コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

中日ドラゴンズ

貯金2で2位タイ浮上

中日3−1DeNA

DeNAも今年は強いので、2連戦はなんとか1勝1敗で行ってほしいな、と思っていたところで連勝。
筒香が負傷でいないことも中日、特に1戦目の大野にとっては大きなプラス材料でしたね。

それでも、正直濱口の出来からいって、1回に先制したものの、追加点はなかなか取れそうにないし、このまま1点で逃げ切るしかないけど、そこで投手陣が踏ん張り切れず負けるというここ何年かの試合を覚悟したのですが、5回に周平のピッチャーの足を襲う打球が濱口に当たってそこからリズムを崩し、一気に2点を奪った。特に、平田の3点目の犠牲フライが大きかったですね。こういうあと1点がずっと奪えなかったし。

リリーフは盤石でした。谷元投手がランナーを残したところでのリリーフ役をこなしてくれているのがでかいですよね。
R.マルティネスはロメロを戻すときにどうするか。アルモンテも代打で意地のヒットを打つし、競争が出来ているのが今年の強さにつながっていますね。

こういうブログを書く気にずっとならなかったのですが、今年は書いていこうと思える状態になってきました。

ヤクルトとの3連戦はとりあえず一つ勝てばOKですが、本音は勝ち越したい。なんにしても土曜日の吉見に勝ちをつけたいですよね。

ヤクルト戦も勝ち越すようだと本気で本物といえる。もちろん、GWまで強いとか、一過性の可能性もありますが、投手陣が整備されてきたので、大崩れはしないと思います。あとは故障さえなければ・・・。層は厚くないだけに、ですね。

上茶谷攻略

中日7−1DeNA

今季3戦目のナゴド観戦でしたが、快勝となりました。
DSC_0456
DSC_0457
DSC_0459
DSC_0461
タイトルは573日ぶりの大野勝利、とするべきかな、と思いましたが、オープン戦で完璧にやられたルーキー上茶谷投手を攻略したことが見事だな、と感じたので、そちらにしました。

上茶谷投手はMAX145kmと思ったほどはスピードが出ていないので、何とか攻略できるかな、とは思いましたが、初回に2死から大島がヒットで出塁。ここでいきなり盗塁を仕掛けてエラーもあって3塁まで行ったこと。これが一つポイントだったかな、と思いました。
3回には、平田のホームランの後、京田がヒットで出塁。ここで大島のところでも走って、ランエンドヒットで2塁へ。ここで3盗を仕掛けて成功。これも大きかった。
確かに上茶谷投手はクイックがそこまで速くない感じがしました。それを事前に見つけて、しっかりと仕掛けた。こういうことが低迷していた時にはできていなかったこと。
阿部選手も3安打も見事でしたが、最初の打席で粘りに粘ってのP強襲。
3回に1死1,3塁できっちりと犠牲フライをあげた福田。
こういうやるべき仕事をきちっとやれているので強いな、と思えるようになってきました。

加藤が2安打で3割にのせたこともびっくり。打てないと言われていたのに、ねぇ。

大野投手はMAX149km。コントロールにやや苦しみましたが、首脳陣も我慢しながら7回途中まで1失点で踏ん張り、今季初勝利。ピンチで抑えた田島投手も良かったですよね。

R.マルティネスは158kmをマーク。球場を沸かせました。

お客さんは寂しい入りでしたが、いい試合をやっていますし、もっと増えるといいですね。

これで観戦は2勝1敗となりました。チームもそうですが、貯金を増やしたいですね。

次に行くのはGW明けになりそう。その時に5割以上で踏ん張っていてほしいです。

中日は1周り終わって5割は上出来

14試合終了7勝7敗 .500 4位

上出来ですよね。
チーム打率 .274 2位
チーム本塁打 15 4位
チーム得点 62 4位
チーム盗塁 11 1位
チーム犠打数 13 1位
チーム防御率 3.53 3位
チーム失点数 50 1位
チーム失策 4 1位

チーム得点圏打率は低い.211(リーグ5位)ですが、仕方ないかな。いつかは改善するかもしれないし。

数字だけ見てもいい数字が並んでますよね。ナゴヤドーム本拠地って考えたら本塁打も健闘していますし。
盗塁が11でトップとか、意外といえば意外。犠打は多い印象ありますが。

失策は去年からずっと1位なんですよね。もっと評価されてもいい。

打順はコロコロ変わっていますが、今のところそれがマイナスになっていなくて、むしろプラスになっている印象です。代わりに出た選手が活躍していますし、それが次のモチベーションになってる。

あとは下で好調の選手とかとどう入れ替えていくか。これもカギになりそう。

先発で勝っていないのは吉見、大野。この2人に勝ちがつけば落ち着くだろうし、リリーフも防御率が悪いピッチャーもいますが内容はそんなに悪くない。佐藤の使い方だけ不満といえば不満ですが、そこをうまく運用できれば。
采配面も不満な試合も少しはありましたが、徐々に改善されてきていると思います。土曜日の試合を勝って一旦は貯金を作ったことで、一つ壁を破りましたし、交流戦くらいまでは5割前後で行けると思います。

そこまでにアルモンテ、福田の調子をどう持っていくか。そうすれば交流戦も戦えると思いますし。

4月末までに12試合。6勝6敗以上で行きたいですね。そして4月27日から始まる12連戦が最初の山。頑張ってほしいな。

福田の逆転2ランホームラン!

中日3−2巨人

DSC_0443
DSC_0446

中日ロメロ、巨人メルセデスの投げ合いは、お互いにゲッツーが2つずつ出る展開で、テンポよく5回まで来て同点。
6回にこの日2打点目となる岡本の2ベースで勝ち越されるも、その裏に2死からビシエドが歩いて、福田の一発。

打球も上がった瞬間入ると思いましたが、素晴らしい当たりでした。

それ以上に7回又吉、8回田島、9回鈴木博で逃げ切ったことが大きかった。これにロドリゲスを加えた4人を上手くローテーションしながら回せると、大分リリーフが楽になりそう。
谷元も機能してるし、佐藤をもっと使って、祖父江が落ち着けば屈指のリリーフ陣になれる。
先発で笠原と大野に早めに勝ちをつけたいな。

これで観戦は1勝1敗。なんとか勝ち越したいなぁ。

中日−ソフトバンク ウエスタンリーグ(4月9日)観戦記

4月9日のナゴヤ球場でのウエスタンリーグの公式戦、中日−ソフトバンクの観戦記です。
根尾効果なのか、スタンドは満員に近いくらい入っていました。

ソフトバンク
1000001002|4 H9 E1
2000000000|2 H4 E0
中日
(延長10回)

ソフトバンク
吉住、杉山、二保、笠原−九鬼
中日
山本、福谷、伊藤準、R.マルティネス、岡田−松井雅、武山

投手成績
ソフトバンク
吉住 3回 49球 被安打4 四球3 三振2 失点2
杉山 2回 29球 被安打0 四球1 三振2 失点0
二保 2回 21球 被安打0 死球1 三振1 失点0
笠原 3回 41球 被安打0 四球2 三振5 失点0
中日
山本 6回 99球 被安打4 四球5 三振1 失点1
福谷 1回 13球 被安打2 四球0 三振1 失点1
伊藤準 1回 11球 被安打1 四球0 三振0 失点0
R.マルティネス 1回 12球 被安打0 四球0 三振2 失点0
岡田 1回 22球 被安打2 四球0 三振0 失点2

ソフトバンクは2番手でルーキーの杉山投手が登板。三菱重工広島出身。MAX146kmとかなりの球威がありました。上でも出番がありそうですね。
4番手の笠原投手も良かったです。MAX142km。左のオーバーハンド。育成なのですが、支配下にしてもいいくらいの球を投げてた気もしますが・・・。層が厚いんでしょうね。

中日は2年目の山本投手が先発。MAX142km。3回からボールが抜け始め修正がなかなか出来ず。それでも6回まで投げ切ったことは立派。悪いなりでも抑えたことは自信になりそうです。
福谷投手はMAX147km。失点は守備がまずかっただけですから気にしなくてもいいですが、先発で行くかリリーフで行くかはどうするんでしょうね。
伊藤準規投手も復帰。MAX145km。上で取って替わるなら小熊のポジションっぽいけど、現状はしばらく下かな。
R.マルティネスはMAX152km。一人別格の球威を見せていました。外国人枠が無ければ即使いたいくらいの投球。もったいないな。
岡田投手はMAX141km。もう少し球威が欲しいな。

ソフトバンク
8田城 6川瀬 4三森 7長谷川勇 3美間 D谷川原→H明石→H黒瀬 2九鬼 9コラス 5増田
中日
4亀澤 9伊藤康→8近藤 5溝脇 Dモヤ 3石川駿 7藤井→松井佑 6根尾 2松井雅→武山 8滝野→H石垣

(試合経過)
1回表、2死3塁から4番長谷川勇のショート後方に落ちるタイムリー2ベース。ソフトバンクが先制。
1回裏、1死1塁から3番溝脇がタイムリー2ベース。4番モヤがタイムリー。中日が逆転、2−1
7回表、1死1,3塁からショート後方、レフト前に落ちて、セカンドでアウトも3塁ランナーホームイン。2−2
延長に突入。
10回表、1死1塁から4番長谷川勇が2ランホームラン。4−2
ソフトバンクが勝ちました。
続きを読む

貯金チャレンジ失敗

中日2−3広島

吉見が毎回安打を打たれながらも全て2死からだったのもあって踏ん張り、初回の1点でなんとかしのいでいた試合。
状況的にはそのまま逃げ切らないと勝てなかった試合でしたが、7回に祖父江が3ランを浴びて逆転。
ただまぁ、谷元、小熊、田島と抑えたので、収穫はあったと思います。佐藤優を使わないのは不思議なのですが・・・。

最後のプレーはあり得ない。亀澤は同じアウトにしても、一瞬の飛び出しで戻りきれなかったのならまだ分かりますが、そのまま走っていくのは・・・。
ゴロゴーだったとしても完全にライナーでしたし。

代走じゃなく、そのままビシエドだったらありえなかったと思うし、そもそもビシエドを下げたのもちょっと微妙だったと思うんですけどね。あくまでも同点のランナーでしたので。

1036日ぶりの貯金に失敗。次のチャンスがいつ訪れるか。もったいなかったなぁ。

リリーフ好調

3月22日の楽天−中日のオープン戦の感想です。
中日はDHを外して本番モードでの試合でした。

楽天
011000000|2 H6 E1
001001000|2 H7 E0
中日

楽天
岸、安楽、松井−嶋
中日
笠原、阿知羅、田島、祖父江、ロドリゲス−加藤

◇気付いたこと
笠原は立ち上がりそんなに良くない感じでした。ただ、オコエに一発を浴びてからは開き直ったか良くなった。まぁこのくらいの出来の方が本番(開幕)で期待出来るかも、ですね。

加藤はランナーがいる時だけなのかも知れませんが、ベンチからリードのサインが出ていたように感じます。ただ、3回からはテンポも良くなったし、気のせいかもしれませんが・・・。
バッティングでホームランとヒットの2安打。甘い変化球を捉えたホームランも見事でしたが、追い込まれてからまっすぐに対応出来たヒットが良かったですね。開幕スタメンは決まりでしょうね。シーズンで早めにヒットが出るといいのですが。

リリーフ陣はこの日も無失点リレー。前日とメンバーが総とっかえでこの内容というのは頼もしい。というか、全員ベンチ入り出来るわけでもなさそうですし、どういう運用をするか注目。
前年より軒並みピッチャーのスピードが上がっているのは、コーチ陣が有能なのでしょうかね。

走塁でチョンボもありましたが、打つ方はこんなもんかな。平田が心配ですが・・・。四球が選べるので1番はいいんですけどね。
5番阿部はやっぱりきつい。打線を考えると福田サード、高橋セカンドが現実的だと思うんですけど・・・。
今日のスタメンだったら5番高橋にしてほしい。

楽天の安楽、松井のリレーはうれしかった。高校野球ファンにはたまらないリレーでしたね。松井のまっすぐに切れを感じなかったのは気がかりですが。
岸はさすがです。打てる感じがしなかった。球数放らせたのは良かったですけど。

何にしても投手陣が勝負出来そうなところまで来ているのに期待ですね。堂上が頑張っているし、京田の扱いとどう舵を切るか、注目です。

ナゴヤドームのビジョンの選手紹介が写真、ドラフトの年度順位が入ってより親切になりました。去年入れてほしいってつぶやいていましたが、聞こえたかな?(笑)

2019年ナゴド初参戦

3月21日、ナゴヤドームでのオープン戦、オリックス−中日を見てきました。
雨で予定外と言えば予定外の観戦でした。

オリックス
020020000|4 H5 E2
01020040X|7 H11 E0
中日

オリックス
松葉、比嘉、齋藤、荒西、山崎福−伏見
中日
ロメロ、小熊、佐藤、マルティネス、鈴木博−加藤、大野奨

◇気付いたこと
ロメロはMAX156km。確かに速い。序盤は抜け球が多くて苦労していましたが、3回くらいから変化球を交えて落ち着いてきた。ランナーを出すとバタバタするところなど、課題が多くみえた登板。今後どう活かして変わっていくか。日本で勝てるようになるかのカギになりそうです。

リリーフ陣がほぼ完ぺきな登板。投げる球がみんな強くなっている印象。佐藤を心配していましたが、ボールに勢いがあって一安心。マルティネスは出来れば上で使いたいな。

加藤の肩はやっぱり魅力。完全にロメロが盗まれていた場面でも間一髪にまでしていましたし、見ていて楽しい選手。足も意外に速いし、身体能力が高いんでしょうね。成長を期待したいです。

直倫のホームランは見事でした。強打者としてついに覚醒?引っ張った打球が多かったところが好感ですね。

阿部の活躍もうれしかった。開幕一軍は確定でしょうね。

京田が逆に心配ですね。開幕に引きずらないといいけど。

福田のレフト。2年前だったらなぁ。アルモンテがいなかったらありなんだけど。

オリックスは吉田、頓宮と魅力あるバッターがいますね。荒西投手は逆転を許した形ですけど、最初のイニングはいいボールを投げていました。

今年は良くて5割、と思っていましたが、意外といけるかも、と思える内容。リリーフの運用次第ですけど、スタートで上手くいければいける気もしました。

この試合、伴君(@22kazuma224)と一緒に観戦しました。野球を高いレベルでやっていた方との観戦は勉強になりますね。楽しかったです。

中日の現時点での開幕メンバー予想

現状の中日の先発候補
1軍
又吉、法吉見、大野、山井、笠原、小熊、ロメロ、(福谷)
2軍
阿知羅、石川、三ツ間
故障
小笠原、松坂、梅津、鈴木翔

開幕ローテはロメロ、法笠原、又吉、大野、吉見or山井ですかね?

リリーフ候補
勝ちパターン
田島、佐藤、鈴木博、ロドリゲス

モップアップ込み
福、岡田、祖父江(小熊)

入替え要員
谷元、勝野、山本、清水、マルティネス

現時点での開幕一軍野手16人予想
捕手
加藤、大野奨、木下(松井雅)
1塁
ビシエド
2塁
(高橋周)堂上、亀澤、阿部
3塁
福田、高橋周
遊撃
京田
外野
平田、大島、アルモンテ、渡辺、藤井、松井佑(遠藤)(井領)

とりあえず、メンバーはほとんど去年と変わりが無いし、唯一違うベンチワークだけが期待ですよね・・・。
キャッチャーに加藤を使って新味を出してくるか、くらいですよね。

ナゴヤドームでのOP戦がスタート。シーズンも段々近づいてきました。

中日キャンプ1クール終了

とりあえず、新しい首脳陣になっての最初の年。

あんまり否定的なことは言わないようにしたいとは思っているんですがねぇ。

紅白戦って煽ったあげく、ふたを開けたら実戦練習とか、怪我人の根尾の話題とか、グッズの転売とか、松坂の渡米がトレーニングコーチに知らされてないとか。

なんていうか、結構大丈夫?って思うことがすでに出てきているんですよね・・・。

ま、とりあえず感じたこと。

平田はやってくれそう。あのほっそりした顔はすごいと思うわ。

対して田島は駄目そう。あの腹では・・・。ボールも来てなかった。

大野はスピード出てたらしいけど、そんなに苦なく京田に振りきられた当たりがどうなんだろう。
1日目は全部見たわけではないけど、笠原、柳、又吉、岡田、福は良かったように思いましたね。
2日目は石川翔、山本、石田健人マルク、三ツ間は良さそうでした。石田はさっさと支配下にしていいレベルに見えたけど。

この後どうなっていくか。とりあえずは楽しみ。

又吉は先発で使ってほしい。一応その予定らしいけど。

なんだろう。与田さんの言動になんとなく不安を感じてるのは自分だけなのかな。

中日の2018年ドラフト雑感

中日の2018年の指名
1位 根尾内野手 大阪桐蔭
2位 梅津投手 東洋大−仙台育英
3位 勝野投手 三菱重工名古屋−土岐商
4位 石橋捕手 関東第一
5位 柿越投手 山梨学院
6位 滝野外野手 大商大−大垣日大

根尾選手が4球団の競合で取れたのは良かった。中日が育てられるかが課題ですが・・・。

現状はショートに京田がいるので、セカンドかな。まずは下でショートやらせるのが無難な気はしますが。

2位の梅津投手はポテンシャルは東洋大の3人の投手(上茶谷、甲斐野)の中でも1番ということですし、未完の大器を育てられるか。

3位勝野投手は地元指名。ちょっとこの秋調子落としているって聞いたので心配していましたが、指名あって良かった。高校時代も見ている投手なので、頑張ってほしいです。

4位は高校生捕手。打てるキャッチャーということで楽しみですね。世代的には高校生捕手は必要だと思いますが、出番がどれだけ確保できるか。中日の育成姿勢がどうなるかですね。

柿越投手は左の大型左腕。根尾とは中学のチームメイトということで、その点も心強いでしょうね。

滝野外野手は大垣日大出身。大学で見ています。これも地元枠ですね。かなりリーグでヒットを打ったそうなので、プロで活躍を期待したいですね。

総じていいドラフトだったと思います。強いて言えば、左の即戦力左腕が欲しかったと思いますが・・・。

何にしても、中日の課題は育成力。ここからが大事ですね。

岩瀬が1000試合登板

引退が取りざたされる中、岩瀬が9月28日に阪神戦の9回にマウンドに上がり、1イニングを0に抑えて407セーブを上げるとともに、1000試合登板を達成しました。

前人未到。もちろん昔のピッチャーとは違ってリリーフ専任とはいえ、それでもとんでもない記録なのは間違いないです。

引退が報道された荒木もこの試合で2打数2安打の活躍。2人はまだまだ力があります。来年も戦力になると思います。

今からでも引退報道を否定しても、僕は支持します。だって2人ともまだまだやれるし、ベンチワークが悪かっただけと思っているので。

正式発表があるまで、まだ希望を持って待ちたいと思います。

浅尾が引退

2011年に中継ぎ投手としてプロ野球史上初の最優秀選手(MVP)に輝いた中日の浅尾拓也投手(33)が26日、今季限りでの現役引退を表明した。同日、ナゴヤドームで行われた記者会見にユニホーム姿で現れた浅尾は「ここ2、3年、(不調に)悩みながら現役を続けてきた。契約更改の時に『来年だめなら』と常に思ってやってきた」と引退の理由を説明した。(毎日新聞より)

浅尾が引退表明。
今年1軍に最初に上がった時の投球を見て、とても寂しく、悲しくなりました。あまりにも球威が無くなっていたので。これでは現役続行は難しいとすら思った投球でしたが、その後8試合登板。最後に3失点した試合がとどめでしたが、良く抑えたと思います。
引退会見を聞きましたが、現役での晩年が苦しかったのか、逆に晴れ晴れとした印象すら受けて、悔いはほんとにない、という言葉に救われた気がします。
2007年から、輝いたのは2011年までだったと思います。でもその輝きは本当にすごかった。デビュー戦を見たのは誇りです

全盛期の中日に欠かせない投手でした。お疲れさまでした。これからの第2の人生での活躍も期待します。

今期を象徴する負け方

中日4−7ヤクルト
(延長10回)

勝てた試合をリリーフで落とす。今シーズンを象徴する負け方でした。

ただ、佐藤は責められない。鈴木も責められない。もちろんベンチが悪いんだけど、継投自体は悪くない。

結局、功労者の岩瀬に対して失礼な起用ばかりしていた今シーズンのツケが出た試合だと思いますよ。

岩瀬は999試合。次投げれば1000試合。だったら、いい場面、セーブの付く場面で使おう、これが普通の親ごころのある起用の仕方。そのシチュエーションが整っていた今日は使うべきでした。
ファンもなんで岩瀬じゃないんだの声があちこちから。で、佐藤が踏ん張りきれず。余計にその声が大きくなっていた。

岩瀬に信頼を置かないのはベンチの勝手。ただ、これまで球団を支えてきた岩瀬に対して、敬意を払う必要は僕はあると思う。それが出来ないベンチは、負けるべくして負けたと思いますね。

これで、今シーズンは最後の観戦。7勝4敗でした。まぁ観戦試合を勝ち越したんだから良しとしなきゃね。

吉見、6年ぶりの完封勝利

DSC_0368
中日3−0ヤクルト

吉見が6年ぶりの完封勝利。
103球、3安打、無四球と完璧な内容でした。自らのバットで先制点とまさにエースの活躍。

ただ、いつまで吉見に負担を強いるんだ、とも思いますが・・・。吉見が頑張ってる試合でも、追加点が取れずに勝ちを付けられない試合をたくさんしてきていますし。結局0で抑えないと勝てないってことを証明している気もするし。

打線は2ケタ安打。その割には3点止まり。ブキャナンの粘りも良かっただけに仕方ないですけどね。

これで観戦試合は7勝3敗となりました。

次は8月16日に行く予定です^^

柳田1人にやられた。

DSC_0253
中日2−5ソフトバンク

タイトルの通り、柳田一人に5打点。全ての点を取られました。

初回の1点は仕方がないにしても3ランとソロのホームランはなぁ。ホームランは避けてほしい場面で2回ともやられてるから。

大野はボールはまっすぐが142〜148kmと走っていたんですけど、引っ張られる打球も多く、見やすいのかタイミングが取りやすいのか。
自信も失っていると思いますし、下でどうこうじゃなくて、モップアッパーとして1軍で投げてほしいですわ。そこで結果だしている藤嶋と交替でいいでしょ?

木下雄が登板して2イニングを1安打4奪三振で無失点。MAX147km。十分、鈴木博志をカバーする形で使えます。いい場面で使って自信を付けさせましょう。鈴木博志を休ませつつ。

打つ方はソフトバンクより多いヒット9本。結局あと1本が4回、5回、6回に出せなかった。5回の今宮のプレーも大きかったですね。

まぁソフトバンクに勝ち越せただけでも良かったんですけどね。

これで観戦試合はナゴヤドームでの6連勝が止まりました。通算6勝3敗に。
こうやって雨だから、と急遽行くと勝てないですね^^;

松坂3勝目

DSC_0243
中日5−4ソフトバンク

松坂が古巣相手に先発。調子も今一つで、味方にミスも出る苦しい内容だったのですが、5回を104球で1失点。なんとかピンチで踏ん張るあたりが千両役者ですね。

正直、その後のリレーがバタバタでひどかったんですけど、結果逃げ切れてよかったです。

高橋周平、京田というミスをした選手が打って返したところが良かったですね。

ソフトバンクは千賀投手が凱旋登板でしたが、調子が良くなく、4回は治療でベンチに行き、マウンドに戻った直後に周平に一発。今年は故障も抱えていますし、この後引きずらないといいのですが。

これで、ドーム観戦6連勝。通産6勝2敗となりました^^

好調が続くといいな、と思います。

大逆転勝利

DSC_0241

ロッテ
4200001100|8
1011111021|9
中日
(延長10回サヨナラ)

正直2回で吉見がKOされた時点で、この試合はモップアッパー藤嶋の奮闘だけが楽しみになった試合でしたが、その藤嶋が4回を無失点で踏ん張り、打ってもプロ初安打初得点を記録。その間に1点ずつしか返せないもどかしい反撃ながらも差を詰めて、9回2死1,3塁から、今シーズン初打席の武山が値千金の2点タイムリー2ベースで追いつき、最後は相手のエラーでサヨナラ。終わってみれば5点差をひっくり返す大逆転勝利となりました。

ヒーローインタビューは平田を含め3人呼ばれましたが、ヒーローは藤嶋投手と武山捕手でしょうね。

藤嶋投手は打撃でもワクワク出来るというのはこんなに見ていて楽しいんだ、と改めて教えてくれる選手ですね。この日見てたら2イニング目から球速上がりましたし、どっちかというと、先発向きなのかな、と思います。
今の立場もすごく貴重ですけど、先発もやらせてあげてほしいですね。

武山は失礼ながら打席で期待してなかった。それだけにうれしかった。大島が大ブレーキでしたが、同じ享栄の武山が救いましたね^^

鈴木博志は完全に疲労でしょう。一回リセットする意味で2軍でリフレッシュさせてほしい。

今日は松坂と千賀のマッチアップ。今日も見に行くので楽しみです。

これで観戦試合5勝2敗(ナゴド5勝1敗)。見に行った試合は5試合2ケタ安打ですし、好調ですので、このまま続いてほしいです。

強い頃の試合

DSC_0226
中日9−2オリックス

吉見投手が投げて、抑えている間に、チャンスを確実にものにする。強かった頃の中日の野球が見れました。

サードコーチャーの奈良原コーチの判断も見事でした。2点目、3点目はどちらも打球判断が難しいと僕は感じた打球。それをきっちりと回して点を取りました。止めるべき場面では止めていたし、プロのコーチャーだな、と感じました。
5点目は京田が出て盗塁。大島の進塁打で1死3塁から藤井が犠牲フライ。どこの強豪チームだ、という点の取り方でした。落合さんの頃に見たよなぁって。

こういう試合が続かないところが問題ですけど、いいきっかけにしてほしい試合でした。

これで観戦は4勝2敗。ナゴドに限れば4勝1敗。勝ちゲームはやっぱりうれしいですね^^

岡田が帰ってきた。

DSC_0200
中日10−4広島

中日が2ケタ安打で快勝。

R.マルティネスが来日初勝利。

これも当然めでたいんですが、岡田投手が帰ってきて、厳しい場面(3点リードの6回表、無死2,3塁)で登板して、1点でしのいでくれたこと。これが大きかったというかうれしかった。

最初は135kくらいしか出てなかったので、こんなもんなのかな、と思ってましたが最終的にはMAX143kを記録。いいボールを投げてくれました。
岡田が中継ぎで収まってくれると大分楽になります。無理せずに、それでもここから頑張ってほしいです。

福谷もいいボール、良くないボールがばらつきながらもなんとか抑えました。これでリズムに乗ってほしいですね。

マルティネスはランナーが出ると5kmくらいスピードが落ちるところをもう少し修正出来れば勝てるピッチャーになれると思うんですよね。経験を積みながら修正出来るか、今後に期待。

これで観戦は3勝2敗に。

やっぱり1番2番が出ると点が入りますね。

11年ぶりの甲子園でのプロ野球観戦

DSC_0180
DSC_0183
DSC_0184
中日2−7阪神

甲子園球場に行ってきました。
浅尾のデビュー戦以来、というのは強烈に覚えていますが、調べたら2007年のこと。

11年も経ってました。時間が経つのは早くて恐ろしい…。

試合は4番の差が結果となる試合。まぁこういう試合もあります。

藤嶋投手がデビュー2戦目の登板が回ってきて、甲子園凱旋が見れたのは良かった。(^^)

MAX144kmを記録するなど、可能性を示してくれた登板だったかな、と思います。

浅尾のように、あの時見た、と言える投手になってほしいですね。

昇竜デーで大逆転勝利

DSC_0154
中日11−7広島
7回表のアルモンテと大島のお見合いから始まった逆転劇で、3点ビハインドとなって帰ろうかと思いましたが、その裏に再逆転。20安打、11得点と中日戦では見たことがない試合で勝ちました。

一言で言えば中田廉様々なんですけど、とりあえず中日はヒットのほとんどがクリーンヒットでしたし、ここ数試合のうっ憤を晴らすような打線になりました。

一言感想です。
小笠原 良かっただけに引きずらないように。小笠原は悪くない。対左が課題。

大島 逆転打はさすがでした。
京田 誕生日おめでとー。駄目押し打が大きかった。
アルモンテ コンタクト能力がすごい。得点圏打率が恐ろしい。守備は仕方ない。
モヤ 満点以上のデビュー。守備でほころびが出なくて良かった。
平田 2打点打ったのに7回の凡退で蚊帳の外感。
高橋 中田には相性抜群?
福田 猛打賞で浮上出来そう。
藤井 代打で貴重なヒット
亀澤 値千金の内野安打。良く当てた。
大野奨 打てる感じがない。

鈴木博 まっすぐの勢いがすごい。151km
田島 今日はボールが走ってた。

今の中日の打線からすると外国人3人並びもありかも。(DH時とか)
モヤはいい時に上げてもらえたんでしょうね。弱点を見つけられる前にどれだけ打って自信をつけられるか。ビシエドいらんかったんや、というくらい活躍したらどうしましょうね。

4連勝で5割到達

b7b936b7.jpg
中日9−4ヤクルト
序盤から効果的に追加点。吉見が復活と言っていい内容で6回1失点。せっかく左うちわで見ていた内容だったのに、8回の準規、9回の佐藤のピッチングで台無しに。勝った気がしない感じになってしまいました。

佐藤は打者と勝負出来ていない。初登板、上がってから間が空いたという考慮するポイントもありますが、それ以上にボールに内容がない。これでは入替でしょうね。木下か三ツ間が見たい。

アルモンテのホームランはすごかった。5階席を超えたように感じるくらいの当たり。ブランコの特大ホームランを以前に見ましたが、それ以上のでかさだったように思います。

京田が振れてきたし、スタメン落ちした福田も代打でヒット。藤井も代打で初ヒットが出たし、申し分のない試合でした。

最終回、良く佐藤を我慢しました。先日の又吉についても引っ張り過ぎとも言えますが、1イニング任せる我慢もシーズンを考えれば必要。朝倉コーチが主導しているのか分かりませんが、昨年よりもいいと思いますね。
今後の運用にも期待です。

森政権になって初めての5割。次のDeNA戦で1周りですから、勝ち越せたら最高。とにかく1つ勝って、借金1くらいで1周りを終えたいですね。

松坂中日デビュー戦

df1feb98.jpg
中日2−3巨人

松坂の中日でのデビュー戦を見てきました。狙ったわけではなく、むしろ最初4日ってなってたから、混みそうだから5日にしたんですけどね^^;

5回 96球 8安打 3失点(自責点2)

上々、でしょうね。MAX142km。最後は一杯一杯でしたが、なんとか5回を投げ切っただけでもえらいと思います。

せめて負けを消してやれよ、と思いますが、それが出来ないあたりが中日の今年の弱さを物語っているな、と思います。

改めて試合を見ていて、守れない、打てない、肝心なところで走れない。

6回裏、1点返して尚も1死1,2塁、平田のレフト前ヒットで福田を止めた場面。これがこの試合の全てだったと思います。レフトはゲレーロ。いいボールがこればアウトだったかもしれませんが、ギャンブルをするべき場面でした。次は大野、その次は亀澤が準備。それだったら勝負するべきでした。大野のゲッツーは結果論です。仕方ないですから。

守備は悪いのは分かっていましたが、改めて良くないです。そして唯一いいはずの京田がおかしい。送球もおかしかったし、取れそうな打球も取れなかった。打つ方もブレーキでしたし、心配です。

周平が頑張っているのが数少ない収穫。守備は目をつぶってでも、使い続けてほしいですね。

開幕ローテピッチャー登板

78627ee6.jpg
中日1−6ロッテ

最後に投げた木下雄が満塁ホームランを被弾するなど炎上して敗戦。まぁこの日に支配下登録の発表があったのに、新しいユニフォームを用意しなかった球団が悪いってことにしておきましょう。

この日は小笠原が3イニング、笠原が3イニング、柳が1イニングと登板。柳も3イニング行くかと思いましたが、1イニングだけだったので、どっかアクシデントとかじゃないといいな、と思いました。

それぞれ内容は良かったと思いますので、この3人はローテで回ってほしいですね。

ビジョンでビジター選手の情報も載るようになりました。これは去年せっかくなら載せろよ、と言ってたので、対応して正解だと思います。
チャンステーマの歌詞はビシエドだけは切り替わりましたが、他は変わらず。対応できないのかなぁ。

周平が内容のある打撃で3安打。我慢して先発で使い続けてほしいですね。

ローテーションピッチャーはそれなりに楽しみもありますが、他は苦しいままシーズンに入りそうです。

2018年初ナゴヤドーム

d69de6f0.jpg
中日7−11楽天

2018年初のナゴヤドーム。松坂が先発するということで、お客さんが満員になりました。さすがです^^

その松坂は2イニング2失点。MAX144k。普通に良かった。これくらい投げられるなら十分期待できそうです。

ただ、他のピッチャーが・・・。祖父江投手はそこそこ良かったものの、新外国人のガルシアとジーがともに炎上。今からでもバルデスに戻ってもらった方がいいんじゃ、と思う内容でした。
まだオープン戦、というのならいいのですが。

最後に投げた育成の木下雄投手がMAX150kmを記録するなど素晴らしい球を投げていました。さっさと支配下にしてあげてほしいですね。唯一の希望です。

打つ方は松井佑が3ラン。福田、周平にヒットが出て一安心。結局この2人をどこまで我慢して使えるかが、再建にかかる時間の長さに関係してくると思います。
守備も我慢しながら、使ってほしいですね。

星野さん死去

星野仙一元監督が亡くなった、というニュースはやはりびっくりしました。

年末にCBCラジオの特番で来ていたのは知っていたので、そっから1ヵ月もしない中での訃報は信じられませんでした。

ただ、監督やっていたころから、身体が悪くて、というのはしばしば出ていましたし、そんなに悪かったんだ、という感じで・・・。すい臓がんだったそうですけど、すい臓がんは予後が長くない感じになりますね・・・。

星野さんはやはり中日をしっかりと見るようになった時の監督さん。一気に強くしてくれたし、短期間で血を入れ替えて優勝まで持っていく手腕はすごかったと思います。もちろん、采配がすごいとかではないと思うのですが、チームを作る手腕は圧倒的でした。
阪神、楽天を優勝させたのは、名声を上げる上でも大きかったですね。そして日本一にもなれたし。

正直、阪神に行ってからの言動とか、北京五輪の失態とか、応援していたわけではないのですが、やはり中日を強くした恩人ですから、感謝していますし。

長く苦しまなかったのも、人徳だったのかもしれません。

お疲れさまでした。ご冥福を改めてお祈りします。

堂上剛裕氏、巨人スカウトへ

巨人から戦力外通告を受けて現役引退した堂上剛裕氏(32)が、チームのスカウトに転身することが5日、決まった。東海地区にも足を運び、金の卵発掘に精を出す。
父・照氏は元中日投手で、選手寮「昇竜館」の館長も務めた。弟・直倫は現役の竜戦士。自身も愛工大名電出身で、東海地区の球界関係者になじみは深い。ドラゴンズ一家で育った堂上氏が、竜の宿敵・巨人の未来を担う。(デイリーより)

巨人から戦力外となった堂上兄が巨人のスカウトになったようです。東海地区を担当というのは適任でしょうね。
スカウトというのは大変な仕事ですけど、是非いい選手をプロに導いてほしいものです。

スタンドで見かけることも増えるかと思いますし、個人的にも楽しみです^^

京田・源田が新人王獲得

NPBは20日、都内のホテルでプロ野球年間表彰式「NPB AWARDS 2017 supported by リポビタンD」を開催し、今季の最優秀新人にはセ・リーグが中日の京田陽太内野手、パ・リーグは西武の源田壮亮内野手が選ばれた。セパ両リーグで野手が最優秀新人に選ばれるのは、1996年の巨人・仁志敏久、日本ハム・金子誠以来、21年ぶりのこと。(フルカウントより)

新人王はセリーグが京田選手、パリーグは源田選手が獲得。
パリーグは源田で決まり、と言われていましたが、セリーグは京田か濱口(DeNA)のどちらか、と言われていました。濱口投手は10勝上げて、日本シリーズなどでも活躍したので、印象が強かったのでちょっと不安もありましたが、京田選手はセリーグ歴代2位の記録でしたからね。実績は上かな、と思っていました。おめでとうございます。

源田選手は愛知大学リーグ出身。やっぱりうれしいですね。愛知学院大の後輩ですし。^^
こちらもおめでとうございます。

2017年中日ドラフト雑感

×入札1位 中村 奨成 広陵高 捕
1位 鈴木 博志 ヤマハ 投手
2位 石川 翔 青藍泰斗高 投手
3位 高松 渡 滝川二高 内野手
4位 清水 達也 花咲徳栄高 投手
5位 伊藤 康祐 中京大中京高 外野手
6位 山本 拓実 市西宮高 投手

育成1位 大蔵 彰人 徳島インディゴソックス 投手
育成2位 石田 健人マルク 龍谷大 投手

1位入札で中村選手を外しましたが、ヤマハの鈴木投手を単独で取れました。

まぁ中村選手が中日が獲得していたら、色々ブーイングが飛んでいたでしょうし(笑)、キャッチャーは今競争している面々を育てましょうよ。
鈴木投手はとにかく速い。速い割に当てられるあたりがプロでどうか。素材は抜群。技術的欠点を修正していければ・・・。

石川投手は元々外れ1位でも考えていた投手ですから、2位で取れたのはラッキー。
3位の高松選手は俊足の内野手。スピードスターとなってほしい。
清水投手は甲子園優勝投手。去年今井投手に行っていたら3代続けて優勝投手取れたかも知れないのに(笑)。

伊藤選手は地元の指名。外野手は若い選手があまりいないし、まずは下で試合に出て経験を積んでほしいですね。
山本投手は背が小さいので評価が下がるんですが、相当いい球を投げるって話ですし、個人的には一番期待しています。

育成は地元の2人。大蔵投手は愛知学院大の後輩ですし、支配下を勝ち取ってほしい。
石田投手は東邦閥指名ですかね。こちらもスピードはあるので、上手く伸びてほしいですね。
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ(細川 浩平)

細川 浩平(ホソカワ コウヘイ)
コウでこれからも呼んでください^^

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
15日
春日井球場
愛知大学リーグ3回戦
18日
新宿FACE
owe旗揚げ戦
19日
東都大学リーグ
20日
愛知県大会
岡崎球場
21日
愛知県大会
小牧球場
27日
愛知県大会
岡崎球場
28日
愛知県大会
岡崎球場

Recent Comments
  • ライブドアブログ