5月20日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われた第1試合、浜松ケイ・スポーツBC−東邦ガスの観戦記です。
2022年の都市対抗東海地区2次予選の開幕カード。浜松ケイ・スポーツがどれだけ東邦ガスに食い下がれるかに注目して観戦しました。

浜松ケイスポーツ
0100000|1 H5 E1
120206X|11 H10 E0
東邦ガス
(7回コールド)

浜松ケイスポーツ
松本大(15)、黒沢(16)、原木(12)−前田
東邦ガス
中川(15)、棒(14)−氷見

投手成績
浜松ケイスポーツ
松本大 4回 79球 被安打6 四死球4 三振4 失点5
黒沢 1回2/3 25球 被安打2 四球2 三振0 失点5(自責点3)
原木 1/3 16球 被安打2 四球1 三振0 失点1

東邦ガス
中川 6回 75球 被安打5 四球0 三振3 失点1
棒 1回 10球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)
浜松ケイスポーツ
4高林(3) 5山口(2) 6平谷(5) 7品田(7) 9寺澤(25) D山下(48) 3永井(1) 2前田(27) 8石原(22)
東邦ガス
7大木(24)→9新村(23) 6高垣(10) 4比嘉(1) 3若林(6)→5金田(7) D柴田(9) 9大島(4)→H小林(0)→7 5宮下(8)→H虎谷(5)→3 2氷見(2) 8木村(31)

(試合経過)
1回裏、無死1塁から2番高垣がタイムリー3ベース。東邦ガスが先制。1−0
2回表、無死2,3塁から6番山下がタイムリー。尚も無死1,3塁から7番永井の当たりが1塁手正面へのライナーで、ベースを踏んでゲッツーに。8番も倒れ1点どまりに。1−1
2回裏、1死1塁から9番木村がタイムリー2ベース。更に1死1,3塁から2番高垣の犠牲フライ。3−1
4回裏、2死2塁から2番高垣が2ランホームラン。5−1
6回裏、1死2,3塁から2番高垣のセカンド後方のフライを取れず記録タイムリーエラー。2死満塁から5番柴田が2点タイムリー。ここでピッチャー交代、原木。2死満塁から代打虎谷が2点タイムリー。8番氷見もタイムリー。この回6点でコールド圏内に。11−1
東邦ガスが7回コールドで快勝。

総評

浜松ケイ・スポーツBCは初回に先制を許したものの、尚ものピンチを防いで、2回表には4番品田選手、5番寺澤選手、6番山下選手の3連打で1点を取って尚もチャンス。ここで永井選手の鋭いライナーが少しでも左右にずれていたら・・・。惜しかったです。
松本投手は140匐瓩さ紊鯏蠅欧討い董▲丱奪の好守備もあって、東邦ガス相手にも粘り強い投球が出来ていました。6回はエラーも絡んで大量失点となりましたが、チームとして力があるな、と感じました。
次の試合は日本製鉄東海REXと。負けたら終わりの試合となります。静岡のクラブチームは力があるチームがそろっているので、何とか意地を見せてほしいですね。
東邦ガスは2年目の中川投手が先発。2回に連打を食らって1点を失いましたが、そこからねじを巻きなおしてしっかりと試合を作りました。コントロールがいいので大崩れはしないですね。
打線では同じく2年目の高垣選手が2安打、1犠飛で4打点。球場に来ていたスカウトにアピールした形になりました。
6回に集中打で一気にコールドまでもっていったのは、今後に向けて大きな勝ちになりそう。
気になるのは4番の若林選手の状態が上がっていないこと。警戒されるので大変ですけど、1本出して状態を上げていきたいですね。

ピックアップ選手等はこちら