイトル2点タイムリー2ベース。6−2
4回裏、2死から8番丹治のホームラン。6−3
8回表、先頭の8番飯田がホームラン。7−3
名城大が勝ちました。

名城大は1番に入った水谷選手が3本の2ベースなどで3打点の大活躍。目立っていました。
8番の飯田選手もホームランを含む2安打と内容が良かった。

投げる方は伊藤投手、大滝投手がいい内容。伊藤投手はアンダーですし、チャンスありそうな感じがしますね。

名商大は茶野選手が2安打と4番らしく内容が良かった。丹治選手が8番に入っていましたが、中軸も元々打っていて、この日も一発。8番にいたら怖いですよね。

投げる方は、後上投手、吉田投手が新1年生で登板。どちらも見どころのある投球でした。身体が出来ていますし、更なる成長を期待したいですね。

中京大−愛知工業大 観戦記(2019年愛知強化リーグ)

中京大
001000000|1 H4 E1
20003100X|6 H10 E1
愛工大

中京大
三浦、井嶋、平山、水谷−小柳津、福島
愛工大
大宅、高井、鈴木、山口−田中

(出場選手)
中京大
3前畑→R仲林→3 6小河内 8河田 D伊藤正→H藤田→H前園 4尾崎 9奥村 5松岡→H小林 2小柳津→H清田→2福島→H河井 7清水→7小西
愛工大
9福山 7谷川→7橋本 5岡田→5中島 2田中 D尾濱 3渡辺 6清水颯→6小鹿 8近澤→H矢野 4半田→4山本直

(試合経過)
1回裏、無死1,3塁から3番岡田の1ゴロの間に1点。更に2死2塁から5番尾濱のタイムリー。愛工大が2点先制。
3回表、連続四死球に送りバントで1死2,3塁とし、3番河田の犠牲フライ。2−1
5回裏、1死1,3塁でピッチャー交代、井嶋。1番福山がタイムリー。更に1死2,3塁から2番谷川が2点タイムリー。5−1
6回裏、2死から6番渡辺が打った瞬間のソロホームラン。6−1
愛工大が快勝。

詳しい観戦記はこちら

東海学園大−中京大 観戦記(2019年愛知強化リーグ)

東学大
000020000|2 H8 E0
00101101X|4 H8 E0
中京大

東学大
今野、木原、稲葉、浦野−塩坪、村田
中京大
松原、白川、安楽、沢田、山花−牧、福島

(出場選手)
東学大
D森浦→H坂野→H木谷→H石原 6野瀬 7吉田悠 9名古路 2塩坪→R近藤→2村田 3佐藤 8朝倉→8中村 5藤田→H木村→R吉田→5加藤 4村口
中京大
D杉谷 4内村→H井戸田→4→4山崎 7澤井→6三瓶 3松井→3保科 5加藤 9中山→R鷹野→9 8渡邉→8鳥居 2牧→H藤田→R堀内→2福島 6安藤→H永渕→7

(試合経過)
3回裏、2死2塁から4番松井がタイムリー。中京大が先制。
5回表、1死2塁から9番村口が2ランホームラン。東学大が逆転。更に2死から2番野瀬の2ベース、3番吉田悠の四球でピッチャー交代、白川。ここは白川がライトファールフライに打ち取りピンチ脱出。2−1
5回裏、2死1,2塁から6番中山がタイムリー。2−2の同点に。
6回裏、1死から代打永渕がソロホームラン。中京大が勝ち越し。3−2
8回裏、2死1,3塁からワイルドピッチで1点。4−2
中京大が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

同朋大−日本福祉大 観戦記(2019年愛知強化リーグ)

同朋大
0000522|9 H10 E0
0000200|2 H4 E0
日福大
(7回コールド)

同朋大
森下、妻野、永井−白樫、上地
日福大
池津、水野、新垣、平野−里村

(出場選手)
同朋大
D島澤 9武本 8落合 3金田→R山田→3川村 7橋本→7山下 5西崎→4春日井 6新川→5 2白樫→2上地 4福嶋→R宮村→4→6
日福大
3立石→8 7岩崎→4森山 4大崎→3 D橋本→R原 9櫻井→7 8臼井→9 6伊藤 5林 2里村

(試合経過)
5回表、無死1,3塁から1番島澤がタイムリー。2死2塁から3番落合がタイムリー3ベース。2死1,3塁からワイルドピッチで1点。2死満塁から7番新川が押し出し四球。8番上地のタイムリーで2塁ランナーがホームで憤死で3アウト。同朋大が5点先制。
5回裏、2死1,3塁から7番伊藤の2点タイムリー3ベース。5−2
6回表、2死1,3塁から4番川村が2点タイムリー2ベース。7−2
7回表、1死2,3塁から9番宮村のスクイズが成功。2死3塁から1番島澤のタイムリー内野安打。9−2
同朋大がコールドで快勝しました。

詳しい観戦記はこちら

名古屋産業大−愛知産業大 観戦記(2019年愛知強化リーグ)

名産大
1010000|2 H5 E0
022140X|9 H14 E0
愛産大
(7回コールド)

名産大
西、古賀、松嶋、平井−佐藤
愛産大
丹野、鈴木優、松橋−奥村

(スタメン)
名産大
5酒井 2佐藤 D梅村 9清水 3木村 8落合 4林 7地海 6橋元
愛産大
9長尾 3藤江 D北出 7高木 5杉本 4出口 6吉野 2奥村 8鈴木翔

(試合経過)
1回表、1死1,3塁から4番が三振もワイルドピッチとなり3塁ランナーが生還。名産大が先制。
2回裏、2死2,3塁から9番鈴木翔が2点タイムリー2ベース。愛産大が逆転。2−1
3回表、2死2塁から3番がタイムリー。2−2
3回裏、1死3塁から4番高木がタイムリー3べース。2死3塁から6番出口がタイムリー3ベース。4−2
4回裏、2死満塁から4番高木が押し出し四球。5−2
5回裏、無死1,3塁から8番奥村がタイムリー。1死1,2塁から1番長尾がタイムリー内野安打。2死2塁から3番が2点タイムリー2ベース。9−2
愛産大がコールドで勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

愛知大−名古屋経済大 観戦記(2019年愛知強化リーグ)

愛知大
002000110|4
100000000|1
名経大

愛大
中井、大谷、尾崎、岡本、石川、中野克−安田、倉橋
名経大
脇田、橋本−安井

スタメン
愛大
9堀本 6浮岡 2安田 D丹羽 7丸山 3東郷 8岩間 4大竹 5村田
名経大
4三栖 6田中 3関 7蛯原 9今村 8大木場 D平湯 5竹内 2安井

(試合経過)
1回裏、2死満塁から6番大木場がタイムリー。名経大が先制。
3回表、1死3塁から3番安田の2ゴロの間に1点。4番丹羽の左中間へのホームランで愛大が逆転。2−1
7回表、2死満塁から4番丹羽に押し出し死球。3−1
8回表、2死から8番の鈴木がセンターへライナーで入るホームラン。4−1
愛大が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

至学館大−同朋大 観戦記(2019年愛知強化リーグ)

至学館大
010000002|3
000000002|2
同朋大

至学館大
宮地、瀧川、井川、後藤−山田
同朋大
稲垣、加藤、大林、平井−金田

出場選手
至学館大
8山本 7小川 D加藤 9奥村 3安井 4川合 6早川 2山田 5大林
同朋大
7長江 9岸本 5柴山 3吉川 2金田 4春日井 6宮村 D三浦 8山田

(試合経過)
1回裏、1死1,2塁で4番吉川が6−4−3のゲッツー。先制ならず。
2回表、2死2塁から8番山田のタイムリー。至学館大が先制。
5回裏、1死1,2塁のチャンスも8番三浦が5−5−3のゲッツー。
8回表、2死1塁でピッチャー交代、大林。
9回表、2死1、3塁から2番小川の2点タイムリー3ベース。3−0
9回裏、2死1、2塁から4番吉川5番金田の連続タイムリー。3−2
至学館大が逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら

淑徳大−名商大 観戦記(2019年愛知強化リーグ)

淑徳大
9000000|9
0010000|1
名商大

淑徳大
森−宮嵜
名商大
畑山、田中、井原、松島、島本−丹治、川畑

出場選手
淑徳大
4平野 D川北 8山口 3篠原 9南谷 5石黒 6磯金 2宮嵜 7丹羽→H浅野→7渕脇
名商大
9加藤→H中津川 4角田→6 3伊藤健人→5→3 2丹治→R竹中→7 5寺田→3→H坂井拓→5 7伊藤稜→H川畑→2 D西岡→H堀田 6丹羽→4杉本 8兼次

(試合経過)
球場に入ったら1回表、8番宮嵜の打席。4点入って無死満塁という状況でした。要は一人もアウトが無い状態で8番を迎えた状態。ここで8番宮嵜が2点タイムリー。更に暴投で無死2,3塁としたところで畑山をあきらめて、田中がマウンドへ。1死2,3塁から1番平野がタイムリー。2死3塁から2番川北がタイムリー。更に2死1,2塁から4番篠原がタイムリー。打者14人で9点を上げる猛攻で淑徳大がリード。
3回裏、2死3塁から2番角田の1ゴロを逸らしタイムリーエラー。更に四球とヒットで2死満塁となるも5番寺田が倒れ1点止まり。
4回表、2死から3連続四球で満塁となり、ここでピッチャー交代、松島。ここは三振で抑えます。
淑徳大がコールドで勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

金沢学院大−関西大 観戦記(明治神宮大会)

金沢学院大
000000000|0
01001300X|5
関西大

金沢学院大
松井、武並、長谷川、和田、孫大−黒田
関西大
森、肥後−久保田

2回裏、2死1、2塁から8番坂之下がタイムリー。関西大が先制。
5回裏、2死2塁から2番関本がタイムリー2ベース。2−0
6回裏、無死1、3塁から6番久保田のタイムリー。ここでピッチャー交代、長谷川。2死満塁から押し出し四球。2番関本のタイムリー。5−0
9回表、無死1、2塁でピッチャー交代、肥後。
関西大が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

神宮大会は中京大中京、慶応大が優勝

第50回の明治神宮大会が終了し、高校の部は中京大中京、大学の部は慶應義塾大が優勝を飾りました。

◆高校の部

中京大中京が初優勝。これで、全国大会と呼ばれる、春夏の甲子園、国体に続いての完全制覇を達成した形に。
これは以前は(1999年まで)東海地区は4位校でリーグ戦をやって代表を決めたりしていたため、強いチームが出ていなかったことも影響していたかと思います。

新チーム結成以後、全勝で公式戦を駆け抜けた中京大中京。ただ、愛知県では抜けた強さがあったものの、東海大会、神宮大会ではそこまで突き抜けた勝ち方をしたわけではないのも事実。守備は固い、投手は全国クラス、あとは打線。いい選手が多いわりに打撃に物足りなさを感じるのは指導面の問題もある気がするので、一冬越して、という部分に期待があんまり持てないのですが、なんにしてもいい冬を過ごして春を迎えてほしいものです。

神宮枠は静岡の2校の争い。藤枝明誠と加藤学園。準決勝で県岐阜商相手に終盤までリードしていて延長で敗れた試合内容から加藤学園が有利と言われていますが、静岡県大会では藤枝明誠が勝っていることもあり、微妙な選考になりそう。ただ、藤枝明誠は中京大中京相手のコールド負けという結果がいかにも印象が悪いのですが・・・。試合内容はそこまで悪くなかっただけにもったいなかったですね。

◆大学の部
慶応大が19年ぶり4回目の優勝。東京六大学代表が春(明治大)秋(慶応大)を優勝する形に。
しっかりと選手を育てられるチームが結果を出す形になってきて、六大学も学校によっては人材の墓場といわれるところもありますが、もともといい素材が集まっているだけに、地力は上ですよね。
慶応大の大久保監督が退任が決まっている中での優勝。JX−ENEOSに戻るみたいですが、結果をどちらでもしっかりと出すのはかっこいいですね。
元々はプロでやっていた御方。NPBでやってみてほしいです。

関西大が準優勝。秋にエースとしてフル回転した森投手が社会人に行ってからも楽しみですね。今からでもプロに行けそうな投球をしていましたし。

神宮大会、特に高校の部は、日程が詰まっていることもあり、投手起用が難しくなります。もともと自分たちの県や学校に恩恵がないことがほとんどですし・・・。神宮枠もいいですけど、選手権の出場枠も1つ増やすというのは面白いと思いますね。そうすれば、夏に自分たちが恩恵を受けられる可能性が高くなりますし。もっと各校の必死さが増えると思います。
どうかご一考を。

広島経済大−城西国際大 観戦記(2019年明治神宮大会)

広島経大
000000021|3
03010100X|5
城西国際大

広島経大
加納、梅原、馬倉、松本−宮脇
城西国際大
中島−梅田

2回裏、1死1、3塁から9番吉田がタイムリー。更に1死満塁から2番山田がタイムリー。ここでピッチャー交代、梅原。3番篠崎の2ゴロの間に1点。城西国際大が3点先制。
4回裏、2死2塁から4番淀川がタイムリー。4−0
6回裏、1死満塁から犠牲フライ。5−0
8回表、2死1、2塁から代打亀岡が2点タイムリー2ベース。5−2
9回表、2死1塁から5番森脇のタイムリー2ベース。5−3
城西国際大が逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら

名古屋大−名古屋経済大 3回戦 観戦記

名大
300140000|8
005000001|6
名経大

名大
松田−井上
名経大
清家、富永、若山竜馬、益留−安井

1回表、2死1、3塁から5番井上が2点タイムリー2ベース。センター飛び付いてグラブに入れるも取りきれず。6番清水もタイムリー3ベース。2死1、3塁でピッチャー交代、富永。名大が3点先制。
3回裏、1死2、3塁から3番蛯原のレフト前に落ちるタイムリー。2死満塁から6番安井の2点タイムリー。同点。更に2死満塁から8番若山竜誠が2点タイムリー。名経大が逆転。
4回表、2死1、2塁から1番大沼のタイムリー。5−4
5回表、無死2塁から3番岩崎がタイムリー。ここでピッチャー交代、若山竜馬。無死1、2塁からタイムリーエラー。無死2、3塁から6番清水の2点タイムリー。8−5
9回裏、無死1、3塁からゲッツー崩れで1点。8−6
名大が勝って2部昇格を決めました。

詳しい観戦記はこちら

愛院大−名院大 2回戦 観戦記

愛院大
100011300|6
300000002|5
名院大

愛院大
佐藤良−太田
名院大
谷口、中津、宮間−藤田

1回表、2死3塁から4番河村のタイムリー。愛院大が先制。
1回裏、1死2、3塁からワイルドピッチで1点。4番秦が2ランホームラン。3−1
5回表、1死満塁から3番岡のタイムリー。3−2
6回表、1死3塁からスクイズ成功。同点。
7回表、1死2塁から2番渡邊のタイムリーでついに逆転。3番岡が2ランホームラン。ここでピッチャー交代、宮間。
9回裏、2死から7番浅沼がヒット。8番田名後がレフトへ2ランホームラン。6−5。最後は代打の湯本が2半直に倒れ試合終了。
愛院大が連勝。1部残留を決めました。

詳しい観戦記はこちら
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
 
Recent Comments
  • ライブドアブログ