8月8日に高山市中山公園野球場で行われたJABA高山大会の第2試合、中京学院大−ヤマハの観戦記です。
中京学院大がヤマハにどこまで食い下がれるか、注目して観戦しました。

中京学院大
00000000|0 H7 E2
40001011|7 H8 E0
ヤマハ
(8回コールド)

中京学院大
大島(18)、井上(23)、宮尾(64)−安川、依田
ヤマハ
ナテル(12)、平石(17)、金原(15)、村木(20)−高坏

投手成績
中京学院大
大島 4回 69球 被安打4 四球2 三振3 失点4
井上 3回 59球 被安打2 四球2 三振2 失点2(自責点1)
宮尾 1/3 10球 被安打2 四球0 三振0 失点1

ヤマハ
ナテル 5回 75球 被安打2 四死球2 三振6 失点0
平石 1回 13球 被安打1 四球0 三振0 失点0
金原 1回 19球 被安打2 四球0 三振2 失点0
村木 1回 15球 被安打2 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
中京学院大
9加藤(21) 8高島(3)→H瀧本(9)→7→H本間(77)→R前田(154)→7 6西尾(10) D千田(143) 3廣田(26) 5菅野(6) 7奥村(37)→8 2安川(98)→H藤本(99)→2依田(28) 4大村(8)
ヤマハ
8中田(24) 4永濱(7) 6相羽(10) 9網谷(5) 5藤岡(3) D前野(25)→R鈴木(0) 7矢幡(1)→7古川(26) 3笠松(33) 2高坏(9)

(試合経過)
1回裏、2死1,2塁から5番藤岡が3ランホームラン。更に2死2塁から7番矢幡のフェンス直撃のタイムリー2ベース。ヤマハが4点を先制。
5回裏、先頭の1番中田がソロホームラン。5−0
7回裏、1死満塁から4番網谷の3ゴロでホーム転送もエラーとなり、ランナー生還。6−0
8回裏、1死3塁から8番笠松がタイムリーを放ち、コールド成立。ヤマハがコールドで勝ちました。

短評

ヤマハが2本のホームラン等長打が出て快勝。若干2回以降、打ちあぐんだのと、7回にあと1点でコールドというところでホームゲッツーで逃したのは気になりましたが・・・。
ナテル投手の状態が良く、5回を2安打無失点。久しぶりに先発で見た気がしますが、これくらい投げられれば十分予選でも出番がありそう。
打つ方では1番の中田選手がホームランを含む2安打でアピール。出た試合でしっかりとアピールして出番を勝ち取っていってほしいですね。
中京学院大は赤塚投手ではなく大島投手が先発。初回に4点を失いましたが、2回以降は立ち直ったところは評価できますね。
打つ方では西尾選手がさすがの活躍。何とか1点取りたかったですが、すべて単打でしたし、ゲッツー2つでは厳しかった。

ピックアップ選手等はこちら