コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

プロ野球

本塁での危険な衝突回避へルール改正

プロ、アマ合同の規則委員会が8日、都内で開かれ、本塁での危険な衝突を避けるための規定が、公認野球規則に追加されることが決まった。
昨年の米国でのルール改正にならった変更で、「得点しようとしている走者は最初から捕手に接触しようとして、または避けられたにもかかわらず最初から接触をもくろんで走路から外れることはできない…」「捕手がボールを持たずに得点しようとしている走者の走路をブロックすることはできない…」などが明記される。(日刊スポーツより)

ようやくブロック禁止、タックル禁止が実現しそうですね。ルール化になればそういう輩もいなくなるでしょうし。

個人的にはボールがないのにブロックしてナイス、ってのが嫌いでしたし、怪我の元でしたので、この流れは大賛成です。
3塁コーチャーの役割がより重くなりそうですね。これで健全な流れになりそうで、春からの野球がさらに楽しみになりました。

ルナが広島へ

広島は18日、今季まで中日でプレーしたエクトル・ルナ内野手(35)を獲得したことを発表した。
今季得点力不足に陥り、レギュラーを固定できなかった三塁は補強ポイントの1つだった。中日3年間で打率3割1分6厘、34本塁打、184打点と日本球界で実績のあるルナに白羽の矢が立った。(日刊スポーツより)

中日がリリースしたルナを広島が獲得。

中日はたくさん恩返しされそうですね(笑)。

ルナは衰えたように言われますけど、打率はそんなに落ちていないし、3塁の守備も下手じゃない。1塁は上手じゃないけど、本職は3塁ですもんね。長打がないない言うけど、勝負所での打撃は落ちていないし。

広島にはいい補強ですよね。堂林の居場所がなくなりつつあるけど・・・。地元枠で中日に来ない?(笑)

黒田投手が6億円で更改

広島の黒田博樹投手(40)が17日、広島市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、2億増の6億円でサインした(金額は推定)。14日にオリックスの金子千尋投手(32)が、推定年俸5億円プラス出来高で更改。黒田は現時点でこれを超え、球界最高年俸者となった。(デイリースポーツより)

今年が4億だったとのことですので、2億増は驚きました。ただ、向こうでの実績を考えれば今年の4億が安かっただけなんでしょうけど・・・。
個人的には男気やらなんやら言うのは好きじゃない。契約だって本人が野球がやりたければやればいいわけだし。それが選べるレベルの選手でしょ?

中日は相性悪くなかったし、いてもなんとかなるかなって^^;。
来年どこまでやれるか分かりませんが、広島はマエケンが抜けるから黒田投手が残って良かったですよね。

細山田選手、トヨタ入り

ソフトバンクから戦力外通告を受けた細山田武史捕手(29)が、社会人野球の強豪・トヨタ自動車入りすることが11日、同社から発表された。
細山田は「トヨタ自動車という看板を背負い、この新天地で都市対抗優勝に貢献したいです!」とコメントを発表した。(スポニチより)

これは驚きました。でも元々は早稲田ですし、トヨタ的にもメリットはあるんでしょうね。木下捕手が抜けた直後ですし。
なかなか大変な球歴を過ごしていますけど、トヨタが一番いいような気がしますがw、トヨタも選手層は厚いですし、都市対抗を勝ちぬくのも、権利を取るのも大変。
細山田選手もこれまでの経験を活かして、トヨタをより強くしてほしいですね。

ソフトバンクホークスが連覇達成

ソフトバンクがヤクルトを4勝1敗で下して、日本一の連覇を達成。工藤監督は就任1年目で前年優勝チームを連覇に導く快挙。

しかし強かったですね。内川が日本シリーズに出られないというハンデを全く感じさせない戦い。ただ単に選手を集めて強くしたとかではなく、しっかりと3軍制度を作って機能させて、選手層を厚くして作った強いチーム。
まだまだ連覇が続くのでは、と思わせるチームですね。

ヤクルトも1つ勝って意地を見せてくれてよかった。それくらい、正直力の差はあったと思います。それでも山田選手はすごいですね。

これで日本のプロ野球も2015年は終了。寂しくなりますね。

日本シリーズはソフトバンクVSヤクルトに

ヤクルトが巨人を4勝1敗(アドバンテージ1勝を含む)でCSを突破し、先に全勝で進出を決めていたソフトバンクとともに日本シリーズに駒を進めました。

今年は順当に1位同士が進出。やっぱりこのカードで日本シリーズを見たかったですから、良かったですよね。

ただ、優勝チーム同士とはいえ、構図はソフトバンクにヤクルトが挑む形。それぐらいソフトバンクの力は抜けていると思います。

どこまでヤクルトが戦えるか。ただまぁ、ヤクルトも若手とベテランの力が上手く融合して、力を発揮出来る状態ですから、なんにせよ面白いシリーズにはなりそう。

もちろんソフトバンクの4連勝もありえるとは思いますが、ヤクルトにもくらいついてほしいですね。

早くも4度目のサヨナラ勝ち

中日3X−2阪神

ナニータのヒットでサヨナラ勝ち。これで早くも4度目。
2010年に12度のサヨナラ勝ちをして優勝していますが、吉兆かもしれませんね。

ただ、本音をいえば、バルデスにきちっと勝ちをつけてあげないといけない試合。
まず8回の続投が余分。もともと日曜日に中4日を予定しているなら7回で替えてあげないと。これは首脳陣が悪い。8回に不安があろうが先を見て采配をしないと、こういう起用が段々夏場に響いてくると思う。

野手陣もバルデスに謝らないと。バルデスは7回に自分でヒットを打っているのに。

9回の代打の用兵は見事でしたけどね。1死2塁で歩かされるの前提で小笠原のカードを切って、ナニータを送る。これに応えたナニータは見事でした。小笠原だって毎回打てるわけではないし、その辺りは冴えを見せていますね。

開幕3連敗の借りを返すのに、2勝1敗で行きたい3連戦。2戦目の大野できっちり勝ちたいですね。3戦目は若松のようですし。

黒田選手が広島へ復帰

ヤンキースからFAとなり、去就が注目されていた黒田博樹投手(39)が8年ぶりに古巣・広島への復帰を決めたことが26日、分かった。年俸は総額4億円超とみられる。27日に正式発表される。メジャーで5年連続2桁勝利をマークしている右腕には複数球団が争奪戦を演じていたが、黒田は巨額オファーを蹴って、育ててもらった広島で野球人生の集大成を飾る道を選んだ。(スポニチアネックスより)

驚きました。でも戻ってくるなら今年しかないかな、とも思っていましたが、ほんとに実現するとは・・・。

これで広島はマエケンが残り、黒田が復帰。新井、はどうでもいいだろうけど(笑)、これだけ整ったら来年は広島は優勝が至上命令になりますね。
新監督にプレッシャーになるかどうなるか。なんにしても広島が中心になってペナントが廻りそうですね。

金子投手残留表明

オリックスからフリーエージェント(FA)宣言していた金子千尋投手(31)が24日、大阪市内で記者会見を行い、オリックス残留を表明した。
金子は今オフ、メジャー志向を明らかにして、ポスティングシステムの利用を視野に入れるなどしていたが、同システムについては先月末に断念。その後は、FA移籍について熟考し、楽天、阪神、中日など国内他球団との交渉を続けていたものの、ついに残留で決断。この日朝に球団に意思を伝え、4年総額20億円プラス出来高払いでサインした。

中日も声をかけていたオリックスの金子投手が結局は残留を表明。
FA宣言後にひじの手術をしたのが大きな転機になった気もしますが、元々大リーグ志向は高くないような報道もありましたからね。
元鞘に収まって良かったと思います。

中日は・・・。元々取れるなんて思ってなかったし(笑)

このツイートは面白かったw

圭‏@kei_kasa_dra463
「浮気しちゃおっかなあ…どう思う?」と色々な男にアピールしアタックを受けたあげく「みんなアリガト!こんなに好きって言ってて貰えて嬉しい!!」と応えて結局彼氏と別れない千尋ちゃん。

正にこんな感じでしたね^^;

ソフトバンクが日本シリーズ制覇

ソフトバンク1−0阪神

ソフトバンクが日本シリーズを制覇。おめでとうございます。

正直、試合をほとんど見ていませんでした^^;

ですので、最後のプレーも見ていなくて、話題になっていたので、動画で確認しました。

これは守備妨害ですね。基本的に守備に関係する際にスリーフットレーンの内側(ファールラインの内側)を走っていて妨害を認められた時点でアウトになる。両足がファールラインの外に無いとダメ。これがルールですので、完全に西岡の妨害になります。

こういうプレーをしっかりとみていた審判団があっぱれですね。さすが日本シリーズを裁く審判さんです。

日本シリーズ自体は、今年のセリーグじゃどこが出てもパリーグには勝てないよ、と思っていた通りの結果になりました。阪神は良く戦ったと思いますよ。お疲れ様でした。

これで今シーズンも終了。来季に向けた戦いになっていきます。

特にセリーグは2年連続同じ順位。来年は替わってほしいですね。

パリーグの2014年ドラフト雑感

ソフトバンク
1位 松本 裕樹 投手 盛岡大付高
2位 栗原 陵矢 捕手 春江工高
3位 古澤 勝吾 内野手 九州国際大付高
4位 笠谷 俊介 投手 大分商高
5位 島袋 洋奨 投手 中央大(興南)
育成1位 幸山 一大 外野手 富山第一高
育成2位 齋藤 誠哉 投手 磐田東高
育成3位 山下 亜文 投手 小松大谷高
育成4位 堀内 汰門 捕手 山村国際高
育成5位 柿木 映二 投手 柳川高
育成6位 金子 将太 外野手 大間々高
育成7位 河野 大樹 内野手 NOMOベースボールクラブ(上宮太子高−三重中京大)
育成8位 中村 恵吾 投手 富山サンダーバーズ(宇部鴻城高−神奈川大)

〈参考〉
島袋投手観戦試合 2014年4月29日 中央大−拓殖大
河野選手観戦試合 2012年10月29日 三重中京大−愛知学院大

ソフトバンクは高校生中心の指名。松本投手はしっかりとひじを治せば楽しみな投手ですよね。
高校生のキャッチャー。前にも上位で取っていたような。
そして島袋投手。復活出来るか否か。ソフトバンクは東都の投手があんまり伸びないイメージが強いけど、逆に調子を崩している島袋投手がどうなるか興味があります。
育成は相変わらず大量指名。3軍が機能して選手が育つのか、注目ですね。

オリックス
1位 山崎 福也 投手 明治大(日大三)
2位 宗 佑磨 内野手 横浜隼人高
3位 佐野 皓大 大分高
4位 高木 伴 投手 NTT東日本(市川口高−東京農業大学)
5位 斎藤 綱記 投手 北照高
6位 坂寄 晴一 投手 JR東日本(鉾田一高−国士舘大)
7位 西野 真弘 内野手 JR東日本(東海大浦安高−国際武道大)
8位 小田 裕也 外野手 日本生命(九州学院高−東洋大)
9位 鈴木 優 投手 雪谷高

〈参考〉
高木投手観戦試合 2013年5月4日 NTT東日本−王子

オリックスはいい指名と言われていますけど、あんまり見たこと無い選手ばかりなので、評価は分かりません。左の山崎投手がものになるか、注目ですね。

日本ハム
1位 有原 航平 投手 早稲田大(広陵)
2位 清水 優心 捕手 九州国際大付高
3位 浅間 大基 外野手 横浜高
4位 石川 直也 投手 山形中央高
5位 瀬川 隼郎 投手 室蘭シャークス(北海)
6位 立田 将太 投手 大和広陵高
7位 高濱 祐仁 内野手 横浜高
8位 太田賢吾 内野手 川越工高
9位 佐藤正尭 捕手 愛知啓成高

〈参考〉
立田投手観戦試合 2012年10月27日 大和広陵−龍谷大平安
佐藤選手観戦試合 2014年4月27日 愛知啓成−岩津

4球団競合の有原投手。故障明けということで、じっくりと育ててくれる日本ハムに入れたのは良かったですね。
石川投手、立田投手といった高卒の素質の高い投手、社会人で10年いた瀬川投手といい選手を抑えています。
そして佐藤選手。捕手としての指名というのは驚きました。身長も無いし、捕手向きではない気がするんですけど・・・。肩とポテンシャルの高さはいいものを持っているので、なんとか育ってほしいです。

ロッテ
1位 中村 奨吾 内野手 早稲田大(天理)
2位 田中 英祐 投手 京都大(白陵高)
3位 岩下 大輝 投手 星稜高
4位 寺嶋 寛大 捕手 創価大(興誠高)
5位 香月 一也 内野手 大阪桐蔭高
6位 宮崎敦次 投手 広島国際学院大(下関国際高)
7位 脇本 直人 外野手 健大高崎高

〈参考〉
中村選手観戦試合 2013年5月19日 早稲田大−法政大
田中投手観戦試合 2014年4月7日 京都大−関学大
寺嶋選手観戦試合 2014年6月14日 創価大−東海大

田中投手。京大というのが話題になりますが、投手として十分な力は持っています。個人的には怖さを感じなかった部分がプロでどうなるかな、というのが注目ですが。
香月、脇本の高校生野手がどう育つかも見ものです。

西武
1位 高橋 光成 投手 前橋育英高
2位 佐野 泰雄 投手 平成国際大(和光高)
3位 外崎 修汰 内野手 富士大(弘前実)
4位 玉村 祐典 投手 敦賀気比高卒
5位 山田 遥楓 内野手 佐賀工高
育成1位 戸川 大輔 外野手 北海高

〈参考〉
外崎選手観戦試合 2013年6月14日 富士大−明治大

高橋投手はいい投手ですからね。2年の夏以来見ていないですけど、どうなっているか楽しみです。

楽天
1位 安楽 智大 投手 済美高
2位 小野 郁 投手 西日本短大付高
3位 福田 将儀 外野手 中央大(習志野)
4位 ルシアノ・フェルナンド 外野手 白鴎大(桐生第一)
5位 入野 貴大 投手 徳島インディゴソックス(岡豊高−プロ育成野球専門学院)
6位 加藤 正志 投手 JR東日本東北(東京実高−鶴見大)
7位 伊東 亮大 外野手 日本製紙石巻(桐光学園高−武蔵大)
育成1位 八百板 卓丸 外野手 聖光学院高
育成2位 大坂谷 啓生 外野手 青森中央学院大(弘前学院聖愛)

福田選手観戦試合 2014年4月29日 中央大−拓殖大

安樂投手は楽天。ヤクルトと競合でしたが、ヤクルトよりは良かったかなって。しっかりと怪我を治して、早めに力を発揮できるようにしてほしいですね。
フェルナンド選手。つい先日見ましたが、かなりいい打者です。プロでどこまでやれるか注目です。
入野投手も独立リーグで長いことやっていてようやくの指名。プロで爆発してほしいです。

セリーグの2014年ドラフト雑感

巨人
1位 岡本 和真 内野手 智弁学園高
2位 戸根 千明 投手 日本大(石見智翠館)
3位 高木 勇人 投手 三菱重工名古屋(三重・海星)
4位 田中 大輝 投手 国学院大(必由館)

育成1位 篠原 慎平 投手 香川オリーブガイナーズ(今治精華高通信制課程松山高)
育成2位 川相 拓也 内野手 桜美林大卒(桐蔭学園高)
育成3位 田中 貴也 捕手 山梨学院大(八重山商工高)
育成4位 高橋 慎之介 投手 木更津総合高卒

〈参考〉
高木投手観戦試合 2014年5月26日 三菱重工名古屋−エディオン愛工大ブリッツ

岡本選手をどうやって育てるか、注目ですね。
高木投手は待望のドラフト指名。球の速さはプロでも通用すると思うので、中継ぎで出てくることになりそうですね。

阪神
1位 横山 雄哉 投手 新日鉄住金鹿島(山形中央)
2位 石崎 剛 投手 新日鉄住金鹿島(三和高)
3位 江越 大賀 外野手 駒澤大(長崎・海星)
4位 守屋 功輝 投手 Honda鈴鹿(倉敷工)
5位 植田 海 内野手 近江高

〈参考〉
江越選手観戦試合 2014年4月29日 駒澤大−亜細亜大
守屋投手観戦試合 2014年9月8日 ホンダ鈴鹿−JR東海

横山投手は見る機会は無かったですけど、左ですし出てくるのは速そう。
守屋投手はポテンシャルは高い。プロで通用する球を見つけることが鍵かな。

広島
1位 野間 峻祥 外野手 中部学院大(村野工)
2位 薮田 和樹 投手 亜細亜大(岡山理大付)
3位 塹江 敦哉 投手 高松北高
4位 藤井 皓哉 投手 おかやま山陽高
5位 標 樹 内野手 常葉学園菊川高
6位 飯田 哲矢 投手 JR東日本(藤沢翔陵―亜細亜大)
7位 多田 大輔 捕手 鳴門渦潮高

育成1位 松浦 耕大 捕手 MSH医療専門学校(八幡南)
育成2位 木村 聡司 内野手 常葉橘高

〈参考〉
野間選手観戦試合 2013年11月4日 中部学院大−中京大
標響手観戦試合 2012年10月21日 常葉菊川−東邦
木村選手観戦試合 2013年10月19日 常葉橘−豊川

野間選手はほんとにポテンシャルが高い選手。広島の外野は層が厚く揃っていますけど、そこに割って入れる力はあると思います。
塹江投手は広島がいつも育てられない素質はあるけど、という左腕。どうなるか注目ですね。

横浜
1位 山崎 康晃 投手 亜細亜大(帝京)
2位 石田 健大 投手 法政大(広島工)
3位 倉本 寿彦 内野手 日本新薬(横浜高−創価大)
4位 福地 元春 投手 三菱日立パワーシステムズ横浜(自由ケ丘高―九州共立大)
5位 山下 幸輝 内野手 国学院大(関東一)
6位 百瀬 大騎 内野手 松本一高
7位 飯塚 悟史 投手 日本文理高
育成1位 亀井 塔生 捕手 日星高

〈参考〉
山崎投手観戦試合 2014年4月29日 亜細亜大−駒沢大
石田投手観戦試合 2012年11月14日 法政大−桐蔭横浜大

山崎投手はいいピッチャーです。横浜でどう活躍するか。先発タイプでしょうね。
石田投手は今年になって評価を落としています。プロで取り戻せるか。
飯塚投手は7位ではもったいない選手だと思います。上手く育ててほしいです。

ヤクルト

1位 竹下 真吾 投手 ヤマハ(八幡高―九州共立大)
2位 風張 蓮 投手 東京農業大学北海道オホーツク(伊保内高)
3位 山川 晃司 捕手 福岡工大城東高
4位 寺田 哲也 投手 香川オリーブガイナーズ(作新学院高−作新学院大−新潟アルビレックスBC)
5位 中元 勇作 投手 伯和ビクトリーズ(竹原高−近畿大)
6位 土肥 寛昌 投手 Honda鈴鹿(埼玉栄高−東洋大)
7位 原 泉 外野手 第一工業大(喜界高)
育成1位 中島 彰吾 投手 福岡大(大牟田高)

〈参考〉
竹下投手観戦試合 2013年10月28日 ヤマハ−新日鐵住金かずさマジック
土肥投手観戦試合 2014年6月8日 ホンダ鈴鹿−JR東海

竹下投手は球の速い左腕。でも今年は成長したと聞いてますが、観た時は速いけど、それだけって印象でした。プロで通用するか注目です。
土肥投手は中継ぎで出てきそうな印象。ボールが重い印象ですので、貴重な戦力になりそうです。

秋山監督が退任

ソフトバンクは14日、秋山幸二監督(52)が今季限りで退任すると発表した。秋山監督は「2軍監督、1軍コーチ、監督で10年目に当たるということで、ことしを一つの区切りにしようと考えながらやっていた」と理由を説明した。
秋山監督は3年契約最終年の今季、チームを3年ぶりのリーグ優勝に導いたが、終盤に1勝9敗と失速してオリックスに猛追された責任を痛感。先月30日、王会長の続投要請に対して頭を下げ、辞意を伝えた。(スポニチより)

これは驚きました。朝ツイートを見た時に、スポニチの飛ばし?と思ったくらい。でも家族のこととか、色々理由があったようですね。最後の失速と言うのは理由の一つかも知れませんが、他の要因が大きいんでしょうね。

優勝して勇退というのはある意味理想ですよね。某監督は優勝してやる意思があるのに辞任に追い込まれましたけど(笑)。
クライマックス、日本シリーズと残しています。最高の形になるか、注目ですね。

日本代表発表

【日本代表】※左端は背番号
投手
11 岸孝之(西武)
12 松葉貴大(オリックス)
14 則本昂大(楽天)
15 井納翔一(DeNA)
16 大谷翔平(日本ハム)
17 藤浪晋太郎(阪神)
18 前田健太(広島)
19 金子千尋(オリックス)
21 西勇輝(オリックス)
26 西野勇士(ロッテ)
29 小川泰弘(ヤクルト)
35 牧田和久(西武)
49 高橋朋己(西武)

捕手
10 小林誠司(巨人)
22 伊藤光(オリックス)
37 嶋基宏(楽天)

内野手
2 今宮健太(ソフトバンク)
3 松田宣浩(ソフトバンク)
4 菊池涼介(広島)
6 坂本勇人(巨人)
13 中田翔(日本ハム)
23 山田哲人(ヤクルト)
33 銀次(楽天)

外野手
1 内川聖一(ソフトバンク)
7 糸井嘉男(オリックス)
9 丸佳浩(広島)
44 柳田悠岐(ソフトバンク)
60 中村晃(ソフトバンク)

中日から0。でも、日本代表って言うなら、このメンツに又吉がいないのは不自然なんだよなぁ。あんなに対外国人に対してジョーカーになりえるピッチャーはいないですよね。
まぁドミニカ行きが決まっていたし、そっちが優先ってことだったんでしょうね。

高橋投手が選ばれているのがうれしいですね。則本、菊池選手らと東海地区大学野球の意地を見せてほしいです。

広島野村監督退任

広島・野村謙二郎監督(48)が今季限りで退任することが決まった。8日午後に球団から発表された。9月後半に本人から申し入れがあり、6日のレギュラーシーズン終了を経て正式に了承された。
09年秋に監督に就任。10年から5、5、4位ながら、昨季は16年ぶりのAクラスとなる3位躍進と球団初のクライマックスシリーズ(CS)進出を果たした。今季は開幕から上位につけ、9月まで優勝争いを演じた。丸、菊池ら次代を担う野手を育てるなど積極的な若手登用で、低迷していた広島を再建した。(スポニチより)

正直監督として最初はどうなんだろう、と思っていました。采配に疑問はあれど、思い切った采配も見られ、いい監督になってきたかな?とも思っていました。
でももう5年もやっていたんですね。
体調面での不安もあっての退任とのことです。連続Aクラスになったことは素直に良かったと思います。

次は誰にするんでしょうね。CSがこれで広島に火が付くといいですね。

監督が変わるのが広島、ヤクルト、西武、楽天ですね。ヤクルトと西武は後任が決まっています。他の2チームがどうなるか、注目ですね。

西武伊原監督が事実上の解任

西武は4日、DeNA戦の試合後に記者会見を行い、伊原春樹監督(65)が成績不振を理由に休養すると発表した。3日伊原監督から休養の申し入れがあったという。5日からの残り試合は田辺徳雄一軍打撃コーチ(48)が代行を務める。(スポニチアネックスより)

まぁ伊原監督から申し入れたとなっていますが、球団が主導したんでしょうね。しかし、1年目の前半での辞任。球団にも任命責任がありますよね。伊原さんだけに背負わせて終わりはかわいそうです。

ただ、この成績ではどうしようもないですよね。今の西武には合わないとは多分多くの人が思っただろうし。

星野さんは病気で休養。パリーグは去年の1位2位チームがバタバタしています。

しかし、去年の高木さんもさっさと辞めてくれれば・・・。まぁ首脳陣がアレでは変わらないか。

関根選手、1軍キャンプ抜擢

DeNAのドラフト5位、関根大気外野手(18)=東邦高=のキャンプ1軍スタートが25日、決まった。球団の高卒新人野手では00年の田中一徳以来、14年ぶりの大抜てき。横須賀市のベイスターズ球場で吉報を聞いた新星は、さっそく決意表明した。
「ここでやっていく上で、レギュラーは目標。チャンスがあれば、今年からアピールしたい」。東邦高の学年末テストを終え、新人合同自主トレに再合流したばかり。即戦力のドラフト1位右腕・柿田らとともに、中畑監督の“1次試験”をパスしてみせた。
今季の外野構想では梶谷、荒波が当確。残り1枠は超激戦区となりそうだ。「打率を残せて長打も打てる。梶谷選手を目標にしたい」。入団直後に背番号「52」から変更になった「63」は、憧れの先輩から継承。1軍デビュー、開幕スタメンへ、18歳は欲張りに戦う。(スポーツ報知より)

東邦からドラフト5位でDNAに入った関根選手が1軍キャンプに抜擢されました。高校時代からプロ志向が高かったようですし、入ってからが勝負と意識も高いようです。

地元でも中日はチーム事情で取れなかったと思われる選手。逃がした魚は大きい、となるように頑張ってほしいですね。

1軍でナゴヤドームに凱旋してほしいです。

楽天田中、ヤンキースと契約

プロ野球楽天から新ポスティングシステムを利用して米大リーグのヤンキース入りが決まった田中将大投手(25)が23日、仙台市の楽天Koboスタジアム宮城で記者会見を行った。グレーのスーツ姿で会見に臨んだ田中は「世界一をつかむための戦力になりたい」と決意を新たにした。
米メディアによると、今回の契約額は7年総額1億5500万ドル(約161億円)。日本人選手として史上最高額に達したことについては「最大限の評価をしていただいた」と納得した表情を浮かべた。ヤンキースの本拠地・ニューヨークの現地メディアは辛辣(しんらつ)な批評でも知られるが、「いろんな意味で注目を浴びることはいいことだと思う」と前を向いた。(産経新聞より)

田中投手の移籍がヤンキースに決まりました。7年で161億円という途方もない金額です。日当600万円というツイートを見て頭がくらくらしました(笑)

でもそれだけもらうということは、それだけプレッシャーもかかるということ。高校時代から、プレッシャーを糧に実績を上げていた田中投手ですから、大丈夫だと思っていますが、とにかく故障にだけは気をつけて、早く環境に慣れてほしいですね。

そういう意味でも、黒田投手がいるヤンキースというのは良かったと思います。とにかく頑張ってほしいですね。

2度目の不祥事

西武は22日、相内誠投手(19)が未成年にもかかわらず飲酒、喫煙をしていたことを公表し、6か月の対外試合出場禁止などの処分を決定した。飯田球団専務は「外部からの情報で、去年の暮れに相内投手が酒を飲んでいるという内容があった。確認したところ、本人は認め、その際に喫煙もしていたということだった」と説明した。
相内にとっては、2度目の不祥事となった。2012年のドラフト2位で西武から指名された右腕は、同年12月に道交法違反(無免許運転、速度超過)の疑いで千葉県警に摘発された。入団手続きを凍結されたが、謹慎を経て昨年3月に正式に入団。「社会人としても野球人としても、一人前になれるよう頑張りたい」と話していた。(スポーツ報知より)

一言、アホでしょ。

まぁチクられたようですし、同情する部分がないわけではないけど、入団前に不祥事で痛い目にあっていたくせに、そういう人の目のあるところで飲酒喫煙をしている時点で終わってますよね。

未成年ということで放り出しにくいでしょうけど、才能の片鱗を見せたって話だったのに、ね。印象悪いから登録名を変えたのかな、なんて思っていましたが、これでなにをやってもずっと言われますよね。

6か月の対外試合禁止っていつからなんでしょうね。開幕からなら今シーズン終了ですけど。まぁ2月からなんでしょうね。

しかし、周りも良くないんでしょうけど、結局は本人次第ですからね。情けない。

FA人的保障

阪神は6日、フリーエージェント(FA)権を行使してDeNAに移籍した久保康友投手(33)の人的補償として、鶴岡一成捕手(36)を獲得したと発表した。
当初、球団は人的補償で若手投手の獲得を目指していた。だが、その方針を転換し、鶴岡に白羽の矢を立てた。
中村勝広ゼネラルマネジャー(GM)は「勝負強く、いやらしい打撃をする。リードも巧み」と期待した。(スポニチより)

西武は7日、巨人にフリーエージェント(FA)移籍した片岡治大内野手とロッテにFA移籍した涌井秀章投手の人的補償として、巨人から脇谷亮太内野手(32)、ロッテからは中郷大樹投手(29)を獲得すると発表した。
 脇谷は二塁や三塁を守り、打撃は勝負強さがある。中郷は右の中継ぎとして昨季37試合に登板し2勝2敗、15ホールドだった。(時事通信より)

FAの見返りとしての人的保障が徐々に決まってきています。

正直阪神の鶴岡指名は意外というか、捕手取りすぎじゃない?って感じなのですが。梅野捕手とか育ててほしいのに。

西武は上手い事補強したかなって感じもしますね。中郷投手はあんまり知らないのですが、安定した中継ぎ投手のようですね。西武は慢性的に中継ぎが弱いですからね。脇谷はスーパーサブ的な存在。

大竹(巨人)の補償は一岡(広島)、鶴岡(ソフトバンク)の補償は藤岡(日本ハム)に決まっています。

逆転現象は起こるのか、シーズンが楽しみですね。

楽天が田中投手の移籍容認

日本野球機構(NPB)は25日、楽天田中将大投手(25)のポスティング申請を受理した。
申請書には、楽天が設定した譲渡金額が記され、メディカルファイルが添えられているという。
譲渡金の額は明らかにされていないが、上限の2000万ドル(約20億円)とみられる。この申請書はNPBを通じて大リーグ機構(MLB)に送られ、30球団に通知された翌日から交渉が解禁となる。(日刊スポーツより)

楽天が田中投手のアメリカ移籍を容認しました。
まぁ楽天にとっては厳しい選択でしょうけど、仕方ないですよね。2年後まで引っ張ってFAだと一銭も入ってこないわけですし、来年どうなるという保証もない。
それに田中投手に8億を提示したとの話もありましたが、実際にそんだけ払うとなると大変ですし・・・。

たとえ安いと思っても仕方ないですよね。

まぁ田中投手としてはこれ以上ない成績も上げて、日本一にも導いた。ここしかないタイミングを作ったのはすごいですよね。

いい条件を勝ち取って、自分の望む球団で頑張ってほしいですね。

楽天鉄平とオリックス後藤がトレード

楽天の鉄平外野手(30)=土谷鉄平=とオリックスの後藤光尊内野手(35)の交換トレードが19日、両球団から発表された。内野手が必要な楽天と、打線強化のオリックスの補強ポイントが一致した。
仙台市内の球団事務所で記者会見した鉄平は「今年の成績ではトレードか戦力外かと思っていた。オリックスに行くチャンスをいただき、またKスタ宮城で試合に出られるように頑張りたい」と話した。また、後藤は「寂しい気持ちもあるが、新天地で輝きを取り戻せるように頑張ります」とコメントした。
鉄平は2001年に大分・津久見高から中日に入団し、06年に楽天へ移籍。09年に首位打者を獲得したが、今季は54試合の出場にとどまった。後藤は秋田県出身。川崎製鉄千葉(現JFE東日本)から02年にオリックスに入り、最近はチームリーダーとして活躍したが、今季は69試合だけの出場だった(毎日新聞より)

楽天とオリックスでトレードが成立。どちらも今年は出番があまり無くくすぶっていた選手同士のトレードですね。
FAが出来てから、大型トレードは減っていますが、星野さんはトレードが好きですよね。
鉄平も統一球(違反球)になってからおかしくなっちゃいましたからね。これをきっかけに取り戻してほしいです。

しかし鉄平は元中日。後藤選手も中日がFAの時に取りに行くみたいな話もありましたよね。そういう選手同士でのトレード。やっぱり気になります。

どちらが上手くいくか。どちらにしてもいいきっかけにしてほしいですね。

森岡選手 68→10

ヤクルト森岡良介内野手(29)が“若返り”に笑顔を見せた。10日、都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、400万円増の年俸3400万円(金額は推定)でサインした。
交渉の席上で、来季から背番号を「68」から「10」となることが決まった。中日からヤクルトに移籍したのは08年オフ。「自分から(10番を)くださいと言いました。城石さん、藤本さんがつけていたので、特別な番号。ヤクルトに入ったときに68番をいただいて、絶対に(背番号を)若くするって気持ちで頑張ってきました。本当にうれしいです」と、念願がかなってほおを緩めた。(日刊スポーツより)

森岡君。2年連続100試合以上出場と頑張っていますね。中日に入った時は背番号8も1年で取り上げられて以降は、45。ヤクルトでは68。
今回10と若い番号をGETしました。おめでとう。
もう11年になるんですね。プロで生き残っているのはすごいと思います。

来年はさらに飛躍して頑張ってほしいですね。

2013年新人王

プロ野球セ・パ両リーグは25日、今季の最優秀新人表彰選手(新人王)を発表した。セは16勝で最多勝に輝いたヤクルト・小川泰弘投手で、パは15勝を挙げて球団創設初の日本一に貢献した楽天・則本昂大投手が選出された。ヤクルトからは05年の青木宣親外野手以来、8年ぶり10人目。楽天からは07年の田中将大投手以来、6年ぶり2人目の受賞となった。(デイリーより)

小川投手、則本投手、おめでとうございます。

どちらも東海地区ゆかりの投手。アマチュア時代に何度も見ることが出来た投手。こういう選手の新人王受賞というのはほんとに感慨深いです。

小川投手なんかは最多賞ですもんね。すごいです。

小川投手を高校時代、初めて見た時はまだ2年生でショートを守っていました。で、控え投手としてマウンドにあがっている状況でした。春の東海大会に出て、当時宇治山田商の中井選手(現巨人)と対戦して打たれた印象が残っています。ものすごいスローボールを投げたりしていたのは覚えています。
その後、秋の新チームからエースとしてベスト4。21世紀枠で出場した選抜では駒大岩見沢に勝って甲子園で勝利も上げました。
ただ、その頃にプロで活躍する投手になるとは思わなかった。創価大で更なる成長を見た時はうれしかったですね。
ライアン似のフォームという独自のフォームを身につけ、小さな体でプロで活躍しました。これからも期待したいです。

則本投手は噂は3年生くらいの時に聞いたのですが、ちゃんと生で4年生の秋の中津川でした。そこからの明治神宮大会までのピッチングはほんとにすごかったです。
初めて見た時は田島投手に似ているな、と感じました。プロでもある程度はやれると思いましたが、ここまでの活躍は想像できなかった。
三重中京大の名前を背負いながら、これからも頑張ってほしいですね。

楽天、日本一!!

楽天3−0巨人

楽天が創設9年目で日本一に。首脳陣、選手のみなさん、東北のみなさん、応援していた楽天ファンのみなさん、おめでとうございます。

第7戦のリレー。好投の美馬を6回で降ろして、則本につないだ時は正直どうなるかと思ったのですが、則本、連投の田中と素晴らしい投球をしました。

それでもMVPに選ばれた美馬が素晴らしかったですね。正直この試合は分が悪いかと思っていたのですが・・・。それを覆す好投。ふさわしいMVPです。

巨人の先発が杉内の時点でなんとかなるかも、とも思いましたが。しかし、切れのない杉内でした。

田中がすごいのは確かですが、則本がすごかったですね。去年、瑞穂、中津川で見たピッチャーなんですけどね。来年が心配ですけど、とにかく日本一になったことはすごいことです。おめでとうございます。三重中京大の誇りですね。

楽しい日本シリーズでした。巨人もいい戦いをしていたと思います。内容も濃い試合が多かった。プロってすごいな、と思わせてもらえたシリーズでした。

2013年セリーグドラフト雑感

ヤクルト
× 大瀬良大地 投手 九州共立大
1 杉浦稔大 投手 国学院大
2 西浦直亨 内野手 法大
3 秋吉亮 投手 パナソニック
4 岩橋慶侍 投手 京産大
5 児山祐斗 投手 関西
6 藤井亮太 捕手 シティライト岡山
西浦選手観戦試合 2013年5月19日 法政大−早稲田大
パンチ力のある選手。粗さも感じましたが・・・。プロで対応出来る選手になれるか。
岩橋投手観戦試合 2013年6月13日 京産大−日体大
プロ注と言われていましたが、見た時はスピードはあまりなかった。典型的な切れで勝負するタイプなんでしょうね。ヤクルトは石川っていう手本がいるし、いいチームに入ったかもしれませんね。
児山投手観戦試合 2012年11月11日 関西−安田学園
児山投手は球威が上がれば・・・と思ったピッチャー。ただ、プロで速くなるピッチャーってまれなんですよね。成長すればいいけど。

DeNA
× 松井裕樹 投手 桐光学園
1 柿田裕太 投手 日本生命
2 平田真吾 投手 ホンダ熊本
3 嶺井博希 捕手 亜大
4 三上朋也 投手 JX−ENEOS
5 関根大気 外野手 東邦
6 山下峻 投手 松本大
育成ドラフト
1 砂田毅樹 投手 明桜
2 萬谷康平 投手 ミキハウス
嶺井選手観戦試合 2013年3月7日 亜細亜大−トヨタ自動車
嶺井選手は勝てる捕手ですよね。DeNAには一番必要なキャッチャーなのかも。プロでそのまま行けるかは分かりませんが。
三上投手観戦試合 2012年10月10日 JX−ENEOS−ホンダ
気になるのは今年になって腕を下げたりしているという部分。フォームで迷わないといいんだけど・・・。早めに自分のベストを見つけてほしいですね。
関根選手観戦試合 2012年10月21日 東邦−常葉菊川
3年生になって一気に名前が売れた選手。こういうアスリート系の選手を育てられるか。注目です。地元東邦出身。頑張ってほしい。

広島
1 大瀬良大地 投手 九州共立大
2 九里亜蓮 投手 亜大
3 田中広輔 内野手 JR東日本
4 西原圭大 投手 ニチダイ
5 中村祐太 投手 関東第一

大瀬良投手は画面では見ていますが、現地観戦はしたことがないんですよね。パワーピッチャー。今年はあんまり良くなかったって話ですけどね。
九里投手観戦試合 2013年6月14日 亜細亜大−桐蔭横浜大
九里投手は東浜投手が抜けたあとの投手陣を支えて春秋優勝。同じ大学生の大瀬良投手と切磋琢磨出来るのは大きいですね。
中村投手観戦試合 2011年11月23日 関東一−愛工大名電
中村投手は2012年の選抜での印象が強いですが、その前の神宮大会で見ていました。将来が楽しみだな、と感じたピッチャー。選抜で見たまっすぐの質はなかなかない球質。プロでどうなるか、楽しみ。

阪神
× 大瀬良大地 投手 九州共立大
× 柿田裕太 投手 日本生命
1 岩貞祐太 投手 横浜商大
2 横田慎太郎 外野手 鹿児島実
3 陽川尚将 内野手 東農大
4 梅野隆太郎 捕手 福岡大
5 山本翔也 投手 王子
6 岩崎優 投手 国士舘大

陽川選手観戦試合 2013年5月21日 東農大−立正大
東農大の4番打者。見た試合では3打数3安打1四球2打点の活躍。2部からスターになれるか。
梅野選手観戦試合 2011年6月8日 福岡大−東洋大
全日本で4番を張った選手。体は大きくないですけど、バッティングは間違いないですし、楽しみですね。
山本投手観戦試合 2013年6月3日 王子−ヤマハ
中日も取る予定だったそうですね。個人的には、他の東海地区で指名された金平、濱矢の両サウスポーよりもいいと思っています。

巨人
× 石川歩 投手 東京ガス
1 小林誠司 捕手 日本生命
2 和田恋 内野手 高知
3 田口麗斗 投手 広島新庄
4 奥村展征 内野手 日大山形
5 平良拳太郎 投手 北山

育成ドラフト
1 青山誠 外野手 日大
2 長江翔太 投手 大阪経大
3 北之園隆生 内野手 秀岳館

小林選手観戦試合 2011年5月31日 同志社−立命館大
2年前のドラフトでは1位じゃなきゃ、と言ってみたり、今回のドラフトでは巨人以外はお断り、みたいな記事が出たり・・・。なんていうか、好かれにくい行動をしている選手ですね。入ってからは実力の世界。プロでどう出てくるか注目です。
和田選手観戦試合 2012年11月10日 高知−浦和学院
この試合では4打数4安打2打点。素質の片鱗を見せていました。

見たことのある選手をまとめてみたら、5球団で13選手を見たことがありました。それだけでもすごいですね(笑)
過去に見たことある選手を探してみると、みんな活躍しているところがさすがというか、プロに行く選手ってのは光っているもんなんですね。
いきなり活躍する選手が出てくるか。来年が楽しみです。

巨人が日本シリーズ進出

巨人3−2広島
巨人3−0広島
巨人3−1広島

巨人が4勝0敗で日本シリーズ進出。

終わってみれば、シーズンの結果通りの勝敗。広島はマエケンで負けたのでこうなるのは仕方ないですけど、初戦を取りたかったですよね。
まぁ広島も盛り上がったので良かったのではないでしょうか。

巨人も3点しか取れてないんですけどね。まぁ投打のかみ合わせがすごいですね。初戦の内海の継投とかどうかと思いますが、その後のケアは上手いんですよね、原さんって。

あんだけの選手を使いこなす術は素直にすごいと思う。

ロッテが1stステージ突破

ロッテ11−1西武
ロッテ0−15西武
ロッテ4−1西武

ロッテが2勝1敗で突破。こちらも3位のチームが勝ちあがりました。
まぁパリーグは最後の最後に4位だった西武が2位になったように混戦でしたから、あんまり順位うんぬんはないですけどね。

ロッテは短期決戦に強いですね。楽天も油断出来ない相手です。

楽天は田中というカードがありますが、投げれて1戦目と6戦目。他の投手で勝てるかがカギですね。てことは則本投手が重要に。

則本投手、去年の秋に中津川よあけ前、瑞穂、神宮で見たんですよね。1年後にプロのCSか。すごいなぁ。

広島がCS1stステージを突破

広島8−1阪神
広島7−4阪神

終盤の勢いをそのままに、広島が阪神に連勝して、CSのファーストステージを突破。ファイナルに進出を決めました。

なにしろ、ファンの盛り上がりがすごい。甲子園であんなに敵地のファンが埋まっているのは初めてみました。このまま、巨人にも勝ってほしいなぁ。その方が面白いですからね。

阪神はいいところなしでした。最後に桧山が打って留飲は下げたようですが・・・。終盤の戦いから盛り上がらないままになっちゃいましたね。

楽天初優勝!

楽天4−3西武

最後までハラハラドキドキ。それでも田中投手が1死2,3塁から連続三振で優勝を決めたのは素晴らしかった。

星野さんはこれで3球団目での優勝。これは3人目の記録ですね。

なんとなく、1988年の優勝と良く似た感じがしました。後は短期決戦に弱いのをどう克服するかですが、田中投手のフル回転で補う形ですかね。巨人に勝ってほしいなぁ。

小山投手は投手では唯一の創設メンバー。他に小山、達郎、鉄平、仲澤の元中日勢。

東海勢出身の選手も多く、嶋は選手会長での頑張りも目立ちました。

とにかくおめでとうございます。

Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(向坂 昇)

向坂 昇(コウサカ ノボル)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

広告
記事検索
今後の観戦予定
10月15日
トヨタスポーツセンター
21日
東海大会
22日
未定
27日
東海大会
28日
未定
29日
未定
11月3日
入替戦
4日
市内県立大会
5日
未定
Recent Comments
  • ライブドアブログ