ハケンアニメ「ハケンアニメ!」を観てきました。

(あらすじ)
最も成功した作品の称号を得るため熱い闘いが繰り広げられている日本のアニメ業界。公務員からこの業界に転身した斎藤瞳(吉岡里帆)は、初監督作で憧れの監督・王子千晴(中村倫也)と火花を散らすことになる。一方、かつて天才として名声を得るもその後ヒット作を出せず、後がない千晴はプロデューサーの有科香屋子(尾野真千子)と組み、8年ぶりの監督復帰に燃えていた。瞳はクセが強いプロデューサーの行城理(柄本佑)や仲間たちと共に、アニメの頂点「ハケン(覇権)アニメ」を目指して奮闘する。

ハケンは派遣かと思いました。
って結構声が多くて、それで損もあったかもですね。
内容は熱くて、そして楽しめる映画でした。結構泣けましたし。
まぁ連続TVアニメであそこまで話題になるか、というと微妙なんですけど、まぁそこは映画的表現ってことで。
中村倫也さん演じる王子千晴が、ただのすごい人ではなく描かれていたことが好感でした。
描写的に意外とのんびりしているな、とか気になる部分もあったのですが、それでも作品の楽しさで☆は5つに。

いい映画でした。