7月31日にヤマギシ豊里球場で行われる予定だった東海地区国立大学大会が、前日の中止を経て大会が中止となり、それぞれOP戦となりました。
第1試合は愛教大−三重大のOP戦です。

愛教大
01001000|2 H7 E2
0002303X|8 H10 E1
三重大
(8回時間切れコールド)

愛教大
若尾(2)、小笠原(2)、千葉(1/3)、江尻(2 1/3)、野村(1/3)−久田、山口
三重大
吉村(7)、村田(1)−大澤
※()はイニング数

(試合経過)
2回表、1死2,3塁から7番野田の遊ゴロの間に1点。愛教大が先制。1−0
4回裏、2死1塁から8番大沢の2ランホームランで逆転。2−1
5回表、1死1,2塁から2番平野がタイムリー。2−2の同点に。
5回裏、1死1,2塁からタイムリーエラーで1点。更に1死満塁から連続ワイルドピッチで2点。ここでピッチャー交代、江尻。5−2と三重大が勝ち越し。
7回裏、1死満塁から7番村國がタイムリー。8番大沢がタイムリー。更に2死満塁から1番橋本がタイムリー。ここでピッチャー交代、野村。8−2
三重大が勝ちました。

ピックアップ選手等はこちら