3月20日に春日井球場で行われた関西六大学・愛知大学野球連盟対抗戦の第2試合、大商大−中京大の観戦記です。
関西六大学で圧倒的な強さを見せる大商大に対し、中京大がどういう試合を見せるか注目して観戦しました。

大商大
004110110|8 H9 E0
030010000|4 H8 E2
中京大

大商大
鈴木(13)、福島(14)、加茂(39)、高(18)、上田(1)−松田、蜷川
中京大
高木(11)、川井(16)、渡邉(14)、沢田(20)、中川(21)−関岡

投手成績
大商大
鈴木 2回 33球 被安打4 四球0 三振4 失点3
福島 3回 60球 被安打3 四球3 三振3 失点1
加茂 1回 18球 被安打0 四球1 三振1 失点0
高 2回 24球 被安打1 四球0 三振1 失点0
上田 1回 14球 被安打0 四球1 三振1 失点0

中京大
高木 5回 94球 被安打5 四球4 三振3 失点6(自責点4)
川井 1回 15球 被安打1 四球0 三振1 失点0
渡邉 1回 20球 被安打2 四球0 三振0 失点0
沢田 1回 22球 被安打1 四球1 三振0 失点1
中川 1回 14球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
大商大
8渡部(10) D山本(26)→R村田(40)→H新野(31) 9福島大(3) 3河西(7)→3菊地(32) 7大橋(29)→H福島悠(36)→R吉岡(6)→7明石(4) 5板谷(35)→5長野(28)→5松岡(25) 4佐藤(23)→4綛田(8) 6薮井(2) 2松田(22)→H畑中(34)→2蛭川(27)
中京大
3松山(3) 7鶴田(7) 9岡田(1) 5土井(25) 4桑原(2) D川瀬(35)→H山本(33) 8秋山(24)→H飯嶌(8)→8 2関岡(12)→H太田(5) 6杉浦(10)→6白井(28)

(試合経過)
2回裏、1死から5番桑原がソロホームラン。2死2塁から8番関岡が2ランホームラン。中京大が2本のホームランで3点先制。3−0
3回表、1死満塁から3番福島大に押し出し四球。4番河西が2点タイムリー2ベース。5番大橋がタイムリー。大商大が一気に4点取ってすぐさま逆転。4−3
3回裏、ピッチャー交代、福島。
4回表、1死3塁から9番蜷川のセーフティスクイズ成功。5−3
5回表、1死1,3塁から5番大橋の1ゴロが野選となり1点。6−3
5回裏、2死3塁から4番土井がタイムリー。6−4
6回表、ピッチャー交代、川井。
6回裏、ピッチャー交代、加茂。
7回表、ピッチャー交代、渡邉。1死2塁から代打福島悠がタイムリー2ベース。7−4
7回裏、ピッチャー交代、高。
8回表、ピッチャー交代、沢田。2死から1番渡部が特大のソロホームラン。8−4
9回表、ピッチャー交代、中川。
9回裏、ピッチャー交代、上田。
大商大が快勝。

短評

2回に中京大が2本のホームランで3点を先制。これは中京大が大商大に勝つのか、と思ったのもつかの間、すぐに3回表に大商大が逆転。こういうところに凄みを感じます。3点取られた後にバッテリー事次の回に交代とか、厳しさも強さを生む土壌なんでしょうね。
試合前に渡部選手はすごいですよ、と教えてもらいましたが、いきなり第1打席でフェンス際まで運び、3回にヒットを放つと、8回には特大のホームラン。噂通りのすごさを体感させてもらいました。
最後の3イニングは高投手、上田投手を投げさせてくれる“サービス”も。さすがですね。
中京大は高木投手が初回に146劼鬟沺璽。大商大相手にも通用するかな、と思わせましたが、2廻り目につかまりました。それでも5回を投げ切ったのはいい経験ですよね。
川井投手、沢田投手と力のある球を投げていて、楽しみな投手でした。
打つ方もホームランが2本と打線は大商大に引けを取らないものを見せてくれました。投手陣をどう本番に向けて整備するかがカギになりそうですが、打線でもカバーしていきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら