8月8日に高山市の中山公園野球場で行われたJABA高山大会の第1試合、三重県学生野球選抜−西濃運輸の観戦記です。
今年は大学選抜で参加した三重の大学リーグ。西濃運輸相手にどういう戦いを見せるか注目して観戦しました。

三重県学生野球選抜
000400013|8 H12 E1
100000005|6 H14 E1
西濃運輸


三重県学生野球選抜
江南(11)、磧(18)−床辺、大森
西濃運輸
石田(11)、山下(13)−城野

投手成績
三重県学生野球選抜
江南 8回2/3 137球 被安打14 四球5 三振4 失点6
磧 1/3 4球 被安打0 四球0 三振0 失点0

西濃運輸
石田 7回1/3 95球 被安打9 四球0 三振6 失点5
山下 1回2/3 25球 被安打3 四球2 三振1 失点3

(出場選手)
三重県学生野球選抜
4大野(10)→4堰口(23) 6井田(13) 5西口(25) 3村田(40) D中川(29) 9岡田(2) 7甲斐(7) 2床辺(39)→2大森(8) 8三輪(9)
西濃運輸
7住谷(9) 4渡邊(4) 9岩城(7) 8原田(31) D柏木(27) 2城野(2) 5野崎(28) 6大山(0) 3福山(8)

(試合経過)
1回裏、2死1,3塁から5番柏木のタイムリー。西濃運輸が先制。
4回表、2死3塁から5番中川のタイムリー。更に2死1,2塁から7番甲斐がタイムリー。2死2,3塁から8番床辺が2点タイムリー。この回4点取って逆転。4−1
8回表、無死2塁から1番大野の1ゴロの時にピッチャーの石田が足を痛め降板。山下がマウンドへ。1死1,3塁から3番西口の3ゴロゲッツー崩れの間に1点。5−0
9回表、無死満塁から8番床辺がタイムリー。9番三輪が2点タイムリー。8−1に。
9回裏、1死2塁から3番岩城がポール際に2ランホームラン。更に2死1,3塁から7番野崎がタイムリー。8番大山が2点タイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、磧。
磧が抑えて試合終了。三重県学生野球選抜が逃げ切りました。

短評

三重県学生野球選抜の先発は皇学館大の江南投手。初回に1点を失ったものの、2回以降は粘って0を並べていきました。3者凡退は4回だけ。それでも先頭バッターをとにかく出さなかったのが良かったです。9回はさすがに疲れがあったと思います。ベンチは完投にこだわりましたが、ちょっと引っ張りすぎた形になってしまいました。
西濃運輸はルーキーの石田投手が先発。3回までは完璧に抑えるも、4回に連打で失点。ランナーを出すとバタつく印象がありました。8回途中まで投げられたのは収穫。足の負傷が痙攣とかならいいのですが・・・。
三重県学生野球選抜は4回、9回の集中打が見事でした。
西濃運輸は柏木選手、大山選手が3安打。住谷選手が2安打。予選に向けて、チーム内での競争もしっかりとやっていってほしいですね。

ピックアップ選手等はこちら