9月30日にドリームオーシャンスタジアムで行われた三重県大会の決勝戦、鈴鹿−宇治山田商の観戦記です。
普段三重県を見られている方からは意外な組み合わせ、とのこと。かつては甲子園にも出たことがありながら、近年は低迷していた印象の両チームの対戦でした。

鈴鹿
000000001|1 H6 E1
00022000X|4 H7 E0
宇治山田商

鈴鹿
高山(10)、今村(1)−村田
宇治山田商
加古(11)、田中(10)−小泉

投手成績
鈴鹿
高山 6回 102球 被安打6 四球2 三振3 失点4
今村 2回 20球 被安打1 四球0 三振2 失点0

宇治山田商
加古 6回 78球 被安打3 四球2 三振4 失点0
田中 3回 49球 被安打3 四球0 三振2 失点1

(出場選手)
鈴鹿
8青沼 6岡田 7中井 5中村 3山中 9森田 1高山(10)→H伊藤大(18)→1今村(1) 2村田 4園田
宇治山田商
9中瀬→9柴山(17) 6伊藤 7阪口 2小泉 5中川 3泉(13) 4加藤 1加古(11)→H藤田(12)→1田中(10) 8山本

(試合経過)
4回裏、1死2塁から6番泉が2ランホームラン。宇治山田商が均衡を破り、2点先制。2−0
5回裏、2死1,3塁から4番小泉がタイムリー。2死1,3塁からワイルドピッチで1点。4−0
7回表、ピッチャー交代、田中。
7回裏、ピッチャー交代、今村。
9回表、2死2,3塁からボークで1点。最後は三振で試合終了。
宇治山田商が三重県大会を優勝しました。

総評

序盤はややお互いに決め手に欠ける展開。そんな試合を動かしたのが泉選手の一発。思い切りよく振りぬいた打球は見事にライトスタンドへ。これでグッと宇治山田商に流れが来ました。
5回には4番の小泉選手にタイムリーが出て、更にワイルドピッチで1点。これでほぼ決まった形に。
加古投手から引き継いだ田中投手は9回の先頭の中井選手のサードファールフライを落球して、これで動揺もあったか連打を浴びてピンチに。それでも何とか2死までこぎつけたところで今度はボーク。1点を失うも、後続を断ちました。優勝を目前にすると意識しますよね・・・。こういう機会で抑えたことを自信にしたいですね。
宇治山田商はエース抜きで1失点。スタメンに1年生が5人いますし、経験を積みながら強くなっている印象。東海大会でもそれをぶつけたいですね。
鈴鹿は4番の中村選手が3安打。ここにチャンスで回したい。
投手陣は球威はそれほどないので、いかにテンポよく投げて打たせて取るか。高山投手は緩急で打ち取る投球。長所の違う2人で失点を減らしたいですね。

ピックアップ選手等はこちら