9月23日に中部大第一グランドで行われた第2試合、東郷−星城の観戦記です。
星城の新チームを見るのは初めてなので、どんなチームか注目して観戦しました。

東郷
00000|0 H3 E2
5320X|10 H10 E0
星城
(5回コールド)

東郷
小川(1)、加代(11)、菅家(10)−村山
星城
山本(1)−加藤椋、石川愛

投手成績
東郷
小川 0/3 14球 被安打4 四球0 三振0 失点5(自責点4)
加代 2回 32球 被安打3 四死球2 三振0 失点3
菅家 2回 21球 被安打3 四球0 三振0 失点2

星城
山本 5回 74球 被安打3 四球1 三振4 失点0

(出場選手)
東郷
6上田 8村瀬 7柴田 9成田(3) 5松島 3澤(9) 2村山 1小川→1加代(11)→H大島(16)→R九澤(19)→1菅家(10) 4足立
星城
4小林 6徳重 9石川千 5小松→R櫻井(14)→5 3吉川 2加藤椋→H加藤憂(17)→2石川愛(12) 8習田→7 1山本 7小野澤→8小川(19)

(試合経過)
1回裏、無死2,3塁から3番石川千、4番小松がタイムリー。5番吉川がタイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、加代。6番加藤椋が2点タイムリー。星城が5点を先制。5−0
2回裏、2死1,2塁から4番小松が右中間に特大の3ランホームラン。8−0
3回表、先頭の7番村山が2ベース、代打大島のヒットで無死1,3塁とするも、後続が続かず。
3回裏、ピッチャー交代、菅家。無死1,3塁から8番山本がタイムリー。1死2,3塁から1番小林が犠牲フライ。10−0
5回表、先頭の澤が2ベース。ワイルドピッチと四球で無死1,3塁。8番菅家のところでセーフティスクイズを仕掛けるも失敗して3塁ランナーがホームアウト。続く2人も三振に倒れ試合終了。
星城が5回コールドで大勝しました。

短評

星城は初回から東郷の投手陣を攻略して5点取って優位に立ち、2回には4番の小松選手が右中間に特大ホームランを放って試合を決めました。
小松選手はやはり存在感がすごく、打球も速い。引っ張りだけの打者でもなく、対応力もある。愛知県ではトップクラスの打者ですね。
この日だけ見たら、県大会で負けたことが不思議になるレベルのチームでした。山本投手は何度かピンチがあり、そこで粘れたのは収穫。球威はもうちょっと上げたいですね。
東郷は6番澤選手、7番村山選手が2ベースを放ち、力のあるところを見せました。村山選手は捕手として肩も良く、今後楽しみに感じる選手でした。
5回は下位打線というのもあったと思いますが、1点を取りに行くのではなく、打ちに行ってほしかったですね。

ピックアップ選手等はこちら