コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

競馬

凱旋門賞、日本馬は惨敗(10月5・6日・先週の重賞回顧)

凱旋門賞 G機.蹈鵐轡礇2400m
1着 ヴァルトガイスト 2分31秒9
2着 エネイブル 1 3/4
3着 ソットサス 1 3/4
7着 キセキ
11着 ブラストワンピース
12着 フィエールマン

エネイブルが残り200mで先頭に立ち、そのまま押し切るかと思ったところをヴァルトガイストが強襲し交わしたところでゴール。3連覇はならず。牝馬で3連覇ってのは相当難しいですよね・・・。それでも2着も立派。
牡馬の古馬は勝てないレースになっていましたが、ヴァルトガイストがその壁を破りました。
ソットサスは3歳牡馬。ちょっと差がありました。

日本馬は朝から雨が降って重になった馬場が響いたとのこと。勝ちタイムから見ても、JCでアーモンドアイが2分20秒6で走っていること考えても、別の次元のレースになっていますよね。

今のヨーロッパで日本馬が勝つには長く滞在して、馬場から走法から現地で適応させないと無理、でしょうね。
目指すだけ無駄な気がしてきます。それなら香港やドバイなど適正のある大きなレースを狙った方が良いと思いますね。

サウジアラビアロイヤルカップ GIII 2歳 1600m
1着 サリオス 1分32秒7
2着 クラヴァシュドール 1 1/4
3着 アブソルティスモ 3 1/2

直線に入ってサリオスとクラヴァシュドールの一騎打ち。一旦はクラヴァシュドールが抜けかかるも、サリオスが差し返してそこから突き放す。
この2頭はかなり強い馬ですね。出世レースですが今年もそうなるかも。
アブソルティスモも逃げての3着。早いうちに2勝目をしたいですね。

京都大賞典 G供2400m
1着 ドレッドノータス 2分23秒5
2着 ダンビュライト 1 1/4
3着 シルヴァンシャー 3/4
5着 エタリオウ
6着 グローリーヴェイズ

ドレッドノータスは11番人気。人気薄でしたが、レースは普通に強かった。ダンビュライトが逃げてペースを作り、前残りのペースに。ドレッドノータスは内からロスなく回って最後差し切る。好騎乗も光りました。
ダンビュライトは上手くペースを握って2着。京都は走りますね。
シルヴァンシャーは通った位置が外を回らされた分3着に。可能性は見せたので重賞勝ちを期待したい。
エタリオウは最後方から上り最速も5着。道中後ろ過ぎました。
グローリーヴェイズは直線不利を受けてました。それでもちょっと物足りないレースですが。ミルコが精彩を欠いている気がするのが気になりますね。

毎日王冠 G供1800m
1着 ダノンキングリー 1分44秒4
2着 アエロリット 1 1/4
3着 インディチャンプ 1 1/4

今年の3歳は強くないと思っていたのですが、ダノンキングリーは強かった。出遅れて、4角で大外回って、完全に人気馬が失速するパターンだったのですが、逃げたアエロリット、2番手のインディチャンプのたたき合いを外から差し切る芸当。これは強い。びっくりしました。
天皇賞・秋も本命になるのでは?という強さ。他にも強い馬が多数いると思いますが、ちょっと楽しめそうな強さでしたね。
アエロリットはこの条件は強いです。タイムもいい。差し返したのも立派。それだけに勝ち馬が目立ちますが・・・。どっちに行きますかね。天皇賞・秋、マイルCS。
インディチャンプは完全に距離でしょうね。残り200mでは先頭に立っていたし、春秋連覇も夢じゃない感じです。

スプリント王はタワーオブロンドン(9月28・29日重賞回顧)

スプリンターズS G機1200m
1着 タワーオブロンドン 1分7秒1
2着 モズスーパーフレア 1/2
3着 ダノンスマッシュ クビ
4着 ミスターメロディ 1

モズスーパーフレアは自分のレースをして2着。力を出し切った形。
そこに襲い掛かったタワーオブロンドンとダノンスマッシュは通った位置の差。ダノンスマッシュは前が壁になってタワーオブロンドンが通った位置の後ろから行くしかなく、それではやはり届かない。
タワーオブロンドンは間隔が詰まっていたことを除けば、力は上位という感じでしたし・・・。1200mですからあまり関係なかったかもですね。脚元は怖いですけど、調子はむしろ維持しやすかった気がします。G欺蘊〕おめでとうございます。ルメールはこの秋はいくつ勝つんでしょうか。
ミスターメロディは理想的な競馬をしながら直線モズスーパーフレアを捉えられず。直線の坂がダメだったのかな。

シリウスS G掘。2000m ハンデ
1着 ロードゴラッソ 2分3秒5
2着 アングライフェン クビ
3着 メイショウワザシ 1 3/4
6着 タイムフライヤー
9着 マッスルビーチ

ロードゴラッソは4角手前でまくり気味に先頭に立って押し切り。藤岡佑騎手の好騎乗でした。4歳馬でまだ底を見せてはいない感じ。次走以降も楽しみです。
アングライフェンもダートの2000m前後の距離だと確実に走る感じですね。番組が少ないですけど、ダート長距離で狙いたい馬。上り最速でした。
メイショウワザシは逃げて3着に粘ったのは見事。こちらも4歳ですし、これからまだまだOPクラスで湧かせそうです。
タイムフライヤーはダートでの変わり身が期待されての1番人気でしたが・・・。次もまだ人気にはなるかもですが、再起は難しそう。
マッスルビーチは条件馬なのに人気になりすぎたかな。3歳のOPクラスはあんまり勝てていないイメージ。割り引いた方が良さそう。
やっぱりOPクラスだと4歳勢の強さは続きますね。黙って4歳買う方が良さそう。

先週の重賞回顧(9月22日)

神戸新聞杯 G供2400m 3歳
1着 サートゥルナーリア 2分26秒8
2着 ヴェロックス 3
3着 ワールドプレミア 1 1/4

上がり32.3。ここまでのヨーイドンも珍しい。最後の直線は強い追い風だったみたいですからそのあと押しもあったと思いますが、それでも極端なレースになりましたね。
サートゥルナーリアは強かったです。菊にはいかずに天皇賞秋かJCのようですが、JCのがいいかもですね。ちょっと道中楽過ぎましたし。
ヴェロックスは負かしにいって2着。完敗でした。それでも後ろからはやられてないし、地力上位は確か。菊で最後の一冠取れるか。
ワールドプレミアは後方から唯一上がってきて3着。上りはサートゥルナーリアと同じ。クラス的には2勝クラスになるので、2着以上取りたかった気もしますが・・・。菊花賞に行くみたいで、それなりにメンバーはそろいそうですね。 

オールカマー G供2200m 3歳上
1着 スティッフィリオ 2分12秒0
2着 ミッキースワロー 1 3/4
3着 グレイル 1/2
4着 レイデオロ ハナ

スティッフィリオは鮮やかな逃げ切り。上り34.0でこの勝ちタイムなら道中かなり楽をしたというか、上手くペースを作った形に。丸山騎手の好プレーですね。ステイゴールド産駒ですし、天皇賞でも穴として注意が必要な馬になりますね。
ミッキースワローは道中外々を回って2着ですから、一番強い競馬をしたかも。こちらも天皇賞では伏兵になりそうです。
グレイルは戸崎騎手が上手く内を回って距離を抑えた分3着に。復活のきっかけになるか。
レイデオロは・・・。福永騎手がへぐった、と感じますけど、実際どうなんでしょ。今年はあんまりなレースが続いていて単純にピークが過ぎたって気もしますね。次が大事に。

先週の重賞回顧(9月15日・16日)

ローズS G供〆綽2000m
1着 ダノンファンタジー 1分44秒4
2着 ビーチサンバ クビ
3着 ウィクトーリア アタマ

勝ちタイムはレコード。上がりが33秒台。前半はスローだったということですよね。
で、4角で前にいた馬が上位を占める中で差し切っての勝利はかなり強い。ただ、相当行きたがる気性みたいで、このレースでも川田騎手が結構苦労した様子。インタビューでも課題が・・・と先に言葉が出たので、本番で難しい馬になりそう。力はある。ただ、京都の2000mは発送がお客さんの前。飛ぶ可能性もありそう。
ビーチサンバはこれで重賞2着が3回目。最強の1勝馬になりつつあります。お母さんのフサイチエアデールは重賞を4つ勝つもG気脇呂なかった馬。そういう血を引いているのかな。根性はすごいんですけどね。
ウィクトーリアは2着を取れなかったことは不満ですが、ヨーイドンだったので仕方ないかな。本番ではこっちが上に来るかも。
やはり春の実績馬が強い感じですね。

セントライトS G供|羯2200m
1着 リオンリオン 2分11秒5
2着 サトノルークス 2
3着 ザダル クビ

リオンリオンは好騎乗ですね。さすが典さん。内でしっかりと折り合って、前が空いたところを差し切って勝利。ここ3走は逃げてましたけど、元々は逃げなくてもいい馬。重もこなしましたし、菊花賞でも勝ち負けありそう。
サトノルークス、ザダルはともにリオンリオンが通った道を上がってきての2,3着。前の壁で追い出しが遅れた分、1着とは差がついた形でした。ザダルのが足を余していそうでしたね。
ザダルはここまで3戦無敗。ダービーにも行けましたが無理をしなかったのは好感が持てます。
距離は微妙ですけど、注意はしたいですね。
今週のトライアルがありますけど、夏の上がり馬よりは実績馬、となりそうです。

先週の重賞回顧(9月7日・8日)

7日
紫苑ステークス G掘2000m 秋華賞トライアル
1着 パッシングスルー 1分58秒3
2着 フェアリーポルカ ハナ
3着 カレンブーケドール 1/2

カレンブーケドールが1番人気。直線早めに先頭に立ったところにパッシングスルーとフェアリーポルカに目標にされた形になりました。
上位3頭はそんなに力の差はない感じ。前に付けての用意ドンって感じでしたが、本番もそんなレースになりそうですから、枠順を見て買う買わないを判断したい3頭ですね。
ルーラーシップ産駒のワンツー。走りますね。

8日
セントウルS G供1200m
1着 タワーオブロンドン 1分6秒7
2着 ファンタジスト 3
3着 イベリス 1/2
7着 マテラスカイ
8着 ミスターメロディ

タワーオブロンドンが圧倒。強かった。ただ、この馬、大きい、期待されるところでやらかすイメージがあるので、次のスプリンターズSに出てきたら取捨が難しいですよね・・・。間隔詰まってくるし。高速時計の走破は反動ありそう。
ファンタジスト、イベリスは3歳で2着3着。立派ですね。どちらも重賞ウィナーでロードカナロア産駒。血統は大事と改めて感じます。
今年の3歳は強くないって印象でしたけど、スプリント界は当てはまらないのかな。
マテラスカイは終始レースを引っ張ってレコード決着に貢献。それでいて大崩れせず、最後まで踏ん張ったレースは、次が楽しみ。米ダートG気任發劼腓辰箸靴董ΑΑΑ
ミスターメロディは外々を回って勝ちに行って最後失速した形。一叩きと言えそうな内容ですし、次の本番で変わり身はありそう。

京王杯AH G掘1600m ハンデ
1着 トロワゼトワル 1分30秒3
2着 ディメンシオン 3 1/2
3着 ジャンダルム クビ
11着 グルーヴィット 

トロワゼトワル鮮やかな逃げ切り。タイムも速すぎるくらいだし、軽ハンデ、開幕週の良馬場をいかんなく活かしたレースでしたね。
ハンデ戦前走1着の法則はこの馬でしたか・・・。って感じ。横典さんやっぱうまいっすね。

2着ディメンシオン、3着ジャンダルムは前にいた馬。後ろの馬は勝負にならない馬場だったということなんですけど、前目にいたグルーヴィットは11着。3歳の若さが出た形ですかね・・・。ダメージないといいけど。

ちょっとタイムが速すぎるし、暑さの中ですから、次の取捨が難しいレースな気がします。

先週の重賞回顧(8月31日・9月1日)

札幌2歳S G掘1800m
1着 ブラックホール 1分50秒4
2着 サトノゴールド 1 1/4
3着 ダーリントンホール 1 3/4

ゴールドシップ産駒のワンツー。新種牡馬で早速のこの結果はゴールドシップにとっても大きいですよね。自身も2歳から息の長い活躍をした馬ですし、種牡馬として成功しそう。
前に行った馬がつぶれていて、後方にいた2頭が上位に来たってことでペースが速かったんでしょうね。
それでも4角で外を回って差し切ったのはすごいですね。距離は伸びた方が良さそうな感じもあります。
サトノゴールドも最後の直線だけエンジンがかかった感じ。距離伸びてどうなるか見てみたい。
ダーリントンホールは直線手前で壁になって、狭いところを割ってきた勝負根性はいいものがありますね。スムーズならもう少し差は詰まったと思います。

小倉2歳S G掘1200m
1着 マイネルグリット 1分10秒5
2着 トリプルエース クビ
3着 ラウダシオン 1/2

マイネルグリットはフェニックス賞からの連勝。3連勝を飾りました。メンバー唯一の2勝馬なので、むしろ侮られ過ぎてた感じですけど、最後、トリプルエースの脚をしのいだ勝負根性は素晴らしい。ただ、先のレースで勝つかどうかは・・・。勝っても勝っても人気にならないタイプの馬っぽいですね。
トリプルエースは馬場の真ん中を抜けてきました。12堊えてこのレースなら、次も可能性ありそう。
ラウダシオンは100mくらい余分に走った感じの外差し。力はあるんでしょうね。

新潟記念 G掘2000m ハンデ
1着 ユーキャンスマイル 1分57秒5
2着 ジナンボー クビ
3着 カデナ 2
10着 レイエンダ

ユーキャンスマイルは岩田騎手らしい、内ぎりぎりの馬場のいいところを通っての勝利。好騎乗ですね。
勝ちタイムと上がりを判断すると、ヨーイドンの競馬。後ろから差したこの馬は位置取りにしても好騎乗の後押しが無かったら無い勝利でしたね。
ジナンボーが一番強い競馬。形としてはだしぬけを食らった形。同じ勝負服のワンツーは見事でした。
カデナはユーキャンスマイルとほぼ同じ位置から直線に入ったのですが、内外の差で3着止まりに。腕の差、でした。
レイエンダはよー分からん馬ですね。ただ、もまれ弱いのかな。スムーズにいかないと勝てない。こういう馬は馬券が一番難しいですね。

先週の重賞回顧(8月25日)

キーンランドC G掘1200m 
1着 ダノンスマッシュ 1分9秒2
2着 タワーオブロンドン 3/4
3着 リナーテ ハナ

上位人気3頭で1−2−3。
ダノンスマッシュは1枚上の力を示しました。この後直行するのか1戦挟むのか分かりませんが、現時点でスプリント界のトップを狙える馬ですね。後は直線での坂がどうかくらいかな。父と同じ道で勝つような気がします。
タワーオブロンドンは狭いところを抜けて2着。ルメール上手いな、と思わせる騎乗。直線の坂で逆転はあるかもですが、この馬、ベストは1400mのような気がします。1400mのG気鰐気いらなぁ。
リナーテも強い競馬。外枠が響いた感じでしたね。この馬も力はありますね。スプリンターズSで穴になりそう。

新潟2歳S G掘1600m
1着 ウーマンズハート 1分35秒0
2着 ペールエール 1/2
3着 ビッククインバイオ 1 3/4

スローの用意ドンの競馬。それを32.8の脚で差し切ったのは強い。新馬戦に続いての32秒台の上がり。大きいところを狙える馬かも。
ペールエールもなかなかの競馬。こちらも次走も出番ありそう。
ビッククインバイオは前に行って逃げ馬を交わすものの後ろから2頭差されての3着。競馬自体は悪くないですけど、重賞戦線でどうなるかは分かりませんね。

先週の重賞回顧(8月18日)

北九州記念 G掘1200m ハンデ
1着 ダイメイプリンセス 1分8秒2
2着 ディアンドル 1
3着 アンヴァル クビ

夏場に強いダイメイプリンセスが復活。さすがに終わったかと思っていたんですけどね・・・。
中団やや後方から外を回っての差し切り勝ち。前走負けて人気落ちしてたんですけど、好きじゃなきゃ買えない感じでした。サマースプリント狙うのかな。
ディアンドルは内から前目に付けて直線抜け出す競馬。ここまで1200mで5連勝。古馬と初対戦の重賞でも2着確保。かなり強い馬ですね。3歳牝馬。スプリント界の新星になるかな。
アンヴァルは直線壁になっていて、そこからようやく残り200mくらいから追える感じに。いい脚を一番使った感じですし、格に関係なく突っ込んでくる感じですね。
人気の2頭が4着5着。ハンデ戦らしい混戦でした。前が速かったのもあった感じですね。

札幌記念 G供2000m
1着 ブラストワンピース 2分00秒1
2着 サングレーザー クビ
3着 フィエールマン 1
4着 ワグネリアン クビ

川田上手いな、というレース。3コーナーから結構追いどおしで直線に入ったところで前に馬がいて抜け出せるのかって感じでしたが・・・。底力勝負というのに強い馬なんでしょうね。凱旋門賞にも合いそうな馬。ただ、斤量がこなせるかは微妙ですが。
サングレーザーはほぼ完ぺきなレースをした感じ。距離ロスなく回って直線抜け出す。ブラストワンピースの底力に屈しましたが、強いなというレースでした。G擬茲蠅燭い任靴腓Δ・・・。
フィエールマンは通った位置の差で3着。いい脚は使っているんですけどね。2000mで大崩れしなかったのは評価できますね。距離は伸びた方がいいでしょうし。
ワグネリアンはもう少しはじけてほしかった気がしますね。まだ良化途上なのかも。秋の主役になってほしい馬ですが。

札幌記念はG気砲靴泙靴腓Δ茵してもいいと思いますよ。

先週の重賞回顧(8月11日)

エルムS G掘。1700m
1着 モズアトラクション 1分41秒9
2着 ハイランドピーク 1 1/2
3着 サトノティターン 1 1/4
7着 グリム

モズアトラクションは重賞初制覇。これまで2着はあったんですね。
ハイペースで流れて中団やや後方から差し切り勝ち。展開が向いたのもありますが強かった。5歳ですが晩成っぽい感じもありますし、ここから強くなるかもですね。
ハイランドピークは昨年のこのレースの覇者。今年3月に復帰してから低迷していましたが、ここで復活走。きっかけになるか。
サトノティターンは6歳ですがまだ11戦しかしていない馬。マーチSはフロックじゃないってことですね。
グリムの失速の仕方が良く分からなかった。武騎手もそんなコメントですし・・・。次のレースを見てみないとなんとも、ですね。

関屋記念 G掘1600m
1着 ミッキーグローリー 1分32秒1
2着 ミエノサクシード 1/2
3着 ソーグリッタリング アタマ
14着 ケイデンスコール

ミッキーグローリーが休み明けでしたが1番人気に応えて快勝。
レース見ると残り200までルメール全然追ってなくって、そこから追い出して外に出して差し切り。着差以上に完勝でした。あそこまできっちりと鮮やかに差し切るとは・・・。能力を相当高く見ているんだな、と思いますね。G1でも勝ち負け出来るかも。
ミエノサクシードは勝つ流れで最後たたき合いで抜け出したところにミッキーグローリーが飛んできた形。重賞初勝利まであと少しでした。堅実な馬ですけどね。
ソーグリッタリングもこれで重賞3着が連続2回目。そろそろタイトルが欲しいですね。
しかし、3歳で人気になっていたケイデンスコールは見せ場無く14着。今年の3歳はレベル低い説を持っていますが、段々確信に変わってきています。

先週の重賞回顧(8月4日)

小倉記念 G掘2000m ハンデ
1着 メールドグラース 1分58秒8
2着 カデナ クビ
3着 ノーブルマーズ 3/4
4着 タニノフランケル ハナ

メールドグラースが4コーナーで外を回って後方から前を差し切り勝ち。小倉の直線でトップハンデでこれをやるんだからかなり強いですね。中央場所でも十分通用する強さ。5連勝の上がり馬。まだ4歳。G1でも勝てるかも。
カデナは3歳前半までの輝きを取り戻しつつありますね。こちらも後方からメールドグラースについて上がってきて2着。メンバー最速の脚。直線の長いところでもう一回見たい。
ノーブルマーズとタニノフランケルは小倉で前目につけて抜け出す勝つ競馬をしたのですが、決めて勝負に敗れた形。内容はどちらも良かったし、重賞で注意必要ですね。

レパードS G掘。1800m 3歳
1着 ハヤヤッコ 1分51秒3
2着 デルマルーブル クビ
3着 トイガー 1/2
4着 ブルベアイリーデ クビ

デルマルーブルが勝ちに行った競馬で、抜け出したと思ったところに白毛馬のハヤヤッコが強襲。差し切ってゴールとなりました。
上手くはまった感はありましたが、白毛馬初の重賞勝ちは見事です。田辺ジョッキーが絶好調。これで重賞騎乗機会4連勝とか。すごいですね。
デルマルーブルは重賞2着が3回目かな。惜しかった。もう一押しが欲しい感じですね。
トイガーは内からスルスルと上位進出という感じ。重賞でどうかな。
4着のブルベアイリーデのが面白そう。最速の脚は素晴らしかった。

先週の重賞回顧(7月28日)

クイーンS G掘1800m 牝馬限定
1着 ミッキーチャーム 1分47秒0
2着 スカーレットカラー クビ
3着 カリビアンゴールド アタマ

ミッキーチャームは1番人気に応えて横綱相撲の競馬で勝利。秋はエリ女を狙えそうなレース。外回ってましたし、着差はクビでも完勝ですね。
スカーレットカラーは4角手前で後方2番手。内から上手くさばいて2着食い込み。ただ、足を余した感も若干あったけど、コース取り的にはこれしかない騎乗だったですね。
カリビアンゴールドも上手く流れに乗っての上位進出。2着は欲しかったところでしょうね。でも格上挑戦でこの結果は立派。

アイビスサマーダッシュ G掘1000m直 
1着 ライオンボス 55秒1 
2着 カッパツハッチ 3/4
3着 オールポッシブル クビ

ライオンボスはこれで1000m直3連勝。勝ってるレースがD1000m2勝に1000m直3勝と完全に1000mのスペシャリスト・・・。これはこれで珍しい(笑)。
アイビスサマーダッシュは1000m直唯一の重賞ですけど、もうちょっと格を上げてもいいかも。盛り上がるし。G気砲覆辰討睫滅鬚いもですね。
1200mのレースになった時にライオンボスがどうなるかは見もの。
カッパツハッチも1000m直が得意な馬。これでライオンボスの2着を2戦続けてという状況に。
オールポッシブルも前に行った馬で、割と行った行ったの形。というか、開幕週ということもあるし、前に行く足がないと勝てないレースなんでしょうね。

ライオンボスの複勝買って的中。安かったけど、まぁ良しですね。

先週の重賞回顧(7月21日)

函館2歳S G掘1200m 2歳
1着 ビアンフェ 1分9秒2
2着 タイセイビジョン 1 3/4
3着 プリンスリターン 1 1/4

キセキ産駒のビアンフェ。相当強いな。出負けして割と後方よりだったところから馬なりで先頭に。普通はこういうレースしたら失速するのに最後までばてない。むしろ直線で突き放しての勝利。
タイセイビジョンは直線後方から前に馬がいる間を割ってきての2着。こちらも将来性ありそう。ルメールの上手さがあってとも言えますが。函館2歳組は大概クラシックには乗ってこないですけど、この2頭は次のレース以降も可能性ありそう。
3着以下は成長しないと厳しいかな。
ビアンフェは枠入りかなり嫌がっていたし、成長待ちの部分も大きそうですね。

中京記念 G掘1600m ハンデ
1着 グルーヴィット 1分33秒6
2着 クリノガウディー ハナ
3着 プリモシーン クビ
4着 ミエノサクシード クビ

グルーヴィットはファルコンSを現地で見て、これは将来楽しみで追っていこうと思った馬。
NHKマイルは前が壁にならなければ突き抜けもあったくらいに感じたので、このレース久々に購入(複勝ですがw)。当たってよかったです。
結構4コーナー手前からムチが入って追いどうしって感じでしたが、しぶとく伸びました。前も案外止まらない中で良く勝ち切ったかな、と。秋山騎手の好騎乗でした。
クリノガウディーもほぼ完ぺきに乗っての2着。プリモシーンは勝ちに行った分3着。
4着のミエノサクシードが前が壁になって足を余しての接戦。もったいないレースでした。次狙うならこの馬かな。

グルーヴィットは秋にもう少し成長したら大きいレースに勝てそう。出てくるレースを狙いたいですね。

先週の競馬回顧(7月14日)

函館記念 G掘2000m ハンデ
1着 マイスタイル 1分59秒6
2着 マイネルファンロン クビ
3着 ステイフーリッシュ 1 3/4

結果だけ見ると見事な行った行った。前半と後半が同じタイム。(前半59.8秒)
田中勝春騎手が見事に乗ったというレースでした。カッチーも久々の重賞では?(調べたら4年ぶり)

人気が割れていたとはいえ1番人気。ファンは良く知ってますね。

ステイフーリッシュは一応3歳の時に重賞を勝っていますけど、善戦ホースになっちゃってますね。父(ステイゴールド)譲り?

ローカルハンデ重賞は難しいですね。

ジャパンダートダービーは無敗でクリソベリル

ジャパンダートダービー G機。2000m
1着 クリソベリル 2分6秒1
2着 デルマルーブル 3
3着 ミューチャリー アタマ

クリソベリル強いですね。これで4戦4勝。
今後は古馬との対戦になっていくと思いますけど、怪物候補かもしれません。

それにしてもダートでのゴールドアリュール産駒の強さはすごいですよね。

2着3着はパイロ産駒。段々サンデー系じゃない種牡馬も増えてきました。牝馬にほとんど入ってしまっているから仕方ないんでしょうね。

先週の重賞回顧(7月7日)

プロキオンS G掘。1400m
1着 アルクトス 1分21秒2
2着 ミッキーワイルド 1/2
3着 ヴェンジェンス 2
5着 マテラスカイ

1番人気のマテラスカイが逃げてレースを作るも、かなり後ろからもつつかれて速くなった印象。そこを中団前目にいた馬に差された。内容は悪くないし、ペース次第ってことなんでしょうね。
アルクトスは内の前目にいて、直線抜け出す強い内容。本格化ですかね。
ミッキーワイルドも一瞬差しそうな感じでしたが。
ヴェンジェンスも流れ込んだ感じ。相手がマテラスカイだったという内容でした。

七夕賞 G掘2000m ハンデ
1着 ミッキースワロー 1分59秒6
2着 クレッシェンドラブ 3/4
3着 ロードヴァンドール 3

前が速かった感じで、前にいた馬はほぼ壊滅。ロードヴァンドールが唯一3着に残ったくらい。
後ろにいたミッキースワロー、クレッシェンドラブが1,2着。トップハンデのミッキースワローはかなり力が抜けてた、ということなんでしょうね。重賞2勝目、G1でも戦っていた馬。大きな舞台での活躍も期待。
クレッシェンドラブは重賞で2着で賞金加算。オープン特別やリステッドで勝って重賞でも、という感じかな。

先週の重賞回顧(6月30日)

CBC賞 G掘1200m 3歳上ハンデ
1着 レッドアンシェル 1分9秒8
2着 アレスバローズ クビ
3着 セイウンコウセイ クビ

土砂降りの不良馬場の中、1番人気のレッドアンシェルが快勝。
結構強い勝ち方でした。元々はアーリントンCで2着もある実績馬。1200mに転身した前走から連勝となってここが適距離って感じになったみたいですね。5歳ですが充実期のようですし、スプリンターズSでも上位の一角になりそう。
アレスバローズは内をうまくすくっての2着。川田騎手の上手さが光りました。
セイウンコウセイはG1馬の意地を見せての3着。逃げ粘りは地力の高さを感じます。

ラジオNIKKEI賞 G掘1800m 3歳ハンデ
1着 ブレイキングドーン 1分49秒8
2着 マイネルサーパス 3/4
3着 ゴータイミング 1 1/4

条件戦勝ち上がった馬か重賞を戦ってきた馬か。難しい予想になる重賞ですが、今回はG1出走経験のある2頭が1,2着。ブレイキングドーンは不良馬場に適正もあった感じですね。
ゴータイミングは最後方から3着確保。武豊が上手かったのかな。
ただ、秋以降につながるかどうかは微妙。ブレイキングドーンは道悪巧者になるかもですが。

帝王賞もレーン騎乗オメガパフューム

大井競馬場 D2000m G
1着 オメガパフューム 2分4秒4
2着 チュウワウィザード 1 1/4
3着 ノンコノユメ アタマ
6着 インティ

オメガパフュームが快勝。道中後方2番手から直線が大井は長いとはいえまとめて差し切って1馬身1/4差。見事というほかないです。
レーン騎手のペースを読み切る能力は、他のトップジョッキーを上回りますね。通年で乗ったらどんだけ勝つんだろう・・・。年間免許もあってもいいんじゃない?
オメガパフュームは強い4歳世代でこれでG亀蕕2勝目。どちらも大井ですので、よっぽど合うんでしょうね。
チュウワウィザードは初のG気2着。この馬も4歳。いまだに4着以下がない馬。G犠,弔里盪間の問題かな。
ノンコノユメは大井に転厩して初のレースで3着。健在ぶりを見せてくれました。まだまだ元気ですね。

インティが良く分からない敗戦。ペースが速かった気もしますが・・・。ばったり具合は展開か距離か。もっと圧倒する存在になるかと思ったのですが、ちょっとこの敗戦は残念ですね。

レーン騎乗、女傑リスグラシューが快勝(宝塚記念)

JRA競馬の上半期を締めくくるグランプリレース、第60回GI宝塚記念が23日に阪神競馬場2200メートル芝で行われ、ダミアン・レーン騎乗の3番人気リスグラシュー(牝5=栗東・矢作厩舎、父ハーツクライ)が優勝。好位2番手から直線一気に突き抜け、史上4頭目となる牝馬での宝塚記念制覇を達成した。良馬場の勝ちタイムは2分10秒8。
3馬身差の2着には1番人気に支持された川田将雅騎乗のキセキ(牡5=栗東・角居厩舎)が逃げ粘り、さらに2馬身差の3着にはミルコ・デムーロ騎乗の6番人気スワーヴリチャード(牡5=栗東・庄野厩舎)。クリストフ・ルメール騎乗の2番人気レイデオロ(牡5=美浦・藤沢和厩舎)は5着に敗れた。(スポナビより)
宝塚記念 G機2200m 3歳上
1着 リスグラシュー 2分10秒8
2着 キセキ 3
3着 スワーヴリチャード 2
4着 アルアイン 2
5着 レイデオロ 3/4
9着 エタリオウ

レーン騎手が席巻した春競馬。締めくくりもレーン騎手が騎乗したリスグラシューが勝ちました。
キセキがやや出負け。そこから押して先頭へ。リスグラシューはやや行きたがっての先団取りつきでしたが、そこできっちりと御したのがさすがというレーン。最後直線までしっかりとためて、直線でキセキを交わしてゴール。3馬身差の圧勝でした。レーン騎手の上手さも光りましたね。
キセキもあの展開でしっかり2着に残るあたりは強いんですが・・・。G1に勝っているのに善戦ホース、というのも珍しい。秋のグランプリあたりは来そうなのですが。
結局4番手までにいた馬が上位4着を占める結果。キセキの作ったペースが遅めだったんでしょうね。
最強の1勝馬エタリオウは見せ場無しの9着。展開不向きだった、ということですね。

先週の競馬回顧(6月16日)

函館スプリントS G掘1200m 3歳上
1着 カイザーメランジェ 1分8秒4
2着 アスターペガサス 1 1/2
3着 タワーオブロンドン クビ

大量除外の影響で6頭消えて7頭立てに。ダノンスマッシュを買うつもりだったのですが・・・。
で、タワーオブロンドンの複勝にしたのですが、差し届かず。
開幕週の馬場で自分のペースで逃げた馬は止まらないって典型でしたね。強い4歳世代のカイザーメランジェで2頭のうちの1頭。こっちだったか・・・。
アスターペガサスは3歳で2着は立派。ただ、小頭数なので、評価は次に持ち越し。
タワーオブロンドンも1200〜1400では強いかもですね。

ユニコーンS G掘。1600 3歳
1着 ワイドファラオ 1分35秒5
2着 デュープロセス アタマ
3着 ダンツキャッスル 3

ワイドファラオは芝で重賞を買っている馬。ダート転身でいきなり結果。逃げれたし、速い時計の決着に他のダートのみ経験の馬が対応できなかった感じでしたね。並ばれてからの勝負根性もすごい。
勝っても人気になりにくいタイプかも。でも勝つって馬はおいしいんですよね。
デュープロセスはデアフルーグ(1番人気8着)に先着しているのに人気で負けていた馬。ダートでは1番強いってのを証明した形。勝ったワイドファラオの根性を褒めるべきかな。
ダンツキャッスルも芝でも走っていた馬。そういう馬が上位にくる馬場だったってことですね。

先週は大量の取り消しが発生したことで今後にも影響しそうな感じ。
まだ宝塚の週じゃなくてよかったという感じかもしれませんね。

6月9日の競馬回顧

マーメイドS G掘.魯鵐如〆綽2000m 3歳上牝馬限定
1着 サラス 2分00秒3
2着 レッドランディーニ ハナ
3着 スカーレットカラー 3/4
4着 センテリュオ 1 3/4

前に行った馬が総崩れ。最後方からサラスが差し切り。前が速かったということでしょうね。
後方にいた軽量馬が上位にきていますし。
ハンデ戦前走1着の馬が2着3着。こういう馬の見極めが出来るようになれば。
1番人気のセンテリュオは4着。後方からきてたから切れ負けですかね。

エプソムC G掘‥豕1800m 3歳上
1着 レイエンダ 1分49秒1
2着 サラキア 3/4
3着 ソーグリッタリング 1

こっちは逆に超スロー。ヨーイドンでいい走路を確保した前の2頭がそのまま入れ替わっただけでゴール。
正直評価は難しいレース。レイエンダって馬は人気になると裏切るタイプかもしれませんね。

で、4歳が2頭だけ出ていて1,2着。4歳勢が抜けて強いのは今年1年続きそうです。

ソーグリッタリングも最後詰めてきていますがこれは展開。力はありますし、次は狙うべきですね。

インディチャンプがマイル王に。

安田記念 G
1着 インディチャンプ 1分30秒9
2着 アエロリット クビ
3着 アーモンドアイ ハナ
16着 ダノンプレミアム

アエロリットは牡馬相手に先行すると粘りますね。牝馬同士だと案外なのですが・・・。たまにそういう馬いますよね。
そこをしっかりと交わしたインディチャンプはマイルでは強いですね。4歳ですし、マイル王として今後も君臨しそうです。マイラーとしての活躍。最近いないので楽しみです。
アーモンドアイは出遅れて不利。それでもあわやの3着まで突っ込んでくるから規格外の馬です。
春はこれ以上走らないと思いますが、秋は天皇賞・秋あたりでぶっちぎってほしいです。
ダノンプレミアムは競走後に下馬。結果故障ではなかったので不幸中の幸いですが・・・。
今後も難しい馬になりますね。どこかでパンクしそうですし。

鳴尾記念 G
1着 メールドグラース
2着 ブラックスピネル
3着 ステイフーリッシュ
8着 タニノフランケル

メールドグラースは重賞2連勝。鳴尾記念は開幕週で前残りのレースだったと思うのですが、それを後方から差し切ったので、本物というか、かなり強い馬ということになります。
さすがに現時点で宝塚云々は厳しいと思いますが、秋の天皇賞を目指して上手くローテを組んだら取っちゃう可能性もありそう。
ブラックスピネルは積極的に逃げてペースを作ったのが上手くいきましたね。タニノフランケルにこういうレースを期待して馬券を買ったのですが・・・。
ステイフーリッシュはややじりっぽい感じですね。上位には確実に来る馬ですが、勝ち切るまではどうかな。

令和最初のダービー馬はロジャーバローズ

日本ダービー
1着 ロジャーバローズ 2分22秒6
2着 ダノンキングリー クビ
3着 ヴェロックス 2 1/2
4着 サートゥルナーリア 1/2

ロジャーバローズが1着。展開に恵まれたというか、リオンリオンがハイペースで逃げてそこから離れての2番手。ペースメーカーがいて単騎で逃げているような感じで絶妙なレースになりました。それでも最後まで踏ん張ったのは力がありますし、タイムも優秀。
しかし・・・。これは買えないですよね・・・。
サートゥルナーリアと同厩舎で、同じ厩舎の馬は人気薄を狙えって大昔から言われますが・・・。

ここでその格言が来るとは。浜中ジョッキーはおめでとうございます。

そこからの3頭は人気の馬。ただ、サートゥルナーリアは最後の失速はなんだったんだろう。出遅れもあったし、距離か、展開か。レーン騎手もプレッシャーもあったか。

ダノンキングリーの戸崎騎手は昨年に続く2着。ダービー勝利はまたもならず。悔しいでしょうね。
ヴェロックスとともに、菊花賞に最後の一冠をかけることになりそう。

無敗の皐月賞馬は負けないって感じでしたが、そう簡単に信じてはいけませんねぇ。。。

葵S
1着 ディアンドル 1分8秒0
2着 アスターペガサス
3着 アウィルアウェイ

ディアンドルは1200mのレースのみ使って5連勝。短距離のスペシャリストとして今後も活躍するか。
アスターペガサスも近走悪くて人気を落としていましたが、1200mは2戦2勝。こちらもスペシャリストになるかもですね。
1200mの重賞って3歳路線にあってもいいかなと思いますが、この時期でちょうどいいのかな。

目黒記念
1着 ルックトゥワイス 2分28秒2
2着 アイスバブル
3着 ソールインパクト
8着 ブラストワンピース
勝ちタイムからするとかなり速い時計だから、ブラストワンピースは勝ちにいって斤量が響いて失速という感じに見えました。
後方にいた馬が上位で刺し切っているので、うまくペースを呼んだレーン騎手が上手かったのかな?って感じです。
ダービーを引きずらなかったのはさすがですね。
アイスバブルは前走1着。買おうか迷って買わずに失敗でした。

桜花賞馬不在のオークスは別路線のラヴズオンリーユー

オークス 2400m 
1着 ラヴズオンリーユー 2分22秒8
2着 カレンブーケドール クビ
3着 クロノジェネシス 2・1/2
4着 ウィクトーリア クビ
5着 ダノンファンタジー アタマ
12着 シゲルピンクダイヤ

ラヴズオンリーユーが勝利。桜花賞馬不在のオークスでしたが、今回は別路線の忘れな草賞組のラヴズオンリーユーでしたね。
ミルコがさすが。ルメールがいないと強い。
忘れな草賞見た時にこの馬強いって思っていたんですけどね・・・。なかなか人間の記憶は続きません><
カレンブーケドールはスイートピー組。桜花賞3着のクロノジェネシスが3着。フローラS優勝のウィクトーリアは4着。今回は別路線組が上位にきました。
購入したシゲルピンクダイヤはレース前に入れ込んでいたのが響いた感じ。正面スタートが響きましたね。

平安S D1900m
1着 チュウワウィザード
2着 モズアトラクション
3着 オメガパフューム
6着 ジョーダンギング

ちょっと前が速かった感じで先行崩れの中、先に抜け出したオメガパフュームをチュウワウィザードとモズアトラクションが差し切る競馬。
オメガパフュームは59kgの斤量も響いた感じでした。
モズアトラクションは超人気薄。これを買えるセンスはなかなか身につかないですよね・・・。
チュウワウィザードは1番人気に応えました。4歳馬ですしダートのトップホースとしての活躍も期待出来そう。
ジョーダンギングは中を突いていい脚も使いかけたのですが脚色が一緒になっちゃいました。

来週はダービー。オークスと違って一本被りになりそう。無敗のダービー馬誕生なるか注目です。

レーン騎手すげー。(ノームコアがヴィクトリアマイル制覇)

ヴィクトリアマイル
1着 ノームコア 1分30秒5
2着 プリモシーン クビ
3着 クロコスミア 1/2
4着 ラッキーライラック ハナ
11着 レッドオルガ

ノームコアが1着。前が速くて勝ちタイムがレコード。底力が必要な展開になって、レーン騎手の上手さもあり差し切り勝ち。
馬群前にあったんですけど、上手くさばくあたりが技術なんでしょうね。しっかしこれで早くも日本のG1制覇。来週再来週も有力馬ですし、3連勝あるかも。
2着のプリモシーンのがいい脚を使ってきたのですが、ノームコアとは位置取りの差。ただ内にいたレーン騎手は当然リスクもあるわけで、これは責められないかな。メンバー最速の脚(33秒0)は見事。
クロコスミアはG1で2着が2回ある力のある馬。一旦交わされたラッキーライラックを再度差し返した勝負根性はすごい。
ラッキーライラックは勝ちに行った競馬で目標にされた感じ。ここを突き抜ける強さは無かったということ。それでも力はあるのですが・・・。中距離のがレースしやすいかもですね。
レッドオルガを買っていたのですが11着。直線半ばまでは勝ち馬たちと同じくらいの脚を使っていたのですが、残り200mくらいで前が詰まって失速。残念でした。

京王杯スプリングカップ G
1着 タワーオブロンドン 1分19秒4
2着 リナーテ
3着 ロジクライ
4着 トゥザクラウン

レーン騎手が重賞勝利。すごいですね。この短期免許で一気に席巻していますね。
トゥザクラウンが勝つような流れだったのですが、最後に少し失速したところを2頭に差されました。強くなっているのは確かですね。

タワーオブロンドンは強いか弱いかよくわからない馬。次のレースも悩まされる存在になりそうです。

プリンシパルS(ダービートライアル)
1着 ザダル 1分58秒3
2着 エングレーバー

逃げ粘るエングレーバーをゴール直前に差し切る。
ダービーまで中1週になったレースなので、本番どうこうはさすがにないレースになってしまいましたが、ザダルはこれで3戦3勝。次はラジオたんぱ賞あたりで見たい気がしますね。秋に備えたらすごい馬になるかも。
エングレーバーもしぶとい馬で、近いうちに勝ち上がりそう。

マイル王にアドマイヤマーズ

NHKマイルC
1着 アドマイヤマーズ 1分32秒4
2着 ケイデンスコール 1/2
3着 カテドラル ハナ
4着 ダノンチェイサー
5着 グランアレグリア(4位入線降着)
10着 グルーヴィット

男馬の意地。2歳王者の意地。マイルでは負けない。アドマイヤマーズはグランアレグリアには負けてないわけで、2番人気というのは失礼だったか。
それでも勝ちタイムもいいですし、ミルコも今年はイマイチでしたが、こういうところで勝つのはさすが。
グランアレグリアは男馬と混ざるとしおらしくなるんでしょうか(笑)。牝馬同士とでは結果が変わるタイプなのかもしれません。メジロドーベルタイプかな。ルメールは騎乗停止。痛い騎乗になってしまいました。
グルーヴィットの複勝も買っていたのですが、前が詰まって10着。いい脚は使っていたのでこの後も追っていきたい馬ですね。

京都新聞杯
1着 レッドジェニアル
2着 ロジャーバローズ
3着 サトノソロモン

レッドジェニエルが直線抜け出してきました。ロジャーバローズが内で粘っていたのですが、差し切ってきましたね。
ダービーでどうこうではなさそうですが・・・。
11番人気の1着。予想は難しいですよね。

かしわ記念(jpn1)
1着 ゴールドドリーム
2着 インティ
3着 アポロケンタッキー

直線入るところで満を持して先頭に立ったインティを、ゴールドドリームが最後刺し切ってゴール。
レベルの高い2頭の一騎打ちでした。
インティは少し出遅れて自分のペースで逃げられなかった分、最後相手の台頭を許した感じでしたね。ただ、それでも強い。1,2着は相手関係で入れ替わる可能性がありそうですが、ほかの馬との差も感じるレースでした。
この2頭は今後もダート界を盛り上げそうです。

長距離G2連勝、フィエールマン

天皇賞・春
1着 フィエールマン 3分15秒0
2着 グローリーヴェイズ クビ
3着 パフォーマプロミス 6馬身
4着 エタリオウ クビ

フィエールマンは唯一のG1勝ち馬ということで意地を見せた形。しかしキャリア6戦で天皇賞制覇はすごいですね。
グローリーヴェイズも4歳馬。強い4歳世代はやっぱりすごいです。

フィエールマンとグローリーヴェイズのたたき合いは素晴らしかった。名勝負といっていいレースに。
G2勝目。歴史的名馬になるかもですね。次にどのレースを選ぶのかも注目。

エタリオウは最強の1勝馬の脱却はならず。勝つとしたら目黒記念とかそのあたりかな。

パフォーマプロミスは骨折した模様。残念です。

青葉賞
1着 リオンリオン
2着 ランフォザローゼス
3着 ピースワンパラディ

リオンリオンが絶妙な逃げ切り。これは横山ノリが上手すぎました。
ランフォザローゼスもいい脚を使っていましたが、思った以上にリオンリオンに脚をすり減らされてた印象。
ダービーで勝負となるとどっちも厳しいかな。リオンリオンはペースを握ったら馬券圏内に来る可能性もありそうですが。

スイートピーS
1着 カレンブーケドール
2着 シングフォーユー
3着 セリユーズ

カレンブーケドールがオークスの優先出走権獲得。
オークスは混戦っぽいですけど、出番までは厳しいかなぁ。

新潟大賞典
1着 メールドグラース
2着 ミッキースワロー
3着 ロシュフォール

ハンデ戦重賞で前走1着が2頭いて、それが1着3着。この法則の強さを感じますね。
メールドグラースは外から見事に差し切り勝ち。強かったです。これで3連勝。4歳のルーラーシップ産駒ですし、これからまだまだ伸びてきそう。中央場所でも出番が来そうです。
新しく短期免許で来たレーン騎手は早くも重賞勝利。これは旋風が来るかも。ちょっと来週以降も追いかけようかと。

先週の重賞回顧

福島牝馬S
1着 デンコウアンジュ
2着 フローレスマジック
3着 ダノングレース

デンコウアンジュが外からきれいに差し切りました。早めに動いた馬を見ながらうまく乗った感じ。
善臣先生が久々に重賞を勝ちました。
上位3頭は人気上位の馬。内がごちゃつきましたが、力のある馬が来た感じですね。

マイラーズカップ
1着 ダノンプレミアム
2着 グァンチャーレ
3着 パクスアメリカーナ
4着 インディチャンプ

ダノンプレミアムつえ〜。これしか言いようがない。
久々のマイルも問題なし。安田記念も本命ですね。
スローに落として粘ったグァンチャーレが2着。馬群を割って3着に食い込んだパクスアメリカーナ、インディチャンプも力がありますね。本番では見直したい2頭。

フローラS
1着 ウィクトーリア
2着 シャドウディーヴァ
3着 ジョディー
8着 アモレッタ

ウィクトーリア、シャドウディーヴァがオークスの優先出走権を獲得。内で我慢しながら直線ジリジリと抜け出したシャドウディーヴァを、外からギリギリ差し切ったウィクトーリア。
オークスはシャドウディーヴァのが面白いかも。距離延長も歓迎のようですし。

馬券は1勝馬のアモレッタを買いましたが8着。簡単じゃなかったです。

無敗の皐月賞馬、サートゥルナーリア

皐月賞
1着 サートゥルナーリア 1分58秒1
2着 ヴェロックス アタマ
3着 ダノンキングリー ハナ
4着 アドマイヤマーズ 2
5着 クラージュゲリエ 1・1/2

サートゥルナーリアがぶっつけも何のその、単勝1.7倍の人気に応えました。
直線すっと抜け出してから、ヴェロックスの抵抗にあいましたが、着差よりは危なげない勝利に見えました。
単勝1倍台で勝った皐月賞馬はダービーも出走さえできれば勝っていますので、ダービーも鉄板でしょうね。
ヴェロックスも強い馬ですよね。ただ、距離が伸びて着差がどうなるか。ダノンキングリー含めて勝負できそうなのはこの2頭くらいかな。別路線で出てくればいいですけど。
アドマイヤマーズはマイルに行くみたいですから、マイルCが面白くなりそうです。

アーリントンC
1着 イベリス 1分34秒2
2着 カテドラル クビ
3着 トオヤリトセイト アタマ
4着 ニシノカツナリ アタマ
5着 ユニコーンライオン クビ

イベリスが逃げ切り。マイペースで行ってしぶとい勝ち方。タイムも悪くない。東京で逃げ切れるかは分かりませんが・・・。
カテドラルは直線で最後方にいてから直線も馬群を割っての2着。すごい脚でした。こちらはマイルカップでも人気しそう。
トオヤリトセイトは2着確保できる流れで最後刺された形。ちょっともったいなかった。

中山グランドジャンプ
1着 オジュウチョウサン 4分47秒6
2着 シンキングダンサー 2・1/2
3着 マイネルプロンプト 7

かなり競りかけられたり、マークされたり、決して楽な競馬ではなかったですが、オジュウチョウサンがJG1を5連覇。感動すら覚えるレースでした。シンキングダンサーの健闘も光りました。
宝塚記念は距離的に厳しい気がしますが・・・。天皇賞春で見たかったですね。

アンタレスS
1着 アナザートゥルース 1分50秒8
2着 グリム 1/2
3着 ロンドンタウン クビ

アナザートゥルースが快勝。グリムには前走で負けていたようですが、今回は勝ち切りました。
展開が向いた気もしますし、力の差はなさそうです。
グリムも成長していますし、ダート界で上位争いできそう。
ロンドンタウンも日本の重賞で上位争いが出来ています。地方とかでも勝つチャンスありそうです。

桜花賞はグランアレグリアの圧勝。

桜花賞
1着 グランアレグリア 1分32秒7
2着 シゲルピンクダイヤ 2 1/2
3着 クロノジェネシス クビ
4着 ダノンファンタジー ハナ
5着 ビーチサンバ クビ

3角から先頭をうかがって直線持ったまんま。最後突き放して桜花賞レコード。
これは化け物ですわ。グランアレグリア。強かったって言葉では足りない感じ。
ダノンファンタジーは負かしにいった分4着に敗れました。勝負にいっただけさすがでしたけどね。道中行きたがっていたし距離延長は難しいかも。
グランアレグリアはマイルに行くみたいですけどね。オークスは厳しいのかな。

シゲルピンクアイヤは馬群を割って最後2着確保。和田騎手の好騎乗でしたね。オークスで面白い存在になりそう。
クロノジェネシスは直線手前で前が壁に。そこから外に持ち出した分最後3着止まり。こちらもスローに泣いたところもあるので、オークスで見なおしてもいいかもです。

阪神牝馬S
1着 ミッキーチャーム
2着 アマルフィコースト
3着 ミエノサクシード
7着 レッドオルガ
8着 ラッキーライラック

1600m戦で1000m通過が1分ちょうど。ドスローの上がりの競馬。前に行った馬が有利な展開になっちゃいましたね。
絶好調の川田騎手が上手く乗った感じでした。ミッキーチャームは秋華賞2着馬。これくらいは不思議じゃない馬ってことですね。
ラッキーライラックは展開に泣いた感じ。前も壁になっていたし。次はG1でしょうが反撃はありそう。
レッドオルガの複勝を買いましたがはずれ。こちらも後ろになって展開に泣きました。

ニュージーランドT
1着 ワイドファラオ
2着 メイショウショウブ
3着 ヴィッテルバッハ

ワイドファラオが逃げ切り。抜群のスタートからスローに落として最後踏ん張りました。ウォッカの角居厩舎はここで勝った、という感じでしたね。
メイショウショウブも内々から回って好騎乗。ヴィッテルバッハはこの展開で後ろからぶっとんできたので相当力はありそう。府中で狙うならこの馬かも知れませんね。

アルアイン久々のG1勝利

大阪杯 G
1着 アルアイン
2着 キセキ
3着 ワグネリアン

北村友一騎手がG1初勝利。おめでとうございます。
アルアインとキセキは通った位置の差。アルアインは騎手が上手くのったってレースでしたね。
キセキもなかなか勝ち切れないですね。強い競馬はしているんですが。宝塚記念はキセキが来るような気がしますが。
ワグネリアンも休養明けということを考えれば上出来。ここも無事に次に行ければ強い馬ですね。

エポカドーロは失速したのがどうか。騎手を替えてみてほしいな。
ブラストワンピースの負けも良く分かりませんね。馬場?

アルアインもG1馬ですが、完全に蚊帳の外にされてた感じでしたね。でも菊花賞以外は掲示板外してないんですね、この馬。立派です。


ダービー卿CT G
1着 フィアーノロマーノ
2着 プリモシーン
3着 マイスタイル

フィアーノロマーノは横綱相撲で押し切った感じで強かったですね。ハンデ戦なので差は少なかったのですが。
プリモシーンも最後いい脚を使っていますね。牝馬同士でなら大きいところもチャンスありそう。

ドバイターフのアーモンドアイはすごかったですね。化け物ですわ。後はヨーロッパの馬場が合うかどうか。どっか2400mのヨーロッパのレースを1回使ってほしいですね。出来ればG1で。

Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
16日
Bリーグ観戦
19日
全三河大会
蒲郡球場
20日
尾東大会
Recent Comments
  • ライブドアブログ