5月22日の草薙球場で行われた第1試合、皇学館大−静岡大の観戦記です。
前日のノーゲームを受けての再試合、どういう試合になるか注目して観戦しました。

皇学館大
000000000|0 H2 E3
00002300X|5 H7 E0
静岡大

皇学館大
佐野(21)、江南(11)、笠井(13)−床辺、中村
静岡大
速水(25)−安竹

投手成績
皇学館大
佐野 4回1/3 97球 被安打4 四球3 三振4 失点2
江南 1回2/3 49球 被安打1 四死球3 失点3(自責点0)
笠井 2回 34球 被安打2 四球1 三振1 失点0

静岡大
速水 9回 124球 被安打2 四球3 三振7 失点0

(出場選手)
皇学館大
4大野(2) 7小阪(24)→伊藤(7) 9岡田颯(1) 3村田(40) D中川(29) 6井田(23) 5大田(5) 2床辺(22)→H大川(4)→R岡田(8)→2中村(3) 8三輪(9)
静岡大
6原田(6) 5荒井(23) 3竹田龍(34) 8木川(1) 4佐藤(22) D竹田耕(2) 9内田(33)→H高橋(7)→9篠原(27) 7永井(10) 2安竹(12)

(試合経過)
5回裏、1死3塁から1番原田がタイムリー。1死1,2塁でピッチャー交代、江南。1死満塁から4番木川が押し出し四球。静岡大が2点を先制。
6回裏、1死満塁から2番荒井が押し出し四球。2死満塁から4番木川が三遊間の当たりをサードが弾き2点タイムリー2ベースに。5−0
8回表、1死から代打大川がヒット。ノーヒットノーランならず。
静岡大が勝って大学選手権に王手。

総評

静岡大は速水投手が快投。MAXは131劼任靴燭、スライダー、チェンジアップとまっすぐが見分けがつきにくいのか、皇学館大打線が翻弄され、7回まで四球のランナーが3人出ただけ。ほぼ完全に抑え込まれました。
打線は、連投となった皇学館大の佐野投手からランナーは出すもなかなか得点できなかったのですが、5回に1死3塁のチャンスを作って1番原田選手のタイムリーで均衡を破ると、さらに押し出し四球、6回には相手のミスでもらったチャンスに押し出し四球、ややラッキーな2点タイムリー2ベースで3点取って勝負を決めました。
前日とは組み替えた1,2番、原田選手、荒井選手が見事にはまりました。
皇学館大は連投の佐野投手は粘りましたが、やはり前日と比べるとコントロールが良くなく、連投の影響もあったかと。それでも粘っていたのですが・・・。
早めにエースの江南投手を投入しましたが、登板直後に自らエラーが出て、ちょっと引きずった形に。それでも最速141劼鬟沺璽し力のあるところは見せたのですが・・・。6回はエラーが続いてでて粘れず。
前日4-0で6回表まで勝っていただけに、先制点を取られて気持ち的に苦しくなったかもですね。

ピックアップ選手等はこちら