3月19日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われた第3試合、三菱自動車岡崎−西濃運輸の観戦記です。
西濃運輸は今年まだ見れていなかったので、観戦したくて足を運びました。

三菱自動車岡崎
010000000|1 H6 E0
00000040X|4 H8 E2
西濃運輸

三菱自動車岡崎
秋山(21)、神原(16)−西川
西濃運輸
森岡(20) 、池田(12)、高橋(16)、庄司(14)−柏木

投手成績
三菱自動車岡崎
秋山 6回1/3 84球 被安打8 四球2 三振4 失点4
神原 1回2/3 24球 被安打0 四球0 三振1 失点0

西濃運輸
森岡 4回 54球 被安打4 四球0 三振3 失点1
池田 2回 27球 被安打0 四球2 三振1 失点0
高橋 1回 12球 被安打0 四球0 三振2 失点0
庄司 2回 37球 被安打2 四球1 三振3 失点0

(出場選手)
三菱自動車岡崎
8中村奎(31) 4古川(7) 3堂(0) 9豊住(24) 5菅原(3) D小室(6)→R冨澤(4) 7山田(29)→H井上(25)→7大工原(27) 6内藤(8) 2西川(10)→H里見(28)
西濃運輸
9斎藤(1) 5佐古(25)→4宮田(7) 7原田(31) 4小中(10)→5 3野崎(28) D浦岡(22) 8渡邊(4)→8丹下(23) 2柏木(27) 6北野(6)

(試合経過)
2回表、2死2塁から8番内藤がタイムリー。三菱自動車岡崎が先制。1−0
5回表、ピッチャー交代、池田。
7回表、ピッチャー交代、高橋。
7回裏、無死1,2塁から5番野崎がタイムリー。更に1死満塁から8番柏木がタイムリー。9番北野が2点タイムリー。ここでピッチャー交代、神原。西濃運輸が4点取って逆転。4−1
8回表、ピッチャー交代、庄司。
西濃運輸が逆転勝ちをおさめました。

総評

三菱自動車岡崎はエースの秋山投手が先発。6回まで3安打、球数も62球と少なくほぼ完ぺきな内容。そのまま抑えきるかと思いましたが・・・。
7回裏は3番原田選手、4番小中選手と不運な当たりがヒットとなり無死1,2塁。ここから西濃運輸打線が良くつながりました。西濃運輸としては1チャンスをよく活かしましたね。谷選手が抜けてどうなるか、と思いましたが、新人の小中選手が4番に入る新打線。彼が打つといい打線になってきそうです。
投手陣は1,2年目の実績がない投手が登板。それぞれ持ち味は発揮しました。高橋投手は右のサイドで144劼鬟沺璽するなど、かなり面白い投手でした。同じサイドで同じ16番。船迫投手のようになってほしいですね。
庄司投手もMAX149劼鬟沺璽。まだ課題はありそうですが、上背もあり化けたら面白そうな投手でした。
三菱自動車岡崎は神原投手が素晴らしい投球を披露。今年は復活が期待されます。
なんとなく打線が低調に感じるんですよね。1,2番の新人など、新しい力とどう融合していくか、ベンチの手腕が問われますね。

ピックアップ選手等はこちら