コウサする日々

愛知を中心に野球の観戦記を書いています。毎日更新。

プロレス

プロレスリングWAVE 名古屋枇杷島スポーツセンター大会を観てきました。(2024年1月8日)

枇杷島スポーツセンターで行われた女子プロレスのWAVEを観てきました。

プロレス自体を見に行くのが久々。
2024年初でしたが、今年は何回行けるか。WAVEを見に行ったのが4年前のスポルティーバ大会以来でした。

この日のカードはこちら
IMG_20240108_151456

WAVEはやはり楽しく見れるのがいいですね。

第1試合は旧姓・広田さくら選手が上手く楽しませてくれていました。

DSC_3703_1

久々にSAKI選手、本間多恵選手が見れてうれしかった。

DSC_3771_1DSC_3813_1

第4試合のXVSXは松本都選手VS桜花由美選手でした。

DSC_3840_1DSC_3870_2

メインは宮崎選手と田中きずな選手、炎華選手が中心。田中選手は田中稔さんと府川ゆみさんの娘さんなんですね。最近プロレスを追えてなかったので、分からないまま見ていました。
かなり攻められていましたが、最後まで頑張っていました。

DSC_3901_1DSC_3925_1DSC_3890_1

ドアラコスの藤田あかね選手も久々に見れてよかった。
DSC_3895_1

WAVEは満足度が高い印象です。お客さんはまずまず埋まっていました。またタイミングが合えば見に行きたいです。

新日本プロレスの新社長に棚橋選手が就任

新日本プロレスの新社長に就任した棚橋弘至(47)が23日、SNSで所信表明した。
新日本はこの日の臨時株主総会・取締役会で経営体制の変更を決定。23日付で棚橋が同社の第11代社長に就任することとなった。
近年のプロレス界ではかつてのように、レスラーが社長を務めるケースが激減。経営は倏惺組瓩貿い擦襪里主流となっていたが、業界の顔として活躍を続けてきた棚橋がついに選手兼社長を務めることとなる。これは初代から3代目社長までのアントニオ猪木、坂口征二、藤波辰爾に続く史上4人目。藤波が退任した2004年6月以来、実に19年半ぶりの誕生だ。(東スポWEBより)

これはびっくりしましたね。棚橋選手はその存在感から、いつか新日本プロレスの要職に就くのは予想出来ましたが、まだ現役選手の状況で社長になるとは。
昔は社長でレスラーというのはありましたが、最近は無かったですし、むしろ負担がかかるので避けていた印象。特に新日本プロレスのような大きな団体では。
藤波さん以来とのことですが、その藤波さんが上手くいかなかった印象が強かったですし。
坂口さんのように徐々に現役をフェードアウトするのか、あくまでも現役をやりながらになるのか、色々注目されます。
その注目される、という状況が新日本プロレスにとってはいいのかもですね。

何にしても同年代の選手が社長になる。今後も注目したいです。

スターダム岐阜大会を見てきました。(2023年6月14日)

6月14日に岐阜長良川のメモリアルセンターにあるふれ愛ドームで行われたスターダムの岐阜大会を見てきました。
長良川球場を中心に何度も来場している岐阜メモリアルセンター。ただ、このふれ愛ドームは初来場。第2体育館という位置づけですけどかなり大きく立派な会場でした。
用意してある椅子はほぼ埋まっている感じで、発表は336人。満員マークはなし。ただ、平日夜ということを考えれば良く入っていましたね。

この日のカード
IMG_20230615_180644

全7試合
これだけ地方大会でカードを組めるというのが層の厚さを物語りますよね。メインは8人タッグですし。

個人的には安納サオリが見れてうれしかった。
DSC_7803_1

あと鈴季すずの人気がすごかった。
DSC_7801_1

それぞれの試合に見ごたえがあり、昔は危うさを感じる試合もあったのですが、試合のクォリティーが上がって安心して見られるんですよね。これでほぼフリーは使っていない陣容ですし。充実ぶりがすごいです。
岐阜でのスターダムは初めてだったのかな?今後も増えていくといいですね。
DSC_7578_1DSC_7831_1DSC_7839_1DSC_7879_1DSC_7949_1

この大会の写真アルバムはこちら

GLEAT 中スポーツセンター大会(2023年2月23日)感想

2月23日に中スポーツセンターで行われたGLEATの名古屋大会を見てきました。
GLEATは1年ぶりの観戦

本日のカード
IMG_20230223_221712
やはりCIMAが中心にいる団体、ということで、昔のドラゴンゲートっぽい雰囲気はあるんですよね。
DSC_0190_1
第1試合は6人タッグ。話題になっている「やんず家」が盛り上げる。
第2試合の女子プロレスがあって、第3試合のシングルは同じくやんず家が勧誘している鬼塚選手の試合で話題を作り、第4試合はガレノ・デル・マルというでかさが印象的な選手でインパクトを与えます。
DSC_0178_1

セミは#strongheatsとバルクオーケストラのユニット対決。レベルの高い攻防で魅せ、メインは3本勝負というやや変化球ながら、秒殺も交えて各選手に見せ場。
興行に流れがありました。

メインは最後、渡辺選手が勝利。リンダマン選手がタッグ勧誘というストーリーもしっかりと見せ、いい興行だったと思います。
DSC_0206_1
印象に残ったのはベテラン勢の元気さ。田中稔選手は50代と思えない動きにびっくり。カズハヤシ選手も元気でしたし、CIMA選手は相変わらずの千両役者ぶりとマイクでした。
そして現チャンピオンの石田選手の力強さも印象的。

個人的には元ドラゲー勢には頑張ってほしいんですよね。選手の駒はそろってきている印象。今後も楽しみです。

観客は295人で札止め完売だったそうです。良く入っていました。
また名古屋に来た時はなるべく行きたいですね。

東京女子プロレス 名古屋国際会議場大会(2023年2月18日)を見てきました。

2月18日に名古屋国際会議場で行われた東京女子プロレスを見てきました。

見に行くのは1年3カ月ぶり。

今回もSKE48のミニライブがあり、それ目当ての方も多かった印象。
そして撮影禁止。まぁ仕方ないですね。4曲披露して盛り上がっていました。
DSC_5664_1

今回のカード
IMG_20230218_184126
試合前にはアップアップガールズ(プロレス)のライブ。
シノ(仮)選手のデビューがサプライズで発表。涙ながらに健闘を誓っていました。

DSC_5373_1

’義鵐劵リ、●上原わかな−愛野ユキ、〇HIMAWARI

上原わかな選手、HIMAWARI選手は新人のライバル。HIMAWARI選手はこれが自力での初勝利だったとのこと。

DSC_5416_1

両選手とも動きは良かったので、今後が楽しみです。
DSC_5423_1
3Wayマッチ
〇角田奈穂−●猫はるな−原宿ぽむ

原宿ぽむ選手は決して力強くないんですけど、魅せる動きが上手い。この試合でもしっかりと目立っていました。
DSC_5460_1

C翕艷道辧▲魯ぅ僉璽潺汽髻◆鳥喰かや−辰巳リカ、鈴芽、〇遠藤有栖

ハイパーミサヲ選手もやはり目立つ選手ですね。
DSC_5504_1
辰巳リカ選手が自チームに張り手で気合い。ダメージもありそうでしたが(笑)、遠藤選手がしっかりとギブアップを取りました。
DSC_5525_1
中島翔子選手の力強さが目立ちましたね。
DSC_5495_1

ず篋螢罐、〇瑞希、らく−伊藤麻希、上福ゆき、●桐生真弥

らく選手の睡眠攻撃?で敵味方寝るという(笑)。
DSC_5568_1
坂崎選手の動きの良さは目立ちます。
DSC_5597_1
伊藤麻希選手の「世界一かわいいのは伊藤ちゃーん」が声を出して出来たのがうれしかったですね。
DSC_5610_1

セミファイナル インターナショナル・プリンセス選手権
〇渡辺未詩−ジャナイ・カイ

ジャナイ・カイ選手。キック中心の選手でしたが、多彩な動きで魅せていました。
DSC_5682_1
渡辺未詩選手がかなり苦しんでいましたね。
DSC_5687_1

メイン
山下実優、〇荒井優希−アジャコング、●宮本もか

荒井優希選手とアジャコング選手の対戦が3月に控えているので前哨戦の位置づけ。
DSC_5670_1
アジャ選手。さらにでかくなった気がします^^;
DSC_5639_1
最後荒井選手がピンを取りましたが、やや勝たせてもらった印象。本人もわかっているのか、試合後では景気のいい言葉は聞かれず。それでも自覚があるのはいいこと。何とか残り1か月で自分のプロレスを磨いていってほしいですね。
DSC_5734_1
宮本もか選手の動きの良さも目立ちました。
DSC_5715_1

久しぶりに東京女子プロレスを見ましたが、細身の選手が多いのは変わらず。
それでもできる動きで上手く見せるのが特徴ですよね。

基本自分たちの中で戦う団体ですので、その中で魅せていく良さを出していました。
外国人やアジャ選手等、少ない外の選手を上手く活かして、独自の路線を進んでいってほしいですね。

この大会の写真アルバムはこちら


女子プロレス ディアナ名古屋大会(1月29日)を見てきました。

1月29日にダイアモンドホールで行われた女子プロレスのディアナの名古屋大会を見てきました。
この時期のダイアモンドホールの女子プロレスを見るのは自分の中で恒例となっていますが、ここ何年かはアイスリボンだったのですが今年はディアナ。
ちなみにディアナは久しぶりの名古屋大会ということで、お客さんもほぼ満員。良く入っていました。
自分は初のディアナ観戦でした。

この日のカード

IMG_20230129_154438

第1試合
〇梅咲遥、高瀬みゆき−●美蘭、本間多恵

美蘭選手はまだ12歳でデビューした選手だとか。
DSC_4582_1

対戦相手の高瀬みゆき選手にかなり可愛がられながら、試合をしていました。
DSC_4623_1

個人的には高瀬みゆき選手と本間多恵選手の対戦が見れてうれしかった。アクトレスガールズ時代から応援している両選手なので。
DSC_4615_1DSC_4598_1

第2試合
マドレーヌ−〇真琴

真琴選手を見るのはいつ以来だろう。多分2017年のREINAの大会以来かな・・・。実家が安城市というのにびっくり。
DSC_4666_1

マドレーヌ選手も柔らかい動きで食らいついていました。
DSC_4656_1

第3試合
〇ジャガー横田、岡林裕二−●Himiko、関札皓太

Himiko選手は49歳でデビューしたとか・・・。すごいですね。
DSC_4703_1

女子の中に岡林選手は反則でしょう。(笑)
DSC_4717_1

ジャガーさんも実は初めて見たかも。
DSC_4704_1

セミファイナル
井上京子、●デボラK−ななみ、〇ウナギ・サヤカ

ウナギ選手の人気がすごいですね。紙テープも多かった。
DSC_4810_1

試合後井上選手との一騎打ちを取り付けていました。集客力もあるらしいので、団体にとってもうれしい選手ですよね。
DSC_4833_1

ななみ選手の奮闘も目立ちました。ピン取る前の京子選手をコーナーからデボラ選手に投げたのが結構ポイントだったと思いますし。楽しみな選手です。
DSC_4757_1

メイン
WWWDシングル選手権
〇佐藤綾子−沙恵

沙恵選手がシングル挑戦。初めて見た時に堀田選手に何もできずにボロボロだったことを覚えているので、そこから成長したことがうれしいですし、素晴らしいですよね。
DSC_4915_1

地元名古屋での挑戦ということで、見せ場もありました。試合後の涙ながらのそのベルト欲しかった、という言葉にもらい泣きしそうに。
DSC_4969_1

佐藤選手はしっかりと受け止めた上で沙恵選手からピンを奪いました。さすがでしたね。
DSC_4871_1DSC_4974_1

まだ声出しは出来ない状態でしたが、満員でしたしかなり盛り上がった大会でした。
DIVAというバーが協力していたようですが、一回行ってみたい気もしますね。
DSC_4849_1

この大会の写真はこちら


ドラゴンゲート 豊橋大会(1月23日 ロジワールホテル豊橋)を見てきました。

1月23日に豊橋のロジワールホテル豊橋で行われたドラゴンゲートの大会を見てきました。
豊橋で行われる大会は初観戦。H・Y・O選手の凱旋大会。ヒールの凱旋興行は特別感があるので、楽しみに観戦しました。

急遽声出し応援可となって、盛り上がりました。

この日の対戦カード

IMG_20230123_182231

試合前の応援練習が本来は堀口選手なんでしょうが、この日は急遽欠場ということで、ナチュラルバイブスの面々が登場。
これも貴重かな。

DSC_3689_1

第1試合
〇吉岡、ダイヤ、菊田−ススム、神田、●ジュニア

D'Courage、M3K、楽しそうに試合をやっていました。
DSC_3701_1
菊田選手の力強さがいいなぁ。
DSC_3753_1
第2試合
〇YAMATO−布田

岩手県出身同士とのこと。布田選手もキックで食らいつきました。
DSC_3818_1
第3試合
〇箕浦−ISHIN
反則勝ち

一番面白そうな試合かな、と思いましたが、乱入反則決着。メインですぐに8人タッグにするかと思いましたが、この時点ではせず。
純粋に決着を見たかった試合。
DSC_3834_1
第4試合
〇Kzy、清水、KAMEI−ウルティモドラゴン、●永野、Kagetora

永野選手はサッカーキャラに。これをどう試合に活かすか注目。
DSC_3895_1
Kagetoraは久しぶりに見ましたが、安定感はさすが。
DSC_3865_1
セミ
〇ストロングマシーンJ、ジェイソン−キッド、●加藤

加藤選手がどんどん力強くなってる。まだデビューして1か月ちょっとと考えると末恐ろしい選手。
メインイベンターになっていってほしい。
DSC_4004_1

メイン
Ben-K、ハルク、ミノリータ−H・Y・O、シュン、KAI

2分くらいで乱入。ノーコンテストに。

再試合
箕浦、〇Ben-K、ハルク、ミノリータ−●H・Y・O、シュン、KAI、ISHIN

お約束といえばお約束の再試合でしたが、H・Y・O選手が取られるとは思いませんでした。
GOLD CLASSは今プッシュ期間ですね。箕浦選手は今のうちにポジションを上げたいところですが。
DSC_4111_1
Ben-K選手がノリノリ。まさかこんなにマイクで面白く化けるとは思いませんでした。
DSC_4110_1
あとヒールじゃないハルク選手も久しぶり。元々は陽のキャラですもんね^^
DSC_4099_1
H・Y・O選手は休憩時間にサイン会。普段ヒールはやらないので貴重ですよね。
かなり列が長かったです。さすが地元。
DSC_4031_1
初の豊橋大会でしたが、声も思ったより出て楽しい大会でした。
遠かったですが行ってよかった。
DSC_4035_1

この試合の写真アルバムはこちら

ドラゴンゲート 桑名大会(2023年1月9日 ヤマモリ体育館)

ドラゴンゲートの桑名大会を見てきました。

桑名大会(ヤマモリ体育館)に来るのは4年ぶりでした。

前回のカード見るとまだHYO選手や箕浦選手が若手。4年でかなり入れ替わっていますね。

第1試合
〇吉岡、ダイヤ、菊田−清水、ストロングマシーンJ、●ジェイソン

吉岡選手が貫録のピン。両チームとも動きは良かった。
DSC_0552_1
色々とかわいい菊田選手(笑)
DSC_0546_1DSC_0561_1
第2試合
●市川、富永−〇フジイ、しゃちほこBOY
お約束の速攻負けの後、再試合。いっちゃん、途中で上半身脱いでいたけど、結構バキバキなんですよね^^;
DSC_0632_1
第3試合
〇ススム、神田、ジュニアー校長、●堀口、ホーホー・ルン
堀口さんが安定の盛り上げ。ジュニアは大分見劣りしなくなってきた。
DSC_0650_1
第4試合
●永野−〇ISHIN
若手同士の注目のシングル、でしたが思った以上に差があってISHINが貫録の勝利。
DSC_0698_1
セミファイナル
〇箕浦、ミノリーターKzy、●KAMEI
ミノリータはブレイブ王者になりましたが、安定感増した感じ。ちっちゃいベルトがかわいい(笑)。
DSC_0757_1DSC_0736_1
メイン
キッド、〇吉田、問題龍−KAI、ハルク、●H・Y・O
後楽園の解散マッチの前哨戦。Z-bratsとHIGH_ENDの一戦はHIGH_END が勝利。
こうなると本番は・・・。Z-bratsが勝つとしか思えないんですよね。
DSC_0841_1
吉田選手。一つ一つの動きに無駄があって面白かった。今はこんな風になっているんですね。。。
DSC_0809_1
声だしOKの大会ということで久しぶりに声を出して観戦しました。
しばらく声を出していなかったから、全体的に遠慮勝ちだったけど、これが徐々に戻ってくるといいなぁと思いました。


スターダム 名古屋国際会議場大会(2023年1月8日)を見てきました。

1月8日に名古屋国際会議場で行われたスターダムの名古屋大会を見てきました。
椅子の数も多く、ビッグマッチ仕様の会場。観客は1071人との発表ですが、もっと多く感じる入りでした。
勢いありますよね。
コロナで6選手が欠場して、カードも変更されたのですが、それを感じさせない試合数と選手数と内容。
人数が多すぎるくらいのところを今後どうしていくかが逆に課題になりそうです。(この日の興行はそれがプラスになりましたが。)

第1試合
新春名古屋ランブル
11人参加(飯田、向後桃、レディ・C、琉悪夏、水森、葉月、コグマ、MIRAI、天咲、AZM、〇スーパー・ストロング・スターダム・マシン)

こういう時間差ランブルを組んでも6試合組めるところが今のスターダムのすごさですね。
スーパー・ストロング・スターダム・マシン。こういうお遊び?も大事。^^;
DSC_3174_1DSC_3227_1
第2試合
〇白川、ザイヤ、マライア−刀羅、鹿島●、吏南

外国人は以前のスターダムは多かったですよね。白川選手はまだアゴの怪我は完全じゃなさそう。
DSC_3270_1
第3試合トライアングルダービー公式戦
ジュリア、〇桜井まい、テクラー●月山、網倉、櫻井裕子

チームLollipopはアクトレスガールズ出身のトリオってのが自分的にはエモい。
良い試合を見せていたし、月山選手はまだ勝っていないところがフューチャーされますけど、普通に動きはいいと思う。
DSC_3391_1
第4試合トライアングルダービー公式戦
世羅、〇鈴季、柊−たむ、●なつぽい、SAKI

現在の6人タッグのチャンピオンである、プロミネンスが貫録の勝利。柊選手の存在がでかいですね。
DSC_3483_1DSC_3576_1
第5試合
朱里、岩谷(30分時間切れ引き分け)林下、舞華

欠場者が出たので、急遽組まれた特別試合。それぞれ違うユニットの4人が集まってのタッグマッチ。
引き分けなのは仕方ないとはいえ、個人的には残念。
DSC_3721_1DSC_3774_1
メイン ワンダー・オブ・スターダム選手権
〇上谷−壮麗

フューチャーの王者でもある壮麗選手が上谷選手に挑戦。やはりでかくて動ける壮麗選手は今後も楽しみですよね。
上谷選手はこれで最多防衛記録に並びました。
壮麗選手は三浦亜美時代に見た時にすごい選手だな、と思っていたので、順調にステップアップしている姿を見れてうれしかった。
DSC_0102_1DSC_0121_1DSC_0149_1
全6試合、お腹いっぱいになるくらいのボリュームでした。
そもそも6人タッグのリーグ戦で14チームもそろう所がすごいです。
どこまで団体として成長していくか、今後も注目です。

この試合の写真アルバムはこちら


ドラゴンゲート 名古屋国際会議場大会(2022年12月11日)

ドラゴンゲートの名古屋国際会議場大会を見てきました。
8月以来の名古屋大会。11月にイベントプロレスを見ていますが^^。

今回はドラゴンゲートネットワークの無料配信日ということで、それを意識した発言、動きが多かったですね。

DSC_1243_1

今回のカード
(変更前)
IMG_20221212_134730


気になった選手
加藤良輝選手

まだデビューして間もない選手ですが、かなり大きい(183 90圈冒手で身体がすでに出来ている選手。
岐阜県瑞浪市出身ですし、かなり期待して見ていきたいと思います。

タワーブリッジネイキッドと思われる技も披露。インパクトありました。
DSC_1012_1DSC_1024_1


菊田選手がパンチ富永選手とのシングルで圧倒。
見るたびに地力が上がっているのが分かる。まだドリームゲートにたどり着いてほしい選手。

DSC_1037_1DSC_1048_1

HYO選手の身体のバキバキ感がすごい。

DSC_1061_1DSC_1067_1

吉田−清水はドラゲーでは珍しいヘビー級対決。こういう厚みを見せられる選手が増えてくるとまた違った景色になりそう。

DSC_1090_1

シュンはヒールはもったいない気がするんだよなぁ。ヒールにはマスクが邪魔な印象。

DSC_1131_1

校長とドラゴンキッドの初シングルマッチは途中でHYO、ディアマンテが乱入してノーコンテスト。
まぁ仕方ないかな・・・。久々にキッドのウルウラが見れてうれしかった。まだまだ健在ですね。

DSC_1150_1DSC_1166_1DSC_1168_1

メインは吉岡・ダイヤ−箕浦・Ben-Kの対戦。
吉岡とBen-Kは、まだ正式には決まってなかったようですが、実質の福岡の前哨戦。
Ben-Kは元々トップを走っていたのですが、ここのところ目立たなくなっていた選手。吉岡選手が今突き抜けていたのですが、元々同期なんですね。
こういうまだ若い選手がビッグマッチのシングルを飾る。こういう積み重ねで団体として巻き返していってほしいです。

DSC_1202_1DSC_1230_1DSC_1241_1

ダイヤが良くなったなぁと思いました。トップで揉まれていることも大事だな、と。

DSC_1186_1

福岡も楽しみですね。

全日本プロレス 名古屋国際会議場大会(2022年11月23日)

全日本プロレスの名古屋国際会議場大会を観てきました。
本日のカード
IMG_20221123_221322


全日本プロレスに行くのは1年半くらいぶり。最強タッグは結構毎年のようにいくのですが、2年ぶりでした。

前半3試合がジュニアのリーグ戦。
後半3試合が最強タッグの試合。
リーグ戦が7試合中6試合というのも珍しいですね。

ジュニアで良かったのは青柳亮生VSライジングHAYATO戦

DSC_8100_1DSC_8133_1DSC_8159_1

レベルの高い試合でした。

最強タッグではメインの試合でしょうか。
新日本プロレスの永田選手が若手の安齋選手とタッグリーグ参戦。宮原選手は大日本の野村選手と。
安齋選手はまだデビューして2カ月とかなんですね。そう考えれば先が楽しみな選手だな、と。

DSC_8501_1DSC_8528_1

永田選手も全盛期からすれば大分動きは厳しくなっていますが、舞台によっては輝ける。こういう活かし方を業界でやっていくのはいいことですよね。

DSC_8534_1DSC_8576_1DSC_8586_1

正直、選手層とか厳しいかな、と思う部分もありましたが、若手にいい選手も出てきているんですよね。
エンタメに走らず愚直な雰囲気で今後も行くのかな。あとは若い選手の成長が楽しみです。
DSC_8444_1


ドラゴンゲートプロレスイベントinホームセンターバロー千音寺店を見てきました。

ドラゴンゲートのイベントプロレス、ホームセンターバローの千音寺店で行われたので行ってきました。
最近できたんですね、千音寺のバロー。全然知りませんでした。
まぁまぁ寒かったですが、風は弱くなって良かった。椅子が先着200名で立ち見の客もいるという感じでしたが思ったより人が集まっていました。
全3試合。
IMG_20221104_213827

第1試合はミノリータとビッグボス清水の攻防で沸かせていました。やっぱり分かりやすいですよね。でかいのと小さいのがやりあうと。
DSC_3099_1DSC_3105_1

第2試合はドラゴンゲート初参戦の鈴木選手がいっちゃんと。楽しそうに絡んでいるのが良かった^^
DSC_3109_1DSC_3118_1

メインは吉岡、ドラゴンダイヤ−ドラゴンキッド、問題龍
こういうイベントプロレスではキッドさんはさすがに沸かせます。そして吉岡選手はチャンピオンらしく最後しっかりと締めました。
寒い中でのチョップは結構きつそうでしたが・・・。
DSC_3128_1DSC_3137_1DSC_3144_1

東海地区にゆかりのある選手が多く登場。辻よしなりアナウンサーが実況。初見の方にもわかるように配慮されていました。
DSC_3086_1DSC_3159_1
こういうイベントプロレス、また開催されたときは行きたいですね。

ドラゴンゲート 名古屋国際会議場大会(2022年8月7日)

8月7日に名古屋国際会議場で行われたドラゴンゲートを見に行ってきました。

DSC_0286_1

名古屋国際会議場でのドラゴンゲートは半年ぶり。ちょっとお客さんが少なくてびっくり・・・。
陣容は大分良くなってきているとは思いますが、カードが当日発表だったりと引きが弱かったか。

ハルク、〇H・Y・O、ディアマンテ、シュンーKAMEI、ジェイソン、ストロングマシーンJ、●問題龍

〇Ben-K−●布田

吉田、〇ホーホー・ルンー箕浦、●ミノリータ

〇サント、ウルティモドラゴン、キッド、YAMATO−望月マサアキ、ススム、神田、●ジュニア

〇Eita−●KAI

〇吉岡、ダイヤ、菊田−Kzy、●U-T、清水

第1試合では問題龍さんが頑張っていた。個人的にはシュンが目立たないのが残念というか・・・。やはりヒールではもったいない気がする。

DSC_0027_1

シングルが2試合は意外と豪華。ってか珍しい編成。Eita−KAIなんて、好カードですよね。そしてEitaが勝ったのはちょっとびっくり。

DSC_0168_1

エル・イホ・デル・サント選手はメキシコでは神様と呼ばれているらしいけど、実際見たのは初めてかも。
大分年齢を感じる戦いだったけど、仕方ないかな。ずっと勝ってきたM3Kが負けたことがびっくりした。^^;

DSC_0130_1DSC_0147_1

メインは先日チャンピオンになった吉岡選手がピン。

DSC_0260_1DSC_0270_1

個人的には菊田選手の動きや存在感が気になりました。今は目立たないようにしている感じですけど、あの大きさ、太ももやお尻のでかさはやはり武器ですから、またトップに上がってきてほしいですね。

DSC_0214_1DSC_0230_1

試合後は珍しくEitaとKzyが次の挑戦者アピールして挑戦者決定戦の流れが決まる。一瞬挑戦者決定戦を岡崎でやるかと期待してしまいました(笑)。

DSC_0278_1

次はいつになるかな。見ると楽しめるところがいいですね。

ドラゴンゲート パロマ瑞穂アリーナ大会(2022年6月29日)

drage-1drage-2
6月29日にパロマ瑞穂アリーナで行われたドラゴンゲートを見に行ってきました。
SB KENToとU-Tの凱旋大会となっていましたが、SB KENTは完全に瑞穂出身のようで、ほぼSB KENT一色の大会でした。
市議会議員を呼んだりして花を添えていました。

約半年ぶりですが、結構ユニットとか変わっているんですよね。その辺りはドラゴンゲートらしいですが。

印象に残ったのは・・・。
ドラゴンキッド、堀口元気選手の元気さ。
売店での各選手の対応のやさしさ。
パンチ富永選手の奮闘。
箕浦康太選手、吉岡勇紀選手の序列UPと説得力の高さ。
メインのヒールであるはずのZ-Bratsが凱旋大会ということで逆転現象に。
そのZ-BratsのSB KENToがピンを取られて負けたこと。
かな。

声は出せないながらも大分雰囲気は昔に近くはなってきた印象もあります。
そして会場がきれい。
愛知県は多く大会が行われますが、今後も定期的になっていきそうですね。

初めてプロレスを見る方を連れていったのですが、楽しんでもらえた様子。
そういう部分は安心のドラゴンゲートだな、と感じました。

この試合の写真アルバムはこちら

ドラゴンキッド選手
DSC_0016_1

堀口元気選手
DSC_0046_1

パンチ富永選手の奮闘
DSC_0076_1

箕浦康太選手
DSC_0068_1

吉岡勇紀選手の説得力の高さ
DSC_0155_1

SB KENTo選手の凱旋
DSC_0143_1

SB KENTo選手の締め
DSC_0160_1

センダイガールズ 刈谷あいおいホール大会(2022年2月19日)

2月19日に刈谷あいおいホールで行われたセンダイガールズを見てきました。

この日のカード
Screenshot_20220219-163624

この日は全5試合。うち4試合がシングル。

DSC_6373_1

高瀬みゆき選手を久々に見てみたくて足を運びました。

改めてやっぱり華があるな、と感じた高瀬みゆき選手。
試合も上手さが光りますね。

DSC_6491_1DSC_6509_1

第1試合の稲葉ともか−カノンもなかなかいい試合でした。
カノン選手も力がついてきたな、と感じました。

DSC_6395_1DSC_6413_1

メインもチーム200圓飽Τち手が良く食らいついていました。

DSC_6547_1

仙女は写真が撮りずらいな、と改めて感じました。
多分、ロープの色かな、と。そこにピントが持っていかれるケースが多かったです。

この試合の写真アルバムはこちら

GLEAT 中村スポーツセンター大会(2022年2月11日)感想

本日はGLEATの名古屋、中村スポーツセンター大会を観てきました。

本日のカード

Screenshot_20220211-135159

GLEATは初観戦。

GLEATは昨年、2021年7月に旗揚げ。
NOAHの運営にもかかわっていた、リデットエンターテイメント株式会社が立ち上げた団体。
UWF系の大会、プロレスルールの大会。それぞれ特徴を出して興行を行っています。

ちょうど今、初代のシングルのベルト、G-REX王座の王者決定トーナメントの真っ最中。この日は2回戦の2試合が行われました。

個人的にはCIMAがいる、#STRONGHEARTSがいたから見に来た、というのが一番の理由。
やはりCIMAファンなんですよね^^;

DSC_5461_1

第1試合に#STRONGHEARTSは登場。リンダマンはやっぱりすごい身体をしていました。

DSC_5552_1DSC_5551_1

CIMAの健在っぷりはうれしくなります。

全体的に、CIMAが運営にかかわっているのもあって、マイクとか見せ方とか、次への煽り方とかはドラゴンゲートっぽいな、と思います。
格闘技色もあるが、思った以上にプロレスを見せてくれました。

女子プロレスもありました。宮城倫子が出ていましたが、なんか雰囲気が違うなぁと。ヒールではなく、女子部を引っ張る存在ということで、やはり違うんでしょうね。
今後どうやって拡大、位置づけをしていくかがカギでしょうね。

DSC_5604_1

メインはT-Hawk−田中稔。
田中稔は今年で50歳となるのですが、それを感じさせない動きはお見事でした。
この年代のジュニアの選手は今でも動ける選手が多いですね。

DSC_5819_1DSC_5905_1

T-Hawk選手が勝って準決勝に。リンダマン選手と同門対決なんですね。楽しみです。

DSC_5832_1DSC_5918_1DSC_5944_1

全6試合。楽しく見れました。
また見れる機会があったら見に行きたいですね。

試合前には山村選手がDJヤマムラとして、音楽で会場を温めていました。ちょっと雰囲気が変わっていいですね。
DSC_5435_1

スターダム ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)大会(2022年1月29日)感想

1月29日に愛知県体育館で行われたスターダムのビッグマッチを観てきました。

この日の対戦カード

Screenshot_20220129-163015

それにしても、初めてスターダムを観たのが2012年のテレピア大会。その後、ちくさ座等での大会も見ていたことを思うと、愛知県体育館まで進出したのはすごいですよね。
この日は1306人というお客の入り。コロナ過を考えれば立派な数字。
全7試合。第0試合も加えれば8試合。陣容もかなり厚くなっています。これで直前に3選手、欠場になっているんですよね。
今の勢いはすごい。これをどう伸ばしつつ、定着させていくかが課題になりそう。

第1試合終了後には、先日アイスリボンを脱退して、新たに出来たデスマッチ&ハードコアユニット「プロミネンス」も登場。今後の参戦(殴り込み)が発表されました。
正直アイスリボンの悪口は、好きな団体だけに聞きたくなかったですが、力のあるところに選手が集まってくるのは必然。それをどう活かしていくか。これは団体のかじ取りが試されます。

DSC_4472_1DSC_4483_1

スターダムを観るのは2021年5月以来。どんどん知らない選手も増えていきます。
試合は以前、無理している感があったのですが、質がかなり上がってきています。安心して試合が見れるのはいいですね。

ビッグマッチというのもあるのですが、全7試合。第0試合が始まった16時半くらいからと思うと、4時間のロング興行でした。個人的にはちょっと長すぎた。
どうしても長くなるのは仕方ない部分もあると思いますが、ビッグマッチほど、しっかりとまとめることが大事だと思うんですよね。初見の人も多いですし。
メインは仕方ないにしてもセミの30分がしんどかったです。

印象に残ったのは・・・。
羽南選手
スープレックスの形がきれいで今後が楽しみ。

DSC_4389_1DSC_4392_1DSC_4447_1DSC_4468_1

ひめか選手
やっぱりアクトレスガールズの頃からいいと思う選手で応援してる。

DSC_4658_1DSC_4672_1DSC_4725_1

上谷沙弥選手
しっかりと試合を引っ張って作っていた辺りに好感。成長しています。

DSC_4788_1DSC_4817_1DSC_4892_1

MIRAI選手とか、他団体で見た選手もどんどん入ってきています。

DSC_5060_1DSC_5126_1

選手が増えると、不満も出てきて上手くいかなくなることもこれまで多くありました。そのあたりがどうなっていくかも注目です。

この試合の写真アルバムはこちら


センダイガールズ 刈谷あいおいホール大会(2021年12月26日)

12月26日に行われたセンダイガールズの刈谷あいおいホール大会を見てきました。
お客さんは用意した席は埋まっていましたが、そもそも少なめ。もう少し入ってこないといろいろ厳しいですよね。
センダイガールズは9月に見て以来。短いスパンで見に来る形になりました。

本日のカード

Screenshot_20211226-202733

メインはほぼ純血に近いタッグマッチ。
チーム200圈紛極棔νケА砲体格で圧倒していました。それでもチサコ・岩田組も食らいついていたのですが。

DSC_1284_1DSC_1295_1DSC_1335_1DSC_1400_1

稲葉ともか選手、朱崇花選手、他団体の選手ですが、魅力が出ていました。
DSC_1145_1DSC_1232_1

愛海選手の相変わらず声で沸かせていました。^^
DSC_1133_1

4試合でしたが、思った以上に観客に魅せていました。
DSC_0895_1DSC_0906_1DSC_0971_1DSC_1056_1

集客力を上げていきたいところですが・・・。

三浦亜美選手がもともと出る予定だったのが、出場なくなったのは正直残念でした。

ドラゴンゲート 名古屋国際会議場大会(2021年12月19日)

ドラゴンゲートの名古屋国際会議場大会を見に行ってきました。
ドラゴンゲートは3月21日に見に行って以来でした。
昔に比べると頻度が減っています。前は月1以上のペースで行っていたんですけど・・・。
今大会は新人が多く出場。新しい選手をデビューさせて育てる。遠回りのようにも感じますが、これをしっかりやっていくことは団体にとっては大事ですよね。
その点は好感を持ちました。

本日のカード

Screenshot_20211219-155137

目玉は名古屋出身同士のブレイブゲート王座戦。
SB KENTo−U-T戦。

名古屋出身同士とはいえ、この2人でメインをやるっていうのはチャレンジですよね。

DSC_0451_1

SB KENToはデビュー丸2年。これだけプッシュされているのもすごいです。
U-Tとしては後輩に負けるというのは厳しいところですけど・・・。
何とかどこかで突き抜けたいところですよね。

SB KENTo選手の高速ジャーマン、クロスアームスープレックスのきれいなブリッジは印象に残りました。

DSC_0460_1DSC_0470_1

試合は頑張っていました。こういうカードを名古屋以外で組まれるポジションにU-Tとしては上がっていく必要がありますよね。

DSC_0486_1DSC_0502_1DSC_0508_1

今大会は新人が6人出場。
飯橋偉進
飯橋理貴
早川匠
布田龍
佐藤翔也
藤原拓磨

藤原選手だけシングルで神田選手と。シングルって覚えてもらうには大きいですし、いい動きを見せていました。楽しみですね。
いいドロップキックを放っていて印象に残りました。

DSC_0112_1DSC_0113_1DSC_0097_1

あとは初めて見る選手ばかり。それでもいい動きは出来ていたので、ここから突き抜ける選手に出てきてほしいですね。

DSC_0246_1

若い選手が増えているのはいいこと。あとは売り出していく部分をどうするか。
手っ取りばやいのは他団体参戦でしょうが・・・。
シュンなんかはもっと突き抜けられるポテンシャルを感じるんですけどね。

年明けに再編もありそうですが、若手の売り出しに期待ですね。

一つ気になったのは、試合前のあおりでU-Tが入ってくるときに、曲をヒットさせなかったこと。個人的には大事だと思うんですけどね。

DSC_0080_1

見に行けばやはり楽しめるのがドラゲーのいいところ。
来年もちょこちょこ行きたいです。

DSC_0058_1DSC_0199_1DSC_0295_1DSC_0345_1DSC_0353_1

東京女子プロレス 名古屋国際会議場大会(2021年12月18日)

12月18日に名古屋国際会議場で行われた東京女子プロレスを見てきました。
東京女子プロレスは1年ぶり。
昨年までの日本ガイシプラザ第3競技場から一気に会場が大きくなった形。
SKE48の荒井優希選手が今年デビューして、そのSKE48のミニライブもあるということで、そのお客さんも多かったようです。

今日のカード
Screenshot_20211218-121509

SKE48のライブについての注意事項
注意事項
撮影禁止ということでした。まぁこれは仕方ない。

メインが山下選手に荒井選手に挑む試合。
やはり山下選手が攻める時間が多かったですが、荒井選手も反撃があってよく食らいついていました。
今年東スポの新人賞を受賞しましたが、来年もまだ活動を続けていくとのこと。
もっともっと話題になって、東京女子プロレスも大きくなっていってほしいですね。

DSC_9590_1DSC_9604_1DSC_9654_1DSC_9667_1DSC_9707_1

6試合、セミではタッグの4wayを組んでもそれだけ試合数が行えるというのが東京女子プロレスの強みですね。
選手がどんどん増えていますし・・・。小橋選手、天満のどか選手の引退が発表されていますが、入れ替わりがあっても影響なさそうなところが大きいですね。

DSC_9448_1DSC_9545_1DSC_9278_1DSC_9227_1DSC_9166_1

伊藤麻希選手も上手くなっていますし、細い選手が多いのですが、試合を魅せられる技術が上がっている印象です。
DSC_9329_1DSC_9395_1DSC_9403_1

団体として今後も楽しみですよね。
DSC_9128_1

この大会の写真アルバムはこちら

センダイガールズ 中スポーツセンター大会 感想(2021年9月12日)

9月12日に中スポーツセンターで行われたセンダイガールズの大会を見てきました。

調べたら自分が見に行くのは2018年2月以来3年半ぶり。プロレス観戦も5月のスターダム以来でした。

DSC_0044

この日は4試合。

△三浦亜美−カノン△

完全に三浦亜美選手が圧倒していたものの、何とかカノン選手が粘って引き分けに。
アクトレスガールズで去年11月に行われた試合で三浦選手は見ていますが、新人とは思えない体格で強さを見せられる選手ですよね。新人ではくくれない選手だと思います。
カノン選手の粘りも見事でした。

DSC_3836_1DSC_3837_1DSC_3856_1

〇門倉凛−宝山愛
マーベラスの提供試合。こちらはチャレンジ戦。門倉選手が上手く引っ張っていたように感じます。
宝山選手も粘っていたし、好試合でした。

DSC_3875_1DSC_3877_1DSC_3910_1

〇岩田美香・岡優里佳−アンドラス宮城・響

最後は反則負け。
岡選手の粘りは良かったと思います。
岩田選手も以前見た時よりも力強さが増して良かった。

DSC_3931_1DSC_3949_1DSC_3989_1DSC_4009_1

松本浩代・〇橋本千紘−水波綾・●愛海
愛海選手は声が武器みたいで、大きな声で相手をのけぞらせていました(笑)。
まだ17歳なんですね。これからもっと伸びてほしい選手です。
水波選手のおかあさんが来ていて、それで盛り上がっていました。

DSC_4021_1DSC_4059_1DSC_4095_1

人数的には厳しいセンダイガールズ。それでもお客さんはまずまず入っていました。
試合に安定感があるのがセンダイガールズの良さかなって思っています。
また見に行きたいですね。

DSC_4110_1DSC_4103_1

スターダム 名古屋国際会議場2days (day 1)(5月15日)

5月15日に名古屋国際会議場で行われた女子プロレス、スターダムの名古屋大会を見てきました。
2daysの1日目。全5試合でした。

スターダムは今年の2月に見て以来

スターダム6

メインのタッグのタイトルマッチ。ゴッデス・オブ・スターダム選手権。

勝ったのは王者組、ジュリア・朱里組でした。
DSC_5005_1DSC_4962_1DSC_4972_1

この試合ではスターライトキッド選手の奮闘が光りました。
小柄で動きのいい選手ですが、この日は力強さもあり、王者組に引けをとっていませんでした。彼女の頑張りがメインの良さを引き立たせた、この日のMVPですね。
DSC_4939DSC_4941DSC_4949_1

あと、良かったのがウナギ・サヤカ選手。
DSC_4727_1DSC_4734_1DSC_4742

上谷沙弥選手。
DSC_4789_1DSC_4797_1DSC_4822_1

全体的に選手の成長を感じる試合が多かったです。

キッド選手のブランチャが写真的には良かったですが、一番はこの写真かなぁ。
舞華選手。
DSC_4847_1


他の写真はこちらからどうぞ。

ドラゴンゲート 名古屋国際会議場大会(3月21日)

3月21日に名古屋国際会議場で行われたドラゴンゲートの大会を見に行ってきました。

本日のカード。

IMG_20210321_203648


ドラゴンゲートを見に行くのは12月26日以来だったのですが、その間にも色々分からなくなることが多かった。最近きちんとプロレスを追っていなかったので・・・。

一番はハイエンドってユニットが出来ていたことですね。
DSC_3958

試合は来週の和歌山のビッグマッチの前哨戦。そして5月5日の愛知県体育館のビッグマッチへの準備が始まっている、そんな流れでした。
DSC_4013
気になったのはBen-Kが目立たなくなっていたのと、若手が徐々に良くなってきたこと。

今は我慢の時かと思いますが、シュンスカイウォーカーを中心に何とかうまく団体を引き上げていきたいですね。

DSC_3897DSC_3907DSC_3928DSC_3993DSC_3994DSC_3867DSC_3824DSC_3702

スターダム 名古屋大会 @名古屋国際会議場(2月27日)

2月27日に名古屋国際会議場で行われたスターダムの名古屋大会を見てきました。
2018年の夏に見て以来
今回は2daysの一日目という形です。
対戦カード
IMG_20210227_214235


印象に残ったのはメインの飯田沙耶選手。小さいですがパワーのあるタイプで表情が豊か。
面白い選手ですね。

DSC_0264DSC_0251

3wayはちょっとガチャガチャしていて、今、どのチームが何人なのかが分かりにくかったのが残念でした。

全体的に、レベルの高い動きを見せようとするのがスターダムの特徴ですね。それが決まれば鮮やかですけど、ちょっとまだ追いついてない感じがしてしまうのが残念。それでも純血メンバーでこれだけ選手をそろえていられるのはすごいと思う。

武道館大会直前ですが、ビッグマッチ、是非上手くいってほしいですね。

DSC_0187DSC_0025DSC_0076DSC_0158DSC_0155DSC_0103DSC_0309

全日本プロレス 名古屋大会 @名古屋国際会議場(2月20日)

全日本プロレスの名古屋大会に行ってきました。

メインが岩本−CIMAのジュニア王座戦。これが目当てで行った大会でした。

CIMA選手のシングル戦が貴重。岩本選手もいい選手なのですが、試合そのものをCIMA選手が試合している感じのする戦いになりました。
その上で勝つ。その説得力もさすが。ただ、最後の技が新技(スパルタンカット)だったようで、ちょっと唐突に感じたのがちょっと残念でした。
ただ、試合後のマイクは完璧でしたし、全日本プロレスをこれから盛り上げる形になりそうで、より楽しみが増しました。

DSC_6544DSC_6584DSC_6590DSC_6600DSC_6604DSC_6620

今大会はセミにアジアタッグと2本を中心にした大会でした。それでもこういう試合を見せてくれると満足感が増します。

DSC_6487DSC_6501

これからのストーリーも含め楽しみになる大会になりました。

アイスリボン 名古屋大会 @ダイアモンドホール(1月31日)

1月31日にダイアモンドホールで行われたアイスリボンの名古屋大会、名古屋リボンに行ってきました。

本日の対戦カード。
IMG_20210131_155054


メインは3本勝負でした。久しぶりに3本勝負って見ましたけど、ここまで1本目ががっつりと激しい3本勝負って初めて見たかも。
トータル35分くらい戦っていました。4試合でしたけど、大満足。

試合前は「天体3349(テンタイミミズク)」さんのミニライブ。
真白優希選手の入場曲を提供しているということで、第1試合の真白選手は生ライブでの入場となっていました。
生で聴くといいな、と思いますし、ファンになっちゃいますよね。ライブの良さを改めて実感。

DSC_5354
DSC_5357DSC_5381

藤本選手は試合前に週刊プロレスの表紙になったことを報告。

DSC_5344

鈴季すず選手、春輝つくし選手が印象に強く残ったかな。何にしてもパッケージとして良く出来ていた大会と感じました。

DSC_5418DSC_5451
DSC_5531

アイスリボンは今年3回名古屋があるとのこと。また来れたら来たいな。

DSC_5410DSC_5470DSC_5487DSC_5566DSC_5569DSC_5571DSC_5598

DDTプロレス 名古屋大会 @枇杷島スポーツセンター(1月11日)

1月11日に枇杷島スポーツセンターで行われたDDTプロレスを見てきました。
2021年最初のプロレス観戦。自分の誕生日観戦になりました^^
DDTは2年ぶりの観戦。
全7試合。

IMG_20210111_185936


バランス良く7試合並べてあって、楽しめるようになっているのはさすが。

第4試合の貯腔封亂ルール。謎の対戦でしたが、口になんかはめて音が出るとロストポイント、という感じ。ちょっと気を抜くと音が出るので選手は大変そうでしたが、それで楽しませるのはさすが。
レフェリーが倒れてからは鳴らし放題。結局ノーコンテストに。それでも面白かった。

DSC_4913DSC_4919DSC_4933

印象に残ったのは、遠藤選手、竹下選手。さすがトップレベルの選手です。
DSC_5046DSC_5044

それから納谷選手。以前見た時よりあか抜けていい雰囲気になってきていました。でかさはやはり魅力。
DSC_4974

あと上野選手は素晴らしい身体を作っていました。ドロップキックがきれいに撮れてうれしかった。
DSC_4894
大鷲選手はきっちり言葉で楽しませてくれるのがさすがでした。
DSC_4863

ドラゴンゲート 名古屋大会 @名古屋国際会議場(12月26日)

12月26日に行われたドラゴンゲートの名古屋大会を見に、名古屋国際会議場に行ってきました。

全6試合。

IMG_20201226_211037

ドラゴンゲート観戦は1月以来。最近はきっちり流れを追っているわけではなかったのですが、ユニットの闘龍門が無くなり、新たにMASQUERADE(マスカレード)、チームボクが誕生。ちょうど過渡期になっていますね。
そして新人というか、若い選手が多くなってきています。これはいいことだと思いますがメインが若手だけで組むのはすごいな、と感じるマッチメーク。

シュンスカイウォーカーを見るのは久々でしたが、かなり別格の雰囲気をまとっていました。上背があるし、身体の厚みが出てきた。それで動きは維持していますし、今後業界でもトップクラスになれる選手。外でどれくらいやれるかも見てみたいですね。

DSC_4614DSC_4595

他にはSB KENTo、HipHop菊田、亀井丈人選手らが見慣れない選手。こういう選手たちが出てくる、プッシュしていくことも大事ですよね。

DSC_4602DSC_4450

ただ、メインはやはりまだ荒が目立ちました。数をこなしてレベルを上げていってほしいな、と思います。

ボクティモドラゴンは・・・。清水選手の無駄遣いかな、と感じてしまう。
DSC_4550

堀口選手のバッグスライドザヘブン(逆さ抑え込み)は久々に決まったの見た。まだまだ元気ですね^^。
DSC_4420

大日本プロレス 名古屋大会 @名古屋国際会議場(12月20日)

12月20日に行われた大日本プロレスのビッグマッチ、名古屋大会を見てきました。

全8試合。後ろ3つがタイトルマッチ。

関本選手や橋本選手がタイトルに絡まなくてもカードをしっかり組めるあたりが層の厚さを感じます。

第4試合には#STRONGHEARTSが登場。CIMA、T−HAWK、リンダマンのトリオで登場。この3人で見るのは実は珍しいかも。
連携とかさすがすぎて相手を圧倒していました。リンダマンの身体つきが素晴らしかった。

DSC_4025DSC_4030

第5試合はバラモン兄弟がしっかりと楽しませてくれました。水が撒けないかわりに消毒液を撒く(笑)。この方がこっちは助かります^^;

DSC_4077DSC_4100

第6試合はタッグのタイトルマッチ。正直体格のミスマッチが大きすぎて個人的にはちょっと今一つの内容でした。
DSC_4173

セミファイナルはストロングヘビー級。神谷選手も岡林選手も説得力が素晴らしかった。いい試合でした。

DSC_4235DSC_4241

メインは藤田選手と宮本選手のデスマッチ選手権。蛍光灯ではなかったので、派手さがなかったですか、色々持ち込んで耐久戦という感じでした。蛍光灯の音ってすごいメリットがでかいんだな、と改めて感じる試合。でも両選手の頑張りは伝わってきました。

DSC_4333DSC_4362

3時間20分くらいでビッグマッチらしい長さでした。楽しめた大会でした^^

東京女子プロレス 名古屋大会 @日本ガイシプラザ第3競技場(12月19日)

12月19日に東京女子プロレスの名古屋大会に行ってきました。

東京女子プロレスは2月の名古屋大会以来。今大会はシングル10分1本勝負が6試合組まれました。全8試合。8試合組める選手層というのもすごいですね。

メインの山下実優−伊藤麻希以外はきちんと決着を付けました。メインは1.4のメインイベントの前哨戦。引き分けは仕方ないかな。

それでも伊藤選手も良くなっているな、と感じますし、成長を感じる選手が多かった。

楽しみだな、と感じたのは舞海魅星(まいうみ みらい)選手。身体に力強さがありますし、将来的にはトップを取れる選手だと思います。

他に目立ったのは上福ゆき選手、渡辺未詩選手、坂崎ユカ選手、瑞希選手。やはり上位に位置する選手はそういう光るものを感じますね。

角田奈穂選手も移籍して初めて見れました。まだまだ様子見している感じですが、技術はありますし今後の活躍が楽しみ。

用意された席はほぼ埋まっていました。また見に行きたいです。

DSC_3486_2
Categories
Archives
メッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
高校野球を中心にアマチュア野球や中日のことを日々追っています。ブログが中心ですが、ツイッターでは、思ったことをつぶやいています。こっちのが本音が多いかも?
プロフィール

コウ

コウです。
コウスポ(https://kouspo.jp/)と使い分けてこちらも続けてまいります。

LINE IDは
@jumbonokachi511
です。

記事検索
広告
今後の観戦予定
12日
岐阜大学リーグ
長良川球場
13日
春季愛知県大会
岡崎球場
14日
春季愛知県大会
熱田愛知時計120スタジアム
20日
春季愛知県大会
小牧球場
21日
春季愛知県大会
未定

Recent Comments
  • ライブドアブログ