7月31日にヤマギシ豊里球場で行われた第3試合、名古屋大−静岡大のOP戦の感想です。
静岡大は1,2年生のみのチームでの参戦ということで、名大も1,2年生が中心の試合でした。

名大
400000002|6 H6 E2
10004211X|9 H11 E3
静大

名大
宮崎(3)、佐藤(2)、豊田(1)、西原(1)、西(1)−川原、三橋
静大
佐野(3)、綿引(1)、堀内(1)、雨宮(1)、今井(1)、近藤(2/3)、崎浜(1 1/3)−矢澤、大澤
※()はイニング数

(試合経過)
1回表、2死満塁から6番加藤が2点タイムリー。更に2死2,3塁から7番中武が2点タイムリー2ベース。名大が4点先制。4−0
1回裏、無死1塁から2番加藤がタイムリー2ベース。4−1
5回裏、1死1,2塁から2番加藤の2ゴロで2塁送球が逸れ、さらに3塁へ投げた球が悪送球になるダブルエラーで1点。更に1死満塁から代打山本が2点タイムリー2ベース。更に5番内村のタイムリー2ベース。静大が逆転。5−4
6回裏、無死1,2塁から1番宇野がタイムリー。更に1死満塁から3番岡野犠牲フライ。7−4
7回裏、1死3塁からワイルドピッチで1点。8−4
8回裏、2死2塁から5番内村のタイムリー2ベース。9−4
9回表、無死満塁から8番今井が2点タイムリー。9−6
静岡大が逆転勝ちを収めました。

ピックアップ選手等はこちら