コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

観戦記

豊田北−至学館 観戦記

豊田北
0000000|0
000323X|8
至学館
(7回コールド)

豊田北
吉原、弦本−大成
至学館
西尾、角岡−土岐

4回裏、2死2、3塁から9番藤本が3ランホームラン。至学館が3点先制。更に2死1、2塁でピッチャー交代、弦本。
5回裏、無死3塁からワイルドピッチで1点。更に1死3塁からスクイズ成功。5−0
6回裏、2死1、3塁からダブルスチール成功。2死1、3塁から5番土岐の2点タイムリー3ベース。8−0
至学館がコールドで快勝。

詳しい観戦記はこちら

大府−千種 観戦記

大府
0100000000001|2
1000000000000|1
千種
(延長13回タイブレーク)
大府
大森、竹内−岡本
千種
三輪、柴田−植木

1回裏、1死3塁から3番三輪のタイムリー。千種が先制。
2回表、2死2塁から8番岡本がタイムリー。1−1
7回裏、2死でピッチャー交代、竹内。
タイブレーク突入です。
13回表、1死満塁からスクイズ成功。2−1
大府がタイブレークで勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

佐織工−清林館 観戦記

9月7日に小牧球場で行われた第1試合、佐織工−清林館の観戦記です。
西尾張の近隣対決。好ゲームを期待して観戦しました。

佐織工
1000000|1 H4 E2
0051011|8 H7 E0
清林館
(7回コールド)

佐織工
稲熊渉−倉知
清林館
鷲見−川部

投手成績
佐織工
稲熊渉(1) 6回2/3 112球 被安打7 四死球6 三振4 失点8(自責点4)
清林館
鷲見(17) 7回 100球 被安打4 四球2 三振4 失点1

佐織工
9中村俊 8中野 2倉知 3森 5夏川 7小出→7伊藤亮 4稲熊要 6岩間 1稲熊渉
清林館
6竹本 4山川 7森下 9藤島 5伊藤 3吉田 1鷲見 2川部 8小林

(試合経過)
1回表、1死1、3塁から4番森の1塁強襲のタイムリー。佐織工が先制。
3回裏、1死満塁から2点タイムリーエラー。更に1死満塁から4番藤島が2点タイムリー2ベースにエラーで更に生還。清林館が逆転。5−1
4回裏、1死満塁から1番竹本のゲッツー崩れで1点。6−1
6回裏、無死3塁から9番小林の犠牲フライ。7−1
7回裏、2死2塁から6番吉田がライトフェンス直撃のタイムリー2ベースでコールド成立。
清林館が大勝しました。

詳しい観戦記はこちら

岐阜大−朝日大 観戦記

岐阜大
010000000|1
00000112X|4
朝日大

岐阜大
古山、澤田、犬飼、松久保−磯田
朝日大
坂本、宇留野−本村、西村

2回表、2死2塁から7番磯田がタイムリー。岐阜大が先制。
3回裏、2死2,3塁から5番小山のセンターオーバーの当たりをセンター三島が好捕。ピンチを脱します。
5回裏、2死2塁から4番武隈のヒットで2塁ランナーがホーム狙うもタッチアウトに。好返球でした。
6回裏、1死2、3塁からワイルドピッチで1点。1−1。尚も1死3塁でしたが、8番9番が倒れ同点止まり。
7回裏、無死1、3塁から1塁のタイムリーエラー。ここでピッチャー交代、松久保。尚も2死2,3塁まで行きましたが追加点ならず。2−1
8回裏、1死1,3塁から1番小林がタイムリー。更に2死満塁からワイルドピッチで1点。4−1。
朝日大が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

岐阜協立大−中京学院大 観戦記

岐阜協立大
220001003|8
200010010|4
中京学院大

岐阜協立大
小澤、林−佐藤
中京学院大
長島、吉原−馬場

1回表、2死1、2塁から5番舩越がタイムリー。6番山下翔がタイムリー2ベース。岐阜聖徳大が2点先制。
1回裏、2死1、2塁から内野安打にエラーが絡みランナー生還。更にワイルドピッチで1点。同点。
2回表、2死2塁から1番藤村がタイムリー。更に2死2塁から2番村山がタイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、吉原。4−2
5回裏、1死1、3塁から犠牲フライ。4−3
6回表、1死満塁でピッチャー交代、古田。押し出し死球。5−3
8回裏、1死満塁からタイムリーエラー。5−4
9回表、2死2、3塁から3番沼尻が2点タイムリー。5番舩越がタイムリー。8−4
岐阜協立大が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

東海学院大−岐阜聖徳大 観戦記

東海学院大
001000010|2
00002200X|4
岐阜聖徳大

東海学院大
猪俣、菅田、板倉−岡田
岐阜聖徳大
荒木−反頭

3回表、2死1、3塁から2番高木拓がタイムリー。東海学院大が先制。
5回裏、2死1塁から9番小木曽がタイムリー2ベース。1番澤田がタイムリー。岐阜聖徳大が逆転。2−1
6回裏、2死1、2塁から7番木村が2点タイムリー2ベース。4−1
8回表、2死1、2塁からタイムリーエラー。4−2
岐阜聖徳大が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

三菱重工名古屋−トヨタ自動車 OP戦 感想(観戦記)

三菱重工名古屋
000002200|4 H14 E0
101010000|3 H12 E1
トヨタ自動車

三菱重工名古屋
大内(5)、下津浦(4)−安田
トヨタ自動車
諏訪(6 1/3)、村川(1 2/3)、栗林(1)−高祖
※()はイニング数

詳しい観戦記はこちら

永和商事ウイング−ホンダ鈴鹿 OP戦 感想(観戦記)

永和商事ウイング
000000000|0 H3 E1
00010100X|2 H6 E0
ホンダ鈴鹿

永和商事
高橋(3)、小川(4)、北野(1/3)、木山(2/3)−大川
ホンダ鈴鹿
松本竜(5)、福島(1)、柳澤(1)、主島(1)、花城(1)−柘植、長
※()はイニング数

詳しい観戦記はこちら

愛工大−愛知学院大 観戦記

愛工大
021000012|6
003100000|4
愛院大

愛工大
室田、山口、吉村、藤田、高井−尾濱
愛院大
江頭、土合、佐藤雄、白木−金岡

2回表、1死1、3塁から8番近澤の犠牲フライ。9番平本のタイムリー3ベース。愛工大が2点先制。
3回表、1死満塁でピッチャー交代、土合。ワイルドピッチで1点。3−0
3回裏、1死3塁から1番岡がタイムリー。2死1、3塁から4番清水がタイムリー。5番廣瀬がタイムリー。3−3
4回裏、1死3塁から2ゴロの間に1点。ここでピッチャー交代、山口。4−3
6回裏、1死満塁でピッチャー交代、吉村。
8回表、無死1、2塁でピッチャー交代、白木。2死1、3塁から9番平本のタイムリー内野安打。4−4
9回表、2死2塁から6番田中航が2ランホームラン。愛工大が勝ち越し。6−4
愛工大が連勝で勝ち点。

詳しい観戦記はこちら

中京大−名城大 観戦記

中京大
030100000|4
12020000X|5
名城大

中京大
漢人、辻井、安田、山本−福島
名城大
村瀬、伊藤、成田−野口

1回裏、無死1、3塁から3番加納の犠牲フライ。名城大が先制。
2回表、無死満塁から押し出し死球。8番福島のタイムリー。ここでピッチャー交代、伊藤。ショートゴロの間に1点。3−1
2回裏、2死2、3塁から1番水谷の1ゴロを弾き記録2点タイムリー。同点。
4回表、2死満塁でピッチャー交代、成田。5番河田のタイムリー。中京大が勝ち越し。4−3
4回裏、1死2塁から1番水谷がタイムリー。更に2死3塁からタイムリーエラー。名城大が逆転。5−4
名城大が勝って連勝。勝ち点を獲得。

詳しい観戦記はこちら

名産大−愛知大 観戦記

名産大
012000101|5
010020000|3
愛大

名産大
平湯−中澤
愛大
大矢、榊原−寺崎

2回表、2死から7番中澤がソロホームラン。名産大が先制。
2回裏、無死1、3塁から6番丹羽の犠牲フライ。同点。
3回表、1死1、2塁から3番富永の強い3ゴロを弾いてランナー生還。4番神田のタイムリー2ベース。3−1
5回裏、1死1塁から5番安田が2ランホームラン。同点。
7回表、1死3塁から4番神田のタイムリー。ここでピッチャー交代、榊原。4−3
9回表、2死2塁から6番後藤のタイムリー。5−3
名産大が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

珍しく快勝

中日7−1ヤクルト

球場に入った時は1回表、1死1,3塁。そこから四球で満塁。このピンチを踏ん張ったことがまず大きな勝ちへの一歩でしたね。

そこから福田の2ランで先制。5回に1点を失うも、その裏にすぐに加藤にタイムリーが出てリードを広げる。(この時の阿部のナイスランもありました。)

7回には藤嶋がMAX145kmとキレキレで3者凡退2三振。ロドリゲスも3人で斬って、その裏に周平のタイムリー2ベースでリードを広げて、更にダメ押し。

岡田を温存して、福が久しぶりに0で抑える理想的な試合になりました。

周平にも2本出て、とりあえず良かった。これで観戦も6勝4敗となりました。

チームは3連勝。借金9。3位と5ゲーム差。まぁ絶望的な状況は変わってないんですけど、可能性あるって新聞は書くんでしょうねぇ。

明日は柳に勝ちを付けたいですねぇ。
DSC_1222DSC_1250
DSC_1256DSC_1261DSC_1305DSC_1309DSC_1324DSC_1327DSC_1331

全慶應−全早稲田 観戦記

全慶應
001001020|4 H7 E2
100000000|1 H7 E1
全早稲田

(試合経過)
1回裏、2死満塁から6番小藤がタイムリー。全早稲田が先制。
3回表、2死3塁から4番郡司のタイムリー2ベース。全慶應が同点に追いつく。
6回表、先頭の柳町がレフトへ勝ち越しホームラン。2−1。
8回表、1死満塁から7番下山が押し出し四球。ここでピッチャー交代、柴田。8番小原和が犠牲フライ。4−1
9回裏、2死無走者から代打田口が2ベース、代打山田がヒットを放ちチャンスを作るも1番瀧澤が倒れ試合終了。全慶應が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

刈谷工−岡崎学園 観戦記

刈谷工
300025000|10
000050002|7
岡崎学園

刈谷工
有本、村山−河村
岡崎学園
細井、兵藤、清水−野村

1回表、無死3塁から2番河村のタイムリー。更に無死1、2塁からタイムリーエラー。5番杉浦拓のタイムリー。刈谷工が3点先制。
5回表、1死満塁から4番杉浦拓の2点タイムリー3ベース。5−0
5回裏、2死満塁から1番野田がタイムリー。更にタイムリーエラー。押し出し四球。4番小野の2点タイムリー内野安打。同点。ここでピッチャー交代、村山。5−5
9回裏、2死1、2塁から4番小野のタイムリー。5番野村もタイムリー。10−7
刈谷工が逃げきりました。

詳しい観戦記はこちら

名市工−名経大市邨 観戦記

名市工
100100001|3 H8 E2
000020000|2 H8 E2
名経大市邨

(試合経過)
球場に入った時に2回裏、名経大市邨が攻撃中、名市工が1−0でリードしていました。
3回裏、2死から2番尾関の2ベースとエラーで2死3塁となるも3番が倒れ0点。
4回表、2死2塁から7番石井がタイムリー3ベース。2−0。
5回裏、1死から1番稲垣、2番尾関の連続2ベースで1点。3番佐久間のタイムリーで同点。尚も2死1,2塁からダブルスチールを仕掛けるもキャッチャーが冷静に3塁送球しアウト。同点止まり。
6回裏、6番星野の2ベースから送って1死3塁。ここで3塁ランナーがスタート切るもバッター外され、ホーム憤死。
8回表、2死3塁でピッチャー交代、向井。死球で2死1,3塁になるも5番谷口を2ゴロに抑えてピンチを脱出します。
8回裏、1死1,2塁から送って2死2,3塁とするも、代打小出が倒れ勝ち越しならず。
9回表、再び玉木がマウンドへ。1死1,2塁から9番川口がタイムリーを放ち、名市工が勝ち越し。3−2
川口が締めくくり、名市工が競り勝ち県大会進出を決めました。

詳しい観戦記はこちら

愛知−旭丘 観戦記

愛知
001100320|7
101000001|3
旭丘

愛知
松石−筏井
旭丘
藤田、清谷−伊藤

1回裏、 1死1、2塁から5番中武のタイムリー。旭丘が先制。
3回表、2死1塁から3番中野のポテンヒットにエラーが絡みランナーホームイン。同点。
3回裏、2死2塁からタイムリーエラー。2−1
4回表、無死3塁から6番森のピッチャー強襲のタイムリー。2−2
7回表、1死2塁からタイムリーエラー。ここでピッチャー交代、清谷。1死2塁から3盗に送球エラー。6番森のタイムリー2ベース。5−2
愛知が逃げ切って県大会出場を決めました。

詳しい観戦記はこちら

愛産大三河−安城 観戦記

愛産大三河
020002100|5
10102101X|6
安城

愛産大三河
下村、渡辺昌、山口啓、杉山−石川
安城
市川剣、柴田−市川剛

1回裏、2死1、2塁から記録タイムリーエラーで1点。安城が先制。
2回表、1死1、2塁から8番下村のタイムリー2ベース。更に遊ゴロの間に1点。愛産大三河が逆転。2−1
3回裏、2死2塁から5番小田がタイムリー。2−2
5回裏、1死3塁から4番市川剣がタイムリー3ベース。5番小田のタイムリー。4−2
6回表、2死2、3塁から6番高橋が2点タイムリー2ベース。4−4
6回裏、2死2塁から3番浦竹のタイムリー。5−4
7回表、1死3塁から1番杉山のタイムリー内野安打。5−5
8回裏、1死1塁から2番長谷川がタイムリー2ベース。6−5
安城が競り勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

豊田北−岡崎工 観戦記

豊田北
000020000|2
20100040X|7
岡崎工

豊田北
吉原、高柳、神谷、武田−市川
岡崎工
柵木−小林

1回裏、タイムリーエラーとセーフティスクイズ成功で2点先制。
3回裏、2死満塁から8番小林のタイムリー。3−0
5回表、1死2、3塁から3番西川が2点タイムリー。3−2
7回裏、無死1、2塁でピッチャー交代、神谷。1死2、3塁でピッチャー交代、武田。6番柵木が2点タイムリー。2死3塁から8番小林がタイムリー。更に2死3塁からタイムリーエラー。7−2
岡崎工が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

誠信−大成 観戦記

誠信
102000003000|6
011011110001|7
大成
(延長12回)

1回表、1死2塁から3番山下のタイムリー。誠信が先制。
2回裏、無死1、3塁から7番木村の犠牲フライ。1−1
3回表、2死2、3塁から6番辰巳が2点タイムリー。3−1
3回裏、1死1、3塁からスクイズ成功。3−2

5回裏、無死3塁から3番後藤のタイムリー2ベース。3−3
6回裏、無死満塁から押し出し四球。ここでピッチャー交代、日比野。4−3
7回裏、先頭の福田がソロホームラン。5−3
8回裏、1死2塁から3番後藤のタイムリー。6−3
9回表、1死満塁から中飛で1点。2死1、3塁からワイルドピッチ。2死2塁からタイムリーエラー。同点に。
12回裏、1死2、3塁からサヨナラワイルドピッチ。大成が競り勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

杏和−愛知啓成 観戦記

杏和
00000000|0
20000032|7
愛知啓成

1回裏、2死2塁からタイムリーエラー。更に2死1、2塁から6番滝園がタイムリー。愛知啓成が先制。
7回裏、1死満塁から4番高杉が2点タイムリー。ここでピッチャー交代、加納。2死満塁から押し出し四球。5−0
8回裏、無死2、3塁から2番大林の2点タイムリーでコールド成立。愛知啓成が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら


ウエスタンリーグ 中日−ソフトバンク 観戦記(8月23日)

8月23日にナゴヤドームで行われたウエスタンリーグ公式戦、中日−ソフトバンク戦の観戦記です。

ソフトバンク
001001000|2 H6 E1
000000001|1 H4 E0
中日

投手成績
ソフトバンク
杉山 3回 43球 被安打3 四球0 三振2 失点0
渡辺健 3回 39球 被安打1 四死球2 三振1 失点0
泉 1回 5球 被安打0 四球0 三振0 失点0
加治屋 1回 9球 被安打0 四球0 三振2 失点0
川原 1回 20球 被安打0 四球1 三振2 失点1
中日
福谷 4回 54球 被安打3 四球0 三振4 失点1
鈴木翔 1回 16球 被安打1 四球1 三振2 失点0
鈴木博 1回 13球 被安打1 四球0 三振0 失点1
木下雄 1回 14球 被安打0 四球0 三振1 失点0
佐藤 1回 6球 被安打1 四球0 三振0 失点0
谷元 1回 10球 被安打0 四球0 三振2 失点0

(試合経過)
2回表、先頭の長谷川勇の2ベースから1死3塁となるも、6番三振、7番3ゴロで福谷が踏ん張る。
2回裏、2死から石川駿のヒット、伊藤康のヒットとエラーで2死2,3塁となるも8番高松が1ゴロに倒れ0点。
3回表、2死3塁から2番三森の1ゴロで少し1塁ベースカバーが遅れ判定セーフとなり、タイムリー内野安打。ソフトバンクが先制。
4回裏、1死1,2塁から7番伊藤康の3直で2塁ランナー戻れずゲッツー。
6回表、1死から3番釜元がライトへホームラン。2−0
6回裏、1死から3番根尾がヒット。4番石垣の6−4−3のゲッツーで0点。
8回表、先頭の9番増田が2ベースを放つも後続が倒れ追加点ならず。
9回裏、1死3塁から4番石垣の2ゴロの間に1点。2−1
ソフトバンクが勝ちました。

ソフトバンクは杉山投手が先発。駿河総合−三菱重工広島出身のルーキー。MAX151km。ボールの威力は1軍クラス。ただ、セットになるとちょっと落ちる感じが顕著。そこが課題なのかな?
泉投手は金沢星稜大出身のルーキー。かなりの角度があり、148kmをマーク。1軍でも12試合すでに投げていますし、力がありますね。
加治屋、川原は上でも投げていて調整登板だったかな。やっぱりレベル高いです。

野手は長谷川勇選手が最初に2ベース。九鬼選手が2本のヒット。釜元選手のホームランは見事でした。
三森選手、増田選手ら甲子園を沸かせた選手も活躍。楽しみですね。

豊橋中央出身の谷川原選手は代打で凡退。今年は1軍で出番なし。頑張ってほしいな。

中日は福谷投手がMAX148kmで4イニング。十分可能性を見せました。
鈴木博志は153kmを投げたけど、ドームはどよめかず。ちょっと気の毒ですね。一発浴びたのも印象は悪い。ボールは悪くないと思うけど。
木下雄も150kmをマーク。
佐藤、谷元もまずまず。鈴木翔はMAX144km。この日のピッチングでは一番劣ったかな。

というか、中日の投手陣のボールは悪くなかった。1軍で使い道ありそうな投手たちでした。

打つ方は根尾がヒット1本。打席での拍手が別格。打球も速かった。
石垣も打席での拍手がグッと多かった。1軍でのヒットは大きな効果ですね。外野も無難にこなしましたし、上でスタメンで見たい。

石川駿が膝に死球を受けて退場。大きな故障にならなければいいですが・・・。

杉山が3塁手で登場。キャッチャーとして厳しい立場ですよね。なんでもこなしてチャンスをうかがっているんでしょうが。

高松は当てに行くスイングに見えてしまう。もっと振ってほしい。根尾は振っていますし。

伊藤康も内容が良かった。こちらは順調に伸びていますね。

すごいお客さんの数でした。ドームでやれる2軍戦というのは、夏場はもっと増やしてほしいですよね。ナゴヤ球場はやっぱり過酷ですし。応援の無い、静かな、それでいて歓声、拍手が響くドームというのはいいなぁと思いました。

DSC_1566
DSC_1702DSC_1814DSC_1828

富田−松蔭 観戦記

富田
000130000|4
000000000|0
松蔭

富田
東海林、藤本、高山−蒔田
松蔭
佐藤−加藤

4回表、2死2、3塁からワイルドピッチで1点。富田が先制。
5回表、1死満塁から遊ゴロの間に1点。2死1、3塁から6番東海林のセンター前に落ちる2点タイムリー2ベース。4−0
富田が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら


天白−菊華 観戦記

天白
1010010|3
0021403|10
菊華
(7回コールド)

3回表、2死2塁から3番荒井のタイムリー。2−0
3回裏、1死2、3塁から3番飯森が2点タイムリー。ここでピッチャー交代、大塚。2−2
4回裏、2死3塁から9番加藤のタイムリー2ベース。菊華が勝ち越し。3−2
5回裏、無死満塁からワイルドピッチ。無死2、3塁から5番川本の2点タイムリー3ベースに中継エラーでバッターランナーホームイン。ここでピッチャー交代、飯原。7−2
6回表、1死満塁から犠牲フライ。7−3
7回裏、無死1、2塁から犠打エラーで1点。ここでピッチャー交代、岡田。2死2、3塁からタイムリーエラー。2死満塁から押し出し四球でコールド成立。
菊華が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

愛知黎明−誉 観戦記

愛知黎明
003000000|3
000000100|1


3回表、1死満塁から4番の3点タイムリー3ベース。2死無走者でピッチャー交代、中村。愛知黎明が3点先制。
7回裏、2死2塁から代打鈴木がタイムリー2ベース。3−1
愛知黎明が逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら

大府−大府東 観戦記

大府
202034|11
100000|1
大府東

1回表、1死1塁から3番高柳のタイムリー3ベース。4番村瀬のタイムリー3ベース。大府が2点先制。
1回裏、無死1塁から2番下山のタイムリー2ベース。2−1
3回表、1死満塁からゲッツー崩れで1点。更にダブルスチール成功で1点。4−1
5回表、無死満塁から6番鈴木が2点タイムリー。2死2、3塁から代打神谷がタイムリー。7−1
6回表、1死満塁から6番鈴木のタイムリー。7番岡本の犠牲フライ。2死2、3塁から8番竹内の2点タイムリー。11−1
大府がコールドで快勝。

詳しい観戦記はこちら

日福大付−知多翔洋 観戦記

日福大付
100001000|2
000001002|3
知多翔洋

1回表、2死1、3塁から5番遠藤のタイムリー。日福大付が先制。
6回表、1死3塁からスクイズ成功。2−0
6回裏、2死3塁からタイムリーエラー。2−1
7回表、2死1塁でピッチャー交代、野村。
9回裏、2死満塁から9番赤井のセンター横に落ちる逆転サヨナラタイムリー。知多翔洋が劇的勝利。

詳しい観戦記はこちら

安城農林−豊野 観戦記

安城農林
10000|1
1280X|11
豊野
(5回コールド)

1回表、1死2、3塁から犠牲フライ。安城農林が先制。
1回裏、2死満塁から6番奥村のタイムリー内野安打。1−1
2回裏、1死2、3塁から2番藤澤がレフトオーバーの2点タイムリー3ベース。3−1
3回裏、無死満塁でピッチャー交代、岡田。7番松本のスクイズがタイムリー内野安打に。8番勝上が押し出し四球。9番石田の2ゴロを2点タイムリーエラー。無死2,3塁から1番中森の遊ゴロ野選で1点。更に1死満塁から4番井口稔がタイムリー。2死満塁から6番奥村が2点タイムリー。一挙8点。11−1
5回表、2死無走者でピッチャー交代、松澤。
豊野がコールドで大勝しました。

詳しい観戦記はこちら

小牧工−尾北 観戦記

小牧工
12110025|12
00000202|4
尾北
(8回コールド)

小牧工
河野、丹下−多和田
尾北
竹山、勇−石本

(試合経過)
球場に入った時に4回表の小牧工の攻撃中でした。
4回表、2死から3番川ノ上のソロホームラン。5−0
6回裏、1死2,3塁から4番佐々木の右飛を落球し2者生還。5−2。尚も1死3塁でしたが、5番竹山、6番勇のいずれも強烈なピッチャーライナーを丹下がどちらも捌いてアウトに。ピンチを脱します。
7回表、2死1,2塁から1番高嶋が2点タイムリー3ベース。7−2
8回表、無死満塁から6番多和田の2ゴロを弾いて1塁のみアウトで3塁ランナー生還。1死満塁から8番井上が3点タイムリー3ベース。9番菅原のセーフティスクイズが成功。5点追加で12−2
8回裏、1死2,3塁から4番佐々木の犠牲フライ。2死3塁から5番竹山がタイムリー。12−4
小牧工がコールドで勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

津島東−起工 観戦記

津島東
002010000|3
00420010X|7
起工

津島東
加藤−宮田
起工
伊東−村上

3回表、1死3塁から2番北脇がタイムリー。更に1死3塁から3番南谷のタイムリー。津島東が2点先制。
3回裏、1死1塁から2番村上、3番宮田の連続タイムリー2ベース。2死2塁から5番萩原のヒット。ライトの送球エラーで1点。尚も2死2塁から6番森田のタイムリー。4−2
4回裏、2死2塁から2番村上がタイムリー2ベース。3番宮田のショート強襲のタイムリー。6−2
5回表、1死2塁から5番戸谷のタイムリー3ベース。6−3
7回裏、1死から5番萩原のソロホームラン。7−3
起工が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

一宮興道−一宮 観戦記

一宮興道
010220210|8
101000003|5
一宮

1回裏、1死1、2塁から4番鈴村のタイムリー。一宮が先制。
2回表、1死1、3塁からショートタイムリーエラー。1−1
3回裏、1死3塁から2番綿谷がタイムリー。一宮が勝ち越し。2−1
4回表、無死1塁から6番齋藤がタイムリー3ベース。7番光松がタイムリー。一宮興道が逆転。3−2
5回表、2死1、2塁から5番小島、6番齋藤が連続タイムリー。5−2
7回表、1死2、3塁から6番齋藤、7番光松が連続タイムリー。7−2
8回表、2死2、3塁からタイムリーエラー。8−2
9回裏、1死1塁から代打小松、1番高橋の連続タイムリー長打。更に内野ゴロの間に1点。8−5
一宮興道が逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
16日
Bリーグ観戦
19日
全三河大会
蒲郡球場
20日
尾東大会
Recent Comments
  • ライブドアブログ