5月22日に草薙球場で行われた第2試合、皇学館大−中京学院大の観戦記です。
中京学院大にとっては今大会初戦。皇学館大は望みをつなぐために負けられない試合。拮抗した試合になりました。

皇学館大
0101000002|4 H5 E2
0011000001|3 H5 E1
中京学院大
(延長10回タイブレーク)

皇学館大
北川(18)、江南(11)−中村、床辺
中京学院大
大島(18)、佐藤(17)−小林

投手成績
皇学館大
北川 9回 133球 被安打5 四球4 三振4 失点2(自責点1)
江南 1回 18球 被安打1 四球1 三振1 失点1(自責点0)

中京学院大
大島 5回 76球 被安打2 四球2 三振3 失点2
佐藤 5回 70球 被安打3 死球1 三振2 失点2(自責点0)

(出場選手)
皇学館大
4大野(2) 7小阪(24)→H大川(4)→7伊藤侑 9岡田颯(1)→R浅井(20)→岡田一(8) 3村田(40) D中川(29) 6井田(23) 5大田(5) 2中村(3)→H二村(25)→2床辺(22) 8三輪(9)
中京学院大
9加藤修(1) 8高島(8) 6西尾(10) 4山下(7) D千田(25) 3廣田(5) 5菅野(3) 2小林(22) 7瀧本(9)

(試合経過)
2回表、1死1塁から6番井田のタイムリー2ベース。皇学館大が先制。1−0
3回裏、無死満塁から1番加藤修が押し出し四球。1−1の同点に。尚ものチャンスでしたが、三振、2ゴロ、3ゴロでチャンスを活かせず。
4回表、先頭の岡田颯がソロホームラン。打った瞬間の当たりで皇学館大が勝ち越し。2−1
4回裏、2死から7番菅野の2ベース、8番小林のタイムリーで中京学院大が追いつく。2−2。
9回で決着がつかず、延長タイブレークへ突入。
10回表、無死1,2塁から犠打で1死2,3塁。代打二村の弱い2ゴロでセカンドはホーム投げられず1塁でアウト。1点勝ち越し。尚も2死3塁から9番三輪がタイムリー2ベース。皇学館大が2点勝ち越し。4−2
10回裏、送りバント失敗の後、1番加藤修がヒット。1死満塁から2番高畠は押し出し四球。しかし3番西尾が三振、4番山下が右飛に倒れ試合終了。
皇学館大がタイブレークの末勝って1勝1敗にして、望みをつなぎました。

総評

後がない皇学館大は北川投手が先発。左のオーバーハンドでひじが遅れて出てくるタイプ。それで135卅宛紊鯏蠅温むので、なかなか中京学院大も捉えられず。
中京学院大は4年生の大島投手が先発。リーグ戦でも大体第2戦を任されていました。MAX145辧5回を2失点。ボールが先行する場面もありましたが、力は出したかな、という内容でした。ヒット2本がいずれも長打。これが痛かったですね。
4回までは割と点の取り合い。やや審判のゾーンにも苦労していた印象。それが5回以降はお互いの投手が良くなり、なかなか決めてがないまま終盤に。
9回は皇学館大が1死1,2塁のチャンスで5番、6番でしたが得点できず。延長タイブレークとなりました。
タイブレークでは1点取った後にタイムリーが出た皇学館大が逃げ切った形に。1本出した方がやはり勝ちますね。
中京学院大としては、3回の1点取った後の無死満塁、10回の1点取った後に1死満塁。ここで1本出なかったのが敗因。抑えた皇学館大がお見事でした。
中京学院大は2番手の佐藤投手の内容が素晴らしかった。秋以降も大きな戦力になりそう。
皇学館大は9回を投げ切った北川投手に尽きますね。タイブレークを抑えた江南投手もお見事でした。

ピックアップ選手等はこちら