コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

観戦記

愛産大三河−享栄 観戦記(2019年1年生大会)

愛産大三河
000100001|2
00210100X|4
享栄

愛産大三河
石原、杉山−山田泰
享栄
菊田、濱田−水上

3回裏、2死1、3塁から4番瀬尾の痛烈なショートゴロを取れず、記録タイムリーエラー。5番堀尾のセカンド後方のフライを取れずタイムリー。享栄が2点先制。
4回表、1死2、3塁からスクイズ成功。2−1
4回裏、1死1、3塁から1番田村の犠牲フライ。3−1
6回裏、1死満塁から押し出し四球。4−1
9回表、2死1塁から5番山田泰のタイムリー2ベース。4−2
享栄がベスト4進出。

詳しい観戦記はこちら

愛工大名電−大成 観戦記(2019年1年生大会)

愛工大名電
300000122|8
000000010|1
大成

愛工大名電
佐藤泰、中島、野崎−川合
大成
内田、西−横井

1回表、1死2塁から3番田村のタイムリー3ベース。4番宮崎の2ランホームラン。名電が3点先制。
4回裏、1死1、3塁でピッチャー交代、中島。
7回表、2死1、2塁から3番田村のタイムリー2ベース。4−0
8回表、2死2塁から8番三村がタイムリー。さらに2死1、3塁でピッチャー交代、西。2死満塁から2番永江のタイムリー内野安打。6−0
8回裏、無死1、3塁でピッチャー交代、野崎。1番鵜飼のタイムリー内野安打。6−1
9回表、2死2塁から7番房野のタイムリー。さらに2死3塁から強い3ゴロを取るものの体勢崩し記録タイムリーエラー。8−1
愛工大名電が快勝。ベスト4進出。

詳しい観戦記はこちら

安城−星城 観戦記(1年生大会)

安城
00000|0
5150X|11
星城
(5回コールド)

安城
大沢、長谷川、苫井−大野
星城
近藤、石田−内田

1回裏、1死1、3塁から牽制エラーで1点。4番名倉のタイムリー3ベース。ピッチャー交代、長谷川。5番川村がタイムリー。2死満塁から9番花田の2点タイムリー2ベース。5−0
2回裏、2死3塁から4番名倉がタイムリー。6−0
3回裏、1死2、3塁から9番花田のポテンヒットタイムリー。1番山下の2点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、苫井。2番竹内のタイムリー3ベース。タイムリーエラー。11−0
星城が大勝しました。

詳しい観戦記はこちら

岡崎工−愛産大工 観戦記(1年生大会)

岡崎工
0000001|1
104300X|8
愛産大工
(7回コールド)

岡崎工
稲吉星、大久保−小林
愛産大工
林、永井、蘆田、伊藤−竹元

1回裏、1死2、3塁から4番羽山の2ゴロの間に1点。愛産大工が先制。
3回裏、1死3塁から4番羽山がタイムリー3ベース。2死3塁から6番平川がタイムリー。さらに2ゴロタイムリーエラー。2死1、3塁からダブルスチール成功。5−0
4回裏、無死2、3塁から3番桐澤の2点タイムリー。2死2塁から6番平川のタイムリー2ベース。8−0
7回表、1死満塁から犠牲フライ。8−1
愛産大工がコールドで勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

名古屋大−名古屋経済大 3回戦 観戦記

名大
300140000|8
005000001|6
名経大

名大
松田−井上
名経大
清家、富永、若山竜馬、益留−安井

1回表、2死1、3塁から5番井上が2点タイムリー2ベース。センター飛び付いてグラブに入れるも取りきれず。6番清水もタイムリー3ベース。2死1、3塁でピッチャー交代、富永。名大が3点先制。
3回裏、1死2、3塁から3番蛯原のレフト前に落ちるタイムリー。2死満塁から6番安井の2点タイムリー。同点。更に2死満塁から8番若山竜誠が2点タイムリー。名経大が逆転。
4回表、2死1、2塁から1番大沼のタイムリー。5−4
5回表、無死2塁から3番岩崎がタイムリー。ここでピッチャー交代、若山竜馬。無死1、2塁からタイムリーエラー。無死2、3塁から6番清水の2点タイムリー。8−5
9回裏、無死1、3塁からゲッツー崩れで1点。8−6
名大が勝って2部昇格を決めました。

詳しい観戦記はこちら

愛院大−名院大 2回戦 観戦記

愛院大
100011300|6
300000002|5
名院大

愛院大
佐藤良−太田
名院大
谷口、中津、宮間−藤田

1回表、2死3塁から4番河村のタイムリー。愛院大が先制。
1回裏、1死2、3塁からワイルドピッチで1点。4番秦が2ランホームラン。3−1
5回表、1死満塁から3番岡のタイムリー。3−2
6回表、1死3塁からスクイズ成功。同点。
7回表、1死2塁から2番渡邊のタイムリーでついに逆転。3番岡が2ランホームラン。ここでピッチャー交代、宮間。
9回裏、2死から7番浅沼がヒット。8番田名後がレフトへ2ランホームラン。6−5。最後は代打の湯本が2半直に倒れ試合終了。
愛院大が連勝。1部残留を決めました。

詳しい観戦記はこちら

名古屋経済大−名古屋大 2回戦 観戦記

名経大
0010000001|2
0000000010|1
名大
(延長10回タイブレーク)

名経大
益留−安井
名大
長谷川、本田−井上

3回表、1死1、3塁から1番田中がタイムリー。名経大が先制。
9回裏、1死満塁から犠牲フライ。1−1
10回表、1死2、3塁からスクイズ成功。名経大が勝ち越し。2−1
名経大が勝ってタイに。

詳しい観戦記はこちら

藤枝明誠−中京大中京 観戦記

藤枝明誠
20102000|5 H8 E1
34110003|12 H12 E1
中京大中京
(8回コールド)

藤枝明誠
小林、大石−伊藤
中京大中京
高橋−印出

出場選手
藤枝明誠
9川瀬(17)→9小牟田 8中澤 3齊藤 5村松 7福島 4増田 2伊藤 1小林→大石 6宇井
中京大中京
8西村 4中嶌 6中山 2印出 3吉田 7南谷 9桑垣 1高橋宏 5村上

(試合経過)
1回表、1死1,3塁から4番村松のタイムリー。更に1死1,3塁からダブルスチール成功。藤枝明誠が2点先制。
1回裏、無死2,3塁から3番中山の2点タイムリー2ベース。更に1死3塁から5番吉田の犠牲フライ。中京大中京がすぐに逆転。3−2
2回裏、先頭に四球を出したところでピッチャー交代、大石。1死満塁から3番中山の2点タイムリー2ベース。4番印出の2点タイムリー。7−2
3回表、1死から3番齊藤がソロホームラン。7−3
3回裏、1死1,3塁から1番西村の犠牲フライ。8−3
4回裏、 1死1,2塁から7番桑垣のタイムリー。 9−3
5回表、1死1,3塁から3番齊藤の内野ゴロの間に1点。2死2塁から4番村松のタイムリー。9−5
8回裏、無死満塁から3番中山の2点タイムリー。更に1死満塁から6番南谷の犠牲フライでコールド成立。12−5。中京大中京がコールドで勝って選抜出場をほぼ決めました。

詳しい観戦記はこちら

加藤学園−県岐阜商 観戦記

加藤学園
0012000000|3 H7 E3
0000020101|4 H12 E0
県岐阜商

加藤学園
肥沼−雨宮
県岐阜商
野崎、森−高木

加藤学園
7植田 8佐野 9平尾 6大村 2雨宮 5杉山 1肥沼 4杉本敏 3吉田
県岐阜商
4多和田 3宇佐美 5佐々木 9佐竹 2高木 6服部 7塚原 8岩田 1野崎

試合経過)
1回、お互いにランナー出すも0点。加藤学園は1死2、3塁を活かせず。
3回表、1死1塁から4番大村のタイムリー2ベース。加藤学園が先制。
6回裏、1死1,3塁から5番高木がタイムリー。更に1死2,3塁から6番服部の犠牲フライ。3−2。
8回裏、1死2塁から8番岩田がタイムリー。3−3の同点に。
10回裏、2本のヒットと敬遠で無死満塁。代打國枝が三振の後、1番多和田がサヨナラタイムリー。県岐阜商が勝って、選抜切符をほぼ手に入れました。

詳しい観戦記はこちら

日本通運−NTT東日本 観戦記(2019年日本選手権)

日本通運
420020100|9 H15 E0
000000000|0 H4 E0
NTT東日本

日本通運
和田−木南
NTT東日本
佐々木、熊谷、沼田、末永、大竹−保坂、高橋、池沢

(試合経過)
1回表、1死1,2塁から4番北川がタイムリー。5番稲川がタイムリー2ベース。1死満塁でピッチャー交代、熊谷。7番森松が押し出し死球。2死満塁から9番木南が押し出し四球。日本通運が4点先制。
2回表、2死満塁から7番森松が2点タイムリー。6−0
5回表、1死1塁から9番木南がレフトへ2ランホームラン。8−0
7回表、2死2塁から4番北川がタイムリー。9−0
日本通運が圧勝しました。

詳しい観戦記はこちら

ヤマハ−王子 速報

王子
010000002|3
20003200X|7
ヤマハ

ヤマハ
ナテル、池谷、波多野、九谷−東、高坏
王子
高橋、畑瀬、中内、中野−賀部、細川

1回裏、3番八幡、4番前野のタイムリー2ベースで2点先制。
2回表、1死満塁から8番大杉の犠牲フライ。2−1
5回裏、無死1、2塁から送りバントをピッチャーがサードへ送球も悪送球。ランナーホームイン。1死2、3塁から5番藤岡が2点タイムリー2ベース。5−1
6回裏、1死2、3塁から2番河野の2点タイムリー2ベース。7−1
9回表、宝島のタイムリーで1点返す。更に内野ゴロの間に1点。7−3
ヤマハが逃げ切りました。

三菱自動車岡崎−ホンダ 速報

三菱自動車岡崎
100000000|1
000000000|0
ホンダ

三菱自動車岡崎
大井、神原−清水
ホンダ
福島、田村、小野−辻野

1回表、1死2塁から3番中野のタイムリー。三菱自動車岡崎が先制。
三菱自動車岡崎が完封リレーで勝ちました。

藤枝明誠−豊川 観戦記

藤枝明誠
013000002|6
200000101|4
豊川

藤枝明誠
大石、小林−伊藤
豊川
米庄、白井−杉浦

1回裏、2死2塁から4番米庄が2ランホームラン。豊川が先制。
2回表、1死1塁から6番増田がタイムリー2ベース。2−1
3回表、1死満塁から3ゴロでホームアウト。1塁送球が逸れて2者生還。藤枝明誠が逆転。5番福島がタイムリー。4−2
7回裏、2死2塁から2番岩屋がタイムリー3ベース。4−3
9回表、1死満塁から3番齋藤の2点タイムリー。6−3
9回裏、1死2、3塁から2番岩屋のタイムリー。6−4
藤枝明誠が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

愛工大名電−県岐阜商 観戦記

愛工大名電
000000300|3
02011010X|5
県岐阜商

愛工大名電
田村、寺嶋、平口、小野−二村
県岐阜商
野崎、森、佐々木−高木

2回裏、1死2、3塁から7番服部がタイムリー。中継エラーで2塁ランナーもホームイン。県岐阜商が2点先制。
4回裏、2死2塁から8番岩田のタイムリー2ベース。3−0
5回裏、1死3塁でピッチャー交代、寺嶋。3番佐々木の犠牲フライ。4−0
7回表、2死1、3塁から7番小野がレフト前に落ちるタイムリー2ベース。代打勝野の2点タイムリー。4−3
7回裏、1死1、3塁でピッチャー交代、小野。3番佐々木の犠牲フライ。5−3
県岐阜商が逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら

静岡商−津商 観戦記

静岡商
0000 200|2
00001X|11
津商
(7回コールド)

静岡商
高田、塚本礼−對馬
津商
出口−清水

4回裏、無死1、2塁から4番清水の2点タイムリー2ベース。更に無死満塁から7番川尻がタイムリー。1死後9番安田がタイムリー。2死満塁から2番岡が2点タイムリー。3番西川が2点タイムリー2ベース。4番清水がタイムリー。5番清水がタイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、塚本礼。一気に10点。
5回表、2死2、3塁から2番小西の2点タイムリー。10−2
6回裏、1死1、3塁からピッチャーゴロの間に1点。11−2
津商が大勝しました。

詳しい観戦記はこちら

加藤学園−大垣西 観戦記

加藤学園
002103000|6
100000000|1
大垣西

加藤学園
肥沼−雨宮
大垣西
大石、日比野、長岡−今西

1回裏、無死1、3塁から3番松岡勇の犠牲フライ。大垣西が先制。
3回表、1死2、3塁から5番勝又タイムリー、6番雨宮のタイムリー2ベースで逆転。2−1
4回表、1死2塁から牽制エラーにセンターエラーも重なりランナーホームイン。3−1
6回表、1死1、3塁でピッチャー交代、日比野。1番平尾のタイムリー2ベース。2番杉山が2点タイムリー。6−1
加藤学園が快勝。

詳しい観戦記はこちら

近大−関大 3回戦 観戦記

近大
000000001|1
00100001X|2
関大

3回裏、1死2塁から9番ピッチャー森翔のタイムリーで関大が先制。
8回裏、1死3塁でピッチャー交代、鷲崎。5番吉川のショートゴロ野選で貴重な追加点。2−0
9回表、1死2塁から連続ワイルドピッチで1点。
関大が逃げ切り。優勝を決めました。

詳しい観戦記はこちら

刈谷−渥美農 観戦記

刈谷
00101000110|4
00000000311|5
渥美農
(延長11回)
刈谷
澤井、本間−深谷
渥美農
西山−大場

3回表、2死2塁から2番後藤がタイムリー。刈谷が先制。
5回表、2死1塁からタイムリーエラー。2−0
9回表、2死3塁から7番深谷のタイムリー。3−0
9回裏、2死満塁からワイルドピッチ。更に2死満塁でピッチャー交代、本間。9番榊原のタイムリー内野安打で2者生還。同点。延長戦に入ります。
10回表、1死2、3塁から犠牲フライ。刈谷が勝ち越し。4−3
10回裏、1死1、2塁から5番岩瀬がタイムリー。再び同点。4−4
11回裏、1死3塁から1番辻のタイムリーでサヨナラ。渥美農が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

蒲郡東−西尾東 観戦記

蒲郡東
000000300|3
000000000|0
西尾東

蒲郡東
河井−廣田
西尾東
越山、深谷−阿部

7回表、1死1、3塁から1番中川のタイムリー2ベース。2死2、3塁から3番永田の2点タイムリー3ベース。蒲郡東が3点先制。
蒲郡東が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

東海学園大−愛知学院大 2回戦 観戦記

東学大
000100000|1
01200000X|3
愛院大

東学大
木原、山口、浦野−倉田
愛院大
荒島−太田

2回裏、無死1、3塁から犠牲フライ。愛院大が先制。
3回裏、1死2、3塁から3番岡がタイムリー。1死満塁から5番渡邊の犠牲フライ。ここでピッチャー交代、山口。3−0
4回表、2死3塁から7番榊原がタイムリー。3−1
愛院大が勝ってタイに。

詳しい観戦記はこちら

皇學館大−鈴鹿大 3回戦 観戦記

皇學館大
300001001|5
000000000|0
鈴鹿大

皇學館大
中山−中妻
鈴鹿大
北村、岡崎、坂口−今村

(試合経過)
1回表、1死3塁から3番森本の1ゴロでホーム転送。3塁ランナーが挟まれるも、ランダンプレーを交わし3塁セーフに。更に四球で1死満塁から5番奥谷、6番中妻、7番村林と3連続押し出し四球。ここでピッチャー交代、岡崎。岡崎が後続を打ち取って3点で終了。3−0
6回表、2死2塁から1番宮崎がタイムリー3ベース。4−0
9回表、1死3塁から3番森本がタイムリー2ベース。5−0
皇學館大が勝って優勝を決めました。

皇學館大が勝って優勝を決めました。

詳しい観戦記はこちら

ホンダ鈴鹿−東芝 観戦記

ホンダ鈴鹿
0001000|1 H6 E
2000006|8 H E0
東芝
(7回コールド)

ホンダ鈴鹿
瀧中、花城、柳澤、主島−柘植
東芝
近藤、福本、宮川−船木

1回裏、1死1,3塁から4番松本のタイムリー。更に1死1,3塁から5番吉田の犠牲フライ。東芝が2点先制。
4回表、先頭の3番長野が2ベース。進塁打で1死3塁から5番柘植のタイムリー。2−1
7回裏、1死1,2塁から2番小川が2点タイムリー2ベース。更にエラーと四球で1死満塁から5番吉田が走者一掃の3点タイムリー3ベース。ここでピッチャー交代、主島。四球で1死1,3塁から代打松永のセンターライナーでランナーが生還。東芝が7回コールドで勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

伏木海陸運送−王子 観戦記

伏木海陸運送
100000010|2
01002000X|3
王子

伏木
宮前、竹中−田中、水野
王子
横尾、中内、若林、中野−細川、横山

1回表、1死1塁から3番番場がタイムリー3ベース。伏木が先制。
2回裏、秦のホームランで同点。
5回裏、2死3塁から9番大八木のタイムリー2ベース、1番吉岡のタイムリーで勝ち越し。3−1
8回表、1死2塁から1番大野がタイムリー。3−2
王子が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

鷺宮製作所−日本生命 観戦記

鷺宮製作所
0000000|0 H3 E0
2001112|7 H13 E0
日本生命
(7回コールド)

鷺宮製作所
西村、長田、川畑、中川−長澤
日本生命
本田−田口

詳しい観戦記はこちら

朝日大−岐阜聖徳大 1回戦 観戦記

朝日大
0000000032|5
0000003001|4
岐阜聖徳大

朝日大
坂本、吉田、八木、宇留野−武隈、本村、西村
岐阜聖徳大
荒木−反頭

7回裏、1死2塁から8番牧内がタイムリー2ベース。1死1、3塁から犠牲フライ。2死2塁から2番大野がタイムリー。ここでピッチャー交代、吉田。岐阜聖徳大が3点先制。
8回裏、1死2塁でピッチャー交代、八木。
9回表、無死2、3塁から3番小松がタイムリー2ベース。4番林のセンター前に落ちるタイムリー2ベースに守備の乱れで1塁ランナーもホームイン。3−3
10回表、1死満塁から1番小林が2点タイムリー。5−3
朝日大が逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら


中部学院大−中京学院大 1回戦 観戦記

中部学院大
100010000|2
000000000|0
中京学院大

中部学院大
津山−増田
中京学院大
長島−馬場

5回表、1死1、3塁から4番藤川がタイムリー。2−0
中部学院大が勝って優勝を決めました。

詳しい観戦記はこちら

愛工大−中京大 2回戦 観戦記

愛工大
000000000|0 H8 E1
20000201X|5 H10 E0
中京大

愛工大
室田、新村−尾濱
中京大
香村、伊藤稜−福島

詳しい観戦記はこちら

名城大−愛院大 2回戦 観戦記

名城大
100021003|7
10015001X|8
愛院大

名城大
大西、近藤、川口、酒井−野口
愛院大
土合、荒島−太田

1回表、無死満塁から4番藤崎の犠牲フライ。名城大が先制。
1回裏、2死から3番岡がソロホームラン。同点。
4回裏、1死1、3塁からスクイズ成功。愛院大が勝ち越し。2−1
5回表、無死1、3塁から2番村西の2ゴロの間に1点。1死3塁から3番加納のタイムリー。名城大が逆転。3−2
5回裏、2死3塁から1番河村が2ランホームラン。逆転。2死2、3塁から4番清水が2点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、川口。5番渡邊のタイムリー3ベース。7−3
6回表、2死3塁から1番小林がタイムリー3ベース。7−4
8回裏、2死2塁から7番山内がタイムリー。8−4
9回表、無死満塁から4番藤崎のタイムリー内野安打。5番吉村のレフトフライを落球。7番小川太の内野ゴロで1点。8−7
愛院大が逃げ切り。勝ち点を取りました。

詳しい観戦記はこちら


大垣日大−大垣西 観戦記

大垣日大
000020030|5
00030220X|7
大垣西

大垣日大
林晴、権田−清水
大垣西
大石、長岡−今西

4回裏、無死2塁から犠打がエラーを誘いランナーホームイン。2死2、3塁から6番五十川が2点タイムリー2ベース。大垣西が3点先制。
5回表、1死2塁から1番角田がタイムリー。1死満塁から4番柄澤が犠牲フライ。3−2
6回裏、2死満塁から8番日比が2点タイムリー。5−2
7回裏、1死1塁から3番松岡勇がタイムリー2ベース。2死2塁から5番松井のタイムリー。7−2
8回表、2死1、2塁から7番権田が3ランホームラン。ここでピッチャー交代、長岡。7−5
大垣西が逃げ切って東海大会進出を決めました。

詳しい観戦記はこちら

JR西日本−王子 壮行試合 感想(観戦記)

JR西日本
201200000|5 H15 E0
010000020|3 H4 E2
王子

JR西日本
山下、湧川、西川、前元、佃−原田、石畑
王子
中野、中内、横尾、大宮−横山、細川、賀部

詳しい感想はこちら
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
16日
高校ラグビー愛知代表決定戦
17日
神宮大会
Recent Comments
  • ライブドアブログ