9月20日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われた第3代表決定戦、日本選手権への最後の切符を掛けた一戦は終盤にドラマが待っていました。

東海理化
0200100001|4 H9 E0
0000000032|5 H10 E1
西濃運輸

東海理化
池田大、河野−池間
西濃運輸
吉田(29)、池田(12)、森岡(20)、山下(13)、庄司(14)、摺石(21)−城野

投手成績
東海理化
池田大 9回 117球 被安打9 四球0 三振5 失点3
河野 1/3 4球 被安打1 四球0 三振0 失点2(自責点0)

西濃運輸
吉田 1回1/3 24球 被安打3 死球1 三振0 失点2
池田 2/3 15球 被安打0 四球1 三振1 失点0
森岡 2回1/3 31球 被安打2 四球0 三振0 失点1
山下 2/3 11球 被安打2 四球0 三振0 失点0
庄司 3回 50球 被安打0 四死球3 三振3 失点0
摺石 2回 35球 被安打2 四球2 三振1 失点1(自責点0)

(出場選手)
東海理化
3鈴木(3) 8福本(28) 9武藤(8) 7門叶(9)→R河田(31)→7齋藤(1) D安藤(5)→H井貝(2)→D 5川上(23) 6中野(10) 2池間(12) 4野田(4)
西濃運輸
9左向(24)→H柏木(27)→9渡邊(4) 6北野(6) 5野崎(28) D小中(10) 8原田(31) 2城野(2) 7修行(33)→R住谷(9)→7 4宮田(7)→H浦岡(22) 3福山(8)

(試合経過)
2回表、2死満塁から8番池間の2点タイムリー。ここでピッチャー交代、池田。東海理化が2点を先制。2−0
3回表、ピッチャー交代、森岡。
5回表、1死1,2塁でピッチャー交代、山下。4番門叶のタイムリー。3−0
6回表、ピッチャー交代、庄司。
9回表、ピッチャー交代、摺石。2死1,2塁から6番川上のライトオーバーの当たりをライトの渡邊が好捕。チームを救います。
9回裏、2番北野、3番野崎が連打で無死1,2塁。4番小中三振の後、5番原田が起死回生の同点3ランホームラン。一気に試合を振り出しに戻しました。
土壇場で西濃運輸が追いつき、延長タイブレークに突入します。
10回表、無死1,2塁から7番中野がバント失敗(ファール)の後にヒット。池間が遊ゴロホームアウト。1死満塁から9番野田が犠牲フライ。尚も2死満塁でしたが2番福本が倒れ1点止まり。4−3。
10回裏、無死1,2塁から代打浦岡が送りバント。1死2,3塁から9番福山がセンターへヒットを放ち、2塁ランナーまで帰ってきて逆転サヨナラ。
西濃運輸が奇跡を起こして最後の日本選手権切符を掴み取りました。

総評

最後の切符を掛けた戦い。どちらにもいいプレーが飛び出して、第3代表決定戦にふさわしい試合になりました。
ただ、東海理化が序盤からリードをして、いいプレーも多く飛び出していたので、9回裏が始まる時点で勝敗は決まったと思っていました。これがひっくり返るのが野球の面白さと怖さ。まさかそんなドラマが待っているとは・・・。
西濃運輸は柱となる投手がおらず、この試合も6人の継投。苦しい試合でした。それでも、2回、5回に失点をしたものの尚も2死満塁のピンチをしのぎ、9回表には2死1,2塁のピンチでライトオーバーになりそうな当たりをライトの渡邊選手が好捕。とにかくぎりぎりで失点をしのいでいたのが最後の最後に活きました。
9回裏の3ランを打った原田選手は今大会では当たっていなかった選手。ここで打つとは・・・。ここまで中1日で無失点で投げてきた東海理化の池田大将投手は責められないですよね。疲れはあったでしょうけど、エースに託すと決めていたっぽいですし・・・。
10回表も無死満塁から1点に何とかしのいで、最後は福山選手が決めました。佐伯監督も大変だったのでしょう。涙があったように見えました。
西濃運輸は昨年、主力投手が3人抜けて、今年は厳しいと思っていたのですが、結果は2大大会とも出場権を獲得。良くここまで戦ったと思います。
日本選手権では、まず1勝を目指して、一丸で戦ってほしいですね。
東海理化もあと一歩まで、夏秋連続出場に迫りました。今大会では1番の鈴木選手、2番福本選手、4番門叶選手の活躍が目立ち、打撃のいいチームとなってきました。来年以降も楽しみです。

ピックアップ選手等はこちら