コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

観戦記

清林館−大成 観戦記(2020年秋季愛知県大会)

9月19日に小牧球場で行われた第2試合、清林館−大成の観戦記です。
尾張対決となった県大会2回戦。ミスが明暗を分けました。

清林館
000000000|0 H6 E2
00300001X|4 H10 E1
大成

清林館
松本、安達、鷲見−川部
大成
石川、内田−横井

投手成績
清林館
松本(10) 1回1/3 25球 被安打2 四球1 三振3 失点0
安達(17) 3回2/3 58球 被安打4 四球1 三振4 失点3(自責点0)
鷲見(1) 3回 45球 被安打4 四球2 三振3 失点1

大成
石川(9) 4回 45球 被安打3 四球0 三振0 失点0 
内田(1) 5回 63球 被安打3 四球1 三振7 失点0

清林館
7棚橋 6宇佐美 2川部 3加藤 8小嶋 5高林 9後藤 1松本 4吉川→H立川(11)→4板倉→H佐藤→4荒木
大成
5島畑 1石川(9)→9 9鵜飼(8)→8 3矢代→H岩田敢(15)→3 7寺岡(17)→1内田 6岩田柚 4足立(14)→4杉本 2横井 8小澤(7)→7

(試合経過)
2回裏、1死1塁でピッチャー交代、安達。
3回裏、2死2、3塁から6番岩田柚の2ゴロをタイムリーエラーで2点。7番足立のセカンド強襲タイムリー。3−0
8回裏、1死1塁から1番島畑がタイムリー2ベース。4−0
大成が勝ちました。

清林館は外野守備がかなり思い切ったシフトを引き、それが当たる場面も多かった。もちろんシフトの逆に来ることもあるんですが、それでもシフトで防いでる点の方が大きく感じるので、こういう工夫はどんどん磨いてほしいですね。
どちらもエースを温存する形で試合が進みましたが、清林館が痛いエラーで大成に先制を許し、大成のエース内田投手が出てくるとチャンスすらなかなか作れない形になってしまいました。
9回表に満塁のチャンスを作って粘りましたが、結局無得点。8回裏の追加点も大きかったですね。
大成は継投が成功。8回には貴重な追加点を島畑選手が叩き出しました。6回には申告敬遠をされる場面も。お互いに知っているチーム同士だから発生した場面でしたね。
テンポのいい試合で締まった試合でした。

ピックアップ選手等はこちら

愛知−享栄 観戦記(2020年秋季愛知県大会)

9月19日に小牧球場で行われた愛知−享栄の観戦記です。
今大会の本命と目されている享栄に対し、愛知がどんな戦いをするかに注目して観戦しました。

愛知
10430102010|12 H15 E1
08201000012|14 H10 E0
享栄
(延長11回)

愛知
黒田、羽田、清水、堀−光森
享栄
濱田、菊田、肥田、竹山−関

投手成績
愛知
黒田(11) 1回0/3 37球 被安打2 四球4 三振0 失点3
羽田(18) 1/3 21球 被安打3 四球2 三振0 失点5
清水(10) 5回2/3 103球 被安打4 四球5 失点3(自責点2)
堀(1) 3回2/3 50球 被安打1 四死球5 三振1 失点3

享栄
濱田(1) 3回0/3 50球 被安打7 四死球3 三振3 失点8
菊田(11) 4回2/3 73球 被安打7 四死球2 三振2 失点3(自責点2)
肥田(12) 2回1/3 33球 被安打1 四球0 三振5 失点1
竹山(10) 1回 18球 被安打0 四球1 三振1 失点0

(出場選手)
愛知
3澤野 4飯田 8中神 7赤毛 2光森 北川 9手嶋 1黒田→1清水→H友野(13)→1堀 6小林
享栄
8田村 6白井 9彦坂 5真鍋 7佐久間→7西田(20)→7中谷→H瀬尾(13)→7堀尾(18) 3吉田 4大石 1濱田→1菊田→1肥田→H竹山→1 2関

(試合経過)
1回表、2死2塁から4番赤毛のタイムリー。愛知が先制。
2回裏、先頭の7番大石がソロホームラン。無死1、2塁でピッチャー交代、羽田。1死満塁から3番彦坂がタイムリー。5番佐久間のタイムリー。6番吉田の2点タイムリー。ここでピッチャー交代、清水。更に野選、スクイズで加点。8−1
3回表、無死1、3塁から1番澤野がタイムリー。2死満塁から5番光森の3点タイムリー2ベース。8−5
3回裏、無死1、3塁から3番彦坂が2点タイムリー2ベース。10−5
4回表、無死満塁でピッチャー交代、菊田。代わりっぱな1番澤野に押し出し四球。2番飯田のタイムリー。3番中神に押し出し死球。10−8
5回裏、2死満塁から押し出し四球。11−8
6回表、2死1、3塁から4番赤毛のタイムリー。11−9
8回表、2死2塁から2番飯田のタイムリー3ベース。ここでピッチャー交代、肥田。3塁牽制がボークとなり3塁ランナーホームイン。同点。11−11
延長戦突入
10回表、2死から9番小林のホームランで愛知がついに逆転。12−11
10回裏、1死3塁から代打竹山が犠牲フライ。同点。
11回裏、2死1塁から5番堀尾がサヨナラ2ランホームラン。享栄が勝ちました。

まずは愛知の打線が素晴らしかった。享栄の自慢の投手陣の球に負けないしっかりとしたスイングが光りました。菊田投手に対しては本当に捉えていて、3投手から計12点を奪ったのは見事としか言いようがない。
9番の小林選手の逆転のホームランが出た時は勝ったと思いましたが・・・。
課題は投手陣。とにかく四死球が多すぎて、計16四死球。さすがにこれでは・・・。ボールそのものはいいものを持っているのに、狙いすぎてか四球が多く、最後も四球からの一発。延長10回も死球、ワイルドピッチからの犠打、犠牲フライ。投手陣が踏ん張れていれば勝てた試合。来年春に向けての課題ですね。
打撃は今の形でいいと思いますので、しっかりと磨いてほしいです。

享栄は投手陣がそれぞれ素晴らしいボールを投げます。ただ、先発の濱田投手、2番手の菊田投手はしっかりと捉えられました。タイミングが取りやすいようにも感じる相手のスイング。この辺りは今後工夫やフォームの見直しも必要かもですね。
好守備やバントを確実に決めるなど、大藤野球らしい形は見えました。
打線は序盤に大量点を奪いましたが、ややスイングの弱さを感じます。個々で白井選手、彦坂選手はさすがという打撃や対応は見れましたが。
最後にサヨナラで決めた堀尾選手が一番気持ちいいスイングを見せていました。何でこの選手がスタメンじゃないんだろうというスイング。その通りに決めたのは素晴らしかった。
苦しい試合を糧に出来るかどうかは次の試合次第。苦しい経験を活かしたいですね。

ピックアップ選手等はこちら

ジェイプロジェクト−日本製鉄東海REX 観戦記(2020年都市対抗東海地区2次予選)

9月18日に岡崎球場で行われた第2試合、ジェイプロジェクト−日本製鉄東海REXの観戦記です。
勝つと第1トーナメントの準決勝進出。グッと都市対抗の代表に近づく大事な試合。
最後までもつれました。

ジェイプロジェクト
00300010003|7 H11 E0
13000000000|4 H13 E2
日本製鉄東海REX
(延長11回)

ジェイプロジェクト
白崎、酒井、古屋、木村、横山、保坂、平岡−松田、松坂
日本製鉄東海REX
浦本、近藤、山口、上野、続木−阿保

投手成績
ジェイプロジェクト
白崎 1回2/3 40球 被安打4 四球2 三振1 失点4
酒井 1/3 13球 被安打1 四球1 三振0 失点0
古屋 3回1/3 58球 被安打3 四球1 三振4 失点0
木村 2/3 8球 被安打0 四球0 三振0 失点0
横山 1回 12球 被安打1 四球1 三振1 失点0
保坂 2回 37球 被安打3 四球1 三振2 失点0
平岡 2回 39球 被安打1 四球1 三振1 失点0

日本製鉄東海REX
浦本 2回2/3 47球 被安打5 四球1 三振2 失点3(自責点0)
近藤 2回1/3 38球 被安打0 四球3 三振2 失点0
山口 5回1/3 91球 被安打5 四球1 三振2 失点4
上野 0/3 5球 被安打0 四球1 三振0 失点0
続木 2/3 11球 被安打1 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
ジェイプロジェクト
5今井 7今津→7望月 4片岡 3田中 D伊藤大→H西銘 2松田→2松坂 8橋本 9林田 6前田

日本製鉄東海REX
6平野→5 4倉内→6 9加藤樹 D加藤辰→R下村 3金子 7瀬崎→H浜口→7 5福田→4西浦→H後藤田→4柴崎 8小野 2阿保

(試合経過)
1回裏、2死満塁から7番瀬崎が押し出し四球。東海REXが先制。
2回裏、2死2塁から2番倉内がタイムリー。ここでピッチャー交代、酒井。3番加藤樹のレフトへのライナーをバンザイして記録タイムリー3ベース。更に2死1,3塁からワイルドピッチで1点。4−0
3回表、2死満塁から5番伊藤大のヒット性のショートゴロを逸らし、記録2点タイムリーエラー。更に2死1,2塁から6番松田がタイムリー。ここでピッチャー交代、近藤。4−3
6回表、無死1,2塁でピッチャー交代、山口。バント失敗などでチャンスを活かせず。
6回裏、1死1,2塁でピッチャー交代、木村。ここは2番倉内、3番加藤樹を抑えて0点。
7回表、1死1,3塁から4番田中がタイムリー。4−4の同点に。
9回裏、1死2,3塁から代打後藤田の2ゴロで3塁ランナーがホームに突っ込むも微妙なタイミングでタッチアウトに。結局サヨナラならずに延長戦に。
延長11回表、1死から1番今井、2番望月の連打で1,2塁。3番片岡が粘りに粘って12球目を選んで四球を勝ち取り満塁。ここでピッチャー交代、上野。4番田中の押し出し四球。ジェイプロジェクトが勝ち越し。ここでピッチャー交代、続木。代打西銘がタイムリー。6番松坂がレフトへ犠牲フライ。3点勝ち越し。7−4に。
ジェイプロジェクトが劇勝しました。

ジェイプロジェクトは1回戦で先発し100球近く投げた白崎投手を中2日で先発に立てるも本調子には程遠く、1回2/3で降板。直後に投げた酒井投手も踏ん張れず4点のビハインド。苦しい流れでしたが、すぐそのあとに3点を返せたことがまずは大きかった。
そしてそこからの5人のリリーフ陣がピンチを踏ん張り続け、延長11回の勝ち越しにつなげたので、投手陣の踏ん張りがまずは勝因。
そして同点タイムリー、勝ち越し押し出し四球を選んだ4番田中選手がヒーロー。ですが、その直前に粘りに粘って四球を勝ち取った片岡選手もヒーローに加えたいですね。
とにかくチーム一丸でエースを助け勝利を掴んだ。この勢いは本物かと。次戦も厳しい相手が続きますが楽しみです。
日本製鉄東海REXはこちらも新人の浦本投手を立てるも4点もらいながら踏ん張り切れず。ただ、ちょっと荷が重かった気もします。
そして失点にはミスが絡んでいるんですよね。2回のタイムリーエラーはヒット性の当たりだったので仕方ないですが、7回表はタイムリーの直前に野選でピンチを広げている。11回は押し出しですし・・・。
そして運も無かった。9回裏、1死2,3塁で3塁ランナーの4番加藤辰に代走を送り勝負をかける。代打後藤田の2ゴロでホームに突っ込むも判定はアウト。正直送球が逸れていてタッチが遅れたように見えたのですが・・・。この判定も不運。そして10回裏に2死1,2塁で代走を送っていた4番にチャンスが回ってきて、下村選手が凡退。これも不運でした。
4時間15分の熱戦。ジェイプロジェクトにとっては大きく、日本製鉄東海REXにとっては痛い敗戦となりました。

ピックアップ選手等はこちら

ホンダ鈴鹿−ヤマハ 観戦記(2020年都市対抗東海地区2次予選)

9月17日に岡崎球場で行われたホンダ鈴鹿−ヤマハの観戦記です。
昨年の第3代表(ホンダ鈴鹿)−第1代表(ヤマハ)という、これまた初戦で当たるにはもったいないくらいのカード。
お互いにしのぎあいの展開となりました。

ホンダ鈴鹿
010000210|4 H11 E0
000000111|3 H10 E2
ヤマハ

ホンダ鈴鹿
井村、松本竜、平尾、八木−長
ヤマハ
ナテル、九谷、近藤、池谷−川邊

投手成績
ホンダ鈴鹿
井村 7回 112球 被安打8 四死球2 三振6 失点1
松本竜 2/3 19球 被安打1 四球1 三振0 失点1
平尾 1回 23球 被安打1 四球1 三振1 失点1
八木 1/3 2球 被安打0 四球0 三振0 失点0

ヤマハ
ナテル 6回 94球 被安打6 四球1 三振5 失点1
九谷 2/3 22球 被安打3 四球0 三振0 失点2
近藤 1回1/3 39球 被安打1 四球2 三振2 失点1(自責点0)
池谷 1回 9球 被安打1 四球0 三振0 失点0

(出場選手)
ホンダ鈴鹿
7松本桃 4河津 6貞光 D畔上 2長 3庄司 5金子→5鈴木 8中村 9長野
ヤマハ
4青柳 3河野→R池田 8前野 5藤岡 9矢幡 D網谷 6永濱→H東→6羽山→H大本→7長谷川 2川邊 7鈴木→H笠松→6山本

(試合経過)
2回表、2死3塁から8番中村のタイムリー。ホンダ鈴鹿が先制。
7回表、1死2塁から1番松本桃のタイムリー。2死1,2塁でピッチャー交代、近藤。4番畔上がタイムリーを放ち、この回2点。3−0
7回裏、2死2塁から3番前野がタイムリー。3−1
8回表、2死2塁から9番長野の1ゴロを弾きタイムリーエラーに。4−1
8回裏、先頭の矢幡がソロホームラン。4−2
9回裏、無死1,3塁から3番前野の1ゴロゲッツー崩れで1点。2死1塁でピッチャー交代、八木。150kmを超えるまっすぐ2球で矢幡をレフトフライに抑え試合終了。
ホンダ鈴鹿が逃げ切りました。

5回終了までお互いに毎回ヒットを放ちながら、ホンダ鈴鹿の1点のみという珍しい展開。しのぎあいでしたが、7回表にホンダ鈴鹿がヤマハの2番手の九谷を攻めて2点を取り俄然優位に。
井村投手が7回に1点を失うも1失点で乗り切り、リリーフが苦しみ1点差まで詰め寄られましたが、最後は八木投手の圧倒的なまっすぐで逃げ切りました。
打つ方は松本桃太郎選手、貞光選手が3安打。ベテラン中村選手の活躍も光りました。
ヤマハはナテル投手が6回1失点と試合を作るも九谷投手が誤算。エース格の近藤投手もやや不安定な投球でもったいない失点をして、追いつけませんでした。
池谷投手の投球が好材料。ボールに力がありました。
打つ方は矢幡選手がホームランで反撃。前野選手が2打点と打線はまずまず。ただ、井村投手をなかなかとらえ切れず、6回まで無得点に終わったのが痛かった。

ピックアップ選手等はこちら

西濃運輸−スクールパートナー 観戦記(2020年都市対抗東海地区2次予選)

9月16日に岡崎球場で行われた第2試合、西濃運輸−スクールパートナーの観戦記です。
昨年は2連敗でまさかの予選敗退となった西濃運輸。その時に敗れたのが静岡代表の山岸ロジスターズ。そういう意味ではこの試合をしっかりと勝って今年は勢いに乗りたい大事な試合でした。

西濃運輸
2500212|12 H13 E0
0000010|1 H4 E0
スクールパートナー
(7回コールド)

西濃運輸
北村、鈴木、船迫−柏木
スクールパートナー
深瀬、西川−岩沢

投手成績
西濃運輸
北村 5回 55球 被安打1 四球0 三振5 失点0
鈴木 1回 16球 被安打2 四球0 三振0 失点1
船迫 1回 17球 被安打1 四球0 三振3 失点0

スクールパートナー
深瀬 2回 55球 被安打5 四死球4 三振0 失点7(自責点6)
西川 5回 74球 被安打8 四球1 三振0 失点5

(出場選手)
西濃運輸
8原田 4中村 7住谷 5岩城 D谷 3三浦 9清水 2柏木 6北野
スクールパートナー
5酒井 4内川 9中路 D東 2岩沢 7徳光→H神山 3小林 8若林 6池主

(試合経過)
1回表、1死2,3塁から4番岩城の内野ゴロで3塁ランナーが挟まれるもランダンプレーでミスって3塁ランナーホームイン。更に1死満塁から6番三浦がタイムリー。西濃運輸が2点先制。
2回表、1死2塁から2番中村がタイムリー3ベース。更に1死1,3塁から4番岩城がタイムリー。5番谷が犠牲フライ。6番三浦が2ランホームラン。7−0
5回表、1死2塁から1番原田のタイムリー2ベース。1死1,3塁から3番住谷の犠牲フライ。9−0
6回裏、2死2塁から8番柏木のタイムリー2ベース。10−0
6回裏、2死2塁から1番酒井のタイムリー3ベース。10−1
7回表、2死から3番住谷が初ヒット。4番岩城が打った瞬間の2ランホームラン。12−1とコールド圏内に。
西濃運輸がコールドで大勝発進となりました。

西濃運輸がコールドで大勝。
三浦選手が1回にタイムリー、2回に2ランホームランと大当たり。ランナーが出ると確実に送る手堅い野球ですが、効果的な長打も出て大量点になりました。
投げては北村投手が4回までパーフェクトで5回を1安打と流れを作る好投。ルーキーの住谷選手にもヒットが出て4番の岩城選手もホームラン。いいスタートが切れました。
スクールパートナーは手も足も出ない序盤でしたが、6回に1点を返せたことは大きな収穫。2番手の西川投手がある程度試合を作れたことも良かったと思います。
あとは球際の強さ。記録ヒットでしたが取れそうな打球が2,3あって、それが点につながっていました。そういう部分を見逃してくれないのが企業チーム。なんとか失点を減らして次は接戦に持ち込みたいですね。

ピックアップ選手等はこちら

東邦ガス−トヨタ自動車 観戦記(2020年都市対抗東海地区2次予選)

9月16日に岡崎球場で行われた第1試合、東邦ガス−トヨタ自動車の観戦記です。
昨年の第2代表(東邦ガス)−第5代表(トヨタ自動車)の好カード。加えてお互いに2年目の注目される投手の投げ合い。観戦者の出足も速く感じました。

東邦ガス
000000020|2 H5 E1
00430200X|9 H15 E0
トヨタ自動車

東邦ガス
辻本、屋宜、棒遏∈川−柴田
トヨタ自動車
栗林、渕上、嘉陽−小畑

投手成績
東邦ガス
辻本 3回2/3 76球 被安打8 四球2 三振1 失点7
屋宜 1回2/3 38球 被安打5 四球1 三振0 失点2(自責点1)
棒遏2/3 5球 被安打0 四球0 三振0 失点0
笹川 2回 41球 被安打2 四球2 三振1 失点0

トヨタ自動車
栗林 7回 89球 被安打2 四球1 三振10 失点0
渕上 1/3 15球 被安打3 死球2 三振1 失点2
嘉陽 1回2/3 20球 被安打0 四球0 三振4 失点0

(出場選手)
東邦ガス
8大島 4飯田 9上内 3若林 2柴田 D水本 7小林→H大木→7木村 5山中 6金田→H比嘉→6

トヨタ自動車
8徳本→7望月 4北村 5樺澤 3沓掛 9逢澤→8 D多木 7八木→H下石→7高橋 2小畑 6和田

(試合経過)
3回裏、1死満塁から2番北村がカウント0−2からしっかりとボールを見極めて四球を取り押し出し。2死満塁から4番沓掛のセンターへ抜けそうな遊ゴロで2塁にトスも間に合わず記録タイムリー内野安打。5番逢澤がセンターへ2点タイムリー。トヨタ自動車が4点を先制。
4回裏、2死2塁から1番徳本のタイムリー。更に2死2塁から2番北村もタイムリー。ここでピッチャー交代、屋宜。更に2死1,2塁から4番沓掛がタイムリー。トヨタ自動車が3点追加。7−0
6回裏、1死2,3塁から4番沓掛がこの試合3本目となる2点タイムリー。9−0
8回表、1死満塁から1番大島がタイムリー。2番飯田もタイムリーで続き、渕上をKO。嘉陽がマウンドへ。嘉陽が3番上内、4番若林を連続三振に斬ってピンチを脱します。
トヨタ自動車が快勝しました。

東邦ガス辻本投手、トヨタ自動車栗林投手という同級生の好投手同士の投げ合いでスタートしたこの試合。トヨタ自動車が見事な攻撃で辻本投手を攻略して試合を決定づけました。
3回裏は1死1,2塁のチャンスで1番徳本選手、2番北村選手が不利なカウントから粘って、見極めて四球を取り押し出し四球を勝ち取り、そこから4番沓掛選手、5番逢澤選手のタイムリーに繋げました。
沓掛選手のタイムリー内野安打も1塁ランナーだった北村選手のナイスランがあったのも見逃せず、チーム全体で辻本投手を攻略した、という事実がとても大きい。
栗林投手は圧巻の投球で、これまで見た中で最高クラスのピッチングでした。ドラフト上位12人に入ってくる出来と感じる内容。本人にとっても大きい結果ですね。
新人の和田選手が2本のヒット。ピンチで嘉陽投手が素晴らしいピッチング。トヨタ自動車にとっても先につながる大きな1勝になりました。
東邦ガスとしては、栗林投手が良すぎた。この一言に尽きるかと。2番手の渕上投手を攻めて2点取れたのは大きいですし、決して打線の状態が良くないわけではないということを示せたのは良かったかと。
辻本投手もボールは良かったですし、去年よりもボールの力は上がっているように思いました。打たれたことを引きずらないことが大事かな、と。
次の試合で、再スタートと行きたいところですね。

ピックアップ選手等はこちら


三菱自動車岡崎−ジェイプロジェクト 観戦記(2020年都市対抗東海地区2次予選)

9月15日に行われた都市対抗東海地区2次予選、第2試合、三菱自動車岡崎−ジェイプロジェクトの観戦記です。
昨年代表になっている三菱自動車岡崎に対し、ジェイプロジェクトがどこまで食らいつくか、注目して観戦しました。

三菱自動車岡崎
000000300|3 H5 E2
100000201|4 H12 E0
ジェイプロジェクト

三菱自動車岡崎
仲井、北畑、坂巻、神原−清水
ジェイプロジェクト
白崎、保坂−松田

投手成績
三菱自動車岡崎
仲井 5回 93球 被安打7 死球1 三振3 失点1(自責点0)
北畑 1回2/3 17球 被安打1 四球0 三振0 失点1
坂巻 1回 31球 被安打2 四球2 三振1 失点1
神原 1回 20球 被安打2 四球1 三振0 失点1
ジェイプロジェクト
白崎 7回 98球 被安打5 四死球3 三振2 失点3
保坂 2回 25球 被安打0 四死球2 三振2 失点0

出場選手
三菱自動車岡崎
8飯嶌 5豊住 6中野 D西川→R冨澤 9福永 4堂→R宇都口→4 7大西 2清水 3小室
ジェイプロジェクト
5今井 7今津→9高田 4片岡 3田中 D伊藤大 2松田 8橋本 9林田→7西銘 6前田

(試合経過)
1回裏、2死2塁から4番田中がタイムリー。ジェイプロジェクトが先制。
先制後の1回裏は2死2,3塁、その後2回〜5回までジェイプロジェクトは毎回得点圏のランナーを出しながら仲井投手の粘りの投球に追加点を奪えず。
7回表、2死1,2塁から8番清水の2点タイムリー2ベースで逆転。9番小室もタイムリーで続きこの回3点。3−1に。
7回裏、2死1塁でピッチャー交代、坂巻。2死1,2塁からワイルドピッチ、パスボールと出て1点。更に2死1,3塁から6番松田のタイムリー。3−3の同点に。
9回裏、2死2塁から6番松田を申告敬遠で歩かせ、7番橋本と勝負。橋本がレフトオーバーのタイムリーでサヨナラ。ジェイプロジェクトが勝ちました。

詳しい観戦記はこちら




東海理化−日本製鉄東海REX 観戦記(2020年都市対抗東海地区2次予選)

9月15日に岡崎球場で行われた都市対抗東海地区2次予選の開幕戦、東海理化−日本製鉄東海REXの観戦記です。
初戦とはいえ負けるとどんどん苦しくなる2次予選。期待通り接戦となりました。

東海理化
000000020|2 H7 E2
00010200X|3 H8 E0 
日本製鉄東海REX

東海理化
山本、池田、河野−水野
日本製鉄東海REX
松向、上野、続木、山口−阿保

投手成績
東海理化
山本 5回0/3 被安打7 死球1 三振1 失点3
池田 2回 36球 被安打1 四球1 三振3 失点0
河野 1回 9球 被安打0 四球0 三振0 失点0

日本製鉄東海REX
松向 7回1/3 被安打5 四球2 三振8 失点2
上野 1/3 2球 被安打1 四球0 三振0 失点0
続木 1/3 5球 被安打0 四球0 三振0 失点0
山口 1回 12球 被安打1 四球1 三振0 失点0

(出場選手)
東海理化
6大谷 7齋藤 9安藤 D井貝 3川上→5→H木村→R星田 9武藤→H米満 5野田→H徳田→3→H西 2水野 4中野
日本製鉄東海REX
8加藤樹 4倉内→6 9稲葉→7 D加藤辰 3金子 6平野→5 7瀬崎→9小野 5福田→4西浦 2阿保

(試合経過)
4回裏、先頭の5番金子がソロホームラン。東海REXが1点先制。
6回裏、無死1,3塁から5番金子がタイムリー。更に無死満塁となったところでピッチャー交代、池田。7番瀬崎の犠牲フライ。2点追加し3−0に。
8回表、1死満塁でピッチャー交代、上野。1番大谷が初球を捉えてタイムリー。2番齋藤の2ゴロゲッツー崩れの間に1点。ここでピッチャー交代、続木。3番安藤を遊飛に抑える。3−2
9回表、1死1,2塁のチャンスも代打西が遊ゴロゲッツーに倒れ試合終了。
日本製鉄東海REXが2回戦に進出。

詳しい観戦記はこちら


中部大第一−東邦 観戦記(2020年秋季愛知県大会)

9月13日、熱田球場で行われた中部大第一−東邦の観戦記です。
1回戦で注目されるカードの1つ。東邦の新チームの戦いぶりに注目して観戦しました。

中部大第一
000100000|1 H6 E2 
00110010X|3 H10 E1
東邦

中部大第一
松本、服部、佐藤−大須賀
東邦
知崎−落合

投手成績
中部大第一
松本(8) 2回 26球 被安打3 四球0 三振1 失点0
服部(1) 2回 30球 被安打3 四球2 三振0 失点2(自責点1)
佐藤(20) 4回 53球 被安打4 四球1 三振3 失点1

東邦
知崎(1) 9回 114球 被安打6 四球1 三振7 失点1(自責点0)

中部大第一
1松本(8)→1 8井手(7)→7→H戸田樹(16) 2大須賀 5風岡→3 3中森→4戸田大 7田中(9)→1服部→H加納(13)→R金谷(18)→1佐藤(20) 4磯部(10)→5 9武村(14) 6安井
東邦
6三浦 5岡田 7金森 8鈴木 3柳瀬 1知崎 2落合 9上田 4大関

(試合経過)
3回裏、1死1,3塁から3番金森のセンター右の難しいフライを捕球するも落とし、1塁ランナーは2塁でアウトも3塁ランナー生還。東邦が先制。
4回表、2死3塁から4番風岡がタイムリー2ベース。1ー1
4回裏、無死1,3塁から7番落合のタイムリー。2ー1。更に1死2,3塁から9番大関のところでスクイズを仕掛けるも中部大第一の好守備もあってホームアウト。1点止まりに。
7回裏、2死1,2塁から6番知崎のタイムリー2ベース。1塁ランナーはホームアウト。3ー1
東邦が勝ちました。

東邦は新監督の山田さんの采配に注目。送りバントは2回。スクイズは失敗に終わるも1度。盗塁は大関選手が3度決める等、6度成功。割と脚を絡めながら1点を取りに行く野球かな、と感じました。
守備は固く、しっかりと守った上で1点を積み重ねながら競り勝つ野球と思いました。
知崎投手は安定感のあるサウスポーでテンポが良く崩れにくい。勝てるサウスポーですね。
やや攻め切れない部分もあったので、勝ちながらチーム力を上げたいところ。
キャッチャーの落合捕手は1年生でマスクを被り、かなりの強肩。楽しみな選手ですね。
中部大第一は3人の投手の継投で東邦打線を上手く交わし、接戦に持ち込んだのですが、ランナーを2度牽制で刺される等、ランナーを出すもチャンスを広げられず。知崎投手の上手さにやられた印象。
4回は2死3塁から4番風岡選手が意地を見せ一旦は同点に追いつく2ベースは見事でした。
先手を一度でも奪って慌てさせたかった。

ピックアップ選手等はこちら

愛工大名電−滝 観戦記(2020年秋季愛知県大会)

9月12日に刈谷球場で行われた愛工大名電−滝の観戦記です。
今大会の優勝候補にも挙げられる愛工大名電に対し、久々に県大会出場を決めた滝がどこまで食い下がれるかが注目でしたが、予想以上の健闘にしびれる試合になりました。

愛工大名電
200020010|5 H12 E2
000000010|1 H7 E1


愛工大名電
野嵜、佐藤タイキ、松下、中島、寺嶋−藤山

岡地、平井−渡邊、中田

投手成績
愛工大名電
野嵜(10) 3回 36球 被安打0 四球0 三振4 失点0
佐藤タイキ(12) 1回2/3 被安打2 死球1 三振3 失点0
松下(14) 1/3 8球 被安打0 四球1 三振0 失点0
中島(13) 1回1/3 22球 被安打3 四球0 三振1 失点0
寺嶋(11) 1回2/3 45球 被安打2 四球1 三振2 失点1(自責点0)


岡地(1) 8回2/3 150球 被安打12 四球2 三振3 失点5(自責点4)
平井(11) 1/3 4球 被安打0 四球0 三振0 失点0

愛工大名電
8永江 6房野 7田村(1) 3宮崎 9有馬 5三村 4市橋 2藤山(15) 1野嵜(10)→H利光(19)→1寺嶋(11)

2渡邊→9 6奈須 8兼氏 4外山 3長瀬 5松田 1岡地→7 9原→H中田(12)→9→2 7神谷(16)→R土屋→7→1平井(11)

(試合経過)
1回表、1死3塁から3番田村のタイムリー。1死1,2塁から5番有馬のタイムリー2ベース。愛工大名電が2点先制。尚も1死満塁でしたが、7番市橋が投ゴロホームゲッツーに倒れ2点止まりに。
5回表、2死1塁から6番三村のタイムリー3ベース。7番市橋のセーフティバント成功がタイムリーに。4ー0
5回裏、2死1,2塁、カウント1ー2でピッチャー交代、松下。
7回裏、1死満塁でピッチャー交代、寺嶋。ここを連続三振に斬ってリリーフ成功。
8回表、無死3塁から1番永江の犠牲フライ。5ー0
8回裏、2死2塁から6番松田の三遊間の当たりをショートが逸らし記録タイムリーエラー。5ー1
名電が逃げ切りました。

名電としては負けるわけがないと初めから思っている試合。パーフェクトで3回を投げ終えた野嵜投手を早々に下ろして継投に入ったことでもそれは感じ取れます。
ただ、初回に2点を取ってその後にホームゲッツーでチャンスを逃してから、岡地投手を捉えきれなくなり、チャンスは作っても2死から。そうなると追加点が限られてしまい、滝に勢いを与える展開に。
それでも要所で投手交代を使って主導権は渡さなかった当たりはさすが。
左のそれほど速くない投手を打ち崩せないというのは私学強豪あるある。この試合を引きずらないようにしたいですね。
滝は大健闘。岡地投手はとにかく先頭バッターを許さず、四球も2つだけ。これが5点で踏ん張った一つの要因。そしてバックの盛り立て。初回先頭バッターにショートがエラーをしましたが、そこからはノーエラー。要所で内外野に好プレーが出て失点を最小限に防ぎました。
打つ方も4回まではノーヒットでしたが、5回に2死満塁のチャンスを作り、7回には1死満塁というビッグチャンスが。ここで点を取って慌てさせたかったでしたが、8回に1点を取ったのは立派。
願わくば、ヒット性の当たりだったので、記録をタイムリーにしてあげてほしかった・・・。
岡地投手は150球の熱投でした。この経験を今後に活かしてほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら

桜台−碧南 観戦記(2020年秋季愛知県大会)

9月12日、刈谷球場で行われた第1試合、桜台−碧南の観戦記です。
2020年の高校野球の最初の公式戦観戦となった試合。
公立同士、拮抗したチーム同士の対戦となりました。

桜台
000000003|3 H10 E3
00201102X|6 H11 E0
碧南

桜台
星子−中野
碧南
市古−大岩

投手成績
桜台
星子(1) 8回 104球 被安打11 四球1 三振5 失点6(自責点4)
碧南
市古(1) 9回 116球 被安打10 四球0 三振3 失点3

星子投手は左のオーバーハンド。まっすぐは110km台ですが、変化球のコントロールが良く、安定感のある投球が特徴。
市古投手は右のオーバーハンド。120km台のまっすぐ。こちらもコントロールが良く無四球は素晴らしい。

桜台
9藤田 4佐藤駿太 2中野 1星子 6三浦 7酒井→H川良林(15) 8荻原→H柳生(19)→8 3岩田→H福谷(13)→3 5中村
碧南
8小林(11) 4宮原 6橋山 9金丸 1市古 3甲斐(13) 7山田 2大岩(5) 5磯貝(14)

(試合経過)
3回裏、2死2,3塁から4番金丸の2点タイムリー。碧南が2点先制。
5回裏、1死1,3塁から4番金丸のセーフティスクイズ成功。3ー0
6回裏、2死3塁から9番磯貝のタイムリー2ベース。4ー0
8回裏、1死2塁から7番山田のヒットにエラーが絡み生還。2死3塁から9番磯貝のタイムリー。6ー0
9回表、1死2、3塁から7番柳生のタイムリー。1死2、3塁からワイルドピッチで1点。1死3塁から8番福谷の犠牲フライ。6ー3
碧南が逃げ切りました。

碧南がチャンスを確実に活かして快勝。4番の金丸選手が3回に2点タイムリー。5回にはセーフティスクイズを成功させ3打点と大活躍となりました。
投げては市古投手が無四球でしっかりと打たせて取る投球が出来て8回まで無失点。最終回にピンチを迎えたもののセンター小林選手のナイスプレー等でしのぎ切りました。
桜台はランナーは出すもののなかなかチャンスを広げられず。バントは決めたものの後が続かなかった。いい当たりが好捕されるなど打球運も無く、終盤盗塁を積極的に仕掛けチャンスを広げたものの、仕掛けが遅かったのが悔やまれます。エラーが余分な失点につながったのも痛かった。

ピックアップ選手等はこちら

BCリーグ 群馬DP−信濃GS 観戦記(9月10日)

9月10日にしんきん諏訪湖スタジアムで行われたBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサス−信濃グランセローズの観戦記です。

しんきん諏訪湖スタジアムは初観戦。
両翼98m
センター122m
天然芝、電光掲示板、屋根付きスタンドと立派。
スピードガンは常設ではないですが、スタンドに分かるように表示板を置いていて、こういうところもファンサービスが出来ているな、と感じます。

入る前に入場者の登録。(スマホにて)手書きもあるようです。
当日券の発売は30分前と少々遅め。前売りを買えばいいんでしょうね。
当日料金は1500円でした。

手首に巻く形の入場券。これはいいアイデアですよね。
いちいち入退場に出す必要もないし、自ら付けてもらえば、接触を避けられる。どちらにとってもウインウイン。

色々考えているな、と感じる現場でした。

群馬DP
00001013|5 H10 E1
00000001|1 H5 E0
信濃GS

群馬DP
吉村、井口、田代−茨木
信濃GS
クインティン、佐々木、安田−松井

投手成績
吉村 5回 66球 被安打2 四球1 三振2 失点0
井口 2回2/3 45球 被安打3 四死球2 三振1 失点1
田代 1/3 4球 被安打0 四球0 三振0 失点0

信濃GS
クインティン 6回1/3 103球 被安打6 四球2 三振7 失点2
佐々木 1回1/3 29球 被安打4 四球1 三振0 失点3(自責点2)
安田 1/3 8球 被安打0 死球1 三振0 失点0

(出場選手)
群馬DP
9高山 7鹿沼 3速水 D井野口 4瀬口 8木村→R朝倉→8工藤陽 2茨木 5中道→R繁田→5 6湯井
信濃GS
8田島 6新井→H船崎 7佐野 3ウレーニャ→R平岩 2松井 5赤羽 D小原 9岩田 4山本

(試合経過)
5回表、1死1塁から8番中道がタイムリー3ベース。群馬DPが先制。1−0
6回裏、1死3塁から3番佐野の遊ゴロで3塁ランナーがホームを突くもタッチアウトに。後続もチャンスを活かせずこの回0点に。
7回表、1死2塁から8番中道がまたもタイムリー3ベース。2−0。ここでピッチャー交代、佐々木。このピンチでキャッチャーの松井からの3塁牽制でランナーをアウトに。その後ヒットが出たので大きなプレーになりました。
8回表、1死2塁から4番井野口がタイムリー。更に2死1,3塁から7番茨木のタイムリー。ここでピッチャー交代、安田。2死満塁からパスボールで1点。5−0
8回裏、2死1,2塁から4番ウレーニャのタイムリー。5−1。ここでピッチャー交代、田代。5番松井が中飛で試合終了。
群馬DPが8回規定により時間切れコールドで勝ちました。

群馬DPが中道選手の2打席連続タイムリー3ベースでリードを広げ、8回には4番井野口選手のタイムリーも出てダメ押し。
投げては吉村投手が5回を無失点と好投を見せると、井口、田代とつないで1点に抑えて規定(2時間45分ルール)により8回で試合が終了。快勝となりました。
信濃GSもクインティンが140km後半のボールを軸に好投するも、中道選手1人にやられた形に。
6回表のチャンスで相手ショートの湯井選手の好走球でホームアウトになったプレーが大きかった。

詳しい観戦記はこちら

名古屋学院大−矢場とんブースターズ OP戦 感想(9月9日)

9月9日に熱田球場で行われた名古屋学院大−矢場とんブースターズのOP戦の感想です。

試合経過は割愛します。

名古屋学院大
000000000|0 H2 E0
00005060X|11 H16 E0
矢場とんブースターズ

名古屋学院大
荒井、水畑、鈴木、深尾、早川、浅尾−岡村、西山
矢場とんブースターズ
西浦、岩本、大浦、箱田、原井−吉中、名越

ピックアップ選手等はこちら

TDK−ジェイプロジェクト OP戦 感想(9月8日)

9月8日に阿久比球場で行われたTDK−ジェイプロジェクトの感想です。
試合経過等は2次予選が近いため割愛。

TDK
000020000|2
00502000X|7
ジェイプロジェクト

ピックアップ選手等はこちら

国府−刈谷工 練習試合結果

国府
200000000|2
00000040X|4
刈谷工

練習試合なので結果のみです。

愛知大−愛知産業大 OP戦 感想(9月5日)

9月5日に愛産大Gで行われた愛知大−愛産大のOP戦の感想です。
リーグ戦直前なので試合経過は割愛します。

愛知大
000000000|0
03000000X|3
愛産大

愛知大
林、田村、中井、川村、中野−寺崎
愛産大
松橋、小野、高木晃−渡邊

ピックアップ選手等はこちら

静岡大静岡キャンパス−名城大 観戦記(準硬式 東海地区交流優勝大会)

9月2日にパロマ瑞穂球場で行われた静岡大静岡−名城大の準硬式の大会の観戦記です。

静岡大は静岡と浜松とチームがあるようです。

静岡大静岡
0000130|4 H11 E3
311206X|13 H13 E2
名城大
(7回コールド)

静岡大静岡
仲、小松−嘉藤
名城大
水谷、柴田、川瀬−角谷

投手成績
静岡大静岡
仲 5回2/3 117球 被安打12 四死球6 三振0 失点13(自責点9)
小松 1/3 8球 被安打1 四球0 三振0 失点0

名城大
水谷 5回 63球 被安打4 四球0 三振5 失点1
柴田 1/3 16球 被安打5 四球0 三振1 失点3
川瀬 1回2/3 25球 被安打2 四球1 三振1 失点0

出場選手
静岡大
9高橋 4松久保→5 7水谷 2嘉藤 3石井→R浜田 1仲→4 6酒井 5小山→H栗原→4杉原→1小松 8伊奈
名城大
4岩田→H山田→4遠藤 6古家 3古橋 8中野 7八軒→7花井 9玉利→H江藤→9 5井上 2角谷 D鈴木→H丹羽

(試合経過)
1回裏、2死満塁から6番玉利が押し出し四球。7番井上が2点タイムリー。名城大が3点先制。
2回裏、無死1,3塁から2番古家の犠牲フライ。4−0
3回裏、2死2塁から7番井上のタイムリー。5−0
4回裏、2死1,2塁から4番中野の2点タイムリー3ベース。7−0
5回表、無死満塁からワイルドピッチで1点。7−1
6回表、1死満塁から6番仲がタイムリー。7番酒井もタイムリーで続き、ここでピッチャー交代、川瀬。2死満塁から9番伊奈に押し出し四球。7−4
6回裏、1死満塁から5番八軒の2点タイムリー2ベース。2死2,3塁からタイムリーエラーで1点。8番角谷のライトフライが風に流されて取れず記録2点タイムリー3ベース。2死1,3塁でピッチャー交代、小松。代打山田のタイムリー。この回6点を上げ13−4

名城大がコールドで勝ちました。

詳しい観戦記はこちら

中部大−日本福祉大 観戦記(準硬式 東海地区交流優勝大会)

9月2日にパロマ瑞穂球場で行われた中部大−日本福祉大の準硬式の大会を観戦しました。

今シーズン初の準硬式の公式戦。自分としても初めてちゃんと準硬式の試合を見ることになりました。

中部大
400000011|6 H9 E2
000003000|3 H6 E5
日福大

中部大
田中、遠山−細川
日福大
渡辺、三好−武田

投手成績
中部大
田中 5回 53球 被安打3 四球0 三振4 失点0
遠山 4回 61球 被安打3 四球2 三振1 失点3(自責点2)

日福大
渡辺 6回 103球 被安打6 四球6 三振5 失点4
三好 3回 53球 被安打3 四球1 三振2 失点2(自責点0)

中部大
8鶴田 6中川 9山田 3穂積 7小林→7(24) 5松谷 D出口 2細川 4落合
日福大
8上村 6北原 5村田 D森 7手塚 3浅田→3倉家 2武田 9花村→H奥岡→9山川 4高橋→H原

(試合経過)
1回表、2死満塁から6番松谷がタイムリー。7番出口の走者一掃の3点タイムリー2ベース。中部大が4点先制。
6回裏、1死1塁から3番村田がタイムリー3ベース。4番森が犠牲フライ。1死1塁からレフトライナーを落としタイムリーエラーに。4−3
8回表、1死満塁から5番小林のショートゴロ2塁封殺の間に1点。5−3
9回表、1死1,2塁から1番鶴田のショートゴロで2塁自ら踏んでアウトも1塁送球が逸れてタイムリーエラーに。6−3
中部大が勝ちました。

詳しい観戦記はこちら


プロの中継プレー

中日5−9広島

DSC_0267


この試合のポイントは小笠原の浴びた3本のホームラン、ではなく(もちろんこれも大きな敗因の一つではありますが)、中日が6回裏に3点差に迫り、尚も2死満塁から井領選手が放ったライトオーバーの2ベース。ここで1塁ランナーの京田をホームに返さなかった広島の中継プレー。これが大きかったと思う。

ここで追いついていれば試合は分からなかったし、正直京田選手だったので、同点だ、と思っていました。それが3塁で止められた。これがあったから1点リードで広島はこの回を終えられたし、再度突き放して勝った。そういう大きなプレーでした。目立たないけど、プロが見せるプレー。それを見れたのは良かったな、と思います。

負けたのは悔しいですけどね。^^;

小笠原のK.O

岡田、ゴンサレスの今後の起用。

満塁に弱い大島

この辺りをどうするか、敗因でもあるんですけど、まぁとりあえず6−0で帰ろうと思ったので、そこから反撃したことは良かったと思います。

とにかくあと1つ勝ってカード勝ち越しを決めてほしいですね。

日本製鐵東海REX−西濃運輸 OP戦 感想(9月1日)

9月1日に西濃運輸Gで行われた日本製鐵東海REX−西濃運輸の感想です。
2次予選が近づいてきているので、試合経過は割愛。

東海REX
000000000|0
20100100X|4
西濃運輸

東海REX
片山、続木、伊藤−阿保
西濃運輸
北村、小久保、鈴木−柏木

ピックアップ選手等はこちら

愛知大−至学館大 OP戦 感想(8月30日)

8月30日に至学館大Gで行われた愛知大−至学館大のOP戦の感想です。

愛知大
300100002|6 H8 E2
000001100|2 H10 E3
至学館大

愛大
田村、中井、川村−安田
至学館大
井川、鈴木、小栗、宮地、佐々木−井口

(試合経過)
1回表、無死1,3塁から3番寺崎のタイムリー2ベース。無死満塁からタイムリーエラー。6番堀本の犠牲フライ。愛大が3点先制。3−0
4回表、2死から8番田中竣がソロホームラン。4−0
6回裏、1死1,3塁から7番安井のタイムリー。4−1
7回裏、2死2塁から4番小田のタイムリー2ベース。4−2
9回表、2死2,3塁から3番寺崎の2点タイムリー。6−2
愛大が勝ちました。

ピックアップ選手等はこちら

三菱自動車岡崎−ホンダ鈴鹿 OP戦 感想(8月29日)

8月29日にホンダアクティブランドで行われた三菱自動車岡崎−ホンダ鈴鹿の感想です。

三菱自動車岡崎
100000100|2 H6 E0
00110010X|3 H6 E0
ホンダ鈴鹿

投手成績
三菱自動車岡崎
山口、藤田−宮野、伊藤
ホンダ鈴鹿
松本竜、森田、平尾、花城、竹内、井村、福島−長、西川

(試合経過)
1回表、無死3塁から2番里見が犠牲フライ。三菱自動車岡崎が先制。
3回裏、1死3塁から2番河津のタイムリー。1−1
4回裏、2死1,2塁から8番内山のタイムリー2ベース。ホンダ鈴鹿が勝ち越し。2−1
7回表、先頭の5番西川がソロホームラン。2−2の同点に。
7回裏、2死3塁から3番西林のタイムリー内野安打で勝ち越し。3−2
ホンダ鈴鹿が競り勝ちました。

ピックアップ選手等はこちら


中部大−岐阜聖徳大 B OP戦 感想(8月28日)

8月28日に岐阜聖徳大Gで行われた中部大−岐阜聖徳大のB戦の感想です。

中部大
043441000|16 H18 E1
000100000|1 H3 E1
岐阜聖徳大

中部大
牛田、青山、大谷、平田−宇納、人見
岐阜聖徳大
塩野入、神田、平魯−清水、青野

ピックアップ選手等はこちら

同朋大−岐阜聖徳大 OP戦 感想(8月27日)

8月27日に輪之内アポロン球場で行われた同朋大−岐阜聖徳大の感想です。

リーグ戦直前なので試合経過は割愛。

同朋大
003200118|15 H13 E2
300204020|11 H15 E2
岐阜聖徳大

同朋大
馬渕、澤田、広瀬、鈴木康、稲垣、富田−辻、小泉
岐阜聖徳大
秋江、千手、橋本、山中−反頭、大山、日高

ピックアップ選手等はこちら

日本福祉大−中部大 OP戦 感想(8月25日)

8月25日に中部大Gで行われた日本福祉大−中部大のOP戦の感想です。
リーグ戦直前なので、試合経過は割愛。

日福大
300011010|6 H12 E2
002001200|5 H10 E1
中部大

日福大
石本、藤原−奥田
中部大
山田、浅野、早矢仕、茶谷−城野

ピックアップ選手はこちら


岐阜聖徳大−東海学園大 OP戦 感想(8月24日)

8月24日に東学大Gで行われた岐阜聖徳大−東海学園大の感想です。
リーグ戦直前なので、試合経過は割愛。

岐阜聖徳大
120110000|5 H15 E1
201000010|4 H7 E1
東海学園大

岐阜聖徳大
橋本、秋江、正木、千手、山中−反頭、日高
東海学園大
木原、稲葉、浦野、南出−倉田

ピックアップ選手等はこちら

浜松ケイスポーツ−静岡硬式野球倶楽部 観戦記(2020年都市対抗1次静岡予選)

8月22日に西ヶ谷球場で行われた浜松ケイスポーツ−静岡硬式野球倶楽部の観戦記です。
都市対抗2次予選に何度も進み、企業チームをしばしば倒した浜松ケイスポーツが有利かと思っていたのですが、逆の展開になりました。

浜松ケイスポーツ
000100001|2 H8 E4
00300010X|4 H7 E0
静岡硬式野球倶楽部

浜松ケイスポーツ
辻、涌本、小松−山本聖
静岡硬式野球倶楽部
宮島、望月、川里−吉永

投手成績
浜松ケイスポーツ
辻 4回 72球 被安打3 四球2 三振2 失点3(自責点0)
涌本 2回1/3 34球 被安打2 四球0 三振0 失点1
小松 1回2/3 15球 被安打2 四球0 三振2 失点0

静岡硬式野球倶楽部
宮島 3回 57球 被安打2 四球3 三振2 失点0
望月 5回 77球 被安打4 四死球4 三振4 失点1
川里 1回 19球 被安打2 四球0 三振1 失点1

(出場選手)
浜松ケイスポーツ
4平谷→6 2山本聖 8水谷 9山口→5 3前田→H山下→4 7外山 5永井→3 D寺澤 6石原→9
静岡硬式野球倶楽部
4川井 9高取 D有賀龍 2吉永 6池井戸 7小野→3 5渡邊 3太田→7水本 8安本

(試合経過)
3回裏、1死1,3塁から2番高取の遊ゴロで2塁送球がセーフ、そこから1塁転送がエラー。記録は野選とエラーで3塁ランナー生還。更に1死2,3塁から3番有賀龍の2ゴロの間に1点。2死3塁から4番吉永の3ゴロがややイレギュラーして記録はタイムリーエラーに。静岡硬式野球倶楽部が3点先制。
4回表、2死1塁から8番寺澤がタイムリー3ベース。ただ、寺澤は3塁をオーバーランして挟まれてタッチアウトに。3−1
7回裏、1死2塁から2番高取がタイムリー。貴重な追加点。4−1
9回表、1死3塁から1番平谷が犠牲フライ。4−2。2番山本聖が2ベースで何とか望みをつなぐも3番水谷が三振に倒れ試合終了。
静岡硬式野球倶楽部が逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら

山岸ロジスターズ−スクールパートナー 観戦記(2020年都市対抗1次静岡予選)

8月22日に西ヶ谷球場で行われた山岸ロジスターズ−スクールパートナーの観戦記です。

4回表からの観戦となりました。

山岸ロジスターズ
010100000|2
00030000X|3
スクールパートナー

山岸ロジスターズ
杉山(5)、柴崎(3)−北野
スクールパートナー
深瀬(6 2/3)、西川(2 1/3)−岩沢
※()はイニング数

(出場選手)
山岸ロジスターズ
7伊奈→H廣瀬 8芝山 9成澤 5高橋駿 4滝浪 3高橋慎 6城田 D奥村 2北野
スクールパートナー
5酒井 4内川 2岩沢 D東 9中路 7徳光 3小林 8若林 6池主

(試合経過)
球場に入った時点(3回)で山岸ロジスターズが1−0でリードという状況でした。
4回表、先頭の滝浪が3ベース。6番高橋慎がタイムリー。2−0とリードを広げる。ただ、この直後6−4−3のゲッツーで1点で終わります。
4回裏、2死無走者から4番東のショートゴロがエラーとなり2死2塁。四球の後、6番徳光がタイムリー。更に2死2,3塁から7番小林の2点タイムリー3ベースでスクールパートナーが逆転。3−2に。
7回表、1死から7番城田が2ベース。8番奥村が四球となったところでピッチャー交代、西川。ここで9番北野が4−6−3のゲッツーに倒れ無得点。
8回表も1死からエラーで出塁も3番成澤のショートライナー等運も無く、反撃ならず。
スクールパートナーが逃げ切りました。

詳しい観戦記はこちら

ホンダ鈴鹿−MHPS OP戦 感想(8月21日)

8月21日にホンダアクティブランドで行われたホンダ鈴鹿−MHPSの感想です。

ホンダ鈴鹿
001000000|1 H7 E0
03000000X|3 H6 E1
MHPS

ホンダ鈴鹿
花城(2 1/3)、主島(1 1/3)、八木(2 1/3)、平尾(1)、竹内(1)−長
MHPS
大野(6)、上野(1 1/3)、三小田(2/3)、荒川(1)−対馬、長井
※()はイニング数

(試合経過)
2回裏、1死1塁から7番対馬の2ベースにエンドランが掛かっており長躯ホームイン。更に1死1,2塁から9番園田の2点タイムリー3ベース。MHPSが3点先制。
3回表、1死3塁から2番河津のタイムリー。3−1

MHPSが勝ちました。

ピックアップ選手等はこちら

至学館大−中部大 OP戦 感想(8月20日)

8月20日に中部大Gで行われた至学館大−中部大 OP戦(1試合目)感想です。

至学館大
000000000|0 H3 E3
10010144X|11 H15 E1
中部大

至学館大
井川(3)、鬼頭(3)、後藤(0/3)、谷本(1)、押川(1)−五十嵐
中部大
河内(5)、茶谷(3)、田口(2/3)、早矢仕(1/3)−城野、茶木、人見
※()はイニング数

(試合経過)
1回裏、1死2,3塁から4番中川の2ゴロの間に1点。中部大が先制。
4回裏、1死1塁からワイルドピッチが死球に見えてキャッチャーが動きが鈍りランナーが3塁へ。更に送球が逸れる間にランナー生還。2−0
6回裏、無死3塁からワイルドピッチで1点。3−0
7回裏、無死2塁から9番奥田がタイムリー。1番川口もタイムリー。無死1,2塁でピッチャー交代、谷本。1死満塁から5番河原が2点タイムリー。7−0
8回裏、1死3塁から1番川口がタイムリー3ベース。2死満塁から5番河原が走者一掃のタイムリー3ベース。11−0
中部大が大勝しました。

ピックアップ選手等はこちら
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
 
Recent Comments
  • ライブドアブログ