9月29日にパロマ瑞穂球場で行われた第2試合、愛知大−名城大の2回戦の観戦記です。
全勝で来ている名城大がキープして中京大との直接対決まで行くために落とせない一戦。序盤から名城大ペースになりました。

愛知大
00010|1 H6 E2
21108|12 H7 E0
名城大
(5回コールド)

愛知大
野村(49)、西田(11)−深澤
名城大
松岡(18)−松葉

投手成績
愛知大
野村 4回0/3 79球 被安打4 四球6 三振0 失点7(自責点5)
西田 2/3 20球 被安打3 四死球2 三振0 失点5

名城大
松岡 5回 62球 被安打6 四球0 三振1 失点1

(出場選手)
愛知大
4吉崎(46) 8浦山(13) 5尾(5) D工藤(21) 3廣田(3) 6山田(4) 2深澤(48) 9新美(41) 7木村(7)
名城大
8諌山(1) 6野田(4)→H遠藤(23) 4井戸(3) 3山口(37) 2松葉(2) D内山(42)→H蒔田(24) 9山月(9) 5朝夷名(6) 7小島(33)

(試合経過)
1回裏、1死1,3塁から4番山口の遊ゴロで2塁送球が逸れエラー。その間に1点。更に1死1,3塁から5番松葉が犠牲フライ。名城大が2点を先制。2−0
2回裏、1死満塁から2番野田が犠牲フライ。3−0
3回裏、無死1,3塁から6番内山が犠牲フライ。4−0
4回表、2死2塁から7番深沢がタイムリー3ベース。4−1
5回裏、無死1塁から5番松葉がタイムリー2ベース。無死1,2塁でピッチャー交代、西田。1死2,3塁から8番朝夷名が2点タイムリー。更に1死満塁から代打遠藤が押し出し死球。3番井戸がレフトフライ。これを落とすもレフトから3塁へ送って2塁ランナーはアウト(3塁ランナーは生還)。2死1,2塁から4番山口が3ランホームランを放ち、コールド成立。
名城大が5回コールドで大勝しました。

短評

愛大は序盤から四球やエラーが多く、それをしっかりと犠牲フライで点を取っていく名城大。3回まで4点を奪うもタイムリーは無し。一方ヒットは多く出るも、得点は4回に1点しか奪えなかった愛大。5回に野村投手、西田投手が踏ん張り切れず、一気にコールドまで名城大にもっていかれました。
最後は名城大の山口選手が3ラン。準硬式ではなかなか出ないホームランを見せてもらえました。これまで2本見ていましたが、パロマでスタンドに運ぶのはすごいですね。
松岡投手はMAX133km。ピンチはありましたが1点でしのぎました。
愛大はこの日は3連戦目。投手事情の苦しさ等はあったかもですね。ただミスが多かったので、そこは改善していきたい。

ピックアップ選手等はこちら