コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

観戦記

新城−菊里 観戦記

新城
000002100|3
100200001|4
菊里

新城
清水−水谷
菊里
羽生、嶋田、松井−丹羽

新城
6伊藤 8松井響 1清水 2水谷 3菅谷 4鈴木 9松井然 7松井咲 5羽田野
菊里
6嶋田 4藤井 8松井 1羽生 9芳賀 5八巻 2丹羽 3堀之内 7吉村

1回裏、1死3塁から内野ゴロで3塁ランナー挟まれるもミスが出てランナーホームイン。菊里が先制。
4回裏、1死満塁から押し出し死球。2死満塁から1番嶋田がタイムリー。3−0
6回表、1死2、3塁から6番鈴木の2点タイムリー内野安打。3−2
7回表、無死1、2塁でピッチャー交代、嶋田。無死満塁から押し出し死球。ここでピッチャー交代、松井。3−3
9回裏、1死2、3塁から3番松井の犠牲フライでサヨナラ。
菊里が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら


安城学園−豊野 観戦記

安城学園
005010000|6
10060000X|7
豊野

安城学園
大谷、谷口−濱田広
豊野
石田、坂部−佐藤

安城学園
1大谷 8外山 3鈴木 6石河 5宮崎 4倉内 7山本 9谷口 2濱田広
豊野
4永田 9清家 6藤澤 3大脇 5坂部 2佐藤 7成田 8松本 1石田

1回裏、1死1、3塁から4番大脇の内野ゴロの間に1点。豊野が先制。
3回表、1死1、2塁から4番石河がタイムリー。更に1死満塁から押し出し四球。7番山本のタイムリー。ここでピッチャー交代、坂部。8番谷口の2点タイムリー。5−1
4回裏、1死満塁から押し出し四球。5番坂部の逆転満塁ホームラン。ここでピッチャー交代、谷口。更に2死2塁から8番松本のタイムリー2ベース。7−5
5回表、1死1、3塁から1ゴロの間に1点。7−6
豊野が逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら

パナソニック−JR東海 OP戦 結果

パナソニック
000000010|1
00000130X|4
JR東海

感想などはコウスポにて。

三菱自動車岡崎−ホンダ鈴鹿 OP戦 速報

三菱自動車岡崎
100000200|3
00503103X|12
ホンダ鈴鹿

感想などはコウスポにて。

フタバ産業−GTRニッセイ 速報

フタバ産業
0103000003|7
0013000000|4
GTRニッセイ

2回表、7番荒木のソロホームラン。フタバ産業が先制。
3回裏、1死2塁から9番森がタイムリー2ベース。1−1
4回表、2死1、2塁から8番村瀬が2点タイムリー2ベース。フタバ産業が勝ち越し。9番中西もタイムリー2ベース。4−1
4回裏、2死2、3塁から7番田中が3ランホームラン。4−4
10回表、2死満塁から6番佐々木の3点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、後藤。7−4
フタバ産業が勝って優勝しました。

詳しい観戦記はこちらをご覧ください。

連敗脱出

中日4−2日本ハム

明治大出身の柳が早稲田大出身の有原に投げ勝って8勝目。素晴らしいピッチングでした。

明治大は先日の大学選手権で日本一。柳もその流れに乗った感じでしたね^^
DSC_1991


1回裏の周平の3ランホームランが大きかった。始まる前に防御率1点台だった有原から3点も奪ったわけですから出来すぎといえば出来すぎ。ビシエドのホームランを含めて、一発の大きさを改めて実感。
DSC_1904

清宮にヒットを許し、最後は中田翔にホームランを許したものの、逃げ切って連敗脱出。チームもそうですが、僕の観戦成績も連敗中だったので、脱出出来て良かったです(これで4勝4敗)^−^
DSC_1946


試合後はパフォーマンス。勝ってなかったらどうなっていたんだろう。そこが気になりました。

DSC_2013

これで借金10。まだまだですね。


力負け

Twitter_20190620_212024


中日1−2西武

得点結果だけ見ると接戦を落とした、という試合なのですが、試合内容的には完敗というか、力負け、という印象です。

平田はノーヒットだったものの、無難に守備もこなして足は大丈夫そう。ヒットはそのうち出るでしょうし、何より存在がやはり大きい。

井領は頑張っていますけど、アルモンテかモヤを使えない現状だと、レフトはやはり福田を置きたい。井領は打率291は立派なんですけど、四球0ってのが・・・。1番としてはやはりきつい。

今日の2番からを1つずつ上げて、5番に福田を置くのがベストかなって思います。3番周平4番ビシエドのが本人たちもやりやすいかもですが。

山井は調子良さそうでした。それでも簡単に打ってくるところが西武打線の怖いところ。2回は良く2点でしのいだと思います。

福がイニングまたぎで完璧に抑えたことが収穫。ロドリゲスを使ったことはどうかと思いますが、祖父江が結果を出せたし、運用をうまくしたいところですね。

交流戦は残り3戦。強い日本ハム相手に厳しい戦いになりそう。初戦の柳に期待ですね。

観戦試合は3勝4敗と負け越しに入りました。今年は厳しい感じです^^;

源田選手が見れたことが良かった。貴重な?エラーも見てしまいましたし(笑)
DSC_1727
DSC_1812

フタバ産業−小林クリエイト 速報

フタバ産業
000000100|1
000000000|0
小林クリエイト

フタバ産業
村瀬−尾西
小林クリエイト
田中−古瀬

7回表、1死3塁から4番尾西の叩きで1点。フタバ産業が先制。
フタバ産業が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

南豊田病院−ニデック 速報

南豊田病院
00000120000|3
20010000000|3
ニデック

1回裏、1死3塁から3番越智のタイムリー。更にタイムリーエラーで1点。ニデックが2点先制。
4回裏、1死2塁から7番高木克のタイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、宮川。3−0
6回表、1死2塁から4番金井田がタイムリー。3−1
7回表、1死1、2塁から1番三浦がタイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、堀田。1死2、3塁から2番瀬川の叩きで同点。3−3
延長11回表裏のタイブレークも決着つかず。抽選となり南豊田病院が準決勝進出。

詳しい観戦記はこちら

矢場とんブースターズ−鳥開ベースボールクラブ 観戦記(2019年クラブ選手権愛知代表決定戦)

6月18日に岡崎球場で行われたクラブ選手権愛知予選の決勝、矢場とんブースターズ−鳥開ベースボールクラブの観戦記です。
色々な意味でライバルチーム同士の決勝戦。好ゲームを期待して観戦しました。

矢場とんブースターズ
000502013|11 H12 E0
100000011|3 H10 E1
鳥開ベースボールクラブ

矢場とん
納谷、原井、大浦−金丸、名越
鳥開
高野、伊藤、金子−金田、谷岡、金田

投手成績
矢場とん
納谷 7回 90球 被安打6 死球1 三振5 失点1
原井 1回 18球 被安打2 四球1 三振0 失点1
大浦 1回 13球 被安打2 四球0 三振0 失点1
鳥開
高野 3回2/3 71球 被安打3 四死球4 三振1 失点5(自責点0)
伊藤 2回1/3 32球 被安打4 四球0 三振1 失点2
金子 3回 47球 被安打5 死球2 三振2 失点4

納谷投手は右のスリークォーター。MAX136km。京都学園大出身。
原井投手は左のオーバーハンド。MAX137km。球威の割には当てられる。佛教大出身。
大浦投手は右のオーバーハンド。龍谷大出身。ずんぐりな体形。球威がもう少し欲しい。
鳥開は前の試合に投げた投手ばかりでリレー。色々厳しかったんでしょうね。

出場選手
矢場とん
9福尾→7→8 6山本 2金丸 7加藤→9岡尾 3山岡→7 5花田 D秦→伊塚 4高橋 8藤井→H成木→3菊池
鳥開
6廣間 8梅村 2金田忠→3→2 5山本 9小椋 D梅田 3瀬古→2谷岡→R岩田→3 4古川 7和泉
 
(試合経過)
1回裏、1死2塁から3番金田忠のタイムリー。鳥開が先制。
4回表、2死満塁からショートのタイムリーエラーで同点。9番藤井がタイムリー。ここでピッチャー交代、伊藤。1番福尾の2点タイムリー。更にワイルドピッチで1点。5−1と矢場とんが逆転。
6回表、1死2塁から8番高橋がタイムリー3ベース。2死3塁から1番福尾のタイムリー内野安打。7−1
8回表、1死2塁から代打伊塚がタイムリー。8−1
8回裏、1死2塁から3番金田忠がタイムリー。8−2
9回表、無死満塁から押し出し四球。5番山岡が2点タイムリー。11−2
9回裏、2死2塁から1番廣間がタイムリー。13−3
矢場とんブースターズが快勝。続きを読む

鳥開ベースボールクラブ−ジェイグループ 観戦記(クラブ選手権愛知予選)

6月18日に岡崎球場で行われたクラブ選手権愛知予選の準決勝第2試合、鳥開ベースボールクラブ−ジェイグループの観戦記です。
ジェイグループはジェイプロジェクトのセカンドチームとしてクラブ登録されているチーム。鳥開BCとどういう試合をするか注目して観戦しました。

鳥開BC
100000010|2 H11 E1
000001000|1 H11 E1
ジェイグループ

鳥開
金子、伊藤、高野−谷岡
ジェイグループ
千代、松下、吉田拓、吉田滉、池邊−松田

投手成績
鳥開
金子 6回 95球 被安打8 四球3 三振1 失点1
伊藤稜 1回2/3 39球 被安打2 四死球3 三振0 失点0
高野 1回1/3 24球 被安打1 四球0 三振0 失点0
ジェイグループ
千代 5回 62球 被安打5 四球1 三振1 失点1
松下 1回2/3 21球 被安打2 四球0 三振0 失点0
吉田拓 1/3 3球 被安打0 四球0 三振0 失点0
吉田滉 2/3 10球 被安打3 四球0 三振0 失点1
池邊 1回1/3 16球 被安打1 死球1 三振1 失点0

金子投手は朝日大出身。右のオーバーハンド。MAX133km。
伊藤稜投手は至学館大出身。右のオーバーハンド。大学時代に見ていました
高野投手は右のオーバーハンド。鳥開のエースのようです。ほんとは決勝に温存したかったのでしょうが、登板させざるを得なくなりました。
千代投手は右のサイドに近いスリークォーター。日福大出身。大学時代は主戦格で投げていました。MAX137km。
松下投手は日本プロスポーツ専門学校出身。左のオーバーハンド。
池邊投手はジェイプロでも投げていた投手。右のアンダーハンド。

(出場選手)
鳥開
6廣間 8梅村 4金田忠 5山本 9小椋 D梅田 3酒井→3瀬古→H岩田→3→H岡村→3古川 2谷岡 7和泉
ジェイグループ
4前畑 8佐藤 7田村 2松田 3夏目 9松本稜 6具志堅 D鎌田→R影下 5岡本

(試合経過)
1回表、1死2、3塁から4番山本の犠牲フライ。鳥開が先制。
6回裏、2死1、2塁から1番前畑のタイムリー。1−1
7回表、2死2塁でピッチャー交代、吉田拓。
8回表、1死1、2塁から5番小椋のタイムリーで勝ち越し。2死1、2塁でピッチャー交代、池邊。2−1
8回裏、2死満塁でピッチャー交代、高野。
鳥開ベースボールクラブが逃げ切りました。

続きを読む

CENTRAL ARCH−矢場とんブースターズ 観戦記(2019年クラブ選手権愛知予選)

6月18日に岡崎球場で行われたクラブ選手権の愛知予選、CENTRAL ARCH−矢場とんブースターズの観戦記です。
どこも見たことがないチームばかりでしたので、楽しみに観戦しました。

セントラル アーチ
0000000|0 H3 E1
121012X|7 H13 E2
矢場とん
(7回コールド)
セントラル アーチ
深見、岡田−藤原
矢場とん
西浦、東、松元−金丸

投手成績
セントラル
深見 2回 45球 被安打7 四球1 三振1 失点3
岡田 4回 82球 被安打6 四球4 三振1 失点4
矢場とん
西浦 4回 被安打1 四球2 三振2 失点0
東 2回 33球 被安打1 四球0 三振3 失点0
松元 1回 13球 被安打1 四球0 三振1 失点0

深見投手は豊田大谷出身。イスコジャパンにもいたと思います。5番に入ってDH無しで登板。降板後はライトへ。バッティングも期待されているってことですよね。
岡田投手は緑丘商出身。右のオーバーハンド。
西浦投手は名古屋産業大出身。右のオーバーハンド。MAX134km。
東投手は岐阜経済大出身。右のオーバーハンド。MAX131km。
松元投手は右のオーバーハンド。大阪学院大出身。MAX135km。

(出場選手)
セントラル
8三根 6柳ケ瀬 4岩井 2藤原 1深見→9 7加藤 5伊藤拓 9内田→1岡田→H日比野 3平林
矢場とん
8福尾→8藤井 6山本 2金丸 7加藤 3山田 5花田 4高橋利 9岡尾 D西村→H秦 

(試合経過)
1回裏、1死2塁から3番金丸がタイムリー。矢場とんが先制。
2回裏、無死2塁から8番岡尾がタイムリー。1死1、2塁から2番山本がタイムリー。3−0
3回裏、1死2、3塁から8番岡尾のタイムリー。4−0
5回裏、無死1塁から5番山岡のタイムリー2ベース。5−0
6回裏、1死2、3塁から5番山岡が2点タイムリー。7−0
矢場とんブースターズがコールドで勝ちました。
続きを読む

愛工大−星城大 観戦記(2019年愛知大学リーグ新人戦)

6月16日に名城大Gで行われた新人戦、愛工大−星城大の観戦記です。
昨季は2部でしのぎを削った両校が、今年は1部と2部でしかも大きく明暗分かれての再戦。星城大がどこまで意地を見せるかに注目して観戦しました。

愛工大
011300000|5 H11 E2
000200100|3 H7 E3
星城大

愛工大
藤田、加藤、高井、吉井、大宅、山口−田中、岩崎
星城大
近藤優、元山、松下−小田

投手成績
藤田 3回 45球 被安打0 四球1 三振3 失点0
加藤 1回 26球 被安打5 死球1 三振1 失点2
高井 2回 27球 被安打1 四球0 三振4 失点0
吉井 1回 12球 被安打1 死球1 三振0 失点1(自責点0)
大宅 1回 23球 被安打0 四球2 三振2 失点0
山口 1回 17球 被安打0 四球1 三振1 失点0
星城大
近藤優 5回 86球 被安打9 四球2 三振6 失点5(自責点3)
元山 2回 30球 被安打1 四球2 三振1 失点0
松下 2回 19球 被安打1 四球0 三振4 失点0

藤田投手は浜松修学舎出身の2年生。左のオーバーハンド。3回を危なげないピッチング。
DSC_0689

あと愛工大で良かったのは高井投手(関商工)、DSC_0806

山口投手(波佐見)の1年生右腕。DSC_0912

体格もしっかりとしていて三振の取れるピッチャー。次代もちゃんといるな、と感じました。
星城大は帝京可児出身の近藤優投手が登板。右のオーバーハンド。1年生。結構打たれましたが、三振も多く取っていて可能性は感じる投手。DSC_0651

元山投手は右のアンダーハンド。キャッチャー登録されている菰野出身の2年生。かなり下から投げる独特の球質が武器。DSC_0818

松下投手は右のオーバーハンド。こちらも三振が結構取れていました。鹿児島城西出身の2年生。DSC_0877


スタメン
愛工大
8白石 9福山 5半田 2田中 3北川 D清水 4渡邊 7橋本 6中島
星城大
6望月 9清水 4藤原 D天野 3野田 5蓬莱 8武田 2小田 7堀江

(試合経過)
2回表、2死1、2塁から9番中島のタイムリー。愛工大が先制。
3回表、1死2塁から4番田中のタイムリー。2−0
4回表、1死満塁から3番半田の2点タイムリー。1死満塁からレフトゴロの間に1点。5−0
4回裏、2死1、2塁から6番蓬莱、7番武田のタイムリー。5−2
7回裏、2死1、3塁から3番栗田のタイムリー。5−3
愛工大が勝ちました。続きを読む

愛知大−名城大 観戦記(2019年愛知大学リーグ新人戦)

6月16日に名城大Gで行われた新人戦、愛知大−名城大の観戦記です。
2部に落ちているとはいえ、愛大としては意地を見せたい試合でした。

愛知大
000000000|0 H5 E1
20000011X|4 H8 E2
名城大

愛大
石川、林、大矢−都筑
名城大
大滝、伊藤、川口、眞田、横尾−野口

投手成績
愛大
石川 6回1/3 86球 被安打6 四死球2 三振5 失点3 
林 2/3 8球 被安打0 四球0 三振1 失点0
大矢 1回 21球 被安打2 四球0 三振2 失点1
名城大
大滝 4回 52球 被安打3 四球1 三振2 失点0
伊藤 2回 22球 被安打0 四球0 三振0 失点0
川口 1回 10球 被安打1 四球0 三振1 失点0
眞田 1回 12球 被安打0 四球0 三振1 失点0
横尾 1回 25球 被安打1 四球1 三振1 失点0

石川投手は左のオーバーハンド。大垣日大出身の2年生。どんどんストライクを投げて打たせて取る。
DSC_0389

林投手はリーグ戦でも投げた投手。右のオーバーハンド。県岐阜商出身の2年生。DSC_0538

大矢投手は右のオーバーハンド。追い込んでからの落ちる球の威力はさすが。DSC_0597

大滝投手は左のオーバーハンド。岐阜各務野出身の2年生。球威があり、リーグ戦でも投げられそうなレベル。DSC_0356

伊藤投手は麗澤瑞浪出身の2年生。右のアンダーハンド。高校時代に見ています。アンダーですが球威で抑えるタイプ。DSC_0503

川口投手は左の変則スリークォーター。至学館高校で見て以来。独特の投げ方は変わらず。DSC_0516

眞田投手は右のオーバーハンド。東郷出身の1年生。高校で見て以来。順調に成長しているようでなにより。DSC_0574

横尾投手は右のオーバーハンド。リーグ戦でも主力で投げていたピッチャー。タフそうなタイプですが、無理はしてほしくないな。DSC_0618


(出場選手)
愛大
6田中来 5田中竣 7横井 3安田 D堀本 8山本 9丸山→H大竹→9→H尾崎→9浮岡 4大竹 2都築→H倉橋→2
名城大
4水谷→5 7小林 2野口 8牧野 D大川 5坂上→R藤原→4佐藤 3藤崎→H法田→3枦山 6藤田→H大高 9馬渕→H東

(試合経過)
1回裏、1死1塁から3番野口がタイムリー2ベース。1死1、3塁から5番大川のタイムリー。名城大が2点先制。
7回裏、1死1、3塁から2番小林のショートゴロ野選で1点。ここでピッチャー交代、林。
8回裏、1死2塁から代打法田のタイムリー2ベース。4−0
名城大が勝ちました。
続きを読む

愛知ディオーネ−埼玉アストライア 観戦記(2019年6月14日公式戦)

6月14日に一宮球場で行われた女子プロ野球、愛知ディオーネ−埼玉アストライアの観戦記です。
今年から春季リーグ=京都、夏季リーグ=愛知、と季節と場所を区切って開催する方式に。
6月に始まった夏季リーグ、ようやく初めて見に行くことが出来ました。

愛知ディオーネ
0000000|0 H3 E0
020000X|2 H6 E1
埼玉アストライア

愛知
松谷、板東−寺部
埼玉
海老、甲斐田、山口、泉由有樹−泉由希菜



(スタメン)
愛知
9西山 4浅野 6星川 D金城 2寺部 8三浦由希子 5岩見 3一尾 7佐藤
埼玉
8中田 3田口紗帆 7加藤 2泉由希菜 Dみなみ 6山崎 4只埜 9前田 5田口真菜

(試合経過)
2回裏、1死1塁から8番前田のタイムリー2ベース。2死3塁から1番前田のタイムリー。埼玉が2点先制。
埼玉が勝ちました。


続きを読む

城西国際大−東農大北海道オホーツク 観戦記(全日本大学選手権)

6月13日に神宮球場で行われた準々決勝第2試合、城西国際大−東農大北海道オホーツクの観戦記です。
見たことがないチーム同士の対戦。どんなチームか楽しみに観戦しました。
5回終了時までの観戦記になります。

城西国際大
1000000|1 H9 E0
0001403|8 H10 E0
東農大北海道
(7回コールド)
城西国際大
館、中島−梅田
東農大北海道
林、伊藤茉−小間木

城西国際大の舘投手は右のオーバーハンド。MAX141km。
林投手は右オーバーハンド。1年生。ピンチでも冷静なピッチング。

(スタメン)
城西国際大
8岸添 7高橋 5篠崎 D花岡 9村上 2梅田 6吉田 4倉持 3山田
東農大北海道
7高田 8新宅 5ブランドン 3松本 D榎本 9松野 4冨永 2古間木 6米倉

(試合経過)
1回表、2死1、2塁から5番村上がタイムリー。城西国際大が先制。
4回裏、1死2、3塁から5番榎本の犠牲フライ。1−1
5回裏、1死2塁でピッチャー交代、中島。1死2、3塁から2番新宅がタイムリー。3番ブランドンが3ランホームラン。東農大北海道が逆転。5−1
ここで球場を後にしました。
その後、7回に東農大北海道が3点取ってコールド勝ち。


続きを読む

明治大−東洋大 観戦記(2019年全日本大学選手権)

6月13日に神宮球場で行われた準々決勝の第1試合、明治大−東洋大の観戦記です。
東京六大学VS東都大学リーグの代表同士、事実上の決勝戦かも、ということで注目されました。

明治大
101010000|3 H6 E0
000000000|0 H7 E1
東洋大

明治大
森下−西野
東洋大
村上、渡邊、松澤、河北−佐藤

投手成績
明治大
森下 9回 106球 被安打7 死球1 三振4 失点0
東洋大
村上 6回 102球 被安打6 四球3 三振4 失点3
渡邊 1回 11球 被安打0 四球0 三振0 失点0
松澤 1回 14球 被安打0 四球0 三振0 失点0
河北 1回 8球 被安打0 死球1 三振0 失点0

森下投手はドラフト1位候補として注目される投手。初戦の先発を回避し、満を持しての東洋大戦での先発でした。MAX152km。カーブも上手く使ってかなりレベルの高いピッチャー。何より制球力が高く、試合を作る能力が高いのがいいですね。
村上投手も右のオーバーハンド。智弁学園出身の3年生。選抜の優勝投手ですよね。連投で先発。それでもMAX146km。こちらも要所で力を入れて能力の高さを見せました。
渡邊投手は左のオーバーハンド。1年生でこの春2戦目の先発を担ってきた投手。
松澤投手は右のオーバーハンド。MAX142km。
河北投手も右のオーバーハンド。リリーフの3人は1年生。

明治大
6添田 8丸山 9内山 5北本 3喜多 D公家→H和田 7陶山 2西野 4清水頌→H市岡→4小泉
東洋大
8松本 7小峰 9山田 2佐藤 D山崎 4木村 3諏訪→H廣岡→3齋藤 5津田 6小川

(試合経過)
1回表、2死2塁から4番北本のタイムリー2ベース。明治大が先制。
3回表、1死1、3塁からワイルドピッチで1点。2−0
5回表、2死2塁から4番北本がタイムリー2ベース。3−0
9回裏、2死2塁から5番山崎のレフトへのヒットで2塁ランナーがホームを突くもかなり手前でボールが来てタッチアウト。明治大が勝ちました。
続きを読む

宮崎産業経営大−東海大 観戦記(2019年全日本大学選手権)

6月12日に東京ドームで行われた第3試合、宮崎産経大−東海大の観戦記です。
宮崎産経大は大黒柱杉尾投手の連投で臨みました。

宮崎産経大
10000000000|1 H3 E3
00100000001|2 H5 E1
東海大
(延長11回タイブレーク)
宮崎産経大
杉尾−大幡
東海大
原田、松山−海野

投手成績
宮崎産経大
杉尾 10回1/3 148球 被安打5 四死球3 三振8 失点2(自責点1)
東海大 
原田 2回 42球 被安打2 四球2 三振1 失点1
松山 9回 124球 被安打1 四球2 三振14 失点0

杉尾投手は前日128球投げての完投から連投。それでもMAX142kmを要所で投げ、通常は130km台後半のまっすぐと変化球で相手を翻弄。最終回でもピンチで140kmを記録するなど、クレバーなピッチングで東海大打線をタイブレークの10回まで抑えきったのはすごいとしか言いようがないピッチングでした。
原田投手は右のオーバーハンド。MAX144kmもストライクボールがはっきりする感じで、苦しいピッチングに。
松山投手は東邦出身の3年目。左のスリークォーター。出どころが見にくいタイプでMAX140km。三振の山を築き、杉尾投手相手に一歩も引かないピッチングでチームを勝利に導きました。

宮崎産経大
8安藤 4堺田 6八木 3寺園 5吉岡→R真早流→5大城 D井坂→H佐藤→H黒田 7武田→7甲斐 2大幡 9日高
東海大
3千野 5串畑 6杉崎 2海野 9藤井 4植村 D吉田→H門馬 7高田 8宮地

(試合経過)
1回表、1死1塁から3番八木がタイムリー2ベース。宮崎産経大が先制。
3回裏、無死1塁から1番千野のヒットで1塁ランナーがスーパー好走塁でホームイン。1−1
11回裏、1死2、3塁から5番藤井のタイムリーでサヨナラ。
東海大がベスト8進出を決めました。
続きを読む

大阪商業大−九州産業大 観戦記(2019年全日本大学選手権)

6月12日に東京ドームで行われた第2試合、大商大−九産大の観戦記です。
2回戦、九産大はこの試合が初戦となりました。

大商大
110000000|2 H7 E1
001000000|1 H3 E1
九産大

大商大
橋本−岡澤
九産大
福森、岩田、船越、谷口−楊村

投手成績
大商大
橋本 9回 104球 被安打3 四死球2 三振6 失点1(自責点0)
九産大
福森 3回2/3 78球 被安打4 四死球4 三振2 失点2
岩田 2回1/3 27球 被安打0 四球0 三振1 失点0
船越 2回 33球 被安打1 四球1 三振1 失点0
谷口 1回 10球 被安打1 四球0 三振0 失点0

橋本投手は左のオーバーハンド。大垣日大出身の4年生。リーグ戦では4試合先発しながら13回ちょっとしか投げてなかったようですが、この日はMAX142kmのまっすぐを中心に安定感抜群のピッチング。ランナーを出すとバタバタする感じもありましたが、そもそもランナーを許す場面が少なかった。
福森投手は右のオーバーハンド。4年生。MAX149kmを記録。速さはあるものの、コントロールに苦しみピリッとしないピッチングになってしまいました。
岩田投手は左のスリークォーター。MAX130kmくらい。ストライク先行で安定感抜群。リズムを呼び込む投球でした。
船越投手は右のサイドハンドから130km後半のまっすぐを投げ込みます。力がありました。
谷口投手は変則の右のオーバーハンド。一度反り返ってから投げ込むフォームは一度見たら忘れないインパクト。それでいて140kmを超えてきますし、色々な意味で楽しみなピッチャー。

大阪商業大
5湯口 6工 D町田 8小野寺 3戸田 4川中 7笹治→R万金→7 2岡澤 9植田
九州産業大
4柳内 6児玉 D片桐 3森 2楊村 7高木 9武上 8野口 5荒木

(試合経過)
1回表、1死1、3塁から4番小野寺が犠牲フライ。大商大が先制。
2回表、2死3塁から9番植田がタイムリー。2−0
3回裏、2死3塁から1番柳内のタイムリー内野安打。2−1
4回表、2死1、3塁でピッチャー交代、岩田。
大商大が勝ちました。
続きを読む

愛知工業大−佛教大 観戦記(2019年全日本大学選手権)

6月12日に東京ドームで行われた第1試合、愛工大−佛教大の2回戦の観戦記です。
1回戦を快勝した愛工大が2回戦をどう戦うかに注目して観戦しました。

愛工大
000010000|1 H9 E3
20101000X|4 H5 E0
佛教大

愛工大
中村、新村−尾濱
佛教大
中村塁−坪倉

投手成績
愛工大
中村 4回1/3 72球 被安打5 四死球2 三振4 失点4(自責点2)
新村 3回2/3 39球 被安打0 四球0 三振3 失点0
佛教大
中村塁 9回 118球 被安打9 四球0 三振4 失点1

中村投手は左のオーバーハンド。中1日での連続先発。前回よりもボールはやはり走っていなかったように感じます。それでも丁寧なピッチングで早めに追い込んで打たせて取るピッチングは出来ていました。
新村投手は右のオーバーハンド。MAX141km。フライアウトが多く、球威がありました。パーフェクトリリーフは見事の一言。
中村塁投手は右のオーバーハンド。MAX134kmとスピードはあまりないのですが、コントロールが良く、いい当たりをほとんどさせなかった。ボールも動いていたように感じます。

愛工大
8市川 7後藤→H後藤 4岡田 3山本 9中井 2尾濱 D田中→R半田→H渡辺 6平本 5江川
佛教大
7中山聡→H岡田→7松本 4前田 9野嶋 3石井 8木岡 2坪倉 5森本 D吉村 6唐澤

(試合経過)
1回裏、2死1、3塁から5番木岡が2点タイムリー2ベース。佛教大が2点先制。
3回裏、2死1、3塁から6番木岡がタイムリー。3−0
5回表、1死1、3塁から1番市川の犠牲フライ。3−1
5回裏、1死から4番石井がレフトへホームラン。1死1塁でピッチャー交代、新村。4−1
佛教大が勝ちました。
続きを読む

創価大−東北福祉大 観戦記(2019年全日本大学選手権)

6月11日に東京ドームで行われた第4試合、創価大−東北福祉大の観戦記です。
この試合から2回戦。この試合も好カードとして注目でした。

創価大
000000000|0 H3 E1
00001000X|1 H2 E0
東北福祉大

創価大
望月−萩原
東北福祉大
山野、津森−岩崎、笹谷

投手成績
創価大
望月 8回 115球 被安打2 四死球3 三振4 失点1
東北福祉大
山野 6回 102球 被安打2 四球5 三振9 失点0 
津森 3回 47球 被安打1 四球1 三振3 失点0

望月投手は長身の右オーバーハンド。上から投げ下ろすフォームで角度があります。MAX145km。球速ほど空振りが取れない感じですが、いい当たりもほとんどさせない投球でした。
山野投手は左のオーバーハンド。左でMAX144km。序盤は左バッターに投げにくそうに見えましたが、中盤からは関係なく三振の山を築く投球は見事。
津森投手は右のサイドハンド。MAX149kmを記録。高めのボールが多く、狙って投げたのか、抜けていたのかは判断が難しいですが、ボール球が多いながらも球威で三振を取るピッチングは評判通りでした。

創価大
9高 6下小牧 2萩原 3山形 D保科 5鈴木嘉 4門脇 8小関→H藤原魁→R井上→8林→H木代 7藤原大
東北福祉大
9里見 4永濱 3生沼 8清水 6元山 D増田 5楠本 2岩崎→2笹谷 7柿崎→7西川

(試合経過)
5回裏まで東北福祉大はノーヒットに抑えられていましたが、1死から7番楠本がソロホームラン。東北福祉大は初ヒットがホームランという形で先制。
東北福祉大が勝ちました。
続きを読む

環太平洋大−宮崎産業経営大 観戦記(2019年全日本大学選手権)

6月11日に東京ドームで行われた第3試合、環太平洋大−宮崎産経大の1回戦の観戦記です。
昨年春に快進撃を見せた宮崎産経大と秋の明治神宮大会準優勝の環太平洋大が激突する好カードでした。

環太平洋大
000010010|2 H6 E2
00420001X|7 H11 E0
宮崎産経大

環太平洋大
西山、仲尾、佐々木龍−平松
宮崎産経大
杉尾−大幡

投手成績
環太平洋大
西山 3回1/3 57球 被安打7 死球2 三振4 失点6(自責点5)
仲尾 2回2/3 46球 被安打2 四球1 三振5 失点0
佐々木龍 2回 37球 被安打2 死球1 三振1 失点1
宮崎産経大
杉尾 9回 128球 被安打6 四球2 三振9 失点2

西山投手は右のオーバーハンド。縦方向のフォームで投げるタイプ。MAX142km。
仲尾投手は左のスリークォーター。MAX132km。左バッターは苦しむタイプ。6回は素晴らしいピッチングでした。
佐々木龍投手は右のオーバーハンド。
杉尾投手は右のオーバーハンド。安定感抜群で三振も取れるピッチャー。MAX144km。来年社会人で見れそうなピッチャー。

環太平洋大
7押部 3梅木 9安藤 D藤田 5仲村 4松岡 6祝出→H熊谷→R飯田 2平松 6矢野→H見崎→6松本→H佐々木翔
宮崎産業経営大
8安藤 4堺田 6八木 3寺園→3黒田 5吉岡 D井坂→H大城→R真早流 7武田→R甲斐→7 2大幡 9日高

(試合経過)
3回裏、1死1、3塁から3番八木がタイムリー。4番寺園が3ランホームラン。4−0
4回裏、1死2、3塁から1番安藤が2点タイムリー。ここでピッチャー交代、仲尾。6−0
5回表、1死2、3塁から9番矢野の1ゴロ野選で1点。6−1
8回表、2死2塁から4番藤田がタイムリー。6−2
8回裏、無死満塁から9番日高の犠牲フライ。7−2
宮崎産経大が快勝。
続きを読む

中京学院大−桐蔭横浜大 観戦記(2019年全日本大学選手権)

6月11日に神宮球場で行われた第1試合、中京学院大−桐蔭横浜大の1回戦の観戦記です。
前回初出場初優勝を果たした中京学院大が、3年ぶりの全国大会でどういう戦いを見せるかに注目して観戦しました。

中京学院大
010011040|7 H9 E1
002101103|8 H11 E3
桐蔭横浜大

中京学院大
長島、古田、高野−馬場
桐蔭横浜大
三浦、渡邊、登坂−手島

投手成績
中京学院大
長島 6回 112球 被安打8 四球1 三振5 失点4
古田 2回1/3 55球 被安打3 四死球3 三振1 失点4
高野 1/3 4球 被安打0 四球0 三振0 失点0
桐蔭横浜大
三浦 5回0/3 66球 被安打3 四死球2 三振5 失点3(自責点1)
渡邊 2回0/3 52球 被安打4 四球1 三振2 失点4(自責点3)
登坂 2回 35球 被安打2 四球1 三振2 失点0

長島投手は右のサイドハンド。かなりアンダーに近くなっていました。MAX134km。以前はもう少し球速は出ていた印象でしたが・・・。
古田投手は右のオーバーハンド。小柄で細身。最後は勝ちたい気持ちが先に出てしまった感じだったかな。
高野投手のボークはルールを把握できてなかったことがすべてかな、と。僕も知りませんでした・・・。
三浦投手は右のオーバーハンド。MAX145km。球威のある好投手。
渡邊投手は左のオーバーハンド。MAX139km。
登坂投手は右のオーバーハンド。厳しい場面での登板で良く踏ん張ったと思います。

中京学院大
7堀田 5中村 6吉位 9叺田 3富川 4西浦 D石川 2馬場 8藤田
桐蔭横浜大
6杉山 D鈴木 7道上 9大神田 8山ノ井 5渡部 3石橋→H鹿糠→R霜田 4山口 2手島→H内田→R山根

(試合経過)
2回裏、2死2塁から7番石川がタイムリー。中京学院大が先制。
3回裏、1死3塁から1番杉浦がタイムリー。2死3塁から3番道上のライトライナーを転んで取れずタイムリー2ベース。2−1
4回裏、1死3塁から7番石橋の2ゴロの間に1点。3−1
5回表、1死2、3塁から9番藤田の犠牲フライ。3−2
6回表、無死1塁でピッチャー交代、渡邊。1死1、3塁から5番富川のタイムリー。3−3
6回裏、2死から6番渡部の勝ち越しソロホームラン。4−3
7回裏、1死1、3塁から2番鈴木の犠牲フライ。5−3
8回表、無死3塁から4番叺田がタイムリー。尚も無死満塁でピッチャー交代、登坂。7番石川がタイムリー。8番馬場の押し出し四球で逆転。9番藤田の犠牲フライ。中京学院大が逆転。7−5
9回裏、1死満塁から2番鈴木が押し出し四球。ここでピッチャー交代、高野。初球にボークで同点。3番道上の犠牲フライで逆転サヨナラ。桐蔭横浜大が勝ちました。
続きを読む

大阪商業大−日本文理大 観戦記(2019年全日本大学選手権)

6月10日に東京ドームで行われた第4試合、大商大−日本文理大の観戦記です。
4回終了時までの観戦記になります。

大商大
001000001|2 H6 E2
100000000|1 H4 E2
日本文理大

大商大
大西−岡澤
日本文理大
藤野−小出

大西投手は右のオーバーハンド。MAX146km。プロ注として名前が上がる投手。昨年も見ていました。思った以上に当てられるな、という印象。そのあたりをプロがどう感じるかですね。
DSC_0250_2

藤野投手は右のスリークォーター。細身の長身。3年生。MAX139km。まだ伸びしろはありそうな体つき。DSC_0232_2


(スタメン)
大商大
5湯口 4川中 7笹治 8小野寺 3戸田 9植田 6工 D中林 2岡澤
日本文理大
7城島 5西村 4須賀 D安永 9平野 3西橋 6内原 2小出 8小野

(試合経過)
1回裏、2死3塁から4番安永がタイムリー。日本文理が先制。
3回表、1死3塁から2番川中が犠牲フライ。1−1
4回終了時に球場を後にしました。

試合は9回に大商大が勝ち越して競り勝ち、2回戦進出を決めました。

日本文理大といえばマシンガン継投。長いイニングを投げるピッチャーは最後に投げるピッチャー。そんなイメージが定着していましたが、この試合は藤野投手が完投した模様。
僕が球場を後にする4回の時点でまだ投げてることに驚いていたのにびっくりです。リーグ戦も継投だったようですし・・・。
結果、9回に勝ち越し点は奪われましたが2失点。素晴らしいピッチングですよね。

大西投手に抑えられている感じは無かったのですが、それでも4安打に終わったということはしり上がりだったのかな?

特に全日本大学選手権の初戦はデータが少ないので投手戦になる印象が強いですね。各チームエースが投げますし。
4回まででしたが、お互いの投げ合いは見ごたえがありました。

愛知工業大−東日本国際大 観戦記(2019年全日本大学選手権)

6月10日に東京ドームで行われた全日本大学選手権の1回戦、愛工大−東日本国際大の観戦記です。
1部昇格即優勝を果たした愛工大が、全国の舞台でどこまで戦えるかに注目して観戦しました。

愛工大
020202100|7 H11 E0
000003000|3 H9 E1
東日本国際大

愛工大
中村、吉村、室田、新村−尾濱
東日本国際大
佐々木、蒔田−阿部、内原

投手成績
愛工大
中村 5回1/3 62球 被安打6 四球1 三振1 失点2
吉村 0/3 1球 被安打1 四球0 三振0 失点1
室田 1/3 14球 被安打1 四球1 三振0 失点0
新村 3回1/3 48球 被安打1 四球0 三振4 失点0
東日本国際大
佐々木 5回2/3 99球 被安打8 四球2 三振2 失点6
蒔田 3回1/3 60球 被安打3 四球1 三振4 失点1

中村投手は左のオーバーハンド。MAX132kmくらいでしたが、ストライク先行で打たせて取るピッチングが出来ていました。5回を投げ切ってチームに流れを呼び込みました。DSC_0127_4

吉村投手は不運なヒット。打ち取っていたのでかわいそうでした。DSC_0163_4

室田投手はMAX137kmに到達。高校時代から思うとかなり球速が上がっていたな、と感じました。全国経験もありますし、次の試合での活躍に期待。DSC_0177_4

新村投手はMAX140km。ただ、バットを何本も折るなど、球速以上に相手バッターを圧倒する球威に感じました。慎重になりすぎて球数を要したように感じましたので、もっと自信を持って球数を減らせれば、と感じましたね。DSC_0189_4

佐々木投手は左のオーバーハンド。MAX140km。ちょっと引っ張りすぎたかな、とも感じました。3年生。DSC_0105_4

蒔田投手は右のオーバーハンド。徐々に球威が上がって最後の2イニングはノーヒット。ロングリリーフしていれば、展開が変わったかもですね。MAX141km。

愛工大
9市川→8 6平本 4岡田 5山本 D中井 2尾濱 3田中→5江川 8矢野→H竹腰→9白石 7後藤
東日本国際大
6磯邉 4金子 8片岡 D熊代→H柳葉 7齋田 3酒井→H田村→3 9杉村→H鈴木→9 5西川 2阿部→2内原→H伊藤

(試合経過)
2回表、2死2塁から7番田中が2ランホームラン。愛工大が先制。
4回表、無死1、3塁から5番中井がタイムリー。1死2、3塁から7番田中がタイムリー。4−0
6回表、2死満塁から9番後藤が2点タイムリー。ここでピッチャー交代、蒔田。6−0
6回裏、無死1、3塁から3番片岡の犠牲フライ。ここでピッチャー交代、吉村。1死1、3塁でピッチャー交代、室田。2死満塁から7番鈴木が2点タイムリー。ここでピッチャー交代、新村。6−3
7回表、2死満塁から7番江川がタイムリー。7−3
愛工大が快勝。1回戦突破。
続きを読む

八戸学院大−佛教大 観戦記(2019年全日本大学選手権)

6月10日に行われた全日本大学選手権の1回戦、八戸学院大−佛教大の観戦記です。
最後にどんでん返しが待っていました。

八戸学院大
010200000|3 H5 E2
000000004|4 H7 E0
佛教大

八戸学院大
大道、中道−大向、山本
佛教大
中山怜、木下−坪倉

投手成績
八戸学院大 
大道 8回1/3 151球 被安打5 四球6 三振10 失点3
中道 1/3 17球 被安打2 四球1 三振1 失点1
佛教大
中山怜 4回 64球 被安打4 四球2 三振3 失点3
木下 5回 66球 被安打1 四死球3 三振5 失点0

大道投手は右のオーバーハンド。MAX145kmを記録。切れが良く、まっすぐで空振りの取れる球質。3年生で来年はドラフト候補になりそう。DSC_0013_6

中道投手は左のオーバーハンド。MAX141km。3年生。DSC_0080_2

中山怜投手は右のオーバーハンド。MAX143km。4年生。フライアウトが多く、球速以上に力がある。
DSC_0005_6

木下投手は左のオーバーハンド。MAX138km。三振も取れて、ゴロアウトも多い。流れを呼び込む投球は見事でした。DSC_0028_6


八戸学院大
9北畠 4冨田勇 3松葉 7武岡 D小磯 5冨田日 8伊藤 6中川 2大向
佛教大
7中山聡→H岡田→R松本→7→9 D吉村 9野嶋→H八木→7 3石井 8木岡 2坪倉 5森本 4前田→H岡本→R藤本 6唐澤

(試合経過)
2回表、先頭の4番武岡がソロホームラン。八戸学院大が先制。
4回表、無死1塁から4番武岡が2ランホームラン。3−0
9回裏、1死満塁でピッチャー交代、中道。2死満塁から1番松本がタイムリー。2番吉村が押し出し四球。3番八木の2点タイムリーで逆転サヨナラ勝ち。
佛教大が大逆転で勝ちました。


続きを読む

JR東海−日本製鉄東海REX 観戦記(2019年都市対抗東海第7代表決定戦)

6月8日に岡崎球場で行われた第7代表決定戦、JR東海−日本製鉄東海REXの観戦記です。
泣いても笑っても都市対抗東海2次予選の最終戦。好ゲームを期待して観戦しました。

JR東海
010030030|7 H11 E0
000000000|0 H4 E1
日本製鉄東海REX

JR東海
喜久川−牛場
日本製鉄東海REX
近藤、山口、上野−竹村

投手成績
JR東海
喜久川 9回 137球 被安打4 四球3 三振7 失点0
日本製鉄東海REX
近藤 5回 84球 被安打6 四球1 三振5 失点4
山口 2回2/3 51球 被安打4 死球1 三振3 失点3(自責点1)
上野 1回1/3 18球 被安打1 四球0 三振0 失点0

喜久川投手は今大会序盤フル回転をしてJR東海の柱になっていました。代表決定戦の先発としては満を持しての形。プレッシャーのかかる状況でMAX140kmのまっすぐとツーシームやチェンジアップを駆使して丁寧なピッチングを行いました。DSC_0028_5

日本製鉄東海REXの先発は近藤投手。左のオーバーハンドからMAX142kmのまっすぐを投げ込みます。中2日ということもあって序盤から飛ばしている印象でしたが、今大会で成長したピッチングを見せました。DSC_0013_5

山口投手はルーキーで、中1日での登板。それを感じさせない球威でMAX145km。3イニング目に死球を与えた動揺から崩れましたが、補強選手に選ばれてもいいくらいの投球で今後も楽しみ。DSC_0035_5

上野投手は左の変則スリークォーター。左打者は打ちにくい投手として存在感を示しました。DSC_0050_4


(出場選手)
JR東海
5長曽我部 8堀尾 6竹村 3池田 D津川 4村井 9竹内 7吉田有 2牛場
日本製鉄東海REX
6倉内 D濱口→H後藤田 9稲葉 7加藤辰 3金子 8加藤樹 2竹村 5柴崎→H宮崎→5福田 4西浦

(試合経過)
2回表、2死3塁から7番竹内がタイムリー。JR東海が先制。
5回表、2死1、2塁から2番堀尾が3ランホームラン。4−0
8回表、2死満塁から6番村井がタイムリー。更にタイムリーエラー。8番吉田有がタイムリー。ここでピッチャー交代、上野。7−0
JR東海が最後の切符をつかみました。
続きを読む

日本製鉄東海REX−王子 観戦記(2019年都市対抗東海第6代表決定戦)

6月6日に岡崎球場で行われた第2試合、日本製鉄東海REX−王子の観戦記です。
第6代表決定戦。

日本製鉄東海REX
000000010|1 H8 E3
20011010X|5 H12 E0
王子

日本製鉄東海REX
山口、上野、片山、山本−竹村
王子
近藤−細川、嘉部

投手成績
日本製鉄東海REX
山口 4回1/3 88球 被安打7 四死球2 三振2 失点4(自責点3)
上野 2/3 10球 被安打0 四球0 三振0 失点0
片山 2回 37球 被安打3 死球1 三振3 失点1
山本 1回 19球 被安打1 四球0 三振0 失点0
王子
近藤 9回 125球 被安打8 死球1 三振5 失点1

東海REXは山口投手が先発。國學院大出身のルーキー。右のオーバーハンド。MAX144kmを記録。もう少し球威は上がりそうですし、いいボールを投げているので楽しみなピッチャー。DSC_0144_3

上野投手は変則のサウスポー。タイミングを取りにくいピッチャー。DSC_0154_3

片山投手は左のオーバーハンド。MAX139km。DSC_0172_3

山本投手は右のオーバーハンド。MAX145kmを記録。DSC_0184_3

近藤投手はさすが大エース。MAX141kmながら、ボールを動かして安定感抜群の投球。四球を出さないので大崩れしないですよね。貫禄でした。
DSC_0122_3


(出場選手)
日本製鉄東海REX
D瀬崎→H後藤田→R濱口 6櫛田→6倉内 9稲葉 7加藤辰 3金子 8加藤樹 2竹村 5柴崎→5福田 4西浦→H山中

(試合経過)
1回裏、1死2、3塁から4番神鳥が2点タイムリー。王子が2点先制。
4回裏、2死3塁から1番前田がタイムリー。3−0
5回裏、無死2塁から4番神鳥のタイムリー2ベース。1死3塁でピッチャー交代、上野。4−0
7回裏、1死1、3塁から7番鴨田がタイムリー。5−0
8回表、1死1、3塁から4番加藤辰がタイムリー。5−1
王子が勝って第6代表を勝ち取りました。

続きを読む

JR東海−トヨタ自動車 観戦記(2019年都市対抗東海第5代表決定戦)

6月6日に岡崎球場で行われた第1試合、JR東海−トヨタ自動車の観戦記です。
第5代表決定戦として行われました。

JR東海
000021000|3 H6 E3
16002000X|9 H9 E1
トヨタ自動車

JR東海
川本、若林、木部、小寺、森−牛場、鎌倉
トヨタ自動車
栗林、小出、川尻、佐竹−細山田

投手成績
JR東海
川本 1回2/3 60球 被安打3 四死球4 三振2 失点6(自責点1)
若林 1/3 15球 被安打1 四死球2 三振0 失点1
木部 3回0/3 52球 被安打4 四球0 三振3 失点2
小寺 2回 41球 被安打1 四球2 三振1 失点0
森 1回 17球 被安打0 四球1 三振0 失点0
トヨタ自動車
栗林 5回 86球 被安打2 四球3 三振7 失点2(自責点1)
小出 1回 19球 被安打2 死球1 三振0 失点1  
川尻 2回 27球 被安打1 四球0 三振3 失点0
佐竹 1回 16球 被安打1 四球0 三振0 失点0

川本投手はリリーフが多かったですがここで先発。右のサイドハンド。MAX137km。コントロールがばらついて苦しいピッチングに。DSC_0023_4

若林投手は左のオーバーハンド。MAX137km。DSC_0042_3

木部投手は右のオーバーハンド。MAX144km。スライダーのコントロールが良く安定感がありました。DSC_0050_3

小寺投手は左のオーバーハンド。MAX140km。
森投手は右のオーバーハンド。球威は今一つ。緩急を駆使。豊橋工出身の4年目。DSC_0068_1

栗林投手は前回見た時よりもボールも走っていて調子は良さそうでした。MAX152kmを記録。変化球の精度も高く、安定感がありました。DSC_0011_4

小出投手は左のオーバーハンド。久々に見れました。
川尻投手は右のオーバーハンド。MAX143km。昨年は先発が多かったですが今年は栗林投手の加入で役割が変わった感じですね。
佐竹投手はMAX146km。きちんと締めました。DSC_0075_1


(出場選手)
JR東海
5長曽我部→R川瀬 8堀尾→H佐藤→8 6竹村 3池田 D白川→H吉田隼 4村井 9竹内 7吉田有→H宮武 2牛場→H伊勢
トヨタ自動車
9辰巳 5小河 3沓掛 6樺澤 D多木→H瀧野 8逢澤 7八木 2細山田 4北村

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番樺澤がタイムリー。トヨタ自動車が先制。
2回裏、2死満塁から3番沓掛のショートゴロをタイムリーエラー。4番樺澤が3点タイムリー3ベース。ここでピッチャー交代、若林。更に2死満塁から7番八木が2点タイムリー。7−0
5回表、1死1塁から9番牛場が2ランホームラン。7−2
5回裏、2死2、3塁から2番小河が2点タイムリー3ベース。9−2
6回表、2死1、3塁から8番吉田有がタイムリー。9−3
トヨタ自動車が勝って第5代表になりました。
続きを読む

JR東海−ホンダ鈴鹿 観戦記(2019年都市対抗東海第3代表決定戦)

6月4日に岡崎球場で行われた第3代表決定戦、JR東海−ホンダ鈴鹿の観戦記です。
両チームエースが登板。その出来に注目して観戦しました。

JR東海
000000010|1 H5 E1
10311002X|8 H16 E0
ホンダ鈴鹿

JR東海
戸田、秋葉、小寺、木部−牛場、鎌倉
ホンダ鈴鹿
瀧中−柘植

投手成績
JR東海
戸田 3回2/3 67球 被安打9 四球0 三振2 失点5
秋葉 2回1/3 20球 被安打3 四球0 三振0 失点1
小寺 1回2/3 46球 被安打4 四球1 三振3 失点2
木部 1/3 3球 被安打0 四球0 三振0 失点0
ホンダ鈴鹿
瀧中 9回 133球 被安打5 死球1 三振4 失点1
戸田投手は右のオーバーハンド。MAX142kmを記録もほぼ130km台の球速でした。この球威だと強力打線を抑えるのは厳しくなります。
DSC_0234_1

秋葉投手は今年37歳になるベテランですが、球威はまだまだあって健在。
DSC_0260_1

小寺投手は近大出身のルーキー。上背もあって可能性を秘めた投手ですね。DSC_0273_1

木部投手は右のオーバーハンド。球威は健在でした。DSC_0292_1

瀧中投手は右のオーバーハンド。序盤からインコースをしっかりと突くピッチングは素晴らしく、MAX145kmと球威も十分。8回にもMAXを記録するなど、最後まで素晴らしい投球が続きました。DSC_0227_1


JR東海
5長曽我部 8堀尾 6竹村 3池田 D津川 4村井 9竹内 7吉田有 2牛場→H白川
ホンダ鈴鹿
7安慶名 4照屋→R河津→4 D松本桃→H金子→H西川 9畔上→9古本 2柘植 3庄司 8中村 6澤田 5西村

(試合経過)
1回裏、1死2、3塁から4番畔上がタイムリー。ホンダ鈴鹿が先制。
3回裏、無死1塁から1番安慶名がタイムリー3ベース。2番河津のタイムリー2ベース。2死3塁から5番柘植がタイムリー。4−0
4回裏、2死2塁から9番西村のタイムリー。ここでピッチャー交代、秋葉。5−0
5回裏、2死1、2塁から6番庄司のタイムリー。6−0
8回表、1死2、3塁から1番長曽我部の遊ゴロの間に1点。6−1
8回裏、無死1塁から7番中村が2ランホームラン。2死3塁でピッチャー交代、木部。8−1
ホンダ鈴鹿が勝って第3代表を勝ち取りました。
続きを読む
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
24日
KYBスタジアム
25日
岡崎球場


Recent Comments
  • ライブドアブログ