9月21日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われた第3代表決定戦、ヤマハ−王子の観戦記です。
ヤマハが連投で佐藤投手、王子はエースの近藤投手を先発に立ててきました。

ヤマハ
101000010|3 H9 E0
02001101X|5 H9 E1
王子

ヤマハ
佐藤(14)、ナテル(12)、九谷(13)、水野(18)、波多野(21)−川邉
王子
近藤(19)、高島(15)−細川

投手成績
ヤマハ
佐藤 4回2/3 80球 被安打6 四球3 三振1 失点3
ナテル 1回1/3 28球 被安打1 四球2 三振1 失点1
九谷 2/3 7球 被安打0 四球0 三振0 失点0
水野 1/3 6球 被安打0 四球0 三振1 失点0
波多野 1回 18球 被安打2 四球0 三振1 失点1

王子
近藤 5回 88球 被安打8 四球2 三振1 失点2
高島 4回 71球 被安打1 四死球2 三振3 失点1(自責点0)

(出場選手)
ヤマハ
7中田(24) 3秋利(4) D矢幡(1) 9網谷(5) 5藤岡(3) 4青柳(6) 6相羽(10)→H大本(22)→R永濱(7)→6 8前野(25) 2川邉(8)
王子
6前田(5) 4山口(4) D伊礼(10) 7吉岡(6) 3宝島(2) 8亀山(1) 9山ノ井(8) 2細川(22) 5大杉(3)

(試合経過)
1回表、2死1,3塁から5番藤岡のタイムリー。ヤマハが先制。1−0
2回裏、1死2,3塁から7番山ノ井が2点タイムリー。王子が逆転。2−1
3回表、2死1,2塁から6番青柳がタイムリー。2−2
4回表、無死1,3塁から1番中田の痛烈な1塁線のライナーを1塁の宝島が好捕しそのままベースタッチをしてダブルプレー。2番秋利の四球で2死1,3塁となるも3番矢幡が倒れ得点ならず。
5回裏、2死1,3塁から4番吉岡のタイムリー。王子が勝ち越し。3−2。ここでピッチャー交代、ナテル。
6回裏、1死から7番山ノ井がソロホームラン。4−2
7回裏、2死からピッチャー交代、水野。
8回表、2死3塁から代打大本のタイムリー。4−3
8回裏、1死2塁から8番細川がタイムリー2ベース。5−3
王子が勝って日本選手権の最後の切符を獲得。6大会連続14回目の出場となりました。

総評

王子が勝ちました。王子の先発の近藤投手は序盤からヤマハ打線に捉えられてアップアップの状態でした。それでも、打球が正面に行くなど、ツキもあってなんとか最小点で踏ん張り、試合を作る。
ポイントとなったのは4回表、連打で無死1,3塁となり、1番中田選手の痛烈な当たりがライナーとなって1塁手の宝島選手が好捕、ゲッツーになったところ。ここで完全にツキが王子に行き、ヤマハは厳しくなっていきました。
判定でもヤマハに不利なことが多く出て、苦しい試合に。
ヤマハは連投の佐藤投手を先発に立てましたが、やはり球威が落ちていて、苦しい投球でした。元々球威で抑えるタイプではないものの、要所で踏ん張れず。
ナテル選手がリリーフで上がりましたが、6回に痛恨のソロホームランを山ノ井選手に浴び、8回には抑えの波多野投手が追加点を奪われ万事休す。
投手陣が苦しいまま終戦となりました。清水投手がベンチから外れる等、思い通りに行かなかったことが大きかったかな、と感じます。投手陣の立て直しが来年の課題になりそうです。
打線は4番の網谷選手がノーヒット。大会全体を通してつながりに欠ける形になりました。面子はそろっているだけに、どの選手を使っていくか、ベンチワークの難しさが出てしまった形に。
王子は山ノ井選手が3安打で打点3。4点に絡む大活躍でした。大事なところで4番吉岡選手や8番細川選手がタイムリー。全国へ何としても出るという気持ちが王子は上回ったかも。
殊勲選手賞は高島投手。先発で長くないイニングでもしっかりと抑えて試合を作る場面が多く、この日は6回からのロングリリーフで1点(自責は0)に抑えました。立ち上がりはややボール先行で苦しみましたが、ここを三振ゲッツーでしのいでからはリズムに乗れた形に。MAX148劼鬟沺璽。全国の舞台でインパクトを残してほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら