6月20日に刈谷球場で行われた第1試合、豊田鉄工−GTRニッセイの観戦記です。
勝てば準決勝進出となる試合でした。

豊田鉄工
00000100|1 H6 E3
0010112X|5 H5 E0
GTRニッセイ
(8回時間切れコールド)

豊田鉄工
森貴(16)、井上(19)、村松(21)、伊藤(20)−吉村
GTRニッセイ
三浦(14)、加藤(11)−森

投手成績
豊田鉄工
森貴 4回 64球 被安打2 四死球6 三振0 失点1
井上 1回 17球 被安打1 死球2 三振0 失点1
村松 1回1/3 38球 被安打2 四死球4 三振3 失点3(自責点2)
伊藤 2/3 13球 被安打0 四球0 三振0 失点0

GTRニッセイ
三浦 7回 105球 被安打6 四球2 三振3 失点1
加藤 1回 15球 被安打0 四球1 三振1 失点0

(出場選手)
豊田鉄工
7森亮(10) 5村田(6)→9 4森元(1) 8工藤(7) 9土屋(23)→1村松(21)→1伊藤(20) 2吉村(27) 3小川(25) 1森貴(16)→H名古路(5)→1井上(19)→5堀本(3) 6安食(0)
GTRニッセイ
7清水(24) 5大平(1) 3田中(3) 9高木(13) 6松岡(17) 4荒木(25) 8廣田(2) 2森(27) 1三浦(14)→1加藤(11)

(試合経過)
3回裏、2死1塁から4番高木がタイムリー2ベース。GTRニッセイが先制。1−0
5回裏、2死3塁から三者連続死球で押し出し。2−0
6回表、無死2,3塁から2番村田の犠牲フライ。尚も2死満塁まで行くも得点ならず。2−1
6回裏、2死満塁から5番松岡のタイムリー。3−1
7回裏、1死2,3塁でピッチャー交代、伊藤。1番清水の2ゴロでホーム転送もセーフで記録野選。更に1死1,3塁から2番大平の1ゴロもホームへの送球が逸れて記録野選。2点追加で5−1。
8回表が終わったところで時間切れとなり、GTRニッセイが勝ちました。

総評

両チームで三者凡退は4回表だけ。ランナーが多く出る試合でした。
豊田鉄工の投手陣が四死球12。死球が7つもありました。インコースを攻めるというのがテーマだったっぽいですが・・・。ちょっと多すぎました。
特に5回の三者連続デッドボールは・・・。もうちょっと何とかならなかったかな、と感じてしまいますね。
結局すべての失点に四死球が絡んでいます。やはり四死球はヒットと同等。これが増えると勝てなくなりますね。
攻撃では序盤にゲッツーを2つ。6回に追いつき、追い越せていれば、というところですが、これは仕方ないです。
GTRニッセイは3回に2死から四球のランナーが4番高木選手の前に出て、高木選手がタイムリー2ベース。これでかなり楽になりました。
GTRニッセイとしても残塁が序盤から多く、結局14残塁。攻める姿勢は見えていたので、結果は仕方ない。7回にしっかりと叩いて点を重ねたところはさすがでした。

ピックアップ選手等はこちら